カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

肋骨が痛い時の原因は内臓にある?

   

肋骨 痛い 内臓

肋骨が痛いとき、骨の近くが痛いため、骨に原因があるのではないかと思ってしまいます。もちろんその可能性もありますが、実は内蔵に原因があることもあるのです。肋骨が痛いとき、原因によって痛み方や痛む部分が違ってくるようです。肋骨が痛む原因が内蔵にある場合について調べました。

スポンサーリンク

関連記事

足の裏 痛み しこり
足の裏にできた痛みを伴うしこりから考えられる病気とは…

足の裏は「第2の心臓」とも言われており、体の不調が現れやすい場所とされています。
そこで今回は足の裏に痛みを伴うしこりから考えられる病気や対処法について調べてみました。
ぜひ参考にして、それぞれの症状に合った早めの処置を心がけましょう!

鼻 骨折 ギプス
鼻骨折の時のギプスとは?

スポーツで激しくぶつかった時などにも骨折してしまうくらい、 鼻の骨とは意外と骨折しやすいものです。鼻の骨折時に使用するギプスとはどんなものなのでしょう。鼻骨折の時のギプスについて、使い方や種類を調べました。

生理痛 痛み 波
生理痛のつらい痛みの波…この症状どうすればいいの!?

毎月生理痛の痛みに悩ませれる女性は多いようです。その痛みにも波があり、つらい症状を必死に乗り越えている方も…

そこで生理痛による痛みの波を緩和させる方法や予防する方法などを調べてみました。その原因には生活習慣なども関係しているようです。ぜひ参考にしてつらい症状を緩和させましょう!

wpid-2015_09_22_02_18_2.jpg
冷や汗ダラダラ…吐き気や下痢が続く原因は?

冷や汗が出るほどの吐き気や下痢の症状。これは一体どんな病気が影響しているのでしょうか。

冷や汗をともなう吐き気や下痢の症状には様々な病気の影響が考えられます。早めの治療と自分でできる予防法を実践してみましょう。

wpid-2015_10_29_03_19_7.jpg
排卵日前は妊娠しない?妊娠・避妊の正しい知識

排卵日前は妊娠しないと思っている人もいるようですが、実はそれは大きな間違いです。

妊娠を望んでいないのであれば、性交渉を行う際は、しっかりと避妊をするべきです。

まずは妊娠や避妊について正しい知識を持ちましょう。

下痢 原因 食後
突然の腹痛で下痢…原因は一体何?毎食後に起こるなら要注意

ある日の食後、突然我慢できない腹痛がきた!と思ったら下痢をおこしてしまった…。
お腹はとってもデリケートで、食べ過ぎやストレス等に過敏に反応してしまいます。
それが毎食後となると危険信号。潰瘍性大腸炎の疑いもあるので少し注意して症状など把握しておきましょう。

女性 恥骨 痛み
女性特有の恥骨の痛みの原因は?つらい症状スッキリ改善!

女性はいろんな要因から恥骨に痛みを感じることがあります。

恥骨の痛みをそのままにしておくと、様々な病気の原因になったり、歩行に支障をきたしたりすることも…

恥骨の痛みの原因を知り、対処しながらつらい症状を改善していきましょう!

wpid-2015_09_26_03_54_9.jpg
帝王切開で出産!?原因・入院準備・退院まで

帝王切開とは一体どんな流れで出産するのでしょうか?
帝王切開になる原因は様々ですが、入院の準備をしっかり用意し手術に望みましょう。
帝王切開になる原因や入院準備など詳しく調べてみました。

頬 筋肉 腫れ
頬の筋肉が腫れている…何が原因?対処法は

なんだか頬の筋肉が痛い、腫れている気がする…そんな症状が出たらまず何を疑えばいいでしょうか?
頬が腫れているととても目立つし、人目も気になりますよね。
頬の筋肉が腫れてしまう原因には、様々な要因があるようです。
今回は、頬が腫れたときの原因や対処法について調べました。

アキレス腱 手術 麻酔
アキレス腱断裂の手術に使う麻酔は痛い?

アキレス腱断裂はすぐに手術しなければ、と思いますよね。その際不安になるのが手術や麻酔、治り具合など。手術の際は痛いのか?というのが正直一番気になることでもあります。 アキレス腱断裂の手術に使う麻酔は痛いのか、また手術方法について調べました。

22a28e805a3c758a6fd9be8117af7b5a_m
鼻を打撲してしまった…ひどいときは迷わず病院へ!

スポーツをしているときはもちろん、日常生活でも鼻をぶつけてしまうことってありますよね。
鼻の骨はとても薄いので、弱い力でも簡単に折れてしまうことがあるそうです。
ただの打撲だったら安心ですが、もしかしたら骨折の可能性も考えられます。
ひどい打撲の場合は、我慢せずに病院を受診しましょう。
今回は、鼻を打撲した場合の対処方法について調べました。

鍼灸 効果 期間
鍼灸治療の効果が持続する期間はどの位?美と健康のポイント

最近は美容や健康に効果的と鍼灸治療が注目されています。

今まであまり馴染みのなかった鍼灸治療、施術や効果はどのようなものなのでしょうか?

そこで鍼灸治療の効果や持続する期間など、詳しく調べてみました。

心臓 痛み 締め付け
心臓の痛みに締め付け。考えられる病気と詳しい症状について

心臓に痛みや締め付けを感じた時、もしかするとそれは深刻な病気の前兆かもしれません。

症状や病気によっては緊急を要するものや、死に至るケースも考えられます。

そこで心臓の痛みや締め付けを伴う病気について調べてみました。気になる症状があれば早めに病院を受診しましょう。

歯茎 炎症 臭い
歯茎の炎症で口が臭い?その原因と対策は?

歯茎が腫れたり痛みがあると、歯磨きをしても口の臭いが残ります。
口臭って自分ではなかなか気づきにくいものです。しかし、炎症をそのまま放置しておくと、さらに臭いが悪化してしまうことも…。
人と話しているとき、自分の口は臭くないかな?と心配になる方もいると思います。
今回は、歯茎の炎症の原因について、口の臭いのチェック方法や予防法についてまとめました。

1ヶ月 体重 増えすぎ
赤ちゃんの1ヶ月検診!体重の増えすぎは大丈夫?

赤ちゃんの1ヶ月検診。赤ちゃんの成長は楽しみですよね。ただ体重の増えすぎのは気をつけなければいけない事があるようです。
1ヶ月検診で赤ちゃんの体重が増えすぎで発覚する過飲症候群。母乳やミルクの量を調節しながら、赤ちゃんの健やかな成長を見守っていきましょう。

スポンサーリンク

左肋骨の下が痛いのは内臓の疲労が原因の可能性あり!

内臓の疲労が原因
左あばら骨の下の周辺にはたくさんの臓器があります。
この臓器の何か悪影響が起きて、それが痛みとして現れている場合もあるのです。

どのような臓器の疲労が痛みの原因となるのか見ていきましょう!


ストレスや消化不良などにより胃に痛みを感じることが原因となっているのかもしれません。
また、デスクワークなどで長時間猫背のように姿勢が悪くなっていると胃が圧迫されて痛みを感じることがあります。

心臓
心臓の痛みは、様々な心臓病の症状の他、ストレスなどでも起こります。


肋骨と腸はかなり離れているので関係はないと思われがちですが、腸からも影響を与えることがあります。
便秘や消化不良などにより消化物は腸の左側にたまりやすくなります。
これにより周りの臓器が圧迫されたりして、左あばら骨の痛みとしてあらわれるのです。

引用元-左あばら骨の下が痛い!意外な3つの原因とは?

左肋骨の下が痛いのは内蔵疾患が原因の可能性あり!

神経痛が原因
神経の痛みが影響している可能性もあります。
なんらかの影響で神経が圧迫されて、痛みを感じているかもしれません。
この神経が圧迫されてしまう原因としては、

帯状疱疹
内臓の疾患
椎間板ヘルニア

などが考えられています。それぞれについて少し見てみましょう。

帯状疱疹
帯状疱疹で皮膚に症状があらわれた後に神経痛が残ることがよくあります。
これは帯状疱疹のウイルスによって神経がダメージを受けてしまったためです。

内臓の疾患
内臓の腫れなどの疾患により神経が圧迫されて痛みを感じることもあります。
このように内臓自体の痛みだけでなく、周辺の神経を圧迫してしまうことにより左あばら骨の下あたりが痛くなることもあるのです。

椎間板ヘルニア
椎間板というのは背骨と背骨の間をつなぐ軟骨のことです。
椎間板ヘルニアによって椎間板が変形することにより神経を圧迫して痛みを感じることもあります。
この場合は足に痛みやしびれを感じたりことが多いのですが、左側の肋骨のあたりに痛みを感じる場合もあります。

引用元-左あばら骨の下が痛い!意外な3つの原因とは?

右肋骨の下が痛い原因は内蔵にあるかも!?

右の肋骨の下辺りがズキズキ痛む原因
肋骨はあばら骨のことで、肺や心臓など大事な臓器を守るための”重要な骨”です。
その肋骨の右下辺りがズキズキ痛むときには、まずその辺りには何があるか考えてみましょう。
皮膚、筋肉、神経、肋骨、肺、胆のう、肝臓があります。
これらに何か異常があると、右の肋骨の下辺りがズキズキ痛む可能性があるんです。
あなたの痛み方はどうでしょうか?
ズキっと刺し込むように痛くても、数秒から少なくとも1分以内には治まる痛みでしょうか?それともズキズキと長く続く痛みでしょうか?
そしてその痛みは、押すと痛みの強さが増すでしょうか?
数秒で治まる痛みは神経によるもの、断続的な痛みは内臓によるもの、押すと痛みが増すのは骨や筋肉の炎症など整形外科的なものが多いと言われているんです。
痛いときに辛いとは思うのですが、自分の痛みがどれに当てはまるか考えてみるといいかもしれませんね。

引用元-右の肋骨の下辺りがズキズキ痛む症状がある時の原因と病気 | 症状から原因や病気を知り対策を!

右肋骨の下が痛い原因は肺や胆石・胆のうなどの内蔵の病気かも!

胆石・胆のう炎
胆石や胆のう炎は、太っている人、女性、油っこい食べ物が好きな人に起きやすいと言われています。
痛みが強いので救急車で病院へ行く人もいるそうです。
胆石だけなら熱は出ないことが多いですが、胆のう炎になってしまうと”高い熱”が出ます。
内臓の痛みなので、治療をしないと痛みはずっと続きます。
病院に行って絶食、点滴、抗生剤、必要なら胆石を取る治療をします。

急性肝炎
肝臓は本来痛みがなかなか出ない臓器と言われているんですが、食べ物からうつる”A型肝炎ウィルス”や、性交渉でうつる”B型肝炎ウィルス”で急性肝炎を起こしてしまうと痛むことがあります。
でも痛みよりも倦怠感や黄疸の症状で病院に来ることが多いみたいです。
黄疸は、肝臓が悪くなったせいでビリルビンという物質がたまってしまい目や体が黄色くなることです。

引用元-右の肋骨の下辺りがズキズキ痛む症状がある時の原因と病気 | 症状から原因や病気を知り対策を!

肋骨が痛い原因が内蔵にある場合の特徴と治療法!

『あばら骨のまわりの内臓疾患により痛い』という症状です。
呼吸器・心臓・肺などの内臓疾患が原因ですので、その痛みの根源は各部位の疾患により異なります。

特徴
肋間神経痛でもなくあばら骨を強打した覚えもない。でもあばら骨付近の痛みが断続的・間断的に続きます。
風邪を引いたときなどに起こることが多いです。

原因
風邪のウィルスなどによる呼吸器系の炎症がおこることが原因であったりしますが、詳しい原因はそれぞれの疾患により異なります。

治療法
それぞれの疾患により治療法が異なります。
「あばら骨が痛くなる理由が見当たらない」という人は病院で診てもらうようにしましょう。
特に胸に疾患を持っている人などは、その痛みがあばら骨の痛みではなく心臓疾患からくる痛みである場合がありますので、すぐに病院で診てもらいましょう。

引用元-あばら骨の痛み

肋骨が痛い時の原因の見分け方とは

あばら骨は、例え骨折をしても周りの神経を圧迫しない折れ方をしている場合は、そんなに痛まないこともあります。
ヒビが入っていたり骨折していることに本人が気が付いてなかったり、「折れてたんだけどいつのまにか完治していた」ということもあります。
逆に言えば、ひびが入っているのを知らないで無理な動きをしたことで複雑骨折してしまったということもあります。
さらに、一時的な神経痛だと放っておいたが、実は内臓疾患から来る痛みだったということもあります。
見分け方の目安ですが、

■肋間神経痛などの一時的な場合は、その痛みは数秒から数分程度で収まります。
■疾患からくる痛みの場合は、断続的にその痛みが続くことが多いです。
■ヒビや骨折の場合は、痛みのある部分を押すと痛みがひどくなったり、間断なく痛みが続くことが多いです。

痛みが続くようなら掛かりつけのお医者様に診てもらうようにしましょう。
ちなみに、あばら骨のひびや骨折の場合、部位や角度によってはレントゲンに写らない事があります。
問診が診断の重要な決め手にもなりますので、痛みが発生した日から遡って約三日前くらいからの行動を思い出し、手帳に書き記しておくと良いでしょう。

引用元-あばら骨の痛み

twitterの反応

 - 健康・病気