カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

胃の検査を受ける年齢は?健康維持のために適切な検診を!

      2016/05/14

胃 検査 年齢

会社に勤めている方は1年に1度の健康診断が義務付けられています。
しかし胃の検査に関しては、ある一定の年齢になってからの追加検査という形が定例となっています。
そこで病気を未然に防ぐために、実際には何歳から胃の検査を受けるべきなのか調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

動悸 息苦しい 手の震え
突然の動悸。息苦しい、手の震えから考えられる病気と対処法

突然の動悸。息苦しい、手の震えを感じたことはありませんか?
その症状はもしかすると何らかの病気が関係している可能性もあるようです。
そこで気になる症状から考えられる病気と対処法について調べてみました。

耳 違和感 ぼわ
耳に違和感があり、ぼわーんとした時の原因と対処法とは!

本風邪気味の時や、飛行機に乗った時、耳がぼわーんとすることがあります。
そんな時はどうすると耳の違和感がとれるのでしょう。また、突然耳に違和感をおぼえぼわーんとしはじめた時は、どんな病気の可能性があるのでしょう。
耳に違和感があり、ぼわーんとした時に考えられる原因とその対処法について調べました。

花粉 目 痙攣
花粉症で目が痙攣するってホント?

花粉症の時に目が痙攣することってありますか?
目の痙攣を予防する方法はありますか?原因は何なんでしょうか?
目の痙攣は花粉症でない場合もあるようです。
病院に行く前に経験者や専門家から情報を調べてみました。

帯状疱疹 症状 眼
帯状疱疹の症状が眼に!?危険な眼部帯状疱疹とは…

帯状疱疹の症状が眼にも現れることを知っていますか?
それは「眼部帯状疱疹」という病気で、症状によっては重症化してしまうことも…
「眼部帯状疱疹」は早めの処置や予防も大切です。そこで「眼部帯状疱疹」について詳しくまとめてみました。ぜひ参考にして、目の健康を守りましょう!

wpid-2015_09_22_02_18_4.jpg
切迫早産で入院!気をつけたい生活や食事の注意点

切迫早産で入院する場合は、病院の指示に従い安静に過ごしましょう。

また食事面でも予防してくれる食材を摂取してみましょう。

切迫早産で入院を余儀なくされてしまった時、どんなことに気をつけて過ごすのか、生活や食事についてまとめてみました。

鍼灸 効果 期間
鍼灸治療の効果が持続する期間はどの位?美と健康のポイント

最近は美容や健康に効果的と鍼灸治療が注目されています。

今まであまり馴染みのなかった鍼灸治療、施術や効果はどのようなものなのでしょうか?

そこで鍼灸治療の効果や持続する期間など、詳しく調べてみました。

全身麻酔 吐き気 原因
全身麻酔で吐き気!原因は何?知っておきたい麻酔のお話!

手術の後に激しい吐き気が襲うことがあります。その原因の一つに全身麻酔の使用が考えられます。

手術を受ける時には当たり前のように使用する麻酔には、術後に様々な症状が出ることがあるそうです。

そこで全身麻酔による吐き気の原因やその他の症状など詳しく調べてみました。

ガン 末期 余命数日
ガン末期で余命数日…後悔しない為のガンに対する知識と準備

ガンの末期患者になると、余命数日と宣告されてしまうこともあるようです。
残された数日をどのように過ごすべきか、自分や家族がその時を迎える時に後悔しない為に必要なことは何か。
ガン末期患者に残された最期の数日についてまとめてみました。

右 背中 痛み
右側の背中に痛みが!湿布を貼ればOK?ちょっと待って!

仕事や勉強の後、ふと気づく右側の背中の痛み。またか、湿布貼っとこー…ってちょっと待って下さい!
実は右側の背中の痛みには、幾つか原因があるんです。
段々痛くなっているような気がする、そもそも何もしていないのに痛い、そんなあなたもぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

鼻 骨折 ギプス
鼻骨折の時のギプスとは?

スポーツで激しくぶつかった時などにも骨折してしまうくらい、 鼻の骨とは意外と骨折しやすいものです。鼻の骨折時に使用するギプスとはどんなものなのでしょう。鼻骨折の時のギプスについて、使い方や種類を調べました。

足 関節 指
足の関節や指にできる「ガングリオン」の対処法について…

足の関節や指にできる腫瘍「ガングリオン」をご存知ですか?
外反母趾とも症状が似ている「ガングリオン」について詳しくまとめてみました。
足に当てはまる違和感や不快な症状を感じた時は、ぜひ参考にして早めに対処しましょう。

寝起き 耳 違和感
寝起きだけ耳に違和感があるのです。どうしてでしょう?

最近、寝起きに耳の違和感がある。でも2,3時間経つと治ってることがあったりもする。
耳に違和感を感じることありませんか?
病院に行った方がいいのか?様子を見ててもいいのか。
経験者からいろいろと聞いてみましょう!

耳 音がする 脈
耳から音がする…脈打つ耳鳴りの原因と知っておくべき危険性

耳から脈打つような音がすることはありませんか?
その耳鳴りは病気が原因となっている可能性があります。中には命をも脅かす病気の可能性もあるようです。
そこで脈打つ耳鳴りの原因や対処法などをまとめてみました。ぜひ早めの対処を心がけましょう!

腰の痛み 原因 脳性マヒ
腰の痛みの原因は脳性マヒによる二次障害の可能性

出産前~出産後1年間に脳のある部分が損傷を受けることによって起こる脳性マヒ。
成人になり、たいてい二次障害を発症するという。腰の痛みの原因とは?
脳性マヒの障害を得て二次障害を発症している人たちの腰の痛みの原因を調べました。

鼻 打撲 腫れ
鼻の打撲で腫れ…鼻骨折の可能性も!気になるその後の処置

鼻や頭部の打撲で腫れが生じた時、もしかすると鼻骨折の可能性もあります。
鼻や頭部の打撲は骨の異常以外にも様々な問題も考えられます。症状の悪化を防ぐためにも、早めの処置が重要です。
そこで鼻の打撲・腫れについて詳しくまとめてみました。もしもの時はぜひ参考にして、早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

胃の検査はいつから?年齢で見る病気リスクと受けるべき項目

■ 30代の検査項目
・ 空腹時血糖値
・ 血中脂質
・ 胃や十二指腸の状態
・ r-GTP(肝臓や腎臓の状態を見る数値)
30代は生活習慣病のリスクが拡大する年代なので、これらの検査項目は必ず選ぶようにして下さい。ここまでが基礎検診です。
・ 上部消化管X線検査
・ 腹部超音波検査
上部消化管X線検査ではバリウムを飲んで消化管に行き渡らせ、撮影します。

■ 40代の検査項目
・ 腹部超音波検査
・ 基礎検診の空腹時血糖値、血中一室、r-GTPに注意を払うこと
・ 上部消化管X線検査
・ 便潜血検査
40代に入ると30代よりさらに糖尿病リスクが上昇します。
糖尿病は慢性疾患として長期療養と悪化が予期される病気なので、発病以前の予防に力を注ぐことをおすすめします。

■ 50代の検査項目
・ 基礎検診で血糖値や肝機能および血中脂質に注意
・ 腹部超音波検診で肝臓、胆のう、前立腺に注意のこと
・ ホルタ―型心電図検査
・ 負荷心電図検査
50代になると生活習慣病に並んで心疾患のリスクが増大します。自覚症状のあるなしに関わらず心電図検査を受けるようにしましょう。

■ 60代の検査項目
・ CT検査(胸部)
・ 基礎検診で血糖値や肝機能値、血中脂質に注意のこと
・ MRI検査+PET検査+腫瘍マーカー(PSA)
60代に入ると成人病、悪性新生物などあらゆる病気のリスクがうなぎ上りになります。総合的に全身を細かく診察していかなければならないので、脳から各部位のがんまでまとめてチェックできる全身のスクリーニングを必ず組み込んで下さい。

引用元-人間ドックで受けておきたい検査項目は年齢によって変わる!?

胃カメラの検査をするべき年齢は?

気になるのが胃カメラ検査を受ける事ができる年齢についてですが、基本的には制限はありません。
時には乳児だろうと受ける事ができますので、どなたでも検査を受けられます。
その為、病状が悪化してしまう前に受けておきたい検査と言えますが、胃カメラ検査を受ける際には利用先をよく吟味した方が良いと言えます。
胃カメラ検査を受けられる病院は数多くありますが、やはりそれぞれの病院によって技術力が異なっています。
技術力の低い病院ですと、時には辛い検査になってしまう恐れもあります。
反対に技術のある病院ですと、すんなりと検査を終える事ができます。

引用元-胃カメラ検査を受診できる年齢は? – 人間ドックの予約ならマーソ

若い時よりも年齢を重ねていくに従って、がんが発生する危険性は高まります。
平均的には、会社の健康診断では35歳から胃の検査が含まれてきます。
35歳で一度胃カメラ検査をして問題がなければ、次の検査は40歳から、という会社が多い。
ただ、35才というのはあくまでも平均的な数値であって、早い人は20才から胃カメラを飲んでいる人もいますし、逆に50才でも「まだ一度も飲んだことがない」という人もいます。
実際には35才よりも若くして胃がんになっている人もいます。
ですので、自分の親、兄弟、親戚で35歳以下で胃がんになってしまった方がいる場合は、早い段階での胃カメラ検査をおすすめします。

引用元-健康診断で胃カメラを飲むのは何歳から?鼻からが楽?毎年必要? | お役立ちネット情報

胃のバリウム検査をするべき年齢は?

バリウム検査(X線・レントゲン)
胃の形や影などを見るために行います。
X線はそのままだと胃を透過してしまうので、X線を通さないバリウム(造影剤)を飲んでから撮影します。
胃潰瘍や胃がんの検査では、さらに胃を空気や炭酸ガスでふくらませて黒く写る部分を作り、白く写るバリウムとのコントラストで細かな病変を写し出す「二重造影法」が用いられます。

引用元-バリウム検査(X線・レントゲン)|胃のサイエンス

何歳からバリウムを飲むか
「30歳からバリウム検査でさー、俺もとうとうバリウムデビューだったよ」
「え? 俺そんな話聞いてないけど??」
って会話を、昔友人とした記憶があります。
バリウム検査は一般的に30代から始まるようですが、会社単位で健康診断を受ける場合、会社によって30歳からだったり35歳からだったりと差があるようです。
一律、何歳からバリウム検査をする、という基準はないようですね。
なので、正確なところが知りたい方は、会社や会社が加入している組合などに確認するのがいいでしょう。

引用元-バリウムの味はまずい? 味の種類は? 飲み方にコツなどはあるの? | サク読み! 情報サイト

胃がん検査の推奨年齢が50歳に引き上げへ!

市区町村が実施する胃がん検診の対象年齢が、40歳以上から50歳以上に引き上げられる見通しになった。
バリウムを飲むX線検査に加え、内視鏡検査を導入し、検診間隔も1年に1回から2年に1回になる。厚生労働省の専門家検討会で30日、了承された。
検討会に提出された報告書案では、40代の胃がんの罹患(りかん)率が1990年に比べ、半減していることなどが示された。
国立がん研究センターが4月に公表したガイドラインは、胃がんの内視鏡検査の対象は50歳以上がのぞましく、受ける間隔は「2~3年に1回とすることが可能」としており、X線検査についても、50歳以上に引き上げても問題ないとの意見でまとまった。

引用元-胃がん検診、50歳以上に引き上げへ 早ければ来春にも:朝日新聞デジタル

国立がん研究センターは20日、胃がん検診として、推奨していたエックス線検査に加え、新たに内視鏡を使った検査も推奨するとのガイドライン(指針)を公表した。
胃がんによる死亡率を減らすとの科学的な証拠が得られたため。
また、現在は40歳以上にエックス線検査を行う方法が標準的だが、エックス線、内視鏡とも50歳以上が望ましいとした。
指針は10年前に作ったが、内視鏡による検査により、新潟県と鳥取県で行われた研究では30%、韓国からの報告では57%、それぞれ死亡率が下がることが最近分かり、改定した。
内視鏡検査は2~3年に1度受けることが望ましいとした。

引用元-胃がん検診、X線と内視鏡で 50歳以上に推奨  :日本経済新聞

年齢にかかわらず1年に1度は健康診断に!

今まで大きな病気をした経験が全くないから、これからも病気に罹る事は絶対にあり得ないという自信に満ち溢れている方もいますが、決して過信してはいけません。
現在のところは特に大きな病気を抱えていなくても、ひょっとしたら何らかの病気が潜んでいるかもしれません。
どんな病気も必ずしも自覚症状が出るものではなく、何らかの症状が起こって気がついた時にはかなり進行していたという事例が少なくありません。
既に自覚症状がある方はもちろんですが、全く自覚症状がない方でも異常が見つかれば病気のリスクを指摘してもらえるのが健康診断です。
健康診断を軽視せずに、必ず一年に一度は受けるように心がけてください。

引用元-健康診断の重要性 | 予防医学のすすめ

一年に一回でも健康診断を受けることで病気の早期発見できるのが大きなメリットになります。
自分では気がつかない病気を健康診断から得られた結果から判断できる場合が多いです。
早く病気を発見できるほど悪化を食い止めることができるため、体に大きな負担を与えずに早期回復が期待できます。
病気が進行しているほど治療に時間がかかり、高額な治療費も必要になります。
場合によっては仕事ができなくなるほど体調が悪化する方もいるため、健康診断の結果は決して楽観視してはいけません。
健康診断で特に大きな問題が見つからなかった方も、ひょっとしたら来年は異常が見つかるかもしれないと肝に銘じて規則正しい生活を送るようにしてください。

引用元-健康診断の重要性 | 予防医学のすすめ

 - 健康・病気