カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

腕の打撲に湿布がおすすめ!効果的に使用するポイント

   

腕 打撲 湿布

腕を打撲した時に、痛みや症状の緩和のために湿布を使用する方も多いことでしょう。

いつも何気なく使用している湿布にも、効果的な種類や貼り方などがあることをご存知ですか?

そこで腕の打撲に効果的な湿布の使用法についてまとめてみました。早期改善のためにもぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連記事

耳 違和感 ぼわ
耳に違和感があり、ぼわーんとした時の原因と対処法とは!

本風邪気味の時や、飛行機に乗った時、耳がぼわーんとすることがあります。
そんな時はどうすると耳の違和感がとれるのでしょう。また、突然耳に違和感をおぼえぼわーんとしはじめた時は、どんな病気の可能性があるのでしょう。
耳に違和感があり、ぼわーんとした時に考えられる原因とその対処法について調べました。

wpid-2015_10_29_03_19_3.jpg
姿勢が悪い!矯正が必要な子供たち

最近は姿勢が悪く、早い段階での矯正が必要な子供たちが増えてきています。

姿勢が悪いことで、一体どんな影響があるのでしょうか?

最近姿勢の悪い子供が増えている原因や改善方法など詳しくまとめてみました。

動悸 息苦しい 手の震え
突然の動悸。息苦しい、手の震えから考えられる病気と対処法

突然の動悸。息苦しい、手の震えを感じたことはありませんか?
その症状はもしかすると何らかの病気が関係している可能性もあるようです。
そこで気になる症状から考えられる病気と対処法について調べてみました。

stiff-neck-awful-teen2
肩こりのひどい10代が急増中!スマホやゲームが原因か!?

一種の現代病の一つかも!10代のひどい肩こりが急増しているという
ゲームにスマホにパソコンと気がつけばいつも猫背になっています。
根本的な肩こりの解決には正しい姿勢が一番たいせつです。

風邪 頭痛 冷やす
風邪からの頭痛症状!改善するには冷やすべき?

風邪からくる頭痛を改善するために、体を冷やすのは有効でしょうか?、どのように改善するべきか調べてみました。
風邪を治す冷やし方と、頭痛を改善する冷やし方は異なります。頭痛を緩和しながら、早めに風邪を完治できるように心がけましょう。

生理痛 吐き気 冷や汗
つらい生理痛!吐き気や冷や汗を伴う時の対処法

毎月吐き気や冷や汗を伴う重たい生理痛に悩まされている方も多いことでしょう。

そこで、重たい生理痛についてまとめてみました。日々の生活自体も困難に感じてしまう生理痛の原因を理解し、対処法や改善法を実践してみましょう!

wpid-2015_10_29_03_19_6.jpg
断食の効果は?3日間の集中ダイエット!

ダイエットや美容に断食は、とても効果とされています。

そこで3日間の断食で体にはどのような変化が現れるのでしょうか?

断食の正しい方法とともに詳しく調べてみました。

足 関節 指
足の関節や指にできる「ガングリオン」の対処法について…

足の関節や指にできる腫瘍「ガングリオン」をご存知ですか?
外反母趾とも症状が似ている「ガングリオン」について詳しくまとめてみました。
足に当てはまる違和感や不快な症状を感じた時は、ぜひ参考にして早めに対処しましょう。

鼻 打撲 腫れ
鼻の打撲で腫れ…鼻骨折の可能性も!気になるその後の処置

鼻や頭部の打撲で腫れが生じた時、もしかすると鼻骨折の可能性もあります。
鼻や頭部の打撲は骨の異常以外にも様々な問題も考えられます。症状の悪化を防ぐためにも、早めの処置が重要です。
そこで鼻の打撲・腫れについて詳しくまとめてみました。もしもの時はぜひ参考にして、早めに病院を受診しましょう。

つわり 入院 食事
つわりで入院した場合の食事は?

妊娠経験のある人でつわりのあった人はわかると思いますが、つわりって本当に辛いです。

人によってつわりの重さや期間も違い、また一人目と二人目で違ったりもします。

つわりが重度の人は、入院になるので、そんな時は食事はどうなっているのでしょうか。つわりで入院の場合の食事について調べました。

wpid-2015_10_29_03_19_2.jpg
仕事が辛い!相談できないときの対処法

仕事が辛い時、みなさんはどうしていますか?仕事の内容によっては、誰にも相談できないこともあります。

そんな時、一人で溜め込んでいるとストレスの原因となり、健康にもよくありません。

自分なりの改善法を見つけて、楽しい毎日を送るように心がけましょう!

風邪 寒気 筋肉痛
風邪で寒気や筋肉痛のつらい症状…その原因と対処法!

風邪を引くと発熱に加えて、寒気や筋肉痛といった症状が体に現れます。

その症状が出る原因はなんなのか、詳しく調べてみました。

もしかすると風邪以外にもインフルエンザの可能性も考えられるようです。ぜひ参考にして、正しく対処し早期快方を目指しましょう!

wpid-2015_09_26_03_54_5.jpg
時々心臓がドキドキするのはなぜ?

時々、心臓がドキドキして心配になったことありますよね?

緊張したり運動したりなど、理由がはっきりしている時は、それほど気になりませんが、ふとした時に心臓がドキドキすると心配ですよね。

なぜ、動悸が起こるのか(心臓がドキドキするのか)について調べました。

不妊治療 障害 確率
不妊治療で障害児の確率が上がる!?気になるリスクと原因

最近では高齢出産をする方も増え、不妊治療への意識も高まってきています。

しかし不妊治療で障害が現れる確率が上がるといったデータがあることをご存知ですか?

それはどういったことが原因なのか、またそのリスクを下げる方法はあるのかなど、詳しく調べてみました。

発達障害 検査 どこで
発達障害の検査はどこで受ける?種類別検査専門機関について

ひとことで発達障害と言っても、その分類は多岐にわたります。ではその検査はどこで受ければいいのでしょうか?

症状や病名を理解することで、早期の治療は症状にあった対策をとることができます。思い当たる方は早めに受診してみましょう。

スポンサーリンク

腕の打撲には湿布が効果的!

打撲や打ち身は内出血の原因としてよく知られるものであり、皮膚の下において出血を起こしてしまいます。
衝撃によって組織が損傷を受けて真っ赤に腫れあがるというのが初期の症状であり、その赤さは周辺組織における血流の上昇と内出血により生じています。
内出血の結果として広がった血は数日後には紫色に変化してあざになります。
そして、特に何もせずに置いておいても徐々にあざは薄くなっていき、元の肌の姿に戻っていくというのが一般的な経過です。
打撲や打ち身はありふれたものであるため、特に治療もせずに放置してしまうことも多いものの、腫れや痛みがひどい場合には治療を行うことも大切です。
その治療を行う際によく用いられるのが湿布であり、患部に貼り付けておくことによって痛みや腫れを抑えることができる有用な治療方法となっています。
しかし、打撲や打ち身による内出血の治療に湿布を使用する際にはいくつかの注意点があります。
湿布には鎮痛剤と冷感成分が含まれているのが一般的ですが、それ自体が必ずしも治療を早めるものではありません。
打撲や打ち身をしてしまったらまずは冷やすというのが最も治療を促進するのに良い方法であり、それを行った上で湿布による痛み止めを行っていくというのがより効果的な治療法となるでしょう。

引用元-打撲や打ち身による内出血の痛みや腫れがひどいときに使う湿布

腕の打撲に効果的なのは温湿布?冷湿布?

温湿布と冷湿布の効果の違いについて

湿布には、温湿布と冷湿布がありますよね。それぞれ、どのような違いがあるのかを紹介します。

冷湿布
冷たくてスーッとする成分が含まれているため、捻挫や打撲など炎症をともなう怪我に有効です。
痛めてすぐから数日間や、患部が炎症を起こして熱を持っている状態の時にオススメです。
ここで注意しなくてはいけないことがあります。
冷湿布には、冷たく感じるメンソール成分が含まれていますが、患部を冷やす冷却の効果はほとんどありません。
負傷した際は必ず、患部をアイシング《冷却》をしてから 湿布を貼る事をオススメします。

温湿布
温湿布は、患部を温める成分が含まれているため、肩こりや腰痛など血行不良が原因の症状に有効です。
痛めて2~3日後の急性の痛みが治まり、慢性的な痛みの時にオススメです。
温湿布の注意点は、肌が弱い方は肌荒れを起こしてしまう可能性があります。
かぶれてしまうのが心配な方は3~4時間など、少ない時間から使ってみましょう。
湿布を貼るタイミングですが、 寝る前に貼って、朝起きた際に替えて夜まで貼る方が多いように、 湿布は1日1~2回張り替えるのが理想です。 先ほども書きましたが、肌が荒れてしまったりかぶれるのが心配な方は、少ない時間から始めていきましょう。

引用元-打撲に湿布は効果的?湿布の効果や種類について | Hapila(ハピラ)

腕の打撲に湿布を効果的に貼るポイント

貼るタイミング
湿布薬は貼った部位の表皮から、皮下組織に薬剤が浸透して痛みをとります。
貼るタイミングとしては、血行が良くなったところに筋肉をより和らげるような発想で、お風呂上がりに貼るのがおすすめです。
動いた時にずれることなどが気になる人は、お休み前に貼るのもいいと思います。

貼り方
フィルムを剥がし、軽く伸ばしながら患部に貼りましょう。
膝や肩などの関節部位に貼る場合は、はさみを使用して切り込みを入れて貼ると剥がれにくくなります。

剥がすタイミング
湿布薬に含まれている薬剤は、貼ってから約4時間ほどで血中に行き渡り、その後はゆるやかに効果が薄れていきます。
剥がすタイミングとしては、貼ってから5時間後くらいがちょうど良いでしょう。

注意点・アドバイス
長時間使用しない
湿布薬を貼ったまま長時間過ごしていると皮膚がかぶれてしまう恐れがあります。
特に皮膚の弱い方、二の腕などの皮膚の薄い部位は特に注意しましょう。

入浴は剥がしてから1時間後
温湿布を貼った後の入浴は、剥がしてから約1時間後に入浴してください。
皮膚刺激成分配合の為、お湯に入ると強いピリピリ感が生じます。

引用元-ココカラファイン|冷感も温感も!湿布の選び方や使い方

腕の打撲に湿布を使用する時の注意点

・いったん剥がした後は、皮膚がかぶれるのを防ぐため、数時間は貼らずに皮膚を休ませてください。
・1日2回タイプは長くて8時間といわれています。薬は皮膚に浸透した後もしばらく持続します。剥がす時間もしっかり作りましょう。
・テープ剤に多い1日1回タイプは、半日程度で剥がすのが基本です。その後の半日も効果が持続するので、副作用の皮膚かぶれなどを防ぐためにも半日で剥がしましょう。
・傷口、粘膜、湿疹、または発疹のあるところには貼らないでください。
・妊娠している可能性のある方や妊娠中の方は、NSAIDs含有の湿布は使えない場合があります。医師または薬剤師へ相談してください。
・汗をかいたりして皮膚がぬれている時は、よくふき取ってから貼ってください。
・貼ったところがかぶれたり、かゆみがでたら、使用を中止してください。
・お薬(配合されている成分)によっては、光線過敏症や喘息を誘発する場合もありますので、医師または薬剤師からの説明を受け、注意書きをよく読んで正しくお使いください。
・安易に他人に譲らないようにしてください。特に医療用の湿布やテープ剤など、処方された薬剤を他人へ譲るのは禁止されています。

引用元-湿布にも使い方がある!正しく理解して安全に使おう! | いしゃまち

湿布では無理?腕の打撲がひどい時は早めに病院へ!

打ち身の症状がひどい時には、医療機関に訪れて治療を行う事が求められます。
骨折をしていると治療期間が長くなるので、この事を認識しておく事が大事です。
医療機関に訪れると医師の方が診察を行います。
痛み止めを提供してくれるので、使用をすれば痛みが軽減されます。
結果として、痛さで眠れないなどの問題を招く事がないので安心です。
治療費は、骨折でなければ非常に安くなっており、経済的に大きな影響を及ぼすことなく支払いを済ませる事ができます。
机などにぶつけないように気を使いながら生活をするのが理想的であり、そうすれば怪我を負わずに済みます。
周りの事を意識する事が、怪我を回避する為のコツなので理解を示しておく事が大事です。
打ち身によるあざについては、痛みが生じる可能性があります。

引用元-打ち身などが原因のあざには湿布が有効

骨が折れる音が聞こえたり、傷口から折れた骨が見えているようなときは、骨折したとすぐにわかります。
しかし、そうでない場合は次のような点を判断の目安にしてください。
 
(1)激しい痛みがあったり、急に動けなくなった
(2)患部が変形したり、はれあがったりしている
(3)脚や手の場合、左右で長さが違っている
(4)通常では動かないような方向に骨が動く
(5)顔が青白くなったり唇が紫色になる、冷や汗をかいたり手足が冷たくなる、脈や呼吸が弱くなるといったショック症状が現れている。
 
このような状態になったら、応急処置をし、病院に連れていきます。
ショック症状がひどい時はすぐに救急車を呼んでください。
 

引用元-骨折したとき

twitterの反応

 - 健康・病気