カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

学校の尿検査って何を検査してる?再検査の結果が出たら?

   

%e5%ad%a6%e6%a0%a1-%e5%b0%bf%e6%a4%9c%e6%9f%bb-%e7%b5%90%e6%9e%9c

家に学童や学生がいると毎年行われる、学校の尿検査。当日の朝、きちんとできるか、持っていくのを忘れないかと毎回心配ですが、何より結果が良いかどうかが一番気になりますよね。何故毎年行われているのか不思議に思った事はありませんか?
普段流れのままに受けている学校の尿検査について、そもそもどんな検査項目があるのか、もし再検査と言われたらどうするかを調べてまとめました。

スポンサーリンク

関連記事

wpid-2015_09_26_03_54_8.jpg
低血圧を改善する飲み物は?身近な飲み物で体質改善

低血圧で悩んでいる人は、たくさん食べても体重がなかなか増えなかったり、体が冷えやすかったり、目眩や不調を伴うこともあり日常で苦労している人も多いです。

低血圧の改善には、普段から食事や飲み物に気をつけることが必要!

どんな飲み物が、低血圧の改善になるのか調べました。

%e7%be%8a%e6%b0%b4%e6%a4%9c%e6%9f%bb-%e9%99%b0%e6%80%a7-%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e7%97%87
羊水検査は陰性?陽性?ダウン症の疑いとその後の判断

みなさん、ダウン症という先天性の遺伝子疾患をご存知ですか?
最近は妊娠中に羊水検査をすることで、お腹の中の赤ちゃんがダウン症かどうかを調べることができます。
しかし結果が陰性・陽性のどちらで合った場合でも、いくつかの問題が残ることも…
子供の為になにが重要なのか、また結果が出た時にどうするべきなのか。検査をする前にしっかり考えておきましょう。

wpid-2015_09_26_03_54_9.jpg
帝王切開で出産!?原因・入院準備・退院まで

帝王切開とは一体どんな流れで出産するのでしょうか?
帝王切開になる原因は様々ですが、入院の準備をしっかり用意し手術に望みましょう。
帝王切開になる原因や入院準備など詳しく調べてみました。

食欲不振 吐き気 体重減少
食欲不振・吐き気・体重減少!症状から見られる病とは・・・

食欲不振・吐き気・体重減少。このような症状が体に現れたら、それはただの体調不良ではないかもしれません。

気付かぬうちに重篤な病が潜んでいるという可能性も考えられます。そこで食欲不振・吐き気・体重減少から考えられる病気についてまとめてみました。

wpid-2015_09_22_02_18_3.jpg
吐き気を伴う頭痛!病院の診断別・原因や症状・治療法

吐き気を伴う頭痛には、命にかかわる重篤な病気がたくさんあります。

症状が出たときは早めに病院を受診しましょう。

吐き気を伴う頭痛の症状が出たとき、病院での診断別に原因や症状・治療法などを詳しく調べてみました

wpid-2015_09_26_03_54_2.jpg
ヘルペス感染はお風呂が原因って本当!?

ヘルペス感染者と一緒にお風呂に入ると、感染してしてしまう危険性があるというのは、本当でしょうか?

ヘルペスはお風呂の椅子やタオルを介し感染する可能性があります。

二次感染を防ぎ、早く治療することをおすすめします。

感染や対処法など詳しく調べてみました。

二日酔い 吐く 血
二日酔いで何度も吐くと血が…!危険なマロリーワイス症候群

深酒をしてしまい、最悪な状態の二日酔い何度も吐いた経験がある方もいらっしゃることでしょう。
しかし繰り返し吐く状態が続くと、一緒に血を吐いてしまうことがあるようです。
この症状にはマロリーワイス症候群という病名もあるようです。そこで今回はマロリーワイス症候群について調べてみました。

熱中症 手足 冷たい
熱中症で手足が冷たいという症状が出ることがありますか?

熱中症なのに手足が冷たい!これは危険な兆候かもしれません。“隠れ熱中症”かもしれません。
どうして熱中症で手足が冷たくなるのでしょうか?お子さんがそうなったらどうしたらよいでしょうか?
様々な情報を得てしっかり対処し、夏を乗り越えましょう(*^^)v

不妊治療 障害 確率
不妊治療で障害児の確率が上がる!?気になるリスクと原因

最近では高齢出産をする方も増え、不妊治療への意識も高まってきています。

しかし不妊治療で障害が現れる確率が上がるといったデータがあることをご存知ですか?

それはどういったことが原因なのか、またそのリスクを下げる方法はあるのかなど、詳しく調べてみました。

children-diarrhea-cause
子供の急な下痢、原因とその対処法

子供が急に下痢になる時は、一体どんな原因があるのでしょうか。

子供の下痢は身体的・精神的からくるものなど原因は様々です。子供の状態をしっかり把握し、適切な対処をしましょう。

その対処法と一緒に下痢になるパターンを調べてみました。

全身麻酔 吐き気 原因
全身麻酔で吐き気!原因は何?知っておきたい麻酔のお話!

手術の後に激しい吐き気が襲うことがあります。その原因の一つに全身麻酔の使用が考えられます。

手術を受ける時には当たり前のように使用する麻酔には、術後に様々な症状が出ることがあるそうです。

そこで全身麻酔による吐き気の原因やその他の症状など詳しく調べてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_10.jpg
不正出血の原因はピル服用?それともストレス?

不正出血の原因にピル服用やストレスが関係しているようです。

不正出血には様々な原因があります。

不正出血があれば自己判断をせず、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

不正出血の原因とピル服用やストレスの関係について詳しく調べてみました。

wpid-2015_09_15_05_44_2.jpg
脇腹や肋骨の痛み!痛い原因を探る

脇腹や肋骨に痛みを感じることがあります。痛い原因は何なのでしょうか?詳しく調べてみました。

mite-allergy-eczema
知っていますか?ダニアレルギーの症状~湿疹が出る事も!~

今は、食べ物・花粉・ダニ・カビ・金属など様々なアレルギーがありますよね。

その中でも、目に見えないからこそ厄介な『ダニ』についてあれこれ調べてみました。

湿疹が出たり、喘息を引き起こすこともあるようですよ!

胃 検査 年齢
胃の検査を受ける年齢は?健康維持のために適切な検診を!

会社に勤めている方は1年に1度の健康診断が義務付けられています。
しかし胃の検査に関しては、ある一定の年齢になってからの追加検査という形が定例となっています。
そこで病気を未然に防ぐために、実際には何歳から胃の検査を受けるべきなのか調べてみました。

スポンサーリンク

学校で尿検査をする理由は?正しい結果になる為の注意点も!

学校での検尿は何のために行われるのか

小児の腎臓病の約半数は慢性に経過する腎臓病であり、最近の生活指導法や治療法の進歩によって、早くに見つけて早くから適切な生活管理と治療をすると、かなりのこども達において、その悪化を阻止することができるうえに、その一部は全治させることもできることが判ってきました。
そこで、その早期発見のための検尿が全国的に普及したわけです。
この学校を中心として行われている健康診断のための尿検査は、昭和48年から始められています。

引用元-学校検尿Q&A

学校での検尿どのように行うのか

腎臓病検診システムとしての尿検査の方式として全国的に普及しているのは早朝尿を家庭で採取して、これを学校に集めて検診機関に委託、検査する方法です。
ほとんどの地域で、1回目と2回目の検尿は検診機関が担当していますが、2回続けて異常がみられた場合に行う第3回目の精密検査は、異常を指摘されたこどもの家族がかかりつけの医師や学校医を受診するシステム(B方式)がつくられているところと、異常を指摘されたこども達を集団で精密検査してくれるシステム(A方式)がつくられているところとがあります。 

引用元-学校検尿Q&A

尿の採取の仕方

検査の前日に、夜寝る直前に必ず排尿し、当日は起きたら真っ先にトイレに行って、まず少し排尿し、その後の中間尿を採取してください。(これを早朝尿といいます)
学校に尿を持って行くのを忘れないようにといって、前日に採尿してはいけません!
それでは正しい結果を得られないからです。一日おくと、尿中にある細菌が繁殖して蛋白が偽陽性になったり、血尿が消失したりするからです。
また、早朝尿を忘れた場合、やむを得ず学校で採取することがありますが、これも良いことではありません。
早朝尿でないと健康児でも体位性蛋白尿という蛋白尿がみられることがあり、「陽性」になることがあるからです。

引用元-学校検尿Q&A

学校の尿検査って何を調べているの?

尿検査でわかること(カッコ内は基準値)

尿糖(-)
糖尿病で血糖値が高いときや、腎臓の機能が低下して尿糖が出る場合があります。
また健康な人でも食後や激しいスポーツをしたあと、過度のストレスなどがあるときにも一時的に尿糖が出ることがあります。

尿たんぱく(-)
腎臓や尿細管などに障害が生じると、尿にたんぱくが漏れでてきます。
尿たんぱくは、健康な人でもごくわずかに認められることがあります。

尿潜血(-)
腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿の通り道になんらかの異常があると、尿中に赤血球が含まれることがあります。
健康な人でも、尿にごくわずかに赤血球が混じることがありますが、その程度なら検査結果は陰性になります。

ウロビリノーゲン(±)
肝臓の病気や赤血球が壊れる病気(溶血性黄疸など)、心臓の病気などの影響で尿中にでてきます。
またがんこな便秘、運動、疲労、飲酒などでも(+)となることがあります。

PH(4.8~7.5)
尿が酸性の状態か、アルカリ性の状態かを調べる検査です。

尿沈渣
尿を試験管にとって遠心分離器にかけ、管の底に沈殿している固形成分の種類と数を調べるものです。

引用元-検査の説明・結果の見方|一般財団法人 北陸予防医学協会

学校で受けた尿検査の結果から、どのような病気が考えられるの?

Q: 血尿を指摘されました。どのような病気が考えられますか。
A: 血尿すべてが病気ではありませんが、腎炎や腎形態・血管・尿路系の異常を考えます。
全身倦怠感・むくみ・腹痛や排尿時痛を伴う場合は早めの受診をお勧めします。
また、小学校高学年女子以上の場合には生理血の混入が血尿の原因になることがあります。

Q: 蛋白尿を指摘されました。どのような病気が考えられますか。
A: 蛋白尿すべてが病気ではありませんが、腎炎や腎臓疾患の可能性を考えます。
頭痛やむくみ・全身倦怠感を伴う場合は早めの受診をお勧めします。
また、小学校高学年から中学生にかけては治療を必要としない一過性の蛋白尿を認めることがあり、病気と区別するためにも早朝尿を提出するよう心がけて下さい。

Q: 糖尿を指摘されました。どのような病気が考えられますか。
A: 糖尿がある場合すべてが病気ではありませんが、糖尿病の可能性を考えます。
多飲多尿に全身倦怠感・腹痛そして最近の体重減少を認める場合は早めの受診をお勧めします。
糖尿病は進行すると緊急事態になることがありますので、症状が出る前に発見することが大事です。

Q: 精密検査の結果がでるまで、生活運動制限や食事制限は必要ですか?
A: 必要ありません。しかしながら、上記のQ&Aで早めの受診を勧める症状がある場合には、診断まで過度な運動は控えてください。

引用元-[object HTMLImageElement]

学校での尿検査の結果、再検査をすすめられたら!

まずはかかりつけの小児科での受診をお勧めします。
しかし毎回尿検査で陽性が出る、明らかに子供の様子がおかしい。
そんな時は、腎臓の専門である「腎臓内科」や「泌尿器科」のある病院を探し、詳しく検査をしてもらいましょう。
再検査で病院へ、どんな検査をするの?

<尿検査>
一度や二度の陽性反応だけでは、分からないので、日にちをおいて何度か尿検査をします。

<血液検査>
次に、血液検査です。
血液中の様々な値を調べることにより、腎臓の働きをチェックします。

<画像診断>
腹部CTなどを使い、腎臓の大きさなどを調べて行きます。


腎臓の組織を背中から注射針を刺して摂り、検査をします。

子供の尿検査、陽性反応にならない為に気をつけること

病的な要因がなくとも、検査が陽性になり再検査となる子供って、実は結構多いんですよね。
病気の早期発見の為に欠かせない尿検査ですが、それ以外の要因で再検査になることは、避けたいですよね(陽性で再検査になったら、やっぱり心配になりますし)
ですので、尿検査で陽性反応が出ないように、前日や当日気を付けたいことをまとめてみました。

前日、当日はたんぱく質の多い食事を摂らない
前日はなるべく激しい運動は避けるようにする
早寝早起き
朝一番の尿を摂る
尿採取の時は最初と最後を避けた、「中間尿」を摂るようにする。


引用元-子供の尿検査、陽性で再検査に?!考えられる原因と病気は? | シュフー知恵袋

尿検査の結果でわかる正常値はどのくらい?

尿蛋白のおおよその目安

 値     糖量 mg/dl  判定   対 策
(-)    14以下    正常
(±)    15~ 29

(+)    30~ 99    異常    再検査し、またその原因を詳しく調べる。
(++)   100~299
(+++)  300~999
(++++) 1000以上

引用元-尿・便の検査 | 健診結果の見方 | 保健のページ | J.フロント健康保険組合

尿潜血のおおよその目安

 値     赤血球数  判定  対 策
(-)    5/μl以下   正常

(±)    10~19   異常   尿沈渣の検査を行って、赤血球が増加し尿中に出ていることを確かめ、次にその原因を精査する。
(+)    10~49
(++)   50~249
(+++)  250以上

引用元-尿・便の検査 | 健診結果の見方 | 保健のページ | J.フロント健康保険組合

検査成分のおおよその目安

 成分    正常値     異常増加を示す病気
赤血球  1視野に1-2個  腎炎、腫瘍、尿路結石、膀胱炎、頻尿など
     (高年女性では5個まで正常)
白血球  1視野に1-3個  尿路の感染症、前立腺炎など
結晶成分 1視野に少量    腎結石、急性肝炎など
上皮細胞 1視野に少量    尿路の炎症、腫瘍など
円柱細胞 1視野にゼロ    腎臓の病気(腎炎、ネフローゼなど)

引用元-尿・便の検査 | 健診結果の見方 | 保健のページ | J.フロント健康保険組合

twitterの反応

 - 検査・健康診断