カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

赤ちゃんの足の裏が湿ってる…気になる足汗の原因と注意点

      2017/02/15

赤ちゃん 足の裏 湿ってる

赤ちゃんの足の裏を触って「湿ってる…」と感じたことはありませんか?
多くの赤ちゃんは足の裏によく汗をかき、湿っていることがよくあります。
しかしママにすると、暑いのかなぁ…と心配になってしまうことも多々あります。
そこで今回は赤ちゃんの足の裏が湿ってる原因を詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

4ヶ月 体重 小さい
4ヶ月の赤ちゃんの体重の目安~うちの子が小さい原因は何?

赤ちゃんの成長はパパやママにとって一番気になるところです。
成長の目安や他の赤ちゃんと比べて、うちに子は小さいかも…と気になってしまうものです。
そこで今回は生後4ヶ月頃の赤ちゃんの体重に注目して、なかなか体重が増えない原因を調べてみました。

c58ad3e0f798f2e90900e0f19e7fb9aa_m
赤ちゃんの目が充血していたらどうする?原因は何?

大切な赤ちゃんの目が充血していたらお母さんは慌ててしまいます。
赤ちゃんの目の血管は細く、充血しやすいとは言うものの、病気が隠れていたらどうしようと心配になってしまいます。
赤ちゃんの目の充血には、どんな原因が考えられるのでしょう。原因について調べました。

%e5%ad%90%e4%be%9b-%e6%ad%a9%e3%81%8d%e6%96%b9-%e5%a4%89
子供の歩き方が変になる原因と正しい歩行の矯正法

子供の歩き方が変だと感じたことはありませんか?
成長段階の子供は足やバランス感覚が未熟なために、歩き方にムラが出てしまうことがあります。
しかし中には気になる歩き方もいくつかあり、早めに矯正してあげる事が重要です。
もし子供の歩行に違和感を感じた時は、しっかり観察し適切な対処を心がけましょう!

40度 手足 冷たい
子供が40度を超える高熱で手足が冷たい原因と対処法

子供はよく発熱することがあります。
そして40度という高熱が出ていても、手足だけが冷たいという症状も多々見られるようです。
子供が高熱で手足だけ冷たい場合、どう対処するべきなのでしょうか?
そこで気になる子供の高熱について詳しく調べてみました。

二人目妊娠 上の子 抱っこ
二人目妊娠中の上の子の抱っこ問題を乗り越えるポイント!

二人目妊娠中に上の子を抱っこしてもいいのか、迷っているママは多いようです。
ママの妊娠で上の子は精神的にも抱っこを求めてくることが多くなるようです。
そこで上の子の抱っこ問題についてまとめてみました。上の子とママが楽しくスキンシップできるように考えてみましょう!

%e5%88%87%e8%bf%ab%e6%97%a9%e7%94%a3-%e5%85%a5%e9%99%a2-%e6%ba%96%e5%82%99
切迫早産で突然の入院!先輩ママに聞く入院準備のポイント

妊娠中は状況によって切迫早産で入院しなくてはいけないケースがあります。
切迫早産の場合、ある日突然決定する場合が多く、準備に戸惑ってしまう方も多いようです。
そこで切迫早産の入院に必要なものを調べてみました。ぜひ参考にしてもしもの際に慌てず準備できるようにしておきましょう!

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-3%e5%9b%9e%e9%a3%9f-%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99
離乳食を3回食に進めるタイミング~赤ちゃんの成長と見極め

離乳食後期になると、そろそろ3回食かな?と考え始める頃です。
しかし赤ちゃんそれぞれに食べる量やタイミングもあり、パパママがしっかり気極めをしながら進めることが重要すで。
そこで離乳食を3回食に進める時のタイミングやポイントをまとめてみました。
ぜひ参考にして、赤ちゃんに合わせてゆっくりと進めていきましょう!

1歳半 食事 外食
1歳半と食事に行こう!外食で気をつけるべきこととは!

子供が1歳半ともなると離乳食も終わって外食もメニューによっては食べられるものが出てきます。お母さんも小さい子供連れは大変だけれど、息抜きに外食したいものです。1歳半の子供と食事を外でするには、どんな準備が必要なのでしょう。1歳半との外食で気をつけるべきことについて調べました。

二人目 上の子 ストレス
二人目育児って大変!上の子とのストレスの上手な対処法!

二人目ができると、今までの生活に変化が生まれ、出産後の体の変化や2人育児にママは大変!

小さな事でも上の子にイライラしてしまいストレスを感じている方も多いことでしょう。

しかしストレスをためているのはママだけではありません。上の子の心のケアも重要な時期です。ママ・子供とともに楽しい毎日を過ごせる対策を考えてみましょう。

つわり 鍼灸 効果
つわりに鍼灸が効果的!快適なマタニティーライフを送ろう!

妊娠中はつらいつわりに悩まされている方がたくさんいらっしゃいます。

緩和の方法はいろいろと紹介されていますが、その中でも高い効果が期待できる方法として鍼灸治療があります。

あまり馴染みのない鍼灸について色々と調べてみました。つわりを乗り切るためにもぜひ参考にしてください!

2715167ad107982190de65bc144102f5_m
産後に体重の減りすぎが心配です。どうすれば?

産後にどんどん体重が減っていく…。嬉しいを通り越して減りすぎが心配になりますね。
大丈夫なのでしょうか(/_;)体重が減りすぎる原因は何?病気?不安になる事もあります。
原因と対策と他の病気の可能性についても考えましょう!  

出産 入院 化粧
出産入院中の化粧事情!スッピンで乗り切るためのポイント

出産入院中は基本的に化粧はしません。産院によっては化粧自体を禁止しているところもあるようです。

しかし出産後はお見舞い客も多く、写真に残る場面も多いことでしょう。出産後はスッピンで乗り切れるのか?

皆さんの体験談なども参考にしてみましょう!

エコー 性別 見方
エコーを使った胎児の性別の見方とは?

子供の成長をみたり、出産時期を割り出すためにもエコーの検査は、妊婦にとって楽しみなものですね。妊娠中期入るころ、多くの親が気になるのは胎児の性別ではないでしょうか。エコー検査で胎児の性別はどのように分かるのでしょうか。エコーを使った胎児の性別の見方について調べました。

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-6%e3%83%b6%e6%9c%88-%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88
気になるアレルギー…離乳食は6ヶ月頃スタートがオススメ!

今までは離乳食スタートは5ヶ月頃が良いとされていましたが、最近は6ヶ月頃からスタートさせるママが増えているようです。
その理由の一つに赤ちゃんのアレルギーの問題があり、世界的に見ても6ヶ月頃が推奨されているようです。
赤ちゃんの離乳食スタートをどのように行うべきか、詳しくまとめてみました。
ぜひ参考にして、ママと赤ちゃんのタイミングで始めてみましょう!

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e8%b6%b3%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズの正しい測り方や靴の選び方

赤ちゃんがあんよを始めたら、シューズデビューはすぐ目の前!
お外での大切な一歩は、赤ちゃんの足のサイズに合ったものを選びたいですよね。
今回は、足のサイズの測り方や、靴の選び方などについて調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの足の裏が湿っている理由は…

赤ちゃんの足の裏をさわってべっちゃべちゃで驚いたことありませんか?
わたしの子どもの場合は、夏、クーラーをかけていて大人は快適だと思ってる部屋の温度なのに足裏と手のひらだけ汗をかいているんです。
えっ?暑いのかな??と思って頭や背中をさわっても汗をかいてるわけでもなくさらっとしていて何で~?!ってなりました。
調べてみたのでお話しますね。
人って汗をかくことで体を冷やすことができますよね。
でも新生児は体温調節機能が未発達、つまり汗を出す分泌機能ができあがってないから体温調節が難しいんです。
これはみなさんほとんどの人が知ってると思います。
そしてだいたい生後3ヶ月を過ぎると汗を出して体温をさげたり、血管を収縮させて体の熱を外に出さないようにして自分で体温を一定に保てるようになるんです。
汗腺は全身に大人と同じ数だけあるのですが均等にあるんではなくて特に手足には集中していて服や毛のない足の裏や手のひらで汗を出して体温調節してるんですって。
じゃあ暑いかもしれないってこと?って思いませんか?
そうなんです。
汗をかいてるってことは暑いからなんです。
でも赤ちゃんってずっと動いてないですか?
代謝がいいのでその分よく汗をかくんです。
だから元気にいつも通りであれば足裏に汗をかいていても特に心配することはないんです。
引用元-赤ちゃんが足の裏に汗をかくのはなぜ?寒いと判断するには? | ビューティフル×デイズ

足の裏が湿っている場合は赤ちゃんにとって適温!?

①足の裏を触る

足の裏がぽかぽか→暑い!
一枚服を脱がせたり、空調・寝具を調整してあげましょう。
あるいは眠りに入ろうとしていて、一時的に体温を下げるために手足から熱を発散させている可能性もあります。

冷たいけど湿っている→適温!
そのまま見守っていて大丈夫です。

冷たくてカサカサ→寒い!
一枚服を増やしたり、空調・寝具を調整してあげましょう。
赤ちゃんは足の裏、あるいは手のひらをセンサーにして体温を調節しています。
暑いときは手や足の表面の血管を広げて血流を増やし、外気で血液を冷やします(同時に発汗もします)し、
寒いときは逆に血管を収縮させて血液が冷えないようにします。

ですので、赤ちゃんの足の裏、あるいは手のひらを触って温かいか冷たいかで、簡単に体温を判断することができるのです。

②背中を触る

背中がじっとりと汗ばんでいる→暑い!
背中がひんやり冷たい→寒い!
また、低月齢のうちは「バンザイ!」してねんねしているので、手が異常に冷たいことがありますが、背中やお腹があたたかければ心配ありません。

暑い時期には、赤ちゃんの背中にいれる「汗取りパッド」が活躍します。
遊んでいるときに手軽にお着替えした状態にしてあげられるのはもちろん、寝ているときに寝汗を掻いてしまっても、赤ちゃんを起こさずに清潔な服にしてあげられるのでおすすめです。
赤ちゃんの肌は敏感であせもになりやすいので、できるだけ頻繁に清潔な服にしてあげたいですね。
引用元-【夏の暑さ対策】赤ちゃんが心地よい室温か見分ける3つのポイント | 初ママの楽しむ育児

赤ちゃんの足の裏が湿ってる…気になる臭いと水虫

足の裏が臭い!そんなときは?

足の裏の臭いと一緒に、ベトついているようなことはないでしょうか?
それは、汗によって濡れたためにベトついている可能性があります。
汗で足の裏がべとつくと、雑菌も繁殖しやすくなります。
それで足の裏が臭うこともあるんですね。
そのようなときは、まず足の裏をやさしく拭いてあげましょう。
そして、ベビーパウダーをつけて、足の裏をサラサラにしてあげましょう。
それとあわせて、全身に汗をかいているようであれば、服を調整して涼しくしてあげましょう。

あせもや水虫になることは?

あせもがある場合、やはり厚着しすぎていて蒸れている可能性があります。
足の裏を触って暑いようであれば、涼しくしてあげてくださいね。
水虫は真菌と呼ばれる菌によって発症します。
この真菌は体に常在しているのですが、高温多湿になると繁殖しすぎてしまい、その結果、水虫になります。
真菌は洗い流せばすぐ落ちるので、心配であれば足の裏を洗ってあげてください。

また、水虫に似た症状で、蒸れによる汗疱(かんぽう)性湿疹が発症していることもあります。
その場合にも蒸れないようにしてあげてくださいね。
赤ちゃんは大人と違って、体温が高めです。
だからこそ、衣服の調節はとてもデリケート!

こまめにチェックして、わからないこと不安があれば、病院で確認してもらいましょう!
引用元-赤ちゃんの足の裏の汗は当たり前?冷たいのか暑いのか? | 今日からはじめる、美容と健康のマメマメ通信

赤ちゃんの足の裏が湿っている時の対処法

足汗のケア

赤ちゃんの足汗が気になる時は、ガーゼを濡らして優しく拭いてあげましょう。
赤ちゃん用のおしりふきはアルコール成分が入っていないので、それで拭くのもいいですよ。
日頃の入浴では、足は横方向か、「の」の字でくるくる洗いましょう。
しわの間などもしっかり洗ってくださいね。
足の指の間は、ほこりなどがたまりやすいので綺麗に洗いましょう。

しかし赤ちゃんの足の指は洗いにくい!!
そんな時は足の裏をぎゅっと押すとバビンスキー反射で足の指が開きます。
試してみてくださいね。入浴後は、水気をしっかりとってベビーパウダーをつけるとサラサラしていいですよ。
足の指の間を拭くときは麺棒で優しく拭いてあげましょう。
細かい足の間もやりやすいと思います。
また、靴下も通気性の良いものを選ぶようにしましょう。
引用元-安心してください!赤ちゃんの足汗対処法教えます

お風呂にはいったら足の指の間などを丁寧に洗ってあげてください。
お風呂からあがったら水気をしっかり拭き取ってあげてベビーパウダーをつけてさらっとした状態にしてあげましょう。
またお風呂だけでなくおしめを替える時、ミルクを飲ます時に足をウエットティッシュ(あかちゃんのおしりふきなど)で小まめに、足の裏や指の間などを拭いてあげてください。
ただしすっきりするからとアルコール分の入ったウエットティッシュの使用はやめてくださいね。
赤ちゃんにはアルコールの刺激が強すぎます。肌の弱いうちはアルコール分のないものを利用してください。
引用元-赤ちゃんの足の裏が汗で臭い!原因は遺伝?対策方法はある? | あれこれ31ブログ

赤ちゃんの足の裏が湿っている時の注意点

赤ちゃんが足の裏汗をかいているときの行動における注意点です。
 
歩く時には足の裏汗を綺麗に拭いてから歩かせるようにして、床にいる雑菌が侵入しないように靴下を履かせるようにしましょう。
これは冬であっても同じです。
夏であって靴下をはかせるのが躊躇われる時などでは、マメに足を洗ってあげるようにしましょう。
 
また足の指を舐める行動や爪を噛む行動などには注意しておくことも大切です。
 
絶対に舐めさせることや噛むことはさせないようにして、しつこく行おうとするときはおもちゃやぬいぐるみなどで誤魔化すのが良いようです。
 
この時、おもちゃやぬいぐるみの殺菌も心がけておくようにしましょう。
あらかじめ、足の汗による雑菌がついている可能性もありますので。
 
しかしながら、赤ちゃんの足の裏汗が異常に多いときは、医師に診てもらうのを忘れずに。
引用元-赤ちゃんの足の裏汗で注意したいこと

 - 出産・子育て