カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

赤ちゃんの1ヶ月検診!体重の増えすぎは大丈夫?

      2016/03/18

1ヶ月 体重 増えすぎ

赤ちゃんの1ヶ月検診。赤ちゃんの成長は楽しみですよね。ただ体重の増えすぎのは気をつけなければいけない事があるようです。
1ヶ月検診で赤ちゃんの体重が増えすぎで発覚する過飲症候群。母乳やミルクの量を調節しながら、赤ちゃんの健やかな成長を見守っていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

心臓 痛み ズキズキ
心臓の痛み…ズキズキが続くときに考えられる原因と対策

心臓からズキズキとした痛みが続く…その原因は大きな病気が関係している可能性があります。
痛みを放置しておくと、原因によっては症状の悪化、または死に至るケースもあるようです。
気になる症状が現れたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

%e9%a2%a8%e9%82%aa%e3%80%80%e7%97%85%e9%99%a2%e3%80%80%e6%84%8f%e5%91%b3%e3%81%aa%e3%81%84
風邪で病院へ行くのは意味ない?その理由と本来の対処法とは

風邪を引いてしまったら病院へ行かなければ。

これが一般的な流れだと思いますが、実は風邪で病院へ行くのは意味ないかもしれません!

今回は、病院へ行く意味がない理由と、本来の対処法について調べてみました。

タバコ 吐き気 病気
タバコを吸うと吐き気…考えられる病気と健康のための対処法

タバコを吸うと吐き気がすることはありませんか?
その吐き気は何らかの病気が原因となり、喫煙によって引き起こされている可能性があるようです。
そこで喫煙による吐き気に関係する病気について調べてみました。

赤ちゃん 音楽 音量
赤ちゃんに与える音や音楽の効果!音量には要注意!

赤ちゃんに様々な音や音楽を聞かせることは、赤ちゃんの刺激になり良い影響を与えることもあります。

しかし音量や音によっては、赤ちゃんにとって良くない影響を与えてしまうことになりかねません。

赤ちゃんの健やかな成長のためにも、ぜひ参考にしてみてください。

wpid-2015_09_20_02_04_2.jpg
低血圧ってどんな症状?息苦しいのもそのせいなの?

高血圧のことはよく聞きますが、低血圧はどんな症状があるのでしょうか?

規則正しい生活習慣を心がけ、低血圧を改善し、不快な息苦しい症状などを起こらないようにしましょう。

たまにおこる息苦しい感じも低血圧が関係しているようです。くわしく調べてみました。

足の裏 痛み 土踏まず
足の裏の痛み!土踏まずにできる「足底線維腫」について…

足の裏の急な痛み、それは土踏まずにできた「足底線維腫」が原因かもしれません。
あまり聞きなれない「足底線維腫」。悪化すると手術が必要になることもあるようです。
そこで早期発見、早期治療のために土踏まずにできる「足底線維腫」についてまとめてみました。気になる症状がある時は早めに対処するように心がけましょう。

お酒 下痢 嘔吐
お酒による下痢や嘔吐の対処法は?

お酒による体調の不調は、多くの大人が経験したことがありますね。飲んでいる時は楽しくてついつい飲みすぎてしまう、そして次の日にくる下痢や嘔吐、とても辛いですよね。そんな時はみなさんどんな対策をされているのでしょうか。お酒による下痢や嘔吐の対処法について調べました。

不妊治療 障害 確率
不妊治療で障害児の確率が上がる!?気になるリスクと原因

最近では高齢出産をする方も増え、不妊治療への意識も高まってきています。

しかし不妊治療で障害が現れる確率が上がるといったデータがあることをご存知ですか?

それはどういったことが原因なのか、またそのリスクを下げる方法はあるのかなど、詳しく調べてみました。

仕事 ストレス 診断書
仕事状のストレスで病気に…診断書と休職の手続きについて

最近はストレス社会とも言われ、様々なストレスを日々感じている方が多い時代です。
仕事上のストレスでの精神疾患も多くみられ、休職や退職にまで悪化してしまうことも…
その際重要になるのが「診断書」です。ぜひ参考にして早目に適切な対処を心がけましょう!

3517210bac9dcb0b034a0e448e5f68fa_m
風邪の治し方で汗をかくというのは本当?それとも嘘?

昔から言われている風邪の治し方はさまざまありますが、その中でも汗をかくと風邪が早く治るというのは有名です。しかし、それは本当なのでしょうか。昔から言い伝えられてきたことが実は間違った情報だった、または時代が変わり証明されるようになったということは多いですね。風邪の治し方で汗をかくというのは本当なのか、それとも嘘なのかについて調べました。

子宮筋腫 手術後 痛み
子宮筋腫手術後の痛みの対処法と再発を防ぐポイント!

子宮筋腫は女性の病気の中でも特に多くみられる病気の一つです。
治療法としては手術が必要になるケースもあり、特に手術後の痛みが辛いと感じる方が多いようです。
そこで気になる子宮筋腫手術後の痛みについて詳しく調べてみました。

ee9e9a6d2e911cf4bc1d3f205ae4a9d7_m
左目が痙攣したときのジンクスって知ってましたか?

目が痙攣してしまった経験ってありますか?
目が疲れているときに痙攣は起こりやすいですが、実は左目の痙攣にはジンクスがあるそうです。
世の中には様々なジンクスや言い伝えがありますが、ちょっと信じることで毎日の生活が楽しくなりますよね。
今回は、左目の痙攣に関するジンクスについて調べました。

アキレス腱 手術 麻酔
アキレス腱断裂の手術に使う麻酔は痛い?

アキレス腱断裂はすぐに手術しなければ、と思いますよね。その際不安になるのが手術や麻酔、治り具合など。手術の際は痛いのか?というのが正直一番気になることでもあります。 アキレス腱断裂の手術に使う麻酔は痛いのか、また手術方法について調べました。

寝起き 耳 違和感
寝起きだけ耳に違和感があるのです。どうしてでしょう?

最近、寝起きに耳の違和感がある。でも2,3時間経つと治ってることがあったりもする。
耳に違和感を感じることありませんか?
病院に行った方がいいのか?様子を見ててもいいのか。
経験者からいろいろと聞いてみましょう!

316f78b9a947d50d1a80373a6f1192e5_m
脳出血の麻痺のリハビリ!正しい知識で家族で取り組む重要性

命をも脅かす脳出血。一命を取りとめたのも束の間、体には麻痺が残ってしまうことも…

麻痺の改善にはリハビリが重要になります。日々の生活にリハビリを取り入れることで、かなりの改善が期待できるようです。

そこで家族が協力してリハビリに取り組めるように、麻痺やリハビリのポイントについてまとめてみました。

スポンサーリンク

生後1ヶ月の体重の増加目安

赤ちゃんも外の世界に慣れてきた頃。
特に体重の増加は、目覚ましいものがあって1日30~40g増えると出生体重より満1ヶ月の頃には出生体重よりも1~2kgは増えています。
皮下脂肪も少し増え、ふっくらとした印象になってきます。体重も1日に30~40gのペースで増えています。
満1ヶ月の頃に出生体重より2kg以上の増加をする赤ちゃんも珍しくありません。
この時期にぐんと体重が増加しても増加はあとでスローテンポになります

引用元-BABYPARA|妊娠・出産・育児を応援する参加型サイト

1ヶ月検診で発覚!体重増えすぎ赤ちゃんの過飲症候群

・50g/日以上の体重増加(1カ月健診で)
・よく泣く  いきむ  ゼコゼコ  鼻閉
・いつ乳  吐乳  腹部膨満  多呼吸
・便秘  下痢
・長期に続くと刺激に敏感になる(易刺激性)反り返りが強くなる(後弓反張)   

簡単に言えば飲み過ぎ、飲ませ過ぎ の赤ちゃんの事です。
1カ月健診や3カ月健診で、赤ちゃんが順調に体重が増えているか、母乳不足を気にするお母さんは多くいますが、
この飲み過ぎ・飲ませ過ぎを気にするお母さんは案外少ない。

母乳のみで育てているお母さんで、赤ちゃんもあまり手がかかっていない感じだと、ことさら「オッパイがいっぱい出てこんなに大きくなりました」 と、
退院してからの自分の育児のペースをつかんできて、ちょっぴり自信なんか持っちゃう
そして、健診で体重増え過ぎ飲ませすぎを指摘されると、「えぇ 母乳なんだからいくら飲ませてもいいんでしょう」 ってふに落ちない。
だけど、身に覚えはありませんか?
グズグズしている度、乳首をくわえさせたり、時間があまり空かずに頻回な授乳になっていませんでしたか?

ミルクの場合は、ちょっと違うでしょうか?
ミルク缶に書いてある、月齢の哺乳量じゃ全然足りず徐々に量を増やしていって、それでも乳首を離すと泣くしぐずって寝ないし、
やっぱりまだミルクが欲しそう・・・と更に量を増やす。
赤ちゃんが泣くのに対して、自分なりの量を多く飲ませる事で成立していた育児を健診で、
「もうこんな量飲ませてたの」
「飲ませすぎだよ  量を〇〇ml位まで減らして」
なんて言われても、その量じゃ泣きっぱなしで 育児が辛くやっていけない

みなさん赤ちゃんの泣きを『母乳(ミルク)不足』と考えてしまう
それが、『過飲症候群』の引き金となり、さらに加速していく。

具体的に
出生時3000g で 退院時3000g(7日目) の赤ちゃんが
1カ月健診時4380g(23日間)  
この赤ちゃんは家に帰ってから1日60gも体重が増加していた事になります。

引用元-小樽市 妊娠・出産・産後・子育て応援!   COTOBUKI´s room  :『過飲症候群』 飲み過ぎ・飲ませ過ぎの赤ちゃん

1ヶ月検診で発覚!体重増えすぎ赤ちゃんの過飲症候群の原因~母乳育児

赤ちゃんがおっぱいを飲み過ぎる、過飲症候群。なぜそんなことが起こるのでしょうか。

飲ませるおっぱいを左右交互に切り替える、「大人主導の授乳」をすると
赤ちゃんが脂肪分の多い後乳を飲む前に反対側に替えられることで、カロリーが低めの前乳ばかりを飲むことになるので、
満足するためにたくさん飲まなければいけなくなる
溜まっていた母乳が大量に除去されることで、また大量に作られる(→過分泌コース)
赤ちゃんが必要なカロリーを得るためには、ますます大量の母乳を飲まなくてはいけなくなる
必要なカロリーを得るために必要な母乳の量が、自分のキャパシティより多すぎて飲めなくなってくる赤ちゃんが出てくる
そのような赤ちゃんは、授乳後、飲み過ぎておなかが張って不快なのに、満足できるほどのカロリーはまだ得られていないので、
泣いておっぱいを求めることもあるけど、それ以上は飲むことができなくなる(または大量に吐く)。

引用元-母乳過多や過飲症候群はなぜ起こるのか?

1ヶ月検診で発覚!体重増えすぎ赤ちゃんの過飲症候群の原因~混合育児

母乳やミルクの飲み過ぎが数日~数週間続くことによって起こる症状のことを、まとめて「過飲症候群」と呼びます。
生後1ヶ月前後によく見られる症状で、特に母乳とミルクの混合育児で陥りやすいトラブルです。

母乳を与えた後に赤ちゃんが泣くと、お母さんは「母乳が足りなかったのかな」と思い、追加でミルクを与えます。
すると、まだ満腹状態が分からない赤ちゃんは、目の前に出されたミルクを飲み干そうとします。
しかし、実際には飲み過ぎの状態なので、赤ちゃんはミルクを吐き戻してしまうのです。
それを見たお母さんは「吐き出した分のミルクを与えないと」と、さらにミルクを与えようとします。
赤ちゃんはまたミルクを飲み干そうとして・・・。この様な悪循環が何日も繰り返され、過飲症候群へと陥ってしまうのです。

哺乳瓶で与えるミルクは母乳と違って飲み残しが目に見えて分かってしまいます。
そのため、どうにかしてミルクを全部飲みきらせようと焦ってしまうお母さんが多いのです。

生まれてすぐの赤ちゃんには「吸てつ反射」という原始反射があり、口に入ってきたものは何でも強く吸い付きます。
吸って出てきたものは、基本的には何でも飲み込みます(嚥下反射)。
だからこそ、お母さんがミルクの量をきっちり調整してあげる必要があるのです。
ミルクの飲み過ぎは肥満に繋がります。母乳と同じ感覚で飲ませない様に気をつけましょう。

引用元-ミルクは飲めば飲むほど良いものではない?

1ヶ月検診で発覚!体重増えすぎ赤ちゃんの過飲症候群の対処法

まずは1回の授乳の長さを短めにして調節するとよいでしょう。
ただし、飲みすぎているのだからと回数は減らさないでくださいね。
母乳の場合は頻回授乳して、胃が休まらないとか消化しにくいということはありませんから。
それから部屋の中を抱いてゆっくり歩いたり、おくるみでくるんで抱っこしながら子守唄を口ずさんでいると寝入ります。
深く寝たらふとんに寝かせます。この時、「早く寝てくれないかな・・・」とイライラしたり、気が急せいていると寝てくれませんよ。
中には、1日あたり60g、70gと増えていても、飲んではスヤスヤで手がかからない赤ちゃんもいます。
そういう赤ちゃんはウンチがよく出ていて、おなかが軟らかく、手足も冷たくありません。
もともと育てやすい子だったり、胃腸が丈夫だったり、体質的なものや環境などいろいろなことが関係するのでしょう。それはそれでいいのです。
母乳の場合、体重が増えすぎて肥満児になることを心配する必要はありません。歩き始めるとすっきりしてきます。
ちなみに、赤ちゃんはおなかいっぱい飲まないと寝ないと思っている方が多いのですが(かつて私もそう思っていました)、
実際は腹八分目くらいの方が機嫌はいいのです。
「機嫌が良い赤ちゃん」は目をあけて起きていても泣かないで、おだやかな表情でいられて気がついたら一人で眠っていたという感じです。

引用元-こんなことで悩んでいませんか? ―知っておくといいことー

 - 健康・病気