カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

赤ちゃんの生後1ヵ月での体重は?

   

wpid-2015_10_29_03_19_4.jpg

生まれたての赤ちゃんを育てているお母さんにとって、最初の1ヵ月は緊張しっぱなし。

毎日の体重の増減に一喜一憂してしまうお母さんも少なくありません。

生後1ヵ月ではどれくらい体重が増えているのが望ましいのか、増えなくても、増えすぎても心配はつきないものです。

生後1ヵ月の赤ちゃんの体重について調べました。

スポンサーリンク

関連記事

%e9%a2%a8%e9%82%aa%e3%80%80%e7%97%85%e9%99%a2%e3%80%80%e6%84%8f%e5%91%b3%e3%81%aa%e3%81%84
風邪で病院へ行くのは意味ない?その理由と本来の対処法とは

風邪を引いてしまったら病院へ行かなければ。

これが一般的な流れだと思いますが、実は風邪で病院へ行くのは意味ないかもしれません!

今回は、病院へ行く意味がない理由と、本来の対処法について調べてみました。

耳 違和感 ぼわ
耳に違和感があり、ぼわーんとした時の原因と対処法とは!

本風邪気味の時や、飛行機に乗った時、耳がぼわーんとすることがあります。
そんな時はどうすると耳の違和感がとれるのでしょう。また、突然耳に違和感をおぼえぼわーんとしはじめた時は、どんな病気の可能性があるのでしょう。
耳に違和感があり、ぼわーんとした時に考えられる原因とその対処法について調べました。

心臓 痛み ズキズキ
心臓の痛み…ズキズキが続くときに考えられる原因と対策

心臓からズキズキとした痛みが続く…その原因は大きな病気が関係している可能性があります。
痛みを放置しておくと、原因によっては症状の悪化、または死に至るケースもあるようです。
気になる症状が現れたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

%e7%94%9f%e7%90%86%e5%89%8d-%e8%83%b8%e3%81%ae%e5%bc%b5%e3%82%8a-%e3%81%aa%e3%81%84
生理前の胸の張りがない!?考えられる原因と妊娠への影響

生理前の症状として胸の張りを感じる女性は多いようです。
またその逆で、全く張りを感じない、今まで生理前に張っていた胸が急に張らなくなったと感じる女性も多いようです。
そこで生理前に胸が張らない原因や妊娠への影響などを詳しく調べてみました!

b8b0e0c62ccddba6b8464fb2c1d39134_m
足の小指を骨折!?痛みの原因や対策について知っておこう!

足の小指を家具や家の角で強打!激しい痛みに悶絶した経験のある方も多いことでしょう。

実はその激しい痛みは、骨折をしている可能性もあるのです。

そのまま放っておくと大変な事になってしまう可能性も…。同じ経験を繰り返さないためにも是非参考にしてください。

卵巣 子宮 全摘出
卵巣や子宮の全摘出とは?体への影響はあるの?

子宮筋腫や卵巣腫瘍などの病気によって、卵巣や子宮の全摘出手術を受けなくてはならないことがあります。
全摘出することで病気が治ると言われても、子宮や卵巣がなくなってしまうというのは、女性にとってとてもつらいことですよね。
摘出したあと、心や体にはどのような変化があるのか?後遺症はあるのか?と誰もが不安になり、戸惑うことと思います。
病気を乗り越えるためにも、手術について・体への影響についてくわしく知っておくことが大切ですよね。
今回は、卵巣や子宮の全摘出手術について調べました。

咳 微熱 続く
体からのサイン!咳・微熱が続く時に考えられる病気とは…

咳や微熱症状が続く時、それは体からの不調のサインです。

放置しておくことで、症状の悪化や更に重篤な病気へと進行してしまう可能性もあります。

そうならない為にも早めの対処が必要です。そこで咳・微熱から考えられる病気についてまとめてみました。

mite-allergy-urticaria
ダニがアレルギーの原因!?蕁麻疹の原因と改善法

あなたが悩んでいる蕁麻疹の原因はダニアレルギーかもしれません。

ダニアレルギーで蕁麻疹を引き起こさないためには、まずダニの除去をし、アレルギーの原因を絶つことが重要です。

ダニが引き起こすアレルギー症状や蕁麻疹の改善法など調べてみました。

不妊治療 障害 確率
不妊治療で障害児の確率が上がる!?気になるリスクと原因

最近では高齢出産をする方も増え、不妊治療への意識も高まってきています。

しかし不妊治療で障害が現れる確率が上がるといったデータがあることをご存知ですか?

それはどういったことが原因なのか、またそのリスクを下げる方法はあるのかなど、詳しく調べてみました。

帯状疱疹 症状 眼
帯状疱疹の症状が眼に!?危険な眼部帯状疱疹とは…

帯状疱疹の症状が眼にも現れることを知っていますか?
それは「眼部帯状疱疹」という病気で、症状によっては重症化してしまうことも…
「眼部帯状疱疹」は早めの処置や予防も大切です。そこで「眼部帯状疱疹」について詳しくまとめてみました。ぜひ参考にして、目の健康を守りましょう!

筋肉 脂肪 大きさ
筋肉と脂肪の違い!大きさや比重も変わるってホント?

同じ重さの筋肉と脂肪でも、その大きさや比重は全く変わってきます。

ダイエットにおいても、その違いは重要で体重を落とすだけでは、根本的なスタイルアップはできません。そこで筋肉と脂肪の違いについて詳しくまとめてみました。ぜひ参考にしてスタイル改善に役立ててください!

貧血 検査 何科
貧血の検査や治療は何科を受診すればいいの?

多くの方が貧血の症状を訴えています。しかしなかなか病院を受診することはありません。

ただ貧血は重篤な病の前兆とされています。気になる症状があればぜひ病院を受診しましょう。

ではいざ貧血の検査や治療を受ける時、いったい何科を受診すべきなのでしょうか?

ジョギング 足の甲 痛み
ジョギングで足の甲に痛みが…悪化してしまう前に対策を!

ジョギングを続けていると足の甲に痛みを感じることがあります。

この痛みをそのままにしておくと、フォームの乱れや走る事すらままならなくなってしまうことも…

まずはジョギングによる足の甲の痛みの原因を知り、早めに対処しましょう!

22a28e805a3c758a6fd9be8117af7b5a_m
鼻を打撲してしまった…ひどいときは迷わず病院へ!

スポーツをしているときはもちろん、日常生活でも鼻をぶつけてしまうことってありますよね。
鼻の骨はとても薄いので、弱い力でも簡単に折れてしまうことがあるそうです。
ただの打撲だったら安心ですが、もしかしたら骨折の可能性も考えられます。
ひどい打撲の場合は、我慢せずに病院を受診しましょう。
今回は、鼻を打撲した場合の対処方法について調べました。

腕 打撲 湿布
腕の打撲に湿布がおすすめ!効果的に使用するポイント

腕を打撲した時に、痛みや症状の緩和のために湿布を使用する方も多いことでしょう。

いつも何気なく使用している湿布にも、効果的な種類や貼り方などがあることをご存知ですか?

そこで腕の打撲に効果的な湿布の使用法についてまとめてみました。早期改善のためにもぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

生後1ヵ月の赤ちゃんの体重と成長の様子

男の子なら身長は50.9~59.6cm、体重は3.6~6.0kgくらいになってきます。

女の子なら、身長は50.0~58.4cm、体重は3.4~5.5kgくらいでしょう。

個人差はありますが、出生時から1ヶ月で身長が約5cm、体重が約1kg増えていれば順調に発育しているといえます。

体もだんだんにふっくらとして、丸みを帯びてきます。

ママをじっと見つめるようになります

新生児期の赤ちゃんは、目の前30~40cmのところに視線を合わせられる(注視)程度でしたが、生後1ヶ月になると、追視といって目で物を追いかけることができるようになります。

ママが赤ちゃんを抱いて話しかけると、ママの顔をじっと見つめるようになり、ママが顔を動かすとその動きを追って右、左、上、下などに瞳を動かすことができるようになります。

でも、まだ追視できる範囲は非常に狭いので、ママは赤ちゃんの視野(顔から30~40cm)の中に顔を寄せてあやしてあげましょう。

働きかけに多彩な表情を見せます

この時期の赤ちゃんは、ママのされるがままで自分からは何もしないように見えるのですが、実はさまざまに反応しています。

乳首を口に含ませると吸いつきますし、赤ちゃんの手のひらにママの指を入れてやると握ってきます。

足の裏を指で押すとくすぐったそうに足の裏を丸めながら、ひざを曲げて足を縮めます。

赤ちゃんの体を抱きあげて頭の位置を変えようとすると、首や手足を動かして姿勢を保とうとします。

これらは赤ちゃんに生まれつき備わったさまざまな反射の能力なのですが、お乳をあげる、おむつを替える、抱く、話しかけるなど、毎日の細々した世話がこれらの能力を刺激して、赤ちゃんの脳の配線をより緻密に育てているのです。

引用元-生後1ヶ月|赤ちゃんの発育・発達|ベビータウン

赤ちゃんの1ヵ月健診は、身長体重以外に何を調べる?

1ヶ月健診は、赤ちゃんが生まれて1ヶ月の間、順調に成長しているか健康状態に異常はないかを確認するための健診です。

ほとんどの方が、出産した病院で1ヶ月健診を受けるかと思いますが、出産後に里帰りした方、お引越しをされた方などは、1ヶ月目を迎える前に、近くの自治体に1ヶ月健診について電話で確認しておきましょう。

自治体によっては、集団健診を行っていたり、個人で小児科で健診を受ける事もあります。

集団健診か、個人で病院を受診するかは負担金額などに違いが出てくることがあります。

自治体の広報などは必ず目を通し、それでも分からない場合は自治体へ問い合わせしてみましょう。

1ヶ月の健診内容は、身長・体重の測定、刺激に対してしっかりと反応を示すか、生まれた時に見つからなかった病気がないかの確認、ビタミンK欠乏症予防の投与などを行います。赤ちゃんがしっかりと育っているか確認するための大切な健診です。忘れずにしっかりと健診を受けましょう。

赤ちゃんと一緒のお出かけは、退院以来この日が初めてというママも中にはいらっしゃると思います。外出時に必要なものは、忘れないようにしっかりとまとめておきましょう。

マザーズバッグの中に入れておくと便利なもの

・おむつ数枚
・おしりふき
・使用済みおむつを入れておくためのビニール袋
・念のためのお着替え>
・タオルやガーゼハンカチ
・母子手帳
・授乳用ケープ
・粉ミルクや哺乳瓶
・綿棒
・おむつ替えシート

あらかじめ、外出用のマザーズバッグを作っておくと便利です。

引用元-生後1ヶ月の赤ちゃんの身長や体重、健診について-赤ちゃんの部屋

生後1ヵ月の赤ちゃんの体重が増えなくて心配!

生まれて間もない赤ちゃんは生理的体重減少があり、必ず体重が減りますのでこの減少においてお母さんは心配してはいけません。

すぐに戻る赤ちゃんもいますし、戻らないでゆっくり増えていく赤ちゃんもいます。
これは個人差ですのでお母さんが心配になってストレスを感じてはいけません。
赤ちゃんが機嫌よく母乳を飲んでいれば問題無いとする医師が殆どです。
 
その後の赤ちゃんの体重増加は母乳かミルクかで差が出てきます。
ですので、母乳を飲ませているのにミルクを基準にした育児書を読み「赤ちゃんの体重が育児書の通りに増えない」と悩むことはありません。
 
ミルクの場合は量をはかって飲ませますので、育児書通りの体重増加が期待できますが、母乳の場合は量をはかることができませんのでその通りに増加するとは限らないのです。
 
生後3ヶ月までは、母乳であれば一ヶ月500~600g程度増加していれば母乳が足りていると言えるでしょう。
ミルクの場合は700~800gを目安にします。
 
全体的に見て、500~1000gの増加であれば問題ありません。
500gに満たないからといって無理やり母乳やミルクを飲ませるということはNGです。
赤ちゃんにも個性がありますから、元気にミルクや母乳を飲んでいるのであれば焦る必要はないのです。

引用元-赤ちゃんの体重が増えないけど大丈夫?

生後1ヵ月の赤ちゃんの体重が増えすぎで心配!

赤ちゃんの体重はミルクか母乳かで発育曲線が異なってきます。
 
ミルクのみで育てた場合は母乳で育てた赤ちゃんに比べて体重が増加しますし、赤ちゃんの個人差がありますので、周囲と比べて増加しているから増えすぎ・育児書よりも増えすぎているから問題の判断は行わないようにしましょう。
 

母子健康手帳の発育曲線から多少ずれているからといっていきなりミルクの間隔をあける、あるいは回数を減らすなどの行為は行ってはいけません。
 
定期検診で増えすぎているとの指摘がある場合にのみ気をつける程度で問題ありません。その場合も、対応については指示や案内がありますのでその内容に従うようにしましょう。
 
3~5ヶ月目の赤ちゃんで通常よりも太っているからメタボリックシンドロームのような病気につながるということはありません。
 
ハイハイや伝い歩きなどが始まると運動量が増えるので細くなり始め、1歳になる頃には標準となるケースが殆どです。
 
離乳食が始まる頃に、野菜を多くし糖分を控えさせるなどの食事にすることでも改善されます。
 
身長に対し、著しく体重のみ増加する、あるいは身長が全く伸びないという場合は病気の可能性がありますので、医師に相談しておくことが望ましいです。

引用元-赤ちゃんの体重が増えないけど大丈夫?

低出生体重児とは、どんな体重の赤ちゃん?

生まれた時の体重が2,500g未満の赤ちゃんのことをいいます。その中でも1,500g未満の赤ちゃんを極低出生体重児、1,000g未満の赤ちゃんを超低出生体重児と呼びます。これは従来さまざまな分類軸が混在した状態で使われてきた「未熟児」という言い方が誤解を生むことが多いため、出生体重という分類から分けられたものです。

低出生体重児の多くは早産(妊娠22週から37週未満)で生まれた赤ちゃんですが、中には妊娠期間は十分なのに低体重の赤ちゃん(子宮内胎児発育不全)もいます。日本国内の出生数は年々減少していますが、低出生体重児の割合は増加しています。不妊治療による双子や3つ子の赤ちゃんが増えたこと、新生児医療のめざましい進歩によって超低出生体重児の赤ちゃんの命も救えるようになったことが主な要因です。全体の出生数に占める低出生体重児の割合は約1割弱とされています(厚生労働省調べ)。

引用元-低出生体重児とは?原因は?障害は残る?どう成長する? – こそだてハック

twitterの反応

 - 健康・病気