カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

健診でcrpが高いと言われた…熱は無いけど何が問題?

   

crp-%e9%ab%98%e3%81%84-%e7%86%b1

健康診断の結果は問題が無いに越したことはありませんよね。自分では特に体調に変化を感じていなくても、異常値を指していると気になるところです。
特に、あまり耳にした事がない検査項目である「crp」が高いと言われたらどうすれば良いのか困ってしまう人も多いのではないでしょうか。
「発熱しているわけでもないから、まあいいか」と放っておいても良いのなのか…。
今回はcrpとは何の数値なのか、高いと言われたらどうすれば良いかを調べてみましたので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

タバコ 吐き気 病気
タバコを吸うと吐き気…考えられる病気と健康のための対処法

タバコを吸うと吐き気がすることはありませんか?
その吐き気は何らかの病気が原因となり、喫煙によって引き起こされている可能性があるようです。
そこで喫煙による吐き気に関係する病気について調べてみました。

足 関節 指
足の関節や指にできる「ガングリオン」の対処法について…

足の関節や指にできる腫瘍「ガングリオン」をご存知ですか?
外反母趾とも症状が似ている「ガングリオン」について詳しくまとめてみました。
足に当てはまる違和感や不快な症状を感じた時は、ぜひ参考にして早めに対処しましょう。

花粉 目 痙攣
花粉症で目が痙攣するってホント?

花粉症の時に目が痙攣することってありますか?
目の痙攣を予防する方法はありますか?原因は何なんでしょうか?
目の痙攣は花粉症でない場合もあるようです。
病院に行く前に経験者や専門家から情報を調べてみました。

c05fac12170cc9c904d010f0e5715224_m
眼球の血管が切れる結膜下出血とは?

眼球の血管が切れてしまう結膜下出血という症状があります。白目の部分が真っ赤に染まってしまい、見た目にはとてもコワイ症状ですが、どんな事が原因で治療はどういうものなのでしょう。 眼球の血管が切れる結膜下出血について調べました。

wpid-2015_09_20_02_04_4.jpg
お腹にガスが溜まって痛い!症状の原因や改善方法

皆さんはお腹にガスが溜まって痛い思いをしたことありませんか?

日ごろの生活環境や習慣でお腹にガスが溜まり痛みを伴うことがあります。

生活を見直したりマッサージを取り入れたりして改善していきましょう。

突然の激しい痛み、一体何が原因で起こるのか、詳しく調べてみました。

右 肋骨 痛い
右の肋骨が痛い原因とは?

肋骨が痛む、特に右の肋骨が痛い時は何が原因なのでしょう?肋骨の周りは体の中心部分であり、痛みがひどいと動けません。右の肋骨に痛みが出やすいのはどんな人か、痛みが出たら何科へ行けばよいのか、そして右の肋骨が痛い原因について調べました。

仕事 ストレス 診断書
仕事状のストレスで病気に…診断書と休職の手続きについて

最近はストレス社会とも言われ、様々なストレスを日々感じている方が多い時代です。
仕事上のストレスでの精神疾患も多くみられ、休職や退職にまで悪化してしまうことも…
その際重要になるのが「診断書」です。ぜひ参考にして早目に適切な対処を心がけましょう!

ジョギング 足の甲 痛み
ジョギングで足の甲に痛みが…悪化してしまう前に対策を!

ジョギングを続けていると足の甲に痛みを感じることがあります。

この痛みをそのままにしておくと、フォームの乱れや走る事すらままならなくなってしまうことも…

まずはジョギングによる足の甲の痛みの原因を知り、早めに対処しましょう!

children-diarrhea-cause
子供の急な下痢、原因とその対処法

子供が急に下痢になる時は、一体どんな原因があるのでしょうか。

子供の下痢は身体的・精神的からくるものなど原因は様々です。子供の状態をしっかり把握し、適切な対処をしましょう。

その対処法と一緒に下痢になるパターンを調べてみました。

ひじ 骨折 リハビリ
ひじの骨折はリハビリが重要!正しい知識でしっかり治そう!

ひじの骨折は、元の状態のように動かすために正しい治療とリハビリが重要です。

骨折以前のような、ひじの可動域を取り戻すためにも、正しいリハビリの知識が必要になります。

そこでひじの骨折やリハビリについて調べてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_8.jpg
低血圧を改善する飲み物は?身近な飲み物で体質改善

低血圧で悩んでいる人は、たくさん食べても体重がなかなか増えなかったり、体が冷えやすかったり、目眩や不調を伴うこともあり日常で苦労している人も多いです。

低血圧の改善には、普段から食事や飲み物に気をつけることが必要!

どんな飲み物が、低血圧の改善になるのか調べました。

インフルエンザ 病院 待合室
インフルエンザ感染!病院の待合室にも気をつけよう!

1月2月は1年のうちでもインフルエンザの感染が拡大する時期です。体調不良などで病院に行き、待合室で感染してしまうという危険もあります。

そこでインフルエンザに感染しないための対策などをまとめてみました。ぜひ参考にしてインフルエンザの感染を食い止めましょう!

白血病 血液検査 数値
白血病の疑いは血液検査の数値で発覚するってホント!?

病院の診察で血液検査を受けた事がある方も多いことでしょう。

病院での採血は、結果の数値で様々な体の状態がわかるそうです。そしてその中でも白血病は血液検査での発見が多い病気です。

そこで血液検査の数値や治療法など、白血病についてまとめてみました。

1ヶ月 体重 増えすぎ
赤ちゃんの1ヶ月検診!体重の増えすぎは大丈夫?

赤ちゃんの1ヶ月検診。赤ちゃんの成長は楽しみですよね。ただ体重の増えすぎのは気をつけなければいけない事があるようです。
1ヶ月検診で赤ちゃんの体重が増えすぎで発覚する過飲症候群。母乳やミルクの量を調節しながら、赤ちゃんの健やかな成長を見守っていきましょう。

咳 微熱 続く
体からのサイン!咳・微熱が続く時に考えられる病気とは…

咳や微熱症状が続く時、それは体からの不調のサインです。

放置しておくことで、症状の悪化や更に重篤な病気へと進行してしまう可能性もあります。

そうならない為にも早めの対処が必要です。そこで咳・微熱から考えられる病気についてまとめてみました。

スポンサーリンク

crp血液検査って何?熱はないけど、値が高いと何が問題?

CRP血液検査とは、血液の中にあるC反応性たんぱくが含まれる量を測定する検査です。
CRP定量法血液検査とも言われます。

C反応性たんぱくとは、人間の体内で炎症の刺激や細胞の破壊などが起こると急激に増えるたんぱく質です。
普段健康な人の中にはほとんど存在しないといわれています。
また、このような急性症状に反応して増加するような物質は急性相反応物質と呼ばれます。

つまりCRP血液検査は、この急性相反応物質であるC反応性たんぱくの血液中の量を測ることで、体内で起こっている炎症や細胞破壊の度合いを測る検査なのです。

引用元-crpの基準値について!検査結果で分かる病気とは? | Hapila(ハピラ)

それでは具体的にはどのようなときにこのCRP血液検査が必要なのでしょうか?
このCRP血液検査で測るC反応性たんぱくは、炎症が起きてから24時間以内の増加率が非常に高く、それ以降は徐々に減少するという特徴を持ちます。
その特性から、多くが急性の初期の炎症の発生の確認などに利用されます。
もちろん慢性的な疾患のように継続して炎症または細胞の破壊程度を検討することにも利用されています。

引用元-crpの基準値について!検査結果で分かる病気とは? | Hapila(ハピラ)

反応性たんぱくは軽い風邪の炎症などによっても上昇します。
よって検査結果ではその基準の範囲に照らし合わせて判断することになります。
基準は5つに分けられています。

CRPの数値の基準値の範囲は、

①一般的な基準値の範囲  0.3以下
②軽い炎症などの可能性がある範囲  0.4~0.9
③中程度の炎症などの可能性がある範囲  1.0~2.0
④中程度以上の炎症などの可能性がある範囲  2.0~15.0
⑤重体な疾患の発症の可能性がある範囲  15.0~20.0

このように、数値が上がるほど、炎症や細胞の破壊が進んでいる可能性があると判断されます。
しかし、数値が低いからといって、今後の炎症の可能性や新たな疾患の可能性がないとはいえないので、数値やその他検査などとその症状などの総合的な診断で判断することになります。

引用元-crpの基準値について!検査結果で分かる病気とは? | Hapila(ハピラ)

熱が下がったのにcrpが高いままで心配…医師と保護者のQ&A

先日、アデノウィルスで入院し、昨日熱が下がり本日退院になりましたが退院前の血液検でCRPが9でした。
後日また血液検査をしにいきますが、熱が下がってもCRPはすぐに下がるものではないんですか?
それともほかの病気の疑いがあるのでしょうか?

引用元-熱が下がったがCRPが下がらない – 赤ちゃん・こどもの症状 – 日本最大級/医師に相談できるQ&Aサイト アスクドクターズ

CRP(炎症反応の数値)は、実際の炎症よりやや遅れて上がったり下がったりするので、熱が下がっても、直ぐには正常化しないです。
CRP(炎症反応の数値)は、細菌感染で高くなることが多いですが、ウイルス感染(アデノウイルスなど)でも高くなることがあります。

引用元-熱が下がったがCRPが下がらない – 赤ちゃん・こどもの症状 – 日本最大級/医師に相談できるQ&Aサイト アスクドクターズ

アデノウイルスの時には、CRPは、10以上に上がることもあります。
後日、血液検査をした際には、CRPは下がっているでしょう。
熱が下がっていれば、心配ないでしょう。

引用元-熱が下がったがCRPが下がらない – 赤ちゃん・こどもの症状 – 日本最大級/医師に相談できるQ&Aサイト アスクドクターズ

crpが高い場合に可能性がある病気とは?熱が下がってもcrpが下がらない原因は?

CRPといえば感染と考えがちですが、感染以外の炎症がある時にもこの値は増加します。
代表は

膠原病です。
膠原病とは自己免疫疾患という病気であり、中でも

関節リウマチ(RA)
血管炎

で上昇します。
同じ膠原病であっても、全身性エリテマトーデス(SLE)、多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)、強皮症(SSc)、シェーグレン症候群では、このCRPは陰性か軽度上昇にとどまることが多いと言われます。
大事なのはこれら関節リウマチや血管炎が背景にある人の場合は、感染がなくてもCRPが上昇することがあるということです。
血圧や呼吸状態、意識状態は良いのに、いつまでもCRPが高い場合、これらの基礎疾患があり、もともとのCRPが高いケースがあるということで注意が必要です。

引用元-【保存版】CRPが高い原因は?どんな病気の可能性がある?徹底まとめ! | 医師が教える人間ドックの評判とホントのところ

組織が破壊された場合、壊死に陥った場合もこのCRPが上昇することがあります。

具体的には、
心筋梗塞
悪性腫瘍
手術や分娩
外傷

などが挙げられます。

壊死に陥った状態のことを梗塞と言います。
心筋梗塞の他には、肺梗塞、脳梗塞などが有名ですが、心筋梗塞や肺梗塞ではこのCRPは上昇しますが、脳梗塞の場合は、この上昇が軽度です。

引用元-【保存版】CRPが高い原因は?どんな病気の可能性がある?徹底まとめ! | 医師が教える人間ドックの評判とホントのところ

CRPが下がったのに熱が下がらないのはどんな時?

もともと高かったCRPが下がったので、採血データ上は良くなったけども熱が下がらないということがあります、その場合には、
薬剤熱
深部静脈血栓症

などが原因で熱が下がらないことがあります。

また、CRPが下がっているときに、肝機能や腎機能が落ちている場合は、一概に感染症が良くなっているということはできません。
というのは、CRPというのは肝臓で作っているタンパク質であり、臓器障害が起こっている結果、CRPが下がっている可能性があるからです。

引用元-【保存版】CRPが高い原因は?どんな病気の可能性がある?徹底まとめ! | 医師が教える人間ドックの評判とホントのところ

健康診断でcrp値が高いと出たら、お医者様に相談しましょう!

CRPは、肺炎球菌に感染した患者から見つけたタンパク質なので、細菌での炎症の検査に対して数値が良く現れます。
CRPと一緒に見る検査として、白血球の値もあるのですが、この白血球の値も同じように基準値より高い場合は細菌性感染と考えられます。
しかし、ウイルス性に対しては、アデノウイルスなど一部のウイルス以外は上昇しないようです。
例えば、インフルエンザなどで高熱が出ていても、CRPや白血球の値が基準値より高くないと言う結果が出ます。
このように高熱が出ていても、白血球とcrpが基準値より高くない場合は、ウイルス感染と考えられます。

引用元-血液検査でCRPが高い!その原因は?どんな病気があるの? | はっぴいtopics

CRPの数値が高い場合、外傷や肺炎、膠原病など沢山の考えられる病気がありますが、数値が異常に高い場合はすぐに再検査になります。
身近な病気ですと、インフルエンザなどのウイルス性の時は、CRPと白血球の値はそれほど高値にならずに溶連菌などの細菌の場合は、基準値より高くなります。
しかし、病気による炎症が治まると数値も次第に下がってきますので、そのような場合は特に心配ないようです。
体調によっては、風邪を引いた程度でも数値が上がってきますので、ご自身の体の具合などを確かめて見て下さいね。
また、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞などの病気にも、CRPの数値が役立ちますので、健康診断で定期的に見てもらうと、早期発見に結びつくのでおススメです。
血液検査で何か気になる事があったら、担当の医師に聞いて下さいね。

引用元-血液検査でCRPが高い!その原因は?どんな病気があるの? | はっぴいtopics

crpが高い場合、熱の有無に関わらず悪い部分を見つけるために検査へ

血液検査の炎症反応で分かるのは、あくまでも炎症の有無です。
そこから炎症が起きている部分を特定するために、症状によって次の検査へと進んでいくのが一般的な流れです。

レントゲン、超音波エコー、CT、MRI等による画像診断
例えば、上気道感染症のような症状(咳、痰、発熱など)が長く続き、炎症反応と白血球が上がっている場合は、肺炎やを起こしていたり、結核に感染したりしている可能性を探りますが、その場合は胸部レントゲンで画像診断を行います。

血液検査で炎症反応と白血球数の強い上昇をみとめ、症状により各部位で起こる腫瘍が疑われる場合は、血液検査の他に超音波エコーやCT、MRI検査等でその腫瘍の状態を見る検査を行います。
その他、心筋梗塞が原因で血液検査の炎症反応の上昇している場合もまた、胸部レントゲンで心臓の肥大や肺水腫の有無を確認したりすることが、判断の一助となります。

尿検査
尿が近い、排尿時に痛みがある、発熱などの腎盂腎炎や尿路感染症の症状がある場合は、血液検査の炎症反応値に加えて尿検査を行い尿中の雑菌や潜血の有無を検査していきます。
高尿酸血症や痛風などが疑われる場合も、尿酸クリアランス・クレアチニンクリアランス検査などで腎臓の働きなども合わせて検査していく必要があります。

引用元-血液検査の異常 炎症反応が高いと身体のどこかで何かが起きています|Healthil[ヘルシル]

twitterの反応

 - 検査・健康診断