カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

白血病の疑いは血液検査の数値で発覚するってホント!?

      2016/03/31

白血病 血液検査 数値

病院の診察で血液検査を受けた事がある方も多いことでしょう。

病院での採血は、結果の数値で様々な体の状態がわかるそうです。そしてその中でも白血病は血液検査での発見が多い病気です。

そこで血液検査の数値や治療法など、白血病についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_m
「自律神経失調症」を発症…。休職に必要なものや期間は?

次から次へと舞い込む仕事…そして職場での上司や部下との人間関係…。社会生活の中では様々はストレスにさらされます。
その精神的ストレスが体に影響を及ぼすことがあります。「自律神経失調症」はその精神的ストレスなどによって発症する病気です。
自律神経失調症を発症した場合には、心身ともにゆっくりと休養を取ることが必要になります。
仕事をしている場合には休職することになりますが、どのくらいの期間休めるのでしょうか?

b8b0e0c62ccddba6b8464fb2c1d39134_m
足の小指を骨折!?痛みの原因や対策について知っておこう!

足の小指を家具や家の角で強打!激しい痛みに悶絶した経験のある方も多いことでしょう。

実はその激しい痛みは、骨折をしている可能性もあるのです。

そのまま放っておくと大変な事になってしまう可能性も…。同じ経験を繰り返さないためにも是非参考にしてください。

食欲不振 吐き気 体重減少
食欲不振・吐き気・体重減少!症状から見られる病とは・・・

食欲不振・吐き気・体重減少。このような症状が体に現れたら、それはただの体調不良ではないかもしれません。

気付かぬうちに重篤な病が潜んでいるという可能性も考えられます。そこで食欲不振・吐き気・体重減少から考えられる病気についてまとめてみました。

インフルエンザ 太もも 筋肉痛
インフルエンザで太ももが筋肉痛!?気になる症状・原因!

インフルエンザにかかると太ももや背中などが筋肉痛になる事をご存知ですか?

運動もしていないのに筋肉痛の症状が続く時は、インフルエンザの疑いがあります。

そこでインフルエンザと筋肉痛について調べてみました。気になる方は早期治療を心がけましょう!

顔 イボ 治療
顔にできたイボの治療法とは?

顔にできたイボは、体の他の部分にできたものよりも気になりますし、早く治してしまいたいですよね。特に顔にできているので、治療で跡が残ってしまわないかも気になるところです、今はどんな治療法があるのでしょう。顔にできるイボと、その治療法について調べました。

目 痙攣 続く
目の痙攣が続く…症状の原因や考えられる病気について

目の痙攣が続く…この原因は目の疲労からくる症状だろうと簡単に考えていませんか?

実はその症状は何らかの病気からくるものかもしれません。そこで目の痙攣が続く症状から考えられる病気について調べてみました。

症状の改善には早めの対処が必要です。ぜひ参考にして、目の健康を取り戻しましょう!

卵巣 子宮 全摘出
卵巣や子宮の全摘出とは?体への影響はあるの?

子宮筋腫や卵巣腫瘍などの病気によって、卵巣や子宮の全摘出手術を受けなくてはならないことがあります。
全摘出することで病気が治ると言われても、子宮や卵巣がなくなってしまうというのは、女性にとってとてもつらいことですよね。
摘出したあと、心や体にはどのような変化があるのか?後遺症はあるのか?と誰もが不安になり、戸惑うことと思います。
病気を乗り越えるためにも、手術について・体への影響についてくわしく知っておくことが大切ですよね。
今回は、卵巣や子宮の全摘出手術について調べました。

避妊 方法 昔
避妊の方法!昔はどうだったの?

今も昔も男女の関係は変わりません。しかし今と違い、避妊の難しかった時代はどうしていたのでしょうか?江戸時代から現在までの避妊方法を、詳しく調べてみました。様変わりする避妊方法を時代をおって見ていきましょう。

wpid-2015_10_29_03_19_3.jpg
姿勢が悪い!矯正が必要な子供たち

最近は姿勢が悪く、早い段階での矯正が必要な子供たちが増えてきています。

姿勢が悪いことで、一体どんな影響があるのでしょうか?

最近姿勢の悪い子供が増えている原因や改善方法など詳しくまとめてみました。

%e8%82%ba%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b1%e3%82%99%e3%83%b3%e3%80%80%e7%99%bd%e3%81%84
肺のレントゲンを撮ったら白い影が…!その原因とは?

健康診断や人間ドックなど、検査項目に必ずあるレントゲン。
特に問題がなければ一安心ですが、もしレントゲンを撮った結果、肺に白い影があったら…?
肺のレントゲンで異常が見つかった場合の原因や考えられる病気について探ってみました。

目 視界 白い
目がかすんで視界全体が白いのですがどうすればいいでしょう?

ものがかすんで見えたり、ものがぼやけて見えることがありますか?
目がかすんで視界に白いフィルターがかかったように見えることもありますよね。
何が原因でしょう(・.・;) どうすればいいでしょう?
情報を得てしっかり対応しましょう!

仕事 ストレス 診断書
仕事状のストレスで病気に…診断書と休職の手続きについて

最近はストレス社会とも言われ、様々なストレスを日々感じている方が多い時代です。
仕事上のストレスでの精神疾患も多くみられ、休職や退職にまで悪化してしまうことも…
その際重要になるのが「診断書」です。ぜひ参考にして早目に適切な対処を心がけましょう!

鼻 打撲 腫れ
鼻の打撲で腫れ…鼻骨折の可能性も!気になるその後の処置

鼻や頭部の打撲で腫れが生じた時、もしかすると鼻骨折の可能性もあります。
鼻や頭部の打撲は骨の異常以外にも様々な問題も考えられます。症状の悪化を防ぐためにも、早めの処置が重要です。
そこで鼻の打撲・腫れについて詳しくまとめてみました。もしもの時はぜひ参考にして、早めに病院を受診しましょう。

左下腹部 違和感 女性
左下腹部に違和感…。特に女性で考えられる原因とは?

女性が感じる下腹部の違和感。特に左下腹部には子宮や卵巣などがあり、大切な器官が備わっている場所です。
大したことではないと放っておくと、大事に至る可能性もあります。
左下腹部の違和感や痛みの原因や対処法などを探ってみました。

3517210bac9dcb0b034a0e448e5f68fa_m
風邪の治し方で汗をかくというのは本当?それとも嘘?

昔から言われている風邪の治し方はさまざまありますが、その中でも汗をかくと風邪が早く治るというのは有名です。しかし、それは本当なのでしょうか。昔から言い伝えられてきたことが実は間違った情報だった、または時代が変わり証明されるようになったということは多いですね。風邪の治し方で汗をかくというのは本当なのか、それとも嘘なのかについて調べました。

スポンサーリンク

白血病は血液検査の数値で発覚する事が多い!

自覚症状のない白血病患者が、初めて自分に白血病の疑いあると気付くのは、大抵は血液検査です。
具体的には、健康診断などで受けた血液検査で偶然、白血球の異常値が見つかり、詳しく白血病になっているか否かを調べるケースが多いようです。
血液検査は、全ての病気の疑いについて調べる、いわば窓口のようなものでしょう。
しかし、その精度は年々高くなり、血液検査だけで様々な数値を導き出し、分析することが可能です。
血液検査で白血病か否かを調べる時、単に白血球の数値だけを見るのではなく、白血球の種類や形態、白血病細胞の有無まで調べることができます。
また、略診として、白血球が増加し、赤血球や血小板が減少していれば、イコール白血病の疑いがあることがすぐにわかります。

引用元-血液検査 | 白血病の基礎知識

白血病ってどんな病気?

白血病とは血液の中の白血球が悪性腫瘍になった血液のがんの1つです。
白血病は急性白血病と慢性白血病に大きく分けられ、さらに白血病細胞の由来する血球細胞により骨髄性とリンパ性の各白血病に分けられます。

急性骨髄性白血病
芽球という未熟な血液細胞が急速に増殖し、骨髄系の造血細胞が分化・成熟する働きを失い正常な血液を作ることができなくなる病気です。
発熱、疲労感、息切れ、出血、食欲不振、体重減少といった症状が現れます。

急性リンパ性白血病
リンパ芽球が“がん化”して異常に増殖し、正常な血液細胞が圧迫されことによって起こる病気です。
鼻血や出血斑などの出血症状や肺炎などの合併による発熱、頭痛や吐き気などの症状があります。

慢性骨髄性白血病
造血幹細胞が腫瘍化して発生する血液腫瘍で白血球が過剰に作られるようになる病気です。
ゆっくり進行するため、初期には自覚症状がほとんどないですが、急性期になると貧血、感染症、出血などの症状が見られるようになります。

慢性リンパ性白血病
骨髄において異常なBリンパ球が過剰に作られるようになる病気です。
発症は緩やかで初期にはほとんど自覚症状がないですが、進行するとリンパ節の腫れ、だるさや食欲不振、発熱、皮疹などの症状が現れます。

引用元-白血病の症状と治療法

もしかして白血病?血液検査の白血球の数値

白血病の白血球数は人によってさまざま違いがあります。
全然増えない方もいますし、通常5000~8000のところを25000以上になるという人もいます。
ですので一概には言えません。

引用元-白血病 初期症状 白血球数

白血球数が少なすぎるケースは、体の防衛反応があっ化し、ばい菌などに伝染しやすくなります。
1000個以下と極端に損減した時、重い敗血症を立てる見込みが高くなります。
すぐに無菌室に入らないといけない非常に危険な状況です。
このようなケースも、原因と変わるもの病みを見付け出すために骨髄チェックを受けなくてはなりません。

引用元-白血病 初期症状 白血球数

白血球数が少し多いからと言って、すぐに白血病を心配する必要はありません。
白血病では、正常な状態では血液中に見られない種類の白血球が出てきます。
白血病には、急性と慢性とがありますが、急性白血病では、自覚症状が早く出ますから、やはり健康診断を受ける前や、検査結果表が手元に届く前に、診療所や病院をすでに受診していることが多いと思われます。

引用元-白血球数が多いとあったら?どうすべきか

白血病は血液検査の数値で状態を確認する!

白血病の特徴は採血のみで体内の腫瘍細胞が観察できることです。
故に、白血球増加や汎血球減少などの血液異常を認め、末梢血白血球中に芽球(blast)と呼ばれる異常細胞を認めた場合、かなり強く白血病が疑われます。
確定診断は骨髄穿刺を行い骨髄中の白血病細胞を見て行います。
白血病のタイプは特殊染色を行ったり、白血病細胞表面の糖タンパクを抗体を用い検索したり、白血病細胞を短期間培養して染色体分析を行ったりして決定します。
慢性骨髄性白血病では末梢血白血球数は著しく増加します。
慢性骨髄性白血病の癌化は急性白血病と比べかなり未分化な段階において起こり、白血病の因子は白血球のみでなく、赤血球、血小板にも存在します。
また、分化能を有し、成熟白血球のみでなく赤血球、血小板へと分化します。
一方、急性白血病細胞は慢性骨髄性白血病より分化した段階で癌化し、分化能はなく、芽球という幼若な形態の細胞で増殖のみを行います。
故に、慢性骨髄性白血病の末梢血は著しい白血球増加(時に10万以上)のみならず、赤血球や血小板の増加も認めます。

引用元-白血病(血液内科)

白血病の治療法

化学療法

寛解導入療法
強力な抗ガン剤を投与し、ガン化した血液細胞を減少させる治療法。
急性白血病では、感染症などを起こしている場合を除き、一番初めに行われます。
完全寛解(完治ではないが、ガン化した細胞がなくなること)を目的としており、これによって、ほとんどの患者は症状が治まります。
ただし、抗ガン剤は正常な細胞にも影響を及ぼすため、吐き気や嘔吐、下痢、脱毛などの副作用が現れたり、患者によっては白血病の症状が悪化することもあります。

地固め療法
第一段階である寛解導入療法で寛解が得られた後、それを確実なものにする(さらに減少させる)ために第二段階として行われる治療法。
地固め療法でも強力な抗ガン剤を使用するため、寛解導入療法と同様の副作用が現れる可能性があります。

維持療法(支持療法、強化療法)
寛解導入療法や地固め療法をサポートするために行う治療法。
寛解の状態維持、再発防止、副作用や症状悪化を抑える薬が投与されます。

放射線療法
放射線を照射し、ガン化した血液細胞を死滅させる治療法。
通常は急性白血病において、ガン化した細胞が脳や脊髄へ浸潤した際に化学療法と併せて行われます。

移植療法

骨髄移植(造血幹細胞移植)
正常な血液細胞が含まれる骨髄を移植する治療法。
年齢が若く、体力がなければ行うことができません。
化学療法や放射線療法の後、ドナーの骨髄を受け入れやすくするために免疫抑制剤を使用してから行われます。
完治が期待できる反面、感染症や合併症のリスクを伴います。

引用元-白血病の原因・症状・治療・分類などのまとめ

twitterの反応

 - 健康・病気