カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

不妊治療で障害児の確率が上がる!?気になるリスクと原因

      2016/04/26

不妊治療 障害 確率

最近では高齢出産をする方も増え、不妊治療への意識も高まってきています。

しかし不妊治療で障害が現れる確率が上がるといったデータがあることをご存知ですか?

それはどういったことが原因なのか、またそのリスクを下げる方法はあるのかなど、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

風邪 頭痛 冷やす
風邪からの頭痛症状!改善するには冷やすべき?

風邪からくる頭痛を改善するために、体を冷やすのは有効でしょうか?、どのように改善するべきか調べてみました。
風邪を治す冷やし方と、頭痛を改善する冷やし方は異なります。頭痛を緩和しながら、早めに風邪を完治できるように心がけましょう。

3517210bac9dcb0b034a0e448e5f68fa_m
風邪の治し方で汗をかくというのは本当?それとも嘘?

昔から言われている風邪の治し方はさまざまありますが、その中でも汗をかくと風邪が早く治るというのは有名です。しかし、それは本当なのでしょうか。昔から言い伝えられてきたことが実は間違った情報だった、または時代が変わり証明されるようになったということは多いですね。風邪の治し方で汗をかくというのは本当なのか、それとも嘘なのかについて調べました。

卵巣 子宮 全摘出
卵巣や子宮の全摘出とは?体への影響はあるの?

子宮筋腫や卵巣腫瘍などの病気によって、卵巣や子宮の全摘出手術を受けなくてはならないことがあります。
全摘出することで病気が治ると言われても、子宮や卵巣がなくなってしまうというのは、女性にとってとてもつらいことですよね。
摘出したあと、心や体にはどのような変化があるのか?後遺症はあるのか?と誰もが不安になり、戸惑うことと思います。
病気を乗り越えるためにも、手術について・体への影響についてくわしく知っておくことが大切ですよね。
今回は、卵巣や子宮の全摘出手術について調べました。

316f78b9a947d50d1a80373a6f1192e5_m
脳出血の麻痺のリハビリ!正しい知識で家族で取り組む重要性

命をも脅かす脳出血。一命を取りとめたのも束の間、体には麻痺が残ってしまうことも…

麻痺の改善にはリハビリが重要になります。日々の生活にリハビリを取り入れることで、かなりの改善が期待できるようです。

そこで家族が協力してリハビリに取り組めるように、麻痺やリハビリのポイントについてまとめてみました。

2歳児 室内 運動遊び
2歳児が喜ぶ!心と体の為の室内の運動遊び

2歳児は様々なことに刺激を受けて成長していく大切な時期です。心や体の発育を応援し、2歳児の健やかな成長のために、室内でできる運動遊びを取り入れてみましょう。2歳児に必要な室内でできる運動遊びについて調べてみました。

wpid-2015_10_29_03_19_2.jpg
仕事が辛い!相談できないときの対処法

仕事が辛い時、みなさんはどうしていますか?仕事の内容によっては、誰にも相談できないこともあります。

そんな時、一人で溜め込んでいるとストレスの原因となり、健康にもよくありません。

自分なりの改善法を見つけて、楽しい毎日を送るように心がけましょう!

中指 薬指 痛い
中指と薬指が痛い…気になる手根管症候群の原因と治療法!

中指と薬指の付け根が痛いと感じたことはありませんか?
その痛みの原因はもしかすると「手根管症候群」かもしれません。
あまり聞きなれない「手根管症候群」ですが、意外と多くの人が患う病気の一つです。
「手根管症候群」とはどんな病気なのか詳しく調べてみました。

タバコ 吐き気 病気
タバコを吸うと吐き気…考えられる病気と健康のための対処法

タバコを吸うと吐き気がすることはありませんか?
その吐き気は何らかの病気が原因となり、喫煙によって引き起こされている可能性があるようです。
そこで喫煙による吐き気に関係する病気について調べてみました。

左下腹部 違和感 女性
左下腹部に違和感…。特に女性で考えられる原因とは?

女性が感じる下腹部の違和感。特に左下腹部には子宮や卵巣などがあり、大切な器官が備わっている場所です。
大したことではないと放っておくと、大事に至る可能性もあります。
左下腹部の違和感や痛みの原因や対処法などを探ってみました。

33efb687660aab4678b5e088f98b2fb5_m
骨折からくる痛みのピークは?骨が痛む?正しい骨修復のお話

骨折には激しい痛みがつきまとうものです。痛みのピークは骨折後遅れて現れることも…

骨折からくる痛みは、一体どのように起こるのでしょうか?

そこで骨折と痛みについて調べてみました。ぜひ参考にして早期回復を目指しましょう!

%e7%94%9f%e7%90%86%e5%89%8d-%e8%83%b8%e3%81%ae%e5%bc%b5%e3%82%8a-%e3%81%aa%e3%81%84
生理前の胸の張りがない!?考えられる原因と妊娠への影響

生理前の症状として胸の張りを感じる女性は多いようです。
またその逆で、全く張りを感じない、今まで生理前に張っていた胸が急に張らなくなったと感じる女性も多いようです。
そこで生理前に胸が張らない原因や妊娠への影響などを詳しく調べてみました!

花粉 目 痙攣
花粉症で目が痙攣するってホント?

花粉症の時に目が痙攣することってありますか?
目の痙攣を予防する方法はありますか?原因は何なんでしょうか?
目の痙攣は花粉症でない場合もあるようです。
病院に行く前に経験者や専門家から情報を調べてみました。

顔 イボ 治療
顔にできたイボの治療法とは?

顔にできたイボは、体の他の部分にできたものよりも気になりますし、早く治してしまいたいですよね。特に顔にできているので、治療で跡が残ってしまわないかも気になるところです、今はどんな治療法があるのでしょう。顔にできるイボと、その治療法について調べました。

つわり 入院 食事
つわりで入院した場合の食事は?

妊娠経験のある人でつわりのあった人はわかると思いますが、つわりって本当に辛いです。

人によってつわりの重さや期間も違い、また一人目と二人目で違ったりもします。

つわりが重度の人は、入院になるので、そんな時は食事はどうなっているのでしょうか。つわりで入院の場合の食事について調べました。

二日酔い 吐く 血
二日酔いで何度も吐くと血が…!危険なマロリーワイス症候群

深酒をしてしまい、最悪な状態の二日酔い何度も吐いた経験がある方もいらっしゃることでしょう。
しかし繰り返し吐く状態が続くと、一緒に血を吐いてしまうことがあるようです。
この症状にはマロリーワイス症候群という病名もあるようです。そこで今回はマロリーワイス症候群について調べてみました。

スポンサーリンク

不妊治療によって障害児が生まれる確率が高くなるというリスク

< 不妊治療による障害児や多児妊娠のリスク >
不妊治療のリスクはあまり大きく取り上げられにくいのですが、今一度リスクがある事を知っておくことが大切です。
日本産婦人科学会の発表によると、一定期間の検証において、排卵誘発剤、人工授精、体外受精の不妊治療で出産した新生児の障害リスクが、自然妊娠した新生児と比べ1.2倍~2.7倍高いと発表されています。
また、不妊治療のリスクに多児妊娠があります。
せっかく妊娠がかなっても、多胎妊娠は、単胎妊娠に比べて、胎児と母体への危険性が高くなります。
例として、早産率は単胎妊娠10%、双胎妊娠60%、脳性小児麻痺のリスクは双胎妊娠で4.6倍と非常に高くなります。

< リスク説明をちゃんと受けよう >
注意すべき点は、リスク説明を心に刻んでおくことです。
不妊治療をしている自分としては、何としても妊娠したいと言う気持ちが強くなり、リスクについての意識が低い場合があります。
また、きちんと納得がいくまで説明をしてくれるクリニックを探すことも大切です。
日本産婦人科学科会では、平成20年に多胎妊娠を避ける為の見解を明示しています。
「生殖補助医療の胚移植において、移植する胚は原則として単一とする。ただし、35歳以上の女性、または2回以上続けて妊娠不成立であった女性などについては、2胚移植を許容する。治療を受ける夫婦に対しては、移植しない胚を後の治療周期で利用するために凍結保存する技術のあることを、必ず提示しなければならない。」

引用元-不妊治療によるダウン症の子供の出生の原因や確率 – 妊活ラボ

不妊治療における障害が発生する確率

染色体異常の懸念
染色体異常により奇形児が生まれる可能性があります。
顕微授精では、精子を1個人工的に選び出して受精させているため、染色体異常の可能性のある精子を選んでしまうかもしれないという懸念があります。

卵子の細胞骨格を損傷する懸念
顕微授精の際、精子を注入するために卵子にガラス管を差し込んで受精させます。
このとき、卵子の細胞骨格が破壊されて、悪影響が出るという懸念がありますが、具体的にどんな悪影響を及ぼすのかははっきりしていません。

ダウン症が発症する懸念
顕微授精ではダウン症の赤ちゃんが生まれる可能性が高くなる懸念があります。
これは顕微授精ではなく、妊娠する年齢が関係しています。
もともとダウン症児が生まれる可能性はママの年齢に大きく左右され、顕微授精を受けるのが30代後半から40代にかけての方が多いためです。
ダウン症の子供が生まれる可能性は、20代に比べて30~34歳では約2倍、35~39歳は約7倍、40~44歳は約24倍、45歳以上になると約84倍になるといわれます

引用元-顕微授精のリスクは?染色体異常などの障害児が生まれる確率は? – こそだてハック

不妊治療で12人に1人の確率で障害が現れるというデータも…

2011年にオーストラリアの研究チームが、不妊治療と障害児の因果関係を発表し続いて、日本医大らの研究チームよって、不妊治療で産まれてきた新生児の障害児リスクの高いことが日本国内でも発表されました。
AFPBBニュースで取り上げられた、オーストラリアの研究チームが発表では1986年~2002年のサウスオーストラリア州で出生届が出された中で不妊治療で出産した6163人の新生児8.3%に深刻な障害が確認されています。
なんと約12人に1人の確率で障害を持った赤ちゃんが産まれてきているのです。
さらに、朝日新聞で紹介された、日本医大や東京女子医大らの発表では日本産婦人科学会に登録された24万3千人の妊婦の中で約4100人が排卵誘発剤、約2400人が人工授精、約4600人が体外受精で出産し、合計した不妊治療で出産した新生児の障害リスクが自然妊娠した新生児と比べ1.2倍~2.7倍高いと発表されています。
これについて、日本医大教授の中井医師は以下のように話されています。

「生活習慣の改善、健康管理、栄養バランスのとれた食事を心がけて欲しい」

中井先生は生活習慣の改善と食生活の見直しを推進されています。
不妊治療で妊娠をしても、母体の健康状態は治療ではどうすることもできないことを認識しておく必要があります。

引用元-病院では教えてくれない不妊治療のリスク

不妊治療による障害児の確率を下げる為に葉酸を摂取しよう!

不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。
さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠しやすくなるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。また、葉酸で血液が増えれば新しい血液が体内サイクルを整え、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、妊娠しやすい体作りができるのです。

引用元-不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は / 葉酸と妊活に関するサイト2

妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。
細胞分裂が行われる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。
葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際にサンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。

引用元-不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は / 葉酸と妊活に関するサイト2

障害児の確率が上がるのは必ずしも不妊治療のせいだけではない!

障害児が生まれてくるのは不妊治療のせいではない!
「不妊治療をすると障害児が生まれてくる確率が高いのではないか」と、こちらもよく言われがちですが、これは間違っています。
体外受精が始まったばかりの30年ほど前、これを続けていっていいのかどうかという議論がありました。
しかし30年経った今、世界中で約500万人の赤ちゃんが体外受精により誕生しています。
日本では現在、生まれてくる赤ちゃんの27人に1人は体外受精・顕微授精で妊娠した赤ちゃんとなりました。
これはつまり、体外受精が有効な治療であり、不妊の患者さんたちにとって非常によいものだということが確立されたことを意味します。
不妊治療をしなくても、一定の確率(2~3%)で先天異常をもった赤ちゃんは生まれてきます。
ただ、不妊治療している人の中には、もともと病気をもった人や染色体異常がある人の割合が少しだけ高く、その分だけ子どもの異常も目立つのかもしれません。

ダウン症に関しては、女性の年齢の影響を受けます。
母体の年齢が35歳で800~900人に1人、40歳で50人に1人、45歳で20人に1人の確率と、年齢が上がるにつれて高くなります。
つまりこれは、不妊治療の影響ではなく、卵子が老化することによって起こると考えられています。

引用元-不妊治療の間違った噂(うわさ)|不妊や障害児

twitterの反応

 - 健康・病気