カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

さかまつ毛には手術が必要?子供によくある目の症状について

   

さかまつ毛 手術 子供

子供の目の症状としてよく見られる「さかまつ毛」。大人のさかまつ毛と違い、子供のさかまつ毛は放っておくと目の健康を損ねてしまうこともあるようです。

そこでさかまつ毛の改善方法としてあげられる手術について調べてみました。ぜひ参考にして子供の目の健康を守りましょう!

スポンサーリンク

関連記事

熱 病院 薬
熱が出た!即病院?薬を飲んだら安心?いざという時の心構え

あれ?だるいなと思っていると夕方・夜に何故か出てくる熱。かかりつけの病院は閉まっている時間だし、夜間救急という程でも無いし…。
そんな時、薬を飲めば大丈夫なのか、悩みますよね。
特に小さい子どもは高熱になる事も多く、親としては心配してもしきれないかと思います。
自分や子どもの突然の発熱で不安な夜を過ごさないために、薬や病院のかかり方についてまとめました。

wpid-2015_10_29_03_19_5.jpg
足の血管が切れる!?下肢静脈瘤って何?

みなさん、下肢静脈瘤を知っていますか?下肢静脈瘤は足の血管の病気です。

そのままにしておくと、足の血管が切れてしまうこともある大変な病気です。

日々の生活環境や生活習慣によって引き起こされる下肢静脈瘤。正しく理解して、発症や悪化を防ぎましょう。

子宮筋腫 入院 準備
子宮筋腫の入院準備!経験者に聞いた本当に必要な物とは…

子宮筋腫での入院準備、病院からの冊子では本当に必要なものが詳しく書かれていないことも…

そこで実際に子宮筋腫の手術を経験した方のリアルに必要だった入院準備品をまとまてみました。

経験者ならではの意見も参考にして、入院生活を快適に過ごせるように準備しておきましょう!

1ヶ月 体重 増えすぎ
赤ちゃんの1ヶ月検診!体重の増えすぎは大丈夫?

赤ちゃんの1ヶ月検診。赤ちゃんの成長は楽しみですよね。ただ体重の増えすぎのは気をつけなければいけない事があるようです。
1ヶ月検診で赤ちゃんの体重が増えすぎで発覚する過飲症候群。母乳やミルクの量を調節しながら、赤ちゃんの健やかな成長を見守っていきましょう。

c05fac12170cc9c904d010f0e5715224_m
眼球の血管が切れる結膜下出血とは?

眼球の血管が切れてしまう結膜下出血という症状があります。白目の部分が真っ赤に染まってしまい、見た目にはとてもコワイ症状ですが、どんな事が原因で治療はどういうものなのでしょう。 眼球の血管が切れる結膜下出血について調べました。

wpid-2015_09_26_03_54_2.jpg
ヘルペス感染はお風呂が原因って本当!?

ヘルペス感染者と一緒にお風呂に入ると、感染してしてしまう危険性があるというのは、本当でしょうか?

ヘルペスはお風呂の椅子やタオルを介し感染する可能性があります。

二次感染を防ぎ、早く治療することをおすすめします。

感染や対処法など詳しく調べてみました。

目 視界 白い
目がかすんで視界全体が白いのですがどうすればいいでしょう?

ものがかすんで見えたり、ものがぼやけて見えることがありますか?
目がかすんで視界に白いフィルターがかかったように見えることもありますよね。
何が原因でしょう(・.・;) どうすればいいでしょう?
情報を得てしっかり対応しましょう!

鼻水 黄色 痰
鼻水と黄色い痰!症状から考えられる原因は何?

鼻水や黄色い痰の症状が続き、ただの風邪だと思っていても、実は違う病気の可能性もあります。

そこで鼻水や黄色い痰の症状から考えられる原因を調べてみました。

気になる症状がある方は、病院へ早めの受診を心がけましょう!

甲状腺 検査 何科
甲状腺の検査は何科をうける?

体の調子が悪く甲状腺の病気が疑われる場合、 甲状腺の検査をしたい時は、まず病院の何科をうけると良いのでしょう。あまり身近な部分ではないため、どこに行くべきか迷ってしまいますよね。またどんな検査や費用がかかるのでしょう。甲状腺の検査について調べました。

2歳児 室内 運動遊び
2歳児が喜ぶ!心と体の為の室内の運動遊び

2歳児は様々なことに刺激を受けて成長していく大切な時期です。心や体の発育を応援し、2歳児の健やかな成長のために、室内でできる運動遊びを取り入れてみましょう。2歳児に必要な室内でできる運動遊びについて調べてみました。

歯茎 炎症 臭い
歯茎の炎症で口が臭い?その原因と対策は?

歯茎が腫れたり痛みがあると、歯磨きをしても口の臭いが残ります。
口臭って自分ではなかなか気づきにくいものです。しかし、炎症をそのまま放置しておくと、さらに臭いが悪化してしまうことも…。
人と話しているとき、自分の口は臭くないかな?と心配になる方もいると思います。
今回は、歯茎の炎症の原因について、口の臭いのチェック方法や予防法についてまとめました。

wpid-2015_10_29_03_19_3.jpg
姿勢が悪い!矯正が必要な子供たち

最近は姿勢が悪く、早い段階での矯正が必要な子供たちが増えてきています。

姿勢が悪いことで、一体どんな影響があるのでしょうか?

最近姿勢の悪い子供が増えている原因や改善方法など詳しくまとめてみました。

歯茎 炎症 熱
歯茎の炎症で熱がでることも?!その原因と対処法

歯茎が腫れる。痛い…。皆さんも一度は経験したことがあるかと思います。
大したことはないとついつい放ってしまいがちの歯茎のトラブル。
油断していると大変なことになってしまうかもしれません。今回は歯茎の炎症、発熱についてクローズアップしたいと思います。

0746d311d53fa2f903779c020dc0c372_m
オフィスで寝落ち!?食後の眠気と低血糖の関係について

待ちかねたお昼休みの楽しいランチ。さぁ午後もお仕事頑張ろう!と気合を入れても、眠くなってしまう時ってありますよね。
ただ、最近とても眠くなり、何度もオフィスで寝落ちしてしまう!上司に注意されてしまった!という方はいませんか?
仕事に差し障る程の食後の眠気には低血糖か関係している、と健康番組で耳にした事がありますので、原因や対策についてについて調べてみました。

wpid-2015_09_15_05_58_2.jpg
夜、急に心臓がドキドキ!これって何かの病気なの?

夜、心臓が急にドキドキすることはありませんか?一体何が原因で起こる症状なのでしょうか?詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

手術が必要?子供のさかまつ毛について

「さかさまつげ」とは?
子どもの内反症と呼ばれ、まぶたが内反することにより、上または下のまつげが白目(結膜)や黒目(角膜)に接触し、炎症を起こしたり、傷をつけることがあります。
特に赤ちゃんは上下まぶたの脂肪が多いため、さかさまつげになりやすいと言われています。
赤ちゃんのまつげは柔らかいため、目の表面に接触していてもあまり炎症や傷を起こしにくいようですが、成長とともに状況が変化します。
3、4歳になるとその脂肪もとれて、顔もひきしまってくるのでさかさまつげも自然に治ることもあります。
その時点でもさかさまつげの場合は、まつげも硬くなってくるので、目の炎症や傷を心配する必要がでてきます。
5、6歳になっても状態が改善しない場合は、手術を考える必要もあります。
子どもの年齢と経過を見ながら、治療をするかどうかを眼科医と相談することが大切です。

引用元-子どもVol.3 子どものさかさまつげ [目の病気] All About

子供のさかまつ毛に見られる症状

逆まつ毛は下まぶたにおこることが多いのですが、眼球にまつ毛が当たってしまうので角膜に傷がつく可能性があります。
逆まつ毛の症状には、以下のようなものがあります。
 
ゴロゴロする(異物感)
まぶしい(光や明るい所がまぶしい)
涙が出る(ウルウルしている)
充血(目が赤い)
目ヤニ
 
赤ちゃんの場合は症状を訴えることができません。
しかし、上記の症状に加えてやたらと目をパチパチさせるなど瞬きが多いという症状も逆まつ毛の症状としてあります。

引用元-逆まつ毛ってどんな症状?原因は? | いしゃまち

赤ちゃんの逆さまつげで出やすい症状は?
逆さまつげになると、目やにや涙が増え、白目が充血することがあります。また、目に違和感があるのでまばたきの回数が多くなる、頻繁に目をこするといった動作が増える場合もあります。こうした症状が現れたら、一度眼科を受診してください。放置していても問題がないかどうかを確認しましょう。放置していても自然に治るものなので目薬などの治療薬は処方されず、経過観察になる場合がほとんどです。

引用元-赤ちゃんの逆さまつげの原因と対処法は?下まつげは手術が必要? – こそだてハック

子供のさかまつ毛は遺伝?根本的な解決には手術が必要!

遺伝を予防する手段はないものの、成長とともに改善することもある、との意見が寄せられました。
逆さまつげの遺伝を予防する手段は残念ながらありません。しかし逆まつげで生まれても成長とともによくなることもありますので、少し様子を見られてもよいと思います。(一般内科看護師)
まつ毛は通常、外側に向かって生えますが、逆さまつ毛は内側に向かって生えるため、まつ毛が眼球や角膜を傷つけ、眼病を起こすこともあります。
原因はまぶたが内側にまくれ込んでいるものと、毛根からのまつ毛の生え方が内側に向いているものとがあります。
まぶたが内側にまくれ込んでいるものは、加齢によるまぶたのたるみの場合もありますが、先天的な場合もあり、遺伝といえるでしょう。(産科・婦人科看護師)
赤ちゃんはもともとまぶたの脂肪が厚く、筋力が弱いため、成長とともに改善されるケースもあります。(産科・婦人科看護師)
赤ちゃんや子供に多い眼瞼内反症(逆まつげ)は、まつげが柔らかく角膜が傷つくことがあまりなく、自然に治ることが多いようです。(一般内科看護師)
一般的には5歳くらいまで点眼治療で様子を見、症状が改善しない場合のみ手術を検討します。(一般内科看護師)

根本的な治療には手術が必要。原因によって手術法は異なる。
まつ毛を抜いたり、まつ毛パーマをかけたり、目を傷つけない方法はあるものの、根本的に治すなら手術するのがよいようです。

引用元-子どもの逆さまつげは遺伝?どう対処したらいい? | イクシル

子供のさかまつ毛と手術について

赤ちゃんの逆さまつげは結構多く、特に下まぶたの内側のまつげが角膜にあたっているのはよく見かけます。
まつげが角膜にあたっていればキズになるので好ましいことではありません。細菌の侵入口になる恐れもあります。
ただ、深刻なトラブルになることはまずありません。
めやにが出たり充血したりすることはありますが、抗菌剤の目薬をさせば数日で収まることがほとんどです。
子供の逆さまつげは、成長に伴って外に向いてくることが期待できます。
ですから普通はそのまま待機です。通常は目薬も処方しません。多くの場合、時間とともに改善して一件落着です。
ただ時には、成長しても逆さまつげが解消されないこともあります。
放置しておくと細菌感染をおこして角膜炎をおこす可能性もあるので、局所麻酔ができる年齢(個人差がありますが10歳くらい)になったら手術することをお勧めします。
成長するのを待てないこともありえます。角膜炎などの深刻なトラブルをたびたび起こすようなら、2歳でも3歳でも早期に手術するしかありません。
小さな子供に局所麻酔の手術は無理ですから、入院して全身麻酔で手術します。幸いそういうことはめったにありません。

引用元-逆さまつげ | 川本眼科(名古屋市南区)

子供のさかまつ毛の手術の見極めは…

手術が必要な場合とその方法は?
成長しても症状が改善されず、日常生活に支障をきたす場合は、手術による治療が必要になります。
年齢と症状によって手術の方法はさまざまですが、代表的なのは「埋没縫合法」。
これは、まぶたの内側から皮膚表面に糸を通してまぶたを引っ張り、まつげを外向きにする方法です。
また、皮膚を一部切除して縫合する「皮膚切除法」も再発の少ない方法です。
これらの場合、美容整形で行われる二重まぶたの手術と同様の技術によるものなので、一重まぶたの人は二重になります。
手術を受けるタイミングは医師と相談を。
早い子では2歳・3歳で行うことがありますが、だいたい小学校入学〜低学年の春休みや夏休みなど、長期休暇を利用して行う場合が多いようです。
それは、施術そのものは20分〜30分と短時間ですが、子どもの場合は全身麻酔による手術となるため、入院を伴うものになるからです(入院期間は2日〜4日)。

引用元-子どもの「さかさまつげ」 手術したほうがいいの?|子どもの健康|子育て・教育|仙台リビング新聞社

twitterの反応

 - 健康・病気