カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

一歳頃の子供の言葉の理解の目安と発達を高める親の接し方

      2017/02/14

一歳 言葉 理解

一歳頃の子供はたくさんの言葉を理解するようになります。
まだ言葉を発することができなくても、パパやママの話していることや物の名前などを理解しています。
子供の言葉の発達を促す為にはパパやママとのコミュニケーションが重要です。
ぜひ参考にして、言葉の理解を高めるサポートをしましょう!

スポンサーリンク

関連記事

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-6%e3%83%b6%e6%9c%88-%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88
気になるアレルギー…離乳食は6ヶ月頃スタートがオススメ!

今までは離乳食スタートは5ヶ月頃が良いとされていましたが、最近は6ヶ月頃からスタートさせるママが増えているようです。
その理由の一つに赤ちゃんのアレルギーの問題があり、世界的に見ても6ヶ月頃が推奨されているようです。
赤ちゃんの離乳食スタートをどのように行うべきか、詳しくまとめてみました。
ぜひ参考にして、ママと赤ちゃんのタイミングで始めてみましょう!

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%82%a9-%e8%84%b1%e8%87%bc
赤ちゃんがむずかる…肩の動きがおかしい!もしかして脱臼?

元気に遊ぶようになった赤ちゃんの相手をするのは楽しいですよね。
とはいえ、ちょっと方法を間違ってしまうと、 肩を脱臼する危険があるので注意が必要です。
例えば、赤ちゃんが「抱っこ」と手を伸ばしてきた時に、手だけを引っ張って抱っこをする事はありませんか?この動作はちょっと危険なのです。
また、他にも身近な動作で肩を脱臼する危険があるのだとか。
そこで、どんな時に赤ちゃんが肩を脱臼しやすいのか、どんな症状が出るのか等を調べてまとめました。
思い当たるママやパパはこの記事をぜひ読んでくださいね。

%e6%ad%af%e7%a7%91-%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b1%e3%82%99%e3%83%b3-%e5%ad%90%e4%be%9b
歯科でレントゲンを何度も撮るけど、子供の身体に影響は?

虫歯や歯列矯正目的で歯科に行くと、レントゲンを撮られる事が少なくありません。
被ばくの値が…という話を聞いてしまうと、何度も撮影するのは子供の身体に影響があるのではないかと心配になりますよね。
今回は、歯科で受けるレントゲン撮影がどのくらいの値なのか、どんな場合に子供にレントゲン撮影が必要なのかを調べてみました。
診察や治療には欠かせない場合が多いので、基本的にかかりつけの歯科の治療方針に従いながら、不安な場合は先生に相談なさってくださいね。

%e7%99%ba%e9%81%94%e9%9a%9c%e5%ae%b3-%e7%89%b9%e5%be%b4-8%e6%ad%b3
発達障害の特徴~8歳頃に見られる子供の気になる行動

小さい頃には診断を下すのが難しいと言われる発達障害。
小学校生活に子供が慣れる8歳頃には、発達障害の子供には気になる特徴が目立ちやすくなることも多いようです。
子供にその兆候が見られた時、親としてどうするべきか、家族にとって一番いい方法を考えてみましょう。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab-%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-7%e3%83%b6%e6%9c%88
オートミールは離乳食に最適!生後7ヶ月頃にオススメレシピ

最近ダイエットや美容食として人気の高いオートミールですが、実は赤ちゃんの離乳食にもオススメなんです。
特に生後7ヶ月頃のメニューに取り入れることがオススメです!
今回はそんな栄養満点のオートミールについて詳しく調べてみました。
ぜひ参考にして、赤ちゃんの献立の参考にしてみてください。

c58ad3e0f798f2e90900e0f19e7fb9aa_m
赤ちゃんの目が充血していたらどうする?原因は何?

大切な赤ちゃんの目が充血していたらお母さんは慌ててしまいます。
赤ちゃんの目の血管は細く、充血しやすいとは言うものの、病気が隠れていたらどうしようと心配になってしまいます。
赤ちゃんの目の充血には、どんな原因が考えられるのでしょう。原因について調べました。

%e7%b5%8c%e7%94%a3%e5%a9%a6%e3%80%80%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%80%80%e4%bd%93%e9%87%8d
経産婦は産後の体重が減らない?!ダイエットのコツとは

出産後、体重を出産前の体重に戻そうとダイエットするママさんは多いと思います。
初産の時にはすぐに産前の体重に戻ったけれど、2人目、3人目の経産婦になると全然戻らない…。そんな経験はありませんか?
今回は、経産婦の産後のダイエットについて調べてみました。

子育て 仕事 辞める
子育ての為に仕事を辞めるべき?育児と仕事の両立への不安

出産や子育てを理由に仕事を辞める選択をする女性はとても多く、女性の社会進出が進んだ今でもそれは変わりません。

やはり仕事を辞めていく女性の中には、仕事と育児の両立に不安を抱く方が多いようです。

しかし子育ての為に仕事を辞めるべきなのでしょうか?様々な角度から育児と働くママについて調べてみました。

赤ちゃん 足の裏 湿ってる
赤ちゃんの足の裏が湿ってる…気になる足汗の原因と注意点

赤ちゃんの足の裏を触って「湿ってる…」と感じたことはありませんか?
多くの赤ちゃんは足の裏によく汗をかき、湿っていることがよくあります。
しかしママにすると、暑いのかなぁ…と心配になってしまうことも多々あります。
そこで今回は赤ちゃんの足の裏が湿ってる原因を詳しく調べてみました。

1%e6%ad%b3%e5%8d%8a-%e4%b8%8b%e7%97%a2-%e9%a3%9f%e4%ba%8b
1歳半の子供が下痢の時に気をつけたい食事のポイント

子供に下痢の症状が現れると、栄養や健康状態を計るためにも食事の管理が重要になります。
子供が元気であっても下痢症状が続くということは、体に何らかの原因が関係しているということです。
今回は1歳半以降の子供に注目し、食事を与える時にどのような事に気を付けるべきか、ポイントや注意点をまとめてみました。

出産 痛み 失神
出産時の痛みは鼻からスイカ並み?失神するって本当?

今お腹にいるわが子に早く会いたい!楽しみな反面、恐ろしいのがちらほらと聞こえる出産時の痛みの話。

鼻からスイカを捻り出すくらいの痛み、痛すぎて失神してしまい生まれる瞬間を記憶できなかったなど、想像を遥かに超えた痛み。

痛みのメカニズムから、出産時の失神体験談など痛みを軽くする方法を紹介していきます!

つわり 鍼灸 効果
つわりに鍼灸が効果的!快適なマタニティーライフを送ろう!

妊娠中はつらいつわりに悩まされている方がたくさんいらっしゃいます。

緩和の方法はいろいろと紹介されていますが、その中でも高い効果が期待できる方法として鍼灸治療があります。

あまり馴染みのない鍼灸について色々と調べてみました。つわりを乗り切るためにもぜひ参考にしてください!

子供 腹筋 方法
子供の腹筋は鍛えるべき? 他の良い方法が何かありますか?

ウチの子供は腹筋が1回もできません(^^;
腹筋を鍛えたほうがいいのでしょうか?それとも他の方法が何かありますか?
「子供に筋トレをさせると筋肉が硬くなって背が伸びなくなる」というのは本当ですか?様々なご意見を参考にして、お父さんもお母さんも子供と一緒に遊びながらでも運動を生活に取り入れていきましょう!

二人目妊娠 上の子 抱っこ
二人目妊娠中の上の子の抱っこ問題を乗り越えるポイント!

二人目妊娠中に上の子を抱っこしてもいいのか、迷っているママは多いようです。
ママの妊娠で上の子は精神的にも抱っこを求めてくることが多くなるようです。
そこで上の子の抱っこ問題についてまとめてみました。上の子とママが楽しくスキンシップできるように考えてみましょう!

1歳半 食事 外食
1歳半と食事に行こう!外食で気をつけるべきこととは!

子供が1歳半ともなると離乳食も終わって外食もメニューによっては食べられるものが出てきます。お母さんも小さい子供連れは大変だけれど、息抜きに外食したいものです。1歳半の子供と食事を外でするには、どんな準備が必要なのでしょう。1歳半との外食で気をつけるべきことについて調べました。

スポンサーリンク

一歳頃の子供が言葉を理解するメカニズム

子供が言葉を覚えるメカニズム

声に反応する時期から、声を出すことを覚え、世の中のさまざまなものの名前を口に出していきます。
大人になった今となっては、自分がどうやってはじめて言葉を覚えらのかは、覚えていないですよね。

言葉が出てくる仕組みは、コップなどに水がたまり、溢れ出す様子に例えられることがあります。
外から(親や友達など)言葉をかけられることや、その子自身の経験による刺激を受けて、子供の中には声にでていなくても、理解している言葉が実はたくさんあるのです。そんなたくさんの言葉たちが内側からあふれたとき、話言葉として出てくるともいわれています。
1歳〜2歳の時期は言葉がなかなか出てこない、単語があまり増えない、など不安を感じることも多いかもしれませんが、その子自身のコップの大きさや水のたまる速度はそれぞれ、個性があるのです。

なんとなく、会話らしきものが楽しめる?
また、1歳をこえた頃から子供は伝えたいという気持ちが育ちはじめます。
そして、自分の知っているものを指さしするようになり、初めて言葉が出てきます。
興味があるものをどんどん覚え、記憶が発達している時期でもあります。
視線を合わせる、指差しと単語で意思を伝えるなど、親をはじめ周囲の人とコミュニケーションをとる楽しさを知り始めています。
引用元-1歳半で言葉が遅いかどうかの判断方法は?改善方法も紹介! | Hapila [ハピラ]

一歳頃の子供の言葉の理解と発達目安

1歳0ヶ月~1歳2・3ヶ月

他人の言葉を真似する。
覚えた言葉を使い始める。
片言しゃべりが始まる。

1歳3ヶ月~1歳6ヶ月

15~20個の単語を覚える。
10語以上、話せるのが目安。
言葉と物の関係を理解する。
簡単な質問を理解して、それに応じる(言葉や動作)事ができる。
名詞、動詞、形容詞を使って、二語文を話す。
単純な動作と言葉話しながらやって見せ、褒められると得意顔で何回もやって見せるのが特徴。
名前を呼ばれて、「はーい」と判事をしながら手を挙げる子もいる。

1歳6ヶ月~2歳

感情が豊かになり、気持ちを表現するようになり、1歳6ヶ月過ぎ頃では、言葉は30前後まで増加。
質問を繰り返し知識の獲得をして、親の質問に答えられようになる。
2歳頃には、300語くらいまで増加。
二語文が話せて、会話の範囲が広がり充実してきます。
同時に、語尾の上げ下げによる質問文、命令調や未来形・過去形の使い分けも徐々にできるようになってくる。
引用元-爆発的に増える1歳児の言葉!知っておきたい事や病気とは?? | 子ある日和

1歳半検診でチェックされる言葉の理解

1歳半の検診でチェックされるポイント

1歳2ヶ月というと次の検診の目安が1歳半ですよね!あと、4ヶ月くらいでどの程度、言葉が理解してればいいのか?気になったので調べてみました!!
いろいろなサイトを見て回りましたが、主に以下の項目が出来ることが一つの目安のようですね。
 
名前を呼んで反応するか?
大人の動作をマネするか?
指さしをして要求する
不安になった時、親の顔を確認する
物を渡す

 
ただ、個人差があるようですし、数ヶ月遅れている程度でしたら、大丈夫のようです。
また、基本にママの言葉が少なくても理解していることが大切と書いてありました!
ちなみに私の娘は上記の項目、全て出来ていたので、ひとまずホッとしてます。
特に1歳2ヶ月過ぎあたりから、大人のマネと指さし要求は凄いですね(笑)
髪をブラシでとかすマネをしたり、「ん~」と言ってアッチに行きたいとような素振りをしたりします。
また、1歳くらいの時は、他の子供を見ると泣いていましたが、1歳2ヶ月になったぐらいから、他の子供を見ると逆に興味を示して、追いかけたりしています。
2ヶ月経つだけで、だいぶ変化しますので、もし成長が遅れているのかな?と思っても、あせらないようにしたいところですね。
引用元-1歳2ヶ月の子供!言葉の理解は個人差がある? | トレンド総合ニュース

一歳頃の言葉の理解は指差しで確認!

意志を伝える手段としての指差しが出ているか

1才前後から子どもは明確な「意志」を持ち始めます。
0歳児の頃は単にかまってもらえずに泣いていたのが、この頃になると「つまらないからお外に出たい」「お腹が減ったからバナナがほしい」など、要求が具体的になってきます。

さらに自分の意志を「人に伝えたい欲求」が育ち、その手段として「指差し」をするようになります。
「指差し」の出現はだいたい1才前半です。

たとえば、「つまらないからお外に出たい」ときは玄関の方向を指差したり、「お腹が減ったからバナナがほしい」ときはキッチンカウンターにあるバナナを指差したりします。
このように意志を伝えるための指差しが見られない場合は、ふたつの発達上のつまずきを検討する必要があります。

ひとつは「心理的な発達がゆるやかな可能性」です。
まだこのような「意志」が充分に発達していない段階にいるのかもしれません。

もうひとつは「コミュニケーション能力や社会性における育ちにくさがある可能性」です。

通常1才頃より「自分の気持ちを人に伝えたいという自然な欲求」が育ち、そのためには「指差し」や「言葉」という手段があることを自然に学習します。
コミュニケーション能力や社会性になにかしらの育ちにくさがある場合、この自然な学習がなかなか進まないことがあるのです。
引用元-1才半健診で「言葉が遅い」はどう判断するの | 1才台の発達 | 子育ての味方!

一歳頃の言葉の理解を高める為の親の接し方

赤ちゃんが言葉を話す前から話しかける

赤ちゃんは、言葉を話す前から大人の言葉を理解するようになります。
「新生児だから言ってもわからない」「まだク―イングしかしなから、話しかけても意味がない」などと、話す前の赤ちゃんへ話しかけをしないのは赤ちゃんの言葉の発達を考えるとあまりよいことではありません。
赤ちゃんと接する時は、出来るだけ自然に適切な言葉がけをしてあげるとよいでしょう。
引用元-赤ちゃんが言葉を理解するのはいつから?発達を促す関わり – マーミー

2語か3語で話しかる

赤ちゃんに話しかける時は、「短すぎず、長すぎず」がポイントです!
単語だけでは、赤ちゃんの理解が進みませんし、長すぎる文章だと赤ちゃんには難しすぎて理解することができません。
簡単な言葉で2~3語の文章が望ましいでしょう。

例えば、「あそこに、きれいなお花がさいているね」では少し長くなってしまうので、「お花 きれいだね」などと花を指さして、語りかけてあげるのがよいでしょう。
引用元-赤ちゃんが言葉を理解するのはいつから?発達を促す関わり – マーミー

「あれ」「それ」「これ」を使わない

赤ちゃんに話かける時に、「あれ」「それ」「これ」という指示語を、あまり使わない方が良いでしょう。
指示語よりも具体的な単語を用いて話しかけてあげると、赤ちゃんにも伝わりやすくなります。
赤ちゃんには色々な単語を聞かせてあげることが大切です。
色々な単語を聞くことにより、語彙力がアップし、言葉の理解を深め、話す練習をするようになっていきます。
引用元-赤ちゃんが言葉を理解するのはいつから?発達を促す関わり – マーミー

 - 出産・子育て