カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

赤ちゃんの1ヶ月検診!体重の増えすぎは大丈夫?

      2016/03/18

1ヶ月 体重 増えすぎ

赤ちゃんの1ヶ月検診。赤ちゃんの成長は楽しみですよね。ただ体重の増えすぎのは気をつけなければいけない事があるようです。
1ヶ月検診で赤ちゃんの体重が増えすぎで発覚する過飲症候群。母乳やミルクの量を調節しながら、赤ちゃんの健やかな成長を見守っていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

3517210bac9dcb0b034a0e448e5f68fa_m
風邪の治し方で汗をかくというのは本当?それとも嘘?

昔から言われている風邪の治し方はさまざまありますが、その中でも汗をかくと風邪が早く治るというのは有名です。しかし、それは本当なのでしょうか。昔から言い伝えられてきたことが実は間違った情報だった、または時代が変わり証明されるようになったということは多いですね。風邪の治し方で汗をかくというのは本当なのか、それとも嘘なのかについて調べました。

発達障害 検査 どこで
発達障害の検査はどこで受ける?種類別検査専門機関について

ひとことで発達障害と言っても、その分類は多岐にわたります。ではその検査はどこで受ければいいのでしょうか?

症状や病名を理解することで、早期の治療は症状にあった対策をとることができます。思い当たる方は早めに受診してみましょう。

%e7%94%9f%e7%90%86%e5%89%8d-%e8%83%b8%e3%81%ae%e5%bc%b5%e3%82%8a-%e3%81%aa%e3%81%84
生理前の胸の張りがない!?考えられる原因と妊娠への影響

生理前の症状として胸の張りを感じる女性は多いようです。
またその逆で、全く張りを感じない、今まで生理前に張っていた胸が急に張らなくなったと感じる女性も多いようです。
そこで生理前に胸が張らない原因や妊娠への影響などを詳しく調べてみました!

咳 微熱 続く
体からのサイン!咳・微熱が続く時に考えられる病気とは…

咳や微熱症状が続く時、それは体からの不調のサインです。

放置しておくことで、症状の悪化や更に重篤な病気へと進行してしまう可能性もあります。

そうならない為にも早めの対処が必要です。そこで咳・微熱から考えられる病気についてまとめてみました。

wpid-2015_10_29_03_19_6.jpg
断食の効果は?3日間の集中ダイエット!

ダイエットや美容に断食は、とても効果とされています。

そこで3日間の断食で体にはどのような変化が現れるのでしょうか?

断食の正しい方法とともに詳しく調べてみました。

女性 恥骨 痛み
女性特有の恥骨の痛みの原因は?つらい症状スッキリ改善!

女性はいろんな要因から恥骨に痛みを感じることがあります。

恥骨の痛みをそのままにしておくと、様々な病気の原因になったり、歩行に支障をきたしたりすることも…

恥骨の痛みの原因を知り、対処しながらつらい症状を改善していきましょう!

下痢 原因 食後
突然の腹痛で下痢…原因は一体何?毎食後に起こるなら要注意

ある日の食後、突然我慢できない腹痛がきた!と思ったら下痢をおこしてしまった…。
お腹はとってもデリケートで、食べ過ぎやストレス等に過敏に反応してしまいます。
それが毎食後となると危険信号。潰瘍性大腸炎の疑いもあるので少し注意して症状など把握しておきましょう。

左下腹部 違和感 女性
左下腹部に違和感…。特に女性で考えられる原因とは?

女性が感じる下腹部の違和感。特に左下腹部には子宮や卵巣などがあり、大切な器官が備わっている場所です。
大したことではないと放っておくと、大事に至る可能性もあります。
左下腹部の違和感や痛みの原因や対処法などを探ってみました。

wpid-2015_10_29_03_19_3.jpg
姿勢が悪い!矯正が必要な子供たち

最近は姿勢が悪く、早い段階での矯正が必要な子供たちが増えてきています。

姿勢が悪いことで、一体どんな影響があるのでしょうか?

最近姿勢の悪い子供が増えている原因や改善方法など詳しくまとめてみました。

足の裏 痛み しこり
足の裏にできた痛みを伴うしこりから考えられる病気とは…

足の裏は「第2の心臓」とも言われており、体の不調が現れやすい場所とされています。
そこで今回は足の裏に痛みを伴うしこりから考えられる病気や対処法について調べてみました。
ぜひ参考にして、それぞれの症状に合った早めの処置を心がけましょう!

wpid-2015_09_22_02_18_2.jpg
冷や汗ダラダラ…吐き気や下痢が続く原因は?

冷や汗が出るほどの吐き気や下痢の症状。これは一体どんな病気が影響しているのでしょうか。

冷や汗をともなう吐き気や下痢の症状には様々な病気の影響が考えられます。早めの治療と自分でできる予防法を実践してみましょう。

橋本病 症状 頭痛
橋本病の症状の中に頭痛はあるのですか?

橋本病(甲状腺機能低下症)の症状の中に頭痛はあるのでしょうか?
関係あるというご意見もありますが、関係ないというご意見もあります。
いずれにせよ、どうすれば改善できるのか、経験者や専門家のご意見を聞いてみましょう!(^^)!

%e8%82%ba%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b1%e3%82%99%e3%83%b3%e3%80%80%e7%99%bd%e3%81%84
肺のレントゲンを撮ったら白い影が…!その原因とは?

健康診断や人間ドックなど、検査項目に必ずあるレントゲン。
特に問題がなければ一安心ですが、もしレントゲンを撮った結果、肺に白い影があったら…?
肺のレントゲンで異常が見つかった場合の原因や考えられる病気について探ってみました。

生理痛 激痛 救急車㈰
生理痛が耐えかねる激痛に!救急車を呼んでもいいですか?

もし男性に腹痛、腰痛、頭痛、胃痛、吐き気、めまい、だるさなんて症状が現れたらいったいなんの病気だろう?って重病を疑っちゃいますよね?
これらは女性に毎月訪れる生理の症状なんです。生理のある約7~8割の女性がなにかしら不快な症状を感じていると言われています。
なかには失神する程の激痛や止まらぬ嘔吐、立っていられない、など重症になる方も少なくありません。
生理痛だからとためらってしまう救急車についてと、生理痛あれこれを見てみましょう。

インフルエンザ 病院 待合室
インフルエンザ感染!病院の待合室にも気をつけよう!

1月2月は1年のうちでもインフルエンザの感染が拡大する時期です。体調不良などで病院に行き、待合室で感染してしまうという危険もあります。

そこでインフルエンザに感染しないための対策などをまとめてみました。ぜひ参考にしてインフルエンザの感染を食い止めましょう!

スポンサーリンク

生後1ヶ月の体重の増加目安

赤ちゃんも外の世界に慣れてきた頃。
特に体重の増加は、目覚ましいものがあって1日30~40g増えると出生体重より満1ヶ月の頃には出生体重よりも1~2kgは増えています。
皮下脂肪も少し増え、ふっくらとした印象になってきます。体重も1日に30~40gのペースで増えています。
満1ヶ月の頃に出生体重より2kg以上の増加をする赤ちゃんも珍しくありません。
この時期にぐんと体重が増加しても増加はあとでスローテンポになります

引用元-BABYPARA|妊娠・出産・育児を応援する参加型サイト

1ヶ月検診で発覚!体重増えすぎ赤ちゃんの過飲症候群

・50g/日以上の体重増加(1カ月健診で)
・よく泣く  いきむ  ゼコゼコ  鼻閉
・いつ乳  吐乳  腹部膨満  多呼吸
・便秘  下痢
・長期に続くと刺激に敏感になる(易刺激性)反り返りが強くなる(後弓反張)   

簡単に言えば飲み過ぎ、飲ませ過ぎ の赤ちゃんの事です。
1カ月健診や3カ月健診で、赤ちゃんが順調に体重が増えているか、母乳不足を気にするお母さんは多くいますが、
この飲み過ぎ・飲ませ過ぎを気にするお母さんは案外少ない。

母乳のみで育てているお母さんで、赤ちゃんもあまり手がかかっていない感じだと、ことさら「オッパイがいっぱい出てこんなに大きくなりました」 と、
退院してからの自分の育児のペースをつかんできて、ちょっぴり自信なんか持っちゃう
そして、健診で体重増え過ぎ飲ませすぎを指摘されると、「えぇ 母乳なんだからいくら飲ませてもいいんでしょう」 ってふに落ちない。
だけど、身に覚えはありませんか?
グズグズしている度、乳首をくわえさせたり、時間があまり空かずに頻回な授乳になっていませんでしたか?

ミルクの場合は、ちょっと違うでしょうか?
ミルク缶に書いてある、月齢の哺乳量じゃ全然足りず徐々に量を増やしていって、それでも乳首を離すと泣くしぐずって寝ないし、
やっぱりまだミルクが欲しそう・・・と更に量を増やす。
赤ちゃんが泣くのに対して、自分なりの量を多く飲ませる事で成立していた育児を健診で、
「もうこんな量飲ませてたの」
「飲ませすぎだよ  量を〇〇ml位まで減らして」
なんて言われても、その量じゃ泣きっぱなしで 育児が辛くやっていけない

みなさん赤ちゃんの泣きを『母乳(ミルク)不足』と考えてしまう
それが、『過飲症候群』の引き金となり、さらに加速していく。

具体的に
出生時3000g で 退院時3000g(7日目) の赤ちゃんが
1カ月健診時4380g(23日間)  
この赤ちゃんは家に帰ってから1日60gも体重が増加していた事になります。

引用元-小樽市 妊娠・出産・産後・子育て応援!   COTOBUKI´s room  :『過飲症候群』 飲み過ぎ・飲ませ過ぎの赤ちゃん

1ヶ月検診で発覚!体重増えすぎ赤ちゃんの過飲症候群の原因~母乳育児

赤ちゃんがおっぱいを飲み過ぎる、過飲症候群。なぜそんなことが起こるのでしょうか。

飲ませるおっぱいを左右交互に切り替える、「大人主導の授乳」をすると
赤ちゃんが脂肪分の多い後乳を飲む前に反対側に替えられることで、カロリーが低めの前乳ばかりを飲むことになるので、
満足するためにたくさん飲まなければいけなくなる
溜まっていた母乳が大量に除去されることで、また大量に作られる(→過分泌コース)
赤ちゃんが必要なカロリーを得るためには、ますます大量の母乳を飲まなくてはいけなくなる
必要なカロリーを得るために必要な母乳の量が、自分のキャパシティより多すぎて飲めなくなってくる赤ちゃんが出てくる
そのような赤ちゃんは、授乳後、飲み過ぎておなかが張って不快なのに、満足できるほどのカロリーはまだ得られていないので、
泣いておっぱいを求めることもあるけど、それ以上は飲むことができなくなる(または大量に吐く)。

引用元-母乳過多や過飲症候群はなぜ起こるのか?

1ヶ月検診で発覚!体重増えすぎ赤ちゃんの過飲症候群の原因~混合育児

母乳やミルクの飲み過ぎが数日~数週間続くことによって起こる症状のことを、まとめて「過飲症候群」と呼びます。
生後1ヶ月前後によく見られる症状で、特に母乳とミルクの混合育児で陥りやすいトラブルです。

母乳を与えた後に赤ちゃんが泣くと、お母さんは「母乳が足りなかったのかな」と思い、追加でミルクを与えます。
すると、まだ満腹状態が分からない赤ちゃんは、目の前に出されたミルクを飲み干そうとします。
しかし、実際には飲み過ぎの状態なので、赤ちゃんはミルクを吐き戻してしまうのです。
それを見たお母さんは「吐き出した分のミルクを与えないと」と、さらにミルクを与えようとします。
赤ちゃんはまたミルクを飲み干そうとして・・・。この様な悪循環が何日も繰り返され、過飲症候群へと陥ってしまうのです。

哺乳瓶で与えるミルクは母乳と違って飲み残しが目に見えて分かってしまいます。
そのため、どうにかしてミルクを全部飲みきらせようと焦ってしまうお母さんが多いのです。

生まれてすぐの赤ちゃんには「吸てつ反射」という原始反射があり、口に入ってきたものは何でも強く吸い付きます。
吸って出てきたものは、基本的には何でも飲み込みます(嚥下反射)。
だからこそ、お母さんがミルクの量をきっちり調整してあげる必要があるのです。
ミルクの飲み過ぎは肥満に繋がります。母乳と同じ感覚で飲ませない様に気をつけましょう。

引用元-ミルクは飲めば飲むほど良いものではない?

1ヶ月検診で発覚!体重増えすぎ赤ちゃんの過飲症候群の対処法

まずは1回の授乳の長さを短めにして調節するとよいでしょう。
ただし、飲みすぎているのだからと回数は減らさないでくださいね。
母乳の場合は頻回授乳して、胃が休まらないとか消化しにくいということはありませんから。
それから部屋の中を抱いてゆっくり歩いたり、おくるみでくるんで抱っこしながら子守唄を口ずさんでいると寝入ります。
深く寝たらふとんに寝かせます。この時、「早く寝てくれないかな・・・」とイライラしたり、気が急せいていると寝てくれませんよ。
中には、1日あたり60g、70gと増えていても、飲んではスヤスヤで手がかからない赤ちゃんもいます。
そういう赤ちゃんはウンチがよく出ていて、おなかが軟らかく、手足も冷たくありません。
もともと育てやすい子だったり、胃腸が丈夫だったり、体質的なものや環境などいろいろなことが関係するのでしょう。それはそれでいいのです。
母乳の場合、体重が増えすぎて肥満児になることを心配する必要はありません。歩き始めるとすっきりしてきます。
ちなみに、赤ちゃんはおなかいっぱい飲まないと寝ないと思っている方が多いのですが(かつて私もそう思っていました)、
実際は腹八分目くらいの方が機嫌はいいのです。
「機嫌が良い赤ちゃん」は目をあけて起きていても泣かないで、おだやかな表情でいられて気がついたら一人で眠っていたという感じです。

引用元-こんなことで悩んでいませんか? ―知っておくといいことー

 - 健康・病気