カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

ニキビの悩み、正しい洗顔の仕方を覚えるだけで解消される?

   

acne-cleansing-way2

ニキビに悩んでいる人、多いですよね。

特に思春期の若者達。

正しい洗顔の仕方を覚えて実践するだけで、その多くは症状が解消されてしまうようですよ。参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

関連記事

%e9%bc%bb-%e6%af%9b%e7%a9%b4-%e5%8c%82%e3%81%84
鼻の毛穴の匂いが気になる!ニオイの原因と対処法!

鼻のあたりをクサイと感じたことはありませんか?
その原因はもしかすると毛穴に詰まった皮脂が関係しているかもしれません!
放っておくと、匂いの悪化や肌全体の健康を損ねる原因にもなりまねません。
気になる匂いの元をしっかり断ち切り、クリーンで健康な肌を取り戻しましょう。

お風呂 マッサージ リンパ
お風呂でマッサージ!リンパの流し方

お風呂で一日の疲れを癒し、ホッと一息つく時に一緒にリンパマッサージを行うと効果的に疲れやむくみを取ることができます。体の温まったバスタイムだからこそ、さらに効果が期待できるリンパマッサージ。正しい方法で毎日の習慣にしてみましょう!

顔 マッサージ 男
造顔マッサージでモテ男に大変身!努力次第でイケメンに!?

モテる男の条件の一つに「小顔」が挙げられます。今は女性だけでなく男性も美を追及する時代です。
男性もマッサージを習慣づけることで、スッキリとした小顔になれるのです。
そこで今回は小顔に近付くための「造顔マッサージ」についてまとめてみました。

鼻 乾燥 皮
鼻が乾燥する辛い季節に皮が剥けたときの対処法あれこれ

鏡を見たときに気になる小鼻や鼻の頭のカサカサ。見た目は悪いし、何だか恥ずかしい。
乾燥が気になる季節に増える悩みのひとつ。きちんとケアをしているのに気が付けばカサカサなんて人も多いのではないでしょうか。
ここでは、乾燥により鼻の皮が剥ける原因や、日頃の対処について調べました。

歯並び 矯正 安い
歯並びをキレイに!「部分矯正」は安い・早いとおすすめ!

キレイな歯並びに憧れる方も多いことでしょう。
しかし日本の歯列矯正は費用が高く、気軽に行える治療ではありません。
そこでおすすめなのが安い治療費で短期間で行える「部分矯正」です。「部分矯正」とは一体どんなものなのか詳しく調べてみました。

%e9%bc%bb-%e8%a7%92%e6%a0%93-%e8%87%ad%e3%81%84
鼻の角栓が臭い…注意すべき間違ったケアと改善する方法!

鼻の角栓のニオイが気になった事はありませんか?
鼻の角栓が‌臭い原因は、毛穴に詰まった皮脂が関係しているようです。
良いと思ってしているケアが、角栓のニオイを悪化させている可能性もあります。
正しいケアでニオイの気になる鼻の角栓を改善・予防しましょう!

肌 乾燥 急に
肌の乾燥が急に悪化した時に考えられる原因と対処法

昨日まで調子の良かった肌が、急に乾燥が酷くなった経験はありませんか?
お肌はとてもデリケートで、日常の些細な事にも影響を受けてしまうことがあるようです。
そこで肌の急な乾燥の原因や対処法などをまとめてみました。

シャンプー トリートメント 違う
シャンプーとトリートメントが違うメーカーだと効果半減!?

シャンプーとトリートメントが違うメーカーだと効果が半減することをご存知ですか?
せっかく効果や成分にこだわっていても、場合によっては効果を打ち消しあうこともあるようです。
そこでシャンプーとコンディショナーでのケアについて調べてみました。ぜひ参考にして効果が高いヘアケアを心がけましょう!

%e9%a1%8e-%e9%95%b7%e3%81%84-%e4%bd%95%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%81
私、顎が長いかな…何センチくらいが平均?小顔になるには?

モデルさんなど芸能人を実際に見ると、テレビで見る以上に小顔でビックリすることがあります。
そんな素敵な人たちや、周囲の友達と自分を比べて、「自分は顔が大きい?顎が長いかな?」と悩んでしまうことはありませんか?
顔の大きさがみんなは何センチくらいあるのか、知りたいと思いますよね。
今回は、そもそも顔の大きさはどこからどこを測るのか、測り方や小顔マッサージ法までをまとめました。
よかったら参考にしてみてくださいね。

%e9%a1%94%e3%80%80%e7%ad%8b%e8%82%89%e3%80%80%e4%bd%93%e6%93%8d
顔の筋肉を体操で鍛えてマイナス5歳を目指そう!

無表情でいることや年齢を重ねていくと、顔の筋肉は次第に衰えていきます。
顔の筋肉が衰えると「二重あご」だけではなく、顔の「たるみ」や「しわ」にも繋がり、老けて見えてしまいがちです。
顔の筋肉を鍛えると、上記の改善だけではなく「美肌」の効果や「免疫力の上昇」、
「豊かな表情」が生まれることがわかっています。
そこで今回は『顔の体操トレーニングのメリットや方法』について調べてみました。

%e7%b8%ae%e6%af%9b%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%80%80%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%80%80%e3%81%b8%e3%82%9a%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%93%e3%81%93
縮毛矯正の失敗でぺったんこに。慌てないで!

縮毛矯正をかけている方は多いと思います。
私もかけているうちの1人なのですが、本当に楽ですよね。
くせ毛で悩んでいたころが嘘のような毎日を送っています。
それでも、やはりぺったんこになってしまう等、失敗してしまうこともありますよね。
そんな事態が自分に降りかかったとき、慌てないよう皆さんの体験談とともに
見てみようと思います。

洗顔 泡立て コツ
正しく洗ってつるつる美人に!洗顔料を上手に泡立てるコツ

朝や夜にしっかり顔を洗っているはずなのに、なぜかまだくすんでいるような…。
汚れが落ちていないのかな?と何度も洗うと今度は乾燥してカサカサしまったり、と悩みはつきませんよね。
お値段の張る石鹸や洗顔料をあれこれ使っても効果が無い!とお嘆きの方、CMでよく見るフワフワの泡での洗顔法は試してみましたか?実は泡立てにはコツがあるようなので、泡立て方や洗顔の基本について調べてみました。

%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99-%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab
ストレスや乾燥、むくみに!女性にお薦めのマッサージオイル

急に気温が下がって季節が進み、女性にとって大敵の乾燥の季節が迫ってきました。
寒くなると身体のコリが気になりますし、忙しい年末に向かってストレスも倍増しますから、できれば良いリラックス方法があれば…と思いますよね。
そんな身体や頭皮の乾燥、ストレスに悩む人にオススメなのが、マッサージオイルなのだそうです。
今回はオイルマッサージの効果やコスパの良いマッサージオイル、気になる頭皮のマッサージ方法についてまとめました。
冬のトラブルが起こってしまう前にお手入れすれば安心ですね。

%e5%a5%a5%e4%ba%8c%e9%87%8d-%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%81-%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84
奥二重でアイプチが上手にできない人のパッチリ目作りのコツ

奥二重の方でアイプチが上手にできないという声をよく聞きます。
奥二重の場合、目元の脂肪が厚いため、アイプチでうまく固定することが難しいようです。
そこで今回は奥二重でも上手にパッチリ目元を作る方法をまとめてみました。

%e5%89%8d%e9%ab%aa%e3%80%80%e7%b8%ae%e6%af%9b%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%80%80%e3%81%a1%e3%82%8a%e3%81%a1%e3%82%8a
前髪を縮毛矯正。ちりちりに・・。どうしよう・・

今は定番ともなった「縮毛矯正」
くせ毛がひどい私も、最近、縮毛矯正にチャレンジし天候に左右されない髪型に嬉しくて仕方ありません。
しかし、前髪がちりちりになってしまうような場合もあるそうですね。
そんな時はどうしたら良いのでしょうか?
また前髪を縮毛矯正したい人への注意点などもまとめてみました。

スポンサーリンク

ニキビはナゼできるの?

毛穴のつまりがそもそものニキビの原因!?

思春期にできるニキビも大人になってからできるニキビも、毛穴の入口が何らかの理由で詰まってしまう事が原因となります。それでは順を追ってニキビの出来るメカニズムを見てみましょう。

皮脂分泌が盛んになる原因は?

ニキビができやすい部分は、皮脂分泌が活発な顔や胸元、背中などです。まず、それらの箇所の皮脂分泌が活発となり、脂性になることからはじまります。
皮脂の分泌が活発になる原因は下記のようなものがあります。

成長ホルモンの影響

思春期になると分泌が増え、それにより特にTゾーンの皮脂分泌が増え、ニキビができやすくなります。

男性ホルモンの影響

思春期になると、特に男性に多く分泌されるのが男性ホルモンですが、女性にも少なからず分泌されています。また、大人になってからはストレスなどにより分泌が高まり、女性のニキビの大きな原因となっています。男性ホルモンは、皮脂分泌を活発にさせ、その上皮膚の角化を促す働きがあります。

ストレス

過度の緊張、疲労、睡眠不足によって自律神経に変調をきたすようになります。すると緊張をつかさどる交感神経とリラックス状態をつかさどる副交感神経のバランスが崩れます。バランスが崩れると、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが多量に分泌され、副腎皮質からの男性ホルモンの分泌が高まり、皮脂の分泌が高まってしまいます。

黄体ホルモンの影響

黄体ホルモンは、皮脂分泌の作用がありますが、生理前は、この黄体ホルモンの分泌によって、ニキビができやすくなり、すでにできているニキビも悪化しやすくなります。

引用元-ニキビが出来るメカニズム – ニキビの基礎知識 | 「ニキビ・吹き出物」について | スキンケア大学

ニキビ予防には正しい洗顔が必要!?

顔がテカるとニキビができる

こんなイメージがあるかと思いますがそれはニキビの大きな原因に皮脂が関係しているからなんです。

「なるほど!じゃあ、徹底的に洗えば皮脂がなくなりニキビも消えるのか!!」

そう、あなたは思うかもしれませんが
ちょっとまった!!( `ー´)ノ

皮脂のニキビの関係には続きがあります(;^ω^)

…というのも実は、皮脂が少なすぎてもニキビの原因となるんです!!

先程も言いましたが皮脂の役割は皮膚の保護。

だから、皮脂が少なすぎると細菌や炎症を起こしやすくなります。

要は、皮脂が多くても少なくてもニキビの原因になるんです!
(面倒くさいでしょ(笑))

メチャクチャ面倒くさいですが逆に皮脂を適量にすればニキビ治療や予防になるということ!

そして、私達はすでに皮脂をコントロールする方法を知っています。

それが[洗顔]

正しい洗顔方法を実施すればニキビができにくい肌の環境を自分で作ることができます。

引用元-ニキビの洗顔方法!正しいやり方と早く治すコツ[保存版] | テレビのみかた

なぜ洗顔するの?

私たちは当たり前のように毎日洗顔してますし、今さら確認することでもないですが、

あえてまとめるなら・・・

「酸化した皮脂」、「汗やホコリ」などの汚れを取り除くため。
(毛穴をきれいにする、肌をキレイにする、ターンオーバーを妨げない)

ですよね。

皮脂が酸化すれば、老化を招いてしまう「過酸化脂質」が出来上がってしまいますし、ホコリなどの汚れをそのままにしていれば、「菌が繁殖」してニキビの原因にもなります。

ターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって肌の表面に押し上げられた「古い角質(役割を終えた角質細胞)」を、洗顔で落としてあげてはじめて、肌がキレイになっていきます。

「古い角質」は水でちょこっと洗うだけで剥がれ落ちてくれるモノなんですが、何かの原因(洗いすぎなど)で、簡単に落ちてくれなくなっていると、結果として、肌が厚くなってニキビが出来やすくなったり、毛穴の開きがものすごいことになってしまいます。

「洗いすぎる」と、ターンオーバーが早くなってしまい、ますます肌はボロボロ・汚く見えますし、古い角質もどんどん溜まっていくので、くれぐれも注意しておきたいですね。

洗顔する理由・・・

つまりは、あくまでも、肌についた汚れを落とし、ターンオーバーを邪魔しないため。

引用元-王道的な『正しい洗顔方法』 ←まずはこれを極めるべし! | ニキビ肌荒れを綺麗に治す方法を元汚肌の20代男が語るブログ

間違った洗顔の仕方って?

多くの方がやってしまっている8つの間違い洗顔方法をご紹介します。

①冷水・お湯で洗っている
②泡立てネットを使って泡立てている(泡を「モコモコ」にする前に洗い始める)
③おでこや鼻など、「ゴシゴシ」と擦るように洗っている
④2分以上しっかりと洗っている
⑤タオルで擦るように拭いている
⑥洗顔料は洗顔後にしっとりするものを使っている
⑦1日に3回以上洗顔している
⑧ニキビができた時、いつもよりしっかり洗顔している

洗顔の一番のポイントは、「摩擦」を必要以上に与えないことと「刺激」のあるものを使わないことの2つです。

引用元-洗顔方法保存版!8つの間違い洗顔と本当に正しい洗顔方法

正しい洗顔の仕方とは?

1. 正しい洗顔と保湿

クレンジング・洗顔は毎日のことなので、正しい方法でおこなえば、お肌は必ず変わってきます。

(1) 手を洗う

まず、手は汚れているので先に手洗いをおこないましょう。

(2) お化粧をしているときは、クレンジングをおこなう

お化粧をしている場合は、必ずクレンジング剤などで、お肌についている下地クリームやファンデーションをうきあがらせてから、保湿成分入りのティッシュやコットンに水を含ませたものでかるくふきとりましょう 。乾いたティッシュはお肌を傷つけるのでさけましょう。

(3) 素洗いをおこなう

水か体温くらいのぬるま湯で素洗いをしましょう。

(4) 洗顔料で顔を洗う

石鹸・もしくは洗顔料を適度に泡立てて、おでこ・目の周り・両頬・口周りへと指の腹でクルクルと円をかきながら優しく洗います。原則として、顔の中心から髪の生え際に向かって洗いましょう。 顔に塗ってから泡立てるなんてことは絶対しないでください。また、必要以上の泡立てもいりません。

(5) 洗顔料を落とす

約30回顔全体に両手でじゃぶじゃぶと水をかけて泡を落とします。 この際、決して顔をこすったりはしないでください。また洗う水の温度は、36~37度くらいの人肌の温度もしくは水にしてください。絶対熱いお湯などで洗ったりはしないでください。熱いお湯で洗うと必要な皮脂まで落としてしまい、お肌が乾燥してしまいます。お肌が乾燥すると、さらに皮膚から脂が出てしまいニキビの悪化につながりますので気をつけましょう。髪の生え際・あごの下などは、洗顔料が残りやすいのでよく洗い流してください。

(6) 顔の水気をとる

清潔なふわふわのタオルを顔に押しあてて、お肌をこすらないようにして水気をとってください。このときも絶対お肌をこすったりはしないでください。

(7) 保湿をおこなう

洗顔後は、化粧水やジェル・クリームなどで保湿をおこなってください。
化粧水は顔全体、ジェルやクリームは目の周りや口元を中心に塗ってください。

引用元-ニキビ(にきび)予防には正しい洗顔が必要

twitterの反応

 - コスメ・美容