カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

突発性発疹で受診が必要なケースと注意が必要な症状・合併症

   

突発性発疹 受診 必要

突発性発疹といえば、ほとんどの赤ちゃんが発症する病気の一つです。
高熱後に現れた発疹によって、はじめて突発性湿疹だったとわかることも少なくありません。
そのため病院受診を迷う声も多く聞かれます。
そこで突発性湿疹での受診の必要性や注意しておくべき点などをまとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事

顔 イボ 治療
顔にできたイボの治療法とは?

顔にできたイボは、体の他の部分にできたものよりも気になりますし、早く治してしまいたいですよね。特に顔にできているので、治療で跡が残ってしまわないかも気になるところです、今はどんな治療法があるのでしょう。顔にできるイボと、その治療法について調べました。

生理痛 吐き気 冷や汗
つらい生理痛!吐き気や冷や汗を伴う時の対処法

毎月吐き気や冷や汗を伴う重たい生理痛に悩まされている方も多いことでしょう。

そこで、重たい生理痛についてまとめてみました。日々の生活自体も困難に感じてしまう生理痛の原因を理解し、対処法や改善法を実践してみましょう!

貧血 検査 病院
貧血の検査をする時、病院の何科へ行く?

貧血は、よく聞く言葉ですね。女性や妊娠中の人もよくかかるもので軽視しがちですが、病気が隠れている可能性も否定できませんから病院で検査をすると安心できますね。そんなとき、貧血の検査は何科へ行くべきなのでしょうか?貧血とは詳しく何なのか、そして病院では何科へ行くとよいのか、について調べました。

プール 塩素 かゆみ
プールの塩素が原因でかゆみが出ることはありませんか?

これからの季節はプールに入る機会もあるかと思いますが、塩素が原因で肌にかゆみを感じる方もいるのでないでしょうか?
そもそもなんでプールに塩素を入れるのでしょう。そしてプールに入ってかゆくなってしまったらどうすればいいのでしょうか?
かゆくなる原因やプールから上がった後にどのような対処法があるのか調べてみました。

wpid-2015_09_22_02_18_3.jpg
吐き気を伴う頭痛!病院の診断別・原因や症状・治療法

吐き気を伴う頭痛には、命にかかわる重篤な病気がたくさんあります。

症状が出たときは早めに病院を受診しましょう。

吐き気を伴う頭痛の症状が出たとき、病院での診断別に原因や症状・治療法などを詳しく調べてみました

胃 検査 年齢
胃の検査を受ける年齢は?健康維持のために適切な検診を!

会社に勤めている方は1年に1度の健康診断が義務付けられています。
しかし胃の検査に関しては、ある一定の年齢になってからの追加検査という形が定例となっています。
そこで病気を未然に防ぐために、実際には何歳から胃の検査を受けるべきなのか調べてみました。

歯茎 顎 痛み
歯茎が痛い、顎の痛みも…もしかして顎関節症?

急激に症状が現れる歯茎や顎の痛み。歯茎と思っていたら奥歯が痛みの原因だったり、
痛みの原因がどこだかはっきりしないことが多いのです。
ここでは、歯茎や顎の痛みを軽減させる方法や痛みの原因など紹介します。

耳 違和感 ポコポコ
耳に違和感…ポコポコと音がする原因と改善方法について

耳に違和感を感じ、耳の奥からポコポコと音がしたことはありませんか?
その耳の奥から音がする原因は様々あり、原因によっては耳の健康に大きく影響することもあるようです。
そこでその「ポコポコ」音が鳴ることから考えられる5つの原因についてまとめてみました。

お酒 下痢 嘔吐
お酒による下痢や嘔吐の対処法は?

お酒による体調の不調は、多くの大人が経験したことがありますね。飲んでいる時は楽しくてついつい飲みすぎてしまう、そして次の日にくる下痢や嘔吐、とても辛いですよね。そんな時はみなさんどんな対策をされているのでしょうか。お酒による下痢や嘔吐の対処法について調べました。

不妊治療 障害 確率
不妊治療で障害児の確率が上がる!?気になるリスクと原因

最近では高齢出産をする方も増え、不妊治療への意識も高まってきています。

しかし不妊治療で障害が現れる確率が上がるといったデータがあることをご存知ですか?

それはどういったことが原因なのか、またそのリスクを下げる方法はあるのかなど、詳しく調べてみました。

女性 恥骨 痛み
女性特有の恥骨の痛みの原因は?つらい症状スッキリ改善!

女性はいろんな要因から恥骨に痛みを感じることがあります。

恥骨の痛みをそのままにしておくと、様々な病気の原因になったり、歩行に支障をきたしたりすることも…

恥骨の痛みの原因を知り、対処しながらつらい症状を改善していきましょう!

鼻水 黄色 痰
鼻水と黄色い痰!症状から考えられる原因は何?

鼻水や黄色い痰の症状が続き、ただの風邪だと思っていても、実は違う病気の可能性もあります。

そこで鼻水や黄色い痰の症状から考えられる原因を調べてみました。

気になる症状がある方は、病院へ早めの受診を心がけましょう!

316f78b9a947d50d1a80373a6f1192e5_m
脳出血の麻痺のリハビリ!正しい知識で家族で取り組む重要性

命をも脅かす脳出血。一命を取りとめたのも束の間、体には麻痺が残ってしまうことも…

麻痺の改善にはリハビリが重要になります。日々の生活にリハビリを取り入れることで、かなりの改善が期待できるようです。

そこで家族が協力してリハビリに取り組めるように、麻痺やリハビリのポイントについてまとめてみました。

wpid-2015_10_29_03_19_3.jpg
姿勢が悪い!矯正が必要な子供たち

最近は姿勢が悪く、早い段階での矯正が必要な子供たちが増えてきています。

姿勢が悪いことで、一体どんな影響があるのでしょうか?

最近姿勢の悪い子供が増えている原因や改善方法など詳しくまとめてみました。

鼻 打撲 腫れ
鼻の打撲で腫れ…鼻骨折の可能性も!気になるその後の処置

鼻や頭部の打撲で腫れが生じた時、もしかすると鼻骨折の可能性もあります。
鼻や頭部の打撲は骨の異常以外にも様々な問題も考えられます。症状の悪化を防ぐためにも、早めの処置が重要です。
そこで鼻の打撲・腫れについて詳しくまとめてみました。もしもの時はぜひ参考にして、早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

受診は必要?突発性湿疹の原因は…

突発性発疹の原因・感染

突発性発疹の原因となるウイルスは「ヒトヘルペスウイルス6型」または「ヒトヘルペスウイルス7型」です。
感染経路は「ヒトヘルペスウイルス6型」または「ヒトヘルペスウイルス7型」の抗体を持った成人(主に父親や母親)の唾液中のウイルスから感染すると考えられています。

また、乳幼児から乳幼児への感染は、保育園や幼稚園で唾液のついた手や指などに触れることが原因と考えられています。
通常、生後6か月頃までは、母親から得た免疫によって、ウイルスに感染しにくい状態となりますが、それを過ぎると母親からの免疫による効果は消えていきます。
そのため、その後はウイルスに感染しやすくなっていきます。
突発性発疹は両親の唾液から感染しやすいといわれていますので、この効果がなくなってから、すぐに感染することが多いようです。
また、突発性発疹は一度感染すれば、抗体を得ることができるため、その後は感染しなくなりますが、2つのタイプがありますので、2回かかるお子さんもいます。
引用元-突発性発疹の原因や症状、登園の目安、家庭での留意点など | 子どもの健康と病気の情報サイト

突発性湿疹は1度の受診で診断ができないも事も…

突発性発疹の診断は、熱が下がって発疹が出てからでないと明確な診断はつきません。

そのため、突発性発疹の場合には、発熱して発疹がでるまでは、風邪と診断されることが多くあります。
発熱したらひとまず小児科を受診してみましょう。
子供の機嫌が悪くなく1歳未満の子供の場合には、経過観察という診断が下される場合もありますが、2日〜3日経過して発疹が現れた場合には再度受診してみてください。
そこで、他の症状が見られない場合には突発性発疹の診断が下されます。

突発性発疹と診断された場合には、水分補給と安静が必要になります。
子供が元気だからと言って連れ歩いたりするのは症状を悪化させる可能性があるので控えるべき行動です。
大半の子供は1歳までにかかる病と言われていますが、1歳を過ぎてかかることもありますので、パパ、ママは勝手な診断をせずに、病院に掛かることをオススメします。

突発性発疹に対する特効薬はありませんが、予後良好な病気なので治療は対症療法の実施で特に問題になることはありません。
人から人へ移る病気ではありますが、感染力が弱いと考えられており、それほど予防が重要視される病気ではありません。
1度かかると再発の低い病ということも特徴です。
引用元-子どもが突発性発疹に!原因と症状・治療について | イクシル

これって突発性湿疹?受診しない場合に必要なケア

突発性発疹以外にも、赤ちゃんの発熱の原因となる疾患はたくさんあります。
どのような原因にせよ、赤ちゃんが発熱した時には以下の点に気をつけて看病してあげてください。

体力を消耗しているので、高熱がある間はお風呂は控える。
ただしおしり洗いや温かいタオルで体をふいてあげるなどは、熱があっても全身状態が良ければかまいません。
脱水症状を起こさないよう、こまめに水分補給をする。
一度にたくさん飲む必要はありません。少量ずつをこまめに与えると良いでしょう。その方がお子さんも飲みやすいです。
汗をかくので衣類が湿ったら着替えをする。
いわゆる3点クーリングをする。
3点とはどこでしょう?首の前側とわきの下、足の付け根(そけい部)の3つです。
この3か所の共通点とは何か、「脈の触れるところ」です。動脈を冷やさないと全身に巡りません。
おでこで脈は触れませんね?おでこを冷やす目的は気持ちいいかどうかですので、体温を下げたければ3点クーリングが効果的です。
体用の熱冷ましシートや保冷剤をガーゼなどでくるんで、3点にあてます。
寒気がある時は温め、熱が上がって暑がっている時は涼しくするなど、服やふとんで体温調整する。
引用元-突発性発疹とは?赤ちゃんに高熱と全身発疹の症状が出た時の対処法 | いしゃまち

突発性湿疹で受診が必要になるケースは…

高熱
突発性発疹に罹患すると、最初に、突然、38~40度近くの高熱が出ます。
この熱は2日~4日ほど続き、その後、熱が微熱~平熱に急激に下がります。
高熱が出ている間、赤ちゃんは元気で機嫌が比較的良いことが多いのも突発性発疹の特徴です。

発疹
高熱が下がると、赤い発疹が顔面や全身に現れます。
高熱が出ている間の赤ちゃんは比較的元気で機嫌も良いことが多いのですが、熱が下がって発疹が生じる頃になると、機嫌が悪くなって、一日中泣いたりぐずったり、夜になかなか寝なかったりすることも少なくありません。
発疹はかゆみがないとされていますが、赤ちゃんはかゆいのか単に不快なのかを上手に伝えられないので実際のところは分かりません。
そのため、病院に連れて行っても、かゆみ止めの塗り薬や飲み薬が処方されないことがほとんどです。
一般的には、赤ちゃんが目の周りや口周りを激しくひっかくなどするときのみ、ドライシロップ状の飲み薬が処方されるようです。

下痢
通常、突発性発疹の症状は『高熱』と『発疹』のみと言われていますが、罹患中、下痢症状が続く赤ちゃんもいるようです。
普段よりも便が柔らかい時や量が多くおむつからはみでそうなときは、体内の水分が過剰に消費されていると判断できますので、積極的に水分を補給し、脱水症状にならないように注意しましょう。
引用元-突発性発疹は病院受診するべき?小児科受診のタイミング – ベビリナ

直ぐに受診を!突発性湿疹で注意が必要な症状と合併症

・熱性けいれんと脳炎

熱性けいれんは、突発性発疹にかかりやすい生後6ヶ月以降にかかりやすく、高熱を生じ全身が震える症状で、基本的には5分以内に治まります。
ただ、熱が出ている最中や熱が下がって発疹が出た後に、けいれんを繰り返したり、意識障害があったり、30分以上けいれんが止まらないと脳炎を合併することがあります。
そして、手当が遅れると重い後遺症を残したり、死に至る場合もありうるので、けいれんが続き白目をむいたり、意識障害が生じたらすぐに病院を受診しましょう。

・髄膜炎

髄膜炎も、突発性発疹の時に合併しやすく、特徴としては発熱中に激しい嘔吐や下痢が現れ、痛みで首が前に曲がらないなどの症状が現れます。
ただし、赤ちゃんは自分で症状を伝えることができず、嘔吐や下痢がいつ頃始まったか定かでない場合も多いので判断が難しく、手遅れになるケースもあります。
そのため、赤ちゃんが発熱したらそばでよく見守り、様子の変化に敏感になって、つらそうに泣き叫んでいたり、激しい嘔吐をしていたらすぐに病院へ行きましょう。
引用元-突発性発疹で病院に行くべきタイミングと血液検査について! | 食品機能ドットコム

 - 発熱