カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

子供の皮膚が黒い原因は?

      2016/03/15

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_m

子供の皮膚が黒いか白いかというのは、親にとっても子供自身にとっても意外と気になるものです。特に子供の皮膚が黒いと何かの病気では、と心配になることもあります。子供の皮膚が黒くなる原因について調べました。

スポンサーリンク

関連記事

前歯 虫歯 治療費
前歯が虫歯になったときの治療費の相場や目安について

前歯は笑ったときに一番気になるところ。歯医者さんで前歯の虫歯治療も見た目には気を配ってもらいたいですね。
そういった治療費がどれくらいなのか気になります。費用はどれくらい用意すればよいのでしょう。
保険を使った場合や、相場について調べました。

歯茎 顎 痛み
歯茎が痛い、顎の痛みも…もしかして顎関節症?

急激に症状が現れる歯茎や顎の痛み。歯茎と思っていたら奥歯が痛みの原因だったり、
痛みの原因がどこだかはっきりしないことが多いのです。
ここでは、歯茎や顎の痛みを軽減させる方法や痛みの原因など紹介します。

右 肋骨 痛い
右の肋骨が痛い原因とは?

肋骨が痛む、特に右の肋骨が痛い時は何が原因なのでしょう?肋骨の周りは体の中心部分であり、痛みがひどいと動けません。右の肋骨に痛みが出やすいのはどんな人か、痛みが出たら何科へ行けばよいのか、そして右の肋骨が痛い原因について調べました。

つわり 入院 食事
つわりで入院した場合の食事は?

妊娠経験のある人でつわりのあった人はわかると思いますが、つわりって本当に辛いです。

人によってつわりの重さや期間も違い、また一人目と二人目で違ったりもします。

つわりが重度の人は、入院になるので、そんな時は食事はどうなっているのでしょうか。つわりで入院の場合の食事について調べました。

顔 シミ 病気
顔のシミは病気が原因?健康と美肌のためのポイントとは…

多くの女性が顔にできるシミを悩みに感じています。しかし顔にできるシミの原因は病気が関係していることがあるようです。

病気が原因でできるシミとはどんなもので、どんな病気が関係しているのでしょうか?

そこで気になる顔のシミについて調べてみました。ぜひ参考にして健康と美肌のためにできることをしてみましょう。

wpid-2015_09_26_03_54_6.jpg
【新生児】産まれてから1ヶ月間で体重はどれくらい増える?

初めての育児、不安がいっぱいですよね。

産まれてからの1ヶ月間、新生児ってどれくらい体重が増えるものなのでしょうか?

あまり体重が増えなくて…と悩んでる完母のママさん必見の情報も!

ee9e9a6d2e911cf4bc1d3f205ae4a9d7_m
左目が痙攣したときのジンクスって知ってましたか?

目が痙攣してしまった経験ってありますか?
目が疲れているときに痙攣は起こりやすいですが、実は左目の痙攣にはジンクスがあるそうです。
世の中には様々なジンクスや言い伝えがありますが、ちょっと信じることで毎日の生活が楽しくなりますよね。
今回は、左目の痙攣に関するジンクスについて調べました。

%e9%a2%a8%e9%82%aa%e3%80%80%e7%97%85%e9%99%a2%e3%80%80%e6%84%8f%e5%91%b3%e3%81%aa%e3%81%84
風邪で病院へ行くのは意味ない?その理由と本来の対処法とは

風邪を引いてしまったら病院へ行かなければ。

これが一般的な流れだと思いますが、実は風邪で病院へ行くのは意味ないかもしれません!

今回は、病院へ行く意味がない理由と、本来の対処法について調べてみました。

くも膜下出血 頭痛 場所
くも膜下出血の頭痛の場所によって危険度が違うってホント?

ある日突然感じたこともない頭痛に襲われ、くも膜下出血で倒れてしまうケースが多いようです。

しかしくも膜下出血には発症する前の予兆などもあるようです。

それは頭痛の起こる場所や不快な症状など様々です。気になる症状がある方は早めに病院を受診しましょう。

c53bd983b81c3af516511452f0b07eb4_m
反回神経麻痺ってどんな病気?リハビリが改善のカギになる!

反回神経麻痺という病気を知っていますか?この病気の改善にはリハビリが重要になるようです。

様々な病気の後遺症としてもあげられる、反回神経麻痺について調べてみました。

長く続く喉の不調はもしかして反回神経麻痺ということも…気になる症状がある方はぜひ参考にしてください。

鼻水 黄色 痰
鼻水と黄色い痰!症状から考えられる原因は何?

鼻水や黄色い痰の症状が続き、ただの風邪だと思っていても、実は違う病気の可能性もあります。

そこで鼻水や黄色い痰の症状から考えられる原因を調べてみました。

気になる症状がある方は、病院へ早めの受診を心がけましょう!

wpid-2015_09_15_05_58_2.jpg
夜、急に心臓がドキドキ!これって何かの病気なの?

夜、心臓が急にドキドキすることはありませんか?一体何が原因で起こる症状なのでしょうか?詳しく調べてみました。

生理痛 激痛 救急車㈰
生理痛が耐えかねる激痛に!救急車を呼んでもいいですか?

もし男性に腹痛、腰痛、頭痛、胃痛、吐き気、めまい、だるさなんて症状が現れたらいったいなんの病気だろう?って重病を疑っちゃいますよね?
これらは女性に毎月訪れる生理の症状なんです。生理のある約7~8割の女性がなにかしら不快な症状を感じていると言われています。
なかには失神する程の激痛や止まらぬ嘔吐、立っていられない、など重症になる方も少なくありません。
生理痛だからとためらってしまう救急車についてと、生理痛あれこれを見てみましょう。

腹痛 下痢 発熱
腹痛、下痢、発熱の症状が出たら何の病気?

毎年寒い時期や暑い時期には、病気が流行ります。風邪などの体調不良にも色んな症状がでると思います。 よくあるといえばある、腹痛、下痢、発熱の症状ですが、これらが同時に起こった時、考えられる病気とは何でしょうか。 腹痛、下痢、発熱を伴う病気について調べました。

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_m
自律神経失調症と診断されたら〜休職時の過ごし方〜

人間の体内には「交感神経」と「副交感神経」という自律神経が存在しています。
その2つの自律神経のバランスが乱れると、様々な症状が現れてくるのです。これは「自律神経失調症」と呼ばれる病気です。
普通の社会生活に支障をきたしてしまい、休職を余儀なくされる人も少なくはありません。治療の為とはいえ、休職期間はもどかしいものでしょう。
有意義にする為には、どのような過ごし方をしたら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

子供の皮膚が黒い白いに限らず肌タイプを知って守ってあげよう!

肌の色も赤ちゃんの個性のひとつ。気にするよりも、肌タイプを知って赤ちゃんの肌を守ってあげましょう

お母さんたちのなかには、赤ちゃんの肌の色について気にされている方も多いようですね。
どのような状態を色白・色黒というのかは、特に医学的な基準はなく、あくまで、お母さんの感じ方の問題。
肌の色を決める要素は遺伝であり、将来大きく変わりません。健康である限り、気にしなくて大丈夫ですよ。
肌の色をほかの子と比べて心配するよりも、色白・色黒も個性のひとつとして、受け入れてあげましょう。
また、肌にはタイプの違いもあります。同じ色白の子でもそのタイプの違いにより、紫外線に対する肌の反応は変わってきます。
色白・色黒を気にしているママも、その色だけに注目せず、次のページからの肌タイプなどいろいろなことを学んで、赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。
肌には、色白・色黒という色の違いだけでなく、パッと見ただけではわからない、タイプの違いがあります。
ママが気になる紫外線対策については、肌の色よりタイプの違いが重要! 基本を知って、ベビーの肌を守ってあげましょう。

引用元-色黒ベビーと色白ベビー【皮膚の色素のメカニズム】 – gooベビー

子供の皮膚の黒い白いを決めるのはメラニンとは

色素細胞が作り出すメラニンが肌の色を決定

肌の色を決めているのは、表皮にある色素細胞です。
色素細胞は、表皮にある細胞のうち、2~3%と数が少なく、分裂して数が増えることもないのですが、外からの刺激に強く、長く生き続けます。
そして、この色素細胞がメラニンと呼ばれる色素を作り、周辺の角化細胞に分け与えることで皮膚の色が決まります。
色素細胞が作るメラニンは、黒褐色系のユーメラニンと黄赤色系のフェオメラニンの2種類。
色素細胞の数は人種などによって差はありませんが、メラニン粒子の大小や、有色人種はユーメラニンが多いなど、メラニンを作り出す能力は、遺伝的に決まっています。
このため、肌の色は、生涯にわたり大きく変わりません。
皮膚の色を気にするよりも、フォトスキンタイプを知っておくことが肌を守るために大切です!

日焼けをしたあとに、肌の色が褐色になるのは、太陽の紫外線に反応して色素細胞がメラニンをたくさん作ったからです。
「フォトスキンタイプ」とは、このような紫外線に対する肌の反応を、下の表のように6段階で表したもの。
日本人は主にⅡ~Ⅳのタイプにあてはまります。
肌がすぐに赤くなるほど紫外線に弱く、しっかりとした紫外線対策が必要になります。

引用元-色黒ベビーと色白ベビー【皮膚の色素のメカニズム】 – gooベビー

子供の皮膚にできる黒いあざは?

黒いあざは?

いわゆる「ほくろ」。自然には消えませんが、小さなものならば治療をしなくてもよいでしょう。顔にあるなど、気になる場合は、レーザーなどで治療ができます。20㎝を超えるほど大きい場合は、悪性化する心配もあるので早めに皮膚科を受診しましょう。

色素性母班(しきそせいぼはん)

3〜4才までに自然に消えます

引用元-赤ちゃんのあざ①茶色いあざ・黒いあざ・白いあざ | もっと知りたい!妊娠&育児のこと

<どんなあざ?>
生まれつきのものと後天性のものがある
生まれつきのものと、2〜3才ごろから生じる後天性のものがあります。
先天性のほくろで大きさが20㎝を超えているもの、小さくてもかたい毛が生えているものは、数%の確率で皮膚がんの可能性が。
後天性のものでも、急に大きくなったり、左右不対象な場合は、皮膚科を受診して。

 <治療は?>
外科手術とレーザー治療があります
手術で切除するのが基本。レーザー治療をする場合もありますが再発の可能もあり、あとが残ったり、白く色が抜けすぎることも。
また、ほくろのようで実はがんである場合もあります。治療法については、必ず皮膚科医に相談を。
外科手術の場合は…
局所麻酔で手術します。手術の時期は、医師との相談で決めます。
色素性母斑は、外科手術には保険が適用されますが、レーザーの場合は自己負担に。

引用元-赤ちゃんのあざ①茶色いあざ・黒いあざ・白いあざ | もっと知りたい!妊娠&育児のこと

子供の皮膚が黒い西洋医学的な原因はメラニン!

色黒肌の西洋医学的原因はメラニン色素の問題とされます。遺伝的な要因で、完全に黒であればもちろんどうしようもありませんが、
純粋な日本人であれば赤ちゃんの時から黒々しているということはまず無いと思います。
段々とメラニン色素の沈着が進んでしまうと考えられますが、この段階でストップをかけることが出来れば良いわけです。
よってそのカギは生活習慣にあると思われます。
ちなみに色黒であるともう改善は出来ないと考えてしまう方も多いとは思いますが、
色白とまではいかなくとも普通の色になることは決して不可能ではないと私は感じます。
特にくすんだような色黒であれば、体質改善を行うことに依り改善を見込めます。
もちろんやや長い目で見る必要はありますが、根気強く対策を行っていきましょう。

引用元-色黒肌の漢方的原因と対処法 | 皮膚病と漢方|よろず漢方薬局

子供の皮膚が黒い漢方的な原因は「お血」!

色黒の原因を漢方的に考えると、まず「お血」を疑います。
「お血」とは血行不良のことであり、色黒肌の方の大部分に、この「お血」体質が潜んでいる考えても良いでしょう。
逆にいえば、この「お血」体質を改善できれば色黒肌から脱却出来ると考えられます。
そして、この「お血」体質の改善の漢方薬としては「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」や「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」などが挙げられます。

しかし、ここで注意しなければならないのが「お血」は二次的な要因で発生するものであり、何かしらの「お血」を誘引する体質が必ず根本原因となっているという点です。そしてこの要因は色黒肌の方でも千差万別であり、ここで一言で対策を論じることは出来ないのです。
この場合には上記のお薬を服用しても改善は容易ではないでしょう。

引用元-色黒肌の漢方的原因と対処法 | 皮膚病と漢方|よろず漢方薬局

皮膚が黒くなる日焼けのメカニズム

日焼けは医学用語では「日光皮膚炎」といって、実は太陽光によるやけどなのです。
太陽光線の中の紫外線によって皮膚が刺激を受けたためにおこるもので、肌にとっては決して健康的といえる状態ではありません。
また、肌が赤くなっても黒くなっても日本では日焼けといいますが、英語では日光に浴びたあと、
赤く炎症を起こしている状態をサンバーン(sunburn)といい、
数日後、色素沈着して黒あるいは褐色に落ち着いた状態をサンタン(suntan)と呼び区別しています。
サンバーンでは日光を浴びた4~5時間後から皮膚が赤くなり始め、24時間後ごろに最も強く、少し浮腫(水ぶくれ)を伴ってきます。
この赤くなるしくみは、皮膚に紫外線が当たると血管を拡張させる作用のある物質(プロスタグランディンE)が角化細胞でつくられることにより起こります。
その物質が真皮に届き、血管を広げることによって血液量が増え皮膚が赤くなるのです。

また太陽紫外線が、表皮や一部の真皮の細胞遺伝子に傷をつけ、その傷が治らないで残るとプロスタグランディンEが作られ、
サンバーンが起きることがわかっています。
遺伝子の傷が残るとなぜ血管拡張物質が作られるのか、そのしくみはまだわかっていません。
しかし、皮膚が赤くなる度合い、つまりサンバーンがひどいほどDNAの傷も多いことがわかっています。

引用元-日焼けのメカニズムを知りましょう

twitterの反応

 - 健康・病気