カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

足の甲の痛みや痺れ…もしかしたら腓骨神経麻痺の症状かも!

      2016/04/03

足の甲 痛み 痺れ

足の甲に痛みや痺れなどの症状を感じた事はありませんか?

その症状はもしかしたら腓骨神経麻痺かもしれません。腓骨神経麻痺は生活の中の習慣などが原因となることも。

あまり聞き慣れない腓骨神経麻痺について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_m
「自律神経失調症」を発症…。休職に必要なものや期間は?

次から次へと舞い込む仕事…そして職場での上司や部下との人間関係…。社会生活の中では様々はストレスにさらされます。
その精神的ストレスが体に影響を及ぼすことがあります。「自律神経失調症」はその精神的ストレスなどによって発症する病気です。
自律神経失調症を発症した場合には、心身ともにゆっくりと休養を取ることが必要になります。
仕事をしている場合には休職することになりますが、どのくらいの期間休めるのでしょうか?

前歯 虫歯 治療費
前歯が虫歯になったときの治療費の相場や目安について

前歯は笑ったときに一番気になるところ。歯医者さんで前歯の虫歯治療も見た目には気を配ってもらいたいですね。
そういった治療費がどれくらいなのか気になります。費用はどれくらい用意すればよいのでしょう。
保険を使った場合や、相場について調べました。

右 背中 痛み
右側の背中に痛みが!湿布を貼ればOK?ちょっと待って!

仕事や勉強の後、ふと気づく右側の背中の痛み。またか、湿布貼っとこー…ってちょっと待って下さい!
実は右側の背中の痛みには、幾つか原因があるんです。
段々痛くなっているような気がする、そもそも何もしていないのに痛い、そんなあなたもぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

筋肉 脂肪 大きさ
筋肉と脂肪の違い!大きさや比重も変わるってホント?

同じ重さの筋肉と脂肪でも、その大きさや比重は全く変わってきます。

ダイエットにおいても、その違いは重要で体重を落とすだけでは、根本的なスタイルアップはできません。そこで筋肉と脂肪の違いについて詳しくまとめてみました。ぜひ参考にしてスタイル改善に役立ててください!

ひじ 骨折 リハビリ
ひじの骨折はリハビリが重要!正しい知識でしっかり治そう!

ひじの骨折は、元の状態のように動かすために正しい治療とリハビリが重要です。

骨折以前のような、ひじの可動域を取り戻すためにも、正しいリハビリの知識が必要になります。

そこでひじの骨折やリハビリについて調べてみました。

肋骨 痛い 内臓
肋骨が痛い時の原因は内臓にある?

肋骨が痛いとき、骨の近くが痛いため、骨に原因があるのではないかと思ってしまいます。もちろんその可能性もありますが、実は内蔵に原因があることもあるのです。肋骨が痛いとき、原因によって痛み方や痛む部分が違ってくるようです。肋骨が痛む原因が内蔵にある場合について調べました。

a07fbb6a5e3ec4350a2ce4eef3adecf3_m
貧血の数値が9.5ってどうなの?知らないと怖い万病の元!

貧血の数値が9.5…これはどういう状態なのでしょうか?

貧血検査の結果はわかりづらく、理解できていない方も多いことでしょう。

しかし貧血状態を放っておくと、体には様々な症状が…また大きな病気の症状ということも考えられます。ぜひ参考にしてご自身の健康維持に役立ててください。

face-herpes-symptom
顔にできるヘルペスって何なの?原因・症状・治療法

慢性的にできる顔のヘルペス。

一体どうして繰り返すのでしょうか?原因や症状など調べてみました。

顔のヘルペスを繰り返さないよう、症状が出る前に予防をしましょう。

足の裏 痛み 土踏まず
足の裏の痛み!土踏まずにできる「足底線維腫」について…

足の裏の急な痛み、それは土踏まずにできた「足底線維腫」が原因かもしれません。
あまり聞きなれない「足底線維腫」。悪化すると手術が必要になることもあるようです。
そこで早期発見、早期治療のために土踏まずにできる「足底線維腫」についてまとめてみました。気になる症状がある時は早めに対処するように心がけましょう。

鼻 打撲 腫れ
鼻の打撲で腫れ…鼻骨折の可能性も!気になるその後の処置

鼻や頭部の打撲で腫れが生じた時、もしかすると鼻骨折の可能性もあります。
鼻や頭部の打撲は骨の異常以外にも様々な問題も考えられます。症状の悪化を防ぐためにも、早めの処置が重要です。
そこで鼻の打撲・腫れについて詳しくまとめてみました。もしもの時はぜひ参考にして、早めに病院を受診しましょう。

%e3%81%be%e3%81%b5%e3%82%99%e3%81%9f-%e7%97%99%e6%94%a3-%e5%8f%b3%e7%9b%ae
突然起こるまぶたの痙攣、右目だけピクピクするのは何故?

外出中や仕事中、突然まぶたが痙攣し始め、なぜか右目だけ・左目だけずーっとピクピク動いている!といった経験はありませんか?
人に見られて「機嫌悪いの?ひきつってるよ」なんて言われたら困ってしまいますよね。
今回はまぶたの痙攣について調べてみました。疲れや乾燥が原因の場合もあれば、ちょっと心配な病気が隠れていることもあるようです。
どんどん酷くなっていくようなら、ぜひお医者様に相談してみてくださいね。

%e8%b2%a7%e8%a1%80-%e6%95%b0%e5%80%a4-9-7
健康診断で貧血って言われた!Hbの数値が9.7って何?

何だか最近疲れやすい、もしかして貧血かも?と考えながら集団検診を受けた結果、貧血と言われた!でも周囲の人に聞くと「Hbという数値が9.7?私なんて6.8よ!」と変な自慢になってしまって参考にならない、といった経験がある方はいらっしゃいませんか?
特に女性は貧血になりやすいと言われていますが、不調があってもどの程度で病院に相談に行けば良いのか悩みますよね。
血液検査でよく見るHbの数値の意味や基準値、貧血の予防方法などを調べてまとめましたので、参考にしてみて下さい。

タバコ 吐き気 病気
タバコを吸うと吐き気…考えられる病気と健康のための対処法

タバコを吸うと吐き気がすることはありませんか?
その吐き気は何らかの病気が原因となり、喫煙によって引き起こされている可能性があるようです。
そこで喫煙による吐き気に関係する病気について調べてみました。

0746d311d53fa2f903779c020dc0c372_m
オフィスで寝落ち!?食後の眠気と低血糖の関係について

待ちかねたお昼休みの楽しいランチ。さぁ午後もお仕事頑張ろう!と気合を入れても、眠くなってしまう時ってありますよね。
ただ、最近とても眠くなり、何度もオフィスで寝落ちしてしまう!上司に注意されてしまった!という方はいませんか?
仕事に差し障る程の食後の眠気には低血糖か関係している、と健康番組で耳にした事がありますので、原因や対策についてについて調べてみました。

帯状疱疹 症状 眼
帯状疱疹の症状が眼に!?危険な眼部帯状疱疹とは…

帯状疱疹の症状が眼にも現れることを知っていますか?
それは「眼部帯状疱疹」という病気で、症状によっては重症化してしまうことも…
「眼部帯状疱疹」は早めの処置や予防も大切です。そこで「眼部帯状疱疹」について詳しくまとめてみました。ぜひ参考にして、目の健康を守りましょう!

スポンサーリンク

足の甲の痛みや痺れは腓骨神経麻痺かも!

脚を組んで長く座っていて、立ち上がろうとしたとき、足がしびれて、足首がいうことをきかなかったことはありませんか? 
その時障害されているのは、腓骨神経です。
腓骨神経は、膝下の外側にでっぱっている腓骨頭の後ろ側から前下側に走っている神経です。
この部分では、神経が皮膚の下の浅いところを骨の上を走るので、いたみやすいことが知られています。
腓骨神経がいたむと、膝から下の外側から足の甲にかけてしびれて痛くなったり、感覚が鈍くなったり、更に足首が反らしづらくなったりします。
原因がはっきりしなくてもいたむことがあります
腓骨神経は、膝下の外側ででっぱっている腓骨頭の後ろ側から前下側に走っている神経です
腓骨神経は前述のような明らかな原因がなくとも、日常生活の中でいたんでしまい、足がしびれたり、痛くなってしまうことがあります。
症状が強い場合には、足首が上がりづらくなりますが、麻痺に至らず腓骨神経障害をおこし、しびれや痛みだけがでることもあります。
特に、長く立っていたり、歩いたりすることでしびれや痛みがでてくることがあり、腰の病気と間違えられやすいことがあります。
しびれや痛みの場所は、膝から下の外側から足の甲にかけてであり、この部分以外にしびれや痛みがでることはありません。

引用元-足のしびれ…腓骨(ひこつ)神経麻痺と腓骨神経障害 [骨・筋肉・関節の病気] All About

腓骨神経麻痺の足の甲の痛みや痺れ以外に見られる症状

腓骨神経麻痺で、足首が上に曲げられなかったり、親指を上に曲げられなくなったりします。
痺れよりも筋肉に力が入らない麻痺のほうが強いことが多いです。
腓骨神経は、下腿を走行する神経ですが、坐骨神経から腓骨神経と脛骨神経に分かれます。
腓骨神経は、膝の外側を通り、腓骨の側面を下降して、足関節を通り、足指に達します。
腓骨神経は足関節と足指に支配領域を持っています。腓骨神経が麻痺しますと、自力で足首を曲げることが出来なくなります。
足指も下に垂れたままで、自力で背屈が出来ません。
下腿外側から足背部(足の甲)にかけてのしびれや感覚異常があり、足首や足指を上げることができない、いわゆる「垂れ足」になります。
「垂れ足」が明らかでない時でも、障子の敷居で足を引っかけたり、サンダルが脱げやすいといった症状がみられることがあります。
具体的には、足指と足首が下に垂れた状態ですので、靴下がうまく履けません。同じことは靴を履くときにも見られます。
その都度座って、片手で足を支えてやらないと、靴下も靴も上手く履くことが出来ないのです。
車の運転も右足でアクセルやブレーキを踏むことは出来ません。スリッパやサンダルは歩いているうちに脱げてしまいます。

引用元-【腓骨神経麻痺専門】腓骨神経麻痺の最新治療|中国鍼灸(はり灸・針灸)治療の流れと患者の体験談

足の甲に痛みや痺れ…腓骨神経麻痺の治療法

腓骨神経麻痺のしびれなどの治療としてはビタミン剤を飲んで、温泉などでリハビリテーションを勧められることが多いです。
しびれの発症直後には浮腫の予防と改善のために下肢の挙上、弾性包帯などによる圧迫、マッサ-ジなどが効果的です。
その後は腫れや痛みに注意をしながら拘縮の予防・改善と循環の維持・改善などに努めます。
なお、凝固した内出血が原因のときには早めでしたら神経剥離術という手術をして治ることもあります。
数ヶ月、何年経っても、しびれの症状などが全く治らない場合はクレンザックという装具を足に付けるとバネがついていて歩行がしやすくなります。
若い方で装具が面倒な場合、腱移行術という手術方法がありこれでとても良くなります。

引用元-腓骨神経麻痺:しびれの症状と原因:手や足、顔のその症状、大丈夫?

骨折や脱臼などの外傷や腫瘤によるものは早期に手術が必要です。
原因が明らかでないものや回復の可能性のあるものは保存的治療をします。
3ヵ月ほど様子を見て回復しないものや麻痺が進行するものでは手術が必要になります。

保存的療法
圧迫の回避・除去、局所の安静、薬剤内服、運動療法など。

手術療法
骨折、脱臼などの外傷で手術が必要なものや腫瘤のあるものは、手術が行われます。
神経損傷のあるものでは、神経剥離、神経縫合、神経移植などの手術が行われます。
神経の手術で回復の望みの少ないものは腱移行手術(他の筋肉で動かすようにする手術)が行われます。詳しくは整形外科医にご相談ください。

引用元-「腓骨神経麻痺」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

生活を見直して腓骨神経麻痺を予防しよう!

生活上の注意や運動療法:
自宅での過ごし方も重要です。寝る姿勢が原因の場合、自分で姿勢を直すのは難しいですが、寝る姿勢を変えられないと再発を繰り返します。
また、TVを観る時に横寝になっているような場合もあるので、その場合はその習慣を改めます。
また、運動療法も効果的です。
「足首を手前に返す動き」と「外側に返す動き」の2種類だけですが、この運動を行うと、回復が早まりますし、再発予防にもなります。

引用元-絞扼性腓骨神経麻痺 | はりきゅう今泉治療院

姿勢や衣服による圧迫を防ぐ
腓骨神経麻痺をこれ以上悪化させないためにできることは、日常生活を少し見直すことです。
腓骨神経麻痺をは、神経が圧迫されることによって起こってしまう症状なので、必要以上に衣服による圧迫が起こらないようにすることや、足を組んだ体勢で長い時間過ごしたり、ヒザを曲げた状態で長時間過ごすといったことは避けるようにすると腓骨神経麻痺をこれ以上悪化させることなく緩和していくと言われています。

引用元-腓骨神経麻痺を悪化させないためにできること│姿勢や衣服による圧迫を防ぐ | 【足の指が痛い】様々な症状と考えられる原因や病気について紹介中

腓骨神経麻痺以外の足の甲に痛みや痺れ症状を引き起こす原因

足の甲のしびれの原因①:前足根管症候群
まず考えられるのが、前足根管(ぜんそくこんかん)症候群です。
日常的に履いている靴が原因で起こる障害で、足の甲のしびれで悩んでいる人には比較的多いと言われています。
足の甲の真ん中あたりを手で叩き、足の先までしびれが響く場合は、前足根管症候群の可能性が高いです。

原因である靴を変えると改善できる
この場合、靴紐のしめすぎやサンダルなどによる圧迫が原因となり、足の甲のしびれを引き起こすことが多いです。
そのため、靴の紐をゆるめたり、違う靴を履いたりすることで治すことができます。

足の甲のしびれの原因②:腰椎椎間板ヘルニア
また、足の甲のしびれを引き起こす原因として、腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアがあります。
腰椎椎間板ヘルニアとは、腰の骨と腰の骨の間でクッションの役割を果たす椎間板が脱出することなどにより、神経が圧迫される病気です。

感覚がなくなるようなしびれに注意
現れる症状は、神経が障害される場所により異なりますが、脊椎の下部に位置する第一仙骨の神経根が障害されると、足の甲の外側が麻痺する症状が現れます。
この場合の症状は、感覚がなくなるように感じることが多いといわれています。
この場合は温め血流を良くすることを心がけ、正しい姿勢で過ごすと良いでしょう。

引用元-足の甲のしびれを引き起こす原因とその対処法 | メディシル

twitterの反応

 - 健康・病気