カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

甲状腺が腫れた時に考えられる病気と原因、治療法や手術について

   

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_m

甲状腺が腫れてる?!気になっている方はいらっしゃいませんか?
甲状腺が腫れると体などに起こる変化はどのようなものなのでしょうか?
どの様な症状が見られるのでしょうか?
その原因は一体どんなことでしょうか?
どんな場合に手術が必要になるのでしょうか?
甲状腺の病気の種類や原因、対策などを調べてみましょう!

スポンサーリンク

関連記事

仕事 ストレス 診断書
仕事状のストレスで病気に…診断書と休職の手続きについて

最近はストレス社会とも言われ、様々なストレスを日々感じている方が多い時代です。
仕事上のストレスでの精神疾患も多くみられ、休職や退職にまで悪化してしまうことも…
その際重要になるのが「診断書」です。ぜひ参考にして早目に適切な対処を心がけましょう!

くも膜下出血 頭痛 場所
くも膜下出血の頭痛の場所によって危険度が違うってホント?

ある日突然感じたこともない頭痛に襲われ、くも膜下出血で倒れてしまうケースが多いようです。

しかしくも膜下出血には発症する前の予兆などもあるようです。

それは頭痛の起こる場所や不快な症状など様々です。気になる症状がある方は早めに病院を受診しましょう。

wpid-2015_09_20_02_04_4.jpg
お腹にガスが溜まって痛い!症状の原因や改善方法

皆さんはお腹にガスが溜まって痛い思いをしたことありませんか?

日ごろの生活環境や習慣でお腹にガスが溜まり痛みを伴うことがあります。

生活を見直したりマッサージを取り入れたりして改善していきましょう。

突然の激しい痛み、一体何が原因で起こるのか、詳しく調べてみました。

食欲不振 吐き気 体重減少
食欲不振・吐き気・体重減少!症状から見られる病とは・・・

食欲不振・吐き気・体重減少。このような症状が体に現れたら、それはただの体調不良ではないかもしれません。

気付かぬうちに重篤な病が潜んでいるという可能性も考えられます。そこで食欲不振・吐き気・体重減少から考えられる病気についてまとめてみました。

白血病 血液検査 数値
白血病の疑いは血液検査の数値で発覚するってホント!?

病院の診察で血液検査を受けた事がある方も多いことでしょう。

病院での採血は、結果の数値で様々な体の状態がわかるそうです。そしてその中でも白血病は血液検査での発見が多い病気です。

そこで血液検査の数値や治療法など、白血病についてまとめてみました。

wpid-2015_10_29_03_19_7.jpg
排卵日前は妊娠しない?妊娠・避妊の正しい知識

排卵日前は妊娠しないと思っている人もいるようですが、実はそれは大きな間違いです。

妊娠を望んでいないのであれば、性交渉を行う際は、しっかりと避妊をするべきです。

まずは妊娠や避妊について正しい知識を持ちましょう。

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_m
自律神経失調症と診断されたら〜休職時の過ごし方〜

人間の体内には「交感神経」と「副交感神経」という自律神経が存在しています。
その2つの自律神経のバランスが乱れると、様々な症状が現れてくるのです。これは「自律神経失調症」と呼ばれる病気です。
普通の社会生活に支障をきたしてしまい、休職を余儀なくされる人も少なくはありません。治療の為とはいえ、休職期間はもどかしいものでしょう。
有意義にする為には、どのような過ごし方をしたら良いのでしょうか。

赤ちゃん 音楽 音量
赤ちゃんに与える音や音楽の効果!音量には要注意!

赤ちゃんに様々な音や音楽を聞かせることは、赤ちゃんの刺激になり良い影響を与えることもあります。

しかし音量や音によっては、赤ちゃんにとって良くない影響を与えてしまうことになりかねません。

赤ちゃんの健やかな成長のためにも、ぜひ参考にしてみてください。

c94dc97504f7e3ba351fe8b4f92bc41d_m
膝を骨折!正しい治療とリハビリでケガの完治を目指そう!

膝を骨折してしまうと、日々の生活にも大きな支障をきたすことになります。

早めの完治のためには正しい治療とリハビリが必須条件です。

そこで膝の骨折や治療法、リハビリについて調べてみました。早期回復のためにもぜひ参考にしてください。

風疹 避妊 排卵日
風疹予防接種後の避妊期間と排卵日について

妊娠している人、そしてこれから子供がほしいと考える人にとって風疹の問題は数年前にメディアでも大きく取り上げられましたね。風疹を防ぐには予防接種を受ければいいのですが、接種後はある期間避妊しないといけないらしいのです。子供がすぐにでもほしい夫婦には長く感じる期間でもあります。風疹の予防接種を受けた後の避妊期間について、排卵日で数えられるのか、また風疹とはどんな影響を及ぼすのか、について調べました。

%e6%89%8b%e9%a6%96-%e9%aa%a8%e6%8a%98-%e5%85%a8%e6%b2%bb
手首の骨折の全治期間の目安と早期改善のためのポイント!

手首を骨折すると、生活において様々なシーンで支障をきたしてしまいます。
全治するまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか…
症状や条件によっても全治期間が変わってしまう骨折について詳しく調べてみました。
ぜひ参考にして、早期改善を目指しましょう!

鼻 打撲 腫れ
鼻の打撲で腫れ…鼻骨折の可能性も!気になるその後の処置

鼻や頭部の打撲で腫れが生じた時、もしかすると鼻骨折の可能性もあります。
鼻や頭部の打撲は骨の異常以外にも様々な問題も考えられます。症状の悪化を防ぐためにも、早めの処置が重要です。
そこで鼻の打撲・腫れについて詳しくまとめてみました。もしもの時はぜひ参考にして、早めに病院を受診しましょう。

足 筋肉痛 治療
足の筋肉痛がひどい…早めに治療するには?方法は?

足の筋肉痛の正しい治療の仕方をおさらいしましょう!
スポーツや運動を習慣にしている人、そうでない人もほとんどの人が経験している筋肉痛。
ひどいときには生活に支障をきたしてしまいます。おもに足の筋肉痛を素早く治す方法を調べました!

歯茎 炎症 熱
歯茎の炎症で熱がでることも?!その原因と対処法

歯茎が腫れる。痛い…。皆さんも一度は経験したことがあるかと思います。
大したことはないとついつい放ってしまいがちの歯茎のトラブル。
油断していると大変なことになってしまうかもしれません。今回は歯茎の炎症、発熱についてクローズアップしたいと思います。

wpid-2015_09_15_05_44_2.jpg
脇腹や肋骨の痛み!痛い原因を探る

脇腹や肋骨に痛みを感じることがあります。痛い原因は何なのでしょうか?詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

甲状腺が腫れ手術になった時はどんな手術が行われるの?

手術室入室前に点滴経路を確保します。
入室後、まずは手術中の状態を監視するためのモニターを装着し、安全確認ののち麻酔をかけ始めます。
手術時間は、甲状腺片葉切除で約1.5時間、甲状腺全摘術で約2時間です。
リンパ節廓清は、小さい範囲では片側あたり約15分、大きな範囲では約45分になります。
手術時間は患者様の状態によって大きく変わりますので、あくまで目安とお考えください。
手術後には、頚部の創があり、その外側にドレーン(浸出液などを排出するための直径3.5mmの管で、持ち運べるポータブル吸引器につながっています)が入った状態になります。
意識がもどるのは手術が終わってからです。
通常、手術当日の夜は、術後回復室に入室していただき、翌朝まで経過観察が必要です。
翌朝からは元の病室に戻っていただいて、食事も可能となります。
抜糸は手術の翌々日です。
抜糸は腹部の手術と比べると早いのですが、皮膚のすぐ下の層でも縫合してあるので、首を動かしても創が開くことはありません。
ドレーンの抜去は、排出量にもよりますが抜糸と同時かその翌日くらいが標準的です。
術後5日〜1週間程度で退院となり、退院の1か月後に外来に来ていただき、手術の最終的な結果(病理診断検査の結果)を説明いたします

仕事は、重労働でなければ退院後1週間程度での復帰が一般的です。

手術創について
甲状腺の手術を行う時には、たいていの場合、襟状切開(頚部の皮膚を横に切開)を行います。
手術創の大きさは、手術の種類によります。
手術創が術後どのくらいきれいに治るかは、患者様の体質によるところも大きいようです。
当院ではできるだけ目立たない手術創になるように手術創のテープ固定などを患者様に指導し、2〜3か月間創部の固定をお勧めしています。
引用元-甲状腺の手術 | 隈病院 | KUMA HOSPITAL

甲状腺の腫れが大きいと気管切開とか大変な手術になる?

甲状腺癌で右半分摘出しました。

気管に癌がくっついて居た為、心配でしたが特に問題もなく3年目を迎えています。
私の場合健康診断で指摘され、地元の総合病院で診てもらったのですが、「手術しましょう」と言われてからあれよあれよという間に入院手続きがとられ、時間的にも気持ち的にも他の病院を探すといった余裕が無かったです。
でも先生が上手(?)だったのか声が枯れる事もなく、その後の通院も近いし結果的には良かったと思っています。

術後はつっぱり感はありましたが痛みはあまり感じず(痛み止めが入っていたんでしょうね)1週間もしたら社会復帰できました。
でも紫外線に当てるとケロイド状になると言われ、しばらくタートルネックの服ばかり着ていました。最初は切った所が段になっていて目立つし、キレイになるよと言われても信用できませんでしたが、今では殆ど目立たなくなり、ようやく首の開いた服を気にせず着れる様になりました。

血液検査は最初1ヶ月毎。1年後から3ヶ月に1回。
今年から半年に1回になりました。これはホルモンの数値を見るためです。
ホルモンの薬も2年飲んでいましたが数値も安定したので今年から様子を見つつ、ストップしています。

甲状腺は手術自体はさほど難しくないらしいですが、その後の通院などに長くかかるものなので信頼出来る(話を聞いてもらえる)お医者さんにかかった方が良いと思います。
引用元-甲状腺の手術について – がん・心臓病・脳卒中 解決済 | 教えて!goo

甲状腺が腫れたらどんな病気が考えられる?手術は必要?

1.くびの前部の腫れ

一番多い症状がくびの腫れです。
鏡などを見て自分で甲状腺腫に気付くこともあれば、他の人に指摘されて病院を訪れる人もいます。

甲状腺が腫れ方は大きく2つに分けられます。
一つは、甲状腺全体がそのままの形で大きくなるもの、もう一つは甲状腺の一部にしこりができるものです。
以下のものがありますがほとんどは臨床症状で区別がつきます。

単純性びまん性甲状腺腫 びまん性甲状腺腫があるだけで、ホルモンの合成に異常のないもの。
これは甲状腺が全体に腫大しいています。
手術は必要ありませんが、気管(息をする道)が圧迫されてきたり、美容上影響がある方は手術いたします。

バセドウ病 甲状腺を刺激する物質があるためにホルモンの合成が高まりすぎるもの。
まぶたがはれたり、目が出たりすることもあります。
甲状腺が腫れている場合とそうでない場合があります。

橋本病 甲状腺に慢性の炎症がおこったもので、慢性甲状腺炎ともいいます。
ホルモンの合成に異常がないことも多いが合成が低下することがあります。
全体に甲状腺が硬く、ごつごつした感じに触れます。

亜急性甲状腺炎 甲状腺がはれて痛みがある。しばしば発熱もあります。
ホルモンが一時甲状腺からもれ出るために、バセドウ病のような全身症状がありますが次第に正常になり、再発はまれ。甲状腺の腫れは一時的です。
痛みや熱が特徴的です。

腫瘍性疾患
甲状腺に腫瘍ができる。
大部分のものはホルモンの合成には異常がありません。
ふくろ状になったなかに液のたまるものもあります。
良性のものと悪性のものがあります。
多くは触診とエコーで判断がつきますが確定診断は手術でとらなければわかりません。
甲状腺がんの多くは10年から20年と長期にわたってゆっくりと大きくなってきたもので、他の部位の癌に比べ比較的性格が良いほうです。
急いで手術することはありませんが、なかには性格の悪いタイプもありますので見つかった時点で手術するのが一般的です。
引用元-甲状腺腫瘍|甲状腺がん 腫れ|がん治療!教えて稲上先生!

甲状腺の病気で腫瘍性疾患とはどんな症状があるのか

甲状腺の良性腫瘍 : 腺腫

腺腫は良性腫瘍
腺腫は、甲状腺の左右どちらか一方にしこりがひとつだけできるのが特徴です。
男女比は1対10くらいで、女性に多い病気です。
大きさは、触るとやっとわかる程度のものから、下が向けなくなるほど大きなものまであります。
しかしどんなに大きくなっても、呼吸が苦しくなったり、ものが飲み込みにくくなるようなことはほとんどありません。
ごくまれに、しこりが甲状腺ホルモンを過剰に生産し、バセドウ病のように甲状腺機能亢進症の症状を現すことがあります。
これは、この病気を初めて報告したアメリカの医師の名前をとって、プランマー病(中毒性単結節性甲状腺腫)と呼ばれています。
日本人にはまれといわれていましたが、最近は検査法の進歩により発見されることが多くなりました。

腺腫と似た変化を起こすもの(過形成): 腺腫様甲状腺腫

腺腫と似たしこりを作る腺腫様甲状腺腫
典型的な腺腫様甲状腺腫では、左右の甲状腺に大小さまざまな大きさのしこりがいくつかできます。
このしこりがたくさんできると、外見上はくび全体が大きくはれたように見えます。
腺腫に比べると大きなものが多く、なかには鎖骨より下の胸の方まで入り込むもの(縦隔内甲状腺腫)もあります。
この病気は本来良性ですが、時には一部にがんが含まれていることがあります。
したがって、きちんと鑑別診断を受けることが大切です。
また日本では少ないですが、長い間放置すると甲状腺機能が亢進することもあります。
引用元-腫瘍性疾患|甲状腺の病気について|伊藤病院 – 甲状腺疾患専門

甲状腺の良性腫瘍と悪性腫瘍の治療方法

治療方法

良性腫瘍の治療
(1)内服薬
良性の腫瘍であることがはっきりすれば、経過観察となりますが、ときに甲状腺ホルモン薬(チラーヂンS)を服用し、それでしばらく様子をみることもあります。
しかし、しこりがあまりに大きかったり、目立って気になったりするようであれば、手術で摘出します。

(2)穿刺
腺腫や腺腫様甲状腺腫も、時に「のう胞」(シスト)に変化することがあります。
これは、しこりの内容が液状になって溜まったものです。
液体はうす茶色から、チョコレート様のもの、ゼリー状のものなどさまざまです。
この場合は、注射器で内容物の吸い出しを試みます。
再び溜まってくることもありますが、繰り返し吸引しているうちに溜まらなくなることもあります。

(3)PEIT(経皮的エタノール注入療法)
おもにのう胞の縮小目的で行います。

(4)手術
もともと甲状腺腫瘤が大きい場合や、あるいは短期間に甲状腺腫瘤が大きくなってきた場合などに行います。

悪性腫瘍の治療

がんの場合は、いうまでもなく手術が基本です。
甲状腺のがんは進行が遅いため、たいていはリンパ節に転移したがんも含めてきれいにとることができます。
くびには、神経や血管が集中していますが、専門の医師が注意して行えば基本的には胸やおなかの手術と変わりません。
肺や骨など遠くの臓器に転移している場合には、手術の後に放射性ヨウ素治療(アイソトープ)を行います。
放射性ヨウ素には甲状腺に集まる性質があり、こんどは肺や骨などへ転移した甲状腺がんに集まるようになります。
そして、転移した甲状腺がんに取り込まれた放射性ヨウ素は、そこでベータ線を出し、内部からがん細胞を破壊していくのです。
放射性ヨウ素は、甲状腺の機能検査やバセドウ病の治療にも使われますが、がんの治療の場合はこれより多い量を使います。
引用元-腫瘍性疾患(甲状腺の病気と治療)|甲状腺の病気について|大須診療所

 - 治療・方法・治療後