カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

脳出血の麻痺のリハビリ!正しい知識で家族で取り組む重要性

      2016/03/29

316f78b9a947d50d1a80373a6f1192e5_m

命をも脅かす脳出血。一命を取りとめたのも束の間、体には麻痺が残ってしまうことも…

麻痺の改善にはリハビリが重要になります。日々の生活にリハビリを取り入れることで、かなりの改善が期待できるようです。

そこで家族が協力してリハビリに取り組めるように、麻痺やリハビリのポイントについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事

irritable-bowel-syndrome-gas-type-cure-how
過敏性腸症候群って知ってる?ガス型の原因や治し方

過敏性腸症候群ってご存知ですか?
今回はその中のガス型といわれる原因や治し方を調べてみました。
過敏性腸症候群のガス型は繰り返しやすいので、治し方のポイントを押えて、腸内環境を整えましょう。

a07fbb6a5e3ec4350a2ce4eef3adecf3_m
産後の貧血の数値はどのくらい?貧血改善で健康な体作り!

産後は貧血数値も通常の時とは違い、慣れない育児や生活の変化になどによって貧血になりやすいといわれています。

貧血状態が続いてしまうと、ママの健康状態や母乳の質にまで影響してしまうそうです。

そこで出産後の貧血について調べてみました。ぜひ参考にして自分の為にも赤ちゃんの為にも、健康な体作りを目指しましょう!

避妊 方法 昔
避妊の方法!昔はどうだったの?

今も昔も男女の関係は変わりません。しかし今と違い、避妊の難しかった時代はどうしていたのでしょうか?江戸時代から現在までの避妊方法を、詳しく調べてみました。様変わりする避妊方法を時代をおって見ていきましょう。

心臓 痛み ズキズキ
心臓の痛み…ズキズキが続くときに考えられる原因と対策

心臓からズキズキとした痛みが続く…その原因は大きな病気が関係している可能性があります。
痛みを放置しておくと、原因によっては症状の悪化、または死に至るケースもあるようです。
気になる症状が現れたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

wpid-2015_10_29_03_19_5.jpg
足の血管が切れる!?下肢静脈瘤って何?

みなさん、下肢静脈瘤を知っていますか?下肢静脈瘤は足の血管の病気です。

そのままにしておくと、足の血管が切れてしまうこともある大変な病気です。

日々の生活環境や生活習慣によって引き起こされる下肢静脈瘤。正しく理解して、発症や悪化を防ぎましょう。

fc8533361b83d79326a7a83f06b1018b_m
鼠径ヘルニアって何?手術後の妊娠について

皆さん、鼠径ヘルニアをご存知ですか?小さい子供や女性に多く見られるこの症状。手術後の妊娠についても心配されている方も多いようです。

そこでこの症状について詳しく調べてみました。症状や治療と妊娠の関係など、ぜひ参考にしてみてください。

筋肉 脂肪 大きさ
筋肉と脂肪の違い!大きさや比重も変わるってホント?

同じ重さの筋肉と脂肪でも、その大きさや比重は全く変わってきます。

ダイエットにおいても、その違いは重要で体重を落とすだけでは、根本的なスタイルアップはできません。そこで筋肉と脂肪の違いについて詳しくまとめてみました。ぜひ参考にしてスタイル改善に役立ててください!

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_m
子供の皮膚が黒い原因は?

子供の皮膚が黒いか白いかというのは、親にとっても子供自身にとっても意外と気になるものです。特に子供の皮膚が黒いと何かの病気では、と心配になることもあります。子供の皮膚が黒くなる原因について調べました。

耳 音がする 脈
耳から音がする…脈打つ耳鳴りの原因と知っておくべき危険性

耳から脈打つような音がすることはありませんか?
その耳鳴りは病気が原因となっている可能性があります。中には命をも脅かす病気の可能性もあるようです。
そこで脈打つ耳鳴りの原因や対処法などをまとめてみました。ぜひ早めの対処を心がけましょう!

アルコール 心臓 バクバク
アルコールを飲むと心臓がバクバクする原因と潜む危険性

アルコールを飲むと心臓がバクバクしたことはありませんか?
お酒が抜けると症状が治まるからと言って、その症状を放っておくのは体にとって危険です。
アルコール摂取による動悸の原因と危険性を理解し、適切に対処しながらアルコールと上手に付き合いましょう。

花粉 目 痙攣
花粉症で目が痙攣するってホント?

花粉症の時に目が痙攣することってありますか?
目の痙攣を予防する方法はありますか?原因は何なんでしょうか?
目の痙攣は花粉症でない場合もあるようです。
病院に行く前に経験者や専門家から情報を調べてみました。

耳 違和感 ぼわ
耳に違和感があり、ぼわーんとした時の原因と対処法とは!

本風邪気味の時や、飛行機に乗った時、耳がぼわーんとすることがあります。
そんな時はどうすると耳の違和感がとれるのでしょう。また、突然耳に違和感をおぼえぼわーんとしはじめた時は、どんな病気の可能性があるのでしょう。
耳に違和感があり、ぼわーんとした時に考えられる原因とその対処法について調べました。

wpid-2015_09_20_02_04_4.jpg
お腹にガスが溜まって痛い!症状の原因や改善方法

皆さんはお腹にガスが溜まって痛い思いをしたことありませんか?

日ごろの生活環境や習慣でお腹にガスが溜まり痛みを伴うことがあります。

生活を見直したりマッサージを取り入れたりして改善していきましょう。

突然の激しい痛み、一体何が原因で起こるのか、詳しく調べてみました。

寝起き 耳 違和感
寝起きだけ耳に違和感があるのです。どうしてでしょう?

最近、寝起きに耳の違和感がある。でも2,3時間経つと治ってることがあったりもする。
耳に違和感を感じることありませんか?
病院に行った方がいいのか?様子を見ててもいいのか。
経験者からいろいろと聞いてみましょう!

さかまつ毛 手術 子供
さかまつ毛には手術が必要?子供によくある目の症状について

子供の目の症状としてよく見られる「さかまつ毛」。大人のさかまつ毛と違い、子供のさかまつ毛は放っておくと目の健康を損ねてしまうこともあるようです。

そこでさかまつ毛の改善方法としてあげられる手術について調べてみました。ぜひ参考にして子供の目の健康を守りましょう!

スポンサーリンク

脳出血の麻痺のためのリハビリが効果的な期間

脳出血の後遺症の麻痺の回復期間は、4~6ヶ月程とされています。特に3ヶ月目ぐらいまでは急速に回復します。
しかし、その後4~6ヶ月を境に、徐々に回復のスピードは鈍くなり、半年から1年ぐらい経つとほぼ状態が固定化していきます。

リハビリテーションを集中的に行い身体機能(ADL)の回復を目的とするのは、症状が固定化するまでの4~6ヶ月の間の期間です。
この期間を回復期といい、回復期リハビリテーション病院などで集中的にリハビリに取り組みます。

それ以降は、再獲得した機能が低下しないように維持・向上していくリハビリテーションへとシフトしていきます。
この期間を維時期といい、デイサービス(通所介護)やデイケア(通所リハビリ)、日常生活にてリハビリに取り組みます。

適切な時期に適切なリハビリをすることが重要
回復期を過ぎ維時期に入ってしまったからといってリハビリを止めてしまってはいけません。
介護者が、不自由な要介護者を見て可哀想だからといって身の回りのことを全て行ってしまうと、要介護者は自分の身体を動かす機会を失ってしまい、せっかく回復期で回復した機能がリハビリ前の状態に戻ってしまいます。

引用元-脳梗塞や脳出血の麻痺はリハビリでどこまで回復するのか

脳出血の麻痺の種類

1.運動の障害
脳出血の後遺症の中でも代表的な症状が片麻痺です。
運動にかかわる神経が妨げられて片方の手足に麻痺が起こる状態です。
損傷を受けた脳とは左右逆側の手足に麻痺が出現します。
麻痺の程度は、軽度のものから重度のものまで様々です。

引用元-脳出血による後遺症 【MY介護の広場】

2.発声や嚥下(えんげ)の障害
脳出血により運動障害がおきるのは、四肢だけではありません。
声を出したり、物を飲み込んだりする時に動くのどの筋肉も影響を受けることがあります。
脳出血により喉の筋肉の動きが悪くなると、発声や嚥下がうまくできなくなり、いろいろな対策が必要になります。

引用元-脳出血による後遺症 【MY介護の広場】

3.言語の障害
左脳に言語中枢があるため、左脳の脳出血により言語の理解や表出(話すこと、書くことなど)が不自由な失語症になることがあります。
失語症の代表的なものを挙げると、他人が話すことは理解できるが自分が考えていることを流暢に話せない「ブローカー失語」や他人が話すことが理解できず自分が話す言葉が意味を成さない「ウエルニッケ失語」、言葉を理解することも話すことも出来ない「全失語」などがあります。

引用元-脳出血による後遺症 【MY介護の広場】

4.失認、失行
脳は、視覚や聴覚など様々な感覚により得られた周囲に関する情報を統合し、空間や状況を意識したり、状況を判断したり自らの行動をうまく行うための調整をする機能を持っています。
そのため、それらが損なわれた場合、失認、失行といった症状が現れます。

引用元-脳出血による後遺症 【MY介護の広場】

脳出血で一番多い半身麻痺…リハビリの効果は?

脳卒中の後遺症として、もっとも多くみられるのが半身麻痺です。
半身麻痺とは、片方の手足に麻痺が起こる状態のことです。
運動中枢や神経線維が障害されたことにより、半身麻痺となります。
脳卒中により脳のどの細胞が死滅したかで、半身麻痺を起す部位は異なります。
左の運動中枢が障害されると右半身に麻痺が起こります。
その逆も同様です。脳卒中の症状の重さにより、引き起こされる半身麻痺の程度も異なります。
軽いしびれ程度のこともあれば、まったく動かせない、痛みも感じないといった重度の半身麻痺も起こりえます。
しかし、半身麻痺で寝たきりになる人はいません。
足の半身麻痺を起したとしても、適切な治療とリハビリを続ければ、8割以上が杖などを使って、独力歩行が可能となります。
軽い症状なら、完全に回復させられるでしょう。

 
手の半身麻痺では、発作が起きてすぐに手が動かせるようなら、完全に回復させられます。1か月以内に動くのなら、リハビリにより問題なく使用ができるようになります。3か月以内なら、補助手をつけることにより、手を使った動作ができるようになります。

引用元-脳卒中の後遺症の中で最も多い半身麻痺

食事でのリハビリも重要!

食事でのリハビリ効果向上には、そしゃく機能の改善を

寝たきりになる原因で一番多いのが、脳出血などの脳卒中の後遺症です。
治療に欠かせない、リハビリンの動機付けに、食事が注目されております。
脳損傷後の機能回復には、そしゃく機能改善の重要性が指摘されています。
食事が上手くできないと、食物を喉に詰まらせたり、誤嚥による肺炎等の、
致命的な事故にもつながりやすいからです。

:生活の質向上で、意欲が湧く:

食事は生活の基本です。脳卒中患者であっても、それには変わりません。
脳卒中を繰返した患者は、食物を上手に飲み込めない嚥下障害が多く、片側手足の麻痺程度でも、唾液(つば)の分泌が極端に落ちたり、
口の筋肉が麻痺して、上手に食事を摂れなくなることが、多くあります。
倒れた直後は、高カロリー輸液などで、強制的に栄養を補給できますが、食べられない期間が継続し、長引いてしまうと、どうしても全身が衰弱し、
感染などを起こし易くなり、リハビリに取り組むことは難しくなります。
口から食べられるようになって、生活の質が向上して行くようになれば、自然と、リハビリへの意欲が湧くというものです。

引用元-脳出血に対する、予防・リハビリの食事の注意点

家族でもできる脳出血の麻痺のリハビリは?

「可能な限り早く離床を進めていきましょう!」
と言っても麻痺が重度で自分で起き上がれない場合は難しいと思います。
その場合は看護師や介護士などの病棟スタッフに依頼して起こしてもらいましょう。
病棟スタッフが忙しくて依頼してもなかなか起こしてもらえない場合は、リハビリスタッフに起き上がりや車椅子移乗の介助方法を教えてもらいましょう。
自ら介助技術を習得することで離床の頻度を増やすことができます。
ただ、少しでも介助に自信がないと感じたら必ず病棟スタッフに依頼してください。
ベットから転落したり移乗時に転倒して怪我をしては元も子もないですから。

ベット上安静のときには何をしたらいい?
できることは以下の3つ。

マッサージ
ストレッチ
手足の運動

脳卒中で片麻痺になった場合、麻痺した手足はこわばり、関節は固くなりやすいです。(特に手指、肩、足首)
麻痺した手足の筋肉をマッサージしたり、足首や肩のストレッチをして麻痺側のコンディショニングを維持することができます。
少しでも柔らかくこわばりがない方が運動もしやすいですから。
手足の運動は健側(麻痺していない側)も麻痺側も両方行います。
特に麻痺側の運動は早期から行った方が麻痺の回復にも良い影響を与えるため推奨されています。

マッサージ・ストレッチの方法、手足の運動の内容は患者によって異なるため、担当のリハビリスタッフに聞いて教えてもらうと良いでしょう。

引用元-脳梗塞後遺症のリハビリは早く始めよう!家族とできる内容は? | 脳卒中に関する悩みを解決するブログ

twitterの反応

 - 健康・病気