カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

新生児から始まる予防接種~受けないのはマナー違反!?

   

%e6%96%b0%e7%94%9f%e5%85%90-%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%8e%a5%e7%a8%ae-%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84

赤ちゃんが生まれると、多くのママは予防接種のスケジュール管理に追われることになります。
しかし中には新生児からの接種を躊躇し、予防接種は受けないと判断する方もいます。
そこで予防接種を受ける・受けない親の判断や医療の進歩、危険性などを詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

二人目妊娠 上の子 抱っこ
二人目妊娠中の上の子の抱っこ問題を乗り越えるポイント!

二人目妊娠中に上の子を抱っこしてもいいのか、迷っているママは多いようです。
ママの妊娠で上の子は精神的にも抱っこを求めてくることが多くなるようです。
そこで上の子の抱っこ問題についてまとめてみました。上の子とママが楽しくスキンシップできるように考えてみましょう!

%e7%99%ba%e9%81%94%e9%9a%9c%e5%ae%b3-%e7%89%b9%e5%be%b4-8%e6%ad%b3
発達障害の特徴~8歳頃に見られる子供の気になる行動

小さい頃には診断を下すのが難しいと言われる発達障害。
小学校生活に子供が慣れる8歳頃には、発達障害の子供には気になる特徴が目立ちやすくなることも多いようです。
子供にその兆候が見られた時、親としてどうするべきか、家族にとって一番いい方法を考えてみましょう。

子供 腹筋 方法
子供の腹筋は鍛えるべき? 他の良い方法が何かありますか?

ウチの子供は腹筋が1回もできません(^^;
腹筋を鍛えたほうがいいのでしょうか?それとも他の方法が何かありますか?
「子供に筋トレをさせると筋肉が硬くなって背が伸びなくなる」というのは本当ですか?様々なご意見を参考にして、お父さんもお母さんも子供と一緒に遊びながらでも運動を生活に取り入れていきましょう!

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e8%b2%a7%e8%a1%80%e3%80%80%e6%95%b0%e5%80%a4
赤ちゃんが貧血と診断される数値はどのぐらいから?

赤ちゃんが貧血?!赤ちゃんの貧血は、実はよくあることだそうです。
でもどのぐらいの数値から貧血と診断されるのでしょうか?
また、どうして貧血になるのか、どうして貧血だといけないのか詳しく調べてみました。

出産 入院 化粧
出産入院中の化粧事情!スッピンで乗り切るためのポイント

出産入院中は基本的に化粧はしません。産院によっては化粧自体を禁止しているところもあるようです。

しかし出産後はお見舞い客も多く、写真に残る場面も多いことでしょう。出産後はスッピンで乗り切れるのか?

皆さんの体験談なども参考にしてみましょう!

二人目 上の子 ストレス
二人目育児って大変!上の子とのストレスの上手な対処法!

二人目ができると、今までの生活に変化が生まれ、出産後の体の変化や2人育児にママは大変!

小さな事でも上の子にイライラしてしまいストレスを感じている方も多いことでしょう。

しかしストレスをためているのはママだけではありません。上の子の心のケアも重要な時期です。ママ・子供とともに楽しい毎日を過ごせる対策を考えてみましょう。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%b6%b3-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズに合った靴選び~ポイントと注意点

とても小さくて可愛らしい赤ちゃんの足は、成長も早くみるみると大きくなっていきます。
ファーストシューズに始まり、どんどんと靴のサイズも大きくなっていきます。
赤ちゃんの健やかな成長の為にも、足のサイズや成長段階に合ったピッタリの靴を選んであげましょう!

赤ちゃん 足の裏 湿ってる
赤ちゃんの足の裏が湿ってる…気になる足汗の原因と注意点

赤ちゃんの足の裏を触って「湿ってる…」と感じたことはありませんか?
多くの赤ちゃんは足の裏によく汗をかき、湿っていることがよくあります。
しかしママにすると、暑いのかなぁ…と心配になってしまうことも多々あります。
そこで今回は赤ちゃんの足の裏が湿ってる原因を詳しく調べてみました。

つわり 鍼灸 効果
つわりに鍼灸が効果的!快適なマタニティーライフを送ろう!

妊娠中はつらいつわりに悩まされている方がたくさんいらっしゃいます。

緩和の方法はいろいろと紹介されていますが、その中でも高い効果が期待できる方法として鍼灸治療があります。

あまり馴染みのない鍼灸について色々と調べてみました。つわりを乗り切るためにもぜひ参考にしてください!

1%e6%ad%b3%e5%8d%8a-%e4%b8%8b%e7%97%a2-%e9%a3%9f%e4%ba%8b
1歳半の子供が下痢の時に気をつけたい食事のポイント

子供に下痢の症状が現れると、栄養や健康状態を計るためにも食事の管理が重要になります。
子供が元気であっても下痢症状が続くということは、体に何らかの原因が関係しているということです。
今回は1歳半以降の子供に注目し、食事を与える時にどのような事に気を付けるべきか、ポイントや注意点をまとめてみました。

子育て 仕事 辞める
子育ての為に仕事を辞めるべき?育児と仕事の両立への不安

出産や子育てを理由に仕事を辞める選択をする女性はとても多く、女性の社会進出が進んだ今でもそれは変わりません。

やはり仕事を辞めていく女性の中には、仕事と育児の両立に不安を抱く方が多いようです。

しかし子育ての為に仕事を辞めるべきなのでしょうか?様々な角度から育児と働くママについて調べてみました。

赤ちゃん お菓子 食べない
赤ちゃんがお菓子しか食べないで離乳食を食べてくれません。

あなたの赤ちゃんはお菓子大好きですか? それともお菓子はまったく食べないですか?
離乳食は食べてくれますか?お母さんの悩みは尽きません(/_;)
赤ちゃんにどんなおやつを、いつ、どれほどあげたらいいか考えましょう!

1歳半 食事 外食
1歳半と食事に行こう!外食で気をつけるべきこととは!

子供が1歳半ともなると離乳食も終わって外食もメニューによっては食べられるものが出てきます。お母さんも小さい子供連れは大変だけれど、息抜きに外食したいものです。1歳半の子供と食事を外でするには、どんな準備が必要なのでしょう。1歳半との外食で気をつけるべきことについて調べました。

%e5%88%87%e8%bf%ab%e6%97%a9%e7%94%a3-%e5%85%a5%e9%99%a2-%e6%ba%96%e5%82%99
切迫早産で突然の入院!先輩ママに聞く入院準備のポイント

妊娠中は状況によって切迫早産で入院しなくてはいけないケースがあります。
切迫早産の場合、ある日突然決定する場合が多く、準備に戸惑ってしまう方も多いようです。
そこで切迫早産の入院に必要なものを調べてみました。ぜひ参考にしてもしもの際に慌てず準備できるようにしておきましょう!

%e5%ad%90%e4%be%9b-%e6%ad%a9%e3%81%8d%e6%96%b9-%e5%a4%89
子供の歩き方が変になる原因と正しい歩行の矯正法

子供の歩き方が変だと感じたことはありませんか?
成長段階の子供は足やバランス感覚が未熟なために、歩き方にムラが出てしまうことがあります。
しかし中には気になる歩き方もいくつかあり、早めに矯正してあげる事が重要です。
もし子供の歩行に違和感を感じた時は、しっかり観察し適切な対処を心がけましょう!

スポンサーリンク

新生児から始まる予防接種…受ける・受けないの判断に時間なし!

昨年子どもが生まれ、はじめて乳幼児の予防接種にドタバタした経験を思い返すと、そもそも親が適正な情報を入手して判断する余裕がとれないという現状にも問題があるなぁ、と改めて思いました。
 
乳幼児の予防接種にどのようなものがあって、どういったスケジュールで受けていくべきか、我が家は生後1ヶ月検診のときに知りました。
最初の予防接種は生後2ヶ月目に受けたほうが良いと言われるので、考える間もなくとにかく予約。
それから一ヶ月の間に、慣れない育児に振り回される中で、受ける予防接種について調べたり、問診票を書いたり、任意接種のワクチンを受けるかどうか判断したり、とドタバタ。
この時に、ヒブっ何?副作用ってあるの?任意は皆どうしてるの?と落ち着いて調べる余裕はなかなかありません。
言われるままに予約を入れて予防接種を受けて…という人も多いんじゃないでしょうか。
というわけで、親がしっかりと理解して判断ができるように産前に情報提供してくれるしくみがあればより良いと思いました。
定期接種は判断する余地はないと思いますが、それでも何のために受けて、どんなリスクがあるかは親として知っておくべきだと思います。
引用元-乳幼児の予防接種、親が判断する余裕はあまりない – ちょろげ日記

新生児からの予防接種…絶対受けないといけないの?

予防接種は受けなければならない訳ではなく「接種に対して努力義務」があるだけなのです。
努力義務とは、予防接種を受けられるように努力をしなければならないということです。
予防接種法という法律がありますが「必ず受けなければいけない」と決まっているわけではないんですね。
「なんだ、受けなくても良いんじゃない」と考えるママさんは多いと思います。
確かに、不安要素などを見聞きしている中、副作用を心配してまで予防接種をしなければならないのか疑問を抱いていたママさんなら尚更、予防接種を行わない方が良いと考えるでしょう。
しかし、予防接種を受けられるように努力する義務が法律で定められているのには理由があるのです。

予防接種の由来

予防接種を受けることが昔は「義務」つまり必ず受けなければならないものだったのです。
「予防接種を受けることで、死や後遺症の危険性のある感染症の大流行を防げる」という理由です。
昭和初期に、感染症死亡者・罹患者が増え、感染症の流行を防ぐために予防接種が義務化されたのです。
摂取しない人には罰則も課されました。

現在の考え方

現在では医療の発展や生活水準の向上により衛生状況が良くなり、法律で義務化する必要もなくなりました。
その反面、医療基準が高まったおかげで、様々な感染症が予防ができるようになり、予防接種の種類は増えています。
今の日本では予防接種は軽視されがちですが「流行予防」という観点で大きな意味を持つのです。
引用元-予防接種に効果・義務はある?子供が接種を受ける推奨期間とは|syufeel

新生児からの予防接種!受けないなんて有り得ない!?

予防接種ワクチンの副反応に対して不安はありますが、やはり予防接種を受けなかったことでかかる病気とのリスクを比べた結果としてワクチン接種が推奨されていると考えているので、定期接種になっているワクチンはすべて接種しています。
周りもみんな受けているようで、受けなかったという声を聞いたことがないことも理由の1つです。
任意接種では上の子供のときに受けなかったのでB型肝炎ワクチンだけ接種していませんが、周りがみんな受けていたので今では接種すれば良かったと後悔しています
引用元-予防接種の定期は受けるが任意は受けない?保育園は必須条件 | 36歳で妊娠!気になる高齢出産とは?初産から子育て体験記

予防接種は定期も任意含め受けられるものは全て受けています。
予防接種で重症になるのを防げるのであれば防いであげたいし、子供が病気になれば看病する親も必ず移ります。
実家が遠いため、親子で共倒れしても助けてもらえる環境にないために、予め予防できることはしておこうと思っています。
予防接種を受けても罹ったり、重症化することもあるかもしれませんが、受けられるものを受けずに「あの時、受けさせればよかった」と後悔するようなことはしたくないと思っています。
引用元-予防接種の定期は受けるが任意は受けない?保育園は必須条件 | 36歳で妊娠!気になる高齢出産とは?初産から子育て体験記

予防接種は受けています。定期接種の注射だけでもするのは親の義務だと思います。
定期接種は接種時期に達しているものは全て受けました。
任意では、現在は定期接種になったB型肝炎を受けました。
水疱瘡は当時任意でしたが、途中から定期に変更になったので受けました。
引用元-予防接種の定期は受けるが任意は受けない?保育園は必須条件 | 36歳で妊娠!気になる高齢出産とは?初産から子育て体験記

新生児からの予防接種を受けないのはキケンだから!?

予防接種後の副作用として多いのはワクチンによって異なりますが、多いのは接種部位の腫れや赤くなったり、しこりができます。
不活化ワクチンの方が腫れやすくなります。
全身症状としては、発熱、不機嫌、眠くなるなどの副作用が見られます。

■接種部位の腫れ
Hib   肺炎球菌   初回DPT  2回目以降DPT  
44%     70~80%    5%       30~40%
■接種部位のしこり
Hib   肺炎球菌   初回DPT  2回目以降DPT  
18%  60~70%    20%      30~40%
■発熱          
Hib   肺炎球菌   初回DPT  2回目以降DPT  
2.5%  20%前後    1%      4%

Hibワクチンや肺炎球菌ワクチンの日本での治験の段階では重篤な副作用で接種を中止した例は見られませんでした。
また、頻度が不明ですが、アナフィラキシーというアレルギー反応が過剰に起こって、蕁麻疹、喘息、呼吸困難などの症状は命に関わることもあり、要注意な反応です。
アメリカでは肺炎球菌ワクチン接種後に117名の死亡がありましたが、90%はワクチンとの因果関係はなく、10%は不明で、現在もワクチンは継続されるために、肺炎球菌による侵襲性肺炎球菌感染症の発症は低いままです。
引用元-予防接種は危険? 受けるリスク vs 受けないリスク [予防接種・ワクチン] All About

新生児からの予防接種!受けないのはマナー違反!?

定期接種が定められているのは、何もご自分のお子様が病気に感染しないためだけではありません。
第1種予防接種は感染症の蔓延を防ぐため、第2種予防接種が感染時の重症化を防ぐものです。
万が一罹患し重症化するリスクよりも、予防接種が危険だと判断なされるのは個人の自由かもしれません。
しかし、受けても受けなくても感染を防ぐことができる訳ではないとのことですが、「感染しない場合」をあなたが選択出来るのは、周りの保護者がきちんと定められた予防接種を受け、感染症の蔓延を防いでいるからです。
もし、全ての保護者、全国の保護者があなたのような考えで予防接種を受けなくなったら、一体どのようになってしまうか、考えられませんか?
周りから白い目で見られるのは当然のことです。
集団生活を行う場合の最低限のエチケットを無視し、ご自分のお子様のリスクばかりを考え、周りにどのような影響を及ぼすのか、全く勉強なさってないのですから。
引用元-2ページ目の 予防接種受けない方 – 現在9ヶ月の子どもがい…[カラダノートひろば]

 - 出産・子育て