カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

健診でcrpが高いと言われた…熱は無いけど何が問題?

   

crp-%e9%ab%98%e3%81%84-%e7%86%b1

健康診断の結果は問題が無いに越したことはありませんよね。自分では特に体調に変化を感じていなくても、異常値を指していると気になるところです。
特に、あまり耳にした事がない検査項目である「crp」が高いと言われたらどうすれば良いのか困ってしまう人も多いのではないでしょうか。
「発熱しているわけでもないから、まあいいか」と放っておいても良いのなのか…。
今回はcrpとは何の数値なのか、高いと言われたらどうすれば良いかを調べてみましたので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

赤ちゃん 音楽 音量
赤ちゃんに与える音や音楽の効果!音量には要注意!

赤ちゃんに様々な音や音楽を聞かせることは、赤ちゃんの刺激になり良い影響を与えることもあります。

しかし音量や音によっては、赤ちゃんにとって良くない影響を与えてしまうことになりかねません。

赤ちゃんの健やかな成長のためにも、ぜひ参考にしてみてください。

甲状腺 検査 何科
甲状腺の検査は何科をうける?

体の調子が悪く甲状腺の病気が疑われる場合、 甲状腺の検査をしたい時は、まず病院の何科をうけると良いのでしょう。あまり身近な部分ではないため、どこに行くべきか迷ってしまいますよね。またどんな検査や費用がかかるのでしょう。甲状腺の検査について調べました。

mite-allergy-urticaria
ダニがアレルギーの原因!?蕁麻疹の原因と改善法

あなたが悩んでいる蕁麻疹の原因はダニアレルギーかもしれません。

ダニアレルギーで蕁麻疹を引き起こさないためには、まずダニの除去をし、アレルギーの原因を絶つことが重要です。

ダニが引き起こすアレルギー症状や蕁麻疹の改善法など調べてみました。

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_m
自律神経失調症と診断されたら〜休職時の過ごし方〜

人間の体内には「交感神経」と「副交感神経」という自律神経が存在しています。
その2つの自律神経のバランスが乱れると、様々な症状が現れてくるのです。これは「自律神経失調症」と呼ばれる病気です。
普通の社会生活に支障をきたしてしまい、休職を余儀なくされる人も少なくはありません。治療の為とはいえ、休職期間はもどかしいものでしょう。
有意義にする為には、どのような過ごし方をしたら良いのでしょうか。

花粉 目 痙攣
花粉症で目が痙攣するってホント?

花粉症の時に目が痙攣することってありますか?
目の痙攣を予防する方法はありますか?原因は何なんでしょうか?
目の痙攣は花粉症でない場合もあるようです。
病院に行く前に経験者や専門家から情報を調べてみました。

くも膜下出血 頭痛 場所
くも膜下出血の頭痛の場所によって危険度が違うってホント?

ある日突然感じたこともない頭痛に襲われ、くも膜下出血で倒れてしまうケースが多いようです。

しかしくも膜下出血には発症する前の予兆などもあるようです。

それは頭痛の起こる場所や不快な症状など様々です。気になる症状がある方は早めに病院を受診しましょう。

アルコール 心臓 バクバク
アルコールを飲むと心臓がバクバクする原因と潜む危険性

アルコールを飲むと心臓がバクバクしたことはありませんか?
お酒が抜けると症状が治まるからと言って、その症状を放っておくのは体にとって危険です。
アルコール摂取による動悸の原因と危険性を理解し、適切に対処しながらアルコールと上手に付き合いましょう。

足の裏 痛み しこり
足の裏にできた痛みを伴うしこりから考えられる病気とは…

足の裏は「第2の心臓」とも言われており、体の不調が現れやすい場所とされています。
そこで今回は足の裏に痛みを伴うしこりから考えられる病気や対処法について調べてみました。
ぜひ参考にして、それぞれの症状に合った早めの処置を心がけましょう!

外科 整形外科 違い
外科、整形外科、形成外科、美容外科の違いとは!

外科や内科はみなさんよく聞いたことがあると思いますが、整形外科、形成外科、
美容外科とはどんな違いがあるのか詳しくない人も多いのではないでしょうか。
外科、整形外科、形成外科、美容外科それぞれどんな違いがあるのか調べました。

橋本病 症状 頭痛
橋本病の症状の中に頭痛はあるのですか?

橋本病(甲状腺機能低下症)の症状の中に頭痛はあるのでしょうか?
関係あるというご意見もありますが、関係ないというご意見もあります。
いずれにせよ、どうすれば改善できるのか、経験者や専門家のご意見を聞いてみましょう!(^^)!

wpid-2015_09_26_03_54_5.jpg
時々心臓がドキドキするのはなぜ?

時々、心臓がドキドキして心配になったことありますよね?

緊張したり運動したりなど、理由がはっきりしている時は、それほど気になりませんが、ふとした時に心臓がドキドキすると心配ですよね。

なぜ、動悸が起こるのか(心臓がドキドキするのか)について調べました。

貧血 検査 病院
貧血の検査をする時、病院の何科へ行く?

貧血は、よく聞く言葉ですね。女性や妊娠中の人もよくかかるもので軽視しがちですが、病気が隠れている可能性も否定できませんから病院で検査をすると安心できますね。そんなとき、貧血の検査は何科へ行くべきなのでしょうか?貧血とは詳しく何なのか、そして病院では何科へ行くとよいのか、について調べました。

心臓 痛み 締め付け
心臓の痛みに締め付け。考えられる病気と詳しい症状について

心臓に痛みや締め付けを感じた時、もしかするとそれは深刻な病気の前兆かもしれません。

症状や病気によっては緊急を要するものや、死に至るケースも考えられます。

そこで心臓の痛みや締め付けを伴う病気について調べてみました。気になる症状があれば早めに病院を受診しましょう。

wpid-2015_09_22_02_18_2.jpg
冷や汗ダラダラ…吐き気や下痢が続く原因は?

冷や汗が出るほどの吐き気や下痢の症状。これは一体どんな病気が影響しているのでしょうか。

冷や汗をともなう吐き気や下痢の症状には様々な病気の影響が考えられます。早めの治療と自分でできる予防法を実践してみましょう。

筋トレ 頭痛 後頭部
筋トレで頭痛が起きる!?後頭部の痛みの原因とは?

筋トレをした直後や数時間後に、後頭部の頭痛が起こったことはありませんか?
筋トレなどの運動による頭痛を「労作性頭痛」といいます。
労作性頭痛についてどの様な原因がるのか、どの様な症状が出るのか調べました。

スポンサーリンク

crp血液検査って何?熱はないけど、値が高いと何が問題?

CRP血液検査とは、血液の中にあるC反応性たんぱくが含まれる量を測定する検査です。
CRP定量法血液検査とも言われます。

C反応性たんぱくとは、人間の体内で炎症の刺激や細胞の破壊などが起こると急激に増えるたんぱく質です。
普段健康な人の中にはほとんど存在しないといわれています。
また、このような急性症状に反応して増加するような物質は急性相反応物質と呼ばれます。

つまりCRP血液検査は、この急性相反応物質であるC反応性たんぱくの血液中の量を測ることで、体内で起こっている炎症や細胞破壊の度合いを測る検査なのです。

引用元-crpの基準値について!検査結果で分かる病気とは? | Hapila(ハピラ)

それでは具体的にはどのようなときにこのCRP血液検査が必要なのでしょうか?
このCRP血液検査で測るC反応性たんぱくは、炎症が起きてから24時間以内の増加率が非常に高く、それ以降は徐々に減少するという特徴を持ちます。
その特性から、多くが急性の初期の炎症の発生の確認などに利用されます。
もちろん慢性的な疾患のように継続して炎症または細胞の破壊程度を検討することにも利用されています。

引用元-crpの基準値について!検査結果で分かる病気とは? | Hapila(ハピラ)

反応性たんぱくは軽い風邪の炎症などによっても上昇します。
よって検査結果ではその基準の範囲に照らし合わせて判断することになります。
基準は5つに分けられています。

CRPの数値の基準値の範囲は、

①一般的な基準値の範囲  0.3以下
②軽い炎症などの可能性がある範囲  0.4~0.9
③中程度の炎症などの可能性がある範囲  1.0~2.0
④中程度以上の炎症などの可能性がある範囲  2.0~15.0
⑤重体な疾患の発症の可能性がある範囲  15.0~20.0

このように、数値が上がるほど、炎症や細胞の破壊が進んでいる可能性があると判断されます。
しかし、数値が低いからといって、今後の炎症の可能性や新たな疾患の可能性がないとはいえないので、数値やその他検査などとその症状などの総合的な診断で判断することになります。

引用元-crpの基準値について!検査結果で分かる病気とは? | Hapila(ハピラ)

熱が下がったのにcrpが高いままで心配…医師と保護者のQ&A

先日、アデノウィルスで入院し、昨日熱が下がり本日退院になりましたが退院前の血液検でCRPが9でした。
後日また血液検査をしにいきますが、熱が下がってもCRPはすぐに下がるものではないんですか?
それともほかの病気の疑いがあるのでしょうか?

引用元-熱が下がったがCRPが下がらない – 赤ちゃん・こどもの症状 – 日本最大級/医師に相談できるQ&Aサイト アスクドクターズ

CRP(炎症反応の数値)は、実際の炎症よりやや遅れて上がったり下がったりするので、熱が下がっても、直ぐには正常化しないです。
CRP(炎症反応の数値)は、細菌感染で高くなることが多いですが、ウイルス感染(アデノウイルスなど)でも高くなることがあります。

引用元-熱が下がったがCRPが下がらない – 赤ちゃん・こどもの症状 – 日本最大級/医師に相談できるQ&Aサイト アスクドクターズ

アデノウイルスの時には、CRPは、10以上に上がることもあります。
後日、血液検査をした際には、CRPは下がっているでしょう。
熱が下がっていれば、心配ないでしょう。

引用元-熱が下がったがCRPが下がらない – 赤ちゃん・こどもの症状 – 日本最大級/医師に相談できるQ&Aサイト アスクドクターズ

crpが高い場合に可能性がある病気とは?熱が下がってもcrpが下がらない原因は?

CRPといえば感染と考えがちですが、感染以外の炎症がある時にもこの値は増加します。
代表は

膠原病です。
膠原病とは自己免疫疾患という病気であり、中でも

関節リウマチ(RA)
血管炎

で上昇します。
同じ膠原病であっても、全身性エリテマトーデス(SLE)、多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)、強皮症(SSc)、シェーグレン症候群では、このCRPは陰性か軽度上昇にとどまることが多いと言われます。
大事なのはこれら関節リウマチや血管炎が背景にある人の場合は、感染がなくてもCRPが上昇することがあるということです。
血圧や呼吸状態、意識状態は良いのに、いつまでもCRPが高い場合、これらの基礎疾患があり、もともとのCRPが高いケースがあるということで注意が必要です。

引用元-【保存版】CRPが高い原因は?どんな病気の可能性がある?徹底まとめ! | 医師が教える人間ドックの評判とホントのところ

組織が破壊された場合、壊死に陥った場合もこのCRPが上昇することがあります。

具体的には、
心筋梗塞
悪性腫瘍
手術や分娩
外傷

などが挙げられます。

壊死に陥った状態のことを梗塞と言います。
心筋梗塞の他には、肺梗塞、脳梗塞などが有名ですが、心筋梗塞や肺梗塞ではこのCRPは上昇しますが、脳梗塞の場合は、この上昇が軽度です。

引用元-【保存版】CRPが高い原因は?どんな病気の可能性がある?徹底まとめ! | 医師が教える人間ドックの評判とホントのところ

CRPが下がったのに熱が下がらないのはどんな時?

もともと高かったCRPが下がったので、採血データ上は良くなったけども熱が下がらないということがあります、その場合には、
薬剤熱
深部静脈血栓症

などが原因で熱が下がらないことがあります。

また、CRPが下がっているときに、肝機能や腎機能が落ちている場合は、一概に感染症が良くなっているということはできません。
というのは、CRPというのは肝臓で作っているタンパク質であり、臓器障害が起こっている結果、CRPが下がっている可能性があるからです。

引用元-【保存版】CRPが高い原因は?どんな病気の可能性がある?徹底まとめ! | 医師が教える人間ドックの評判とホントのところ

健康診断でcrp値が高いと出たら、お医者様に相談しましょう!

CRPは、肺炎球菌に感染した患者から見つけたタンパク質なので、細菌での炎症の検査に対して数値が良く現れます。
CRPと一緒に見る検査として、白血球の値もあるのですが、この白血球の値も同じように基準値より高い場合は細菌性感染と考えられます。
しかし、ウイルス性に対しては、アデノウイルスなど一部のウイルス以外は上昇しないようです。
例えば、インフルエンザなどで高熱が出ていても、CRPや白血球の値が基準値より高くないと言う結果が出ます。
このように高熱が出ていても、白血球とcrpが基準値より高くない場合は、ウイルス感染と考えられます。

引用元-血液検査でCRPが高い!その原因は?どんな病気があるの? | はっぴいtopics

CRPの数値が高い場合、外傷や肺炎、膠原病など沢山の考えられる病気がありますが、数値が異常に高い場合はすぐに再検査になります。
身近な病気ですと、インフルエンザなどのウイルス性の時は、CRPと白血球の値はそれほど高値にならずに溶連菌などの細菌の場合は、基準値より高くなります。
しかし、病気による炎症が治まると数値も次第に下がってきますので、そのような場合は特に心配ないようです。
体調によっては、風邪を引いた程度でも数値が上がってきますので、ご自身の体の具合などを確かめて見て下さいね。
また、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞などの病気にも、CRPの数値が役立ちますので、健康診断で定期的に見てもらうと、早期発見に結びつくのでおススメです。
血液検査で何か気になる事があったら、担当の医師に聞いて下さいね。

引用元-血液検査でCRPが高い!その原因は?どんな病気があるの? | はっぴいtopics

crpが高い場合、熱の有無に関わらず悪い部分を見つけるために検査へ

血液検査の炎症反応で分かるのは、あくまでも炎症の有無です。
そこから炎症が起きている部分を特定するために、症状によって次の検査へと進んでいくのが一般的な流れです。

レントゲン、超音波エコー、CT、MRI等による画像診断
例えば、上気道感染症のような症状(咳、痰、発熱など)が長く続き、炎症反応と白血球が上がっている場合は、肺炎やを起こしていたり、結核に感染したりしている可能性を探りますが、その場合は胸部レントゲンで画像診断を行います。

血液検査で炎症反応と白血球数の強い上昇をみとめ、症状により各部位で起こる腫瘍が疑われる場合は、血液検査の他に超音波エコーやCT、MRI検査等でその腫瘍の状態を見る検査を行います。
その他、心筋梗塞が原因で血液検査の炎症反応の上昇している場合もまた、胸部レントゲンで心臓の肥大や肺水腫の有無を確認したりすることが、判断の一助となります。

尿検査
尿が近い、排尿時に痛みがある、発熱などの腎盂腎炎や尿路感染症の症状がある場合は、血液検査の炎症反応値に加えて尿検査を行い尿中の雑菌や潜血の有無を検査していきます。
高尿酸血症や痛風などが疑われる場合も、尿酸クリアランス・クレアチニンクリアランス検査などで腎臓の働きなども合わせて検査していく必要があります。

引用元-血液検査の異常 炎症反応が高いと身体のどこかで何かが起きています|Healthil[ヘルシル]

twitterの反応

 - 検査・健康診断