カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

顔のシミは病気が原因?健康と美肌のためのポイントとは…

   

顔 シミ 病気

多くの女性が顔にできるシミを悩みに感じています。しかし顔にできるシミの原因は病気が関係していることがあるようです。

病気が原因でできるシミとはどんなもので、どんな病気が関係しているのでしょうか?

そこで気になる顔のシミについて調べてみました。ぜひ参考にして健康と美肌のためにできることをしてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事

c94dc97504f7e3ba351fe8b4f92bc41d_m
膝を骨折!正しい治療とリハビリでケガの完治を目指そう!

膝を骨折してしまうと、日々の生活にも大きな支障をきたすことになります。

早めの完治のためには正しい治療とリハビリが必須条件です。

そこで膝の骨折や治療法、リハビリについて調べてみました。早期回復のためにもぜひ参考にしてください。

目 視界 白い
目がかすんで視界全体が白いのですがどうすればいいでしょう?

ものがかすんで見えたり、ものがぼやけて見えることがありますか?
目がかすんで視界に白いフィルターがかかったように見えることもありますよね。
何が原因でしょう(・.・;) どうすればいいでしょう?
情報を得てしっかり対応しましょう!

風疹 避妊 排卵日
風疹予防接種後の避妊期間と排卵日について

妊娠している人、そしてこれから子供がほしいと考える人にとって風疹の問題は数年前にメディアでも大きく取り上げられましたね。風疹を防ぐには予防接種を受ければいいのですが、接種後はある期間避妊しないといけないらしいのです。子供がすぐにでもほしい夫婦には長く感じる期間でもあります。風疹の予防接種を受けた後の避妊期間について、排卵日で数えられるのか、また風疹とはどんな影響を及ぼすのか、について調べました。

歯茎 炎症 熱
歯茎の炎症で熱がでることも?!その原因と対処法

歯茎が腫れる。痛い…。皆さんも一度は経験したことがあるかと思います。
大したことはないとついつい放ってしまいがちの歯茎のトラブル。
油断していると大変なことになってしまうかもしれません。今回は歯茎の炎症、発熱についてクローズアップしたいと思います。

mite-allergy-urticaria
ダニがアレルギーの原因!?蕁麻疹の原因と改善法

あなたが悩んでいる蕁麻疹の原因はダニアレルギーかもしれません。

ダニアレルギーで蕁麻疹を引き起こさないためには、まずダニの除去をし、アレルギーの原因を絶つことが重要です。

ダニが引き起こすアレルギー症状や蕁麻疹の改善法など調べてみました。

1ヶ月 体重 増えすぎ
赤ちゃんの1ヶ月検診!体重の増えすぎは大丈夫?

赤ちゃんの1ヶ月検診。赤ちゃんの成長は楽しみですよね。ただ体重の増えすぎのは気をつけなければいけない事があるようです。
1ヶ月検診で赤ちゃんの体重が増えすぎで発覚する過飲症候群。母乳やミルクの量を調節しながら、赤ちゃんの健やかな成長を見守っていきましょう。

ガン 末期 幻覚
ガン末期の患者が見る「幻覚」とはいったい何か

ガン末期の患者本人や家族は、残された人生をいかに穏やかに過ごすことができるかを大きな目標とします。
亡くなった私の父も、胃がんが肝臓に転移し、末期を宣告された後は、父が穏やかに過ごせるようにと家族で考える日々でした。
そんな思いやわずかな希望の障害にもなりうる「幻覚」。一体この幻覚とは何なのでしょうか。

wpid-2015_10_29_03_19_5.jpg
足の血管が切れる!?下肢静脈瘤って何?

みなさん、下肢静脈瘤を知っていますか?下肢静脈瘤は足の血管の病気です。

そのままにしておくと、足の血管が切れてしまうこともある大変な病気です。

日々の生活環境や生活習慣によって引き起こされる下肢静脈瘤。正しく理解して、発症や悪化を防ぎましょう。

33efb687660aab4678b5e088f98b2fb5_m
骨折からくる痛みのピークは?骨が痛む?正しい骨修復のお話

骨折には激しい痛みがつきまとうものです。痛みのピークは骨折後遅れて現れることも…

骨折からくる痛みは、一体どのように起こるのでしょうか?

そこで骨折と痛みについて調べてみました。ぜひ参考にして早期回復を目指しましょう!

病院 紹介状 違う病院
病院の紹介状に書かれた宛名と違う病院を受診できる?

病院で紹介状を書いてもらうと、病院名のほかに医師の名前も記載されていることが多いかと思います。
でも、何らかの理由でその宛名とは違う病院を受診したい場合、どのような段取りをすればいいのでしょうか?
そしてそもそも紹介状とはどんなものなのでしょうか?紹介状を書いてもらうことのメリットなども調べてみました。

プール 塩素 かゆみ
プールの塩素が原因でかゆみが出ることはありませんか?

これからの季節はプールに入る機会もあるかと思いますが、塩素が原因で肌にかゆみを感じる方もいるのでないでしょうか?
そもそもなんでプールに塩素を入れるのでしょう。そしてプールに入ってかゆくなってしまったらどうすればいいのでしょうか?
かゆくなる原因やプールから上がった後にどのような対処法があるのか調べてみました。

インフルエンザ 太もも 筋肉痛
インフルエンザで太ももが筋肉痛!?気になる症状・原因!

インフルエンザにかかると太ももや背中などが筋肉痛になる事をご存知ですか?

運動もしていないのに筋肉痛の症状が続く時は、インフルエンザの疑いがあります。

そこでインフルエンザと筋肉痛について調べてみました。気になる方は早期治療を心がけましょう!

寝起き 耳 違和感
寝起きだけ耳に違和感があるのです。どうしてでしょう?

最近、寝起きに耳の違和感がある。でも2,3時間経つと治ってることがあったりもする。
耳に違和感を感じることありませんか?
病院に行った方がいいのか?様子を見ててもいいのか。
経験者からいろいろと聞いてみましょう!

生理痛 激痛 救急車㈰
生理痛が耐えかねる激痛に!救急車を呼んでもいいですか?

もし男性に腹痛、腰痛、頭痛、胃痛、吐き気、めまい、だるさなんて症状が現れたらいったいなんの病気だろう?って重病を疑っちゃいますよね?
これらは女性に毎月訪れる生理の症状なんです。生理のある約7~8割の女性がなにかしら不快な症状を感じていると言われています。
なかには失神する程の激痛や止まらぬ嘔吐、立っていられない、など重症になる方も少なくありません。
生理痛だからとためらってしまう救急車についてと、生理痛あれこれを見てみましょう。

5eda671bf5071f3e327b66f5140606f2_m
姿勢を矯正するための整体とは?

姿勢が悪い為に起こる体の不調や猫背に悩んでいる人は多いです。姿勢を矯正するにはどうしたら良いのでしょう、やはり整体院へ行くべきなのでしょうか!?整体院では何をしてくれるのかが気になりますね。姿勢を矯正するための整体について調べました。

スポンサーリンク

顔にできるシミから考えられる病気とは…

女性にできる肝斑とは?
目尻の下あたり、左右対称にできるシミは肝斑の可能性があります。
発症年齢は30~40代がほとんど。
60歳代で発症することは少なく、薄くなったり、消失したりすることもあるのが肝斑の特徴です。
原因の一つとして紫外線もありますが、多くは女性ホルモンが影響していると言われています。
またはストレスが原因でできることも。

引用元-女性が悩むシミは病気の危険性あり?シミによって分かる体の不調 | 女性の美学

ストレスが原因でできるシミ
肝斑もそうですが、ストレスはシミの原因になります。
なぜストレスがシミを発症させるのかというと、考えられるのは活性酸素です。
ストレスを受けると人間の体は活性酸素を大量に発生させます。
活性酸素はメラノサイトを活性化させ、皮膚に沈着させやすくなります。
その結果シミができてしまうのです。

引用元-女性が悩むシミは病気の危険性あり?シミによって分かる体の不調 | 女性の美学

肝臓や腎臓の低下でできるシミ
肝臓や腎臓の機能が低下していることが原因でできるシミもあります。
シミは頬にできやすいものですが、肝臓や低下している場合は眉間に、腎臓が原因の場合も、頬の外側にできやすくなります。
肝臓の働きが弱まると血液の浄化作用が弱まることになります。
血液中の老廃物を取り除くことができず、皮膚にもその血液が蓄積され新陳代謝が衰えるのです。
また、肝臓内でメラニンの生成を抑える成分が十分に分泌されないことも、シミの原因になります。
老廃物を体から取り除く働きや、血液を作り出すのに重要な働きをする腎臓。
腎臓の機能が衰えると、老廃物が蓄積されやすくなることで新陳代謝が低下し、シミの原因になります。

引用元-女性が悩むシミは病気の危険性あり?シミによって分かる体の不調 | 女性の美学

顔にできるシミは皮膚がんの可能性も…

シミだと思っていたものが、実は皮膚がんであることも
女性が気になる「シミ」は、日焼けなどによって作られたメラニン色素が排出されず、表皮内にとどまってしまったものです。
美容的に問題はあるにせよ、それ自体は良性であり、途中からがん化することは基本的にありません。
ただしシミだと思っていたものが実は皮膚がんだった、というケースは存在します。
たとえば悪性黒色腫(メラノーマ)の中には、最初シミのように見えるものもあるのです。
特に歳をとればとるほど、日光のあたる部位にシミが多くなりますので、その中から異常なものを見分けるのは難しいかもしれません。
またカサカサした紅色のシミの場合は、「日光角化症」や「ボーエン病」の可能性もあります。
これらはいずれ有棘細胞がんに移行することもあるため、早めの治療が肝心です。
いずれにしても気になるホクロやシミがある場合は自己判断せず、皮膚科で検査を受けるようにしましょう。

引用元-ほくろやしみは皮膚がんに変化する?|皮膚がんのき・ほ・ん【癌の症状・治療法など】

顔にできるシミの場所・形状で病気がわかる!

顔のシミがどんな意味があるのか調べてみた。

大きくいって、シミのある場所で、病気の場所が分かる。

顔の周り…胃

頬…小腸・大腸

目の下・横…膀胱・腎臓

耳の周り首…三焦

目…肝臓・心臓

目頭・眉…胆のう    「12経絡からロビンソンが表にしてみた」

 

それから、シミの色によって原因が分かるらしいのだ。
暗い色のしみ…肺のどこかに脂肪か粘液の蓄積。珈琲・刺激物の取り過ぎ。

吹き出物白…砂糖・果糖の取り過ぎ

吹き出物黄色…チーズ・肉・玉子の取り過ぎ

緑色の影…癌が肺か大腸のどこかに進行中

暗い影…甘いもの・塩分・乾燥物の取り過ぎ

そばかす…砂糖・果糖の取り過ぎ

紫色…小さい場合は肺にうっ血か内出血。大きい場合は呼吸器官が重篤

青白い…栄養バランスが悪いことによる貧血

灰緑色…慢性的な肝臓障害

毛が生える…乳製品の取り過ぎ。呼吸器系と消化器系の機能低下。生殖器の機能不全

引用元-顔のシミで病気が分かる方法! | ロビンソンの ちょっと楽しい縄文生活! – 楽天ブログ

コーヒーが顔にできるシミや病気の予防に効果的!

コーヒーに含まれる「ポリフェノール」がシミの予防になるそうです。
ポリフェノールを含むものとして有名なのが「赤ワイン」
この赤ワインとほぼ同じくらいのポリフェノール含有量がコーヒーにはあるそうです。
もちろん、お茶・紅茶・ココアなどにも含まれていますが、ずば抜けてコーヒーのポリフェノール量は違うようです。

また、コーヒーにはポリフェノールの一種「クロロゲン酸類」をはじめ、豊富な抗酸化物質が含まれており、肌の張りや老化防止にはうってつけなのだとか♪
この他、カフェインが持つ利尿作用や新陳代謝の促進作用も、美肌づくりには欠かせない要素。

引用元-話題のニュース|コーヒー効果 ~シミ予防・美肌づくり、ガンや糖尿病などの病気を予防できる!?~

●肝臓がんの発症率減
1日に5杯以上コーヒーを飲む人の「肝臓がん」の発症率は飲まない人の4分の1にとどまるそうです!

●大腸がんの発症率減
コーヒーを全く飲まない人の大腸がん発症率を1とすると、1杯以上飲む人は男性0.81、女性0.43と発症率が半分以下に抑えられるそうです!

●胆石の発症率減
1日2~3杯のコーヒーを飲む男性は、飲まない男性に比べて胆石になるリスクが40%も低くなるそうです!

●パーキンソン病の発症率減
1日800ccコーヒーを飲む人は飲まない人に比べて発症のリスクが5分の1に低下するそうです!

●糖尿病をブロック
コーヒーに含まれるカフェインが運動不足やお酒の飲み過ぎといった不摂生から起こる
「2型糖尿病」を予防するそうです!

引用元-話題のニュース|コーヒー効果 ~シミ予防・美肌づくり、ガンや糖尿病などの病気を予防できる!?~

病気による顔のシミを改善する方法

小さなシグナルを教えてくれているとはいえ、やはりシミはシミ。
なんとかしたい気持ちに変わりはありません。
シミは隠そうとすればするほど、目立つ。
シミはあるだけで、その人の見た目年齢を変える。
シミの部分を髪で隠したりすると、人に見られないようにとうつ向き加減になってしまったり、消極的になってしまいます。
だからこそ、スキンケアで美白を目指すなら、しっかりと結果が出るものを使いたいと言うのが、シミで悩む女性の願いです。
肝斑は美白効果がなかなか得られなく、かといってレーザー治療は悪化してしまう恐れがあります。
太田母斑はリラックスが大事ですが、なかなかそういう時間がない。
ピルは、子宮の疾患があるから飲み続けないといけない。
腎臓機能は、気をつけるとしても、今あるシミをなんとかしたい。
 
頬のシミに対する悩みは、人それぞれ違います。
 
・肌の奥の細胞まで届き、血行を良くして、新陳代謝を促す
・今あるシミにポイントで効果がある
・ハイドロキノンやルシノールなど、美白効果が高い成分が入っているものを選ぶ
・血行促進作用のある成分が入っているものを選ぶ
・美白効果のあるマッサージやパックを使って、血行を促し新陳代謝を高める
 
上記に挙げた様な、美白効果のしっかりあるものを選ぶのがポイントです。
そうすることで、内臓疾患からくるシグナルのシミを薄くすることが出来ます。
 

引用元-頬のシミは内臓疾患・病気の可能性がある?

twitterの反応

 - 健康・病気