カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

高齢者の嘔吐の原因は何?重篤な病気によるサインかも…

   

高齢者 嘔吐 原因

高齢者の嘔吐から考えられる原因は様々あります。もしかすると大きな病気によるものかもしれません。

高齢者の症状は急激な様態悪化も考えられます。そこで高齢者に考えられる嘔吐原因について調べてみました。気になる症状があれば早めの受診を心がけましょう。

スポンサーリンク

関連記事

%e7%94%9f%e7%90%86%e5%89%8d-%e8%83%b8%e3%81%ae%e5%bc%b5%e3%82%8a-%e3%81%aa%e3%81%84
生理前の胸の張りがない!?考えられる原因と妊娠への影響

生理前の症状として胸の張りを感じる女性は多いようです。
またその逆で、全く張りを感じない、今まで生理前に張っていた胸が急に張らなくなったと感じる女性も多いようです。
そこで生理前に胸が張らない原因や妊娠への影響などを詳しく調べてみました!

316f78b9a947d50d1a80373a6f1192e5_m
脳出血の麻痺のリハビリ!正しい知識で家族で取り組む重要性

命をも脅かす脳出血。一命を取りとめたのも束の間、体には麻痺が残ってしまうことも…

麻痺の改善にはリハビリが重要になります。日々の生活にリハビリを取り入れることで、かなりの改善が期待できるようです。

そこで家族が協力してリハビリに取り組めるように、麻痺やリハビリのポイントについてまとめてみました。

顔 イボ 治療
顔にできたイボの治療法とは?

顔にできたイボは、体の他の部分にできたものよりも気になりますし、早く治してしまいたいですよね。特に顔にできているので、治療で跡が残ってしまわないかも気になるところです、今はどんな治療法があるのでしょう。顔にできるイボと、その治療法について調べました。

下痢 原因 食後
突然の腹痛で下痢…原因は一体何?毎食後に起こるなら要注意

ある日の食後、突然我慢できない腹痛がきた!と思ったら下痢をおこしてしまった…。
お腹はとってもデリケートで、食べ過ぎやストレス等に過敏に反応してしまいます。
それが毎食後となると危険信号。潰瘍性大腸炎の疑いもあるので少し注意して症状など把握しておきましょう。

中指 薬指 痛い
中指と薬指が痛い…気になる手根管症候群の原因と治療法!

中指と薬指の付け根が痛いと感じたことはありませんか?
その痛みの原因はもしかすると「手根管症候群」かもしれません。
あまり聞きなれない「手根管症候群」ですが、意外と多くの人が患う病気の一つです。
「手根管症候群」とはどんな病気なのか詳しく調べてみました。

さかまつ毛 手術 子供
さかまつ毛には手術が必要?子供によくある目の症状について

子供の目の症状としてよく見られる「さかまつ毛」。大人のさかまつ毛と違い、子供のさかまつ毛は放っておくと目の健康を損ねてしまうこともあるようです。

そこでさかまつ毛の改善方法としてあげられる手術について調べてみました。ぜひ参考にして子供の目の健康を守りましょう!

1ヶ月 体重 増えすぎ
赤ちゃんの1ヶ月検診!体重の増えすぎは大丈夫?

赤ちゃんの1ヶ月検診。赤ちゃんの成長は楽しみですよね。ただ体重の増えすぎのは気をつけなければいけない事があるようです。
1ヶ月検診で赤ちゃんの体重が増えすぎで発覚する過飲症候群。母乳やミルクの量を調節しながら、赤ちゃんの健やかな成長を見守っていきましょう。

胃 検査 年齢
胃の検査を受ける年齢は?健康維持のために適切な検診を!

会社に勤めている方は1年に1度の健康診断が義務付けられています。
しかし胃の検査に関しては、ある一定の年齢になってからの追加検査という形が定例となっています。
そこで病気を未然に防ぐために、実際には何歳から胃の検査を受けるべきなのか調べてみました。

22a28e805a3c758a6fd9be8117af7b5a_m
鼻を打撲してしまった…ひどいときは迷わず病院へ!

スポーツをしているときはもちろん、日常生活でも鼻をぶつけてしまうことってありますよね。
鼻の骨はとても薄いので、弱い力でも簡単に折れてしまうことがあるそうです。
ただの打撲だったら安心ですが、もしかしたら骨折の可能性も考えられます。
ひどい打撲の場合は、我慢せずに病院を受診しましょう。
今回は、鼻を打撲した場合の対処方法について調べました。

wpid-2015_10_29_03_19_3.jpg
姿勢が悪い!矯正が必要な子供たち

最近は姿勢が悪く、早い段階での矯正が必要な子供たちが増えてきています。

姿勢が悪いことで、一体どんな影響があるのでしょうか?

最近姿勢の悪い子供が増えている原因や改善方法など詳しくまとめてみました。

貧血 症状 真っ暗
貧血の症状?突然目の前が真っ暗になって倒れそうになる

ふとした瞬間に目の前が真っ暗になったり、ぐらぐらと倒れそうな症状が現れることが多い…。
これってもしかして貧血?貧血の症状とはどんなものがあるか知っていますか?
目の前が真っ暗になることや、倒れそうな症状は貧血と判断してよいのか調べてみました。

腕 打撲 湿布
腕の打撲に湿布がおすすめ!効果的に使用するポイント

腕を打撲した時に、痛みや症状の緩和のために湿布を使用する方も多いことでしょう。

いつも何気なく使用している湿布にも、効果的な種類や貼り方などがあることをご存知ですか?

そこで腕の打撲に効果的な湿布の使用法についてまとめてみました。早期改善のためにもぜひ参考にしてください。

妊娠初期 破水 原因
妊娠初期の破水!原因はなに?赤ちゃんへの影響は?

ごくまれに妊娠初期に破水してしまうことがあるようです。いったい原因は何なのでしょうか。また破水による赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか。

そこで初期の破水について詳しく調べてみました。気になることがある方は早めに産婦人科を受診しましょう!

くも膜下出血 頭痛 場所
くも膜下出血の頭痛の場所によって危険度が違うってホント?

ある日突然感じたこともない頭痛に襲われ、くも膜下出血で倒れてしまうケースが多いようです。

しかしくも膜下出血には発症する前の予兆などもあるようです。

それは頭痛の起こる場所や不快な症状など様々です。気になる症状がある方は早めに病院を受診しましょう。

人間 臓器 位置
人間の臓器の位置を正しくする方法は?

普段あまり気にすることがないと思いますが、人間の臓器の位置は意外と大事なようです。体に不調が現れた時、臓器の位置がずれてきているのかもしれません。どんな方法で臓器の位置はなおすことができるのでしょう? 人間の臓器の位置を正しくする方法について調べました。

スポンサーリンク

高齢者の嘔吐原因①胃食道逆流症

逆流性食道炎は、胃内容物が食道へと逆流することで、食道の粘膜を刺激してただれさせ、胸やけ、胸の痛みが出現したり、口まで酸っぱい胃液が上がる呑酸が起きたりします。
若い人でも逆流性食道炎にかかりますが、高齢者ではよりかかりやすい病気です。
 
(1)胃と食道の間(噴門)の周囲や、食道下部周辺の筋肉(下部食道括約筋)で、逆流を防止できない
(2)腹筋が弱ったり、骨粗鬆症で背中がまがったりして、腹部に圧力がかかりやすい
(3)胸腔と腹腔を隔てている横隔膜の、食道が通っている場所(食道裂孔(しょくどうれっこう))で、横隔膜と食道をつないでいる靭帯が弱くなり、胃が胸のほうへせり上がる(食道裂孔ヘルニアと呼ばれる状態)
(4)加齢による消化力の低下
 
といった、高齢者に特有の体の状態があるからです。
 
逆流を防ぐ工夫
以上の身体的理由に加え、寝ている(寝床に横臥している)時間が多かったり、寝たきりであることや、外からおなかに圧力がかかることで、より逆流しやすい状態になります。
まず、食事を摂るときには、上体を起こします。背中の曲がりのある方では、クッションなどで調整を工夫します。
また食後すぐに横になるのではなく、少し時間をおいてからにしてみましょう。

引用元-生活習慣や環境を見直す~高齢者の逆流性食道炎|オアシスナビ 介護の知恵袋

高齢者の嘔吐原因②腸閉塞(イレウス)

腸閉塞とは、種々の原因により腸の内容物の肛門側への通過に障害をきたした状態を指します。
通過が障害されると腸の中に食べたものや胃液や腸液などの消化液、ガスなどがたまり腸が膨らみます。
医学用語では、「イレウス」と言われています。
このような閉塞は小腸でも大腸でも生じることがあります。
腸閉塞は、原因により「機械的腸閉塞」と「機能的腸閉塞」に分類されています。
頻度的には「機械的腸閉塞」が大多数をしめます。
「機械的腸閉塞」は腹部手術による腸の癒着などが原因で、ねじれや折れ曲がりが生じたり、また腫瘍などで腸の中がふさがれてしまい生じるものです。
この中に腸の閉塞によって腸への血流が絶たれてしまうものがあります。
ヘルニア(脱腸)がはまり込んだり、腸が捻れたりして生じるもので重症になりやすく緊急手術が必要になります。
「機能的腸閉塞」は腸の動きをつかさどる神経の異常や炎症の波及により腸の動きが悪くなり内容物が肛門の方へスムーズに移動できない状態です。
広範囲に広がった腹膜炎や腸を動かす神経にダメージを生じた場合に発症します。

○症状
症状は、激しい腹痛、吐き気、嘔吐、お腹がはる、排便やオナラがでない等があります。
先に述べた血流が絶たれることにより生じる腸閉塞(絞扼性(こうやくせい:締めつけられる状態)といいます)は、急激に全身状態が悪化し、激痛、発熱、脱水、ショック状態(血圧が保てなくなること)、意識障害などを呈することもあります。

引用元-健康長寿ネット-腸閉塞 【激しい腹痛、吐き気、お腹がはる、排便がない】

高齢者の嘔吐原因③急性胃炎

急性胃炎の主な症状
急性胃炎(キュウセイイエン)は、突然、上腹部の痛みや悪心(アクシン/オシン:吐き気がする)、嘔吐(オウト)を起こす病気です。
ウイルスなどによる感染症、細菌による食中毒、腐った食べ物を口にした、ニンニクや唐辛子など刺激の強い食品の摂り過ぎ、暴飲暴食、高濃度のアルコール、薬、食物アレルギーなど、原因はさまざまです。
多くの場合、安静にして食事に気を付けていれば2~3日で治りますが、虫垂炎(チュウスイエン)の初期、胆のう炎、膵炎(スイエン)など他の病気の可能性もあり、放置するとひどくなる場合もあるので、症状が強かったり長引く場合は早めに医療機関にかかりましょう。

急性胃炎の検査方法
問診で、食生活などについて詳しくチェックしたあと、必要に応じて血液検査、腹部超音波検査、内視鏡検査などを行います。
急性胃炎(キュウセイイエン)が重症化すると、食道、胃、十二指腸に広い範囲にわたって、びらん、出血、潰瘍(カイヨウ)などの変化が起こる急性胃粘膜病変がみられます。
こうした病変を早期発見するためにも、内視鏡検査を受けることが重要です。

引用元-急性胃炎 – 病気(胃腸) – 食道・胃腸と喉痛.COM

高齢者の嘔吐原因④食道裂孔ヘルニア

ヒトには胸部と腹部の間に横隔膜(おうかくまく)という隔壁(かくへき)があって、胸腔と腹腔を分けています。
胸腔と腹腔に連続している大動脈、大静脈、食道は、それぞれ横隔膜にある裂孔を通っています。
食道が通る穴が食道裂孔で、この穴を通って腹腔内にあるべき胃の一部が胸腔側へ脱出している状態を、食道裂孔ヘルニアといいます。
食道裂孔からの胃の脱出は腹圧のかけ具合によっても変化しますし、立ったり座ったりしている時と横になっている(臥位(がい))時では変化します。
呼吸により出たり入ったりもします。
重症例では胃の半分以上、時には全体が縦隔(じゅうかく)内に脱出することもあります。

原因は何か
生まれつき食道裂孔が緩く胃が脱出している先天性の食道裂孔ヘルニアの症例もあります。
また、高齢となり体の組織が緩むとともに食道裂孔も緩んで食道裂孔ヘルニアとなる人もいます。
背中の曲った(亀背(きはい))人が食道裂孔ヘルニアを合併していることは、まれではありません。
そのほか、喘息(ぜんそく)や慢性気管支炎などの慢性の咳嗽性(がいそうせい)疾患のある人は、腹圧が上昇するので食道裂孔ヘルニアになりやすくなります。
また、肥満の人も腹圧上昇による食道裂孔ヘルニアが現れやすいといわれています。

引用元-食道裂孔ヘルニアとはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

嘔吐物が気管に詰まった時の対処法

高齢者が嘔吐した物を気管に入れてしまったときは、通常、激しくむせます。むせることで普通は嘔吐物が吐き出されます。
それでも、しばらくはのどがすっきりせず、むせる状態が続くかもしれません。そのときは、背中をさするなどして落ち着かせましょう。
むせても嘔吐物が吐き出されなかった場合や、むせずに急にのどを押さえたり掻きむしるような動作をした場合は、嘔吐物がまだ気管内に詰まっています。
そのときは、次の方法で嘔吐物を吐き出させてください。

①腹部突き上げ法
患者を背後から抱きすくめるようにし、片手を握りこぶしにしてへその上辺りに押し当て、もう一方の手をこぶしの上にそえて、両手で勢いよく突き上げるようにします。これは、腹部を急激に圧迫することで、肺の中の空気を一気に吐き出させ、呼気の勢いで詰まった物を吐き出させる方法です。

②背部叩打法(はいぶこうだほう)
患者の背後から、左右の肩甲骨の中間辺りを、手の平の根元部分で強く叩きます。患者が詰まった物を吐き出すまで何度も叩きます。

引用元-高齢者の嘔吐

twitterの反応

 - 健康・病気