カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

腹痛、下痢、発熱の症状が出たら何の病気?

      2016/03/23

腹痛 下痢 発熱

毎年寒い時期や暑い時期には、病気が流行ります。風邪などの体調不良にも色んな症状がでると思います。 よくあるといえばある、腹痛、下痢、発熱の症状ですが、これらが同時に起こった時、考えられる病気とは何でしょうか。 腹痛、下痢、発熱を伴う病気について調べました。

スポンサーリンク

関連記事

目 視界 白い
目がかすんで視界全体が白いのですがどうすればいいでしょう?

ものがかすんで見えたり、ものがぼやけて見えることがありますか?
目がかすんで視界に白いフィルターがかかったように見えることもありますよね。
何が原因でしょう(・.・;) どうすればいいでしょう?
情報を得てしっかり対応しましょう!

寝起き 耳 違和感
寝起きだけ耳に違和感があるのです。どうしてでしょう?

最近、寝起きに耳の違和感がある。でも2,3時間経つと治ってることがあったりもする。
耳に違和感を感じることありませんか?
病院に行った方がいいのか?様子を見ててもいいのか。
経験者からいろいろと聞いてみましょう!

face-herpes-symptom
顔にできるヘルペスって何なの?原因・症状・治療法

慢性的にできる顔のヘルペス。

一体どうして繰り返すのでしょうか?原因や症状など調べてみました。

顔のヘルペスを繰り返さないよう、症状が出る前に予防をしましょう。

wpid-2015_09_15_05_44_2.jpg
脇腹や肋骨の痛み!痛い原因を探る

脇腹や肋骨に痛みを感じることがあります。痛い原因は何なのでしょうか?詳しく調べてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_7.jpg
男性の貧血!実は危険な病気や症状

女性だけじゃない!男性にもおこる貧血。

男性の場合は危険信号の場合も…貧血に伴う病気や症状を詳しく調べてみました。

男性の貧血は、女性と違い大きな病気の可能性もあります。気になる症状があれば早めに病院を受診するようにしましょう。

wpid-2015_09_22_02_18_3.jpg
吐き気を伴う頭痛!病院の診断別・原因や症状・治療法

吐き気を伴う頭痛には、命にかかわる重篤な病気がたくさんあります。

症状が出たときは早めに病院を受診しましょう。

吐き気を伴う頭痛の症状が出たとき、病院での診断別に原因や症状・治療法などを詳しく調べてみました

足の甲 痛み 痺れ
足の甲の痛みや痺れ…もしかしたら腓骨神経麻痺の症状かも!

足の甲に痛みや痺れなどの症状を感じた事はありませんか?

その症状はもしかしたら腓骨神経麻痺かもしれません。腓骨神経麻痺は生活の中の習慣などが原因となることも。

あまり聞き慣れない腓骨神経麻痺について詳しく調べてみました。

目 痙攣 続く
目の痙攣が続く…症状の原因や考えられる病気について

目の痙攣が続く…この原因は目の疲労からくる症状だろうと簡単に考えていませんか?

実はその症状は何らかの病気からくるものかもしれません。そこで目の痙攣が続く症状から考えられる病気について調べてみました。

症状の改善には早めの対処が必要です。ぜひ参考にして、目の健康を取り戻しましょう!

お酒 下痢 嘔吐
お酒による下痢や嘔吐の対処法は?

お酒による体調の不調は、多くの大人が経験したことがありますね。飲んでいる時は楽しくてついつい飲みすぎてしまう、そして次の日にくる下痢や嘔吐、とても辛いですよね。そんな時はみなさんどんな対策をされているのでしょうか。お酒による下痢や嘔吐の対処法について調べました。

肋骨 痛い 内臓
肋骨が痛い時の原因は内臓にある?

肋骨が痛いとき、骨の近くが痛いため、骨に原因があるのではないかと思ってしまいます。もちろんその可能性もありますが、実は内蔵に原因があることもあるのです。肋骨が痛いとき、原因によって痛み方や痛む部分が違ってくるようです。肋骨が痛む原因が内蔵にある場合について調べました。

中指 薬指 痛い
中指と薬指が痛い…気になる手根管症候群の原因と治療法!

中指と薬指の付け根が痛いと感じたことはありませんか?
その痛みの原因はもしかすると「手根管症候群」かもしれません。
あまり聞きなれない「手根管症候群」ですが、意外と多くの人が患う病気の一つです。
「手根管症候群」とはどんな病気なのか詳しく調べてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_4.jpg
子宮筋腫による貧血に良い食事とは?

子宮筋腫は女性の病気で、筋腫が見つかれば手術の必要がある場合もありますが、食事で改善できるものもあります。

また子宮筋腫の人は貧血になりやすいのです。

子宮筋腫による貧血に良い食事について調べました。

腰の痛み 原因 脳性マヒ
腰の痛みの原因は脳性マヒによる二次障害の可能性

出産前~出産後1年間に脳のある部分が損傷を受けることによって起こる脳性マヒ。
成人になり、たいてい二次障害を発症するという。腰の痛みの原因とは?
脳性マヒの障害を得て二次障害を発症している人たちの腰の痛みの原因を調べました。

右手 薬指 しびれ
右手薬指がしびれるのですが、どうしてでしょうか?

右手薬指のしびれの原因について調べてみました。
緊張をほぐすだけで治る場合もありますが、危険な病気の場合もあります(/_;)
やはり病院に行って症状をきちんとお話ししてみましょう!
まずは、どんな病気が潜んでいるのか、皆さんからの情報を参考にしてみてくださいね。

頬 筋肉 腫れ
頬の筋肉が腫れている…何が原因?対処法は

なんだか頬の筋肉が痛い、腫れている気がする…そんな症状が出たらまず何を疑えばいいでしょうか?
頬が腫れているととても目立つし、人目も気になりますよね。
頬の筋肉が腫れてしまう原因には、様々な要因があるようです。
今回は、頬が腫れたときの原因や対処法について調べました。

スポンサーリンク

腹痛、下痢、発熱だけど嘔吐はしないこともあるの?

腹痛・下痢・発熱とくると吐き気や嘔吐を伴うことが多いのですが、嘔吐がないこともあります。
ほとんどの人が経験のある、暴飲暴食やお腹の冷えが原因の下痢は嘔吐を伴わない場合が多いのですが、発熱することもほとんどありません。
 
そもそも嘔吐とはなぜおこるのでしょうか?
 
嘔吐は下痢と同じように体内に入ってきた異物を外へ追い出そうとする防衛反応である場合が多いのですが、
お腹の病気、脳の病気、めまい症や乗り物酔い、つわりなど様々な原因で見られる症状で、胃や腸の内容物が口から吐き出される症状全てを嘔吐といいます。

下痢があって嘔吐がないということは、体の中に入った異物を追い出そうとしているのですが、それが口から近い胃や十二指腸ではなく、
肛門に近いために下から出そうとする下痢という反応が強く現れたと考えられます。

引用元-腹痛、下痢、発熱だけど嘔吐はなし。これって胃腸風邪?病名は?

腹痛、下痢、発熱 の症状って胃腸風邪が原因?病名は?

感染性胃腸炎は2つに分類することができます。

①細菌性腸炎
細菌が体内に入り増殖することで起こる腸炎で、発症は夏が多いです。
感染型と毒素型があり、感染型は感染後1~4日後に発症し、下痢・腹痛・発熱が見られます。有名な病原菌はサルモネラ菌やO-157などです。
これらが原因で起こるのは細菌性腸炎の感染型ということになります。
一方の毒素型は食後2~24時間で発症します。悪心(おしん)、嘔吐、腹痛が見られますが、発熱することは少ないです。
原因菌は黄色ブドウ球菌やボツリヌス菌が有名です。細菌が原因の場合は抗生物質を使って治療を行います。
 
②ウイルス性腸炎
毎年冬になると流行するノロウイルスやロタウイルスなどが原因の腸炎です。
潜伏期間は1日~2日。有効な抗ウイルス薬やワクチンはないため、発症すれば主に対症療法(症状に対してそれを緩和させる治療)を行い、
自己治癒力(じこちゆりょく)に任せて回復を待ちます。
感染性腸炎もウイルス性腸炎も下痢・腹痛・発熱・嘔吐を伴うことが多いのですが、下痢のみまたは嘔吐のみの場合もあるので、
嘔吐がなくても腹痛・下痢・発熱があれば感染性胃腸炎をまず疑うことができます。
特に細菌性胃腸炎の感染型は嘔吐よりも下痢・腹痛・発熱が主な症状なので要注意です。

引用元-腹痛、下痢、発熱だけど嘔吐はなし。これって胃腸風邪?病名は?

腹痛、下痢、発熱のある感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎とは
ウィルス、あるいは細菌などの感染性病原体が原因になり、吐き気・嘔吐、下痢、腹痛などの急性の胃腸炎症状を引き起こす病気です。
その結果として種々の程度の脱水、電解質喪失症状、発熱などの全身症状が加わるものを感染性胃腸炎と言います。
年長児や成人では細菌性腸炎の頻度が高いのですが、乳幼児ではウィルス性腸炎が圧倒的に多くなります。
特に1歳以下の乳児では症状の進行が早く、乳児嘔吐下痢症と呼ばれます。

(2)感染性胃腸炎の原因

ウィルスによるものと細菌によるものに分かれます。
ウィルス性:ロタウィルス・ノロウィルス・アデノウィルスなどで、主に冬場に見られます。
細菌性:サルモネラ・腸炎ビブリオ・カンピロバクター・病原性大腸菌などがあり、主に夏場に見られます。
夏場の食中毒の原因は主にこれによるものです。

引用元-

腹痛、下痢、発熱のある 感染性胃腸炎の感染経路とは!

1.ウィルス性腸炎
基本的には経口感染で、主に次の場合が考えられます。

1.感染したひとの便や吐物に触れた手指を介して、ウィルスが口に入る場合
2.乾燥した便や吐物中から、空中に浮遊したウィルス粒子を吸い込んだ場合。
3.感染した人が不十分な手洗いで調理して、食品を汚染した場合
4.ウィルスを内臓に取りこむことがある食品(ノロウィルスではカキやホタテ貝などの二枚貝)を生または不十分な加熱処理で食べた場合、
ノロウィルス感染症では、症状がなくなった後も2週間も糞便中にウィルスを放出し続けるとされ、周囲への感染について注意が必要です。

2.細菌性腸炎
細菌性腸炎では食品に付着、増殖した細菌により感染するもので、ヒトからヒトへの感染はウィルス性腸炎よりも起きにくいとされています。

引用元-

発熱を伴う下痢がある場合、考えられる病気は!

・大腸憩室病
大腸内の圧力が高くなり、大腸憩室と呼ばれる腸の粘膜の一部が腸の外に出てしまう状態が何ヶ所にも見られる病気です。
過敏性腸症候群に似た症状が見られますが、下痢のほかに発熱や血便も見られ、強い腹痛があります。

・日本脳炎
突然の高熱に、下痢や嘔吐、痙攣などが発生します。時間が経つにつれさらに熱が高くなり、意識障害に繋がる場合もあります。

・細菌性赤痢
赤痢菌という菌による伝染病です。現在のところ、国外で感染している例が殆どです。
急激な発熱、嘔吐などと共に下痢が起こります。下痢は「しぶり腹」といい、便意は大変強いのに力んでも出ないという症状があります。
便に特有のにおいがあります。

引用元-発熱を伴う下痢 | 下痢の改善相談室

下痢と発熱が併発すると、「何か悪い病気では?」と非常に不安になるかもしれません。
もちろん、医師に診ていただくのが最善ですが、上記を読んでいただければわかるように、怖いとされる病気の場合、
発熱や下痢以外にも何らかの症状が出ています。

引用元-発熱を伴う下痢 | 下痢の改善相談室

twitterの反応

 - 健康・病気