カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

腹痛、下痢、発熱の症状が出たら何の病気?

      2016/03/23

腹痛 下痢 発熱

毎年寒い時期や暑い時期には、病気が流行ります。風邪などの体調不良にも色んな症状がでると思います。 よくあるといえばある、腹痛、下痢、発熱の症状ですが、これらが同時に起こった時、考えられる病気とは何でしょうか。 腹痛、下痢、発熱を伴う病気について調べました。

スポンサーリンク

関連記事

心臓 痛み 締め付け
心臓の痛みに締め付け。考えられる病気と詳しい症状について

心臓に痛みや締め付けを感じた時、もしかするとそれは深刻な病気の前兆かもしれません。

症状や病気によっては緊急を要するものや、死に至るケースも考えられます。

そこで心臓の痛みや締め付けを伴う病気について調べてみました。気になる症状があれば早めに病院を受診しましょう。

%e3%81%be%e3%81%b5%e3%82%99%e3%81%9f-%e7%97%99%e6%94%a3-%e5%8f%b3%e7%9b%ae
突然起こるまぶたの痙攣、右目だけピクピクするのは何故?

外出中や仕事中、突然まぶたが痙攣し始め、なぜか右目だけ・左目だけずーっとピクピク動いている!といった経験はありませんか?
人に見られて「機嫌悪いの?ひきつってるよ」なんて言われたら困ってしまいますよね。
今回はまぶたの痙攣について調べてみました。疲れや乾燥が原因の場合もあれば、ちょっと心配な病気が隠れていることもあるようです。
どんどん酷くなっていくようなら、ぜひお医者様に相談してみてくださいね。

アルコール 心臓 バクバク
アルコールを飲むと心臓がバクバクする原因と潜む危険性

アルコールを飲むと心臓がバクバクしたことはありませんか?
お酒が抜けると症状が治まるからと言って、その症状を放っておくのは体にとって危険です。
アルコール摂取による動悸の原因と危険性を理解し、適切に対処しながらアルコールと上手に付き合いましょう。

wpid-2015_10_29_03_19_5.jpg
足の血管が切れる!?下肢静脈瘤って何?

みなさん、下肢静脈瘤を知っていますか?下肢静脈瘤は足の血管の病気です。

そのままにしておくと、足の血管が切れてしまうこともある大変な病気です。

日々の生活環境や生活習慣によって引き起こされる下肢静脈瘤。正しく理解して、発症や悪化を防ぎましょう。

ガン 末期 幻覚
ガン末期の患者が見る「幻覚」とはいったい何か

ガン末期の患者本人や家族は、残された人生をいかに穏やかに過ごすことができるかを大きな目標とします。
亡くなった私の父も、胃がんが肝臓に転移し、末期を宣告された後は、父が穏やかに過ごせるようにと家族で考える日々でした。
そんな思いやわずかな希望の障害にもなりうる「幻覚」。一体この幻覚とは何なのでしょうか。

貧血 症状 真っ暗
貧血の症状?突然目の前が真っ暗になって倒れそうになる

ふとした瞬間に目の前が真っ暗になったり、ぐらぐらと倒れそうな症状が現れることが多い…。
これってもしかして貧血?貧血の症状とはどんなものがあるか知っていますか?
目の前が真っ暗になることや、倒れそうな症状は貧血と判断してよいのか調べてみました。

生理痛 痛み 波
生理痛のつらい痛みの波…この症状どうすればいいの!?

毎月生理痛の痛みに悩ませれる女性は多いようです。その痛みにも波があり、つらい症状を必死に乗り越えている方も…

そこで生理痛による痛みの波を緩和させる方法や予防する方法などを調べてみました。その原因には生活習慣なども関係しているようです。ぜひ参考にしてつらい症状を緩和させましょう!

二日酔い 吐く 血
二日酔いで何度も吐くと血が…!危険なマロリーワイス症候群

深酒をしてしまい、最悪な状態の二日酔い何度も吐いた経験がある方もいらっしゃることでしょう。
しかし繰り返し吐く状態が続くと、一緒に血を吐いてしまうことがあるようです。
この症状にはマロリーワイス症候群という病名もあるようです。そこで今回はマロリーワイス症候群について調べてみました。

動悸 息苦しい 手の震え
突然の動悸。息苦しい、手の震えから考えられる病気と対処法

突然の動悸。息苦しい、手の震えを感じたことはありませんか?
その症状はもしかすると何らかの病気が関係している可能性もあるようです。
そこで気になる症状から考えられる病気と対処法について調べてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_2.jpg
ヘルペス感染はお風呂が原因って本当!?

ヘルペス感染者と一緒にお風呂に入ると、感染してしてしまう危険性があるというのは、本当でしょうか?

ヘルペスはお風呂の椅子やタオルを介し感染する可能性があります。

二次感染を防ぎ、早く治療することをおすすめします。

感染や対処法など詳しく調べてみました。

%e7%94%9f%e7%90%86%e5%89%8d-%e8%83%b8%e3%81%ae%e5%bc%b5%e3%82%8a-%e3%81%aa%e3%81%84
生理前の胸の張りがない!?考えられる原因と妊娠への影響

生理前の症状として胸の張りを感じる女性は多いようです。
またその逆で、全く張りを感じない、今まで生理前に張っていた胸が急に張らなくなったと感じる女性も多いようです。
そこで生理前に胸が張らない原因や妊娠への影響などを詳しく調べてみました!

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_m
子供の皮膚が黒い原因は?

子供の皮膚が黒いか白いかというのは、親にとっても子供自身にとっても意外と気になるものです。特に子供の皮膚が黒いと何かの病気では、と心配になることもあります。子供の皮膚が黒くなる原因について調べました。

胃 検査 年齢
胃の検査を受ける年齢は?健康維持のために適切な検診を!

会社に勤めている方は1年に1度の健康診断が義務付けられています。
しかし胃の検査に関しては、ある一定の年齢になってからの追加検査という形が定例となっています。
そこで病気を未然に防ぐために、実際には何歳から胃の検査を受けるべきなのか調べてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_3.jpg
下腹部の痛みは便秘が原因?

女性の下腹部が痛いことは結構よくあることです。

そして便秘にも常に悩まされている女性は多いので、それが原因なのでは、と考える人も少なくないでしょう。

ですが女性の下腹部痛には便秘の他に、深刻な病気が隠れている場合があるので注意が必要です。

どんなことが原因の可能性があるのか調べました。

全身麻酔 吐き気 原因
全身麻酔で吐き気!原因は何?知っておきたい麻酔のお話!

手術の後に激しい吐き気が襲うことがあります。その原因の一つに全身麻酔の使用が考えられます。

手術を受ける時には当たり前のように使用する麻酔には、術後に様々な症状が出ることがあるそうです。

そこで全身麻酔による吐き気の原因やその他の症状など詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

腹痛、下痢、発熱だけど嘔吐はしないこともあるの?

腹痛・下痢・発熱とくると吐き気や嘔吐を伴うことが多いのですが、嘔吐がないこともあります。
ほとんどの人が経験のある、暴飲暴食やお腹の冷えが原因の下痢は嘔吐を伴わない場合が多いのですが、発熱することもほとんどありません。
 
そもそも嘔吐とはなぜおこるのでしょうか?
 
嘔吐は下痢と同じように体内に入ってきた異物を外へ追い出そうとする防衛反応である場合が多いのですが、
お腹の病気、脳の病気、めまい症や乗り物酔い、つわりなど様々な原因で見られる症状で、胃や腸の内容物が口から吐き出される症状全てを嘔吐といいます。

下痢があって嘔吐がないということは、体の中に入った異物を追い出そうとしているのですが、それが口から近い胃や十二指腸ではなく、
肛門に近いために下から出そうとする下痢という反応が強く現れたと考えられます。

引用元-腹痛、下痢、発熱だけど嘔吐はなし。これって胃腸風邪?病名は?

腹痛、下痢、発熱 の症状って胃腸風邪が原因?病名は?

感染性胃腸炎は2つに分類することができます。

①細菌性腸炎
細菌が体内に入り増殖することで起こる腸炎で、発症は夏が多いです。
感染型と毒素型があり、感染型は感染後1~4日後に発症し、下痢・腹痛・発熱が見られます。有名な病原菌はサルモネラ菌やO-157などです。
これらが原因で起こるのは細菌性腸炎の感染型ということになります。
一方の毒素型は食後2~24時間で発症します。悪心(おしん)、嘔吐、腹痛が見られますが、発熱することは少ないです。
原因菌は黄色ブドウ球菌やボツリヌス菌が有名です。細菌が原因の場合は抗生物質を使って治療を行います。
 
②ウイルス性腸炎
毎年冬になると流行するノロウイルスやロタウイルスなどが原因の腸炎です。
潜伏期間は1日~2日。有効な抗ウイルス薬やワクチンはないため、発症すれば主に対症療法(症状に対してそれを緩和させる治療)を行い、
自己治癒力(じこちゆりょく)に任せて回復を待ちます。
感染性腸炎もウイルス性腸炎も下痢・腹痛・発熱・嘔吐を伴うことが多いのですが、下痢のみまたは嘔吐のみの場合もあるので、
嘔吐がなくても腹痛・下痢・発熱があれば感染性胃腸炎をまず疑うことができます。
特に細菌性胃腸炎の感染型は嘔吐よりも下痢・腹痛・発熱が主な症状なので要注意です。

引用元-腹痛、下痢、発熱だけど嘔吐はなし。これって胃腸風邪?病名は?

腹痛、下痢、発熱のある感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎とは
ウィルス、あるいは細菌などの感染性病原体が原因になり、吐き気・嘔吐、下痢、腹痛などの急性の胃腸炎症状を引き起こす病気です。
その結果として種々の程度の脱水、電解質喪失症状、発熱などの全身症状が加わるものを感染性胃腸炎と言います。
年長児や成人では細菌性腸炎の頻度が高いのですが、乳幼児ではウィルス性腸炎が圧倒的に多くなります。
特に1歳以下の乳児では症状の進行が早く、乳児嘔吐下痢症と呼ばれます。

(2)感染性胃腸炎の原因

ウィルスによるものと細菌によるものに分かれます。
ウィルス性:ロタウィルス・ノロウィルス・アデノウィルスなどで、主に冬場に見られます。
細菌性:サルモネラ・腸炎ビブリオ・カンピロバクター・病原性大腸菌などがあり、主に夏場に見られます。
夏場の食中毒の原因は主にこれによるものです。

引用元-

腹痛、下痢、発熱のある 感染性胃腸炎の感染経路とは!

1.ウィルス性腸炎
基本的には経口感染で、主に次の場合が考えられます。

1.感染したひとの便や吐物に触れた手指を介して、ウィルスが口に入る場合
2.乾燥した便や吐物中から、空中に浮遊したウィルス粒子を吸い込んだ場合。
3.感染した人が不十分な手洗いで調理して、食品を汚染した場合
4.ウィルスを内臓に取りこむことがある食品(ノロウィルスではカキやホタテ貝などの二枚貝)を生または不十分な加熱処理で食べた場合、
ノロウィルス感染症では、症状がなくなった後も2週間も糞便中にウィルスを放出し続けるとされ、周囲への感染について注意が必要です。

2.細菌性腸炎
細菌性腸炎では食品に付着、増殖した細菌により感染するもので、ヒトからヒトへの感染はウィルス性腸炎よりも起きにくいとされています。

引用元-

発熱を伴う下痢がある場合、考えられる病気は!

・大腸憩室病
大腸内の圧力が高くなり、大腸憩室と呼ばれる腸の粘膜の一部が腸の外に出てしまう状態が何ヶ所にも見られる病気です。
過敏性腸症候群に似た症状が見られますが、下痢のほかに発熱や血便も見られ、強い腹痛があります。

・日本脳炎
突然の高熱に、下痢や嘔吐、痙攣などが発生します。時間が経つにつれさらに熱が高くなり、意識障害に繋がる場合もあります。

・細菌性赤痢
赤痢菌という菌による伝染病です。現在のところ、国外で感染している例が殆どです。
急激な発熱、嘔吐などと共に下痢が起こります。下痢は「しぶり腹」といい、便意は大変強いのに力んでも出ないという症状があります。
便に特有のにおいがあります。

引用元-発熱を伴う下痢 | 下痢の改善相談室

下痢と発熱が併発すると、「何か悪い病気では?」と非常に不安になるかもしれません。
もちろん、医師に診ていただくのが最善ですが、上記を読んでいただければわかるように、怖いとされる病気の場合、
発熱や下痢以外にも何らかの症状が出ています。

引用元-発熱を伴う下痢 | 下痢の改善相談室

twitterの反応

 - 健康・病気