カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

肋骨が痛い時の原因は内臓にある?

   

肋骨 痛い 内臓

肋骨が痛いとき、骨の近くが痛いため、骨に原因があるのではないかと思ってしまいます。もちろんその可能性もありますが、実は内蔵に原因があることもあるのです。肋骨が痛いとき、原因によって痛み方や痛む部分が違ってくるようです。肋骨が痛む原因が内蔵にある場合について調べました。

スポンサーリンク

関連記事

熱 病院 薬
熱が出た!即病院?薬を飲んだら安心?いざという時の心構え

あれ?だるいなと思っていると夕方・夜に何故か出てくる熱。かかりつけの病院は閉まっている時間だし、夜間救急という程でも無いし…。
そんな時、薬を飲めば大丈夫なのか、悩みますよね。
特に小さい子どもは高熱になる事も多く、親としては心配してもしきれないかと思います。
自分や子どもの突然の発熱で不安な夜を過ごさないために、薬や病院のかかり方についてまとめました。

歯茎 炎症 臭い
歯茎の炎症で口が臭い?その原因と対策は?

歯茎が腫れたり痛みがあると、歯磨きをしても口の臭いが残ります。
口臭って自分ではなかなか気づきにくいものです。しかし、炎症をそのまま放置しておくと、さらに臭いが悪化してしまうことも…。
人と話しているとき、自分の口は臭くないかな?と心配になる方もいると思います。
今回は、歯茎の炎症の原因について、口の臭いのチェック方法や予防法についてまとめました。

足の甲 痛み 痺れ
足の甲の痛みや痺れ…もしかしたら腓骨神経麻痺の症状かも!

足の甲に痛みや痺れなどの症状を感じた事はありませんか?

その症状はもしかしたら腓骨神経麻痺かもしれません。腓骨神経麻痺は生活の中の習慣などが原因となることも。

あまり聞き慣れない腓骨神経麻痺について詳しく調べてみました。

白血病 血液検査 数値
白血病の疑いは血液検査の数値で発覚するってホント!?

病院の診察で血液検査を受けた事がある方も多いことでしょう。

病院での採血は、結果の数値で様々な体の状態がわかるそうです。そしてその中でも白血病は血液検査での発見が多い病気です。

そこで血液検査の数値や治療法など、白血病についてまとめてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_9.jpg
帝王切開で出産!?原因・入院準備・退院まで

帝王切開とは一体どんな流れで出産するのでしょうか?
帝王切開になる原因は様々ですが、入院の準備をしっかり用意し手術に望みましょう。
帝王切開になる原因や入院準備など詳しく調べてみました。

左下腹部 違和感 女性
左下腹部に違和感…。特に女性で考えられる原因とは?

女性が感じる下腹部の違和感。特に左下腹部には子宮や卵巣などがあり、大切な器官が備わっている場所です。
大したことではないと放っておくと、大事に至る可能性もあります。
左下腹部の違和感や痛みの原因や対処法などを探ってみました。

耳 違和感 ポコポコ
耳に違和感…ポコポコと音がする原因と改善方法について

耳に違和感を感じ、耳の奥からポコポコと音がしたことはありませんか?
その耳の奥から音がする原因は様々あり、原因によっては耳の健康に大きく影響することもあるようです。
そこでその「ポコポコ」音が鳴ることから考えられる5つの原因についてまとめてみました。

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_m
自律神経失調症と診断されたら〜休職時の過ごし方〜

人間の体内には「交感神経」と「副交感神経」という自律神経が存在しています。
その2つの自律神経のバランスが乱れると、様々な症状が現れてくるのです。これは「自律神経失調症」と呼ばれる病気です。
普通の社会生活に支障をきたしてしまい、休職を余儀なくされる人も少なくはありません。治療の為とはいえ、休職期間はもどかしいものでしょう。
有意義にする為には、どのような過ごし方をしたら良いのでしょうか。

腹痛 下痢 発熱
腹痛、下痢、発熱の症状が出たら何の病気?

毎年寒い時期や暑い時期には、病気が流行ります。風邪などの体調不良にも色んな症状がでると思います。 よくあるといえばある、腹痛、下痢、発熱の症状ですが、これらが同時に起こった時、考えられる病気とは何でしょうか。 腹痛、下痢、発熱を伴う病気について調べました。

右 肋骨 痛い
右の肋骨が痛い原因とは?

肋骨が痛む、特に右の肋骨が痛い時は何が原因なのでしょう?肋骨の周りは体の中心部分であり、痛みがひどいと動けません。右の肋骨に痛みが出やすいのはどんな人か、痛みが出たら何科へ行けばよいのか、そして右の肋骨が痛い原因について調べました。

歯茎 炎症 熱
歯茎の炎症で熱がでることも?!その原因と対処法

歯茎が腫れる。痛い…。皆さんも一度は経験したことがあるかと思います。
大したことはないとついつい放ってしまいがちの歯茎のトラブル。
油断していると大変なことになってしまうかもしれません。今回は歯茎の炎症、発熱についてクローズアップしたいと思います。

鼻 打撲 腫れ
鼻の打撲で腫れ…鼻骨折の可能性も!気になるその後の処置

鼻や頭部の打撲で腫れが生じた時、もしかすると鼻骨折の可能性もあります。
鼻や頭部の打撲は骨の異常以外にも様々な問題も考えられます。症状の悪化を防ぐためにも、早めの処置が重要です。
そこで鼻の打撲・腫れについて詳しくまとめてみました。もしもの時はぜひ参考にして、早めに病院を受診しましょう。

不妊治療 障害 確率
不妊治療で障害児の確率が上がる!?気になるリスクと原因

最近では高齢出産をする方も増え、不妊治療への意識も高まってきています。

しかし不妊治療で障害が現れる確率が上がるといったデータがあることをご存知ですか?

それはどういったことが原因なのか、またそのリスクを下げる方法はあるのかなど、詳しく調べてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_5.jpg
時々心臓がドキドキするのはなぜ?

時々、心臓がドキドキして心配になったことありますよね?

緊張したり運動したりなど、理由がはっきりしている時は、それほど気になりませんが、ふとした時に心臓がドキドキすると心配ですよね。

なぜ、動悸が起こるのか(心臓がドキドキするのか)について調べました。

腰の痛み 原因 脳性マヒ
腰の痛みの原因は脳性マヒによる二次障害の可能性

出産前~出産後1年間に脳のある部分が損傷を受けることによって起こる脳性マヒ。
成人になり、たいてい二次障害を発症するという。腰の痛みの原因とは?
脳性マヒの障害を得て二次障害を発症している人たちの腰の痛みの原因を調べました。

スポンサーリンク

左肋骨の下が痛いのは内臓の疲労が原因の可能性あり!

内臓の疲労が原因
左あばら骨の下の周辺にはたくさんの臓器があります。
この臓器の何か悪影響が起きて、それが痛みとして現れている場合もあるのです。

どのような臓器の疲労が痛みの原因となるのか見ていきましょう!


ストレスや消化不良などにより胃に痛みを感じることが原因となっているのかもしれません。
また、デスクワークなどで長時間猫背のように姿勢が悪くなっていると胃が圧迫されて痛みを感じることがあります。

心臓
心臓の痛みは、様々な心臓病の症状の他、ストレスなどでも起こります。


肋骨と腸はかなり離れているので関係はないと思われがちですが、腸からも影響を与えることがあります。
便秘や消化不良などにより消化物は腸の左側にたまりやすくなります。
これにより周りの臓器が圧迫されたりして、左あばら骨の痛みとしてあらわれるのです。

引用元-左あばら骨の下が痛い!意外な3つの原因とは?

左肋骨の下が痛いのは内蔵疾患が原因の可能性あり!

神経痛が原因
神経の痛みが影響している可能性もあります。
なんらかの影響で神経が圧迫されて、痛みを感じているかもしれません。
この神経が圧迫されてしまう原因としては、

帯状疱疹
内臓の疾患
椎間板ヘルニア

などが考えられています。それぞれについて少し見てみましょう。

帯状疱疹
帯状疱疹で皮膚に症状があらわれた後に神経痛が残ることがよくあります。
これは帯状疱疹のウイルスによって神経がダメージを受けてしまったためです。

内臓の疾患
内臓の腫れなどの疾患により神経が圧迫されて痛みを感じることもあります。
このように内臓自体の痛みだけでなく、周辺の神経を圧迫してしまうことにより左あばら骨の下あたりが痛くなることもあるのです。

椎間板ヘルニア
椎間板というのは背骨と背骨の間をつなぐ軟骨のことです。
椎間板ヘルニアによって椎間板が変形することにより神経を圧迫して痛みを感じることもあります。
この場合は足に痛みやしびれを感じたりことが多いのですが、左側の肋骨のあたりに痛みを感じる場合もあります。

引用元-左あばら骨の下が痛い!意外な3つの原因とは?

右肋骨の下が痛い原因は内蔵にあるかも!?

右の肋骨の下辺りがズキズキ痛む原因
肋骨はあばら骨のことで、肺や心臓など大事な臓器を守るための”重要な骨”です。
その肋骨の右下辺りがズキズキ痛むときには、まずその辺りには何があるか考えてみましょう。
皮膚、筋肉、神経、肋骨、肺、胆のう、肝臓があります。
これらに何か異常があると、右の肋骨の下辺りがズキズキ痛む可能性があるんです。
あなたの痛み方はどうでしょうか?
ズキっと刺し込むように痛くても、数秒から少なくとも1分以内には治まる痛みでしょうか?それともズキズキと長く続く痛みでしょうか?
そしてその痛みは、押すと痛みの強さが増すでしょうか?
数秒で治まる痛みは神経によるもの、断続的な痛みは内臓によるもの、押すと痛みが増すのは骨や筋肉の炎症など整形外科的なものが多いと言われているんです。
痛いときに辛いとは思うのですが、自分の痛みがどれに当てはまるか考えてみるといいかもしれませんね。

引用元-右の肋骨の下辺りがズキズキ痛む症状がある時の原因と病気 | 症状から原因や病気を知り対策を!

右肋骨の下が痛い原因は肺や胆石・胆のうなどの内蔵の病気かも!

胆石・胆のう炎
胆石や胆のう炎は、太っている人、女性、油っこい食べ物が好きな人に起きやすいと言われています。
痛みが強いので救急車で病院へ行く人もいるそうです。
胆石だけなら熱は出ないことが多いですが、胆のう炎になってしまうと”高い熱”が出ます。
内臓の痛みなので、治療をしないと痛みはずっと続きます。
病院に行って絶食、点滴、抗生剤、必要なら胆石を取る治療をします。

急性肝炎
肝臓は本来痛みがなかなか出ない臓器と言われているんですが、食べ物からうつる”A型肝炎ウィルス”や、性交渉でうつる”B型肝炎ウィルス”で急性肝炎を起こしてしまうと痛むことがあります。
でも痛みよりも倦怠感や黄疸の症状で病院に来ることが多いみたいです。
黄疸は、肝臓が悪くなったせいでビリルビンという物質がたまってしまい目や体が黄色くなることです。

引用元-右の肋骨の下辺りがズキズキ痛む症状がある時の原因と病気 | 症状から原因や病気を知り対策を!

肋骨が痛い原因が内蔵にある場合の特徴と治療法!

『あばら骨のまわりの内臓疾患により痛い』という症状です。
呼吸器・心臓・肺などの内臓疾患が原因ですので、その痛みの根源は各部位の疾患により異なります。

特徴
肋間神経痛でもなくあばら骨を強打した覚えもない。でもあばら骨付近の痛みが断続的・間断的に続きます。
風邪を引いたときなどに起こることが多いです。

原因
風邪のウィルスなどによる呼吸器系の炎症がおこることが原因であったりしますが、詳しい原因はそれぞれの疾患により異なります。

治療法
それぞれの疾患により治療法が異なります。
「あばら骨が痛くなる理由が見当たらない」という人は病院で診てもらうようにしましょう。
特に胸に疾患を持っている人などは、その痛みがあばら骨の痛みではなく心臓疾患からくる痛みである場合がありますので、すぐに病院で診てもらいましょう。

引用元-あばら骨の痛み

肋骨が痛い時の原因の見分け方とは

あばら骨は、例え骨折をしても周りの神経を圧迫しない折れ方をしている場合は、そんなに痛まないこともあります。
ヒビが入っていたり骨折していることに本人が気が付いてなかったり、「折れてたんだけどいつのまにか完治していた」ということもあります。
逆に言えば、ひびが入っているのを知らないで無理な動きをしたことで複雑骨折してしまったということもあります。
さらに、一時的な神経痛だと放っておいたが、実は内臓疾患から来る痛みだったということもあります。
見分け方の目安ですが、

■肋間神経痛などの一時的な場合は、その痛みは数秒から数分程度で収まります。
■疾患からくる痛みの場合は、断続的にその痛みが続くことが多いです。
■ヒビや骨折の場合は、痛みのある部分を押すと痛みがひどくなったり、間断なく痛みが続くことが多いです。

痛みが続くようなら掛かりつけのお医者様に診てもらうようにしましょう。
ちなみに、あばら骨のひびや骨折の場合、部位や角度によってはレントゲンに写らない事があります。
問診が診断の重要な決め手にもなりますので、痛みが発生した日から遡って約三日前くらいからの行動を思い出し、手帳に書き記しておくと良いでしょう。

引用元-あばら骨の痛み

twitterの反応

 - 健康・病気