カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

くも膜下出血の頭痛の場所によって危険度が違うってホント?

      2016/04/06

くも膜下出血 頭痛 場所

ある日突然感じたこともない頭痛に襲われ、くも膜下出血で倒れてしまうケースが多いようです。

しかしくも膜下出血には発症する前の予兆などもあるようです。

それは頭痛の起こる場所や不快な症状など様々です。気になる症状がある方は早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

前歯 虫歯 治療費
前歯が虫歯になったときの治療費の相場や目安について

前歯は笑ったときに一番気になるところ。歯医者さんで前歯の虫歯治療も見た目には気を配ってもらいたいですね。
そういった治療費がどれくらいなのか気になります。費用はどれくらい用意すればよいのでしょう。
保険を使った場合や、相場について調べました。

歯茎 炎症 臭い
歯茎の炎症で口が臭い?その原因と対策は?

歯茎が腫れたり痛みがあると、歯磨きをしても口の臭いが残ります。
口臭って自分ではなかなか気づきにくいものです。しかし、炎症をそのまま放置しておくと、さらに臭いが悪化してしまうことも…。
人と話しているとき、自分の口は臭くないかな?と心配になる方もいると思います。
今回は、歯茎の炎症の原因について、口の臭いのチェック方法や予防法についてまとめました。

アキレス腱 手術 麻酔
アキレス腱断裂の手術に使う麻酔は痛い?

アキレス腱断裂はすぐに手術しなければ、と思いますよね。その際不安になるのが手術や麻酔、治り具合など。手術の際は痛いのか?というのが正直一番気になることでもあります。 アキレス腱断裂の手術に使う麻酔は痛いのか、また手術方法について調べました。

タバコ 吐き気 病気
タバコを吸うと吐き気…考えられる病気と健康のための対処法

タバコを吸うと吐き気がすることはありませんか?
その吐き気は何らかの病気が原因となり、喫煙によって引き起こされている可能性があるようです。
そこで喫煙による吐き気に関係する病気について調べてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_10.jpg
不正出血の原因はピル服用?それともストレス?

不正出血の原因にピル服用やストレスが関係しているようです。

不正出血には様々な原因があります。

不正出血があれば自己判断をせず、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

不正出血の原因とピル服用やストレスの関係について詳しく調べてみました。

つわり 入院 食事
つわりで入院した場合の食事は?

妊娠経験のある人でつわりのあった人はわかると思いますが、つわりって本当に辛いです。

人によってつわりの重さや期間も違い、また一人目と二人目で違ったりもします。

つわりが重度の人は、入院になるので、そんな時は食事はどうなっているのでしょうか。つわりで入院の場合の食事について調べました。

33efb687660aab4678b5e088f98b2fb5_m
骨折からくる痛みのピークは?骨が痛む?正しい骨修復のお話

骨折には激しい痛みがつきまとうものです。痛みのピークは骨折後遅れて現れることも…

骨折からくる痛みは、一体どのように起こるのでしょうか?

そこで骨折と痛みについて調べてみました。ぜひ参考にして早期回復を目指しましょう!

mite-allergy-eczema
知っていますか?ダニアレルギーの症状~湿疹が出る事も!~

今は、食べ物・花粉・ダニ・カビ・金属など様々なアレルギーがありますよね。

その中でも、目に見えないからこそ厄介な『ダニ』についてあれこれ調べてみました。

湿疹が出たり、喘息を引き起こすこともあるようですよ!

5eda671bf5071f3e327b66f5140606f2_m
姿勢を矯正するための整体とは?

姿勢が悪い為に起こる体の不調や猫背に悩んでいる人は多いです。姿勢を矯正するにはどうしたら良いのでしょう、やはり整体院へ行くべきなのでしょうか!?整体院では何をしてくれるのかが気になりますね。姿勢を矯正するための整体について調べました。

下痢 原因 食後
突然の腹痛で下痢…原因は一体何?毎食後に起こるなら要注意

ある日の食後、突然我慢できない腹痛がきた!と思ったら下痢をおこしてしまった…。
お腹はとってもデリケートで、食べ過ぎやストレス等に過敏に反応してしまいます。
それが毎食後となると危険信号。潰瘍性大腸炎の疑いもあるので少し注意して症状など把握しておきましょう。

wpid-2015_10_29_03_19_7.jpg
排卵日前は妊娠しない?妊娠・避妊の正しい知識

排卵日前は妊娠しないと思っている人もいるようですが、実はそれは大きな間違いです。

妊娠を望んでいないのであれば、性交渉を行う際は、しっかりと避妊をするべきです。

まずは妊娠や避妊について正しい知識を持ちましょう。

花粉 目 痙攣
花粉症で目が痙攣するってホント?

花粉症の時に目が痙攣することってありますか?
目の痙攣を予防する方法はありますか?原因は何なんでしょうか?
目の痙攣は花粉症でない場合もあるようです。
病院に行く前に経験者や専門家から情報を調べてみました。

wpid-2015_10_29_03_19_3.jpg
姿勢が悪い!矯正が必要な子供たち

最近は姿勢が悪く、早い段階での矯正が必要な子供たちが増えてきています。

姿勢が悪いことで、一体どんな影響があるのでしょうか?

最近姿勢の悪い子供が増えている原因や改善方法など詳しくまとめてみました。

高齢者 嘔吐 原因
高齢者の嘔吐の原因は何?重篤な病気によるサインかも…

高齢者の嘔吐から考えられる原因は様々あります。もしかすると大きな病気によるものかもしれません。

高齢者の症状は急激な様態悪化も考えられます。そこで高齢者に考えられる嘔吐原因について調べてみました。気になる症状があれば早めの受診を心がけましょう。

15c82c6fc24e925ed3a9f043e2211f5f_m
リウマチの原因とは?男性も増えている間接リウマチ

男性よりも女性の患者が多いといわれているリウマチですが、最近では男性のリウマチも増加しているようです。
30代〜60代に発症することが多いと言われており、働き盛りの男性も油断できません。
今でもはっきりとした原因は分かっていないそうですが、予防できることはしておきたいですよね。
今回は、リウマチの原因についてまとめました。

スポンサーリンク

くも膜下出血の頭痛の特徴

くも膜下出血の頭痛の特徴は、未だかって経験したことのないようなひどい頭痛が突然に起こることである

くも膜下出血のほとんどは、脳の動脈に動脈瘤と言う血管のコブ(小さな風せんのようなもの)が出来て、これが破裂して頭の中に出血することによって起こります。この脳動脈瘤が破れて出血すると、脳の表面にあるくも膜の下にある髄液腔、すなわち「くも膜下腔」への出血となります。そこで、くも膜下出血と呼ばれるのです。どのような時にくも膜下出血を疑うかですが、くも膜下出血の頭痛の特徴は、なんと言っても「突然に起こる」ことです。すなわちくも膜下出血を起こされた方に聞いてみますと、例えば「朝9時35分に急に激しい頭痛が起こった」などと、常に頭痛の起こった時間がはっきりとしています。そしてたいてい吐き気や嘔吐を伴います。痛みが次第に痛くなったなどと言うのは、くも膜下出血ではありません。例えば、片頭痛では頭痛が始まってから1時間程度で痛みは最強に達します。秒単位で最高に達する、あるいは1分以内に症状が完成するような突発性の頭痛はくも膜下出血と考えて間違いがありません

引用元-頭が痛い(頭痛の知識)/脳神経外科 山本クリニック 大阪市住吉区

くも膜下出血による頭痛がおこる場所は?

くも膜下出血は分岐地点の動脈の地点で発症します。
静脈は、心臓から送られた血液の脈拍の影響が無いため、動脈よりも発生頻度が少ないのです。
くも膜下出血による発症頻度の高い部分で有名なのは、分岐の多いとされるWillis動脈輪が好発部位といった地点で多く発生することが知られています。
脳を開かないで、私達が表面上の体の部位を触って認識することができる場所は、首と後ろの項のげんこつ一個分上の地点になります。
この箇所が、くも膜下出血の発症部位になります。
具体的な地点の名前は、中大脳動脈第一分岐部、 前交通動脈、内頸動脈後交通動脈分岐部、脳底動脈終末部になります。
この地点は心臓から送られた血液が、細い血管に分岐するための地点になるので、この場所が脳動脈瘤の発生の頻発部位になります。

くも膜下出血の発症し易い血管の場所は、基本的に大きな血管の分岐の場所になります。
分岐する地点がありますが、この分岐している部位に血流が入ることによって瘤が形成されて非常に厄介な症状が発生します。

引用元-くも膜下出血によって生じる頭痛の場所と特徴に関して紹介いたします|脳の病気チェックドットネット

つらい頭痛はくも膜下出血?原因と予兆

くも膜下出血が起こる5つの原因

 くも膜下出血が起こる5つの原因を紹介します。

 (1)高血圧

高血圧が最大の原因と言われている。血圧が高いと動脈瘤にかかる圧力が高くなり破 裂の危険性が増すのがその原因 

(2)遺伝

家族に脳動脈瘤や、くも膜下出血を患った患者がいる場合、そうでない家族の2倍のリスクがあると言われています。 

(3)タバコ・飲酒

ヘビースモーカーや、大量の飲酒習慣があるなど不摂生な生活をしている場合 

(4)頭部の事故

頭を事故(交通事故、転落事故など)で強く打ったことがある場合。

(5)激しいストレス

激しいストレスを常に感じる仕事や生活を続けている場合。 

引用元-くも膜下出血の5つの原因!4つの治療法とは | 頭痛.com

くも膜下出血5つの予兆 

くも膜下出血を防ぐためにも5つの予兆について知っておきましょう。

(1)血圧の乱れ

血圧が上がったり下がったりする症状を自覚したら、くも膜下出血起こす可能性が高いので要注意しましょう。 

(2) 激しい頭痛

急な激しい頭痛が起こったらくも膜下出血を疑いましょう。

別名「警告頭痛」とも言われ、後日 談として、くも膜下出血を起こした人の何割かがこの警告頭痛を体験していると言われています。 

 (3)視覚の異常

 目が痛い、物が二重に見える、まぶたが下がるなど目の異常にも注意 

(4)  頭の違和感

 もやもやする感じ、圧迫感などを覚えることもあります。 

 (5)年齢による影響

中年期以降は誰にでも起こりうると言われています。40 歳代、50 歳代では男性に多く、 60 歳代以降は女性が多いと言われています。 

引用元-くも膜下出血の5つの原因!4つの治療法とは | 頭痛.com

頭痛の場所が後頭部なら くも膜下出血の前兆かも!

くも膜下出血は、前兆がなく突如襲い掛かってくる病気だと思っていませんか?

 くも膜下出血にも、前兆はちゃんとあります。

そして、この前兆をしっかり自覚できるかどうかで、その後の病状に大きな影響を及ぼすのです。

 

つまり、前兆に気づいて早期に治療することができれば、くも膜下出血から回復する確率も高まるでしょう。

引用元-くも膜下出血の3つの前兆!頭痛と目の異常に要注意

くも膜下出血が起きてしまう原因は、脳の血管が膨れて、破裂してしまうことにあります。したがって、よくあらわれる前兆は頭痛であることが多いです。

この頭痛は、くも膜下出血が発症する2週間~1ヶ月くらい前に前兆としてあらわれることが知られています。

 

激しい頭痛が定期的に起こることが特徴的といわれてきましたが、人によっては、軽い頭痛でもくも膜下出血の前兆となることが分かっています。

 

頭痛の強さに関わらず、注目すべき点は頭痛の持続性です。

高頻度に頭痛がする場合は、念のため病院で精密検査を受けることをおすすめします。

また、この頭痛は特に後頭部で起きることが多いことも知っておきましょう。

引用元-くも膜下出血の3つの前兆!頭痛と目の異常に要注意

前頭部の頭痛も危険信号のサインかも!

特に前頭部に痛みを感じる場合にはただの風邪による発熱などでは無い可能性が高くなります。
 
特に注意すべき原因の一つがくも膜下出血です。
 
前兆に気が付きにくい病気とされていますが、正しい知識を持ってさえ入ればくも膜下出血もその前兆に気が付くことが出来ます。
 
その前兆として特に起きやすいのが吐き気を伴うような痛みです。
 
脳の血管に異常が起こるため、それが吐き気や気分の悪さなどの症状を引き起こすことが多いのです。
 
前頭部に痛みを感じるからといって、それが全てくも膜下出血などの危険な病気の前兆であるとは限りません。
 
中にはくも膜下出血の前兆に見られる症状と非常によく似た症状を引き起こす偏頭痛などもあります。
 
長引くようであれば素人判断はせず、専門の医師に相談することが大切です。

引用元-前頭部に吐き気を伴う頭痛の症状が現れた場合は注意を

twitterの反応

 - 健康・病気