カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

避妊の方法!昔はどうだったの?

      2016/03/15

避妊 方法 昔

今も昔も男女の関係は変わりません。しかし今と違い、避妊の難しかった時代はどうしていたのでしょうか?江戸時代から現在までの避妊方法を、詳しく調べてみました。様変わりする避妊方法を時代をおって見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

動悸 息苦しい 手の震え
突然の動悸。息苦しい、手の震えから考えられる病気と対処法

突然の動悸。息苦しい、手の震えを感じたことはありませんか?
その症状はもしかすると何らかの病気が関係している可能性もあるようです。
そこで気になる症状から考えられる病気と対処法について調べてみました。

心臓 痛み 締め付け
心臓の痛みに締め付け。考えられる病気と詳しい症状について

心臓に痛みや締め付けを感じた時、もしかするとそれは深刻な病気の前兆かもしれません。

症状や病気によっては緊急を要するものや、死に至るケースも考えられます。

そこで心臓の痛みや締め付けを伴う病気について調べてみました。気になる症状があれば早めに病院を受診しましょう。

post-61
ジェイゾロフトってどんな薬?服用中のお酒の影響

みなさんジェイゾロフトというお薬をご存知ですか?

ジェイゾロフトは抗うつ剤です。
病気の改善には服用中のお酒は避けたほうが良いですが、飲酒のことでストレスを溜めるのも良くないことです。

この薬の効能や服用中にお酒を飲むと、どういう影響が出るのか詳しく調べてみました。

左下腹部 違和感 女性
左下腹部に違和感…。特に女性で考えられる原因とは?

女性が感じる下腹部の違和感。特に左下腹部には子宮や卵巣などがあり、大切な器官が備わっている場所です。
大したことではないと放っておくと、大事に至る可能性もあります。
左下腹部の違和感や痛みの原因や対処法などを探ってみました。

足の裏 痛み 土踏まず
足の裏の痛み!土踏まずにできる「足底線維腫」について…

足の裏の急な痛み、それは土踏まずにできた「足底線維腫」が原因かもしれません。
あまり聞きなれない「足底線維腫」。悪化すると手術が必要になることもあるようです。
そこで早期発見、早期治療のために土踏まずにできる「足底線維腫」についてまとめてみました。気になる症状がある時は早めに対処するように心がけましょう。

食後 腹痛 吐き気
食後に襲う腹痛や吐き気!原因は何?

食後に急な腹痛や吐き気に襲われたことはありませんか?もしかするとそれは、病気の症状のひとつなのかもしれません。そこで、考えられる原因について調べてみました。もし、思い当たる症状があるのであれば、早めに病院を受診して不快な症状を治療しましょう。

33efb687660aab4678b5e088f98b2fb5_m
骨折からくる痛みのピークは?骨が痛む?正しい骨修復のお話

骨折には激しい痛みがつきまとうものです。痛みのピークは骨折後遅れて現れることも…

骨折からくる痛みは、一体どのように起こるのでしょうか?

そこで骨折と痛みについて調べてみました。ぜひ参考にして早期回復を目指しましょう!

お酒 下痢 嘔吐
お酒による下痢や嘔吐の対処法は?

お酒による体調の不調は、多くの大人が経験したことがありますね。飲んでいる時は楽しくてついつい飲みすぎてしまう、そして次の日にくる下痢や嘔吐、とても辛いですよね。そんな時はみなさんどんな対策をされているのでしょうか。お酒による下痢や嘔吐の対処法について調べました。

pain-of-thrombosis-symptoms-chest
血栓症の原因・症状・治療法!胸の痛みはサインのひとつ!

血栓症とはいったいどんなものなのでしょうか?

胸の痛みや痺れなど、血栓症と思われる症状が出たらすぐに病院に受診しましょう。

原因や症状、そしてサインの一つとされる胸の痛みを調べてみました。

風邪 寒気 筋肉痛
風邪で寒気や筋肉痛のつらい症状…その原因と対処法!

風邪を引くと発熱に加えて、寒気や筋肉痛といった症状が体に現れます。

その症状が出る原因はなんなのか、詳しく調べてみました。

もしかすると風邪以外にもインフルエンザの可能性も考えられるようです。ぜひ参考にして、正しく対処し早期快方を目指しましょう!

鼻水 黄色 痰
鼻水と黄色い痰!症状から考えられる原因は何?

鼻水や黄色い痰の症状が続き、ただの風邪だと思っていても、実は違う病気の可能性もあります。

そこで鼻水や黄色い痰の症状から考えられる原因を調べてみました。

気になる症状がある方は、病院へ早めの受診を心がけましょう!

肋骨 痛い 内臓
肋骨が痛い時の原因は内臓にある?

肋骨が痛いとき、骨の近くが痛いため、骨に原因があるのではないかと思ってしまいます。もちろんその可能性もありますが、実は内蔵に原因があることもあるのです。肋骨が痛いとき、原因によって痛み方や痛む部分が違ってくるようです。肋骨が痛む原因が内蔵にある場合について調べました。

ひじ 骨折 リハビリ
ひじの骨折はリハビリが重要!正しい知識でしっかり治そう!

ひじの骨折は、元の状態のように動かすために正しい治療とリハビリが重要です。

骨折以前のような、ひじの可動域を取り戻すためにも、正しいリハビリの知識が必要になります。

そこでひじの骨折やリハビリについて調べてみました。

食欲不振 吐き気 体重減少
食欲不振・吐き気・体重減少!症状から見られる病とは・・・

食欲不振・吐き気・体重減少。このような症状が体に現れたら、それはただの体調不良ではないかもしれません。

気付かぬうちに重篤な病が潜んでいるという可能性も考えられます。そこで食欲不振・吐き気・体重減少から考えられる病気についてまとめてみました。

プール 塩素 かゆみ
プールの塩素が原因でかゆみが出ることはありませんか?

これからの季節はプールに入る機会もあるかと思いますが、塩素が原因で肌にかゆみを感じる方もいるのでないでしょうか?
そもそもなんでプールに塩素を入れるのでしょう。そしてプールに入ってかゆくなってしまったらどうすればいいのでしょうか?
かゆくなる原因やプールから上がった後にどのような対処法があるのか調べてみました。

スポンサーリンク

昔の避妊方法〜江戸時代

女性用の避妊方法としてはまずは洗浄。とにかく洗い流せば大丈夫だと考えられていました。
そして御簾紙という薄い紙を唾で湿らせ丸めたものを膣内に詰め、そこに精液を吸い取らせていたようです。
それと毎月一日に服用すれば妊娠しないと言われていた『朔日丸』と言うものもあった様で共同便所に広告が貼られている様子が絵に残っているそうです。
それと二月二日におへその下にお灸をすると妊娠しなくなると信じられていてこの日はどこの遊女もみなお灸をしていたようです。

男性の方も魚の浮き袋でつくったコンドームの様なものがあったようですが実際に使用していたかは定かではありません。
それと甲形と呼ばれるべっ甲で作ったコンドームのような物もあったとされていますが硬いし重いしなので実際は笑い道具(大人のおもちゃ)として使っていたのではないかと思われています。

引用元-江戸時代など、昔の男女はどうやって避妊していたのですか?それ… – Yahoo!知恵袋

昔の避妊方法〜明治時代

『懐妊避妊自在法』(1886年)によれば、明治前期には、アルコール等の薬剤を用いて精子を殺す方法、月経前後の一定時期の性交を禁止する方法、ルーデサック(現在のコンドーム)を用いる方法、電気の振動を用いる方法、性交前の酸性溶液による洗浄法などが紹介されていたようです。
明治後期になると、一般に流布された避妊法は、ほぼ以下の6つに絞られていたことが、『男女生殖健全法』(1900年、中央看護婦会)、『妊娠自在法』(1908年、日本医科学会)、『男女通俗秘密療法』(1908年、日本薬学協会)等を読むとわかります。

引用元-明治時代の避妊法@: お産を待ちながら

昔の避妊方法〜大正時代

避妊は反社会的な、モラルに欠けることのようにとらえられていたかと思われます。
妊娠しない前提の交接は社会として許されないということでしょうか。
その後に避妊の方法があげてあります。
1 輸卵管または卵巣除去法
2 別居法
3 洗浄法
4 コンドーム法
5 座薬法
6 充填法
7 密へい法
8 脱出法
9 防遏法
10 レントゲン滅芽法

想像がつくものもありますが、想像できないものも多数あります。

引用元-大正時代の避妊法 | 買取する古本屋「エーブック」の買取日記

昔の避妊方法〜昭和

昭和になると現在のコンドームの基盤となるラテックス製コンドームが生まれました。
そして昭和も終わりになると日本でもエイズ患者が発見され、一番手軽で確実なコンドームに注目が集まってきました。
ある調べによると日本で1月に45万x144のコンドームが使用されています。
ところがこのコンドームの消費量は一番多かったときの6割とのデータもあります。それに対して、性感染症は反対に年々増加してきています。 これはどういったことなのでしょうか?
コンドームを購入するのに恥ずかしさ、抵抗があるのかもしれません。
確かに「コンドーム買う=セックスします」というものだから当然です。
避妊、コンドームに関しての教育が十分でないということも考えられます。

引用元-コンドームとは? | コンドーム専科

昔の避妊方法〜現在

一般的な方法としては、性器に装着して精子を膣内へ防ぐコンドーム、女性ホルモンの入った薬を毎日服用することによって排卵を抑制し、精子の子宮内の侵入を抑制したり着床しにくい状態にする経口避妊薬、手術によって精子や卵子の通路を塞いだり切断する避妊手術、子宮内に挿入して受精卵の着床を防ぐ子宮内避妊器具などが上げられます。
このような種類がありますがメリットとデメリットがあり、コンドームは感染症の予防に効果的な反面、装着ミスや破損、外れたりするなどの失敗が多く、薬によるものは女性自身で行えて正しく使用すれば失敗が少ないが、病気にかかっていると場合によっては服用できなかったり体質に合わなければ副作用などが考えられ、手術によるものは100%近く妊娠を避けることができるようになりますが、一度手術をしてしまうと通常は子どもを作ることができなくなり、子宮内で器具を使えば効果が高く、一定期間効果が持続しますが、自分では行えずに医師などに挿入してもらう必要があり、出産経験のない女性には向いていない、月経痛が悪化したり副作用やかかっている病気によっては使用できないなどのデメリットがあるのです。

引用元-避妊方法とその種類について – アフターピルの基礎知識

twitterの反応

 - 健康・病気