カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

高齢者の嘔吐の原因は何?重篤な病気によるサインかも…

   

高齢者 嘔吐 原因

高齢者の嘔吐から考えられる原因は様々あります。もしかすると大きな病気によるものかもしれません。

高齢者の症状は急激な様態悪化も考えられます。そこで高齢者に考えられる嘔吐原因について調べてみました。気になる症状があれば早めの受診を心がけましょう。

スポンサーリンク

関連記事

c94dc97504f7e3ba351fe8b4f92bc41d_m
膝を骨折!正しい治療とリハビリでケガの完治を目指そう!

膝を骨折してしまうと、日々の生活にも大きな支障をきたすことになります。

早めの完治のためには正しい治療とリハビリが必須条件です。

そこで膝の骨折や治療法、リハビリについて調べてみました。早期回復のためにもぜひ参考にしてください。

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_m
子供の皮膚が黒い原因は?

子供の皮膚が黒いか白いかというのは、親にとっても子供自身にとっても意外と気になるものです。特に子供の皮膚が黒いと何かの病気では、と心配になることもあります。子供の皮膚が黒くなる原因について調べました。

生理痛 吐き気 冷や汗
つらい生理痛!吐き気や冷や汗を伴う時の対処法

毎月吐き気や冷や汗を伴う重たい生理痛に悩まされている方も多いことでしょう。

そこで、重たい生理痛についてまとめてみました。日々の生活自体も困難に感じてしまう生理痛の原因を理解し、対処法や改善法を実践してみましょう!

腹痛 下痢 発熱
腹痛、下痢、発熱の症状が出たら何の病気?

毎年寒い時期や暑い時期には、病気が流行ります。風邪などの体調不良にも色んな症状がでると思います。 よくあるといえばある、腹痛、下痢、発熱の症状ですが、これらが同時に起こった時、考えられる病気とは何でしょうか。 腹痛、下痢、発熱を伴う病気について調べました。

足 関節 指
足の関節や指にできる「ガングリオン」の対処法について…

足の関節や指にできる腫瘍「ガングリオン」をご存知ですか?
外反母趾とも症状が似ている「ガングリオン」について詳しくまとめてみました。
足に当てはまる違和感や不快な症状を感じた時は、ぜひ参考にして早めに対処しましょう。

発達障害 検査 どこで
発達障害の検査はどこで受ける?種類別検査専門機関について

ひとことで発達障害と言っても、その分類は多岐にわたります。ではその検査はどこで受ければいいのでしょうか?

症状や病名を理解することで、早期の治療は症状にあった対策をとることができます。思い当たる方は早めに受診してみましょう。

足の甲 痛み 痺れ
足の甲の痛みや痺れ…もしかしたら腓骨神経麻痺の症状かも!

足の甲に痛みや痺れなどの症状を感じた事はありませんか?

その症状はもしかしたら腓骨神経麻痺かもしれません。腓骨神経麻痺は生活の中の習慣などが原因となることも。

あまり聞き慣れない腓骨神経麻痺について詳しく調べてみました。

生理痛 痛み 波
生理痛のつらい痛みの波…この症状どうすればいいの!?

毎月生理痛の痛みに悩ませれる女性は多いようです。その痛みにも波があり、つらい症状を必死に乗り越えている方も…

そこで生理痛による痛みの波を緩和させる方法や予防する方法などを調べてみました。その原因には生活習慣なども関係しているようです。ぜひ参考にしてつらい症状を緩和させましょう!

mite-allergy-eczema
知っていますか?ダニアレルギーの症状~湿疹が出る事も!~

今は、食べ物・花粉・ダニ・カビ・金属など様々なアレルギーがありますよね。

その中でも、目に見えないからこそ厄介な『ダニ』についてあれこれ調べてみました。

湿疹が出たり、喘息を引き起こすこともあるようですよ!

ee9e9a6d2e911cf4bc1d3f205ae4a9d7_m
左目が痙攣したときのジンクスって知ってましたか?

目が痙攣してしまった経験ってありますか?
目が疲れているときに痙攣は起こりやすいですが、実は左目の痙攣にはジンクスがあるそうです。
世の中には様々なジンクスや言い伝えがありますが、ちょっと信じることで毎日の生活が楽しくなりますよね。
今回は、左目の痙攣に関するジンクスについて調べました。

wpid-2015_09_26_03_54_3.jpg
下腹部の痛みは便秘が原因?

女性の下腹部が痛いことは結構よくあることです。

そして便秘にも常に悩まされている女性は多いので、それが原因なのでは、と考える人も少なくないでしょう。

ですが女性の下腹部痛には便秘の他に、深刻な病気が隠れている場合があるので注意が必要です。

どんなことが原因の可能性があるのか調べました。

足の裏 痛み 土踏まず
足の裏の痛み!土踏まずにできる「足底線維腫」について…

足の裏の急な痛み、それは土踏まずにできた「足底線維腫」が原因かもしれません。
あまり聞きなれない「足底線維腫」。悪化すると手術が必要になることもあるようです。
そこで早期発見、早期治療のために土踏まずにできる「足底線維腫」についてまとめてみました。気になる症状がある時は早めに対処するように心がけましょう。

3517210bac9dcb0b034a0e448e5f68fa_m
風邪の治し方で汗をかくというのは本当?それとも嘘?

昔から言われている風邪の治し方はさまざまありますが、その中でも汗をかくと風邪が早く治るというのは有名です。しかし、それは本当なのでしょうか。昔から言い伝えられてきたことが実は間違った情報だった、または時代が変わり証明されるようになったということは多いですね。風邪の治し方で汗をかくというのは本当なのか、それとも嘘なのかについて調べました。

wpid-2015_09_26_03_54_6.jpg
【新生児】産まれてから1ヶ月間で体重はどれくらい増える?

初めての育児、不安がいっぱいですよね。

産まれてからの1ヶ月間、新生児ってどれくらい体重が増えるものなのでしょうか?

あまり体重が増えなくて…と悩んでる完母のママさん必見の情報も!

wpid-2015_10_29_03_19_5.jpg
足の血管が切れる!?下肢静脈瘤って何?

みなさん、下肢静脈瘤を知っていますか?下肢静脈瘤は足の血管の病気です。

そのままにしておくと、足の血管が切れてしまうこともある大変な病気です。

日々の生活環境や生活習慣によって引き起こされる下肢静脈瘤。正しく理解して、発症や悪化を防ぎましょう。

スポンサーリンク

高齢者の嘔吐原因①胃食道逆流症

逆流性食道炎は、胃内容物が食道へと逆流することで、食道の粘膜を刺激してただれさせ、胸やけ、胸の痛みが出現したり、口まで酸っぱい胃液が上がる呑酸が起きたりします。
若い人でも逆流性食道炎にかかりますが、高齢者ではよりかかりやすい病気です。
 
(1)胃と食道の間(噴門)の周囲や、食道下部周辺の筋肉(下部食道括約筋)で、逆流を防止できない
(2)腹筋が弱ったり、骨粗鬆症で背中がまがったりして、腹部に圧力がかかりやすい
(3)胸腔と腹腔を隔てている横隔膜の、食道が通っている場所(食道裂孔(しょくどうれっこう))で、横隔膜と食道をつないでいる靭帯が弱くなり、胃が胸のほうへせり上がる(食道裂孔ヘルニアと呼ばれる状態)
(4)加齢による消化力の低下
 
といった、高齢者に特有の体の状態があるからです。
 
逆流を防ぐ工夫
以上の身体的理由に加え、寝ている(寝床に横臥している)時間が多かったり、寝たきりであることや、外からおなかに圧力がかかることで、より逆流しやすい状態になります。
まず、食事を摂るときには、上体を起こします。背中の曲がりのある方では、クッションなどで調整を工夫します。
また食後すぐに横になるのではなく、少し時間をおいてからにしてみましょう。

引用元-生活習慣や環境を見直す~高齢者の逆流性食道炎|オアシスナビ 介護の知恵袋

高齢者の嘔吐原因②腸閉塞(イレウス)

腸閉塞とは、種々の原因により腸の内容物の肛門側への通過に障害をきたした状態を指します。
通過が障害されると腸の中に食べたものや胃液や腸液などの消化液、ガスなどがたまり腸が膨らみます。
医学用語では、「イレウス」と言われています。
このような閉塞は小腸でも大腸でも生じることがあります。
腸閉塞は、原因により「機械的腸閉塞」と「機能的腸閉塞」に分類されています。
頻度的には「機械的腸閉塞」が大多数をしめます。
「機械的腸閉塞」は腹部手術による腸の癒着などが原因で、ねじれや折れ曲がりが生じたり、また腫瘍などで腸の中がふさがれてしまい生じるものです。
この中に腸の閉塞によって腸への血流が絶たれてしまうものがあります。
ヘルニア(脱腸)がはまり込んだり、腸が捻れたりして生じるもので重症になりやすく緊急手術が必要になります。
「機能的腸閉塞」は腸の動きをつかさどる神経の異常や炎症の波及により腸の動きが悪くなり内容物が肛門の方へスムーズに移動できない状態です。
広範囲に広がった腹膜炎や腸を動かす神経にダメージを生じた場合に発症します。

○症状
症状は、激しい腹痛、吐き気、嘔吐、お腹がはる、排便やオナラがでない等があります。
先に述べた血流が絶たれることにより生じる腸閉塞(絞扼性(こうやくせい:締めつけられる状態)といいます)は、急激に全身状態が悪化し、激痛、発熱、脱水、ショック状態(血圧が保てなくなること)、意識障害などを呈することもあります。

引用元-健康長寿ネット-腸閉塞 【激しい腹痛、吐き気、お腹がはる、排便がない】

高齢者の嘔吐原因③急性胃炎

急性胃炎の主な症状
急性胃炎(キュウセイイエン)は、突然、上腹部の痛みや悪心(アクシン/オシン:吐き気がする)、嘔吐(オウト)を起こす病気です。
ウイルスなどによる感染症、細菌による食中毒、腐った食べ物を口にした、ニンニクや唐辛子など刺激の強い食品の摂り過ぎ、暴飲暴食、高濃度のアルコール、薬、食物アレルギーなど、原因はさまざまです。
多くの場合、安静にして食事に気を付けていれば2~3日で治りますが、虫垂炎(チュウスイエン)の初期、胆のう炎、膵炎(スイエン)など他の病気の可能性もあり、放置するとひどくなる場合もあるので、症状が強かったり長引く場合は早めに医療機関にかかりましょう。

急性胃炎の検査方法
問診で、食生活などについて詳しくチェックしたあと、必要に応じて血液検査、腹部超音波検査、内視鏡検査などを行います。
急性胃炎(キュウセイイエン)が重症化すると、食道、胃、十二指腸に広い範囲にわたって、びらん、出血、潰瘍(カイヨウ)などの変化が起こる急性胃粘膜病変がみられます。
こうした病変を早期発見するためにも、内視鏡検査を受けることが重要です。

引用元-急性胃炎 – 病気(胃腸) – 食道・胃腸と喉痛.COM

高齢者の嘔吐原因④食道裂孔ヘルニア

ヒトには胸部と腹部の間に横隔膜(おうかくまく)という隔壁(かくへき)があって、胸腔と腹腔を分けています。
胸腔と腹腔に連続している大動脈、大静脈、食道は、それぞれ横隔膜にある裂孔を通っています。
食道が通る穴が食道裂孔で、この穴を通って腹腔内にあるべき胃の一部が胸腔側へ脱出している状態を、食道裂孔ヘルニアといいます。
食道裂孔からの胃の脱出は腹圧のかけ具合によっても変化しますし、立ったり座ったりしている時と横になっている(臥位(がい))時では変化します。
呼吸により出たり入ったりもします。
重症例では胃の半分以上、時には全体が縦隔(じゅうかく)内に脱出することもあります。

原因は何か
生まれつき食道裂孔が緩く胃が脱出している先天性の食道裂孔ヘルニアの症例もあります。
また、高齢となり体の組織が緩むとともに食道裂孔も緩んで食道裂孔ヘルニアとなる人もいます。
背中の曲った(亀背(きはい))人が食道裂孔ヘルニアを合併していることは、まれではありません。
そのほか、喘息(ぜんそく)や慢性気管支炎などの慢性の咳嗽性(がいそうせい)疾患のある人は、腹圧が上昇するので食道裂孔ヘルニアになりやすくなります。
また、肥満の人も腹圧上昇による食道裂孔ヘルニアが現れやすいといわれています。

引用元-食道裂孔ヘルニアとはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

嘔吐物が気管に詰まった時の対処法

高齢者が嘔吐した物を気管に入れてしまったときは、通常、激しくむせます。むせることで普通は嘔吐物が吐き出されます。
それでも、しばらくはのどがすっきりせず、むせる状態が続くかもしれません。そのときは、背中をさするなどして落ち着かせましょう。
むせても嘔吐物が吐き出されなかった場合や、むせずに急にのどを押さえたり掻きむしるような動作をした場合は、嘔吐物がまだ気管内に詰まっています。
そのときは、次の方法で嘔吐物を吐き出させてください。

①腹部突き上げ法
患者を背後から抱きすくめるようにし、片手を握りこぶしにしてへその上辺りに押し当て、もう一方の手をこぶしの上にそえて、両手で勢いよく突き上げるようにします。これは、腹部を急激に圧迫することで、肺の中の空気を一気に吐き出させ、呼気の勢いで詰まった物を吐き出させる方法です。

②背部叩打法(はいぶこうだほう)
患者の背後から、左右の肩甲骨の中間辺りを、手の平の根元部分で強く叩きます。患者が詰まった物を吐き出すまで何度も叩きます。

引用元-高齢者の嘔吐

twitterの反応

 - 健康・病気