カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

赤ちゃんがむずかる…肩の動きがおかしい!もしかして脱臼?

   

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%82%a9-%e8%84%b1%e8%87%bc

元気に遊ぶようになった赤ちゃんの相手をするのは楽しいですよね。
とはいえ、ちょっと方法を間違ってしまうと、 肩を脱臼する危険があるので注意が必要です。
例えば、赤ちゃんが「抱っこ」と手を伸ばしてきた時に、手だけを引っ張って抱っこをする事はありませんか?この動作はちょっと危険なのです。
また、他にも身近な動作で肩を脱臼する危険があるのだとか。
そこで、どんな時に赤ちゃんが肩を脱臼しやすいのか、どんな症状が出るのか等を調べてまとめました。
思い当たるママやパパはこの記事をぜひ読んでくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

c58ad3e0f798f2e90900e0f19e7fb9aa_m
赤ちゃんの目が充血していたらどうする?原因は何?

大切な赤ちゃんの目が充血していたらお母さんは慌ててしまいます。
赤ちゃんの目の血管は細く、充血しやすいとは言うものの、病気が隠れていたらどうしようと心配になってしまいます。
赤ちゃんの目の充血には、どんな原因が考えられるのでしょう。原因について調べました。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e8%b2%a7%e8%a1%80%e3%80%80%e6%95%b0%e5%80%a4
赤ちゃんが貧血と診断される数値はどのぐらいから?

赤ちゃんが貧血?!赤ちゃんの貧血は、実はよくあることだそうです。
でもどのぐらいの数値から貧血と診断されるのでしょうか?
また、どうして貧血になるのか、どうして貧血だといけないのか詳しく調べてみました。

%e6%ad%af%e7%a7%91-%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b1%e3%82%99%e3%83%b3-%e5%ad%90%e4%be%9b
歯科でレントゲンを何度も撮るけど、子供の身体に影響は?

虫歯や歯列矯正目的で歯科に行くと、レントゲンを撮られる事が少なくありません。
被ばくの値が…という話を聞いてしまうと、何度も撮影するのは子供の身体に影響があるのではないかと心配になりますよね。
今回は、歯科で受けるレントゲン撮影がどのくらいの値なのか、どんな場合に子供にレントゲン撮影が必要なのかを調べてみました。
診察や治療には欠かせない場合が多いので、基本的にかかりつけの歯科の治療方針に従いながら、不安な場合は先生に相談なさってくださいね。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%b6%b3-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズに合った靴選び~ポイントと注意点

とても小さくて可愛らしい赤ちゃんの足は、成長も早くみるみると大きくなっていきます。
ファーストシューズに始まり、どんどんと靴のサイズも大きくなっていきます。
赤ちゃんの健やかな成長の為にも、足のサイズや成長段階に合ったピッタリの靴を選んであげましょう!

アメリカ 初産 年齢
アメリカの初産年齢はどれくらい?

何かとアメリカと比較しながら進んできた日本ですが、アメリカの初産年齢はどれくらいなのでしょう?晩婚化が進み、初産年齢も年々上がっている日本ですが、アメリカでは?アメリカの初産年齢と高齢出産について調べました。

赤ちゃん 発達 ゆっくり
赤ちゃんの成長発達がゆっくりと感じた時に考えること!

赤ちゃんの成長発達はパパやママにとって最も気になる事の一つです。
赤ちゃんの成長には基準や目安が記されており、赤ちゃんの発達がゆっくりと感じた時に心配になってしまう方も少なくありません。
しかし成長発達には個人差もあり、すべてが以上に繋がっているわけではありません。
子供の成長を温かく見守っていけるように、赤ちゃんの様子をしっかりと見極めましょう。

子育て 仕事 辞める
子育ての為に仕事を辞めるべき?育児と仕事の両立への不安

出産や子育てを理由に仕事を辞める選択をする女性はとても多く、女性の社会進出が進んだ今でもそれは変わりません。

やはり仕事を辞めていく女性の中には、仕事と育児の両立に不安を抱く方が多いようです。

しかし子育ての為に仕事を辞めるべきなのでしょうか?様々な角度から育児と働くママについて調べてみました。

赤ちゃん お菓子 食べない
赤ちゃんがお菓子しか食べないで離乳食を食べてくれません。

あなたの赤ちゃんはお菓子大好きですか? それともお菓子はまったく食べないですか?
離乳食は食べてくれますか?お母さんの悩みは尽きません(/_;)
赤ちゃんにどんなおやつを、いつ、どれほどあげたらいいか考えましょう!

胎児 心臓 検査
妊娠期間中に行う胎児の心臓の検査ってどんなもの?

病院の検査で妊娠したことが分かると、お腹の中の赤ちゃん「胎児」が元気に育っているかどうか定期的に検査することになります。
出産前に行う検査を総評して「出生前診断」といいますが、そのうちの胎児の心臓に関する検査について詳しくみていきます。

%e5%88%87%e8%bf%ab%e6%97%a9%e7%94%a3-%e5%85%a5%e9%99%a2-%e6%ba%96%e5%82%99
切迫早産で突然の入院!先輩ママに聞く入院準備のポイント

妊娠中は状況によって切迫早産で入院しなくてはいけないケースがあります。
切迫早産の場合、ある日突然決定する場合が多く、準備に戸惑ってしまう方も多いようです。
そこで切迫早産の入院に必要なものを調べてみました。ぜひ参考にしてもしもの際に慌てず準備できるようにしておきましょう!

8e90405f39d82b7f15cb659d42c736f3_m
じゃがいもをつかった離乳食!完了期に最適なメニューは?

じゃがいもは離乳食初期から完了期まで使える便利な食材です。

クセもなく腹持ちのいい為、毎日の離乳食に用いることの多いジャガイモだからこそメニューのレパートリーに悩むことも。

そこでジャガイモの下ごしらえの方法や、離乳食完了期の赤ちゃんに最適なじゃがいもを使ったメニューをご紹介します。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e8%b6%b3%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズの正しい測り方や靴の選び方

赤ちゃんがあんよを始めたら、シューズデビューはすぐ目の前!
お外での大切な一歩は、赤ちゃんの足のサイズに合ったものを選びたいですよね。
今回は、足のサイズの測り方や、靴の選び方などについて調べてみました。

一歳 言葉 理解
一歳頃の子供の言葉の理解の目安と発達を高める親の接し方

一歳頃の子供はたくさんの言葉を理解するようになります。
まだ言葉を発することができなくても、パパやママの話していることや物の名前などを理解しています。
子供の言葉の発達を促す為にはパパやママとのコミュニケーションが重要です。
ぜひ参考にして、言葉の理解を高めるサポートをしましょう!

出産 痛み 失神
出産時の痛みは鼻からスイカ並み?失神するって本当?

今お腹にいるわが子に早く会いたい!楽しみな反面、恐ろしいのがちらほらと聞こえる出産時の痛みの話。

鼻からスイカを捻り出すくらいの痛み、痛すぎて失神してしまい生まれる瞬間を記憶できなかったなど、想像を遥かに超えた痛み。

痛みのメカニズムから、出産時の失神体験談など痛みを軽くする方法を紹介していきます!

子ども 足の裏 痛い
子どもの病気!足の裏が痛い原因と悪化を防ぐ対処法について

子どもが急に足の裏を痛がったことはありませんか?
足が痛いのは子供によくみられる症状ですが、原因によっては足の痛みが悪化してしまうこともあるようです。
そこで子どもが足の裏を痛がる時に考えられる原因をまとめてみました。ぜひ参考にして早めの対処を心がけましょう!

スポンサーリンク

赤ちゃんが肩を脱臼する原因は3つある!

抱っこ
洋服の脱ぎ着
寝がえり

赤ちゃんの肩が脱臼してしまうことには、主にこの3つのことが原因として考えられます。

腕を引っ張って抱っこをしたり、洋服を着る時に引っ掛けてしまったり、または赤ちゃん自身が寝返りをしたときに自分の腕を巻き込んでしまうなどのことが代表例です。
このような、日常的にどの赤ちゃんでもしているこの3つの行動が脱臼の原因となっているということは、いつでも、どこでも、誰にでも起こる可能性があるということです。φ(。。;)メモメモ

赤ちゃんの肩が脱臼してしまった時に見られる赤ちゃんの様子についてみていきましょう。

赤ちゃんの様子
肩だけに限らず、脱臼してしまうと、強い痛みの症状が表れます。
そんな時、赤ちゃんはどのようにしてお母さんに、脱臼の痛みを伝えるのでしょうか。
次のとおりです。

泣き止まない
長い時間ぐずる
腕を動かすと泣く

脱臼はとにかく尋常ではない痛みがでます。
脱臼してすぐは、とにかく大泣きします。
驚いたお母さんは抱っこをしてあやすことでしょう。
あやされた赤ちゃんは、一度寝てしまったりすることもありますが、脱臼が治っていない限り、機嫌が良くなることはありません。
いつもとは違う泣き方やぐずり方をしたときには、赤ちゃんをしっかり観察するとよいでしょう。
引用元-赤ちゃんの肩の脱臼〜症状を見極めるには?貴方はお子さんの異常に気づいてあげられますか? | B-style

赤ちゃんの肩が脱臼しているかも?と思ったらこれをチェック!

脱臼の見分け方!

もし、ママが「この子、脱臼しているかな?」と感じた場合には、以下の方法をためしてみてください。
その結果によって、異変に気付くことができます。

【お菓子を頭より上の位置に差し出す】

通常であれば、喜んで手を伸ばし受け取ると思うような、本人の大好物(おやつ・果物)
でも、脱臼しているときには、まず、腕があがりません。
よって、お菓子を受け取ることができません。
このような症状がみられた場合には脱臼を疑いましょう。

【肩の位置から、指先の位置までなぞる】

お子さんを近くに呼んで、お子さんと同じ目線になるようにママが膝立ちをします。
お子さんの両肩にママの両手をあてて、ゆっくり、指先までなぞってください。

指先の位置が、左右で差があったり、なぞっている最中にお子さんが痛がったり、なぞった個所に違和感があった場合には脱臼かもしれません。
引用元-これって脱臼?!お子さんが見せる脱臼のSOSを見逃さないで[カラダノート]

赤ちゃんが肩を脱臼してしまったら、どうすれば良い?

適切な処置は??

徒手整復操作(骨を元の位置に戻す)で簡単に治ります。

整復されると、その場で痛みも無くなり普通に使えるようになります。
脱臼かと思ったら、すぐに整骨院か外科を受診してください。
それでも稀に、一日経っても痛がったり、腕を使わないようであれば3つの事が考えられます。

痛みのショックで怖さから動かさない。
発症から処置までに時間をおいた為、腫れや痛みなどの炎症がおこり治るまで時間がかかる。
処置が不完全で、脱臼のまま整復されていない。

この3つのどれかにあてはまる場合、専門的な判断が必要になりますので処置後も経過が良くなく、腕を使わない場合はもう一度病院を受診してください。
引用元-子供が脱臼した!(実話)症状を知って、ベストな対処法を! | ママのぎもん

脱臼しやすい年齢は?

肘内障が発生する年齢は、0歳から6歳くらいまでです。
小学校に入学する頃になると骨格が発達してくるので、自然と抜けなくなります。
引用元-子供が脱臼した!(実話)症状を知って、ベストな対処法を! | ママのぎもん

赤ちゃんが大泣きを始めたら肩を脱臼していた!ママの体験談より

子どもが姉妹で遊んでいたところ、まだ乳児である下の子が突然大泣きをはじめました。
一緒に遊んでいた上の子は、心あたりがないようで困惑した様子でした。
まだ上手く言葉を話せないので事情を聞くにも聞けませんし、結局大泣きしながら抱っこされ眠ってしまいました。
抱っこした状態から体を布団に置こうとすると、やはりグズり、何度か繰り返しているうちに、右の腕が動くとグズルことに気が付きました。
姉に遊んでいて泣いたときの様子をよく聞いてみると、座っていてコロンとひっくり帰った妹を起こそうと手をとって引っ張ったら泣いたということでした。
その日は休日でしたので、救急外来を受診させました。
ちょうどいらっしゃった先生が整形外科の先生で、やはり肩関節の脱臼との診断でしたが、ものの数秒であっという間に、はずれた関節を元に戻して下さいました。
本人も、なにがなんだか分らない様子でしたが、それまで何時間も泣き続けていたのが嘘のように、ご機嫌に戻っていました。
引用元-乳児が泣きやまない理由は肩の脱臼でした。 : 病気体験レポート 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

赤ちゃんの関節は柔らかいから…肩だけでなく肘の脱臼にも注意

小さなお子さんの手を引っ張ったら肘が抜けてしまった・・・

 

そんな経験ありますか?
子供の肘が外れるのは肘内障(ちゅうないしょう)という脱臼です!
橈骨(とうこつ)と いう親指側の骨が肘のあたりでわっかの様な靭帯から抜けてしまいます。
子供が小さい時に手の平を地面方向に向けたまま、手首を持って引っ張ると脱臼しやすいです。
(子供が「だっこしてー」と来た手の角度そのままで手首を持って引っ張ると抜けやすい)

肘内障はなぜ起こるの?

子供が小さい時は骨の成長がまだできていなくて、骨性の引っかかりが形成されていない為、角度が合った状態で引っ張ると抜けてしまいます。
6歳以降になると骨が形成されてくるので脱臼することは少なくなります。

肘内障の症状
子供は手の平を体の方に向けたまま、肘を軽く曲げた状態で腕をぶらーんとさせたまま動かさなくなる。
無理に動かそうとすると痛む為動かそうとしないが、特に腫れが出たりすることはない。

肘内障の診断ポイント
子供の手を引っ張ったら急に泣きだしたと言うのが多いです。
他のケガと違い、腫れが出ることはありません。肘の外側(橈骨頭)に圧痛を認める。
引用元-肘内障の整復法 【公式サイト】草加市のごとう整骨院

 - 出産・子育て