カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

避妊の方法!昔はどうだったの?

      2016/03/15

避妊 方法 昔

今も昔も男女の関係は変わりません。しかし今と違い、避妊の難しかった時代はどうしていたのでしょうか?江戸時代から現在までの避妊方法を、詳しく調べてみました。様変わりする避妊方法を時代をおって見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

腕 打撲 湿布
腕の打撲に湿布がおすすめ!効果的に使用するポイント

腕を打撲した時に、痛みや症状の緩和のために湿布を使用する方も多いことでしょう。

いつも何気なく使用している湿布にも、効果的な種類や貼り方などがあることをご存知ですか?

そこで腕の打撲に効果的な湿布の使用法についてまとめてみました。早期改善のためにもぜひ参考にしてください。

仕事 ストレス 診断書
仕事状のストレスで病気に…診断書と休職の手続きについて

最近はストレス社会とも言われ、様々なストレスを日々感じている方が多い時代です。
仕事上のストレスでの精神疾患も多くみられ、休職や退職にまで悪化してしまうことも…
その際重要になるのが「診断書」です。ぜひ参考にして早目に適切な対処を心がけましょう!

wpid-2015_09_26_03_54_9.jpg
帝王切開で出産!?原因・入院準備・退院まで

帝王切開とは一体どんな流れで出産するのでしょうか?
帝王切開になる原因は様々ですが、入院の準備をしっかり用意し手術に望みましょう。
帝王切開になる原因や入院準備など詳しく調べてみました。

心臓 痛み ズキズキ
心臓の痛み…ズキズキが続くときに考えられる原因と対策

心臓からズキズキとした痛みが続く…その原因は大きな病気が関係している可能性があります。
痛みを放置しておくと、原因によっては症状の悪化、または死に至るケースもあるようです。
気になる症状が現れたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

stiff-neck-awful-teen2
肩こりのひどい10代が急増中!スマホやゲームが原因か!?

一種の現代病の一つかも!10代のひどい肩こりが急増しているという
ゲームにスマホにパソコンと気がつけばいつも猫背になっています。
根本的な肩こりの解決には正しい姿勢が一番たいせつです。

胃 検査 年齢
胃の検査を受ける年齢は?健康維持のために適切な検診を!

会社に勤めている方は1年に1度の健康診断が義務付けられています。
しかし胃の検査に関しては、ある一定の年齢になってからの追加検査という形が定例となっています。
そこで病気を未然に防ぐために、実際には何歳から胃の検査を受けるべきなのか調べてみました。

筋肉 脂肪 大きさ
筋肉と脂肪の違い!大きさや比重も変わるってホント?

同じ重さの筋肉と脂肪でも、その大きさや比重は全く変わってきます。

ダイエットにおいても、その違いは重要で体重を落とすだけでは、根本的なスタイルアップはできません。そこで筋肉と脂肪の違いについて詳しくまとめてみました。ぜひ参考にしてスタイル改善に役立ててください!

卵巣 子宮 全摘出
卵巣や子宮の全摘出とは?体への影響はあるの?

子宮筋腫や卵巣腫瘍などの病気によって、卵巣や子宮の全摘出手術を受けなくてはならないことがあります。
全摘出することで病気が治ると言われても、子宮や卵巣がなくなってしまうというのは、女性にとってとてもつらいことですよね。
摘出したあと、心や体にはどのような変化があるのか?後遺症はあるのか?と誰もが不安になり、戸惑うことと思います。
病気を乗り越えるためにも、手術について・体への影響についてくわしく知っておくことが大切ですよね。
今回は、卵巣や子宮の全摘出手術について調べました。

生理痛 痛み 波
生理痛のつらい痛みの波…この症状どうすればいいの!?

毎月生理痛の痛みに悩ませれる女性は多いようです。その痛みにも波があり、つらい症状を必死に乗り越えている方も…

そこで生理痛による痛みの波を緩和させる方法や予防する方法などを調べてみました。その原因には生活習慣なども関係しているようです。ぜひ参考にしてつらい症状を緩和させましょう!

寝起き 耳 違和感
寝起きだけ耳に違和感があるのです。どうしてでしょう?

最近、寝起きに耳の違和感がある。でも2,3時間経つと治ってることがあったりもする。
耳に違和感を感じることありませんか?
病院に行った方がいいのか?様子を見ててもいいのか。
経験者からいろいろと聞いてみましょう!

さかまつ毛 手術 子供
さかまつ毛には手術が必要?子供によくある目の症状について

子供の目の症状としてよく見られる「さかまつ毛」。大人のさかまつ毛と違い、子供のさかまつ毛は放っておくと目の健康を損ねてしまうこともあるようです。

そこでさかまつ毛の改善方法としてあげられる手術について調べてみました。ぜひ参考にして子供の目の健康を守りましょう!

生理痛 吐き気 冷や汗
つらい生理痛!吐き気や冷や汗を伴う時の対処法

毎月吐き気や冷や汗を伴う重たい生理痛に悩まされている方も多いことでしょう。

そこで、重たい生理痛についてまとめてみました。日々の生活自体も困難に感じてしまう生理痛の原因を理解し、対処法や改善法を実践してみましょう!

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_m
子供の皮膚が黒い原因は?

子供の皮膚が黒いか白いかというのは、親にとっても子供自身にとっても意外と気になるものです。特に子供の皮膚が黒いと何かの病気では、と心配になることもあります。子供の皮膚が黒くなる原因について調べました。

22a28e805a3c758a6fd9be8117af7b5a_m
鼻を打撲してしまった…ひどいときは迷わず病院へ!

スポーツをしているときはもちろん、日常生活でも鼻をぶつけてしまうことってありますよね。
鼻の骨はとても薄いので、弱い力でも簡単に折れてしまうことがあるそうです。
ただの打撲だったら安心ですが、もしかしたら骨折の可能性も考えられます。
ひどい打撲の場合は、我慢せずに病院を受診しましょう。
今回は、鼻を打撲した場合の対処方法について調べました。

wpid-2015_09_20_02_04_2.jpg
低血圧ってどんな症状?息苦しいのもそのせいなの?

高血圧のことはよく聞きますが、低血圧はどんな症状があるのでしょうか?

規則正しい生活習慣を心がけ、低血圧を改善し、不快な息苦しい症状などを起こらないようにしましょう。

たまにおこる息苦しい感じも低血圧が関係しているようです。くわしく調べてみました。

スポンサーリンク

昔の避妊方法〜江戸時代

女性用の避妊方法としてはまずは洗浄。とにかく洗い流せば大丈夫だと考えられていました。
そして御簾紙という薄い紙を唾で湿らせ丸めたものを膣内に詰め、そこに精液を吸い取らせていたようです。
それと毎月一日に服用すれば妊娠しないと言われていた『朔日丸』と言うものもあった様で共同便所に広告が貼られている様子が絵に残っているそうです。
それと二月二日におへその下にお灸をすると妊娠しなくなると信じられていてこの日はどこの遊女もみなお灸をしていたようです。

男性の方も魚の浮き袋でつくったコンドームの様なものがあったようですが実際に使用していたかは定かではありません。
それと甲形と呼ばれるべっ甲で作ったコンドームのような物もあったとされていますが硬いし重いしなので実際は笑い道具(大人のおもちゃ)として使っていたのではないかと思われています。

引用元-江戸時代など、昔の男女はどうやって避妊していたのですか?それ… – Yahoo!知恵袋

昔の避妊方法〜明治時代

『懐妊避妊自在法』(1886年)によれば、明治前期には、アルコール等の薬剤を用いて精子を殺す方法、月経前後の一定時期の性交を禁止する方法、ルーデサック(現在のコンドーム)を用いる方法、電気の振動を用いる方法、性交前の酸性溶液による洗浄法などが紹介されていたようです。
明治後期になると、一般に流布された避妊法は、ほぼ以下の6つに絞られていたことが、『男女生殖健全法』(1900年、中央看護婦会)、『妊娠自在法』(1908年、日本医科学会)、『男女通俗秘密療法』(1908年、日本薬学協会)等を読むとわかります。

引用元-明治時代の避妊法@: お産を待ちながら

昔の避妊方法〜大正時代

避妊は反社会的な、モラルに欠けることのようにとらえられていたかと思われます。
妊娠しない前提の交接は社会として許されないということでしょうか。
その後に避妊の方法があげてあります。
1 輸卵管または卵巣除去法
2 別居法
3 洗浄法
4 コンドーム法
5 座薬法
6 充填法
7 密へい法
8 脱出法
9 防遏法
10 レントゲン滅芽法

想像がつくものもありますが、想像できないものも多数あります。

引用元-大正時代の避妊法 | 買取する古本屋「エーブック」の買取日記

昔の避妊方法〜昭和

昭和になると現在のコンドームの基盤となるラテックス製コンドームが生まれました。
そして昭和も終わりになると日本でもエイズ患者が発見され、一番手軽で確実なコンドームに注目が集まってきました。
ある調べによると日本で1月に45万x144のコンドームが使用されています。
ところがこのコンドームの消費量は一番多かったときの6割とのデータもあります。それに対して、性感染症は反対に年々増加してきています。 これはどういったことなのでしょうか?
コンドームを購入するのに恥ずかしさ、抵抗があるのかもしれません。
確かに「コンドーム買う=セックスします」というものだから当然です。
避妊、コンドームに関しての教育が十分でないということも考えられます。

引用元-コンドームとは? | コンドーム専科

昔の避妊方法〜現在

一般的な方法としては、性器に装着して精子を膣内へ防ぐコンドーム、女性ホルモンの入った薬を毎日服用することによって排卵を抑制し、精子の子宮内の侵入を抑制したり着床しにくい状態にする経口避妊薬、手術によって精子や卵子の通路を塞いだり切断する避妊手術、子宮内に挿入して受精卵の着床を防ぐ子宮内避妊器具などが上げられます。
このような種類がありますがメリットとデメリットがあり、コンドームは感染症の予防に効果的な反面、装着ミスや破損、外れたりするなどの失敗が多く、薬によるものは女性自身で行えて正しく使用すれば失敗が少ないが、病気にかかっていると場合によっては服用できなかったり体質に合わなければ副作用などが考えられ、手術によるものは100%近く妊娠を避けることができるようになりますが、一度手術をしてしまうと通常は子どもを作ることができなくなり、子宮内で器具を使えば効果が高く、一定期間効果が持続しますが、自分では行えずに医師などに挿入してもらう必要があり、出産経験のない女性には向いていない、月経痛が悪化したり副作用やかかっている病気によっては使用できないなどのデメリットがあるのです。

引用元-避妊方法とその種類について – アフターピルの基礎知識

twitterの反応

 - 健康・病気