カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

知ってる?薬を処方してもらえるのは何日分まで?

      2016/11/02

%e8%96%ac%e3%80%80%e5%87%a6%e6%96%b9%e3%80%80%e4%bd%95%e6%97%a5%e5%88%86

体調不良等で通院した際、処方されるお薬。どれくらい処方されていますか?
お仕事の都合などで、なかなか通院出来ない場合や花粉症など症状の変化があまりないときなど、多めにほしいと考えたこともあると思います。
最大何日分まで処方してもらえるのでしょうか?何かきまりはあるのでしょうか?そんな疑問を調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

ピル 血栓症 症状
ピル服用の副作用で起こる血栓症の症状とは?

ピルの服用は近年多くの女性がしています。避妊やPMSに効果的だとされているため、容易に手を出してしまうのです。ですがピルの副作用である、血栓症についてはあまり多く知られていないようです。ピル服用の副作用で起こる血栓症の症状について調べました。

オブラート 薬 飲み方
オブラートを使って正しい薬の飲み方をマスターしよう!

オブラートを使って薬を飲み込む際に、口の中に張り付いたり、うまく飲み込めなかったりした経験はありませんか。
便利なオブラートですが、使い方を間違えると非常に厄介なものに変わってしまいます。
オブラートの特徴から、使い方に飲み方まで調べてみました。

湿布の効果時間
湿布の効果時間と注意点~知っておくべき副作用について

肩こりや筋肉痛など、体の不調に湿布をお使いの方も多いことでしょう。
気付いた時には貼りっぱなし…なんてこともあるのではないでしょうか?
しかし湿布も薬の一種です。湿布の効果時間や使用法を守り、正しく使用しましょう!

風邪 薬 処方
風邪薬の処方箋〜病院でよく用いられる治療薬と注意点

風邪を引いた時に病院には行かず、市販薬を用いる方も多いことでしょう。
しかし風邪には様々な原因や症状があり、それに応じた薬を病院で処方してもらい、服用することで早期回復へとつながります。
そこで風邪症状を緩和させる為の病院で処方される薬について詳しく調べてみました。

%e7%a6%81%e7%85%99-%e3%82%bf%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b3-%e8%96%ac%e5%b1%80
禁煙したい!タバコの代用!?薬局で買える「ネオシーダー」

みなさん、「ネオシーダー」という薬をご存知ですか?
実は今、禁煙を考える人たちの中で、タバコの代用品として話題になってる薬です。
薬局で買えるという気軽さも人気の「ネオシーダー」とはどんなものなのか、禁煙との関係について調べてみました。

火傷 処置 湿布
火傷の処置に湿布は有効?重症化させない為の正しい対処法

火傷の処置は冷すことが重要!と患部に湿布を貼る方が多いようです。
この処置は本当に正しいのでしょうか?火傷は間違った処置をしてしまうと、重症化や皮膚がケロイド上になってしまうことも…
正しい処置を知る為に、火傷と湿布の関係について詳しく調べてみました。

%e5%96%89%e3%81%ae%e7%97%9b%e3%81%bf%e3%80%80%e6%8a%97%e7%94%9f%e7%89%a9%e8%b3%aa%e3%80%80%e7%a8%ae%e9%a1%9e
喉の痛みに抗生物質は効くの?どんな種類があるの?

風邪による喉の痛み、アレルギーなどによる喉の痛み。
原因は様々ですが、病院に行くと抗生物質が処方されることがあると思います。
皆さんは、抗生物質には、どんな種類があるかはご存知ですか?
種類や副作用を少しでも理解していきたいですね。

7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_m
粒の薬が苦手な方へ。飲み方のコツを伝授します!

風邪をひいたり頭痛がするときなど、薬を服用することがあると思いますが、
市販の薬でも病院で処方された薬でも、一番飲む機会が多いのは粒の薬ではないでしょうか。
しかし、そんな粒の薬を飲むのが苦手…という方は大人でも結構多いようです。
お年寄りやお子さまなど、喉の力が弱い方はさらに飲み込みにくいですよね。
今回は、粒の薬の上手な飲み方をまとめました。

ボルタレン ロキソニン 違い
ボルタレンとロキソニンの違い!知っておきたい効果と副作用

ボルタレンとロキソニンは痛み止めとしてよく処方される薬です。

この混同されやすい2つの薬の違いは何があるのか、詳しく調べてみました。

ぜひ参考にして効果や副作用を理解し、自分に合った服用を考えてみましょう!

咳 薬 処方
つらい咳症状を緩和させる薬を処方してもらう時のポイント

風邪や体調不良、または理由のわからない咳症状に悩まされることがしばしばあります。
市販薬でも様々な種類の薬が販売されていますが、咳は何かの病気のサインということも考えられます。
つらい咳症状を根本から解決するためにも、病院へ受診し自分に合ったお薬を処方してもらうことが重要です。

薬 飲み方 お茶
いつもの薬の飲み方が間違ってる?お茶で飲み込んではダメ?

薬を飲むとき、お茶で飲まないほうがいいと聞いたことがあると思います。
手元に水がないときや、用意出来ないときちゃんと効果が出るかなと心配しつつ飲んでいる人も多いのではないでしょうか。
また、お茶がダメなら水なしで飲んだほうがいいのかもしれないと考える人もいるでしょう。
ここでは、薬の飲み方としてお茶で飲んだ場合、本当にお茶が薬の効果に影響を及ぼすのかを調べてみました。

スポンサーリンク

病院の薬は最大何日分まで処方可能

「病院の薬は一度に最高何日分まで出してもらえるのですか?」

これは決まりはありません。
質問者さんがご存じのようにある程度縛りのあるお薬があります。
(お薬によっては5日分までとか、保険適用内の基準があります)これは特別なお薬なのでそれは置いといて・・・

胃薬なら、2~3カ月分くらい大丈夫なんじゃないか?と思います。
当方でも60日はわりとある処方ですね。
この保険が通るかどうかは、医療機関がレセプトで医療費を請求する際、審査が入るんですね。
この審査で引っかかってしまった場合、保険が使えないんです。
医療機関は医療費を払ってもらえず、当然患者さんに請求する事も出来ないので医療費をもらえません。
また審査に一度引っかかると目を付けられるので医療機関は少なめ少なめの処方になってしまう訳です。

なので病院によって違う、とお考えになったほうが早いですね。
その病院は胃薬では28日分までというマイルールを作っているんだと思われます。
安定剤は現在4週間まで処方出来る様になりましたし。
ほとんどの薬は1カ月処方可能です。
もちろん2カ月も可能でしょうが、一応医師としても2カ月無診投薬になるのでそうそう2カ月は出さないでしょうね・・・。
1カ月はマックスかと。

引用元-病院の薬は一度に最高何日分まで出?してもらえるのですか?薬の種類によって違う… – Yahoo!知恵袋

何日分処方されるかは、薬の保険や性格がある

症状が安定しており、ちゃんと薬の服用を定期的している場合で、保険上長期投薬が出来ると判断してある薬の場合処方が出ます。
その際の日数は処方する医師に任されますので主治医の先生とご相談下さい。

長期処方できない物は保険上や薬の性格上いくつかあります。

発売後1年未満の物(どの様な副作用が出るかまだ判らないから)
抗生物質(特定菌をターゲットにしますので1種類の物を長期飲む必要は無い)
安定剤の中で長短時間タイプの物(30日まで処方できる物あり)

等が一例です。
しかし最初にも書きましたが処方医が、この人なら症状が安定しており定期的にしっかり薬を飲んでいる人と言う限定で長期処方をしているので初診や、治療開始1~2ヶ月では無理です。

引用元-薬は最高何日分もらえる? – その他(健康) 解決済 | 教えて!goo

長期処方について

現在、麻薬及び向精神薬、1年以内の新薬など特定の薬剤を除き、薬剤投与期間の日数制限がありません。
そのため、医師の判断で長期処方は可能です。

【日数制限のある薬】
①発売されてから1年以内の薬は14日分が限度②向精神薬、麻薬などの薬は、薬剤によって14日、30日、90日分が限度。これらの薬も年始年末や長期旅行などでは、この限りではありません。

【長期処方の現状】
調査によれば、高脂血症や高血圧症は処方期間が8週以上の医師は約8割と、かなり長期化していました。
診療所で、その理由としてもっとも多かったのは「患者さんからの要望」で6割でした。

【長期処方のメリット】
忙しい方、また冬季などを考えれば、長期処方は病院に何度も行かなくて良いし、診察の回数が減り、その分の診察代や薬局で調剤費用が不要になる、というメリットがあります。
ただ、1回の処方量が増えますので、1回分としては高くなります。

引用元-

花粉症の薬はまとめて処方

クスリを2週間しか出さないのは、厚生労働省が出している規則(保健医療機関および保険医療法担当規則)で、投薬は「一回一四日分を限度として投与する」と定められていたためです。
しかし、この14日分という制限は今では緩和されていて、適用されるのは一部のクスリだけです(新薬や向精神薬など)。

だから、「自分には花粉症のこのクスリが合っている」と分かっているなら、3カ月分くらいをまとめて処方してもらうようにお願いしましょう。
時間もお金も節約できます。
どのクスリが自分に合うか分からないときは、とりあえず2週間分をもらってきて、効果があることを確認してからまとめて処方してもらうといいんじゃないでしょうか。
今回、妻はまとめて4カ月分(連休が終わるまで)もらってきたようです。

引用元-花粉症のクスリは何カ月分もまとめて処方してもらえば時間もお金も節約できる:フリーランスのライフプランニング(マネーラボ池袋)

何日分処方できるかは、医師の判断

一度に出せる薬の量(日数分)には何か法的制限があると思うが、薬剤師に聞いたら薬の種類によるのだと言っていた。
一律の決まりはないらしい。
それがホントウなら、処方箋を書く医者のさじ加減一つというわけだ。

『あそこは平気で90日分、三か月分くらい出す』って言っていた。
まあ個人的にそのほうがありがたい。
再診サイクルを伸ばさないと混雑に輪をかけるから、双方にメリットあるだろう。

ところが開業医のように小さい医院では5日分程度の少ないことが多い。
患者がもっと多く出してと頼んでもダメと言われる、って薬剤師が言っていた。

「正しい判断をするためにはこまめに診察することが大事なのだ」って正論を吐くのかもしれないが、受診回数を増やすための営業政策にみえてしまう。

引用元-病院の薬の何日分というのは医者のさじ加減みたい: ビジネスゲームの館

twitterの反応

 - 薬・サプリ