カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

低血圧ってどんな症状?息苦しいのもそのせいなの?

   

wpid-2015_09_20_02_04_2.jpg

高血圧のことはよく聞きますが、低血圧はどんな症状があるのでしょうか?

規則正しい生活習慣を心がけ、低血圧を改善し、不快な息苦しい症状などを起こらないようにしましょう。

たまにおこる息苦しい感じも低血圧が関係しているようです。くわしく調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

赤ちゃん 音楽 音量
赤ちゃんに与える音や音楽の効果!音量には要注意!

赤ちゃんに様々な音や音楽を聞かせることは、赤ちゃんの刺激になり良い影響を与えることもあります。

しかし音量や音によっては、赤ちゃんにとって良くない影響を与えてしまうことになりかねません。

赤ちゃんの健やかな成長のためにも、ぜひ参考にしてみてください。

生理痛 痛み 波
生理痛のつらい痛みの波…この症状どうすればいいの!?

毎月生理痛の痛みに悩ませれる女性は多いようです。その痛みにも波があり、つらい症状を必死に乗り越えている方も…

そこで生理痛による痛みの波を緩和させる方法や予防する方法などを調べてみました。その原因には生活習慣なども関係しているようです。ぜひ参考にしてつらい症状を緩和させましょう!

アルコール 心臓 バクバク
アルコールを飲むと心臓がバクバクする原因と潜む危険性

アルコールを飲むと心臓がバクバクしたことはありませんか?
お酒が抜けると症状が治まるからと言って、その症状を放っておくのは体にとって危険です。
アルコール摂取による動悸の原因と危険性を理解し、適切に対処しながらアルコールと上手に付き合いましょう。

wpid-2015_10_29_03_19_5.jpg
足の血管が切れる!?下肢静脈瘤って何?

みなさん、下肢静脈瘤を知っていますか?下肢静脈瘤は足の血管の病気です。

そのままにしておくと、足の血管が切れてしまうこともある大変な病気です。

日々の生活環境や生活習慣によって引き起こされる下肢静脈瘤。正しく理解して、発症や悪化を防ぎましょう。

顔 イボ 治療
顔にできたイボの治療法とは?

顔にできたイボは、体の他の部分にできたものよりも気になりますし、早く治してしまいたいですよね。特に顔にできているので、治療で跡が残ってしまわないかも気になるところです、今はどんな治療法があるのでしょう。顔にできるイボと、その治療法について調べました。

つわり 入院 食事
つわりで入院した場合の食事は?

妊娠経験のある人でつわりのあった人はわかると思いますが、つわりって本当に辛いです。

人によってつわりの重さや期間も違い、また一人目と二人目で違ったりもします。

つわりが重度の人は、入院になるので、そんな時は食事はどうなっているのでしょうか。つわりで入院の場合の食事について調べました。

3517210bac9dcb0b034a0e448e5f68fa_m
風邪の治し方で汗をかくというのは本当?それとも嘘?

昔から言われている風邪の治し方はさまざまありますが、その中でも汗をかくと風邪が早く治るというのは有名です。しかし、それは本当なのでしょうか。昔から言い伝えられてきたことが実は間違った情報だった、または時代が変わり証明されるようになったということは多いですね。風邪の治し方で汗をかくというのは本当なのか、それとも嘘なのかについて調べました。

右 肋骨 痛い
右の肋骨が痛い原因とは?

肋骨が痛む、特に右の肋骨が痛い時は何が原因なのでしょう?肋骨の周りは体の中心部分であり、痛みがひどいと動けません。右の肋骨に痛みが出やすいのはどんな人か、痛みが出たら何科へ行けばよいのか、そして右の肋骨が痛い原因について調べました。

%e7%94%9f%e7%90%86%e5%89%8d-%e8%83%b8%e3%81%ae%e5%bc%b5%e3%82%8a-%e3%81%aa%e3%81%84
生理前の胸の張りがない!?考えられる原因と妊娠への影響

生理前の症状として胸の張りを感じる女性は多いようです。
またその逆で、全く張りを感じない、今まで生理前に張っていた胸が急に張らなくなったと感じる女性も多いようです。
そこで生理前に胸が張らない原因や妊娠への影響などを詳しく調べてみました!

wpid-2015_09_20_02_04_4.jpg
お腹にガスが溜まって痛い!症状の原因や改善方法

皆さんはお腹にガスが溜まって痛い思いをしたことありませんか?

日ごろの生活環境や習慣でお腹にガスが溜まり痛みを伴うことがあります。

生活を見直したりマッサージを取り入れたりして改善していきましょう。

突然の激しい痛み、一体何が原因で起こるのか、詳しく調べてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_7.jpg
男性の貧血!実は危険な病気や症状

女性だけじゃない!男性にもおこる貧血。

男性の場合は危険信号の場合も…貧血に伴う病気や症状を詳しく調べてみました。

男性の貧血は、女性と違い大きな病気の可能性もあります。気になる症状があれば早めに病院を受診するようにしましょう。

目 痙攣 続く
目の痙攣が続く…症状の原因や考えられる病気について

目の痙攣が続く…この原因は目の疲労からくる症状だろうと簡単に考えていませんか?

実はその症状は何らかの病気からくるものかもしれません。そこで目の痙攣が続く症状から考えられる病気について調べてみました。

症状の改善には早めの対処が必要です。ぜひ参考にして、目の健康を取り戻しましょう!

咳 微熱 続く
体からのサイン!咳・微熱が続く時に考えられる病気とは…

咳や微熱症状が続く時、それは体からの不調のサインです。

放置しておくことで、症状の悪化や更に重篤な病気へと進行してしまう可能性もあります。

そうならない為にも早めの対処が必要です。そこで咳・微熱から考えられる病気についてまとめてみました。

%e3%81%be%e3%81%b5%e3%82%99%e3%81%9f-%e7%97%99%e6%94%a3-%e5%8f%b3%e7%9b%ae
突然起こるまぶたの痙攣、右目だけピクピクするのは何故?

外出中や仕事中、突然まぶたが痙攣し始め、なぜか右目だけ・左目だけずーっとピクピク動いている!といった経験はありませんか?
人に見られて「機嫌悪いの?ひきつってるよ」なんて言われたら困ってしまいますよね。
今回はまぶたの痙攣について調べてみました。疲れや乾燥が原因の場合もあれば、ちょっと心配な病気が隠れていることもあるようです。
どんどん酷くなっていくようなら、ぜひお医者様に相談してみてくださいね。

貧血 検査 何科
貧血の検査や治療は何科を受診すればいいの?

多くの方が貧血の症状を訴えています。しかしなかなか病院を受診することはありません。

ただ貧血は重篤な病の前兆とされています。気になる症状があればぜひ病院を受診しましょう。

ではいざ貧血の検査や治療を受ける時、いったい何科を受診すべきなのでしょうか?

スポンサーリンク

低血圧とは

低血圧とは

最高血圧が100mmHg未満を低血圧といいます。一般に若い女性に多く、体質的に血圧が低い場合もあります。慢性の感染症や悪性腫瘍、心臓や腎臓の障害、重い貧血、内分泌の病気、栄養失調、神経の病気といった原因で起こることもあります。

立っている姿勢のときに血圧が低くなる起立性低血圧では、立ち上がるときにめまいや立ちくらみ、動悸がすることがあります。病気とはいえませんが、起立性低血圧のなかには、自律神経障害や薬物による副作用で起こるものもあります。

引用元-低血圧 症状チェック -メディカルiタウン

一時的な低血圧

小学生などが長時間立っていると脳貧血を起こして倒れることがあります。これは血管迷走反射神経といって、副交感神経の異常な反応によって、一時的に低血圧となるわけです。アルコールを飲んでいたり、風呂から上がった後などでは、せきや排尿時にも同じことが起きます。これは一時的な反射反応で、病的なものではありません。

引用元-低血圧 症状チェック -メディカルiタウン

低血圧の症状〜息苦しいと感じる原因など

低血圧による「立ちくらみ」について

1つ目の低血圧によるツライ症状は、「立ちくらみ」です。立ちくらみとは、急に立った時などに、足元がふらっとする症状です。自宅にいる時ならそれほど心配いりませんが、満員電車の中や、路上にいる時に立ちくらみの症状がでたら、けがをする危険もあります。

ふらっとしてそのまま倒れた場合、コンクリートに頭を打ち付けてしまう心配もあります。ですから、立ちくらみがした時には、すぐに何かにつかまったり、座る場所があれば腰を下ろしてください。

低血圧による「めまい」について

2つ目の低血圧によるツライ症状は、「めまい」です。めまいは、目の前が暗くなり足元がふらついたり、まっすぐ歩けなくなったり、自分や周辺がクルクル回転している錯覚を覚えたりする症状です。人によっては、失神してしまう事もあります。

外で失神してしまうと、頭をぶつけるなどして、けがをする恐れがありますので、十分な注意が必要となります。

低血圧による「動悸」について

3つ目の低血圧によるツライ症状は、「動悸」です。動機とは、心臓の音を自分自身で感じる症状のことです。普段は、心臓の音を感じる事は有りませんよね。しかし、激しい運動をした時や、極度な緊張感に包まれた際に、動悸を感じる事があります。

低血圧の人は、何もしていない時にでも動悸を感じる事があります。また、動悸が続くと、息苦しさを感じる人もいらっしゃいます。

低血圧による疲労感について

4つ目の低血圧によるツライ症状は、「疲労感」です。低血圧の人は、強い疲労感に襲われることがあります。この疲労感から、「朝中々起き上がれない」と言う人もいらっしゃいます。

特に疲れる事をしていないにも関わらず、なぜだかいつも疲れているという方は、もしかしたら低血圧なのかもしれません。低血圧が疑われる人は、規則正しい生活習慣を身に着けて、しっかり予防していきましょう。低血圧改善には、まず生活習慣を整える事が大切です。

低血圧による「耳鳴り」について

5つ目の低血圧によるツライ症状は、「耳鳴り」です。耳鳴りとは、実際に聞こえていない音が、ずっと耳の中で鳴り響いている状態です。耳鳴りが聞こえると、集中力を欠いたり、イライラの原因となったりします。耳鳴りが聞こえる人の中には、気になりすぎて、うつ病のような状態に陥る事もあります。

このように、低血圧が原因の嫌な症状は、たくさんあります。どれも不快で嫌な症状ばかりですから、生活習慣を整えて低血圧予防をしましょう。低血圧からくる不快な症状は、低血圧が改善されることでなくなります。ですから、しっかり予防する事が大切なのです

引用元-その立ちくらみは低血圧が原因!?低血圧によるツライ5つの症状 | 健康生活

低血圧の治療〜息苦しい症状を出さない為に

低血圧症の予防には、栄養バランスのとれた食事をとるように心がけます。タンパク質やミネラル、水分をしっかり取るようにします。また、無理をしない範囲で適度な運動を行い、血液の循環を良くすることも大切です。また、一度血圧を測って低いから低血圧症というわけではありません。普段から血圧を測りおおよその自分の血圧を把握しておくといいでしょう。
また、低血圧症の背景に疾患が隠れている場合は、その治療をすることが大切です。気になる症状がある場合は医師に相談するようにします

引用元-低血圧症の症状・原因・治療【Doctors Me】

低血圧の息苦しい症状の改善法

●不快な症状は改善できる

低血圧症状の改善には、必要に応じて薬物治療を行うと共に、日常生活でのちょっとした工夫や生活スタイルを改めることが大切です。

低血圧の症状を改善する薬には昇圧剤、自律神経調節剤などがありますが、血管を収縮するタイプの薬もあり、薬による治療の幅は広がりました。なお、薬による治療を受ける際には、医師の指示により慎重に行う必要があります。

●日常生活での注意点

低血圧は日常生活での工夫によっても、不快な症状を軽減することができます。血圧が少し低くても症状がない場合にはそのままにしていてもかまいませんが、血圧が低く症状が強い場合には、治療を行いましょう。

治療の第一歩は、低血圧症状を起こすほかの病気が隠れていないか、病院で検査することです。

低血圧のほかに異常がなく、医師からお薬を勧められなかったら、まずは日常生活を見直すことから始めましょう。
不快な症状は、日常生活を工夫することで、改善が期待できます。

引用元-低血圧症状を改善するには|改善方法|低血圧 Support Group

低血圧の人は、めまいや倦怠感などの症状から、活動性に乏しく、日常生活に支障をきたすことが少なくありません。しかし、低血圧は大出血や重度のやけどの場合に起こる急性低血圧を除き、直接生命に危険を及ぼすことが少ないため、これまで治療への関心が薄かったようです。

低血圧は適切な治療を行えば、さまざまな不定愁訴もなくなります。日常生活を不快な思いをせずに過ごし、生活の質を高めることができるのです。「低血圧くらい」と我慢しないで、医療機関に相談してみましょう。

引用元-低血圧症状を改善するには|改善方法|低血圧 Support Group

息苦しい症状をださないための予防法

規則正しい生活習慣を身に着けて低血圧を予防!

引用元-低血圧の予防法があった!日常生活の中で簡単に始められる4つの事 | 健康生活

低血圧予防法は、「規則正しい生活習慣」です。規則正しい生活習慣は、健康維持の基本ですよね。そして、低血圧予防にも効果的です。朝起きて、昼は活動して、夜は寝るという生活を送りましょう。

また、食事を1日3食しっかり食べる事も大切ですよ。忙しい人は、ついつい朝を抜いたり、昼を適当に済ませたりしてしまいがちです。しかし、低血圧予防の観点から考えると、3食しっかり食べなくてはなりません。簡単な物でも構いませんので、朝・昼・夜毎回、食事を摂る習慣を身につけましょう。

塩分も適度に摂取して低血圧を予防しましょう!

引用元-低血圧の予防法があった!日常生活の中で簡単に始められる4つの事 | 健康生活

低血圧予防法は、「塩分を適度に摂取する」ことです。塩分と聞くと、高血圧の元で、健康被害をもたらす元凶と言うイメージがあります。しかし、体内の塩分が不足すると、低血圧になるリスクがアップします。

ですから、毎日適度な量の塩分は、私たちの体に必要なのです。では、どのくらいの塩分ならば摂取しても問題ないのでしょうか?2010年に厚生労働省が発表した、1日の塩分摂取量の目標は、男性が9g未満、女性が7.5g未満です。この数字を目標に、塩分を摂りすぎないよう注意しながら、食卓に取り入れてください。

過激な食事制限ダイエットをやめて低血圧を予防しましょう!

引用元-低血圧の予防法があった!日常生活の中で簡単に始められる4つの事 | 健康生活

低血圧予防法は、「過激な食事制限ダイエットの中止」です。日本人の女性は、運動によるダイエットよりも、食べないダイエットを実践する傾向にあります。食べないダイエット、つまりは食事制限ダイエットをおこなうと、栄養不足になる恐れがあります。

人間は動いている時はもちろん、横になっていたり眠っていたりしてもエネルギーを消費します。しかし、無理な食事制限ダイエットを行うと、必要なエネルギーが確保できなくなり、低血圧に陥る危険性があるのです。

暴飲暴食の中止をするダイエットは問題ありませんが、1日に必要な摂取calを控える、過激なダイエットは中止しましょう。ダイエットを行うのであれば、運動を取り入れた健康的な方法の方が良いです。健康の為にも、低血圧予防のためにも、無理な食事制限をするのはやめてください!

運動をして低血圧を予防しましょう!

引用元-低血圧の予防法があった!日常生活の中で簡単に始められる4つの事 | 健康生活

低血圧予防方法は、「運動」です。でもなぜ、運動をすると低血圧の予防が出来るのでしょうか?それは、運動をする事で筋力が付くからです。筋力が付くことで、血液を体内にスムーズに送る事が出来るようになります。

血液のめぐりが良くなることで、低血圧の予防につながるのです。ただし、普段運動不足の人が、急に激しい運動をする事はお勧めできません。ご自分にとって、無理のない運動をする事が大切です。

最初はどうしても張り切ってしまい、激しい運動をしてしまいがちです。しかし、無理をすると続きませんし、体にも負担がかかります。ですから、スクワットやウォーキング、ジョギングといった軽い運動がお勧めです。無理のない範囲で毎日続けられる運動を選んでください。

このように、低血圧予防には、規則正し生活習慣、適度な塩分摂取、過激な食事制限ダイエットの中止、運動などの方法があります。低血圧による、立ちくらみや倦怠感でお悩みの方や、低血圧予防を行いたい方は、ぜひこういった方法を取り入れて、実践してみてください!

引用元-低血圧の予防法があった!日常生活の中で簡単に始められる4つの事 | 健康生活

twitterの反応

 - 健康・病気