カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

手首の骨折の全治期間の目安と早期改善のためのポイント!

   

%e6%89%8b%e9%a6%96-%e9%aa%a8%e6%8a%98-%e5%85%a8%e6%b2%bb

手首を骨折すると、生活において様々なシーンで支障をきたしてしまいます。
全治するまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか…
症状や条件によっても全治期間が変わってしまう骨折について詳しく調べてみました。
ぜひ参考にして、早期改善を目指しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

wpid-2015_10_29_03_19_4.jpg
赤ちゃんの生後1ヵ月での体重は?

生まれたての赤ちゃんを育てているお母さんにとって、最初の1ヵ月は緊張しっぱなし。

毎日の体重の増減に一喜一憂してしまうお母さんも少なくありません。

生後1ヵ月ではどれくらい体重が増えているのが望ましいのか、増えなくても、増えすぎても心配はつきないものです。

生後1ヵ月の赤ちゃんの体重について調べました。

インフルエンザ 病院 待合室
インフルエンザ感染!病院の待合室にも気をつけよう!

1月2月は1年のうちでもインフルエンザの感染が拡大する時期です。体調不良などで病院に行き、待合室で感染してしまうという危険もあります。

そこでインフルエンザに感染しないための対策などをまとめてみました。ぜひ参考にしてインフルエンザの感染を食い止めましょう!

face-herpes-symptom
顔にできるヘルペスって何なの?原因・症状・治療法

慢性的にできる顔のヘルペス。

一体どうして繰り返すのでしょうか?原因や症状など調べてみました。

顔のヘルペスを繰り返さないよう、症状が出る前に予防をしましょう。

目 痙攣 続く
目の痙攣が続く…症状の原因や考えられる病気について

目の痙攣が続く…この原因は目の疲労からくる症状だろうと簡単に考えていませんか?

実はその症状は何らかの病気からくるものかもしれません。そこで目の痙攣が続く症状から考えられる病気について調べてみました。

症状の改善には早めの対処が必要です。ぜひ参考にして、目の健康を取り戻しましょう!

鼻 骨折 ギプス
鼻骨折の時のギプスとは?

スポーツで激しくぶつかった時などにも骨折してしまうくらい、 鼻の骨とは意外と骨折しやすいものです。鼻の骨折時に使用するギプスとはどんなものなのでしょう。鼻骨折の時のギプスについて、使い方や種類を調べました。

心臓 痛み ズキズキ
心臓の痛み…ズキズキが続くときに考えられる原因と対策

心臓からズキズキとした痛みが続く…その原因は大きな病気が関係している可能性があります。
痛みを放置しておくと、原因によっては症状の悪化、または死に至るケースもあるようです。
気になる症状が現れたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

肋骨 痛い 内臓
肋骨が痛い時の原因は内臓にある?

肋骨が痛いとき、骨の近くが痛いため、骨に原因があるのではないかと思ってしまいます。もちろんその可能性もありますが、実は内蔵に原因があることもあるのです。肋骨が痛いとき、原因によって痛み方や痛む部分が違ってくるようです。肋骨が痛む原因が内蔵にある場合について調べました。

貧血 検査 病院
貧血の検査をする時、病院の何科へ行く?

貧血は、よく聞く言葉ですね。女性や妊娠中の人もよくかかるもので軽視しがちですが、病気が隠れている可能性も否定できませんから病院で検査をすると安心できますね。そんなとき、貧血の検査は何科へ行くべきなのでしょうか?貧血とは詳しく何なのか、そして病院では何科へ行くとよいのか、について調べました。

鎖骨 骨折 全治
鎖骨を骨折してしまった!どれくらいで治る?全治?完治?

日常生活でも簡単に折れてしまうことがあるという鎖骨ですが、骨折してしまったら手術するしかないと思っている方いらっしゃいませんか?
食事も「とにかく骨によいカルシウムをガンガン摂ればOK!」と思っている方、お医者さんに全治だか完治だか言われたけど、何が違うのかわからなーい!という方、ここで解決できるかもしれませんよ?

歯茎 炎症 臭い
歯茎の炎症で口が臭い?その原因と対策は?

歯茎が腫れたり痛みがあると、歯磨きをしても口の臭いが残ります。
口臭って自分ではなかなか気づきにくいものです。しかし、炎症をそのまま放置しておくと、さらに臭いが悪化してしまうことも…。
人と話しているとき、自分の口は臭くないかな?と心配になる方もいると思います。
今回は、歯茎の炎症の原因について、口の臭いのチェック方法や予防法についてまとめました。

wpid-2015_10_29_03_19_5.jpg
足の血管が切れる!?下肢静脈瘤って何?

みなさん、下肢静脈瘤を知っていますか?下肢静脈瘤は足の血管の病気です。

そのままにしておくと、足の血管が切れてしまうこともある大変な病気です。

日々の生活環境や生活習慣によって引き起こされる下肢静脈瘤。正しく理解して、発症や悪化を防ぎましょう。

歯茎 顎 痛み
歯茎が痛い、顎の痛みも…もしかして顎関節症?

急激に症状が現れる歯茎や顎の痛み。歯茎と思っていたら奥歯が痛みの原因だったり、
痛みの原因がどこだかはっきりしないことが多いのです。
ここでは、歯茎や顎の痛みを軽減させる方法や痛みの原因など紹介します。

女性 恥骨 痛み
女性特有の恥骨の痛みの原因は?つらい症状スッキリ改善!

女性はいろんな要因から恥骨に痛みを感じることがあります。

恥骨の痛みをそのままにしておくと、様々な病気の原因になったり、歩行に支障をきたしたりすることも…

恥骨の痛みの原因を知り、対処しながらつらい症状を改善していきましょう!

足の甲 痛み 痺れ
足の甲の痛みや痺れ…もしかしたら腓骨神経麻痺の症状かも!

足の甲に痛みや痺れなどの症状を感じた事はありませんか?

その症状はもしかしたら腓骨神経麻痺かもしれません。腓骨神経麻痺は生活の中の習慣などが原因となることも。

あまり聞き慣れない腓骨神経麻痺について詳しく調べてみました。

mite-allergy-urticaria
ダニがアレルギーの原因!?蕁麻疹の原因と改善法

あなたが悩んでいる蕁麻疹の原因はダニアレルギーかもしれません。

ダニアレルギーで蕁麻疹を引き起こさないためには、まずダニの除去をし、アレルギーの原因を絶つことが重要です。

ダニが引き起こすアレルギー症状や蕁麻疹の改善法など調べてみました。

スポンサーリンク

手首の骨折で全治までの期間に個人差が出る要件

①個人差による治療期間の違い
治療期間は個人差によって変わります。
年齢や個体差、そのほかの要件によっては、すぐに2~3割の違いがでることがあります。 

②年齢による治療期間の違い
治療期間は年齢によって大きく影響します。
年齢を重ねるごとに治療期間は長くなります。
子供の場合は成人より2~3割早く治る傾向にあります。
高齢化すると目安よりも長くなります。 

③リハビリ内容による治療期間の違い
治療期間はリハビリの内容や頻度によって変わります。
リハビリを毎日行う人と、週に1~2度しかしない人では、治療期間に倍以上の違いがでます。 

④生活習慣による治療期間の違い
睡眠と外出がポイントです!手首を骨折した直後は、睡眠をしっかりとることが大切です。
睡眠は成長ホルモンを促すため、治癒を早めることができます。
また外出で日光を浴びることで、体内でビタミンDを合成することができます。
ビタミンDはカルシウムの吸収の必須成分です。 

⑤栄養状態による治療期間の違い
治癒力には「ホルモン」「修復成分」が大きく影響します。
ホルモンも資質やタンパク質などの栄養成分から合成されます。
つまり栄養成分の状態は、治療期間に大きな影響を与えているのです。 
引用元-【手首の骨折】治療期間を短縮する5%しか知らない方法!|スポーツ119 ケガの予防と治し方!

手首の骨折治療と全治までの期間の目安

①痛みを和らげる
腕の麻酔や静脈麻酔で痛みを和らげます。

②徒手整復
完全骨折で骨のずれが大きい場合は、徒手整復を行ってずれを治します。

整復とは、手を指先の方向に引っぱってずれた骨片を元に戻すことを言います。
ほとんどが手指側の末梢骨片が手の甲側に乗り上げて短縮している骨折状態ですので、整復処置となります。
整復は大人でも脂汗が出るほど痛いですが、我慢して処置すれば、その後の腫れ方もずいぶん違ってきますし、痛みも減りますので、ここは痛みに耐えて頑張るしかありません。
ひびの場合も、末梢骨片が手の甲側に曲がっているときは、徒手整復を行います。

③ギプス固定
整復が終わって正しい位置に骨が戻れば、ギプスで固定して骨がくっつくのを待ちます。
稀に、ギプスの中で再び元のずれた状態に戻ってしまうときがあります。
その場合は、再度整復を行うか、整復した状態で鋼線を挿入して骨折部を固定します。

骨折の状態にもよりますが、ギプスをしてから4~6週間で全治に至ります。
骨折がひどく徒手整復が困難な場合は、手術を行うことになります。

しかし子どもの骨折は、骨片の整復が不完全でも自家矯正力があり骨の治癒も早いですので、通常は手術を必要としません。
引用元-子どもが手首を骨折、治療方法は? | ママのきもち

手首の骨折は手術の有無による全治期間の違い!

手術をしなかった場合のリハビリ期間

まず、骨折したら、当然ですが、骨をくっつけないといけません。
そして、これも当然ですが、骨をくっつけるためには、くっつくべき骨折部位がいい位置で動かないことが必要です。
骨折部が大きくずれたり、離れていたり、グラグラしていたりすれば、骨はくっつきません。

ですから、ギプスや副え木(そえぎ)のようなもので、しっかり固定してあげる必要があるわけです。
そして、骨がある程度くっついて、固定を外しても動かない状況になるまで、固定は続ける必要があります。
この期間を固定期間と呼びましょう。
そのある程度くっつくまでの期間(固定期間)は、おおよそ 1-2ヶ月だと考えてください。
引用元-骨折のリハビリ期間の目安と過ごし方 スポーツ選手は進化のチャンス! | SMC ~スポーツ医学&メンタルコーチング~

手術した場合のリハビリ期間

手術の場合は、主治医はできる限り早めに可動域訓練期間に移れるように手術をします。
ですから、手術をしなかった場合に、1-2ヶ月必要だった固定期間が、0.5-1ヶ月程度に短縮できることが多いです。
また、固定期間が短いことで、関節が硬くもなりにくく、筋力も落ちにくいので次の、可動域訓練期間・負荷訓練期間も短縮できます。
ですから、半分までにはならないかもしれませんが、もともと3-6ヶ月かかっていた全リハビリ期間が、2-4ヶ月くらいに短縮できる可能性がある。
引用元-骨折のリハビリ期間の目安と過ごし方 スポーツ選手は進化のチャンス! | SMC ~スポーツ医学&メンタルコーチング~

手首の骨折で全治する為にはリハビリが重要!

手首の骨折の治療後のリハビリについて

手術をする、しない、に関わらず、ギプスなどによって手首を固定していると、手首の動きが硬くなったり、力が弱くなりますから、ギブス内で力を入れる訓練をし無くてはなりません。
ギプスが外れたらリハビリを開始ます。
手首という大事な所ですから、できる限り痛みを残さない、動きが悪くならない、力が弱くならないように治療してゆきます。
具体的なリハビリとは、手首に限らず骨折の治療は、患部を長期間固定して行いますので、その結果として患部の周辺の筋肉が衰え、固定していて動かせない関節部分も硬直してきます。
つまり、リハビリによって治すのは骨自体ではなく、骨折治療によって衰えた筋肉や固まってしまった関節を、もとの状態に戻すことがりはびりの本来の目的となります。
よく骨折後のリハビリと聞くと、リハビリによって骨を強くするのだと勘違いされる方もいらっしゃいますが、そうではなく、骨折後のリハビリによって、骨折した周辺筋肉と関節機能を元の状態回復させるのであることをご理解下さい。
引用元-手首骨折の手首のリハビリ方法とは

手首の骨折の早期全治を目指せ!生活のポイント

食生活

骨の形成を促すタンパク質、カルシウム、ビタミンDやKを多く含む食品を十分とることは大切ですが、全体としてかたよりのないバランスのよい食事を心がけましょう。
骨折のために運動量が減っている場合、できるだけ毎日体重を計り、カロリーオーバーにならないように気をつけることも必要です。

運動

骨折療養中でも、骨折部の固定を保ちながら日中はできるだけ活動して体を動かしましょう。
よく動くことで全身の血行がよくなり、骨の癒合も促されます。
寝てばかりいたり、座りっぱなしでいたりすると、筋力低下にもつながるのでよくありません。

禁煙

タバコは骨の癒合を阻害する大きな要因の1つですので、骨折治療中は禁煙しましょう。

入浴

医師の許可があれば入浴も積極的に行いましょう。
全身の血流をよくすることは、骨の癒合にとてもよい影響を与えます。

ギプス固定をしているときの入浴法
ギプスを乾いたタオルでくるんでから、大きめのビニール袋(脚なら厚手 のゴミ袋など)で包み、輪ゴムとテープでしっかり密封します。 輪ゴムはきつくなりすぎないように気をつけましょう。乾いたタオルでくるむのは、汗でギプスをぬらさないためです。
もし入浴中にギプスが濡れてしまったら、水分をタオルで拭きとり、ドライヤーで乾かします。
内部に水が入り、なかなか乾かないときは医師や看護師に相談しましょう。
引用元-療養中の過ごし方 – “骨折”を知るホームページ「骨折ネット」

 - 治療・方法・治療後