カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

気になるアレルギー…離乳食は6ヶ月頃スタートがオススメ!

   

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-6%e3%83%b6%e6%9c%88-%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88

今までは離乳食スタートは5ヶ月頃が良いとされていましたが、最近は6ヶ月頃からスタートさせるママが増えているようです。
その理由の一つに赤ちゃんのアレルギーの問題があり、世界的に見ても6ヶ月頃が推奨されているようです。
赤ちゃんの離乳食スタートをどのように行うべきか、詳しくまとめてみました。
ぜひ参考にして、ママと赤ちゃんのタイミングで始めてみましょう!

スポンサーリンク

関連記事

つわり 鍼灸 効果
つわりに鍼灸が効果的!快適なマタニティーライフを送ろう!

妊娠中はつらいつわりに悩まされている方がたくさんいらっしゃいます。

緩和の方法はいろいろと紹介されていますが、その中でも高い効果が期待できる方法として鍼灸治療があります。

あまり馴染みのない鍼灸について色々と調べてみました。つわりを乗り切るためにもぜひ参考にしてください!

%e5%88%87%e8%bf%ab%e6%97%a9%e7%94%a3-%e5%85%a5%e9%99%a2-%e6%ba%96%e5%82%99
切迫早産で突然の入院!先輩ママに聞く入院準備のポイント

妊娠中は状況によって切迫早産で入院しなくてはいけないケースがあります。
切迫早産の場合、ある日突然決定する場合が多く、準備に戸惑ってしまう方も多いようです。
そこで切迫早産の入院に必要なものを調べてみました。ぜひ参考にしてもしもの際に慌てず準備できるようにしておきましょう!

赤ちゃん お菓子 食べない
赤ちゃんがお菓子しか食べないで離乳食を食べてくれません。

あなたの赤ちゃんはお菓子大好きですか? それともお菓子はまったく食べないですか?
離乳食は食べてくれますか?お母さんの悩みは尽きません(/_;)
赤ちゃんにどんなおやつを、いつ、どれほどあげたらいいか考えましょう!

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab-%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-7%e3%83%b6%e6%9c%88
オートミールは離乳食に最適!生後7ヶ月頃にオススメレシピ

最近ダイエットや美容食として人気の高いオートミールですが、実は赤ちゃんの離乳食にもオススメなんです。
特に生後7ヶ月頃のメニューに取り入れることがオススメです!
今回はそんな栄養満点のオートミールについて詳しく調べてみました。
ぜひ参考にして、赤ちゃんの献立の参考にしてみてください。

子ども 足の裏 痛い
子どもの病気!足の裏が痛い原因と悪化を防ぐ対処法について

子どもが急に足の裏を痛がったことはありませんか?
足が痛いのは子供によくみられる症状ですが、原因によっては足の痛みが悪化してしまうこともあるようです。
そこで子どもが足の裏を痛がる時に考えられる原因をまとめてみました。ぜひ参考にして早めの対処を心がけましょう!

%e6%96%b0%e7%94%9f%e5%85%90-%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%8e%a5%e7%a8%ae-%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84
新生児から始まる予防接種~受けないのはマナー違反!?

赤ちゃんが生まれると、多くのママは予防接種のスケジュール管理に追われることになります。
しかし中には新生児からの接種を躊躇し、予防接種は受けないと判断する方もいます。
そこで予防接種を受ける・受けない親の判断や医療の進歩、危険性などを詳しく調べてみました。

c58ad3e0f798f2e90900e0f19e7fb9aa_m
赤ちゃんの目が充血していたらどうする?原因は何?

大切な赤ちゃんの目が充血していたらお母さんは慌ててしまいます。
赤ちゃんの目の血管は細く、充血しやすいとは言うものの、病気が隠れていたらどうしようと心配になってしまいます。
赤ちゃんの目の充血には、どんな原因が考えられるのでしょう。原因について調べました。

%e7%99%ba%e9%81%94%e9%9a%9c%e5%ae%b3-%e7%89%b9%e5%be%b4-6%e6%ad%b3
発達障害の特徴〜6歳頃に見られる症状と周囲の理解

発達障害には様々な特徴があります。
特に6歳頃の小学校入学時期には、集団行動の中での違和感を感じやすく、その時点で診断が下る子供も少なくありません。
発達障害の診断の一つの区切りとして挙げられる6歳にどのような特徴がみられるのか詳しくまとめてみました。
親や家族の周囲の人々が正しく理解し、子供にとって何が必要なのか考えてみましょう。

1%e6%ad%b3%e5%8d%8a-%e4%b8%8b%e7%97%a2-%e9%a3%9f%e4%ba%8b
1歳半の子供が下痢の時に気をつけたい食事のポイント

子供に下痢の症状が現れると、栄養や健康状態を計るためにも食事の管理が重要になります。
子供が元気であっても下痢症状が続くということは、体に何らかの原因が関係しているということです。
今回は1歳半以降の子供に注目し、食事を与える時にどのような事に気を付けるべきか、ポイントや注意点をまとめてみました。

4ヶ月 体重 小さい
4ヶ月の赤ちゃんの体重の目安~うちの子が小さい原因は何?

赤ちゃんの成長はパパやママにとって一番気になるところです。
成長の目安や他の赤ちゃんと比べて、うちに子は小さいかも…と気になってしまうものです。
そこで今回は生後4ヶ月頃の赤ちゃんの体重に注目して、なかなか体重が増えない原因を調べてみました。

%e7%b5%8c%e7%94%a3%e5%a9%a6%e3%80%80%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%80%80%e4%bd%93%e9%87%8d
経産婦は産後の体重が減らない?!ダイエットのコツとは

出産後、体重を出産前の体重に戻そうとダイエットするママさんは多いと思います。
初産の時にはすぐに産前の体重に戻ったけれど、2人目、3人目の経産婦になると全然戻らない…。そんな経験はありませんか?
今回は、経産婦の産後のダイエットについて調べてみました。

40度 手足 冷たい
子供が40度を超える高熱で手足が冷たい原因と対処法

子供はよく発熱することがあります。
そして40度という高熱が出ていても、手足だけが冷たいという症状も多々見られるようです。
子供が高熱で手足だけ冷たい場合、どう対処するべきなのでしょうか?
そこで気になる子供の高熱について詳しく調べてみました。

恥骨 痛み 妊娠初期
恥骨の痛みは妊娠初期の症状!原因と痛みを緩和させる方法

妊娠初期には様々なマイナートラブルが現れます。それは妊娠初期症状と呼ばれ、恥骨の痛みもその一つです。

つらい恥骨痛が起こる原因は何なのでしょうか?そこで症状の原因や対処法について調べてみました。

ぜひ参考にして、妊婦生活を快適に過ごせるように役立ててください。

%e7%99%ba%e9%81%94%e9%9a%9c%e5%ae%b3-%e7%89%b9%e5%be%b4-8%e6%ad%b3
発達障害の特徴~8歳頃に見られる子供の気になる行動

小さい頃には診断を下すのが難しいと言われる発達障害。
小学校生活に子供が慣れる8歳頃には、発達障害の子供には気になる特徴が目立ちやすくなることも多いようです。
子供にその兆候が見られた時、親としてどうするべきか、家族にとって一番いい方法を考えてみましょう。

妊娠超初期 腰痛 左側
妊娠超初期に生じる腰痛~左側だけ痛い原因と緩和する方法

妊娠超初期には様々な症状が現れ始めます。
その症状の一つに腰痛があります。
もともとあった腰痛が悪化するということもありますが、左側だけ…という片側にだけ痛みを生じる方も多いようです。
そこで今回は妊娠超初期と腰痛について詳しく調べてみました。
ぜひ参考にして、片側に生じる腰痛を改善しましょう。

スポンサーリンク

6ヶ月頃から離乳食スタートするママが急増中!

離乳食開始と完了の時期が遅くなってきている!

厚生労働省が行ったアンケートの結果によると、生後4ヶ月で離乳食を開始したママは、平成7年には25.0%でしたが、平成17年には10.9%と約半数に減少し、逆に、生後6ヶ月で離乳食を開始したママは、平成7年には18.4%であったのに、平成17年には28.6%に増加していました。

つまり、ママ達が選ぶ離乳食開始時期は年々遅くなってきているのです!
最近では生後6ヵ月から始めるママさんが非常に多くなりました!
その理由として、開始時期は5ヵ月の頃は「赤ちゃんが食べ物に興味がない」「まだちゃんとお座りできない」という意見が多くみられます。

また、離乳食完了時期も、平成7年は生後12か月が60.8%でしたが、平成17年には47.9%と減少し、逆に生後16~18ヶ月が6%から15.5%と倍以上に増え、今は1歳半頃に完了を目指すというママが増える傾向にありあります。
引用元-離乳食開始時期が早い/遅いでアレルギーに!?7つの目安 – マーミー

離乳食スタートが6ヶ月頃がオススメな理由

世界的な保健・医療の基準である、WHOのガイドラインを参考にしてみましょう。

※WHO(世界保健機構)では、離乳食のことを、補完食と呼びます。
それは、離乳を薦めるのではなく、母乳やミルクだけで足りない栄養素を補う意味での食事だからです。
WHOのガイドラインでは、5ヶ月までは母乳(ミルク)で栄養を取り、6ヶ月以降に補完食を始めるよう指導しています。
参考:「補完食(母乳で育っている子どもの家庭の食事)」監修:JALC日本ラクテーション・コンサルタント協会

日本と国際基準の両方を併せて判断してみても、最適な開始時期は生後6ヶ月ということになります。

自己判断で開始時期を遅らせるのはNG!

最近では離乳食の開始を遅らせると、アレルギーになりにくいという情報を耳にすることがあります。
そのため、離乳食の開始を遅らせる方が増えているようです。
離乳食を遅らせることで、アレルギーになりにくいという情報には科学的根拠がありません。

逆に、離乳食の開始時期を不用意に遅らせると、アレルギーの発症率が高まるという研究結果もあります。
また、2人目以降になると、「まだ食べたがらないし面倒だから…」という理由で、離乳食開始を遅らせるママさんもチラホラお見受けします。

しかし、6ヶ月になると、母乳由来の鉄分が足りなくなることが証明されています。

離乳食の開始は6ヶ月が最適でしょう。
アレルギーが心配な方は、小児科医と相談して、開始時期を決めるようにすると安心です。
引用元-離乳食はいつから? 最適なスタート時期を保健師が伝えます(WHOと日本基準) | 後悔したくないママのための子育て充実サイト

アレルギーが気になる時は6ヶ月の離乳食スタート前に検査を!

離乳食を始める前に、アレルギーの検査は受けるべきなのでしょうか?
アレルギーの検査は、症状がなければ、必ず受けなければならないわけではありません。
ほとんどの子供たちが、検査をせずに、離乳食をスタートしています(^^)

しかし、「今まで症状が出たことはないが、心配だからアレルギー検査をしたい。」というママは、実際にけっこういらっしゃいます。
ママが強く希望すれば、生後6ヶ月頃から検査を受けることは可能です。
しかし、検査は主に、血液検査で少なからず痛みを伴います。
赤ちゃんの場合は血管も細いので、一度ではうまくいかず何度か針を刺すこともあります。
すると、赤ちゃんに負担がかかりますので、症状がない場合、お医者さんは血液検査を積極的にはおこないません。
また、アレルギーの検査は、あくまでも数値上の参考程度に過ぎません。

実際は、

アレルギー検査で陽性に出たとしても、症状が出ない。
陰性に出ているのにそれを触ったり食べたりすると何らかの症状が出る。
卵がダメと言われたけど、火を通せば大丈夫だった。

というようなことは多く起こります。

ですから、アレルギーの診断とは
「検査結果だけでなく症状を合わせ持って診断するもの」なんですね
引用元-離乳食を始める前にアレルギー検査は必要?危険な食品はコレ! | Baby×Baby Life

6ヶ月頃からの離乳食スタートのポイント

5~6ヶ月を目安とする意味

例えどんなに大きく元気な赤ちゃんでも、内臓の動きが身体の大きさに比例している訳ではありません。
大きいから大丈夫と思わず、5ヶ月を過ぎるのを待ちましょう。

首の座り

首の座りがよく解らないという場合は、赤ちゃんを仰向けに寝かせて手を持ってゆっくりと起します。
その時に首がダランとせずにしっかりしているようであれば首は座っています。

腰が座っている状態

支えてあげると座っていられる、バンボなどベビーソファに座れるようになる。
または、少しの間一人で座っていられる。(手を前についている状態でも可)
もちろん、寝たままでは食べさせられないと言う理由もありますが、その他にも、この頃になると内臓が食べるものを消化できる力が付いてきている、という理由でもあります。
赤ちゃんの成長はそれぞれ違いますので、6ヶ月を過ぎるケースもありますが、3つの条件が揃い、寝ている時間、起きている時間など生活リズムが安定した頃になると、赤ちゃんからも徐々に「食べるよ!」のサインが送られて来ます。
引用元-離乳食はいつから始めたらいい?見きわめのポイント&初期の進め方

新しい食材をあげる時は必ず1品だけにする

新しい食材を食べさせる時は、もしもアレルギーが発症した場合、原因がどの食材にあるのか解らなくなるため、1品ずつ食べさせます。

アレルギーに備えて診察時間内に食べさせる

新しい物を食べさせる時は、もしものアレルギー反応に備えて、かかりつけの小児科が診察をしている時間を考慮して食べさせます。
病院のお休みの日や午後休診などの日程もどこかに貼っておくといいですね。

無理して食べさせない・続けない

今まで母乳とミルクだけで育っていた赤ちゃんですから、食べたくない日もありますし、嫌がる日が続く様であれば、まだ時期が早かった、と言う事も考えられます。
一旦休止して、また赤ちゃんの様子を見ながら再スタートしても良いと思います。
初期の段階で栄養は母乳やミルクで足りていますので、無理強いをせず、のんびり進めていきましょう。

赤ちゃんの体調を見る

赤ちゃんの様子やうんちを見ながら、体調が悪そうな時はお休みして母乳またはミルクを飲ませましょう。

NG食材に気を付ける

アレルギー反応を起し易そうなNG食材を挙げると実はキリがないのですが、1歳前に絶対あげてはいけないのが、ハチミツと黒砂糖です。
この2つは乳児ボツリヌス症発症のリスクが高い食材です。
もう1つ、お蕎麦も強いアレルギー反応が出る事のある食材ですので、1歳までは控えます。

また、刺激が強く不溶性食物繊維を多く含んだ食材や消化に悪そうな食物も避けましょう。
例としては、ごぼう、パイナップル、きのこ類などです。
ドロドロな状態にしても繊維は残っていますので初期の離乳食には不向きです。
引用元-離乳食はいつから始めたらいい?見きわめのポイント&初期の進め方

6ヶ月頃からスタートする時の離乳食の量の目安

離乳食を与える時間帯は、初期のうちは1日1回です。
一日の授乳のうちの1回分を離乳食に変えてみましょう。
授乳して時間が経った空腹なときの方が食いつきがよくなります。
1回の離乳食を与える量の目安は、おかゆと他の食材(野菜やたんぱく質)をそれぞれ大さじ4~6杯ほどです。
ただし、初めての食材やその食材に慣れるまでは、ひとさじから少量ずつ増やすようにしましょう。
しかし、これはあくまでも目安であり、これらを完食しなければいけないというわけではありません。
そもそも離乳食初期の目的は「母乳やミルク以外の食事を覚えさせる」ということなので、すべて完食しなくても、少しずつ食べていくことができればそれで目的達成と考えて構いません。
食べさせることだけに躍起になるあまり、食事の楽しさを知るという「食育」がおろそかになってしまっては何の意味もありません。
笑顔でにこにこ食事ができるよう努めましょう。完食するかしないかは大きな問題ではありませんよ。
引用元-離乳食初期(5・6ヶ月)の進め方や量、献立、コツは? – こそだてハック

 - 出産・子育て