カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

風邪じゃない!?気になる発熱の原因と予防・対処法

   

%e9%a2%a8%e9%82%aa-%e7%99%ba%e7%86%b1-%e5%8e%9f%e5%9b%a0

体がだるく発熱すると、風邪かなぁ…と考える方が多いことでしょう。
しかし風邪以外にも発熱する原因はたくさんあり、改善する為にはその原因に合った治療や対処が必要です。
長く続く発熱は放置せずに、しっかり対処できるよう原因を特定しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

二日酔い 吐く 血
二日酔いで何度も吐くと血が…!危険なマロリーワイス症候群

深酒をしてしまい、最悪な状態の二日酔い何度も吐いた経験がある方もいらっしゃることでしょう。
しかし繰り返し吐く状態が続くと、一緒に血を吐いてしまうことがあるようです。
この症状にはマロリーワイス症候群という病名もあるようです。そこで今回はマロリーワイス症候群について調べてみました。

さかまつ毛 手術 子供
さかまつ毛には手術が必要?子供によくある目の症状について

子供の目の症状としてよく見られる「さかまつ毛」。大人のさかまつ毛と違い、子供のさかまつ毛は放っておくと目の健康を損ねてしまうこともあるようです。

そこでさかまつ毛の改善方法としてあげられる手術について調べてみました。ぜひ参考にして子供の目の健康を守りましょう!

咳 微熱 続く
体からのサイン!咳・微熱が続く時に考えられる病気とは…

咳や微熱症状が続く時、それは体からの不調のサインです。

放置しておくことで、症状の悪化や更に重篤な病気へと進行してしまう可能性もあります。

そうならない為にも早めの対処が必要です。そこで咳・微熱から考えられる病気についてまとめてみました。

wpid-2015_09_22_02_18_4.jpg
切迫早産で入院!気をつけたい生活や食事の注意点

切迫早産で入院する場合は、病院の指示に従い安静に過ごしましょう。

また食事面でも予防してくれる食材を摂取してみましょう。

切迫早産で入院を余儀なくされてしまった時、どんなことに気をつけて過ごすのか、生活や食事についてまとめてみました。

くも膜下出血 頭痛 場所
くも膜下出血の頭痛の場所によって危険度が違うってホント?

ある日突然感じたこともない頭痛に襲われ、くも膜下出血で倒れてしまうケースが多いようです。

しかしくも膜下出血には発症する前の予兆などもあるようです。

それは頭痛の起こる場所や不快な症状など様々です。気になる症状がある方は早めに病院を受診しましょう。

22a28e805a3c758a6fd9be8117af7b5a_m
鼻を打撲してしまった…ひどいときは迷わず病院へ!

スポーツをしているときはもちろん、日常生活でも鼻をぶつけてしまうことってありますよね。
鼻の骨はとても薄いので、弱い力でも簡単に折れてしまうことがあるそうです。
ただの打撲だったら安心ですが、もしかしたら骨折の可能性も考えられます。
ひどい打撲の場合は、我慢せずに病院を受診しましょう。
今回は、鼻を打撲した場合の対処方法について調べました。

避妊 方法 昔
避妊の方法!昔はどうだったの?

今も昔も男女の関係は変わりません。しかし今と違い、避妊の難しかった時代はどうしていたのでしょうか?江戸時代から現在までの避妊方法を、詳しく調べてみました。様変わりする避妊方法を時代をおって見ていきましょう。

%e7%94%9f%e7%90%86%e5%89%8d-%e8%83%b8%e3%81%ae%e5%bc%b5%e3%82%8a-%e3%81%aa%e3%81%84
生理前の胸の張りがない!?考えられる原因と妊娠への影響

生理前の症状として胸の張りを感じる女性は多いようです。
またその逆で、全く張りを感じない、今まで生理前に張っていた胸が急に張らなくなったと感じる女性も多いようです。
そこで生理前に胸が張らない原因や妊娠への影響などを詳しく調べてみました!

wpid-2015_09_26_03_54_8.jpg
低血圧を改善する飲み物は?身近な飲み物で体質改善

低血圧で悩んでいる人は、たくさん食べても体重がなかなか増えなかったり、体が冷えやすかったり、目眩や不調を伴うこともあり日常で苦労している人も多いです。

低血圧の改善には、普段から食事や飲み物に気をつけることが必要!

どんな飲み物が、低血圧の改善になるのか調べました。

wpid-2015_09_22_02_18_2.jpg
冷や汗ダラダラ…吐き気や下痢が続く原因は?

冷や汗が出るほどの吐き気や下痢の症状。これは一体どんな病気が影響しているのでしょうか。

冷や汗をともなう吐き気や下痢の症状には様々な病気の影響が考えられます。早めの治療と自分でできる予防法を実践してみましょう。

15c82c6fc24e925ed3a9f043e2211f5f_m
リウマチの原因とは?男性も増えている間接リウマチ

男性よりも女性の患者が多いといわれているリウマチですが、最近では男性のリウマチも増加しているようです。
30代〜60代に発症することが多いと言われており、働き盛りの男性も油断できません。
今でもはっきりとした原因は分かっていないそうですが、予防できることはしておきたいですよね。
今回は、リウマチの原因についてまとめました。

足の裏 痛み 土踏まず
足の裏の痛み!土踏まずにできる「足底線維腫」について…

足の裏の急な痛み、それは土踏まずにできた「足底線維腫」が原因かもしれません。
あまり聞きなれない「足底線維腫」。悪化すると手術が必要になることもあるようです。
そこで早期発見、早期治療のために土踏まずにできる「足底線維腫」についてまとめてみました。気になる症状がある時は早めに対処するように心がけましょう。

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_m
「自律神経失調症」を発症…。休職に必要なものや期間は?

次から次へと舞い込む仕事…そして職場での上司や部下との人間関係…。社会生活の中では様々はストレスにさらされます。
その精神的ストレスが体に影響を及ぼすことがあります。「自律神経失調症」はその精神的ストレスなどによって発症する病気です。
自律神経失調症を発症した場合には、心身ともにゆっくりと休養を取ることが必要になります。
仕事をしている場合には休職することになりますが、どのくらいの期間休めるのでしょうか?

a07fbb6a5e3ec4350a2ce4eef3adecf3_m
貧血の数値が9.5ってどうなの?知らないと怖い万病の元!

貧血の数値が9.5…これはどういう状態なのでしょうか?

貧血検査の結果はわかりづらく、理解できていない方も多いことでしょう。

しかし貧血状態を放っておくと、体には様々な症状が…また大きな病気の症状ということも考えられます。ぜひ参考にしてご自身の健康維持に役立ててください。

食後 腹痛 吐き気
食後に襲う腹痛や吐き気!原因は何?

食後に急な腹痛や吐き気に襲われたことはありませんか?もしかするとそれは、病気の症状のひとつなのかもしれません。そこで、考えられる原因について調べてみました。もし、思い当たる症状があるのであれば、早めに病院を受診して不快な症状を治療しましょう。

スポンサーリンク

風邪以外で発熱症状が出る原因①ストレス

急な発熱で体がだるいのに、病院に行っても血液検査や尿検査を受けても、やはり「異常なし」と言われたという方。
解熱剤でも熱が下がらないという方。
このような方は、ストレス性・心因性発熱(高体温症)かもしれません。
39℃以上の高熱ではないにしろ、一週間以上微熱が続くようであればストレスが原因の可能性が高くなります。

ストレスで熱が出る

人は、ストレスを受けると交感神経の働きが活発になります。
人前に出て緊張すると、ドキドキしたり顔が熱くなったりするのも交感神経の働きです。
その交感神経によって体温が上がります。
その他、頭痛や倦怠感を感じる方もいます。
ストレスが原因で発熱するのは、つまり心と体がオーバーヒートしている状態と言えるでしょう。
先ほど言いましたが、風邪ではないので熱が下がりにくいのが特徴です。
もし、内科などで異常が見られないのに、熱が下がらない場合、心療内科を受診してみてください。

またストレスは心理的なものの他に、環境の変化も挙げられます。
新たな仕事を始めた矢先、産後すぐなどは気力・体力共に消費しきっている状態で発熱しやすいと言えます。
引用元-危険!大人の急な発熱の6つの原因に注意して! | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

風邪以外で発熱症状が出る原因②インフルエンザ

風邪以外の原因で多いのがインフルエンザです。
風邪とインフルエンザの症状は似ていますが、インフルエンザの場合は38度以上の急激な高熱に襲われたり、関節痛や筋肉痛になるなどの特徴があります。
インフルエンザは非常に伝染性が高いですし、最悪の場合は死に至ることもあるので、少しでも疑いがあればすぐに医師に診断してもらうことが大切です。
インフルエンザの治療は、安静にして十分に睡眠と水分をとる一般療法と薬物療法を同時に行うのが一般的です。
引用元-風邪以外の発熱の原因

インフルエンザにおける発熱の症状

(1)発熱の程度
一般的な風邪の場合は、38度程度の発熱に加えて、のどの痛み、鼻水・鼻づまりやくしゃみなどの症状があります。
一方、インフルエンザは悪寒や頭痛といった症状とともに38度以上の高熱が急に発症し、3~4日続きます。

高齢者の場合は、若い人に比べ免疫機能や肺機能が低下しているため、10日以上、熱が続くことがあります。
また乳幼児などは、3~4日目に一度熱が下がっても、半日後ぐらいに再び熱が上がってしまうことも多々あります。
引用元-【医師監修】インフルエンザの症状(2)熱の症状と対処法 | ヘルスケア大学

風邪以外で発熱症状が出る原因③肺炎

肺炎は文字通り、肺の中に炎症が生じ、38度以上の高熱や激しい咳や痰、呼吸が苦しいといった呼吸器の症状がでる病気です。

ふつうの風邪との見分け方は
①咳や熱などの強い症状が5日以上続く
②鼻づまりでもないのに呼吸が苦しい

の2点です。

肺炎の原因菌の代表格は肺炎球菌。
このほかインフルエンザウイルスや、クラミジアといった微生物も肺炎を引き起こします。
特にこの数年、季節を問わず若い年齢層にマイコプラズマ肺炎の発症が増えています。
マイコプラズマ肺炎は発熱や全身のだるさ、痰のでない乾いた咳が特徴。
熱が治まった後も3~4週間ほどしつこく咳が続きます。

肺炎には「喫煙者の病気」というイメージがありますが、ストレスや疲労で抵抗力が落ちたとたんに感染したり、喘息や糖尿病などの慢性疾患があると発症しやすいことが知られています。
「タバコを吸わないから大丈夫」、「若いから大丈夫」などという油断は禁物です。

また高齢者は感染以外にも、間違って気管に入った食べ物や唾液が原因で炎症を起こしたり、アレルギー性の肺炎を起こすことがあります。
若い人に比べて発熱などの自覚症状がでにくく、見逃しやすいので注意してください。
少しでも体調が悪いと感じられたら病院を受診するようにしましょう。
引用元-カゼかと思ったら…細菌性にも注意 肺炎 | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

風邪以外で発熱症状が出る原因④急性腎盂炎

急性腎盂腎炎の症状は?

急性腎盂腎炎の場合、悪寒や38℃以上の発熱やふるえ、吐き気や嘔吐などの風邪のような症状が出てきます。
また炎症の広がりによって、わき腹や背中、腰などにも痛みが出ます。
腎臓は左右にひとつずつあるため、炎症の起こった方の左右どちらかのわき腹に痛みが出ます。
痛みが出ている方の背中を軽くトントンと叩くと、激しい痛みを感じます。
両方の腎臓が感染することは極めてまれなことで、通常はどちらか一方です。
尿意を強く感じ、頻繁にトイレに行きますが、排尿の尿量は少なく、白血球が混ざることで白く濁った尿が出ます。
排尿時に痛みを感じたり、残尿感があるなど、膀胱炎と似た症状がでます。

急性腎盂腎炎の原因は?

細菌の感染によって引き起こされます。
なんらかの原因によって細菌が尿道から侵入して、膀胱へと登り、尿管をつたって腎盂へと感染することにより発症します。
前立腺肥大や膀胱炎、尿路結石、痛風、妊娠が誘引となって引き起こされることがあります。
その他の原因としては、別の臓器がなんらかの細菌による感染をしていたときに、血液によって細菌が腎盂まで運ばれてくることで感染したり、
リンパ管を通って細菌が腎盂に運ばれることもあります。
引用元-急性腎盂腎炎は全身むくみや発熱・吐き気の症状 入院期間や入院費用は? | ハイジの知恵袋

風邪じゃない…原因がわからない発熱の予防と対処

≪予防≫

●手洗い・うがい・マスク
発熱は、風邪や胃腸炎から発症する事があり細菌を体に取り込んでから発症する事が多いです。
予防方法として、家に帰ったら手洗いうがいをして、普段からマスクを付けているだけでも十分な予防をすることができます。

●適度にリフレッシュ
疲れから発症する事も多くあり、体を定期的にリフレッシュさせると言う事も予防方法の一つでもあります。

≪発熱した時の対処法≫

病院で行っている治療では、確実に症状を抑えることができるために利用すると便利ですが、自分でも十分改善の余地があるために症状によって病院で治療するか否か決めるのも一つの方法です。

●自分で治すには・・・
発熱は、症状によって治療が変わってきます。
まずは適度な栄養と汗をかいて熱を蒸発させるようにしましょう。
発熱を発症したらまず水分を大量にとり、汗をかくことで体外に水を出して体温調節を行いましょう。
風邪などでは、病院に行かなくても発熱シートを付けることによって改善することができます。
引用元-【医師が監修】発熱の症状・原因・治療 Doctors Me(ドクターズミー)

 - 風邪