カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

食欲不振・吐き気・体重減少!症状から見られる病とは・・・

      2016/03/20

食欲不振 吐き気 体重減少

食欲不振・吐き気・体重減少。このような症状が体に現れたら、それはただの体調不良ではないかもしれません。

気付かぬうちに重篤な病が潜んでいるという可能性も考えられます。そこで食欲不振・吐き気・体重減少から考えられる病気についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事

胃痛 腹痛 病院
急な胃痛・腹痛!病院に行くべき症状!

皆さんは急な胃痛や腹痛を感じた時、どのタイミングで病院に行きますか?

胃痛や腹痛には安静にしておけば治る症状と、病院に急いで受診した方がいい症状があるようです。

具体的に、胃痛や腹痛にはどんな症状があるのか、病院へ行く目安など詳しくまとめてみました。

316f78b9a947d50d1a80373a6f1192e5_m
脳出血の麻痺のリハビリ!正しい知識で家族で取り組む重要性

命をも脅かす脳出血。一命を取りとめたのも束の間、体には麻痺が残ってしまうことも…

麻痺の改善にはリハビリが重要になります。日々の生活にリハビリを取り入れることで、かなりの改善が期待できるようです。

そこで家族が協力してリハビリに取り組めるように、麻痺やリハビリのポイントについてまとめてみました。

プール 塩素 かゆみ
プールの塩素が原因でかゆみが出ることはありませんか?

これからの季節はプールに入る機会もあるかと思いますが、塩素が原因で肌にかゆみを感じる方もいるのでないでしょうか?
そもそもなんでプールに塩素を入れるのでしょう。そしてプールに入ってかゆくなってしまったらどうすればいいのでしょうか?
かゆくなる原因やプールから上がった後にどのような対処法があるのか調べてみました。

%e9%a2%a8%e9%82%aa%e3%80%80%e7%97%85%e9%99%a2%e3%80%80%e6%84%8f%e5%91%b3%e3%81%aa%e3%81%84
風邪で病院へ行くのは意味ない?その理由と本来の対処法とは

風邪を引いてしまったら病院へ行かなければ。

これが一般的な流れだと思いますが、実は風邪で病院へ行くのは意味ないかもしれません!

今回は、病院へ行く意味がない理由と、本来の対処法について調べてみました。

wpid-2015_09_22_02_18_2.jpg
冷や汗ダラダラ…吐き気や下痢が続く原因は?

冷や汗が出るほどの吐き気や下痢の症状。これは一体どんな病気が影響しているのでしょうか。

冷や汗をともなう吐き気や下痢の症状には様々な病気の影響が考えられます。早めの治療と自分でできる予防法を実践してみましょう。

生理痛 激痛 救急車㈰
生理痛が耐えかねる激痛に!救急車を呼んでもいいですか?

もし男性に腹痛、腰痛、頭痛、胃痛、吐き気、めまい、だるさなんて症状が現れたらいったいなんの病気だろう?って重病を疑っちゃいますよね?
これらは女性に毎月訪れる生理の症状なんです。生理のある約7~8割の女性がなにかしら不快な症状を感じていると言われています。
なかには失神する程の激痛や止まらぬ嘔吐、立っていられない、など重症になる方も少なくありません。
生理痛だからとためらってしまう救急車についてと、生理痛あれこれを見てみましょう。

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_m
子供の皮膚が黒い原因は?

子供の皮膚が黒いか白いかというのは、親にとっても子供自身にとっても意外と気になるものです。特に子供の皮膚が黒いと何かの病気では、と心配になることもあります。子供の皮膚が黒くなる原因について調べました。

お酒 下痢 嘔吐
お酒による下痢や嘔吐の対処法は?

お酒による体調の不調は、多くの大人が経験したことがありますね。飲んでいる時は楽しくてついつい飲みすぎてしまう、そして次の日にくる下痢や嘔吐、とても辛いですよね。そんな時はみなさんどんな対策をされているのでしょうか。お酒による下痢や嘔吐の対処法について調べました。

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_m
「自律神経失調症」を発症…。休職に必要なものや期間は?

次から次へと舞い込む仕事…そして職場での上司や部下との人間関係…。社会生活の中では様々はストレスにさらされます。
その精神的ストレスが体に影響を及ぼすことがあります。「自律神経失調症」はその精神的ストレスなどによって発症する病気です。
自律神経失調症を発症した場合には、心身ともにゆっくりと休養を取ることが必要になります。
仕事をしている場合には休職することになりますが、どのくらいの期間休めるのでしょうか?

インフルエンザ 太もも 筋肉痛
インフルエンザで太ももが筋肉痛!?気になる症状・原因!

インフルエンザにかかると太ももや背中などが筋肉痛になる事をご存知ですか?

運動もしていないのに筋肉痛の症状が続く時は、インフルエンザの疑いがあります。

そこでインフルエンザと筋肉痛について調べてみました。気になる方は早期治療を心がけましょう!

癌 末期
癌を宣告されたら~末期症状と癌と向き合うための正しい知識

今や癌は早期発見・早期治療で完治する病気となってきました。
しかし中には気付きにくい癌もあり、宣告の時点で末期癌に侵されているということもあるようです。
もし自分や家族が末期がんと宣告されたらどうするべきか、正しい知識でしっかりと病に向き合いましょう。

動悸 息苦しい 手の震え
突然の動悸。息苦しい、手の震えから考えられる病気と対処法

突然の動悸。息苦しい、手の震えを感じたことはありませんか?
その症状はもしかすると何らかの病気が関係している可能性もあるようです。
そこで気になる症状から考えられる病気と対処法について調べてみました。

ガン 末期 余命数日
ガン末期で余命数日…後悔しない為のガンに対する知識と準備

ガンの末期患者になると、余命数日と宣告されてしまうこともあるようです。
残された数日をどのように過ごすべきか、自分や家族がその時を迎える時に後悔しない為に必要なことは何か。
ガン末期患者に残された最期の数日についてまとめてみました。

腰の痛み 原因 脳性マヒ
腰の痛みの原因は脳性マヒによる二次障害の可能性

出産前~出産後1年間に脳のある部分が損傷を受けることによって起こる脳性マヒ。
成人になり、たいてい二次障害を発症するという。腰の痛みの原因とは?
脳性マヒの障害を得て二次障害を発症している人たちの腰の痛みの原因を調べました。

病院 紹介状 違う病院
病院の紹介状に書かれた宛名と違う病院を受診できる?

病院で紹介状を書いてもらうと、病院名のほかに医師の名前も記載されていることが多いかと思います。
でも、何らかの理由でその宛名とは違う病院を受診したい場合、どのような段取りをすればいいのでしょうか?
そしてそもそも紹介状とはどんなものなのでしょうか?紹介状を書いてもらうことのメリットなども調べてみました。

スポンサーリンク

食欲不振・吐き気・体重減少~自律神経失調症

はっきりした身体の病気がないのに、精神的な影響で、自律神経症状がからだに出る状態です。
たとえば、ストレスが続いたりすると自律神経症状が出てきます。
全身倦怠、めまい、頭痛、動悸、血圧の上下、下痢、不安感、緊張、イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、食欲不振、不眠
といったさまざまな症状があり、数えきれません。ただ、これらの症状から安易に自律神経失調症と自己診断してはいけません。
うつ病やパニック障害などの可能性もあるからです。

引用元-知ってるようで知らない!?“自律神経失調症”について学ぼう!! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

自律神経失調症を招きやすいライフスタイル

休日も仕事をし、いつも仕事が頭から離れない。
家族や友人との会話が少ない。
ゆっくりと食事をしない。
趣味やスポーツを楽しんでいない。
徹夜や夜更かしの多い、昼夜逆転の生活が続いている。
勤務時間が不規則。

引用元-知ってるようで知らない!?“自律神経失調症”について学ぼう!! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

自律神経失調症の主な症状

頭痛・めまい・不眠・発汗・微熱・息切れ・息苦しい・嘔吐
肩こり・倦怠感・体重減少・背中の痛み・動悸・食欲不振
食欲不振・不整脈・左胸の痛み・腰痛・月経痛・月経不調
下痢・便秘・むくみ・手足の冷え・しびれ

引用元-知ってるようで知らない!?“自律神経失調症”について学ぼう!! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

食欲不振・吐き気・体重減少~胃潰瘍

胃潰瘍の原因は、主にヘリコバクター・ピロリ菌(通称ピロリ菌)の感染が考えられています。
ピロリ菌は胃粘膜に存在する細菌であり、胃潰瘍の他に十二指腸潰瘍、胃炎、胃がんを引き起こします。

ピロリ菌に感染することで胃粘膜に炎症が発生して潰瘍が発生します。
健康な胃であれば、胃壁から強い酸性の胃酸が分泌され、胃に入ったものが消化されます。

また、胃酸は微生物や細菌を死滅させる役割もあります。
胃酸と同時に胃粘液も分泌され、胃酸が胃粘膜に触れることを防御します。

しかし、ピロリ菌感染等により炎症が発生すると、この防御機能が低下し傷ついた胃粘膜の修復も遅れ、
やがて胃酸によって胃粘膜自体が消化されるようになります。この状態が胃潰瘍と呼ばれる状態です。

またピロリ菌以外にも、薬物の副作用で胃粘膜を保護する機能に異常が起き、その結果、胃潰瘍になることもあります。

引用元-胃潰瘍の症状・原因・治療法|腹部膨満感・食欲不振・吐き気・嘔吐の症状からわかる病気一覧

胃潰瘍の症状は、胃の粘膜がただれて潰瘍ができることで、みぞおち付近を中心に痛みが生じてきます。
特に胃液が分泌される夜間に痛みを感じることが多く、潰瘍が重症化していれば吐血または下血が発生することも有ります。
下血の場合は血が混ざることにより黒色便(タール便)が排泄されます。
また、胸やけ、吐き気、食欲不振も自覚するようになり、体重減少が見られるようになります。
潰瘍がさらに進行すれば腹膜炎に至ることもあります。

引用元-胃潰瘍の症状・原因・治療法|腹部膨満感・食欲不振・吐き気・嘔吐の症状からわかる病気一覧

食欲不振・吐き気・体重減少~副腎皮質機能低下症

副腎皮質機能低下症とは、副腎皮質から分泌される副腎皮質ホルモンの分泌が低下するというもので、
これには、副腎の病気から起こる原発性と、それ以外の原因によって起こる続発性とがあります。

原発性には、アジソン病、副腎クリーゼ、副腎の結核などの病気が挙げられます。
一方、続発性は、下垂体機能低下症、長期間の糖質コルチコイドの服用などから起こります。

症状としては、吐き気、嘔吐、食欲不振、体重減少、疲労、低血圧、低血糖などがみられます。
さらに、原発性では、全身に赤褐色の色素沈着や粘膜に色素沈着が起こります。

引用元-副腎皮質機能低下症とは~ホルモン・代謝系の病気「副腎皮質機能低下症」

【症 状】
吐き気、嘔吐、食欲不振、体重減少、疲労、低血圧、低血糖、色素沈着

引用元-副腎皮質機能低下症とは~ホルモン・代謝系の病気「副腎皮質機能低下症」

食欲不振・吐き気・体重減少~神経性食欲不振症

神経性食欲不振症とは、精神疾患である摂食障害の一つです。
発症の原因は分かっていませんが、ダイエット、本人の性格、家庭環境などが関係していると考えられています。
一般的には「拒食症」と呼ばれている疾患で、神経性無食欲症、思春期やせ症と呼ばれる場合もあります。

引用元-神経性食欲不振症の症状、原因、治療法 | 病気診断.net

神経性食欲不振症の症状
神経性食欲不振症(しんけいせいしょくよくふしんしょう)では、体重が増えること、または体重の増加につながる食べ物や行動に対して極端な嫌悪感・恐怖感を示します。
ストイックなダイエットで体重が減少しても満足できず、さらに過剰なダイエットを行います。
運動も行いますが、食事の後で食べた物を出すために吐いたり、下剤や利尿剤を頻繁に服用することもあります。
食べ物への関心は非常に高く、他人の食事に興味を示したり、自ら他人のために料理を作ったりしますが、自分では食べません。
食べるように勧めると怒り出すこともあります。

これらの行動により女性の場合は無月経が生じます。
また、栄養不足により皮膚の乾燥、便秘、腹痛、貧血などの症状が現れます。
他に、怒りっぽくなる、物事への興味がなくなる、笑わなくなる、抑鬱状態になる、寒さを訴えるようになるなどの症状が現れることもあります。
さらに、極端に体重が減少したことや、塩分の不足により脱水症状、低血糖、肝腎機能不全を引き起こす可能性があり、命の危険性に関わることもあります。

引用元-神経性食欲不振症の症状、原因、治療法 | 病気診断.net

食欲不振・吐き気・体重減少~胃がん

胃がんは日本では、肺がんについで2番目に多い癌です。
この胃がんの初期は、初期症状がわかりにくく、早期の発見が難しい癌(がん)とも言われております。
進行胃がんでも、約半数の人が無症状なので注意が必要です。
 
粘膜から粘膜下層までの胃がん(胃癌)を「早期胃がん」、固有筋層までの深さに達したがんは「進行胃がん」と呼ばれております。
 
また胃がんのうち約10%で30~40代の女性の多いスキルス胃癌(いがん)という胃がんもあります。
スキルスとは硬いという意味で、進行していくと胃が硬くなっていきます。
とても進行が速く「腹膜」にがんが増殖する傾向があります。

引用元-胃がんの初期症状・原因・ストレス|おなかカウンセリング

胃や胸の凭れる(もたれる)感じ
鳩尾(みぞおち)の痛みや不快感
吐き気やゲップ
食欲不振
胃や胸周辺の不快感
軽い黒色便(出血による色の変化)
体重減少(例えば半年で10%以上)
貧血による倦怠感・息切れ・ふらつき
 
さらに進行してくると
 
嘔吐
消化不良による頑固な下痢や軟便
黒色便
吐血
血痰
下血
体重の急激な減少
息切れや動悸
不眠
口内炎や舌炎
味覚障害・口腔乾燥
腹水
骨折(骨に転移した場合)
黄疸(肝臓に転移した場合)
 
などの症状がでることがあります。

引用元-胃がんの初期症状・原因・ストレス|おなかカウンセリング

twitterの反応

 - 健康・病気