カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

脚を脂肪吸引したいんです!失敗ってあるの?

   

%e8%84%9a%e3%80%80%e8%84%82%e8%82%aa%e5%90%b8%e5%bc%95%e3%80%80%e5%a4%b1%e6%95%97

皆さんは脂肪吸引に興味はありますか?
脚を細くしたいという方の中には、運動だけではなく、脂肪吸引と言う方法を選ぶ方もいるのではないでしょうか?
しかし、いくら痩せたいと言っても、手術となると躊躇してしまうものですよね?
脂肪吸引に失敗することはあるのか?、どんな方法があるのかなどの手術法も合わせてみてみましょう!

スポンサーリンク

関連記事

%e5%a4%aa%e3%82%82%e3%82%82-%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88-%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99
太もものダイエットにウォーキングは効果がある?

身体の中で一番痩せたい、という時、よく話題に出るのは「太もも」です。
でも、太もものみのダイエットをしたいと言ってもなかなか難しいですよね。
簡単に出来るダイエットとして浮かぶのは「ウォーキング」ですが、
果たして効果はあるのでしょうか。 今回は太もものダイエットにウォーキングは効果があるのか、調べてみました。

888fe37bb4906018bca1a7c851ecd863_m
体育の授業が好きになる?持久走のコツ

体育の授業で持久走がある学校って多いですよね。。
他の友達とタイムを比べられるし、できれば少しでも早く走れるようになりたいですよね。
早く走れる人とは素質が違うのかな…と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。
実は持久走にはコツがあるんです!これを読めば体育の授業が楽しみになるかもしれません。

足首 細い 運動神経
足首周りが細いのはなぜ?運動神経がいい人に多い?

運動神経は先天的なものでしょうか?スポーツ選手には足首が細い人が多いという話があります。
それでは、足首が細い人は生まれながらに運動神経が良いといえるのでしょうか。
足首が細いことが運動神経に関係があるのか調べてみました。

%e8%b6%b3-%e4%bc%b8%e3%81%af%e3%82%99%e3%81%99-%e6%96%b9%e6%b3%95
足を伸ばす5つの方法~すぐできるものから驚きの方法まで!

モデルのようなスラッと長い脚は女性の憧れです。
日本人は足が短いとよく言われますが、足を伸ばすことは不可能なのでしょうか?
そこで今回は足を伸ばす方法についてリサーチしてみました!
すぐできるものからちょっと驚きの方法まで…ぜひ参考にして、自分に合った方法を試してみましょう!

ランニング 筋肉 体重
ランニングで筋肉増加!?体重は増えてもメリハリボディ!

ランニングを始めると筋肉が増え、一時的に体重が増加することがあります。

これは脂肪よりも筋肉の方が重太鼓とが原因のようです。体重だけで太ったと感じても、見た目には嬉しい変化も見られます。

体重を落とすダイエットではなく、筋肉を意識した正しいランニング法でメリハリのある体型を手に入れましょう!

%e6%8c%81%e4%b9%85%e5%8a%9b-%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99-%e6%b0%b4%e6%b3%b3
持久力をアップするトレーニングに水泳は役に立ちますか?

持久力をつけたい方。どんなトレーニングをすればいいのでしょうか?
水泳は全身運動です。体を痛めることもありません。
夏は気持ちよく、冬でも暖かい温水で、体に負担がないように鍛えられるかもしれませんね。
ぜひチャレンジしてみましょう(^_-)-☆

声 大きく 腹筋
声を大きくするために腹筋を鍛えることは本当に必要ですか?

「声を大きくしたいから腹筋を鍛えよう!」ってよく聞きますけど、これは本当なのでしょうか?
実は腹筋よりももっと大切で効果的な方法がたくさんありました。
専門家のご意見を参考にしながら、明るく元気に大きな声が出せるようになりますように!(^^)!

チューブ トレーニング 野球
最近流行りのチューブトレーニング。野球に有効ですか?

チューブトレーニングはプロ野球選手も行なっていて、今とっても流行っています。
効果のほどはどうなのでしょうか?
正しい使い方、間違った方法がありますか?
鍛え方が無駄にならないように、試してみる前にしっかりと情報を得ておきましょう!

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e3%80%80%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%80%80%e6%b6%88%e8%b2%bb%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%83%bc
自転車とウォーキング、消費カロリーが多いのはどっち?

ダイエットや健康維持の為に運動しようと考えている方は多いと思いますが、自転車やウォーキングなど身近で簡単に思いつく運動があるのになかなか行動に起こせないのはなぜでしょう?それはメリット・デメリットがわりにくいから。
さらに消費カロリーの計算方法がわかれば計画が立てやすく、始めやすいのではないでしょうか?

ランニング 毎日 効果
ランニングを毎日効果的におこなうためのポイント!

ダイエットや健康維持のためにランニングが注目されています。
毎日無理せず継続することで、高い効果が期待できるようです。
そこでランニングを効果的におこなうためのポイントをまとめてみました。ぜひ参考にして毎日の習慣にしてみましょう!

156%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%81%e3%80%80%e4%bd%93%e9%87%8d%e3%80%80%e5%b9%b3%e5%9d%87
156センチの女性。理想体重と平均体重。

156センチ前後の女性に質問!あなたの体重はどれくらいありますか?
モデルのようなプロポーション。モデルのようなプロポーション。私の憧れです。(まぁ・・。ほど遠いですが(泣))
そんなモデルのようなプロポーションに憧れ、ダイエットしている女性も多いとか。でも、ちょっと待って!!無理なダイエットは危険!!
ダイエットする前に、健康的な理想体重と、平均体重を把握し本当にダイエットが必要なのか、ダイエットの知識などを見てみましょう!

ジム 有酸素運動 マシーン
ジムで有酸素運動ができるマシーンはどれ?

初めてジムに行くとマシーンがたくさんありどれがどんな運動に効果的なのかわからないことがあります。 カロリー消費をたくさんしてくれる有酸素運動が目的の場合、どんなマシーンを使うとよいのでしょう?ジムで有酸素運動ができるマシーンについて調べました。

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99-%e5%8a%b9%e6%9e%9c-3%e3%83%b6%e6%9c%88
ランニングで効果的にダイエット!3ヶ月続けると身体が変化

ダイエットにはカロリー消費が欠かせません。
今流行っているランニングをすれば痩せるかな…と期待してスタートしても、途中で挫折してしまったらもったいないですよね。
テレビの健康番組や雑誌で「ダイエットの効果が出てくるのは継続して 3ヶ月から」と聞いたことがあります。
そんなに続けないといけないの…とお嘆きの方のために、ランニングを継続すると身体にどんな効果があるのか、また続けるコツや初心者向けの「スロージョギング」について調べてみました。
思い立ったが吉日、気持ちの良い季節にランニングをスタートしてみましょう!

持久力 トレーニング 家
持久力を高めるトレーニングを家で行なう方法がありますか?

持久力をアップしたいですね。家で誰でも簡単にできるトレーニングを調べてみました。
踏み台昇降、エアー自転車漕ぎ、サーキットトレーニング、もも上げ、バービージャンプ。その方法をお知らせします。
どうぞ参考にして頑張ってください!(^^)!

%e9%81%8b%e5%8b%95-%e5%8a%b9%e6%9e%9c-%e3%81%84%e3%81%a4
運動による効果はいつ現れる?気になるダイエットのコツ!

ダイエットの為に様々な運動を始める方の中には、なかなか効果を実感できず継続できないという人も多いようです。
しかし運動の効果を実感する為には、体が改善するために必要な期間があります。
そこでダイエット効果を実感できるのはいつ頃なのか、効果的なダイエットの為の運動のコツなどをリサーチしてみました。

スポンサーリンク

足を脂肪吸引。効果は?

1 余分な脂肪がなくなるので細くなる

脂肪吸引によって余分な脂肪がなくなるので、足は確実に細くなります。
脂肪吸引は余分な脂肪を直接取りのぞく治療法です。
吸引された脂肪の体積分は必ず足からなくなるので、確実に効果を出せるといえます。
引用元-足の脂肪吸引で美脚最大化!絶対知っておくべき効果と注意点

患者さんの体格や骨格によって仕上がりの状態には個人差がありますが、脂肪吸引以外の方法で脂肪吸引レベルの効果を引き出せる方法は存在しません。
つまり、脂肪吸引は今より確実に足を細くできると断言できる治療法なのです。
引用元-足の脂肪吸引で美脚最大化!絶対知っておくべき効果と注意点

2 セルライトができにくくなる

足の脂肪吸引をうけると、太ももにセルライトができにくくなります。
引用元-足の脂肪吸引で美脚最大化!絶対知っておくべき効果と注意点

すでにできてしまったセルライトは脂肪吸引をうけても消えませんが、脂肪吸引後の脂肪層は血行が良くなっているので、手術後にマッサージなどで血行を改善させていくと消えなかったセルライトを消すことができるようになります。
引用元-足の脂肪吸引で美脚最大化!絶対知っておくべき効果と注意点

3 むくみが出にくくなる

足の脂肪吸引をうけると、ふくらはぎにむくみが出にくくなります。
その理由は、余分な脂肪がなくなると見かけ上ふくらはぎの血流が良くなるからです。 脂肪層には血管が少ないので、筋肉層などのほかの組織に比べて血行が良くない状態です。

むくみは血行が良くない部分に出やすいのですが、脂肪吸引によって脂肪層が薄くなると今までより血行不良のエリアが小さくなったことになります。 その結果、脂肪層の血行が改善された状態になり、脂肪吸引後はむくみが出にくくなるわけです。
引用元-足の脂肪吸引で美脚最大化!絶対知っておくべき効果と注意点

脚を脂肪吸引。手術法と失敗例

手術の種類

脂肪吸引の費用の違いはほとんどが使用している機械によって手術名が決まってきます。

「ベイザー・リポ」「ウルトラZ」などの超音波
「スマートリポレーザー」「アキュスカルプ」などのレーザー
「ボディジェット」
「ボディタイト」「サーミ○○」のような高周波(RF ラジオ波)
などがあります。

脂肪吸引の大まかな方法はどのクリニックで行っても同じです。
機械はしょせん道具です。
あった方がいいかも知れませんが無くてもそれ程結果に差は出ません。
プロのスポーツ選手が道具にこだわるように、プロの医師が道具にこだわることは決して悪い事ではありません。
ただし、現状の機械で結果に大きな影響を与える機械はないという事です。ほぼ集客目的で使用されています。
脂肪吸引は手術ですので術者の考え方と腕がものをいいます。
しっかりと経験のあるドクターを選んでいただければ大丈夫です。
引用元-脂肪吸引で太ももを細くする前に知っておきたい7つの事

太ももの脂肪吸引の失敗

太ももの脂肪吸引で大きな後遺症が残ることはまずありません。
頻度は0.1%以下でしょう。

失敗として起こるのは見た目の問題がほとんどです。
また、失敗の原因は機械の差ではなく医師の技術の差や手術前のカウンセリング不足に起因します。
細かい左右差や見た目の問題、触り心地などはどうしても手術前と変わってしまいますが、これらが気になるのは1%以下です。
引用元-脂肪吸引で太ももを細くする前に知っておきたい7つの事

1.左右差がでる

微妙な左右差はどうしても出ますし、もともと左右差のない脚はありません。
明らかにという場合は修正を申し出てもいいでしょう。
引用元-脂肪吸引で太ももを細くする前に知っておきたい7つの事

2.凹凸がでる

微妙なものは出ます。
筋肉のライン以外で見た目に凹凸がわかるのは修正してもらいましょう。
引用元-脂肪吸引で太ももを細くする前に知っておきたい7つの事

3.お尻が垂れる

お尻や胸は体から少し飛び出しているにも関わらず形を保ってくれています。
これは鼻や耳のように軟骨があるわけではなく線維状の組織によって支えられているからです。
お尻の脂肪を多く吸引することによりその支えが破壊され垂れる場合があります。
引用元-脂肪吸引で太ももを細くする前に知っておきたい7つの事

4.太もも裏側に溝ができる

Banana Deformity(バナナ状変形)と呼ばれます。
太ももの裏側を吸引しすぎる事によって起こります。
本人からは見えず、細くはなっているのであまり問題にならない場合も多いです。
術者の好みによりますが、嫌な場合はお尻の下をあまり吸引しないように伝えましょう。
引用元-脂肪吸引で太ももを細くする前に知っておきたい7つの事

5.入院が必要になるような出血が起こる

まれですが聞くことがあります。
脂肪吸引はそれほどの出血量のある手術ではありません。
非常に危ない手技が原因です。
もちろん0.1%以下です。
引用元-脂肪吸引で太ももを細くする前に知っておきたい7つの事

脚やせ。脂肪吸引体験談

お尻から太もも、膝上の脂肪吸引を行いました。
少し恐怖感がありましたが、太もも裏のセルライトが気になっていて、脂肪吸引だったら取れるという事だったので、思い切って決めました。
先生とのカウンセリングで、細かい位置を確認します。手術当日は吸引箇所にマーキングをして、局部麻酔をかける所から始まりました。
まずはレーザーを充てて脂肪を温めていきます。
こうする事によって、脂肪が溶けてよりたくさん取れるらしいです。
股間とお尻の計4カ所にメスを入れ、カニューレという細い棒で脂肪を吸引していきます。
局部麻酔だったので、カニューレが皮膚の中で動くのと、脂肪を吸う「ズズッ…」という音はかなり感じられました。
手術終了後に先生が取った脂肪を見せてくれます。
両側で大体1.5キロぐらい取れていたと思います。
術後は医療用のバンテージをぐるぐる巻きにされ、とても歩ける様な感じではありません。
タクシーで帰宅しました。

鎮痛剤を処方されましたが、麻酔が切れるとかなりの痛みがありました。
3日後に抜糸に行くまで、お風呂にも入れず…。
抜糸をしても、足がパンパンに浮腫んでいて、医療用ガードルを着用していました。
その後は継続的にマッサージをする様に指示されました。
足の付け根の部分がタイヤのゴムみたいに硬くなっているのを、ほぐすマッサージです。
これを怠ると足がボコボコになったり、形が崩れたりするそうです。

私の場合は半年以上、続けたと思います。
医療用のガードルも3ヶ月は履き続けていました。
とにかく術後、落ち着くまでに凄く時間がかかります。
それまではミニスカート等は、一切履けず…。
1年後にようやくスッキリした太ももになったと思います。

脂肪吸引自体は1〜2時間ぐらいで終わるのですが、その後の根気が必要な手術だと思います。
引用元-新時代のダイエット法『脂肪吸引』の裏側が分かる8人の体験談 | Dreamer – Part 2

脂肪吸引失敗の原因

脂肪吸引が失敗に終わる原因は、施術上のミスとアフターケアのミスの2つが考えられます。
そこには脂肪の吸引のし過ぎや、事前のデザインミスなど医師の技術力不足と、施術を受けた当人の認識不足が関わっています。
失敗原因をきちんとつかんで事前に対処すれば、失敗を防げるかも。脂肪吸引の先輩たちに学びましょう!
引用元-脂肪吸引の失敗例5つと術後経過の画像ブログや痛み・副作用の口コミまとめ | NICOLY:)[ニコリー]

失敗の原因としては、まず第一に施術前のデザインミスが考えられます。
どこを吸引してどこを残すか、その結果どんなラインが生まれるかをデザインしきれていないわけです。
アンバランスや皮膚のたるみなども、デザインミスの1つと言えるでしょう。
そして、脂肪吸引失敗の最大の原因は脂肪の吸引しすぎです。
ほとんどの失敗例には、この脂肪の吸引しすぎが関わっています。
失敗したら早めの対処や修正をする
施術後時間が経ってからのやり直しは、とても難しいと言われています。
脂肪吸引の修正を請け負う病院もありますが、方法としては脂肪の再注入などの本末転倒の施術がほとんど。
失敗への最も良い対処法とは失敗しないこと、つまり事前の備えを万全にして失敗を防ぐ以外には無いのです。
引用元-脂肪吸引の失敗例5つと術後経過の画像ブログや痛み・副作用まとめ | NICOLY:)[ニコリー]

お医者さんは脂肪吸引に反対?!

脂肪吸引には失敗がつきものです。
また、脂肪吸引を受けることを検討している人にとって、失敗例などは非常に気になるのではないでしょうか。
失敗するかしないかは美容外科医の技術レベル次第でもありますが、たとえ技術レベルが最高であっても脂肪吸引後の体型には問題が発生します。
引用元-脂肪吸引の失敗例、医師の80%が反対する理由とは? | ダイエット BEAUTY!

脂肪吸引に反対する医師は80%
まず、医師100名のうち80%が脂肪吸引に否定的な見解を持っているようです。
引用元-脂肪吸引の失敗例、医師の80%が反対する理由とは? | ダイエット BEAUTY!

脂肪吸引後には体への脂肪の付き方がおかしくなり、体型が不自然になります。
例えば下半身の太さが気になって、太ももやふくらはぎ、お尻の脂肪をごっそり取ってしまった場合のことを考えてみましょう。
ある部分の脂肪細胞を取り除いた場合、その後に太ると脂肪細胞がまだ残っている部分に集中的に脂肪が付くことになります。
特に内臓脂肪に多く脂肪が付くようになります。
だから今後、今まで通りにカロリーを摂取して太った場合(脂肪が消費するカロリーも基礎代謝の一部に組み込まれているため、脂肪吸引すると基礎代謝が下がる)、脂肪吸引した下半身ではなく内臓脂肪と上半身の皮下脂肪が集中的に増えます。

上半身が脂肪で膨れてぽちゃぽちゃ、お腹はぽっこり。
だけど下半身は細い・・・という想像できないおかしな体型になります。
太れば太るほどこのようなアンバランスさが強調されていきます。

また、脂肪吸引を受けた人の80%は体型を戻してしまっているという話もあります。
脂肪吸引とは80%がリバウンドする施術なのです。

さて、リンゴの下半分だけかじられたようないびつな体型になった後、気になる人は上半身の脂肪吸引を行います。
一見、これで上半身だけ膨れ上がったアンバランスな体型の修正に成功したようですが、今度は体の一部の脂肪吸引していない部分だけに脂肪が集中的についてしまいます。
優れた美容外科医といっても、やはり人間がやることなので、体のどこかで脂肪の取り残しが発生します。
例えば顔全体の脂肪吸引をやったとしても、頬とあごの境目の数センチを取り残した。
二の腕と脇と背中の脂肪を全部取り除いたはずだけど、二の腕と脇の境目のほんの数センチを取り残した。
このような場合、取り残しが発生した部分だけ脂肪がボコッと出ます。
脂肪吸引直後はそうではなかったとしても、脂肪吸引後に太った時に取り残し部分に集中的に脂肪が付き、そこがボコッと膨れます。
そのボコッと膨れた脂肪を取り除くために再度脂肪吸引を行い、その次はまた別の場所がボコッと出るようになります。
こんなボディーメイクをずっとやり続けないと納得できなくなるわけです。
なぜ、医師100名中の80%以上が「家族や親しい友人に受けさせたくない」と回答したのか?
もしあなたが脂肪吸引を受けようかどうか迷っている場合、本当に必要かどうか再検討してみてください。
引用元-脂肪吸引の失敗例、医師の80%が反対する理由とは? | ダイエット BEAUTY!

 - ダイエット・フィットネス