カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

低血圧ってどんな症状?息苦しいのもそのせいなの?

   

wpid-2015_09_20_02_04_2.jpg

高血圧のことはよく聞きますが、低血圧はどんな症状があるのでしょうか?

規則正しい生活習慣を心がけ、低血圧を改善し、不快な息苦しい症状などを起こらないようにしましょう。

たまにおこる息苦しい感じも低血圧が関係しているようです。くわしく調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

熱中症 手足 冷たい
熱中症で手足が冷たいという症状が出ることがありますか?

熱中症なのに手足が冷たい!これは危険な兆候かもしれません。“隠れ熱中症”かもしれません。
どうして熱中症で手足が冷たくなるのでしょうか?お子さんがそうなったらどうしたらよいでしょうか?
様々な情報を得てしっかり対処し、夏を乗り越えましょう(*^^)v

産後の生理 量が少ない
産後の生理の量が少ない!もしかして無排卵月経かも!?

産後の生理の量が少ないと感じるママは多いようです。その変化は無排卵月経の可能性があります。

その原因には産後ならではの影響が関わっています。どんなことが原因で起こるのでしょうか。

原因や症状、また改善するためのポイントなど詳しく調べてみました。

蕁麻疹 原因 かゆくない
蕁麻疹の原因は何? かゆくない蕁麻疹ってあるの?

蕁麻疹の原因や症状は様々です。蕁麻疹と言えば、痒みを伴うイメージがありますが、蕁麻疹の中にはかゆくないものもあるようです。痒みをともわない蕁麻疹とはいったいどんなものなのか、痒くない蕁麻疹を詳しく調べてみました。

b8b0e0c62ccddba6b8464fb2c1d39134_m
足の小指を骨折!?痛みの原因や対策について知っておこう!

足の小指を家具や家の角で強打!激しい痛みに悶絶した経験のある方も多いことでしょう。

実はその激しい痛みは、骨折をしている可能性もあるのです。

そのまま放っておくと大変な事になってしまう可能性も…。同じ経験を繰り返さないためにも是非参考にしてください。

耳 違和感 ポコポコ
耳に違和感…ポコポコと音がする原因と改善方法について

耳に違和感を感じ、耳の奥からポコポコと音がしたことはありませんか?
その耳の奥から音がする原因は様々あり、原因によっては耳の健康に大きく影響することもあるようです。
そこでその「ポコポコ」音が鳴ることから考えられる5つの原因についてまとめてみました。

赤ちゃん 音楽 音量
赤ちゃんに与える音や音楽の効果!音量には要注意!

赤ちゃんに様々な音や音楽を聞かせることは、赤ちゃんの刺激になり良い影響を与えることもあります。

しかし音量や音によっては、赤ちゃんにとって良くない影響を与えてしまうことになりかねません。

赤ちゃんの健やかな成長のためにも、ぜひ参考にしてみてください。

c53bd983b81c3af516511452f0b07eb4_m
反回神経麻痺ってどんな病気?リハビリが改善のカギになる!

反回神経麻痺という病気を知っていますか?この病気の改善にはリハビリが重要になるようです。

様々な病気の後遺症としてもあげられる、反回神経麻痺について調べてみました。

長く続く喉の不調はもしかして反回神経麻痺ということも…気になる症状がある方はぜひ参考にしてください。

帯状疱疹 症状 眼
帯状疱疹の症状が眼に!?危険な眼部帯状疱疹とは…

帯状疱疹の症状が眼にも現れることを知っていますか?
それは「眼部帯状疱疹」という病気で、症状によっては重症化してしまうことも…
「眼部帯状疱疹」は早めの処置や予防も大切です。そこで「眼部帯状疱疹」について詳しくまとめてみました。ぜひ参考にして、目の健康を守りましょう!

wpid-2015_09_15_05_58_2.jpg
夜、急に心臓がドキドキ!これって何かの病気なの?

夜、心臓が急にドキドキすることはありませんか?一体何が原因で起こる症状なのでしょうか?詳しく調べてみました。

腕 打撲 湿布
腕の打撲に湿布がおすすめ!効果的に使用するポイント

腕を打撲した時に、痛みや症状の緩和のために湿布を使用する方も多いことでしょう。

いつも何気なく使用している湿布にも、効果的な種類や貼り方などがあることをご存知ですか?

そこで腕の打撲に効果的な湿布の使用法についてまとめてみました。早期改善のためにもぜひ参考にしてください。

耳 音がする 脈
耳から音がする…脈打つ耳鳴りの原因と知っておくべき危険性

耳から脈打つような音がすることはありませんか?
その耳鳴りは病気が原因となっている可能性があります。中には命をも脅かす病気の可能性もあるようです。
そこで脈打つ耳鳴りの原因や対処法などをまとめてみました。ぜひ早めの対処を心がけましょう!

wpid-2015_09_26_03_54_10.jpg
不正出血の原因はピル服用?それともストレス?

不正出血の原因にピル服用やストレスが関係しているようです。

不正出血には様々な原因があります。

不正出血があれば自己判断をせず、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

不正出血の原因とピル服用やストレスの関係について詳しく調べてみました。

wpid-2015_09_15_05_44_2.jpg
脇腹や肋骨の痛み!痛い原因を探る

脇腹や肋骨に痛みを感じることがあります。痛い原因は何なのでしょうか?詳しく調べてみました。

post-61
ジェイゾロフトってどんな薬?服用中のお酒の影響

みなさんジェイゾロフトというお薬をご存知ですか?

ジェイゾロフトは抗うつ剤です。
病気の改善には服用中のお酒は避けたほうが良いですが、飲酒のことでストレスを溜めるのも良くないことです。

この薬の効能や服用中にお酒を飲むと、どういう影響が出るのか詳しく調べてみました。

ガン 末期 幻覚
ガン末期の患者が見る「幻覚」とはいったい何か

ガン末期の患者本人や家族は、残された人生をいかに穏やかに過ごすことができるかを大きな目標とします。
亡くなった私の父も、胃がんが肝臓に転移し、末期を宣告された後は、父が穏やかに過ごせるようにと家族で考える日々でした。
そんな思いやわずかな希望の障害にもなりうる「幻覚」。一体この幻覚とは何なのでしょうか。

スポンサーリンク

低血圧とは

低血圧とは

最高血圧が100mmHg未満を低血圧といいます。一般に若い女性に多く、体質的に血圧が低い場合もあります。慢性の感染症や悪性腫瘍、心臓や腎臓の障害、重い貧血、内分泌の病気、栄養失調、神経の病気といった原因で起こることもあります。

立っている姿勢のときに血圧が低くなる起立性低血圧では、立ち上がるときにめまいや立ちくらみ、動悸がすることがあります。病気とはいえませんが、起立性低血圧のなかには、自律神経障害や薬物による副作用で起こるものもあります。

引用元-低血圧 症状チェック -メディカルiタウン

一時的な低血圧

小学生などが長時間立っていると脳貧血を起こして倒れることがあります。これは血管迷走反射神経といって、副交感神経の異常な反応によって、一時的に低血圧となるわけです。アルコールを飲んでいたり、風呂から上がった後などでは、せきや排尿時にも同じことが起きます。これは一時的な反射反応で、病的なものではありません。

引用元-低血圧 症状チェック -メディカルiタウン

低血圧の症状〜息苦しいと感じる原因など

低血圧による「立ちくらみ」について

1つ目の低血圧によるツライ症状は、「立ちくらみ」です。立ちくらみとは、急に立った時などに、足元がふらっとする症状です。自宅にいる時ならそれほど心配いりませんが、満員電車の中や、路上にいる時に立ちくらみの症状がでたら、けがをする危険もあります。

ふらっとしてそのまま倒れた場合、コンクリートに頭を打ち付けてしまう心配もあります。ですから、立ちくらみがした時には、すぐに何かにつかまったり、座る場所があれば腰を下ろしてください。

低血圧による「めまい」について

2つ目の低血圧によるツライ症状は、「めまい」です。めまいは、目の前が暗くなり足元がふらついたり、まっすぐ歩けなくなったり、自分や周辺がクルクル回転している錯覚を覚えたりする症状です。人によっては、失神してしまう事もあります。

外で失神してしまうと、頭をぶつけるなどして、けがをする恐れがありますので、十分な注意が必要となります。

低血圧による「動悸」について

3つ目の低血圧によるツライ症状は、「動悸」です。動機とは、心臓の音を自分自身で感じる症状のことです。普段は、心臓の音を感じる事は有りませんよね。しかし、激しい運動をした時や、極度な緊張感に包まれた際に、動悸を感じる事があります。

低血圧の人は、何もしていない時にでも動悸を感じる事があります。また、動悸が続くと、息苦しさを感じる人もいらっしゃいます。

低血圧による疲労感について

4つ目の低血圧によるツライ症状は、「疲労感」です。低血圧の人は、強い疲労感に襲われることがあります。この疲労感から、「朝中々起き上がれない」と言う人もいらっしゃいます。

特に疲れる事をしていないにも関わらず、なぜだかいつも疲れているという方は、もしかしたら低血圧なのかもしれません。低血圧が疑われる人は、規則正しい生活習慣を身に着けて、しっかり予防していきましょう。低血圧改善には、まず生活習慣を整える事が大切です。

低血圧による「耳鳴り」について

5つ目の低血圧によるツライ症状は、「耳鳴り」です。耳鳴りとは、実際に聞こえていない音が、ずっと耳の中で鳴り響いている状態です。耳鳴りが聞こえると、集中力を欠いたり、イライラの原因となったりします。耳鳴りが聞こえる人の中には、気になりすぎて、うつ病のような状態に陥る事もあります。

このように、低血圧が原因の嫌な症状は、たくさんあります。どれも不快で嫌な症状ばかりですから、生活習慣を整えて低血圧予防をしましょう。低血圧からくる不快な症状は、低血圧が改善されることでなくなります。ですから、しっかり予防する事が大切なのです

引用元-その立ちくらみは低血圧が原因!?低血圧によるツライ5つの症状 | 健康生活

低血圧の治療〜息苦しい症状を出さない為に

低血圧症の予防には、栄養バランスのとれた食事をとるように心がけます。タンパク質やミネラル、水分をしっかり取るようにします。また、無理をしない範囲で適度な運動を行い、血液の循環を良くすることも大切です。また、一度血圧を測って低いから低血圧症というわけではありません。普段から血圧を測りおおよその自分の血圧を把握しておくといいでしょう。
また、低血圧症の背景に疾患が隠れている場合は、その治療をすることが大切です。気になる症状がある場合は医師に相談するようにします

引用元-低血圧症の症状・原因・治療【Doctors Me】

低血圧の息苦しい症状の改善法

●不快な症状は改善できる

低血圧症状の改善には、必要に応じて薬物治療を行うと共に、日常生活でのちょっとした工夫や生活スタイルを改めることが大切です。

低血圧の症状を改善する薬には昇圧剤、自律神経調節剤などがありますが、血管を収縮するタイプの薬もあり、薬による治療の幅は広がりました。なお、薬による治療を受ける際には、医師の指示により慎重に行う必要があります。

●日常生活での注意点

低血圧は日常生活での工夫によっても、不快な症状を軽減することができます。血圧が少し低くても症状がない場合にはそのままにしていてもかまいませんが、血圧が低く症状が強い場合には、治療を行いましょう。

治療の第一歩は、低血圧症状を起こすほかの病気が隠れていないか、病院で検査することです。

低血圧のほかに異常がなく、医師からお薬を勧められなかったら、まずは日常生活を見直すことから始めましょう。
不快な症状は、日常生活を工夫することで、改善が期待できます。

引用元-低血圧症状を改善するには|改善方法|低血圧 Support Group

低血圧の人は、めまいや倦怠感などの症状から、活動性に乏しく、日常生活に支障をきたすことが少なくありません。しかし、低血圧は大出血や重度のやけどの場合に起こる急性低血圧を除き、直接生命に危険を及ぼすことが少ないため、これまで治療への関心が薄かったようです。

低血圧は適切な治療を行えば、さまざまな不定愁訴もなくなります。日常生活を不快な思いをせずに過ごし、生活の質を高めることができるのです。「低血圧くらい」と我慢しないで、医療機関に相談してみましょう。

引用元-低血圧症状を改善するには|改善方法|低血圧 Support Group

息苦しい症状をださないための予防法

規則正しい生活習慣を身に着けて低血圧を予防!

引用元-低血圧の予防法があった!日常生活の中で簡単に始められる4つの事 | 健康生活

低血圧予防法は、「規則正しい生活習慣」です。規則正しい生活習慣は、健康維持の基本ですよね。そして、低血圧予防にも効果的です。朝起きて、昼は活動して、夜は寝るという生活を送りましょう。

また、食事を1日3食しっかり食べる事も大切ですよ。忙しい人は、ついつい朝を抜いたり、昼を適当に済ませたりしてしまいがちです。しかし、低血圧予防の観点から考えると、3食しっかり食べなくてはなりません。簡単な物でも構いませんので、朝・昼・夜毎回、食事を摂る習慣を身につけましょう。

塩分も適度に摂取して低血圧を予防しましょう!

引用元-低血圧の予防法があった!日常生活の中で簡単に始められる4つの事 | 健康生活

低血圧予防法は、「塩分を適度に摂取する」ことです。塩分と聞くと、高血圧の元で、健康被害をもたらす元凶と言うイメージがあります。しかし、体内の塩分が不足すると、低血圧になるリスクがアップします。

ですから、毎日適度な量の塩分は、私たちの体に必要なのです。では、どのくらいの塩分ならば摂取しても問題ないのでしょうか?2010年に厚生労働省が発表した、1日の塩分摂取量の目標は、男性が9g未満、女性が7.5g未満です。この数字を目標に、塩分を摂りすぎないよう注意しながら、食卓に取り入れてください。

過激な食事制限ダイエットをやめて低血圧を予防しましょう!

引用元-低血圧の予防法があった!日常生活の中で簡単に始められる4つの事 | 健康生活

低血圧予防法は、「過激な食事制限ダイエットの中止」です。日本人の女性は、運動によるダイエットよりも、食べないダイエットを実践する傾向にあります。食べないダイエット、つまりは食事制限ダイエットをおこなうと、栄養不足になる恐れがあります。

人間は動いている時はもちろん、横になっていたり眠っていたりしてもエネルギーを消費します。しかし、無理な食事制限ダイエットを行うと、必要なエネルギーが確保できなくなり、低血圧に陥る危険性があるのです。

暴飲暴食の中止をするダイエットは問題ありませんが、1日に必要な摂取calを控える、過激なダイエットは中止しましょう。ダイエットを行うのであれば、運動を取り入れた健康的な方法の方が良いです。健康の為にも、低血圧予防のためにも、無理な食事制限をするのはやめてください!

運動をして低血圧を予防しましょう!

引用元-低血圧の予防法があった!日常生活の中で簡単に始められる4つの事 | 健康生活

低血圧予防方法は、「運動」です。でもなぜ、運動をすると低血圧の予防が出来るのでしょうか?それは、運動をする事で筋力が付くからです。筋力が付くことで、血液を体内にスムーズに送る事が出来るようになります。

血液のめぐりが良くなることで、低血圧の予防につながるのです。ただし、普段運動不足の人が、急に激しい運動をする事はお勧めできません。ご自分にとって、無理のない運動をする事が大切です。

最初はどうしても張り切ってしまい、激しい運動をしてしまいがちです。しかし、無理をすると続きませんし、体にも負担がかかります。ですから、スクワットやウォーキング、ジョギングといった軽い運動がお勧めです。無理のない範囲で毎日続けられる運動を選んでください。

このように、低血圧予防には、規則正し生活習慣、適度な塩分摂取、過激な食事制限ダイエットの中止、運動などの方法があります。低血圧による、立ちくらみや倦怠感でお悩みの方や、低血圧予防を行いたい方は、ぜひこういった方法を取り入れて、実践してみてください!

引用元-低血圧の予防法があった!日常生活の中で簡単に始められる4つの事 | 健康生活

twitterの反応

 - 健康・病気