カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

経産婦は産後の体重が減らない?!ダイエットのコツとは

      2016/11/10

%e7%b5%8c%e7%94%a3%e5%a9%a6%e3%80%80%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%80%80%e4%bd%93%e9%87%8d

出産後、体重を出産前の体重に戻そうとダイエットするママさんは多いと思います。
初産の時にはすぐに産前の体重に戻ったけれど、2人目、3人目の経産婦になると全然戻らない…。そんな経験はありませんか?
今回は、経産婦の産後のダイエットについて調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

4ヶ月 体重 増えすぎ
4ヶ月の赤ちゃんの体重が増えすぎた場合の対処法は?

4ヵ月ごろの赤ちゃんというと体重の増えが落ち着いてくる頃ですが、肉付きが良くなってくることから太りすぎでは、と心配する母親も多いようです。体重がどれくらいだと増えすぎなのか、そしてどう対処するべきなのでしょう。 4ヶ月の赤ちゃんの体重が増えすぎた時の対処法について調べました。   

二人目妊娠 上の子 抱っこ
二人目妊娠中の上の子の抱っこ問題を乗り越えるポイント!

二人目妊娠中に上の子を抱っこしてもいいのか、迷っているママは多いようです。
ママの妊娠で上の子は精神的にも抱っこを求めてくることが多くなるようです。
そこで上の子の抱っこ問題についてまとめてみました。上の子とママが楽しくスキンシップできるように考えてみましょう!

赤ちゃん お菓子 食べない
赤ちゃんがお菓子しか食べないで離乳食を食べてくれません。

あなたの赤ちゃんはお菓子大好きですか? それともお菓子はまったく食べないですか?
離乳食は食べてくれますか?お母さんの悩みは尽きません(/_;)
赤ちゃんにどんなおやつを、いつ、どれほどあげたらいいか考えましょう!

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%82%a9-%e8%84%b1%e8%87%bc
赤ちゃんがむずかる…肩の動きがおかしい!もしかして脱臼?

元気に遊ぶようになった赤ちゃんの相手をするのは楽しいですよね。
とはいえ、ちょっと方法を間違ってしまうと、 肩を脱臼する危険があるので注意が必要です。
例えば、赤ちゃんが「抱っこ」と手を伸ばしてきた時に、手だけを引っ張って抱っこをする事はありませんか?この動作はちょっと危険なのです。
また、他にも身近な動作で肩を脱臼する危険があるのだとか。
そこで、どんな時に赤ちゃんが肩を脱臼しやすいのか、どんな症状が出るのか等を調べてまとめました。
思い当たるママやパパはこの記事をぜひ読んでくださいね。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e8%b2%a7%e8%a1%80%e3%80%80%e6%95%b0%e5%80%a4
赤ちゃんが貧血と診断される数値はどのぐらいから?

赤ちゃんが貧血?!赤ちゃんの貧血は、実はよくあることだそうです。
でもどのぐらいの数値から貧血と診断されるのでしょうか?
また、どうして貧血になるのか、どうして貧血だといけないのか詳しく調べてみました。

恥骨 痛み 妊娠初期
恥骨の痛みは妊娠初期の症状!原因と痛みを緩和させる方法

妊娠初期には様々なマイナートラブルが現れます。それは妊娠初期症状と呼ばれ、恥骨の痛みもその一つです。

つらい恥骨痛が起こる原因は何なのでしょうか?そこで症状の原因や対処法について調べてみました。

ぜひ参考にして、妊婦生活を快適に過ごせるように役立ててください。

8e90405f39d82b7f15cb659d42c736f3_m
じゃがいもをつかった離乳食!完了期に最適なメニューは?

じゃがいもは離乳食初期から完了期まで使える便利な食材です。

クセもなく腹持ちのいい為、毎日の離乳食に用いることの多いジャガイモだからこそメニューのレパートリーに悩むことも。

そこでジャガイモの下ごしらえの方法や、離乳食完了期の赤ちゃんに最適なじゃがいもを使ったメニューをご紹介します。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e8%b6%b3%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズの正しい測り方や靴の選び方

赤ちゃんがあんよを始めたら、シューズデビューはすぐ目の前!
お外での大切な一歩は、赤ちゃんの足のサイズに合ったものを選びたいですよね。
今回は、足のサイズの測り方や、靴の選び方などについて調べてみました。

赤ちゃん 足の裏 湿ってる
赤ちゃんの足の裏が湿ってる…気になる足汗の原因と注意点

赤ちゃんの足の裏を触って「湿ってる…」と感じたことはありませんか?
多くの赤ちゃんは足の裏によく汗をかき、湿っていることがよくあります。
しかしママにすると、暑いのかなぁ…と心配になってしまうことも多々あります。
そこで今回は赤ちゃんの足の裏が湿ってる原因を詳しく調べてみました。

妊娠超初期 腰痛 左側
妊娠超初期に生じる腰痛~左側だけ痛い原因と緩和する方法

妊娠超初期には様々な症状が現れ始めます。
その症状の一つに腰痛があります。
もともとあった腰痛が悪化するということもありますが、左側だけ…という片側にだけ痛みを生じる方も多いようです。
そこで今回は妊娠超初期と腰痛について詳しく調べてみました。
ぜひ参考にして、片側に生じる腰痛を改善しましょう。

c58ad3e0f798f2e90900e0f19e7fb9aa_m
赤ちゃんの目が充血していたらどうする?原因は何?

大切な赤ちゃんの目が充血していたらお母さんは慌ててしまいます。
赤ちゃんの目の血管は細く、充血しやすいとは言うものの、病気が隠れていたらどうしようと心配になってしまいます。
赤ちゃんの目の充血には、どんな原因が考えられるのでしょう。原因について調べました。

胎児 心臓 検査
妊娠期間中に行う胎児の心臓の検査ってどんなもの?

病院の検査で妊娠したことが分かると、お腹の中の赤ちゃん「胎児」が元気に育っているかどうか定期的に検査することになります。
出産前に行う検査を総評して「出生前診断」といいますが、そのうちの胎児の心臓に関する検査について詳しくみていきます。

二人目 上の子 ストレス
二人目育児って大変!上の子とのストレスの上手な対処法!

二人目ができると、今までの生活に変化が生まれ、出産後の体の変化や2人育児にママは大変!

小さな事でも上の子にイライラしてしまいストレスを感じている方も多いことでしょう。

しかしストレスをためているのはママだけではありません。上の子の心のケアも重要な時期です。ママ・子供とともに楽しい毎日を過ごせる対策を考えてみましょう。

出産 入院 化粧
出産入院中の化粧事情!スッピンで乗り切るためのポイント

出産入院中は基本的に化粧はしません。産院によっては化粧自体を禁止しているところもあるようです。

しかし出産後はお見舞い客も多く、写真に残る場面も多いことでしょう。出産後はスッピンで乗り切れるのか?

皆さんの体験談なども参考にしてみましょう!

%e6%96%b0%e7%94%9f%e5%85%90-%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%8e%a5%e7%a8%ae-%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84
新生児から始まる予防接種~受けないのはマナー違反!?

赤ちゃんが生まれると、多くのママは予防接種のスケジュール管理に追われることになります。
しかし中には新生児からの接種を躊躇し、予防接種は受けないと判断する方もいます。
そこで予防接種を受ける・受けない親の判断や医療の進歩、危険性などを詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

産後、経産婦の体重が減らない理由

産後スムーズに痩せるかどうかはその人の体質によって大きな差がありますが、一般的に初産の方よりも経産婦が痩せにくいのには2つの理由があります。

まず1つ目の理由は女性のからだの働きです。
妊娠するとからだは子宮を守ろうとし、脂肪をつけようと働きます。
また同時に妊娠中は運動も制限され、筋肉が減り、脂肪を燃やす力が弱まります。
「基礎代謝量が減り脂肪が増える」ということを繰り返せば、おのずと痩せにくくなってしまうというわけです。

もう1つの理由は年齢によるものです。
当然、1人目のときよりも2人目、3人目の出産時は年齢を重ねているわけですから、基礎代謝自体は落ちています。
同じ食事をしていても生活を変えなければ体重が減らない、太りやすくなるというのは自然の摂理。
ちょっとの努力の積み重ねで美ボディを育てていきましょう。
引用元-経産婦は産後の体重が減りにくい!?ダイエットのコツは? | ひらきら

経産婦の産後の体重を減らすには、まず食事面から!

統計データでも、2人目、3人目を出産すると、1人目の時よりも太りやすく痩せにくくなることが分かっています。
1人目の時には母乳をあげるだけで痩せたのに、2人目からは母乳育児でも痩せられないという経産婦さんは少なくありません。
これは体質も関係していることなので一概には言えませんが、経産婦は痩せにくいというのは定説になっているので、諦めてしまっているママもいるでしょう。

ですが、人間は摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば、必然的に痩せていきます。
これはどんな体質でも同じなので、経産婦さんでも諦める必要はありません。
ただし痩せやすい状態ではないため、普通の人がダイエットをするよりも根気よく続ける必要があるのも事実なので、神経質にならないで長い目でダイエットを行っていきましょう。

経産婦さんはそうでなくても自分の時間が少なく、家事と育児にほとんどの時間を取られてしまい、運動をするなどの余裕がないものです。
ですので、消費カロリーを増やすと言うダイエットだと挫折してしまいやすいので、食事面からアプローチしていきましょう。
ダイエット方法でもっとも効果的なのは、置き換えダイエットを利用して、1日1食をダイエット食品にするというものです。
子供と一緒に食事を摂らなくてはいけないことが多いと思いますが、1食だけならダイエット食品でも大丈夫でしょう。
また、運動不足でむくんだりする場合は、水分代謝をコントロールしたり、脂肪燃焼を促進する成分が配合されたサプリを摂るのも効果的です。
成功のポイントは続けることなので、最低でも3ヶ月続ければ効果を実感することができるでしょう。
引用元-経産婦のダイエット | 2人目・3人目でもあきらめないで! | 産後の本気ダイエット!卒乳後も美ボディラインでキュートなママになろう

生活の中で代謝を上げれば、経産婦でも産後の体重を減らせる!

出産後ってホルモンバランスも大きく崩れていますよね。体重、体液、骨格と言う体中の全てに影響があるのが出産です。

特に骨盤周辺の筋肉は緩んでしまっています。
骨盤は体を支える土台ですから、ココをしっかりとしておかないと内臓の働きも悪くなり代謝も落ちると言われています。

だから産後は骨盤矯正が大切と言われるんです。
特に経産婦の場合は、前回の妊娠出産よりも時間がたっているわけですから、筋肉量も以前より少なくなっているはずです。
だから代謝も落ちているはず。
でも、代謝は上げることよりも「落とさないコト」の方がずっと大切です。
エクサや筋トレもいいですが、時間が必要だったり続かなかったりすることが多いですから、
生活の中の動きを代謝の維持につなげることが、代謝を落とさないために一番効果的なんです。
引用元-経産婦は産後痩せない?座り方で代謝は変わるのよ!

経産婦さんも必読!産後のお腹の皮たるみを戻すには?

「お腹の皮膚は、自然と元の大きさに回復していく」とは言え、それには時間がかかりますし、限度もあります。
たとえ経産婦であっても、もう若くはないとしても「少しでも早くお腹の皮を戻したい!」というのは、産後ママの願いですよね?
皮膚が再生し、収縮をしていくには、運動、休養、栄養が必要です。
産後のママが、皮膚の収縮のためにできそうなことはこちらです。

・筋トレ

お腹の皮のたるみを改善するためには、お腹周りに筋肉をつけることが大切です。
皮膚が自分の力で収縮できるよう、腹筋を鍛えてあげましょう。

・体重を増やさない

体重が増える、つまり太ってしまうと更に皮膚が伸びてしまいます。

・食生活に気を付ける

皮膚の再生を活発にするために、皮膚を構成している「たんぱく質」をしっかり取りましょう。
また、たんぱく質の代謝を促す「ビタミン類」を摂取しましょう。

・ストレッチ

ストレッチを行うと、体の血行が良くなります。
血行を良くすることは、皮膚だけでなく、全身の新陳代謝を良くすることに繋がります。
肩こりや腰痛にも効果的ですし、母乳の出も良くなります。
さらに、産後ダイエットにも効果的なので、ちょっとした隙間時間に、ウエストをひねるなど、お腹周りをほぐしてみて下さいね。

・肌の新陳代謝を高める

肌の新陳代謝を高めるには、スキンケアも大切です。
乾燥した肌は、トラブルになりやすく、細胞が活性化しません。
収縮しようとする皮膚の力を強めてあげるためには、保湿を十分に行い、肌に栄養を届けてあげることが大切です。
産後のたるみ肌をサポートする保湿クリームもありますので「産後専用」「たるみ専用」のものがお勧めです。
引用元-産後のお腹の皮のたるみを戻すには? | 母乳育児を楽しむブログ

あなただけじゃない、75%の経産婦が産後体重が戻らなくて悩んでいる!

ヘルスデイ(HealthDay)に発表されたシカゴとヒューストンのメソジスト病院が行ったアンケート調査によると、75%の経産婦が出産後1年間は体重増加に悩まされ、なんとかしようと努力していることが判明。

774人の低所得女性からのデータを分析すると、妊娠前に標準体重であった人の3分の1が、産後は過体重や肥満であることが分かりました。
そのうち、25%の女性が10kg、47%が5kg、体重の増加が見られたといいます。
引用元-産後、体型が戻らない…のは、あなただけじゃない!―妊娠前に標準体重であった人の3分の1が肥満に – Peachy – ライブドアニュース

妊娠中の女性は『赤ちゃんのために2倍食べろ』という神話を信じがちですが、お腹の子どもが双子でない場合、300~400キロカロリーのみ一日の摂取カロリーを増やすだけで充分なのです。
母乳による授乳と適度な運動も産後の体重減少に影響を与えるようです。
引用元-産後、体型が戻らない…のは、あなただけじゃない!―妊娠前に標準体重であった人の3分の1が肥満に – Peachy – ライブドアニュース

 - 出産・子育て