カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

経産婦は産後の体重が減らない?!ダイエットのコツとは

      2016/11/10

%e7%b5%8c%e7%94%a3%e5%a9%a6%e3%80%80%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%80%80%e4%bd%93%e9%87%8d

出産後、体重を出産前の体重に戻そうとダイエットするママさんは多いと思います。
初産の時にはすぐに産前の体重に戻ったけれど、2人目、3人目の経産婦になると全然戻らない…。そんな経験はありませんか?
今回は、経産婦の産後のダイエットについて調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

二人目 上の子 ストレス
二人目育児って大変!上の子とのストレスの上手な対処法!

二人目ができると、今までの生活に変化が生まれ、出産後の体の変化や2人育児にママは大変!

小さな事でも上の子にイライラしてしまいストレスを感じている方も多いことでしょう。

しかしストレスをためているのはママだけではありません。上の子の心のケアも重要な時期です。ママ・子供とともに楽しい毎日を過ごせる対策を考えてみましょう。

7ヶ月 ストロー 練習
生後7ヶ月の赤ちゃんのストロー練習を上達させるポイント

生後7ヶ月頃の赤ちゃんは離乳食も進み、日に日に成長を感じる頃でしょう。
そして生後7ヶ月と言えばストロー練習を始めるピッタリの時期です。
ストローを使えるようになると赤ちゃんにもママにも嬉しいことがたくさん!ぜひストロー練習を始めてみましょう!

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e8%b6%b3%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズの正しい測り方や靴の選び方

赤ちゃんがあんよを始めたら、シューズデビューはすぐ目の前!
お外での大切な一歩は、赤ちゃんの足のサイズに合ったものを選びたいですよね。
今回は、足のサイズの測り方や、靴の選び方などについて調べてみました。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e8%b2%a7%e8%a1%80%e3%80%80%e6%95%b0%e5%80%a4
赤ちゃんが貧血と診断される数値はどのぐらいから?

赤ちゃんが貧血?!赤ちゃんの貧血は、実はよくあることだそうです。
でもどのぐらいの数値から貧血と診断されるのでしょうか?
また、どうして貧血になるのか、どうして貧血だといけないのか詳しく調べてみました。

子ども 足の裏 痛い
子どもの病気!足の裏が痛い原因と悪化を防ぐ対処法について

子どもが急に足の裏を痛がったことはありませんか?
足が痛いのは子供によくみられる症状ですが、原因によっては足の痛みが悪化してしまうこともあるようです。
そこで子どもが足の裏を痛がる時に考えられる原因をまとめてみました。ぜひ参考にして早めの対処を心がけましょう!

一歳 言葉 理解
一歳頃の子供の言葉の理解の目安と発達を高める親の接し方

一歳頃の子供はたくさんの言葉を理解するようになります。
まだ言葉を発することができなくても、パパやママの話していることや物の名前などを理解しています。
子供の言葉の発達を促す為にはパパやママとのコミュニケーションが重要です。
ぜひ参考にして、言葉の理解を高めるサポートをしましょう!

%e6%ad%af%e7%a7%91-%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b1%e3%82%99%e3%83%b3-%e5%ad%90%e4%be%9b
歯科でレントゲンを何度も撮るけど、子供の身体に影響は?

虫歯や歯列矯正目的で歯科に行くと、レントゲンを撮られる事が少なくありません。
被ばくの値が…という話を聞いてしまうと、何度も撮影するのは子供の身体に影響があるのではないかと心配になりますよね。
今回は、歯科で受けるレントゲン撮影がどのくらいの値なのか、どんな場合に子供にレントゲン撮影が必要なのかを調べてみました。
診察や治療には欠かせない場合が多いので、基本的にかかりつけの歯科の治療方針に従いながら、不安な場合は先生に相談なさってくださいね。

adhd アスペルガー 子供
adhdとアスペルガー症候群の違い…子供に見られる特徴

子供の仕草や言動に違和感を感じたことはありませんか?もしかするとadhdやアスペルガー症候群などの広汎性発達障害の可能性があるかもしれません。

adhdやアスペルガー症候群の子供は正しく接してあげることで、成長に問題なく育っていくことができます。まずはこの障害の違いや対応をしっかり理解しておきましょう。

c58ad3e0f798f2e90900e0f19e7fb9aa_m
赤ちゃんの目が充血していたらどうする?原因は何?

大切な赤ちゃんの目が充血していたらお母さんは慌ててしまいます。
赤ちゃんの目の血管は細く、充血しやすいとは言うものの、病気が隠れていたらどうしようと心配になってしまいます。
赤ちゃんの目の充血には、どんな原因が考えられるのでしょう。原因について調べました。

1歳半 食事 外食
1歳半と食事に行こう!外食で気をつけるべきこととは!

子供が1歳半ともなると離乳食も終わって外食もメニューによっては食べられるものが出てきます。お母さんも小さい子供連れは大変だけれど、息抜きに外食したいものです。1歳半の子供と食事を外でするには、どんな準備が必要なのでしょう。1歳半との外食で気をつけるべきことについて調べました。

アメリカ 初産 年齢
アメリカの初産年齢はどれくらい?

何かとアメリカと比較しながら進んできた日本ですが、アメリカの初産年齢はどれくらいなのでしょう?晩婚化が進み、初産年齢も年々上がっている日本ですが、アメリカでは?アメリカの初産年齢と高齢出産について調べました。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab-%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-7%e3%83%b6%e6%9c%88
オートミールは離乳食に最適!生後7ヶ月頃にオススメレシピ

最近ダイエットや美容食として人気の高いオートミールですが、実は赤ちゃんの離乳食にもオススメなんです。
特に生後7ヶ月頃のメニューに取り入れることがオススメです!
今回はそんな栄養満点のオートミールについて詳しく調べてみました。
ぜひ参考にして、赤ちゃんの献立の参考にしてみてください。

妊娠超初期 腰痛 左側
妊娠超初期に生じる腰痛~左側だけ痛い原因と緩和する方法

妊娠超初期には様々な症状が現れ始めます。
その症状の一つに腰痛があります。
もともとあった腰痛が悪化するということもありますが、左側だけ…という片側にだけ痛みを生じる方も多いようです。
そこで今回は妊娠超初期と腰痛について詳しく調べてみました。
ぜひ参考にして、片側に生じる腰痛を改善しましょう。

子育て 仕事 辞める
子育ての為に仕事を辞めるべき?育児と仕事の両立への不安

出産や子育てを理由に仕事を辞める選択をする女性はとても多く、女性の社会進出が進んだ今でもそれは変わりません。

やはり仕事を辞めていく女性の中には、仕事と育児の両立に不安を抱く方が多いようです。

しかし子育ての為に仕事を辞めるべきなのでしょうか?様々な角度から育児と働くママについて調べてみました。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e5%a4%a7%e6%b3%a3%e3%81%8d%e3%80%80%e7%aa%81%e7%84%b6
赤ちゃんが大泣き!突然の大泣きは何かのサインかも?

赤ちゃんが泣くのは、お母さんへ自分の気持ちを伝えるため。コミュニケーションの一つです。
でも、普段と違う泣き方だったり、突然大泣きをし始めたりするととても心配ですよね。
今回は、赤ちゃんの泣き方で分かるサインなどについて調べてみました。

スポンサーリンク

産後、経産婦の体重が減らない理由

産後スムーズに痩せるかどうかはその人の体質によって大きな差がありますが、一般的に初産の方よりも経産婦が痩せにくいのには2つの理由があります。

まず1つ目の理由は女性のからだの働きです。
妊娠するとからだは子宮を守ろうとし、脂肪をつけようと働きます。
また同時に妊娠中は運動も制限され、筋肉が減り、脂肪を燃やす力が弱まります。
「基礎代謝量が減り脂肪が増える」ということを繰り返せば、おのずと痩せにくくなってしまうというわけです。

もう1つの理由は年齢によるものです。
当然、1人目のときよりも2人目、3人目の出産時は年齢を重ねているわけですから、基礎代謝自体は落ちています。
同じ食事をしていても生活を変えなければ体重が減らない、太りやすくなるというのは自然の摂理。
ちょっとの努力の積み重ねで美ボディを育てていきましょう。
引用元-経産婦は産後の体重が減りにくい!?ダイエットのコツは? | ひらきら

経産婦の産後の体重を減らすには、まず食事面から!

統計データでも、2人目、3人目を出産すると、1人目の時よりも太りやすく痩せにくくなることが分かっています。
1人目の時には母乳をあげるだけで痩せたのに、2人目からは母乳育児でも痩せられないという経産婦さんは少なくありません。
これは体質も関係していることなので一概には言えませんが、経産婦は痩せにくいというのは定説になっているので、諦めてしまっているママもいるでしょう。

ですが、人間は摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば、必然的に痩せていきます。
これはどんな体質でも同じなので、経産婦さんでも諦める必要はありません。
ただし痩せやすい状態ではないため、普通の人がダイエットをするよりも根気よく続ける必要があるのも事実なので、神経質にならないで長い目でダイエットを行っていきましょう。

経産婦さんはそうでなくても自分の時間が少なく、家事と育児にほとんどの時間を取られてしまい、運動をするなどの余裕がないものです。
ですので、消費カロリーを増やすと言うダイエットだと挫折してしまいやすいので、食事面からアプローチしていきましょう。
ダイエット方法でもっとも効果的なのは、置き換えダイエットを利用して、1日1食をダイエット食品にするというものです。
子供と一緒に食事を摂らなくてはいけないことが多いと思いますが、1食だけならダイエット食品でも大丈夫でしょう。
また、運動不足でむくんだりする場合は、水分代謝をコントロールしたり、脂肪燃焼を促進する成分が配合されたサプリを摂るのも効果的です。
成功のポイントは続けることなので、最低でも3ヶ月続ければ効果を実感することができるでしょう。
引用元-経産婦のダイエット | 2人目・3人目でもあきらめないで! | 産後の本気ダイエット!卒乳後も美ボディラインでキュートなママになろう

生活の中で代謝を上げれば、経産婦でも産後の体重を減らせる!

出産後ってホルモンバランスも大きく崩れていますよね。体重、体液、骨格と言う体中の全てに影響があるのが出産です。

特に骨盤周辺の筋肉は緩んでしまっています。
骨盤は体を支える土台ですから、ココをしっかりとしておかないと内臓の働きも悪くなり代謝も落ちると言われています。

だから産後は骨盤矯正が大切と言われるんです。
特に経産婦の場合は、前回の妊娠出産よりも時間がたっているわけですから、筋肉量も以前より少なくなっているはずです。
だから代謝も落ちているはず。
でも、代謝は上げることよりも「落とさないコト」の方がずっと大切です。
エクサや筋トレもいいですが、時間が必要だったり続かなかったりすることが多いですから、
生活の中の動きを代謝の維持につなげることが、代謝を落とさないために一番効果的なんです。
引用元-経産婦は産後痩せない?座り方で代謝は変わるのよ!

経産婦さんも必読!産後のお腹の皮たるみを戻すには?

「お腹の皮膚は、自然と元の大きさに回復していく」とは言え、それには時間がかかりますし、限度もあります。
たとえ経産婦であっても、もう若くはないとしても「少しでも早くお腹の皮を戻したい!」というのは、産後ママの願いですよね?
皮膚が再生し、収縮をしていくには、運動、休養、栄養が必要です。
産後のママが、皮膚の収縮のためにできそうなことはこちらです。

・筋トレ

お腹の皮のたるみを改善するためには、お腹周りに筋肉をつけることが大切です。
皮膚が自分の力で収縮できるよう、腹筋を鍛えてあげましょう。

・体重を増やさない

体重が増える、つまり太ってしまうと更に皮膚が伸びてしまいます。

・食生活に気を付ける

皮膚の再生を活発にするために、皮膚を構成している「たんぱく質」をしっかり取りましょう。
また、たんぱく質の代謝を促す「ビタミン類」を摂取しましょう。

・ストレッチ

ストレッチを行うと、体の血行が良くなります。
血行を良くすることは、皮膚だけでなく、全身の新陳代謝を良くすることに繋がります。
肩こりや腰痛にも効果的ですし、母乳の出も良くなります。
さらに、産後ダイエットにも効果的なので、ちょっとした隙間時間に、ウエストをひねるなど、お腹周りをほぐしてみて下さいね。

・肌の新陳代謝を高める

肌の新陳代謝を高めるには、スキンケアも大切です。
乾燥した肌は、トラブルになりやすく、細胞が活性化しません。
収縮しようとする皮膚の力を強めてあげるためには、保湿を十分に行い、肌に栄養を届けてあげることが大切です。
産後のたるみ肌をサポートする保湿クリームもありますので「産後専用」「たるみ専用」のものがお勧めです。
引用元-産後のお腹の皮のたるみを戻すには? | 母乳育児を楽しむブログ

あなただけじゃない、75%の経産婦が産後体重が戻らなくて悩んでいる!

ヘルスデイ(HealthDay)に発表されたシカゴとヒューストンのメソジスト病院が行ったアンケート調査によると、75%の経産婦が出産後1年間は体重増加に悩まされ、なんとかしようと努力していることが判明。

774人の低所得女性からのデータを分析すると、妊娠前に標準体重であった人の3分の1が、産後は過体重や肥満であることが分かりました。
そのうち、25%の女性が10kg、47%が5kg、体重の増加が見られたといいます。
引用元-産後、体型が戻らない…のは、あなただけじゃない!―妊娠前に標準体重であった人の3分の1が肥満に – Peachy – ライブドアニュース

妊娠中の女性は『赤ちゃんのために2倍食べろ』という神話を信じがちですが、お腹の子どもが双子でない場合、300~400キロカロリーのみ一日の摂取カロリーを増やすだけで充分なのです。
母乳による授乳と適度な運動も産後の体重減少に影響を与えるようです。
引用元-産後、体型が戻らない…のは、あなただけじゃない!―妊娠前に標準体重であった人の3分の1が肥満に – Peachy – ライブドアニュース

 - 出産・子育て