カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

断食の効果は?3日間の集中ダイエット!

      2015/10/30

wpid-2015_10_29_03_19_6.jpg

ダイエットや美容に断食は、とても効果とされています。

そこで3日間の断食で体にはどのような変化が現れるのでしょうか?

断食の正しい方法とともに詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

a07fbb6a5e3ec4350a2ce4eef3adecf3_m
産後の貧血の数値はどのくらい?貧血改善で健康な体作り!

産後は貧血数値も通常の時とは違い、慣れない育児や生活の変化になどによって貧血になりやすいといわれています。

貧血状態が続いてしまうと、ママの健康状態や母乳の質にまで影響してしまうそうです。

そこで出産後の貧血について調べてみました。ぜひ参考にして自分の為にも赤ちゃんの為にも、健康な体作りを目指しましょう!

歯茎 炎症 熱
歯茎の炎症で熱がでることも?!その原因と対処法

歯茎が腫れる。痛い…。皆さんも一度は経験したことがあるかと思います。
大したことはないとついつい放ってしまいがちの歯茎のトラブル。
油断していると大変なことになってしまうかもしれません。今回は歯茎の炎症、発熱についてクローズアップしたいと思います。

%e8%82%ba%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b1%e3%82%99%e3%83%b3%e3%80%80%e7%99%bd%e3%81%84
肺のレントゲンを撮ったら白い影が…!その原因とは?

健康診断や人間ドックなど、検査項目に必ずあるレントゲン。
特に問題がなければ一安心ですが、もしレントゲンを撮った結果、肺に白い影があったら…?
肺のレントゲンで異常が見つかった場合の原因や考えられる病気について探ってみました。

胃 検査 年齢
胃の検査を受ける年齢は?健康維持のために適切な検診を!

会社に勤めている方は1年に1度の健康診断が義務付けられています。
しかし胃の検査に関しては、ある一定の年齢になってからの追加検査という形が定例となっています。
そこで病気を未然に防ぐために、実際には何歳から胃の検査を受けるべきなのか調べてみました。

耳 音がする 脈
耳から音がする…脈打つ耳鳴りの原因と知っておくべき危険性

耳から脈打つような音がすることはありませんか?
その耳鳴りは病気が原因となっている可能性があります。中には命をも脅かす病気の可能性もあるようです。
そこで脈打つ耳鳴りの原因や対処法などをまとめてみました。ぜひ早めの対処を心がけましょう!

足 関節 指
足の関節や指にできる「ガングリオン」の対処法について…

足の関節や指にできる腫瘍「ガングリオン」をご存知ですか?
外反母趾とも症状が似ている「ガングリオン」について詳しくまとめてみました。
足に当てはまる違和感や不快な症状を感じた時は、ぜひ参考にして早めに対処しましょう。

生理痛 吐き気 冷や汗
つらい生理痛!吐き気や冷や汗を伴う時の対処法

毎月吐き気や冷や汗を伴う重たい生理痛に悩まされている方も多いことでしょう。

そこで、重たい生理痛についてまとめてみました。日々の生活自体も困難に感じてしまう生理痛の原因を理解し、対処法や改善法を実践してみましょう!

wpid-2015_09_26_03_54_9.jpg
帝王切開で出産!?原因・入院準備・退院まで

帝王切開とは一体どんな流れで出産するのでしょうか?
帝王切開になる原因は様々ですが、入院の準備をしっかり用意し手術に望みましょう。
帝王切開になる原因や入院準備など詳しく調べてみました。

不妊治療 障害 確率
不妊治療で障害児の確率が上がる!?気になるリスクと原因

最近では高齢出産をする方も増え、不妊治療への意識も高まってきています。

しかし不妊治療で障害が現れる確率が上がるといったデータがあることをご存知ですか?

それはどういったことが原因なのか、またそのリスクを下げる方法はあるのかなど、詳しく調べてみました。

筋肉 脂肪 大きさ
筋肉と脂肪の違い!大きさや比重も変わるってホント?

同じ重さの筋肉と脂肪でも、その大きさや比重は全く変わってきます。

ダイエットにおいても、その違いは重要で体重を落とすだけでは、根本的なスタイルアップはできません。そこで筋肉と脂肪の違いについて詳しくまとめてみました。ぜひ参考にしてスタイル改善に役立ててください!

a07fbb6a5e3ec4350a2ce4eef3adecf3_m
貧血の数値が9.5ってどうなの?知らないと怖い万病の元!

貧血の数値が9.5…これはどういう状態なのでしょうか?

貧血検査の結果はわかりづらく、理解できていない方も多いことでしょう。

しかし貧血状態を放っておくと、体には様々な症状が…また大きな病気の症状ということも考えられます。ぜひ参考にしてご自身の健康維持に役立ててください。

インフルエンザ 病院 待合室
インフルエンザ感染!病院の待合室にも気をつけよう!

1月2月は1年のうちでもインフルエンザの感染が拡大する時期です。体調不良などで病院に行き、待合室で感染してしまうという危険もあります。

そこでインフルエンザに感染しないための対策などをまとめてみました。ぜひ参考にしてインフルエンザの感染を食い止めましょう!

ee9e9a6d2e911cf4bc1d3f205ae4a9d7_m
左目が痙攣したときのジンクスって知ってましたか?

目が痙攣してしまった経験ってありますか?
目が疲れているときに痙攣は起こりやすいですが、実は左目の痙攣にはジンクスがあるそうです。
世の中には様々なジンクスや言い伝えがありますが、ちょっと信じることで毎日の生活が楽しくなりますよね。
今回は、左目の痙攣に関するジンクスについて調べました。

貧血 症状 真っ暗
貧血の症状?突然目の前が真っ暗になって倒れそうになる

ふとした瞬間に目の前が真っ暗になったり、ぐらぐらと倒れそうな症状が現れることが多い…。
これってもしかして貧血?貧血の症状とはどんなものがあるか知っていますか?
目の前が真っ暗になることや、倒れそうな症状は貧血と判断してよいのか調べてみました。

ひじ 骨折 リハビリ
ひじの骨折はリハビリが重要!正しい知識でしっかり治そう!

ひじの骨折は、元の状態のように動かすために正しい治療とリハビリが重要です。

骨折以前のような、ひじの可動域を取り戻すためにも、正しいリハビリの知識が必要になります。

そこでひじの骨折やリハビリについて調べてみました。

スポンサーリンク

3日間断食の効果的な方法

一日目の「断食の前準備」は、断食を本格的に行う前に、からだを慣らすための目的で行います。
この日は、朝食は普通どおり食べます。
昼食は通常の7~8割程度と量を少し減らし、夕食は通常の半分くらいの量にします。
急に食べ物を摂らなくなると胃にも負担がかかりますから、胃を慣らすために徐々に減らすという方法を取ります。
また、夕食を就寝の3時間前までには済ませ、アルコールは避けます。

二日目の「断食本番」は、食べ物を一切摂らないようにします。
しかし、何も口にしないのは、脱水症状を起こす危険がありますから、水分は通常よりも大目に摂るように心がけましょう。
水分は、お水やお茶がベストですが、どうしても辛いという人は、野菜ジュースやスポーツドリンクなどでも良いと思います。

三日目の「断食からの回復」は、胃腸に急激な負担をかけないようなものを少しずつ食べるようにします。
最低30時間何も食べていない状態で迎える朝食は、お粥など消化の良いものが良いですね。
量も減らしましょう。
昼食も少し少なめ、夕食から元にもどすようにします。
ただ、脂っこいものやアルコールは控えましょう。

引用元-プチ断食の方法 – プチ断食講座

効果的な断食は3日間がベスト!

3日間以上の継続は素人では危険と酵素栄養学の先生がとめているので、3日以上はしない方が良いと判断しています。
 
1日~2日で案内しているメーカーもありますが、デトックスがしっかりと行われて効果を体感できるのは3日間がベスト日数と判断しています。
 
1日~2日ではデトックスが行われきれない

酵素ダイエットの最大の利点は体の代謝を改善するデトックス効果を得られることです。
 
そのデトックスがスタートするのがファスティングをして2日目の昼くらいから始まります。
好転反応が現れるのがその合図で、実践者の多くが好転反応の症状が始まるのが2日目からです。
 
1日のファスティングだとデトックスが始まる前に終ってしまい、消化器官が休まる程度で終わってしまいます。
2日のファスティングだと、デトックスは始まるのですが、しっかりと終わりきる前に終ってしまうのでちょっともったいないと感じました。
 
3日のファスティングはデトックスもしっかりと行われて、好転反応が始まり終わるのをしっかりと体感できるのでもっともお勧めできる効果を体感できる日数でした。

引用元-ファスティングで効果的な日数は?100%結果を体感する!

断食がもたらす効果

「断食=体重が減る」というのは皆さんご存知かと思いますが、それ以外にも嬉しい効果があります。

■デトックス効果

プチ断食は体内を空っぽにすることによって体内の老廃物が排出されます。
それによって腸内の酵素が増やされ腸内環境の改善、大腸をキレイにするので便秘解消効果があります。

■美肌効果

腸内環境が良くなると腸から吸収される栄養素が肌まで届いて新陳代謝が活発になりますので、肌あれなど改善されやすく美肌効果がとても高いです。
なかにはアトピー症状が緩和されたいう方もいます。

■血中の余分なコレステロールを排出する

暴飲暴食によってコレステロール濃度が高くなってしまうと血流の流れが滞り、冷え性や慢性疲労、肩こりなどが起きやすくなってしまいます。
プチ断食をすることによって余分なコレステロールが排出されると全身の血のめぐりがよくなりますので身体の機能が高まります。

引用元-プチ断食の方法!1日と3日で食べていいものは違うの? | sweedy

3日間断食の後は回復食が重要!

プチ断食本番の翌日は、回復食を食べる日です。プチ断食をした直後に通常の食事に戻すと、胃がびっくりして、きゅっと締め付けられるような痛みが出ることがありますので注意してください。

回復食とは、プチ断食によって休ませた胃腸に、元通りの働きを促すための食事です。大体はお粥やスープ系といった、消化に良い食事をとることです。とくにプチ断食翌日の朝食は、お粥か味噌汁・コーンスープなどにしておいてください。

プチ断食をしていると、最初は空腹に我慢できなくなるかもしれませんが、ある程度時間が経つと空腹に慣れてきて気にならなくなります。

そのため、「もう一日プチ断食できるんじゃないか?」と考えるかもしれません。しかし、まだ慣れてない時は一日で止めておきましょう。いきなり2日以上の断食をすると、身体に必要な栄養分まで足りなくなってしまいます。

特に、血肉となっていく栄養素としてタンパク質は重要です。味噌汁には大豆が使われていますのである程度摂ることはできますが、やはり肉や魚を全く食べない期間が続くと、筋肉が落ちてしまう可能性が高いです。注意しましょう。

プチ断食の翌日、朝食はお粥、お昼はお粥&味噌汁・漬物、夜はご飯と野菜中心の料理を少し、と言った具合に徐々に戻すことをお勧めします。

引用元-プチ断食の後は回復食を | プチ断食ダイエット道場

3日間断食を効果的に行うための注意点

短期間で実践できる断食ダイエットですが当然ながら、いくつか注意点があります。

この注意点を守らなければ体調を崩し、リバウンドする可能性が高くなるので必ず守るようにしてください。
 
まず、何度も繰り返しになりますが断食は必ず3日間に留めてください。

カロリーを摂取しなければその分体重が落ちるのは当然です。

ですが、断食によって栄養が絶たれると身体は筋肉を分解して生きるための栄養に使ってしまいます。

その結果、代謝が落ちてしまい痩せにくい体質になってしまうのです。
代謝だけでなく、生命の危機と身体が判断し脂肪を溜め込みやすい状態になってしまうので断食をやめた後に、一気にリバウンドしてしまいます。
そうならないためのギリギリのラインが3日間の断食なのです。
 
じゃあ、断食を続けなければ良いのかと考えて3日間の断食を短いスパンで繰り返す人もいますがこれも同じ結果をもたらします。
頻繁に断食を繰り返していたらその栄養状態に身体も慣らされてしまうので断食は繰り返すものではありません。
やるにしても、数ヶ月に1回程度に抑えておきましょう。

引用元-3日でできるダイエット!断食の安全なやり方3ステップ

twitterの反応

 - 健康・病気