カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

発達障害の特徴〜6歳頃に見られる症状と周囲の理解

      2016/11/29

%e7%99%ba%e9%81%94%e9%9a%9c%e5%ae%b3-%e7%89%b9%e5%be%b4-6%e6%ad%b3

発達障害には様々な特徴があります。
特に6歳頃の小学校入学時期には、集団行動の中での違和感を感じやすく、その時点で診断が下る子供も少なくありません。
発達障害の診断の一つの区切りとして挙げられる6歳にどのような特徴がみられるのか詳しくまとめてみました。
親や家族の周囲の人々が正しく理解し、子供にとって何が必要なのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事

%e4%bf%9d%e8%82%b2%e5%9c%92-%e9%bc%bb%e6%b0%b4-%e4%bc%91%e3%82%80
保育園を鼻水で休む?お休みする基準と気になる病気について

保育園に通う子供にとって、鼻水症状は珍しいものではありません。
保育園は仕事をするママが多く、軽い風邪くらいでは休まない子も少なくありません。
そこで保育園を休む目安をリサーチしてみました。
鼻水と言っても、注意が必要な症状もあるようです。ぜひ参考にして、子供の健康を考えてみましょう!

出産 痛み 失神
出産時の痛みは鼻からスイカ並み?失神するって本当?

今お腹にいるわが子に早く会いたい!楽しみな反面、恐ろしいのがちらほらと聞こえる出産時の痛みの話。

鼻からスイカを捻り出すくらいの痛み、痛すぎて失神してしまい生まれる瞬間を記憶できなかったなど、想像を遥かに超えた痛み。

痛みのメカニズムから、出産時の失神体験談など痛みを軽くする方法を紹介していきます!

恥骨 痛み 妊娠初期
恥骨の痛みは妊娠初期の症状!原因と痛みを緩和させる方法

妊娠初期には様々なマイナートラブルが現れます。それは妊娠初期症状と呼ばれ、恥骨の痛みもその一つです。

つらい恥骨痛が起こる原因は何なのでしょうか?そこで症状の原因や対処法について調べてみました。

ぜひ参考にして、妊婦生活を快適に過ごせるように役立ててください。

胎児 心臓 検査
妊娠期間中に行う胎児の心臓の検査ってどんなもの?

病院の検査で妊娠したことが分かると、お腹の中の赤ちゃん「胎児」が元気に育っているかどうか定期的に検査することになります。
出産前に行う検査を総評して「出生前診断」といいますが、そのうちの胎児の心臓に関する検査について詳しくみていきます。

%e6%8e%92%e5%8d%b5-%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e8%96%ac-%e9%99%b0%e6%80%a7
排卵検査薬が陰性でも妊娠する可能性があるって本当!?

妊娠を希望する場合、自分の排卵日を把握しておくことが重要です。
そこで排卵のタイミングを知る為にオススメなのが排卵検査薬です。
しかし排卵検査薬は陰性でも妊娠する可能性があるようです。
それにはタイミングや使用法なども関係しているようです。
正しく検査する為にもぜひ参考にして、排卵検査薬について理解しておきましょう!

子育て 仕事 辞める
子育ての為に仕事を辞めるべき?育児と仕事の両立への不安

出産や子育てを理由に仕事を辞める選択をする女性はとても多く、女性の社会進出が進んだ今でもそれは変わりません。

やはり仕事を辞めていく女性の中には、仕事と育児の両立に不安を抱く方が多いようです。

しかし子育ての為に仕事を辞めるべきなのでしょうか?様々な角度から育児と働くママについて調べてみました。

エコー 性別 見方
エコーを使った胎児の性別の見方とは?

子供の成長をみたり、出産時期を割り出すためにもエコーの検査は、妊婦にとって楽しみなものですね。妊娠中期入るころ、多くの親が気になるのは胎児の性別ではないでしょうか。エコー検査で胎児の性別はどのように分かるのでしょうか。エコーを使った胎児の性別の見方について調べました。

c58ad3e0f798f2e90900e0f19e7fb9aa_m
赤ちゃんの目が充血していたらどうする?原因は何?

大切な赤ちゃんの目が充血していたらお母さんは慌ててしまいます。
赤ちゃんの目の血管は細く、充血しやすいとは言うものの、病気が隠れていたらどうしようと心配になってしまいます。
赤ちゃんの目の充血には、どんな原因が考えられるのでしょう。原因について調べました。

%e7%b5%8c%e7%94%a3%e5%a9%a6%e3%80%80%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%80%80%e4%bd%93%e9%87%8d
経産婦は産後の体重が減らない?!ダイエットのコツとは

出産後、体重を出産前の体重に戻そうとダイエットするママさんは多いと思います。
初産の時にはすぐに産前の体重に戻ったけれど、2人目、3人目の経産婦になると全然戻らない…。そんな経験はありませんか?
今回は、経産婦の産後のダイエットについて調べてみました。

一歳 言葉 理解
一歳頃の子供の言葉の理解の目安と発達を高める親の接し方

一歳頃の子供はたくさんの言葉を理解するようになります。
まだ言葉を発することができなくても、パパやママの話していることや物の名前などを理解しています。
子供の言葉の発達を促す為にはパパやママとのコミュニケーションが重要です。
ぜひ参考にして、言葉の理解を高めるサポートをしましょう!

二人目妊娠 上の子 抱っこ
二人目妊娠中の上の子の抱っこ問題を乗り越えるポイント!

二人目妊娠中に上の子を抱っこしてもいいのか、迷っているママは多いようです。
ママの妊娠で上の子は精神的にも抱っこを求めてくることが多くなるようです。
そこで上の子の抱っこ問題についてまとめてみました。上の子とママが楽しくスキンシップできるように考えてみましょう!

1歳半 食事 外食
1歳半と食事に行こう!外食で気をつけるべきこととは!

子供が1歳半ともなると離乳食も終わって外食もメニューによっては食べられるものが出てきます。お母さんも小さい子供連れは大変だけれど、息抜きに外食したいものです。1歳半の子供と食事を外でするには、どんな準備が必要なのでしょう。1歳半との外食で気をつけるべきことについて調べました。

男子 身長 止まる
男子の身長が止まるのはいつ?成長を応援するポイント!

年頃の男子の悩みの中で、身長がいつ止まるのかを心配している方も多くいるようです。

身長の伸びに関しては個人差がありますが、おおよその目安があることをご存知ですか?

生活習慣の見直しなどでもっと身長を伸ばすことも可能のなるかもしれません。ぜひ参考にして高身長を目指しましょう!

子ども 足の裏 痛い
子どもの病気!足の裏が痛い原因と悪化を防ぐ対処法について

子どもが急に足の裏を痛がったことはありませんか?
足が痛いのは子供によくみられる症状ですが、原因によっては足の痛みが悪化してしまうこともあるようです。
そこで子どもが足の裏を痛がる時に考えられる原因をまとめてみました。ぜひ参考にして早めの対処を心がけましょう!

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%b6%b3-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズに合った靴選び~ポイントと注意点

とても小さくて可愛らしい赤ちゃんの足は、成長も早くみるみると大きくなっていきます。
ファーストシューズに始まり、どんどんと靴のサイズも大きくなっていきます。
赤ちゃんの健やかな成長の為にも、足のサイズや成長段階に合ったピッタリの靴を選んであげましょう!

スポンサーリンク

6歳頃になると発達障害の特徴が浮き彫りに…

本格的な集団行動が始まる小学生の頃になると、本人がその環境で過ごしにくくなってくる場面が増えてきます。
周囲の理解が必要になってくる時期でもあるので、保護者や周りの大人たちは具体的な対応を考えるようにするとよいでしょう。

学習障害が現れる場合がある

聞く、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力を学んだり実行することに著しい困難を示すことがあります。
アスペルガー症候群には知的発達に遅れがないので気が付きにくいですが、特定の科目だけずば抜けて得意だが、いくつかの科目はとても苦手だという極端なケースが目立つようになります。

規則や法則性に忠実

朝はホームルーム、中間休みは15分、掃除は15時から、など一定の規則を守ることが得意です。
すでに決められていること、法則性があることにはきちんとしたがって行動することができます。
反面、イレギュラーな時間割やルーティーンが変更になると一気に慌ててしまったり、それらに従うことが難しくなることがあります。

周囲との協調が苦手

小学生にもなると、特定の友人たちと多くを過ごすことになりますが、基本的に人の気持ちを理解することが苦手だったり、マイルールにこだわってしまったり、場違いな発言をしてしまい輪を乱してしまったりすることが多々あります。
周囲と協調するのが苦手な場合があるので、一人遊びに没頭してしまい集団遊びができないことも出てきます。
引用元-アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴 | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

6歳頃の発達障害の特徴〜会話

会話の理解力がない。

人の話していることを理解することができない。
話の理解力がない。
発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。

会話ができているようでも、話の内容が理解できていない。
一つ一つの単語の意味は理解できていても、会話になると理解ができなくなる。
こんな特徴を持つ子がいます。
同じ読み方で違う意味の言葉、同音異義語が理解できない場合もあります。
「かく」の「書く」と「掻く」、「きる」の「切る」と「着る」、こんな言葉を使って話をすると、会話の意味が理解できなくなります。

会話をするというのは、一瞬のうちに頭の中で文法や単語から、正しく会話の内容を理解することが必要です。
話の理解力がない特徴を持つ子は、それができません。
そのため、コミュニケーション能力が不足してしまいます。
中には会話の理解力がない特徴があっても、本に書いている文章だと、正確に理解できる子もいます。
引用元-会話の理解力がない。小学生の発達障害の特徴 – 発達障害・知的障害の特徴をチェック!

6歳頃の発達障害の特徴〜学習

勉強に必要な能力が育つ

6歳頃には、子どもの心に、ものを学びたいという欲求が芽生えだし、「集中する」、「座っている」、「覚える」、「書く」、「計算する」、などといった勉強に必要な能力が発達していきます。
一般的に6歳頃に「勉強に必要な能力」が形成される準備がととのいます。
学習レディネスといいます。
発達障害のある子どもは、生まれながらにもっている本人の素質などが原因となり、この年齢が遅れる傾向があります。

6歳以上になり、勉強に必要な能力が育っていないと、LD(学習障害)や、ADHD(注意欠如・多動性障害)につながる恐れがあります。 親は、子どもが学習をはじめるまでの間に、上記であげた能力をきちんと育つサポートをしていく必要があります。

こうした場合に親ができるサポートは、「学校の様子を予習する」ことです。
家の中の環境作り、学校で行われる様子も予習してみましょう。
学習する姿勢、話すこと、聞くこと、書くこと、計算することなど日常生活のなかに取り入れて行きましょう。 散歩、遊び、食事、入浴など、学習の準備が出来る機会は日常の中にもいくらでもあります。
引用元-発達障害とは|どんぐり発達クリニック|東京都世田谷区 千歳烏山

6歳頃の発達障害の特徴〜行動

じっとしていられない

他の子と比べてはいけないと分かっていても…「何故、ウチの子は静かに待てないの?」と心配になる時がないでしょうか。
就学前位になると、そろそろ椅子にじっと座って先生のお話しを聞いたり作業をできる時間も増えてきます。
學校で授業を受けるのに、じっと座っていられないと、本人も大変ですよね。

子どもは楽しいことだったら別ですが、じっとしているのが苦手な子も多いです。
1人で座っているのが難しい場合は、はじめは大人が横についてあげるといいかもしれません。
じっとする時間はなるべく短時間で切り上げて、きちんとじっとできたら褒めてあげて、嬉しい体験にしてあげましょう。

恥ずかしがりやで集団に入れない

幼稚園や保育園でも、みんなの輪にあまり入らずに過ごしている…そんな話を聞くと、ちょっと気になる時がありますよね。
友達の輪に入って、もっと遊べばいいのに!という気持ちになる親御さんもいるかもしれません。
でも、その子の様子はどうでしょうか。
本当はお友達と遊びたくてその子の近くでチラチラ見ている…それなら、背中を押してあげてもいいかもしれないですね。
でも、1人で楽しそうに遊んでいて、満足している様子なら…少し見守ってあげましょう。
子供にもいろいろなタイプがあります。
1人でいることが楽しい時期もあります。
1人で遊ぶことを満喫したら、お友達との遊びに広がっていくかもしれません。
引用元-6歳児の発達の特徴と親ができることは?|cuta [キュータ]

6歳頃に発達障害の特徴が見られた時は…

発達外来や発達障害支援センターで相談

行動が幼い、落ち着きがないなどはADHDの症状として当てはまるようです。
できれば発達障害の専門医がいる病院がよいですが、まずはかかりつけ医や地域の発達障害支援センターで相談してもよいでしょう。

発達障害の子は、言葉の遅れや歩き出すのが遅いなど早い段階から症状が出る場合もありますが、過去の健診で何か指摘されたことはないでしょうか。
ADHDは年齢のわりに行動が幼い、場所を問わず落ち着きがなくじっとしていられない、うわの空で集中力がないなど極端な行動が持続してみられます。(産科看護師)

小児科でもよいですが、専門的な知識を要するため小児精神科医のいる精神科か、病院によっては発達障害の専門外来を設けている所もあるので、問い合わせてみてください。
各地域には発達障害支援センターが設けてあり、必要であれば専門機関を紹介してくれるので、こちらも市町村のウェブサイトで確認してみてください。(産科看護師)

万が一、発達障害と診断されても受け入れられないご両親が多いので、一番辛いのは本人ということを頭において受診してください。
治療には家族の協力が必要で長期に渡るため、できればご主人も一緒に同行してもらいましょう。(産科看護師)

何か治療が必要なら早期に取り掛かるほどよい結果に繋がるので、早めにかかりつけ医を受診しお子さんの状況にあった病院を紹介して貰うとよいでしょう。
小児科なら発達外来などになると思うので、専門医のいる病院の情報を集め問い合わせるのもよいでしょう。(小児科看護師)
引用元-行動が幼稚な6歳児、発達障害(ADHD)を疑うべき? | イクシル

 - 出産・子育て