カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

新生児から始まる予防接種~受けないのはマナー違反!?

   

%e6%96%b0%e7%94%9f%e5%85%90-%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%8e%a5%e7%a8%ae-%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84

赤ちゃんが生まれると、多くのママは予防接種のスケジュール管理に追われることになります。
しかし中には新生児からの接種を躊躇し、予防接種は受けないと判断する方もいます。
そこで予防接種を受ける・受けない親の判断や医療の進歩、危険性などを詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

つわり 鍼灸 効果
つわりに鍼灸が効果的!快適なマタニティーライフを送ろう!

妊娠中はつらいつわりに悩まされている方がたくさんいらっしゃいます。

緩和の方法はいろいろと紹介されていますが、その中でも高い効果が期待できる方法として鍼灸治療があります。

あまり馴染みのない鍼灸について色々と調べてみました。つわりを乗り切るためにもぜひ参考にしてください!

赤ちゃん お菓子 食べない
赤ちゃんがお菓子しか食べないで離乳食を食べてくれません。

あなたの赤ちゃんはお菓子大好きですか? それともお菓子はまったく食べないですか?
離乳食は食べてくれますか?お母さんの悩みは尽きません(/_;)
赤ちゃんにどんなおやつを、いつ、どれほどあげたらいいか考えましょう!

出産 痛み 失神
出産時の痛みは鼻からスイカ並み?失神するって本当?

今お腹にいるわが子に早く会いたい!楽しみな反面、恐ろしいのがちらほらと聞こえる出産時の痛みの話。

鼻からスイカを捻り出すくらいの痛み、痛すぎて失神してしまい生まれる瞬間を記憶できなかったなど、想像を遥かに超えた痛み。

痛みのメカニズムから、出産時の失神体験談など痛みを軽くする方法を紹介していきます!

%e7%99%ba%e9%81%94%e9%9a%9c%e5%ae%b3-%e7%89%b9%e5%be%b4-6%e6%ad%b3
発達障害の特徴〜6歳頃に見られる症状と周囲の理解

発達障害には様々な特徴があります。
特に6歳頃の小学校入学時期には、集団行動の中での違和感を感じやすく、その時点で診断が下る子供も少なくありません。
発達障害の診断の一つの区切りとして挙げられる6歳にどのような特徴がみられるのか詳しくまとめてみました。
親や家族の周囲の人々が正しく理解し、子供にとって何が必要なのか考えてみましょう。

恥骨 痛み 妊娠初期
恥骨の痛みは妊娠初期の症状!原因と痛みを緩和させる方法

妊娠初期には様々なマイナートラブルが現れます。それは妊娠初期症状と呼ばれ、恥骨の痛みもその一つです。

つらい恥骨痛が起こる原因は何なのでしょうか?そこで症状の原因や対処法について調べてみました。

ぜひ参考にして、妊婦生活を快適に過ごせるように役立ててください。

1歳半 食事 外食
1歳半と食事に行こう!外食で気をつけるべきこととは!

子供が1歳半ともなると離乳食も終わって外食もメニューによっては食べられるものが出てきます。お母さんも小さい子供連れは大変だけれど、息抜きに外食したいものです。1歳半の子供と食事を外でするには、どんな準備が必要なのでしょう。1歳半との外食で気をつけるべきことについて調べました。

アメリカ 初産 年齢
アメリカの初産年齢はどれくらい?

何かとアメリカと比較しながら進んできた日本ですが、アメリカの初産年齢はどれくらいなのでしょう?晩婚化が進み、初産年齢も年々上がっている日本ですが、アメリカでは?アメリカの初産年齢と高齢出産について調べました。

子供 腹筋 方法
子供の腹筋は鍛えるべき? 他の良い方法が何かありますか?

ウチの子供は腹筋が1回もできません(^^;
腹筋を鍛えたほうがいいのでしょうか?それとも他の方法が何かありますか?
「子供に筋トレをさせると筋肉が硬くなって背が伸びなくなる」というのは本当ですか?様々なご意見を参考にして、お父さんもお母さんも子供と一緒に遊びながらでも運動を生活に取り入れていきましょう!

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%b6%b3-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズに合った靴選び~ポイントと注意点

とても小さくて可愛らしい赤ちゃんの足は、成長も早くみるみると大きくなっていきます。
ファーストシューズに始まり、どんどんと靴のサイズも大きくなっていきます。
赤ちゃんの健やかな成長の為にも、足のサイズや成長段階に合ったピッタリの靴を選んであげましょう!

8e90405f39d82b7f15cb659d42c736f3_m
じゃがいもをつかった離乳食!完了期に最適なメニューは?

じゃがいもは離乳食初期から完了期まで使える便利な食材です。

クセもなく腹持ちのいい為、毎日の離乳食に用いることの多いジャガイモだからこそメニューのレパートリーに悩むことも。

そこでジャガイモの下ごしらえの方法や、離乳食完了期の赤ちゃんに最適なじゃがいもを使ったメニューをご紹介します。

2715167ad107982190de65bc144102f5_m
産後に体重の減りすぎが心配です。どうすれば?

産後にどんどん体重が減っていく…。嬉しいを通り越して減りすぎが心配になりますね。
大丈夫なのでしょうか(/_;)体重が減りすぎる原因は何?病気?不安になる事もあります。
原因と対策と他の病気の可能性についても考えましょう!  

一歳 咳 夜中
一歳の赤ちゃんの咳が夜中だけひどくなる時どうしたらいい?

一歳の赤ちゃんが苦しそうに咳込むとお母さんも辛いですね。
昼間は元気でも夜中だけせき込むと、睡眠不足になってしまいます(/_;) 
どうして夜だけなのでしょうか? 危険な場合もありますか? 
経験者やお医者様から対処法をお聞きしました。ぜひ参考にされてみてください!

二人目妊娠 上の子 抱っこ
二人目妊娠中の上の子の抱っこ問題を乗り越えるポイント!

二人目妊娠中に上の子を抱っこしてもいいのか、迷っているママは多いようです。
ママの妊娠で上の子は精神的にも抱っこを求めてくることが多くなるようです。
そこで上の子の抱っこ問題についてまとめてみました。上の子とママが楽しくスキンシップできるように考えてみましょう!

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-3%e5%9b%9e%e9%a3%9f-%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99
離乳食を3回食に進めるタイミング~赤ちゃんの成長と見極め

離乳食後期になると、そろそろ3回食かな?と考え始める頃です。
しかし赤ちゃんそれぞれに食べる量やタイミングもあり、パパママがしっかり気極めをしながら進めることが重要すで。
そこで離乳食を3回食に進める時のタイミングやポイントをまとめてみました。
ぜひ参考にして、赤ちゃんに合わせてゆっくりと進めていきましょう!

%e5%ad%90%e4%be%9b-%e6%ad%a9%e3%81%8d%e6%96%b9-%e5%a4%89
子供の歩き方が変になる原因と正しい歩行の矯正法

子供の歩き方が変だと感じたことはありませんか?
成長段階の子供は足やバランス感覚が未熟なために、歩き方にムラが出てしまうことがあります。
しかし中には気になる歩き方もいくつかあり、早めに矯正してあげる事が重要です。
もし子供の歩行に違和感を感じた時は、しっかり観察し適切な対処を心がけましょう!

スポンサーリンク

新生児から始まる予防接種…受ける・受けないの判断に時間なし!

昨年子どもが生まれ、はじめて乳幼児の予防接種にドタバタした経験を思い返すと、そもそも親が適正な情報を入手して判断する余裕がとれないという現状にも問題があるなぁ、と改めて思いました。
 
乳幼児の予防接種にどのようなものがあって、どういったスケジュールで受けていくべきか、我が家は生後1ヶ月検診のときに知りました。
最初の予防接種は生後2ヶ月目に受けたほうが良いと言われるので、考える間もなくとにかく予約。
それから一ヶ月の間に、慣れない育児に振り回される中で、受ける予防接種について調べたり、問診票を書いたり、任意接種のワクチンを受けるかどうか判断したり、とドタバタ。
この時に、ヒブっ何?副作用ってあるの?任意は皆どうしてるの?と落ち着いて調べる余裕はなかなかありません。
言われるままに予約を入れて予防接種を受けて…という人も多いんじゃないでしょうか。
というわけで、親がしっかりと理解して判断ができるように産前に情報提供してくれるしくみがあればより良いと思いました。
定期接種は判断する余地はないと思いますが、それでも何のために受けて、どんなリスクがあるかは親として知っておくべきだと思います。
引用元-乳幼児の予防接種、親が判断する余裕はあまりない – ちょろげ日記

新生児からの予防接種…絶対受けないといけないの?

予防接種は受けなければならない訳ではなく「接種に対して努力義務」があるだけなのです。
努力義務とは、予防接種を受けられるように努力をしなければならないということです。
予防接種法という法律がありますが「必ず受けなければいけない」と決まっているわけではないんですね。
「なんだ、受けなくても良いんじゃない」と考えるママさんは多いと思います。
確かに、不安要素などを見聞きしている中、副作用を心配してまで予防接種をしなければならないのか疑問を抱いていたママさんなら尚更、予防接種を行わない方が良いと考えるでしょう。
しかし、予防接種を受けられるように努力する義務が法律で定められているのには理由があるのです。

予防接種の由来

予防接種を受けることが昔は「義務」つまり必ず受けなければならないものだったのです。
「予防接種を受けることで、死や後遺症の危険性のある感染症の大流行を防げる」という理由です。
昭和初期に、感染症死亡者・罹患者が増え、感染症の流行を防ぐために予防接種が義務化されたのです。
摂取しない人には罰則も課されました。

現在の考え方

現在では医療の発展や生活水準の向上により衛生状況が良くなり、法律で義務化する必要もなくなりました。
その反面、医療基準が高まったおかげで、様々な感染症が予防ができるようになり、予防接種の種類は増えています。
今の日本では予防接種は軽視されがちですが「流行予防」という観点で大きな意味を持つのです。
引用元-予防接種に効果・義務はある?子供が接種を受ける推奨期間とは|syufeel

新生児からの予防接種!受けないなんて有り得ない!?

予防接種ワクチンの副反応に対して不安はありますが、やはり予防接種を受けなかったことでかかる病気とのリスクを比べた結果としてワクチン接種が推奨されていると考えているので、定期接種になっているワクチンはすべて接種しています。
周りもみんな受けているようで、受けなかったという声を聞いたことがないことも理由の1つです。
任意接種では上の子供のときに受けなかったのでB型肝炎ワクチンだけ接種していませんが、周りがみんな受けていたので今では接種すれば良かったと後悔しています
引用元-予防接種の定期は受けるが任意は受けない?保育園は必須条件 | 36歳で妊娠!気になる高齢出産とは?初産から子育て体験記

予防接種は定期も任意含め受けられるものは全て受けています。
予防接種で重症になるのを防げるのであれば防いであげたいし、子供が病気になれば看病する親も必ず移ります。
実家が遠いため、親子で共倒れしても助けてもらえる環境にないために、予め予防できることはしておこうと思っています。
予防接種を受けても罹ったり、重症化することもあるかもしれませんが、受けられるものを受けずに「あの時、受けさせればよかった」と後悔するようなことはしたくないと思っています。
引用元-予防接種の定期は受けるが任意は受けない?保育園は必須条件 | 36歳で妊娠!気になる高齢出産とは?初産から子育て体験記

予防接種は受けています。定期接種の注射だけでもするのは親の義務だと思います。
定期接種は接種時期に達しているものは全て受けました。
任意では、現在は定期接種になったB型肝炎を受けました。
水疱瘡は当時任意でしたが、途中から定期に変更になったので受けました。
引用元-予防接種の定期は受けるが任意は受けない?保育園は必須条件 | 36歳で妊娠!気になる高齢出産とは?初産から子育て体験記

新生児からの予防接種を受けないのはキケンだから!?

予防接種後の副作用として多いのはワクチンによって異なりますが、多いのは接種部位の腫れや赤くなったり、しこりができます。
不活化ワクチンの方が腫れやすくなります。
全身症状としては、発熱、不機嫌、眠くなるなどの副作用が見られます。

■接種部位の腫れ
Hib   肺炎球菌   初回DPT  2回目以降DPT  
44%     70~80%    5%       30~40%
■接種部位のしこり
Hib   肺炎球菌   初回DPT  2回目以降DPT  
18%  60~70%    20%      30~40%
■発熱          
Hib   肺炎球菌   初回DPT  2回目以降DPT  
2.5%  20%前後    1%      4%

Hibワクチンや肺炎球菌ワクチンの日本での治験の段階では重篤な副作用で接種を中止した例は見られませんでした。
また、頻度が不明ですが、アナフィラキシーというアレルギー反応が過剰に起こって、蕁麻疹、喘息、呼吸困難などの症状は命に関わることもあり、要注意な反応です。
アメリカでは肺炎球菌ワクチン接種後に117名の死亡がありましたが、90%はワクチンとの因果関係はなく、10%は不明で、現在もワクチンは継続されるために、肺炎球菌による侵襲性肺炎球菌感染症の発症は低いままです。
引用元-予防接種は危険? 受けるリスク vs 受けないリスク [予防接種・ワクチン] All About

新生児からの予防接種!受けないのはマナー違反!?

定期接種が定められているのは、何もご自分のお子様が病気に感染しないためだけではありません。
第1種予防接種は感染症の蔓延を防ぐため、第2種予防接種が感染時の重症化を防ぐものです。
万が一罹患し重症化するリスクよりも、予防接種が危険だと判断なされるのは個人の自由かもしれません。
しかし、受けても受けなくても感染を防ぐことができる訳ではないとのことですが、「感染しない場合」をあなたが選択出来るのは、周りの保護者がきちんと定められた予防接種を受け、感染症の蔓延を防いでいるからです。
もし、全ての保護者、全国の保護者があなたのような考えで予防接種を受けなくなったら、一体どのようになってしまうか、考えられませんか?
周りから白い目で見られるのは当然のことです。
集団生活を行う場合の最低限のエチケットを無視し、ご自分のお子様のリスクばかりを考え、周りにどのような影響を及ぼすのか、全く勉強なさってないのですから。
引用元-2ページ目の 予防接種受けない方 – 現在9ヶ月の子どもがい…[カラダノートひろば]

 - 出産・子育て