カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

4ヶ月の赤ちゃんの体重が増えすぎた場合の対処法は?

      2016/05/10

4ヶ月 体重 増えすぎ

4ヵ月ごろの赤ちゃんというと体重の増えが落ち着いてくる頃ですが、肉付きが良くなってくることから太りすぎでは、と心配する母親も多いようです。体重がどれくらいだと増えすぎなのか、そしてどう対処するべきなのでしょう。 4ヶ月の赤ちゃんの体重が増えすぎた時の対処法について調べました。   

スポンサーリンク

関連記事

二人目 上の子 ストレス
二人目育児って大変!上の子とのストレスの上手な対処法!

二人目ができると、今までの生活に変化が生まれ、出産後の体の変化や2人育児にママは大変!

小さな事でも上の子にイライラしてしまいストレスを感じている方も多いことでしょう。

しかしストレスをためているのはママだけではありません。上の子の心のケアも重要な時期です。ママ・子供とともに楽しい毎日を過ごせる対策を考えてみましょう。

赤ちゃん 発達 ゆっくり
赤ちゃんの成長発達がゆっくりと感じた時に考えること!

赤ちゃんの成長発達はパパやママにとって最も気になる事の一つです。
赤ちゃんの成長には基準や目安が記されており、赤ちゃんの発達がゆっくりと感じた時に心配になってしまう方も少なくありません。
しかし成長発達には個人差もあり、すべてが以上に繋がっているわけではありません。
子供の成長を温かく見守っていけるように、赤ちゃんの様子をしっかりと見極めましょう。

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-6%e3%83%b6%e6%9c%88-%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88
気になるアレルギー…離乳食は6ヶ月頃スタートがオススメ!

今までは離乳食スタートは5ヶ月頃が良いとされていましたが、最近は6ヶ月頃からスタートさせるママが増えているようです。
その理由の一つに赤ちゃんのアレルギーの問題があり、世界的に見ても6ヶ月頃が推奨されているようです。
赤ちゃんの離乳食スタートをどのように行うべきか、詳しくまとめてみました。
ぜひ参考にして、ママと赤ちゃんのタイミングで始めてみましょう!

妊娠超初期 腰痛 左側
妊娠超初期に生じる腰痛~左側だけ痛い原因と緩和する方法

妊娠超初期には様々な症状が現れ始めます。
その症状の一つに腰痛があります。
もともとあった腰痛が悪化するということもありますが、左側だけ…という片側にだけ痛みを生じる方も多いようです。
そこで今回は妊娠超初期と腰痛について詳しく調べてみました。
ぜひ参考にして、片側に生じる腰痛を改善しましょう。

40度 手足 冷たい
子供が40度を超える高熱で手足が冷たい原因と対処法

子供はよく発熱することがあります。
そして40度という高熱が出ていても、手足だけが冷たいという症状も多々見られるようです。
子供が高熱で手足だけ冷たい場合、どう対処するべきなのでしょうか?
そこで気になる子供の高熱について詳しく調べてみました。

赤ちゃん お菓子 食べない
赤ちゃんがお菓子しか食べないで離乳食を食べてくれません。

あなたの赤ちゃんはお菓子大好きですか? それともお菓子はまったく食べないですか?
離乳食は食べてくれますか?お母さんの悩みは尽きません(/_;)
赤ちゃんにどんなおやつを、いつ、どれほどあげたらいいか考えましょう!

恥骨 痛み 妊娠初期
恥骨の痛みは妊娠初期の症状!原因と痛みを緩和させる方法

妊娠初期には様々なマイナートラブルが現れます。それは妊娠初期症状と呼ばれ、恥骨の痛みもその一つです。

つらい恥骨痛が起こる原因は何なのでしょうか?そこで症状の原因や対処法について調べてみました。

ぜひ参考にして、妊婦生活を快適に過ごせるように役立ててください。

一歳 咳 夜中
一歳の赤ちゃんの咳が夜中だけひどくなる時どうしたらいい?

一歳の赤ちゃんが苦しそうに咳込むとお母さんも辛いですね。
昼間は元気でも夜中だけせき込むと、睡眠不足になってしまいます(/_;) 
どうして夜だけなのでしょうか? 危険な場合もありますか? 
経験者やお医者様から対処法をお聞きしました。ぜひ参考にされてみてください!

出産 入院 化粧
出産入院中の化粧事情!スッピンで乗り切るためのポイント

出産入院中は基本的に化粧はしません。産院によっては化粧自体を禁止しているところもあるようです。

しかし出産後はお見舞い客も多く、写真に残る場面も多いことでしょう。出産後はスッピンで乗り切れるのか?

皆さんの体験談なども参考にしてみましょう!

4%e3%83%b6%e6%9c%88-%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af
生後4ヶ月の赤ちゃんにはどのくらいミルクをあげれば良い?

生後4ヶ月前後の赤ちゃんは、表情が出てきて相手をするのが一段と楽しくなりますよね。
一方、この時期になると健診や散歩などで同じくらいの赤ちゃんを見る機会が増えますが、体重やミルクを飲む量に差が出てきて、比べると気になってしまうかもしれません。
育児経験者には「ミルクを飲ませすぎないように」と言われたり「不機嫌なのはミルクが足りないから」と言われて混乱してしまったり…。
生後4ヶ月くらいの赤ちゃんには一体どのくらいミルクをあげると良いの?今までのように飲まないけど、どうすれば?といったお悩みに対する情報を探してまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%82%a9-%e8%84%b1%e8%87%bc
赤ちゃんがむずかる…肩の動きがおかしい!もしかして脱臼?

元気に遊ぶようになった赤ちゃんの相手をするのは楽しいですよね。
とはいえ、ちょっと方法を間違ってしまうと、 肩を脱臼する危険があるので注意が必要です。
例えば、赤ちゃんが「抱っこ」と手を伸ばしてきた時に、手だけを引っ張って抱っこをする事はありませんか?この動作はちょっと危険なのです。
また、他にも身近な動作で肩を脱臼する危険があるのだとか。
そこで、どんな時に赤ちゃんが肩を脱臼しやすいのか、どんな症状が出るのか等を調べてまとめました。
思い当たるママやパパはこの記事をぜひ読んでくださいね。

二人目妊娠 上の子 抱っこ
二人目妊娠中の上の子の抱っこ問題を乗り越えるポイント!

二人目妊娠中に上の子を抱っこしてもいいのか、迷っているママは多いようです。
ママの妊娠で上の子は精神的にも抱っこを求めてくることが多くなるようです。
そこで上の子の抱っこ問題についてまとめてみました。上の子とママが楽しくスキンシップできるように考えてみましょう!

胎児 心臓 検査
妊娠期間中に行う胎児の心臓の検査ってどんなもの?

病院の検査で妊娠したことが分かると、お腹の中の赤ちゃん「胎児」が元気に育っているかどうか定期的に検査することになります。
出産前に行う検査を総評して「出生前診断」といいますが、そのうちの胎児の心臓に関する検査について詳しくみていきます。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e8%b6%b3%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズの正しい測り方や靴の選び方

赤ちゃんがあんよを始めたら、シューズデビューはすぐ目の前!
お外での大切な一歩は、赤ちゃんの足のサイズに合ったものを選びたいですよね。
今回は、足のサイズの測り方や、靴の選び方などについて調べてみました。

7ヶ月 ストロー 練習
生後7ヶ月の赤ちゃんのストロー練習を上達させるポイント

生後7ヶ月頃の赤ちゃんは離乳食も進み、日に日に成長を感じる頃でしょう。
そして生後7ヶ月と言えばストロー練習を始めるピッタリの時期です。
ストローを使えるようになると赤ちゃんにもママにも嬉しいことがたくさん!ぜひストロー練習を始めてみましょう!

スポンサーリンク

4ヶ月の赤ちゃんの体重が増えすぎた場合は?

4ヶ月の赤ちゃんの体重
生後4ヶ月の体重は5.8kg~9kgが目安です。
男の子と女の子でも少し差はありますが、身長とのバランスや授乳量で健康を確認してください。
生後4ヶ月になると赤ちゃんもたくさん動くようになるので、体重の増加がゆるやかになります。

引用元-【生後4ヶ月】あなたの赤ちゃんの体重は増えすぎ?減りすぎ? | KURASHIRU [クラシル]

赤ちゃんの体重が増えすぎている場合
生後4カ月で9kgを超えている場合、とくに心配はいりません。
2、3歳から始まる肥満とは違って、1歳までの肥満はメタボリックシンドロームなどの病的な状態につながることはないことがわかっているからです。
4、5ヵ月で9kgを超えるような体重があっても、6ヵ月を過ぎる頃から体重の増え方が少なくなり、1歳頃には標準の中に入ってくることがほとんどです。
まれなことですが、身長の伸びが悪いのに体重だけがどんどん増えるというときには、隠れた病気が見つかることもありますので念のためかかりつけの小児科医に相談しておくとよいでしょう。

引用元-【生後4ヶ月】あなたの赤ちゃんの体重は増えすぎ?減りすぎ? | KURASHIRU [クラシル]

逆に4ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない場合は?

赤ちゃんの体重が増えない場合
生後3ヶ月までは1ヶ月に1000gのペースで体重が増えますが、4ヶ月ごろになると赤ちゃんも動くようになるので体重の増えが1ヵ月で約600g程度になります。
このことは母子手帳にある成長曲線のグラフを見ても分かります。
ですので体重の増加がゆるやかになるのは特に問題ありませんが全く増えないという場合は次のことに注意してみてください。

母乳不足
授乳に時間がかかる、授乳間隔が短く夜も頻繁に起きる、便の回数が極端に減るなどの様子が見られたら母乳が不足している可能性があります。
母乳不足に関しては、授乳前後の赤ちゃんの体重を測って比較すれば、おおよその母乳の量が分かるので判断できます。

赤ちゃんの病気
赤ちゃんの全身の状態(機嫌、泣き声、睡眠など)、体温、呼吸状態、嘔吐の有無、便の回数や性状、尿の回数などに気をつける必要がありますが、まずは小児科医の診察を受けることが必要です。
ウイルスによる胃腸炎にかかり嘔吐や下痢があると、一時的にかなり体重が減ることもあります。 検査を受けて調べてもらうと安心です。

引用元-【生後4ヶ月】あなたの赤ちゃんの体重は増えすぎ?減りすぎ? | KURASHIRU [クラシル]

4ヶ月ごろの赤ちゃんの体重は増え方がそれまでに比べてスローダウンする!

体重
体型は赤ちゃんらしくふっくらしてきますが、体重増加は以前よりスローペースになります。
でも心配はありません。急激に体重が増えるのは生後3ヵ月まで。その後はゆるやかになるのがふつうです。
体重増加が著しい赤ちゃんの場合、反対に「太りすぎ?」と心配するママもいます。
でもこの時期は体重と同時に身長も必ず増えていますし、太りすぎということはまずありません。

体の機能
4~5ヵ月にかけての時期、ほとんどの赤ちゃんの首がすわってきます。
腹ばいの姿勢にすると、前に手をついて首を自分で持ち上げたりなどもします。
「抱くのが怖い」と感じていたパパも、この時期になれば安心でしょう。
よだれが多くなってきて、気がつくと服がびしょびしょ、という子も出てきます。
これは唾液腺が発達してきたからです。順調に育っているということですから、心配しないでください。

心の発達
心の発達にも目覚しいものがあります。
ママやパパがあやすと、にっこり笑ったり、キャッキャッと声を出して喜んだりします。
「うー」「うっくん」といった「喃語(なんご)」もますます盛んになり、表情も豊かになります。
また、音のするものや目の前のおもちゃなどに興味を持ち、自分から手を伸ばすなども始まります。

授乳のタイミング
母乳だけの赤ちゃんは「欲しがるときに、おっぱいをあげる」を本格的に卒業です。
時間をある程度決めて、少しずつ間隔をあけていくようにしてみましょう。4時間おきくらい、1日5~6回が目安です。

引用元-4ヵ月の赤ちゃん|明治が提供する育児情報サイト[ほほえみクラブ]

4ヶ月の赤ちゃんの体重が増えすぎと注意されました!

生後4か月の女の子です。
出生時体重3,540g、身長49.7cmでした。先日、4か月健診で身長・体重を測定したところ、身長66.8cm、体重9,300gもあって、保健師さんに叱られてしまいました。

引用元-赤ちゃん&子育てインフォ|インターネット相談室 【発育・発達】Q&A

生後4か月で9kgを超えているのでは、体重が多過ぎるといわれても仕方ないかもしれません。
母子健康手帳の発育曲線を見ると、97パーセンタイル(同じ月齢の乳児100人を較べたときに重い方から3番目の体重)を大きく上回っています。 66.8cmの身長に見合う体重は7,500~8,000gですから、かなり太っているということになります。
しかし、心配はいりません。
2、3歳から始まる肥満とは違って、1歳までの肥満はメタボリックシンドロームなどの病的な状態につながることはないことがわかっているからです。
ご相談のように、4、5か月で9kgを超えるような体重があっても、6か月を過ぎる頃から体重の増え方が少なくなり、1歳頃には標準の中に入ってくることがほとんどなのです。

引用元-赤ちゃん&子育てインフォ|インターネット相談室 【発育・発達】Q&A

4ヶ月の赤ちゃんの体重が増えすぎても運動不足は心配しなくても良い!

小さな赤ちゃんは満腹感が十分に発達しておらず、あげればあげるだけ飲んでしまうことがよくあります。
抱っこして遊んであげる、散歩に行く、などで気を紛らせてあげればミルクは与えずにすむはずですので、母乳だけでがんばってみてはいかがでしょうか。
もうすぐ離乳食の時期ですが、離乳食は普通に始めてかまいません。
野菜を多くして糖分を与え過ぎないということだけ注意してください。
まだ生後4か月ですから運動不足を心配する必要はないでしょう。
そろそろ寝返りをする頃ですが、体重の多い赤ちゃんは身体を動かすのが不得意で、運動不足に見えることがあるかもしれません。
しかし、これが運動不足ということではありません。
スキンシップを十分にして、赤ちゃんが自分から動こうとする意欲を引き出してあげてください。
8~10か月になってハイハイや伝い歩きが始まると、体型がほっそりしてくることはよく経験されます。
まれなことですが、身長の伸びが悪いのに体重だけがどんどん増えるというときには、隠れた病気が見つかることもあります。
かかりつけの小児科医に、何かの折に相談しておくとよいでしょう。

引用元-赤ちゃん&子育てインフォ|インターネット相談室 【発育・発達】Q&A

twitterの反応

 - 出産・子育て