カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

突発性発疹で受診が必要なケースと注意が必要な症状・合併症

   

突発性発疹 受診 必要

突発性発疹といえば、ほとんどの赤ちゃんが発症する病気の一つです。
高熱後に現れた発疹によって、はじめて突発性湿疹だったとわかることも少なくありません。
そのため病院受診を迷う声も多く聞かれます。
そこで突発性湿疹での受診の必要性や注意しておくべき点などをまとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事

wpid-2015_10_29_03_19_3.jpg
姿勢が悪い!矯正が必要な子供たち

最近は姿勢が悪く、早い段階での矯正が必要な子供たちが増えてきています。

姿勢が悪いことで、一体どんな影響があるのでしょうか?

最近姿勢の悪い子供が増えている原因や改善方法など詳しくまとめてみました。

顔 シミ 病気
顔のシミは病気が原因?健康と美肌のためのポイントとは…

多くの女性が顔にできるシミを悩みに感じています。しかし顔にできるシミの原因は病気が関係していることがあるようです。

病気が原因でできるシミとはどんなもので、どんな病気が関係しているのでしょうか?

そこで気になる顔のシミについて調べてみました。ぜひ参考にして健康と美肌のためにできることをしてみましょう。

耳 違和感 ぼわ
耳に違和感があり、ぼわーんとした時の原因と対処法とは!

本風邪気味の時や、飛行機に乗った時、耳がぼわーんとすることがあります。
そんな時はどうすると耳の違和感がとれるのでしょう。また、突然耳に違和感をおぼえぼわーんとしはじめた時は、どんな病気の可能性があるのでしょう。
耳に違和感があり、ぼわーんとした時に考えられる原因とその対処法について調べました。

足の裏 痛み 土踏まず
足の裏の痛み!土踏まずにできる「足底線維腫」について…

足の裏の急な痛み、それは土踏まずにできた「足底線維腫」が原因かもしれません。
あまり聞きなれない「足底線維腫」。悪化すると手術が必要になることもあるようです。
そこで早期発見、早期治療のために土踏まずにできる「足底線維腫」についてまとめてみました。気になる症状がある時は早めに対処するように心がけましょう。

高齢者 嘔吐 原因
高齢者の嘔吐の原因は何?重篤な病気によるサインかも…

高齢者の嘔吐から考えられる原因は様々あります。もしかすると大きな病気によるものかもしれません。

高齢者の症状は急激な様態悪化も考えられます。そこで高齢者に考えられる嘔吐原因について調べてみました。気になる症状があれば早めの受診を心がけましょう。

甲状腺 検査 何科
甲状腺の検査は何科をうける?

体の調子が悪く甲状腺の病気が疑われる場合、 甲状腺の検査をしたい時は、まず病院の何科をうけると良いのでしょう。あまり身近な部分ではないため、どこに行くべきか迷ってしまいますよね。またどんな検査や費用がかかるのでしょう。甲状腺の検査について調べました。

irritable-bowel-syndrome-gas-type-cure-how
過敏性腸症候群って知ってる?ガス型の原因や治し方

過敏性腸症候群ってご存知ですか?
今回はその中のガス型といわれる原因や治し方を調べてみました。
過敏性腸症候群のガス型は繰り返しやすいので、治し方のポイントを押えて、腸内環境を整えましょう。

wpid-2015_09_26_03_54_9.jpg
帝王切開で出産!?原因・入院準備・退院まで

帝王切開とは一体どんな流れで出産するのでしょうか?
帝王切開になる原因は様々ですが、入院の準備をしっかり用意し手術に望みましょう。
帝王切開になる原因や入院準備など詳しく調べてみました。

wpid-2015_10_29_03_19_4.jpg
赤ちゃんの生後1ヵ月での体重は?

生まれたての赤ちゃんを育てているお母さんにとって、最初の1ヵ月は緊張しっぱなし。

毎日の体重の増減に一喜一憂してしまうお母さんも少なくありません。

生後1ヵ月ではどれくらい体重が増えているのが望ましいのか、増えなくても、増えすぎても心配はつきないものです。

生後1ヵ月の赤ちゃんの体重について調べました。

wpid-2015_09_15_05_58_2.jpg
夜、急に心臓がドキドキ!これって何かの病気なの?

夜、心臓が急にドキドキすることはありませんか?一体何が原因で起こる症状なのでしょうか?詳しく調べてみました。

白血病 血液検査 数値
白血病の疑いは血液検査の数値で発覚するってホント!?

病院の診察で血液検査を受けた事がある方も多いことでしょう。

病院での採血は、結果の数値で様々な体の状態がわかるそうです。そしてその中でも白血病は血液検査での発見が多い病気です。

そこで血液検査の数値や治療法など、白血病についてまとめてみました。

タバコ 吐き気 病気
タバコを吸うと吐き気…考えられる病気と健康のための対処法

タバコを吸うと吐き気がすることはありませんか?
その吐き気は何らかの病気が原因となり、喫煙によって引き起こされている可能性があるようです。
そこで喫煙による吐き気に関係する病気について調べてみました。

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_m
「自律神経失調症」を発症…。休職に必要なものや期間は?

次から次へと舞い込む仕事…そして職場での上司や部下との人間関係…。社会生活の中では様々はストレスにさらされます。
その精神的ストレスが体に影響を及ぼすことがあります。「自律神経失調症」はその精神的ストレスなどによって発症する病気です。
自律神経失調症を発症した場合には、心身ともにゆっくりと休養を取ることが必要になります。
仕事をしている場合には休職することになりますが、どのくらいの期間休めるのでしょうか?

外科 整形外科 違い
外科、整形外科、形成外科、美容外科の違いとは!

外科や内科はみなさんよく聞いたことがあると思いますが、整形外科、形成外科、
美容外科とはどんな違いがあるのか詳しくない人も多いのではないでしょうか。
外科、整形外科、形成外科、美容外科それぞれどんな違いがあるのか調べました。

風疹 避妊 排卵日
風疹予防接種後の避妊期間と排卵日について

妊娠している人、そしてこれから子供がほしいと考える人にとって風疹の問題は数年前にメディアでも大きく取り上げられましたね。風疹を防ぐには予防接種を受ければいいのですが、接種後はある期間避妊しないといけないらしいのです。子供がすぐにでもほしい夫婦には長く感じる期間でもあります。風疹の予防接種を受けた後の避妊期間について、排卵日で数えられるのか、また風疹とはどんな影響を及ぼすのか、について調べました。

スポンサーリンク

受診は必要?突発性湿疹の原因は…

突発性発疹の原因・感染

突発性発疹の原因となるウイルスは「ヒトヘルペスウイルス6型」または「ヒトヘルペスウイルス7型」です。
感染経路は「ヒトヘルペスウイルス6型」または「ヒトヘルペスウイルス7型」の抗体を持った成人(主に父親や母親)の唾液中のウイルスから感染すると考えられています。

また、乳幼児から乳幼児への感染は、保育園や幼稚園で唾液のついた手や指などに触れることが原因と考えられています。
通常、生後6か月頃までは、母親から得た免疫によって、ウイルスに感染しにくい状態となりますが、それを過ぎると母親からの免疫による効果は消えていきます。
そのため、その後はウイルスに感染しやすくなっていきます。
突発性発疹は両親の唾液から感染しやすいといわれていますので、この効果がなくなってから、すぐに感染することが多いようです。
また、突発性発疹は一度感染すれば、抗体を得ることができるため、その後は感染しなくなりますが、2つのタイプがありますので、2回かかるお子さんもいます。
引用元-突発性発疹の原因や症状、登園の目安、家庭での留意点など | 子どもの健康と病気の情報サイト

突発性湿疹は1度の受診で診断ができないも事も…

突発性発疹の診断は、熱が下がって発疹が出てからでないと明確な診断はつきません。

そのため、突発性発疹の場合には、発熱して発疹がでるまでは、風邪と診断されることが多くあります。
発熱したらひとまず小児科を受診してみましょう。
子供の機嫌が悪くなく1歳未満の子供の場合には、経過観察という診断が下される場合もありますが、2日〜3日経過して発疹が現れた場合には再度受診してみてください。
そこで、他の症状が見られない場合には突発性発疹の診断が下されます。

突発性発疹と診断された場合には、水分補給と安静が必要になります。
子供が元気だからと言って連れ歩いたりするのは症状を悪化させる可能性があるので控えるべき行動です。
大半の子供は1歳までにかかる病と言われていますが、1歳を過ぎてかかることもありますので、パパ、ママは勝手な診断をせずに、病院に掛かることをオススメします。

突発性発疹に対する特効薬はありませんが、予後良好な病気なので治療は対症療法の実施で特に問題になることはありません。
人から人へ移る病気ではありますが、感染力が弱いと考えられており、それほど予防が重要視される病気ではありません。
1度かかると再発の低い病ということも特徴です。
引用元-子どもが突発性発疹に!原因と症状・治療について | イクシル

これって突発性湿疹?受診しない場合に必要なケア

突発性発疹以外にも、赤ちゃんの発熱の原因となる疾患はたくさんあります。
どのような原因にせよ、赤ちゃんが発熱した時には以下の点に気をつけて看病してあげてください。

体力を消耗しているので、高熱がある間はお風呂は控える。
ただしおしり洗いや温かいタオルで体をふいてあげるなどは、熱があっても全身状態が良ければかまいません。
脱水症状を起こさないよう、こまめに水分補給をする。
一度にたくさん飲む必要はありません。少量ずつをこまめに与えると良いでしょう。その方がお子さんも飲みやすいです。
汗をかくので衣類が湿ったら着替えをする。
いわゆる3点クーリングをする。
3点とはどこでしょう?首の前側とわきの下、足の付け根(そけい部)の3つです。
この3か所の共通点とは何か、「脈の触れるところ」です。動脈を冷やさないと全身に巡りません。
おでこで脈は触れませんね?おでこを冷やす目的は気持ちいいかどうかですので、体温を下げたければ3点クーリングが効果的です。
体用の熱冷ましシートや保冷剤をガーゼなどでくるんで、3点にあてます。
寒気がある時は温め、熱が上がって暑がっている時は涼しくするなど、服やふとんで体温調整する。
引用元-突発性発疹とは?赤ちゃんに高熱と全身発疹の症状が出た時の対処法 | いしゃまち

突発性湿疹で受診が必要になるケースは…

高熱
突発性発疹に罹患すると、最初に、突然、38~40度近くの高熱が出ます。
この熱は2日~4日ほど続き、その後、熱が微熱~平熱に急激に下がります。
高熱が出ている間、赤ちゃんは元気で機嫌が比較的良いことが多いのも突発性発疹の特徴です。

発疹
高熱が下がると、赤い発疹が顔面や全身に現れます。
高熱が出ている間の赤ちゃんは比較的元気で機嫌も良いことが多いのですが、熱が下がって発疹が生じる頃になると、機嫌が悪くなって、一日中泣いたりぐずったり、夜になかなか寝なかったりすることも少なくありません。
発疹はかゆみがないとされていますが、赤ちゃんはかゆいのか単に不快なのかを上手に伝えられないので実際のところは分かりません。
そのため、病院に連れて行っても、かゆみ止めの塗り薬や飲み薬が処方されないことがほとんどです。
一般的には、赤ちゃんが目の周りや口周りを激しくひっかくなどするときのみ、ドライシロップ状の飲み薬が処方されるようです。

下痢
通常、突発性発疹の症状は『高熱』と『発疹』のみと言われていますが、罹患中、下痢症状が続く赤ちゃんもいるようです。
普段よりも便が柔らかい時や量が多くおむつからはみでそうなときは、体内の水分が過剰に消費されていると判断できますので、積極的に水分を補給し、脱水症状にならないように注意しましょう。
引用元-突発性発疹は病院受診するべき?小児科受診のタイミング – ベビリナ

直ぐに受診を!突発性湿疹で注意が必要な症状と合併症

・熱性けいれんと脳炎

熱性けいれんは、突発性発疹にかかりやすい生後6ヶ月以降にかかりやすく、高熱を生じ全身が震える症状で、基本的には5分以内に治まります。
ただ、熱が出ている最中や熱が下がって発疹が出た後に、けいれんを繰り返したり、意識障害があったり、30分以上けいれんが止まらないと脳炎を合併することがあります。
そして、手当が遅れると重い後遺症を残したり、死に至る場合もありうるので、けいれんが続き白目をむいたり、意識障害が生じたらすぐに病院を受診しましょう。

・髄膜炎

髄膜炎も、突発性発疹の時に合併しやすく、特徴としては発熱中に激しい嘔吐や下痢が現れ、痛みで首が前に曲がらないなどの症状が現れます。
ただし、赤ちゃんは自分で症状を伝えることができず、嘔吐や下痢がいつ頃始まったか定かでない場合も多いので判断が難しく、手遅れになるケースもあります。
そのため、赤ちゃんが発熱したらそばでよく見守り、様子の変化に敏感になって、つらそうに泣き叫んでいたり、激しい嘔吐をしていたらすぐに病院へ行きましょう。
引用元-突発性発疹で病院に行くべきタイミングと血液検査について! | 食品機能ドットコム

 - 発熱