カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

甲状腺が腫れた時に考えられる病気と原因、治療法や手術について

   

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_m

甲状腺が腫れてる?!気になっている方はいらっしゃいませんか?
甲状腺が腫れると体などに起こる変化はどのようなものなのでしょうか?
どの様な症状が見られるのでしょうか?
その原因は一体どんなことでしょうか?
どんな場合に手術が必要になるのでしょうか?
甲状腺の病気の種類や原因、対策などを調べてみましょう!

スポンサーリンク

関連記事

足の甲 痛み 痺れ
足の甲の痛みや痺れ…もしかしたら腓骨神経麻痺の症状かも!

足の甲に痛みや痺れなどの症状を感じた事はありませんか?

その症状はもしかしたら腓骨神経麻痺かもしれません。腓骨神経麻痺は生活の中の習慣などが原因となることも。

あまり聞き慣れない腓骨神経麻痺について詳しく調べてみました。

腰の痛み 原因 脳性マヒ
腰の痛みの原因は脳性マヒによる二次障害の可能性

出産前~出産後1年間に脳のある部分が損傷を受けることによって起こる脳性マヒ。
成人になり、たいてい二次障害を発症するという。腰の痛みの原因とは?
脳性マヒの障害を得て二次障害を発症している人たちの腰の痛みの原因を調べました。

外科 整形外科 違い
外科、整形外科、形成外科、美容外科の違いとは!

外科や内科はみなさんよく聞いたことがあると思いますが、整形外科、形成外科、
美容外科とはどんな違いがあるのか詳しくない人も多いのではないでしょうか。
外科、整形外科、形成外科、美容外科それぞれどんな違いがあるのか調べました。

1ヶ月 体重 増えすぎ
赤ちゃんの1ヶ月検診!体重の増えすぎは大丈夫?

赤ちゃんの1ヶ月検診。赤ちゃんの成長は楽しみですよね。ただ体重の増えすぎのは気をつけなければいけない事があるようです。
1ヶ月検診で赤ちゃんの体重が増えすぎで発覚する過飲症候群。母乳やミルクの量を調節しながら、赤ちゃんの健やかな成長を見守っていきましょう。

咳 微熱 続く
体からのサイン!咳・微熱が続く時に考えられる病気とは…

咳や微熱症状が続く時、それは体からの不調のサインです。

放置しておくことで、症状の悪化や更に重篤な病気へと進行してしまう可能性もあります。

そうならない為にも早めの対処が必要です。そこで咳・微熱から考えられる病気についてまとめてみました。

高齢者 嘔吐 原因
高齢者の嘔吐の原因は何?重篤な病気によるサインかも…

高齢者の嘔吐から考えられる原因は様々あります。もしかすると大きな病気によるものかもしれません。

高齢者の症状は急激な様態悪化も考えられます。そこで高齢者に考えられる嘔吐原因について調べてみました。気になる症状があれば早めの受診を心がけましょう。

タバコ 吐き気 病気
タバコを吸うと吐き気…考えられる病気と健康のための対処法

タバコを吸うと吐き気がすることはありませんか?
その吐き気は何らかの病気が原因となり、喫煙によって引き起こされている可能性があるようです。
そこで喫煙による吐き気に関係する病気について調べてみました。

甲状腺 検査 何科
甲状腺の検査は何科をうける?

体の調子が悪く甲状腺の病気が疑われる場合、 甲状腺の検査をしたい時は、まず病院の何科をうけると良いのでしょう。あまり身近な部分ではないため、どこに行くべきか迷ってしまいますよね。またどんな検査や費用がかかるのでしょう。甲状腺の検査について調べました。

wpid-2015_09_22_02_18_2.jpg
冷や汗ダラダラ…吐き気や下痢が続く原因は?

冷や汗が出るほどの吐き気や下痢の症状。これは一体どんな病気が影響しているのでしょうか。

冷や汗をともなう吐き気や下痢の症状には様々な病気の影響が考えられます。早めの治療と自分でできる予防法を実践してみましょう。

貧血 検査 病院
貧血の検査をする時、病院の何科へ行く?

貧血は、よく聞く言葉ですね。女性や妊娠中の人もよくかかるもので軽視しがちですが、病気が隠れている可能性も否定できませんから病院で検査をすると安心できますね。そんなとき、貧血の検査は何科へ行くべきなのでしょうか?貧血とは詳しく何なのか、そして病院では何科へ行くとよいのか、について調べました。

wpid-2015_10_29_03_19_6.jpg
断食の効果は?3日間の集中ダイエット!

ダイエットや美容に断食は、とても効果とされています。

そこで3日間の断食で体にはどのような変化が現れるのでしょうか?

断食の正しい方法とともに詳しく調べてみました。

wpid-2015_10_29_03_19_5.jpg
足の血管が切れる!?下肢静脈瘤って何?

みなさん、下肢静脈瘤を知っていますか?下肢静脈瘤は足の血管の病気です。

そのままにしておくと、足の血管が切れてしまうこともある大変な病気です。

日々の生活環境や生活習慣によって引き起こされる下肢静脈瘤。正しく理解して、発症や悪化を防ぎましょう。

左下腹部 違和感 女性
左下腹部に違和感…。特に女性で考えられる原因とは?

女性が感じる下腹部の違和感。特に左下腹部には子宮や卵巣などがあり、大切な器官が備わっている場所です。
大したことではないと放っておくと、大事に至る可能性もあります。
左下腹部の違和感や痛みの原因や対処法などを探ってみました。

目 痙攣 続く
目の痙攣が続く…症状の原因や考えられる病気について

目の痙攣が続く…この原因は目の疲労からくる症状だろうと簡単に考えていませんか?

実はその症状は何らかの病気からくるものかもしれません。そこで目の痙攣が続く症状から考えられる病気について調べてみました。

症状の改善には早めの対処が必要です。ぜひ参考にして、目の健康を取り戻しましょう!

不妊治療 障害 確率
不妊治療で障害児の確率が上がる!?気になるリスクと原因

最近では高齢出産をする方も増え、不妊治療への意識も高まってきています。

しかし不妊治療で障害が現れる確率が上がるといったデータがあることをご存知ですか?

それはどういったことが原因なのか、またそのリスクを下げる方法はあるのかなど、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

甲状腺が腫れ手術になった時はどんな手術が行われるの?

手術室入室前に点滴経路を確保します。
入室後、まずは手術中の状態を監視するためのモニターを装着し、安全確認ののち麻酔をかけ始めます。
手術時間は、甲状腺片葉切除で約1.5時間、甲状腺全摘術で約2時間です。
リンパ節廓清は、小さい範囲では片側あたり約15分、大きな範囲では約45分になります。
手術時間は患者様の状態によって大きく変わりますので、あくまで目安とお考えください。
手術後には、頚部の創があり、その外側にドレーン(浸出液などを排出するための直径3.5mmの管で、持ち運べるポータブル吸引器につながっています)が入った状態になります。
意識がもどるのは手術が終わってからです。
通常、手術当日の夜は、術後回復室に入室していただき、翌朝まで経過観察が必要です。
翌朝からは元の病室に戻っていただいて、食事も可能となります。
抜糸は手術の翌々日です。
抜糸は腹部の手術と比べると早いのですが、皮膚のすぐ下の層でも縫合してあるので、首を動かしても創が開くことはありません。
ドレーンの抜去は、排出量にもよりますが抜糸と同時かその翌日くらいが標準的です。
術後5日〜1週間程度で退院となり、退院の1か月後に外来に来ていただき、手術の最終的な結果(病理診断検査の結果)を説明いたします

仕事は、重労働でなければ退院後1週間程度での復帰が一般的です。

手術創について
甲状腺の手術を行う時には、たいていの場合、襟状切開(頚部の皮膚を横に切開)を行います。
手術創の大きさは、手術の種類によります。
手術創が術後どのくらいきれいに治るかは、患者様の体質によるところも大きいようです。
当院ではできるだけ目立たない手術創になるように手術創のテープ固定などを患者様に指導し、2〜3か月間創部の固定をお勧めしています。
引用元-甲状腺の手術 | 隈病院 | KUMA HOSPITAL

甲状腺の腫れが大きいと気管切開とか大変な手術になる?

甲状腺癌で右半分摘出しました。

気管に癌がくっついて居た為、心配でしたが特に問題もなく3年目を迎えています。
私の場合健康診断で指摘され、地元の総合病院で診てもらったのですが、「手術しましょう」と言われてからあれよあれよという間に入院手続きがとられ、時間的にも気持ち的にも他の病院を探すといった余裕が無かったです。
でも先生が上手(?)だったのか声が枯れる事もなく、その後の通院も近いし結果的には良かったと思っています。

術後はつっぱり感はありましたが痛みはあまり感じず(痛み止めが入っていたんでしょうね)1週間もしたら社会復帰できました。
でも紫外線に当てるとケロイド状になると言われ、しばらくタートルネックの服ばかり着ていました。最初は切った所が段になっていて目立つし、キレイになるよと言われても信用できませんでしたが、今では殆ど目立たなくなり、ようやく首の開いた服を気にせず着れる様になりました。

血液検査は最初1ヶ月毎。1年後から3ヶ月に1回。
今年から半年に1回になりました。これはホルモンの数値を見るためです。
ホルモンの薬も2年飲んでいましたが数値も安定したので今年から様子を見つつ、ストップしています。

甲状腺は手術自体はさほど難しくないらしいですが、その後の通院などに長くかかるものなので信頼出来る(話を聞いてもらえる)お医者さんにかかった方が良いと思います。
引用元-甲状腺の手術について – がん・心臓病・脳卒中 解決済 | 教えて!goo

甲状腺が腫れたらどんな病気が考えられる?手術は必要?

1.くびの前部の腫れ

一番多い症状がくびの腫れです。
鏡などを見て自分で甲状腺腫に気付くこともあれば、他の人に指摘されて病院を訪れる人もいます。

甲状腺が腫れ方は大きく2つに分けられます。
一つは、甲状腺全体がそのままの形で大きくなるもの、もう一つは甲状腺の一部にしこりができるものです。
以下のものがありますがほとんどは臨床症状で区別がつきます。

単純性びまん性甲状腺腫 びまん性甲状腺腫があるだけで、ホルモンの合成に異常のないもの。
これは甲状腺が全体に腫大しいています。
手術は必要ありませんが、気管(息をする道)が圧迫されてきたり、美容上影響がある方は手術いたします。

バセドウ病 甲状腺を刺激する物質があるためにホルモンの合成が高まりすぎるもの。
まぶたがはれたり、目が出たりすることもあります。
甲状腺が腫れている場合とそうでない場合があります。

橋本病 甲状腺に慢性の炎症がおこったもので、慢性甲状腺炎ともいいます。
ホルモンの合成に異常がないことも多いが合成が低下することがあります。
全体に甲状腺が硬く、ごつごつした感じに触れます。

亜急性甲状腺炎 甲状腺がはれて痛みがある。しばしば発熱もあります。
ホルモンが一時甲状腺からもれ出るために、バセドウ病のような全身症状がありますが次第に正常になり、再発はまれ。甲状腺の腫れは一時的です。
痛みや熱が特徴的です。

腫瘍性疾患
甲状腺に腫瘍ができる。
大部分のものはホルモンの合成には異常がありません。
ふくろ状になったなかに液のたまるものもあります。
良性のものと悪性のものがあります。
多くは触診とエコーで判断がつきますが確定診断は手術でとらなければわかりません。
甲状腺がんの多くは10年から20年と長期にわたってゆっくりと大きくなってきたもので、他の部位の癌に比べ比較的性格が良いほうです。
急いで手術することはありませんが、なかには性格の悪いタイプもありますので見つかった時点で手術するのが一般的です。
引用元-甲状腺腫瘍|甲状腺がん 腫れ|がん治療!教えて稲上先生!

甲状腺の病気で腫瘍性疾患とはどんな症状があるのか

甲状腺の良性腫瘍 : 腺腫

腺腫は良性腫瘍
腺腫は、甲状腺の左右どちらか一方にしこりがひとつだけできるのが特徴です。
男女比は1対10くらいで、女性に多い病気です。
大きさは、触るとやっとわかる程度のものから、下が向けなくなるほど大きなものまであります。
しかしどんなに大きくなっても、呼吸が苦しくなったり、ものが飲み込みにくくなるようなことはほとんどありません。
ごくまれに、しこりが甲状腺ホルモンを過剰に生産し、バセドウ病のように甲状腺機能亢進症の症状を現すことがあります。
これは、この病気を初めて報告したアメリカの医師の名前をとって、プランマー病(中毒性単結節性甲状腺腫)と呼ばれています。
日本人にはまれといわれていましたが、最近は検査法の進歩により発見されることが多くなりました。

腺腫と似た変化を起こすもの(過形成): 腺腫様甲状腺腫

腺腫と似たしこりを作る腺腫様甲状腺腫
典型的な腺腫様甲状腺腫では、左右の甲状腺に大小さまざまな大きさのしこりがいくつかできます。
このしこりがたくさんできると、外見上はくび全体が大きくはれたように見えます。
腺腫に比べると大きなものが多く、なかには鎖骨より下の胸の方まで入り込むもの(縦隔内甲状腺腫)もあります。
この病気は本来良性ですが、時には一部にがんが含まれていることがあります。
したがって、きちんと鑑別診断を受けることが大切です。
また日本では少ないですが、長い間放置すると甲状腺機能が亢進することもあります。
引用元-腫瘍性疾患|甲状腺の病気について|伊藤病院 – 甲状腺疾患専門

甲状腺の良性腫瘍と悪性腫瘍の治療方法

治療方法

良性腫瘍の治療
(1)内服薬
良性の腫瘍であることがはっきりすれば、経過観察となりますが、ときに甲状腺ホルモン薬(チラーヂンS)を服用し、それでしばらく様子をみることもあります。
しかし、しこりがあまりに大きかったり、目立って気になったりするようであれば、手術で摘出します。

(2)穿刺
腺腫や腺腫様甲状腺腫も、時に「のう胞」(シスト)に変化することがあります。
これは、しこりの内容が液状になって溜まったものです。
液体はうす茶色から、チョコレート様のもの、ゼリー状のものなどさまざまです。
この場合は、注射器で内容物の吸い出しを試みます。
再び溜まってくることもありますが、繰り返し吸引しているうちに溜まらなくなることもあります。

(3)PEIT(経皮的エタノール注入療法)
おもにのう胞の縮小目的で行います。

(4)手術
もともと甲状腺腫瘤が大きい場合や、あるいは短期間に甲状腺腫瘤が大きくなってきた場合などに行います。

悪性腫瘍の治療

がんの場合は、いうまでもなく手術が基本です。
甲状腺のがんは進行が遅いため、たいていはリンパ節に転移したがんも含めてきれいにとることができます。
くびには、神経や血管が集中していますが、専門の医師が注意して行えば基本的には胸やおなかの手術と変わりません。
肺や骨など遠くの臓器に転移している場合には、手術の後に放射性ヨウ素治療(アイソトープ)を行います。
放射性ヨウ素には甲状腺に集まる性質があり、こんどは肺や骨などへ転移した甲状腺がんに集まるようになります。
そして、転移した甲状腺がんに取り込まれた放射性ヨウ素は、そこでベータ線を出し、内部からがん細胞を破壊していくのです。
放射性ヨウ素は、甲状腺の機能検査やバセドウ病の治療にも使われますが、がんの治療の場合はこれより多い量を使います。
引用元-腫瘍性疾患(甲状腺の病気と治療)|甲状腺の病気について|大須診療所

 - 治療・方法・治療後