カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

顔のシミは病気が原因?健康と美肌のためのポイントとは…

   

顔 シミ 病気

多くの女性が顔にできるシミを悩みに感じています。しかし顔にできるシミの原因は病気が関係していることがあるようです。

病気が原因でできるシミとはどんなもので、どんな病気が関係しているのでしょうか?

そこで気になる顔のシミについて調べてみました。ぜひ参考にして健康と美肌のためにできることをしてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事

%e3%81%be%e3%81%b5%e3%82%99%e3%81%9f-%e7%97%99%e6%94%a3-%e5%8f%b3%e7%9b%ae
突然起こるまぶたの痙攣、右目だけピクピクするのは何故?

外出中や仕事中、突然まぶたが痙攣し始め、なぜか右目だけ・左目だけずーっとピクピク動いている!といった経験はありませんか?
人に見られて「機嫌悪いの?ひきつってるよ」なんて言われたら困ってしまいますよね。
今回はまぶたの痙攣について調べてみました。疲れや乾燥が原因の場合もあれば、ちょっと心配な病気が隠れていることもあるようです。
どんどん酷くなっていくようなら、ぜひお医者様に相談してみてくださいね。

風邪 寒気 筋肉痛
風邪で寒気や筋肉痛のつらい症状…その原因と対処法!

風邪を引くと発熱に加えて、寒気や筋肉痛といった症状が体に現れます。

その症状が出る原因はなんなのか、詳しく調べてみました。

もしかすると風邪以外にもインフルエンザの可能性も考えられるようです。ぜひ参考にして、正しく対処し早期快方を目指しましょう!

wpid-2015_09_22_02_18_2.jpg
冷や汗ダラダラ…吐き気や下痢が続く原因は?

冷や汗が出るほどの吐き気や下痢の症状。これは一体どんな病気が影響しているのでしょうか。

冷や汗をともなう吐き気や下痢の症状には様々な病気の影響が考えられます。早めの治療と自分でできる予防法を実践してみましょう。

赤ちゃん 音楽 音量
赤ちゃんに与える音や音楽の効果!音量には要注意!

赤ちゃんに様々な音や音楽を聞かせることは、赤ちゃんの刺激になり良い影響を与えることもあります。

しかし音量や音によっては、赤ちゃんにとって良くない影響を与えてしまうことになりかねません。

赤ちゃんの健やかな成長のためにも、ぜひ参考にしてみてください。

蕁麻疹 原因 かゆくない
蕁麻疹の原因は何? かゆくない蕁麻疹ってあるの?

蕁麻疹の原因や症状は様々です。蕁麻疹と言えば、痒みを伴うイメージがありますが、蕁麻疹の中にはかゆくないものもあるようです。痒みをともわない蕁麻疹とはいったいどんなものなのか、痒くない蕁麻疹を詳しく調べてみました。

女性 恥骨 痛み
女性特有の恥骨の痛みの原因は?つらい症状スッキリ改善!

女性はいろんな要因から恥骨に痛みを感じることがあります。

恥骨の痛みをそのままにしておくと、様々な病気の原因になったり、歩行に支障をきたしたりすることも…

恥骨の痛みの原因を知り、対処しながらつらい症状を改善していきましょう!

病院 紹介状 違う病院
病院の紹介状に書かれた宛名と違う病院を受診できる?

病院で紹介状を書いてもらうと、病院名のほかに医師の名前も記載されていることが多いかと思います。
でも、何らかの理由でその宛名とは違う病院を受診したい場合、どのような段取りをすればいいのでしょうか?
そしてそもそも紹介状とはどんなものなのでしょうか?紹介状を書いてもらうことのメリットなども調べてみました。

mite-allergy-eczema
知っていますか?ダニアレルギーの症状~湿疹が出る事も!~

今は、食べ物・花粉・ダニ・カビ・金属など様々なアレルギーがありますよね。

その中でも、目に見えないからこそ厄介な『ダニ』についてあれこれ調べてみました。

湿疹が出たり、喘息を引き起こすこともあるようですよ!

wpid-2015_09_26_03_54_3.jpg
下腹部の痛みは便秘が原因?

女性の下腹部が痛いことは結構よくあることです。

そして便秘にも常に悩まされている女性は多いので、それが原因なのでは、と考える人も少なくないでしょう。

ですが女性の下腹部痛には便秘の他に、深刻な病気が隠れている場合があるので注意が必要です。

どんなことが原因の可能性があるのか調べました。

wpid-2015_09_22_02_18_3.jpg
吐き気を伴う頭痛!病院の診断別・原因や症状・治療法

吐き気を伴う頭痛には、命にかかわる重篤な病気がたくさんあります。

症状が出たときは早めに病院を受診しましょう。

吐き気を伴う頭痛の症状が出たとき、病院での診断別に原因や症状・治療法などを詳しく調べてみました

咳 微熱 続く
体からのサイン!咳・微熱が続く時に考えられる病気とは…

咳や微熱症状が続く時、それは体からの不調のサインです。

放置しておくことで、症状の悪化や更に重篤な病気へと進行してしまう可能性もあります。

そうならない為にも早めの対処が必要です。そこで咳・微熱から考えられる病気についてまとめてみました。

%e8%b2%a7%e8%a1%80-%e6%95%b0%e5%80%a4-9-7
健康診断で貧血って言われた!Hbの数値が9.7って何?

何だか最近疲れやすい、もしかして貧血かも?と考えながら集団検診を受けた結果、貧血と言われた!でも周囲の人に聞くと「Hbという数値が9.7?私なんて6.8よ!」と変な自慢になってしまって参考にならない、といった経験がある方はいらっしゃいませんか?
特に女性は貧血になりやすいと言われていますが、不調があってもどの程度で病院に相談に行けば良いのか悩みますよね。
血液検査でよく見るHbの数値の意味や基準値、貧血の予防方法などを調べてまとめましたので、参考にしてみて下さい。

右手 薬指 しびれ
右手薬指がしびれるのですが、どうしてでしょうか?

右手薬指のしびれの原因について調べてみました。
緊張をほぐすだけで治る場合もありますが、危険な病気の場合もあります(/_;)
やはり病院に行って症状をきちんとお話ししてみましょう!
まずは、どんな病気が潜んでいるのか、皆さんからの情報を参考にしてみてくださいね。

お酒 下痢 嘔吐
お酒による下痢や嘔吐の対処法は?

お酒による体調の不調は、多くの大人が経験したことがありますね。飲んでいる時は楽しくてついつい飲みすぎてしまう、そして次の日にくる下痢や嘔吐、とても辛いですよね。そんな時はみなさんどんな対策をされているのでしょうか。お酒による下痢や嘔吐の対処法について調べました。

胃 検査 年齢
胃の検査を受ける年齢は?健康維持のために適切な検診を!

会社に勤めている方は1年に1度の健康診断が義務付けられています。
しかし胃の検査に関しては、ある一定の年齢になってからの追加検査という形が定例となっています。
そこで病気を未然に防ぐために、実際には何歳から胃の検査を受けるべきなのか調べてみました。

スポンサーリンク

顔にできるシミから考えられる病気とは…

女性にできる肝斑とは?
目尻の下あたり、左右対称にできるシミは肝斑の可能性があります。
発症年齢は30~40代がほとんど。
60歳代で発症することは少なく、薄くなったり、消失したりすることもあるのが肝斑の特徴です。
原因の一つとして紫外線もありますが、多くは女性ホルモンが影響していると言われています。
またはストレスが原因でできることも。

引用元-女性が悩むシミは病気の危険性あり?シミによって分かる体の不調 | 女性の美学

ストレスが原因でできるシミ
肝斑もそうですが、ストレスはシミの原因になります。
なぜストレスがシミを発症させるのかというと、考えられるのは活性酸素です。
ストレスを受けると人間の体は活性酸素を大量に発生させます。
活性酸素はメラノサイトを活性化させ、皮膚に沈着させやすくなります。
その結果シミができてしまうのです。

引用元-女性が悩むシミは病気の危険性あり?シミによって分かる体の不調 | 女性の美学

肝臓や腎臓の低下でできるシミ
肝臓や腎臓の機能が低下していることが原因でできるシミもあります。
シミは頬にできやすいものですが、肝臓や低下している場合は眉間に、腎臓が原因の場合も、頬の外側にできやすくなります。
肝臓の働きが弱まると血液の浄化作用が弱まることになります。
血液中の老廃物を取り除くことができず、皮膚にもその血液が蓄積され新陳代謝が衰えるのです。
また、肝臓内でメラニンの生成を抑える成分が十分に分泌されないことも、シミの原因になります。
老廃物を体から取り除く働きや、血液を作り出すのに重要な働きをする腎臓。
腎臓の機能が衰えると、老廃物が蓄積されやすくなることで新陳代謝が低下し、シミの原因になります。

引用元-女性が悩むシミは病気の危険性あり?シミによって分かる体の不調 | 女性の美学

顔にできるシミは皮膚がんの可能性も…

シミだと思っていたものが、実は皮膚がんであることも
女性が気になる「シミ」は、日焼けなどによって作られたメラニン色素が排出されず、表皮内にとどまってしまったものです。
美容的に問題はあるにせよ、それ自体は良性であり、途中からがん化することは基本的にありません。
ただしシミだと思っていたものが実は皮膚がんだった、というケースは存在します。
たとえば悪性黒色腫(メラノーマ)の中には、最初シミのように見えるものもあるのです。
特に歳をとればとるほど、日光のあたる部位にシミが多くなりますので、その中から異常なものを見分けるのは難しいかもしれません。
またカサカサした紅色のシミの場合は、「日光角化症」や「ボーエン病」の可能性もあります。
これらはいずれ有棘細胞がんに移行することもあるため、早めの治療が肝心です。
いずれにしても気になるホクロやシミがある場合は自己判断せず、皮膚科で検査を受けるようにしましょう。

引用元-ほくろやしみは皮膚がんに変化する?|皮膚がんのき・ほ・ん【癌の症状・治療法など】

顔にできるシミの場所・形状で病気がわかる!

顔のシミがどんな意味があるのか調べてみた。

大きくいって、シミのある場所で、病気の場所が分かる。

顔の周り…胃

頬…小腸・大腸

目の下・横…膀胱・腎臓

耳の周り首…三焦

目…肝臓・心臓

目頭・眉…胆のう    「12経絡からロビンソンが表にしてみた」

 

それから、シミの色によって原因が分かるらしいのだ。
暗い色のしみ…肺のどこかに脂肪か粘液の蓄積。珈琲・刺激物の取り過ぎ。

吹き出物白…砂糖・果糖の取り過ぎ

吹き出物黄色…チーズ・肉・玉子の取り過ぎ

緑色の影…癌が肺か大腸のどこかに進行中

暗い影…甘いもの・塩分・乾燥物の取り過ぎ

そばかす…砂糖・果糖の取り過ぎ

紫色…小さい場合は肺にうっ血か内出血。大きい場合は呼吸器官が重篤

青白い…栄養バランスが悪いことによる貧血

灰緑色…慢性的な肝臓障害

毛が生える…乳製品の取り過ぎ。呼吸器系と消化器系の機能低下。生殖器の機能不全

引用元-顔のシミで病気が分かる方法! | ロビンソンの ちょっと楽しい縄文生活! – 楽天ブログ

コーヒーが顔にできるシミや病気の予防に効果的!

コーヒーに含まれる「ポリフェノール」がシミの予防になるそうです。
ポリフェノールを含むものとして有名なのが「赤ワイン」
この赤ワインとほぼ同じくらいのポリフェノール含有量がコーヒーにはあるそうです。
もちろん、お茶・紅茶・ココアなどにも含まれていますが、ずば抜けてコーヒーのポリフェノール量は違うようです。

また、コーヒーにはポリフェノールの一種「クロロゲン酸類」をはじめ、豊富な抗酸化物質が含まれており、肌の張りや老化防止にはうってつけなのだとか♪
この他、カフェインが持つ利尿作用や新陳代謝の促進作用も、美肌づくりには欠かせない要素。

引用元-話題のニュース|コーヒー効果 ~シミ予防・美肌づくり、ガンや糖尿病などの病気を予防できる!?~

●肝臓がんの発症率減
1日に5杯以上コーヒーを飲む人の「肝臓がん」の発症率は飲まない人の4分の1にとどまるそうです!

●大腸がんの発症率減
コーヒーを全く飲まない人の大腸がん発症率を1とすると、1杯以上飲む人は男性0.81、女性0.43と発症率が半分以下に抑えられるそうです!

●胆石の発症率減
1日2~3杯のコーヒーを飲む男性は、飲まない男性に比べて胆石になるリスクが40%も低くなるそうです!

●パーキンソン病の発症率減
1日800ccコーヒーを飲む人は飲まない人に比べて発症のリスクが5分の1に低下するそうです!

●糖尿病をブロック
コーヒーに含まれるカフェインが運動不足やお酒の飲み過ぎといった不摂生から起こる
「2型糖尿病」を予防するそうです!

引用元-話題のニュース|コーヒー効果 ~シミ予防・美肌づくり、ガンや糖尿病などの病気を予防できる!?~

病気による顔のシミを改善する方法

小さなシグナルを教えてくれているとはいえ、やはりシミはシミ。
なんとかしたい気持ちに変わりはありません。
シミは隠そうとすればするほど、目立つ。
シミはあるだけで、その人の見た目年齢を変える。
シミの部分を髪で隠したりすると、人に見られないようにとうつ向き加減になってしまったり、消極的になってしまいます。
だからこそ、スキンケアで美白を目指すなら、しっかりと結果が出るものを使いたいと言うのが、シミで悩む女性の願いです。
肝斑は美白効果がなかなか得られなく、かといってレーザー治療は悪化してしまう恐れがあります。
太田母斑はリラックスが大事ですが、なかなかそういう時間がない。
ピルは、子宮の疾患があるから飲み続けないといけない。
腎臓機能は、気をつけるとしても、今あるシミをなんとかしたい。
 
頬のシミに対する悩みは、人それぞれ違います。
 
・肌の奥の細胞まで届き、血行を良くして、新陳代謝を促す
・今あるシミにポイントで効果がある
・ハイドロキノンやルシノールなど、美白効果が高い成分が入っているものを選ぶ
・血行促進作用のある成分が入っているものを選ぶ
・美白効果のあるマッサージやパックを使って、血行を促し新陳代謝を高める
 
上記に挙げた様な、美白効果のしっかりあるものを選ぶのがポイントです。
そうすることで、内臓疾患からくるシグナルのシミを薄くすることが出来ます。
 

引用元-頬のシミは内臓疾患・病気の可能性がある?

twitterの反応

 - 健康・病気