カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

喘息の発作の効果的な止め方!症状を速攻で改善するには…

      2016/10/28

%e5%96%98%e6%81%af-%e7%99%ba%e4%bd%9c-%e6%ad%a2%e3%82%81%e6%96%b9

喘息の発作が現れると、激しい咳や息苦しさなどツライ症状が長時間続くことも…
薬で緩和することもできますが、いざという時その薬が手元にない場合はどうするべきでしょうか?
そこで薬がなくても安心の発作の止め方をリサーチしてみました!
ぜひ参考にして自分に合った方法をみつけ、薬に頼らない改善を心がけましょう。

スポンサーリンク

関連記事

wpid-2015_10_29_03_19_3.jpg
姿勢が悪い!矯正が必要な子供たち

最近は姿勢が悪く、早い段階での矯正が必要な子供たちが増えてきています。

姿勢が悪いことで、一体どんな影響があるのでしょうか?

最近姿勢の悪い子供が増えている原因や改善方法など詳しくまとめてみました。

貧血 症状 真っ暗
貧血の症状?突然目の前が真っ暗になって倒れそうになる

ふとした瞬間に目の前が真っ暗になったり、ぐらぐらと倒れそうな症状が現れることが多い…。
これってもしかして貧血?貧血の症状とはどんなものがあるか知っていますか?
目の前が真っ暗になることや、倒れそうな症状は貧血と判断してよいのか調べてみました。

顔 シミ 病気
顔のシミは病気が原因?健康と美肌のためのポイントとは…

多くの女性が顔にできるシミを悩みに感じています。しかし顔にできるシミの原因は病気が関係していることがあるようです。

病気が原因でできるシミとはどんなもので、どんな病気が関係しているのでしょうか?

そこで気になる顔のシミについて調べてみました。ぜひ参考にして健康と美肌のためにできることをしてみましょう。

子宮筋腫 手術後 痛み
子宮筋腫手術後の痛みの対処法と再発を防ぐポイント!

子宮筋腫は女性の病気の中でも特に多くみられる病気の一つです。
治療法としては手術が必要になるケースもあり、特に手術後の痛みが辛いと感じる方が多いようです。
そこで気になる子宮筋腫手術後の痛みについて詳しく調べてみました。

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_m
「自律神経失調症」を発症…。休職に必要なものや期間は?

次から次へと舞い込む仕事…そして職場での上司や部下との人間関係…。社会生活の中では様々はストレスにさらされます。
その精神的ストレスが体に影響を及ぼすことがあります。「自律神経失調症」はその精神的ストレスなどによって発症する病気です。
自律神経失調症を発症した場合には、心身ともにゆっくりと休養を取ることが必要になります。
仕事をしている場合には休職することになりますが、どのくらいの期間休めるのでしょうか?

鎖骨 骨折 全治
鎖骨を骨折してしまった!どれくらいで治る?全治?完治?

日常生活でも簡単に折れてしまうことがあるという鎖骨ですが、骨折してしまったら手術するしかないと思っている方いらっしゃいませんか?
食事も「とにかく骨によいカルシウムをガンガン摂ればOK!」と思っている方、お医者さんに全治だか完治だか言われたけど、何が違うのかわからなーい!という方、ここで解決できるかもしれませんよ?

足の裏 痛み しこり
足の裏にできた痛みを伴うしこりから考えられる病気とは…

足の裏は「第2の心臓」とも言われており、体の不調が現れやすい場所とされています。
そこで今回は足の裏に痛みを伴うしこりから考えられる病気や対処法について調べてみました。
ぜひ参考にして、それぞれの症状に合った早めの処置を心がけましょう!

胃 検査 年齢
胃の検査を受ける年齢は?健康維持のために適切な検診を!

会社に勤めている方は1年に1度の健康診断が義務付けられています。
しかし胃の検査に関しては、ある一定の年齢になってからの追加検査という形が定例となっています。
そこで病気を未然に防ぐために、実際には何歳から胃の検査を受けるべきなのか調べてみました。

wpid-2015_09_22_02_18_4.jpg
切迫早産で入院!気をつけたい生活や食事の注意点

切迫早産で入院する場合は、病院の指示に従い安静に過ごしましょう。

また食事面でも予防してくれる食材を摂取してみましょう。

切迫早産で入院を余儀なくされてしまった時、どんなことに気をつけて過ごすのか、生活や食事についてまとめてみました。

癌 末期
癌を宣告されたら~末期症状と癌と向き合うための正しい知識

今や癌は早期発見・早期治療で完治する病気となってきました。
しかし中には気付きにくい癌もあり、宣告の時点で末期癌に侵されているということもあるようです。
もし自分や家族が末期がんと宣告されたらどうするべきか、正しい知識でしっかりと病に向き合いましょう。

wpid-2015_09_26_03_54_10.jpg
不正出血の原因はピル服用?それともストレス?

不正出血の原因にピル服用やストレスが関係しているようです。

不正出血には様々な原因があります。

不正出血があれば自己判断をせず、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

不正出血の原因とピル服用やストレスの関係について詳しく調べてみました。

mri-examination-amount
『MRI』って・・・何?検査の金額はどれくらいかかるの?

MRI検査って、聞いたことはあるけど・・・どんな検査なの?
金額も「高い」ってイメージ。保険は適用になるの??
詳しく調べてみました。

産後の生理 量が少ない
産後の生理の量が少ない!もしかして無排卵月経かも!?

産後の生理の量が少ないと感じるママは多いようです。その変化は無排卵月経の可能性があります。

その原因には産後ならではの影響が関わっています。どんなことが原因で起こるのでしょうか。

原因や症状、また改善するためのポイントなど詳しく調べてみました。

post-61
ジェイゾロフトってどんな薬?服用中のお酒の影響

みなさんジェイゾロフトというお薬をご存知ですか?

ジェイゾロフトは抗うつ剤です。
病気の改善には服用中のお酒は避けたほうが良いですが、飲酒のことでストレスを溜めるのも良くないことです。

この薬の効能や服用中にお酒を飲むと、どういう影響が出るのか詳しく調べてみました。

赤ちゃん 音楽 音量
赤ちゃんに与える音や音楽の効果!音量には要注意!

赤ちゃんに様々な音や音楽を聞かせることは、赤ちゃんの刺激になり良い影響を与えることもあります。

しかし音量や音によっては、赤ちゃんにとって良くない影響を与えてしまうことになりかねません。

赤ちゃんの健やかな成長のためにも、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

喘息の発作の止め方①体液を酸性に傾ける

 

この発作自体は、体液を酸性に傾ける仕草になるのです。
発作の苦しさは、自身の体液がアルカリに傾いて高い状態であるので、これを酸性に引っ張ってきて体を守ろうとする時に、体ができる精一杯の反応として、その人の体質を利用しながら、起こすものなのです。それが発作です。
この発作が目的としている、体液の平衡を、他の手段で達成してやれば、発作は役割を失ってゆくということなのです。

さて具体的な方法ですが、発作が起こったら、体液を酸性に傾ける作業をスグにすればOKです!

それには様々ありますが、ここでは冷湿布を御紹介します。
<喘息の発作が起こった時の対処>

1,発作をおこしている人を、椅子に座らせ机などにむけて前かがみにさせます。
2,そして、背中の肌をだします。男性なら上半身裸でもいいでしょう。
3,そこに、水で濡らしたタオルを準備し、背中を覆うように貼ります。(載せます)
4,そして、下敷きや団扇のようなもので、タオルに向かって、風をあおいでやります。

こうしてゆくとだんだんと発作は治まってゆきます。

このように、水などで冷やすと、体液は酸性に傾いてきますから、その性質を利用して発作を止めるというものですね。
何も無い田舎の僻地のようなところで、発作が起きる場合は、これしかないでしょう。
発作を起こしている人の方は、冬なら寒くて堪らないと思います。(笑)
しかし、喘息の苦しみに比べたら何でもないでしょうね。
扇ぎ初めて、約1分から数分で、ほぼ発作の苦しみからは解放されています。

引用元-衝撃!喘息の発作を薬なしで止めた〜い!|杉並区阿佐ヶ谷ヒーリング整体・足裏(マッサージ) 手気楽&実戦護身拳法のおバカネタだが実はクソマジメ人間なんですBlog Time

喘息の発作の止め方②飴をなめる

今咳が出そうと言う瞬間に即予防する超簡単技を編み出しました。

それはすごく簡単です。
でもどうしても必要な物があります。
それはあめだまです。

それも咳き込むなと思ったら即口に入れなければだめなのです。
咳が出る前に口に入れないと効果が出ないのです。

そこでバッグの中にいつも飴玉を持っています。
外出用バッグの中、ちょっと近所のスーパーへの買い物袋のポケットの中。

いつでもどこでもいざの時には口に入れられるようにしています。
切らさないように常備しています。

これなら簡単でだれでもすぐ用意出来て、確実に効果を発揮してくれます。
いままでにこの方法で何度助けられたことでしょう。

咳こみそうになったら、即あめだまを含みましょう!!!
是非試していただきたいと思います。
そうすると不思議と咳が出ません。

唾液もすぐに出てのどが潤います。

バッグにはあめだまを!!!!!
ポケットにはあめだまを!!!

引用元-咳が止まらない!咳喘息を速攻簡単に止める方法 | 気になる!あれこれ・・・・・

喘息の発作の止め方③ツボ押し

喘息に効くツボ①:治喘(じぜん)

治喘は軽度の喘息発作時に有効なツボです。

首を前に倒すと襟足あたりに隆起する骨(第七頸椎)より少し下、第1胸椎との間から左右5mm程度離れたところにあるツボです。
 
このツボを刺激する際は、爪で強くつねるか、ヘアピンや爪楊枝など先の細いもので赤くなるまで刺激します。
(強めの刺激が必要なツボです)
その後、お灸(家庭用千年灸など)や温めたタオルなどで温めて、血流をあげると更に効果的です。
なお、小児喘息の場合は優しくなでるだけでも効果があります。
 

喘息に効くツボ②:咳喘点(かくぜんてん)

咳喘点も軽度の喘息発作時に有効なツボです。
手のひらの人差し指と中指の間にある窪みに位置するツボです。

引用元-軽い喘息発作や咳喘息の対処に!【喘息に効くツボ(手・足)】

喘息に効くツボ③:魚際(ぎょさい)

魚際は、呼吸を楽にして肺や気管支を丈夫にすると言われているツボですので、発作予防のために習慣づけると良いでしょう。
手を開くと親指の付け根に肉が盛り上がっている箇所にあるツボです。

ここに反対側の親指の腹を当て、強めにグリグリと円を描くように3~5回揉みます。

引用元-軽い喘息発作や咳喘息の対処に!【喘息に効くツボ(手・足)】

止め方を試しても喘息の発作が改善しない場合は適切な対処を!

それぞれの状況を把握して適切に対処しましょう。

緊急の医療処置が必要かどうか、そして、その場で行うべき処置は何かを的確に判断しましょう。
軽い症状であれば、常備している喘息薬を使って直ちに和らげることができます。
一方、患者の容体が深刻であれば、救急医療者に診てもらう必要があります。
深刻な喘息発作が起こった場合は、その場で症状に対処する“前に”、救急サービスに連絡を取りましょう。
あるいは、場合によっては、身近な人に連絡を取ってもらいましょう。
症状の緊急性を見分ける方法を知り、臨機応変に対処しましょう

引用元-喘息の発作を抑える 4つの方法 – wikiHow

以下の場合、常備している喘息薬を服用すれば、救急処置の必要はないでしょう:
軽い喘鳴が起こるものの、深刻な様子は見られない
咳をして気道を開けば、満足に呼吸ができる
多少息切れがするものの、会話や歩行に支障はない
不安そうには見えない、または苦しそうには見えない
喘息持ちであること、そして喘息薬の保管場所を口頭で伝えることができる

以下の場合、患者の容体は深刻なため、医療者による救急処置が必要になります:
表情が青ざめ、唇または指が紺色に変色する
上記の症状が、さらに激しく、深刻な形で現れる
呼吸をするたびに、胸の筋肉が引っ張られる
深刻な息切れが起こり、呼吸が浅く、短くなる
息を吸い込む際、または息を吐き出す際に、大きな喘鳴が起こる
病状について、ますます不安が募る
普段の冷静さを欠き、混乱したり、または満足に受け答えができなくなる
息切れによって、歩行や会話に支障を来たす
症状が絶え間なく続く

引用元-喘息の発作を抑える 4つの方法 – wikiHow

喘息の発作は止め方よりも予防を意識して!

1.気道の状態を知っておく
息を勢いよく吐き出したときに息が流れる速さを測定する機器(ピークフローメーター)で、気道の狭まり程度を知ることができます。
大人のぜんそくでは、症状が自然に改善され、治ったようにみえることがあります。
ところが実際には気道が狭くなっていて、気付かずにいるといきなり激しい発作に見舞われかねません。
気道の状態を知ることは、こうした発作の予防に役立ちます。
毎日の測定値などを記録し、診断時に医師に見せるようにしましょう(※8)。

2.アレルゲンを減らす
アレルギー性ぜんそくでは、原因物質をできるだけ減らす心がけが大切です。
ハウスダストやダニの糞などが原因の場合には、室内の掃除を徹底して行いましょう。
たばこは、煙などが発作を誘発するだけでなく、気道を狭める原因ともなるので、禁煙するようにしましょう。

3.風邪に気を付ける
大人の場合、風邪をきっかけにぜんそくが発症することも少なくありません。
風邪をひかないように心がけると同時に、市販の風邪薬や解熱鎮痛薬を安易に使わないようにしましょう。

4.気候の変化に注意する
ぜんそくの発作は、気候が不安定な時期に起こりやすい傾向がみられます。
とくに前線の通過などで気温が急に下がったときは要注意です。

5.激しい運動を控える
運動が、ぜんそく発作の引き金となることもあります。
運動を行うときは事前に医師に相談し、どの程度の運動ならよいかを知っておきましょう。

引用元-油断できない大人のぜんそく(喘息) | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

 - 発作