カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

ガン末期で余命数日…後悔しない為のガンに対する知識と準備

   

ガン 末期 余命数日

ガンの末期患者になると、余命数日と宣告されてしまうこともあるようです。
残された数日をどのように過ごすべきか、自分や家族がその時を迎える時に後悔しない為に必要なことは何か。
ガン末期患者に残された最期の数日についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事

心臓 痛み ズキズキ
心臓の痛み…ズキズキが続くときに考えられる原因と対策

心臓からズキズキとした痛みが続く…その原因は大きな病気が関係している可能性があります。
痛みを放置しておくと、原因によっては症状の悪化、または死に至るケースもあるようです。
気になる症状が現れたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

腕 打撲 湿布
腕の打撲に湿布がおすすめ!効果的に使用するポイント

腕を打撲した時に、痛みや症状の緩和のために湿布を使用する方も多いことでしょう。

いつも何気なく使用している湿布にも、効果的な種類や貼り方などがあることをご存知ですか?

そこで腕の打撲に効果的な湿布の使用法についてまとめてみました。早期改善のためにもぜひ参考にしてください。

mri-examination-amount
『MRI』って・・・何?検査の金額はどれくらいかかるの?

MRI検査って、聞いたことはあるけど・・・どんな検査なの?
金額も「高い」ってイメージ。保険は適用になるの??
詳しく調べてみました。

産後の生理 量が少ない
産後の生理の量が少ない!もしかして無排卵月経かも!?

産後の生理の量が少ないと感じるママは多いようです。その変化は無排卵月経の可能性があります。

その原因には産後ならではの影響が関わっています。どんなことが原因で起こるのでしょうか。

原因や症状、また改善するためのポイントなど詳しく調べてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_5.jpg
時々心臓がドキドキするのはなぜ?

時々、心臓がドキドキして心配になったことありますよね?

緊張したり運動したりなど、理由がはっきりしている時は、それほど気になりませんが、ふとした時に心臓がドキドキすると心配ですよね。

なぜ、動悸が起こるのか(心臓がドキドキするのか)について調べました。

wpid-2015_09_26_03_54_9.jpg
帝王切開で出産!?原因・入院準備・退院まで

帝王切開とは一体どんな流れで出産するのでしょうか?
帝王切開になる原因は様々ですが、入院の準備をしっかり用意し手術に望みましょう。
帝王切開になる原因や入院準備など詳しく調べてみました。

wpid-2015_09_20_02_04_2.jpg
低血圧ってどんな症状?息苦しいのもそのせいなの?

高血圧のことはよく聞きますが、低血圧はどんな症状があるのでしょうか?

規則正しい生活習慣を心がけ、低血圧を改善し、不快な息苦しい症状などを起こらないようにしましょう。

たまにおこる息苦しい感じも低血圧が関係しているようです。くわしく調べてみました。

中指 薬指 痛い
中指と薬指が痛い…気になる手根管症候群の原因と治療法!

中指と薬指の付け根が痛いと感じたことはありませんか?
その痛みの原因はもしかすると「手根管症候群」かもしれません。
あまり聞きなれない「手根管症候群」ですが、意外と多くの人が患う病気の一つです。
「手根管症候群」とはどんな病気なのか詳しく調べてみました。

1ヶ月 体重 増えすぎ
赤ちゃんの1ヶ月検診!体重の増えすぎは大丈夫?

赤ちゃんの1ヶ月検診。赤ちゃんの成長は楽しみですよね。ただ体重の増えすぎのは気をつけなければいけない事があるようです。
1ヶ月検診で赤ちゃんの体重が増えすぎで発覚する過飲症候群。母乳やミルクの量を調節しながら、赤ちゃんの健やかな成長を見守っていきましょう。

歯茎 顎 痛み
歯茎が痛い、顎の痛みも…もしかして顎関節症?

急激に症状が現れる歯茎や顎の痛み。歯茎と思っていたら奥歯が痛みの原因だったり、
痛みの原因がどこだかはっきりしないことが多いのです。
ここでは、歯茎や顎の痛みを軽減させる方法や痛みの原因など紹介します。

ガン 末期 幻覚
ガン末期の患者が見る「幻覚」とはいったい何か

ガン末期の患者本人や家族は、残された人生をいかに穏やかに過ごすことができるかを大きな目標とします。
亡くなった私の父も、胃がんが肝臓に転移し、末期を宣告された後は、父が穏やかに過ごせるようにと家族で考える日々でした。
そんな思いやわずかな希望の障害にもなりうる「幻覚」。一体この幻覚とは何なのでしょうか。

316f78b9a947d50d1a80373a6f1192e5_m
脳出血の麻痺のリハビリ!正しい知識で家族で取り組む重要性

命をも脅かす脳出血。一命を取りとめたのも束の間、体には麻痺が残ってしまうことも…

麻痺の改善にはリハビリが重要になります。日々の生活にリハビリを取り入れることで、かなりの改善が期待できるようです。

そこで家族が協力してリハビリに取り組めるように、麻痺やリハビリのポイントについてまとめてみました。

足の裏 痛み しこり
足の裏にできた痛みを伴うしこりから考えられる病気とは…

足の裏は「第2の心臓」とも言われており、体の不調が現れやすい場所とされています。
そこで今回は足の裏に痛みを伴うしこりから考えられる病気や対処法について調べてみました。
ぜひ参考にして、それぞれの症状に合った早めの処置を心がけましょう!

避妊 方法 昔
避妊の方法!昔はどうだったの?

今も昔も男女の関係は変わりません。しかし今と違い、避妊の難しかった時代はどうしていたのでしょうか?江戸時代から現在までの避妊方法を、詳しく調べてみました。様変わりする避妊方法を時代をおって見ていきましょう。

生理痛 痛み 波
生理痛のつらい痛みの波…この症状どうすればいいの!?

毎月生理痛の痛みに悩ませれる女性は多いようです。その痛みにも波があり、つらい症状を必死に乗り越えている方も…

そこで生理痛による痛みの波を緩和させる方法や予防する方法などを調べてみました。その原因には生活習慣なども関係しているようです。ぜひ参考にしてつらい症状を緩和させましょう!

スポンサーリンク

ガン末期で余命数日!?余命予測の方法

分りやすい余命判断としては食事が取れなくなったら、一ヶ月以内にお別れとなる可能性が高いです。
自分でトイレに行くことができなくなったら数週間以内にお別れとなる可能性が高いでしょう。
頭の機能が落ちてゆくと意識レベルがゆっくり低下してゆきます。

引用元-ガンの死に方~悪液質を抑え終末期を楽に過ごそう

余命一ヶ月を過ぎるとゆっくりと頭の機能が低下してゆくことを経験するでしょう
この頭の機能の低下こそが余命を客観的に判断する指針となります。
急に頼りなくなったり新聞が読めなくなったら余命は3週間程度でしょう
わけのわからない発言が多くなったら余命は2週間程度でしょう
本来見えないものが見えるようになったら余命は1週間程度でしょう
寝てばかりいるようになったり、声をかけないと目を開けなくなったら余命は数日でしょう
他にも余命を判断する要素はいろいろありますが、意識の程度が一番分りやすいと思います。

引用元-ガンの死に方~悪液質を抑え終末期を楽に過ごそう

余命数日のガン末期患者の症状

余命日単位(余命数日以内)

・苦痛症状が一番強くなる。特に全身倦怠感が強くなり、身の置き所のないような表現を取ることが多い。
また痛いと訴えるが局在がはっきりとせず、身の置き所のなさが「痛い」という表現を取っていることがしばしば認められる。
これらの苦痛症状はステロイド投与でも、緩和されない。
余命24時間前付近が、苦痛が最大となる時間帯であり、鎮静(最低限間欠的なものでも)を考慮すべき時間帯である。
せわしなく体を動かされたり、足が重だるく感じて看護者が動かすのを希望されたりというような表現も目立つ。
・ADLの障害は顕著である。ベッド上から動くことは難しく、また動けないのにトイレへ行こうとして苦しまれることもある。
・表情は一般的に苦悶状。眉間にしわが寄っている。
・寝ているか、あるいは身の置き所のなさ・全身倦怠感で苦しまれるか、というどちらかの状態。
・意思の疎通は通常困難となってくる。せん妄・混乱の頻度も高くなる。
・急変も起こりやすいので、看取りに居合わせたい家族はなるべくそばにいたほうが良い。

引用元-がん終末期予後判断指針(大津版)|大津秀一 オフィシャルブログ 「医療の一隅と、人の生を照らす」 Powered by Ameba

ガン末期で余命数日…何を基準に算定しているのか?

余命は何を基準に判断しているか
1年、あるいは半年という余命の長さは、「同じ状態の人がどのくらい生存できたか」という統計をもとに医師が判断しています。
「生存期間中央値」といって、同じ状態のがん患者の集団において半数の人が生存している期間が「余命」になります。

引用元-末期がんの余命は何を基準に判断している?~がんのステージ~[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

余命はあくまでも「予想」
余命を大きく超えて生きる人もいます。
これは、余命が「平均値」から予測したものに過ぎないからです。
特にブレが大きいのは、年単位の余命を宣告された場合です。1~2年の余命といわれたのに、さらに数年も生存できた人もいます。
ただ、余命が半月や数週間、あるいは「ここ数日が山場です」というようなケースでは、ほぼ医師の言うとおりになるようです。
医師は呼吸状態や血圧、脈拍、尿量などから判断し、ごく短期間のうちに重大な変化があると予測しています。
そのような切迫した病状の場合は、やはり持ち直すのが難しいといえるでしょう。

引用元-末期がんの余命は何を基準に判断している?~がんのステージ~[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

ガン末期で自宅で亡くなった余命数日の患者「生存期間が長かった」

近年、がん患者や家族にとって亡くなる過程の医療やケアの質を評価する「Quality of death(終末期医療)」の重要性が注目されている。
筑波大の浜野淳講師と神戸大の山口崇特定助教のグループは、国内58カ所の医療期間の緩和ケア病棟に入院したり、在宅緩和ケアを受けたがん患者2426人を対象に2012年9月~2014年4月にかけて調査を実施。
調査では、がんの転移や体重減少など進行具合に応じて、患者の余命を日数単位、週単位、月単位の3グループに分けて、自宅で亡くなった患者と病院で亡くなった患者の生存日数を比較した。
その結果、余命が日単位、週単位と見込まれる患者については、自宅でなくなった患者グループの方が、生存日数が平均して4日から7日間長かったことがわかった。一方、余命数カ月の患者では亡くなる場所で生存期間に大きな違いは確認されなかったという。
また、自宅で亡くなった患者は、亡くなる3日以内に行った点滴と抗生物質の投与の回数が、病院で亡くなった患者より明らかに少なかったこともわかった。

引用元-がん末期 自宅で亡くなった患者「生存期間が長かった」 2400人を調査 – エキサイトニュース

ガン末期で余命数日…余命宣告は必要?

「癌に罹患したときに、患者本人やその家族にとって、予後を理解するということは非常に大切なことであり、特に癌が進行し、その後の治療をどのようにおこなっていくか、また療養する場所の選択についての、患者やその家族の意思決定過程の際に必要不可欠な要素となる。
残された時間の使い方、家族などの大切な人たちとの過ごし方について考えることも含め、気持ちの準備をするためにも必要な情報である。」
上記の文面は『精神腫瘍学クイックリファレンス』(小川朝生・内富庸介編集、創造出版)の”予後の評価”という項で述べられている文章を一部抜粋したものである。
癌患者さんにとって予後を知ることは非常に重要なのだが、それを知るべきかどうかという命題については言及していない。
2007年の論文で興味深い報告があるが、余命について医師から具体的に教えてほしい患者さんは全体の40%、聞きたくない患者さんは10~20%と言われている。
すなわち、患者さんの全員が余命の告知を希望しているわけではない

引用元-癌患者さんに余命を伝えるべきか : 呼吸器内科医

 - 健康・病気