カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

外科、整形外科、形成外科、美容外科の違いとは!

      2016/06/23

外科 整形外科 違い

外科や内科はみなさんよく聞いたことがあると思いますが、整形外科、形成外科、
美容外科とはどんな違いがあるのか詳しくない人も多いのではないでしょうか。
外科、整形外科、形成外科、美容外科それぞれどんな違いがあるのか調べました。

スポンサーリンク

関連記事

顔 シミ 病気
顔のシミは病気が原因?健康と美肌のためのポイントとは…

多くの女性が顔にできるシミを悩みに感じています。しかし顔にできるシミの原因は病気が関係していることがあるようです。

病気が原因でできるシミとはどんなもので、どんな病気が関係しているのでしょうか?

そこで気になる顔のシミについて調べてみました。ぜひ参考にして健康と美肌のためにできることをしてみましょう。

前歯 虫歯 治療費
前歯が虫歯になったときの治療費の相場や目安について

前歯は笑ったときに一番気になるところ。歯医者さんで前歯の虫歯治療も見た目には気を配ってもらいたいですね。
そういった治療費がどれくらいなのか気になります。費用はどれくらい用意すればよいのでしょう。
保険を使った場合や、相場について調べました。

wpid-2015_09_26_03_54_10.jpg
不正出血の原因はピル服用?それともストレス?

不正出血の原因にピル服用やストレスが関係しているようです。

不正出血には様々な原因があります。

不正出血があれば自己判断をせず、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

不正出血の原因とピル服用やストレスの関係について詳しく調べてみました。

歯茎 炎症 臭い
歯茎の炎症で口が臭い?その原因と対策は?

歯茎が腫れたり痛みがあると、歯磨きをしても口の臭いが残ります。
口臭って自分ではなかなか気づきにくいものです。しかし、炎症をそのまま放置しておくと、さらに臭いが悪化してしまうことも…。
人と話しているとき、自分の口は臭くないかな?と心配になる方もいると思います。
今回は、歯茎の炎症の原因について、口の臭いのチェック方法や予防法についてまとめました。

wpid-2015_09_20_02_04_4.jpg
お腹にガスが溜まって痛い!症状の原因や改善方法

皆さんはお腹にガスが溜まって痛い思いをしたことありませんか?

日ごろの生活環境や習慣でお腹にガスが溜まり痛みを伴うことがあります。

生活を見直したりマッサージを取り入れたりして改善していきましょう。

突然の激しい痛み、一体何が原因で起こるのか、詳しく調べてみました。

耳 違和感 ポコポコ
耳に違和感…ポコポコと音がする原因と改善方法について

耳に違和感を感じ、耳の奥からポコポコと音がしたことはありませんか?
その耳の奥から音がする原因は様々あり、原因によっては耳の健康に大きく影響することもあるようです。
そこでその「ポコポコ」音が鳴ることから考えられる5つの原因についてまとめてみました。

つわり 入院 食事
つわりで入院した場合の食事は?

妊娠経験のある人でつわりのあった人はわかると思いますが、つわりって本当に辛いです。

人によってつわりの重さや期間も違い、また一人目と二人目で違ったりもします。

つわりが重度の人は、入院になるので、そんな時は食事はどうなっているのでしょうか。つわりで入院の場合の食事について調べました。

b8b0e0c62ccddba6b8464fb2c1d39134_m
足の小指を骨折!?痛みの原因や対策について知っておこう!

足の小指を家具や家の角で強打!激しい痛みに悶絶した経験のある方も多いことでしょう。

実はその激しい痛みは、骨折をしている可能性もあるのです。

そのまま放っておくと大変な事になってしまう可能性も…。同じ経験を繰り返さないためにも是非参考にしてください。

歯茎 顎 痛み
歯茎が痛い、顎の痛みも…もしかして顎関節症?

急激に症状が現れる歯茎や顎の痛み。歯茎と思っていたら奥歯が痛みの原因だったり、
痛みの原因がどこだかはっきりしないことが多いのです。
ここでは、歯茎や顎の痛みを軽減させる方法や痛みの原因など紹介します。

貧血 検査 何科
貧血の検査や治療は何科を受診すればいいの?

多くの方が貧血の症状を訴えています。しかしなかなか病院を受診することはありません。

ただ貧血は重篤な病の前兆とされています。気になる症状があればぜひ病院を受診しましょう。

ではいざ貧血の検査や治療を受ける時、いったい何科を受診すべきなのでしょうか?

全身麻酔 吐き気 原因
全身麻酔で吐き気!原因は何?知っておきたい麻酔のお話!

手術の後に激しい吐き気が襲うことがあります。その原因の一つに全身麻酔の使用が考えられます。

手術を受ける時には当たり前のように使用する麻酔には、術後に様々な症状が出ることがあるそうです。

そこで全身麻酔による吐き気の原因やその他の症状など詳しく調べてみました。

post-61
ジェイゾロフトってどんな薬?服用中のお酒の影響

みなさんジェイゾロフトというお薬をご存知ですか?

ジェイゾロフトは抗うつ剤です。
病気の改善には服用中のお酒は避けたほうが良いですが、飲酒のことでストレスを溜めるのも良くないことです。

この薬の効能や服用中にお酒を飲むと、どういう影響が出るのか詳しく調べてみました。

鍼灸 効果 期間
鍼灸治療の効果が持続する期間はどの位?美と健康のポイント

最近は美容や健康に効果的と鍼灸治療が注目されています。

今まであまり馴染みのなかった鍼灸治療、施術や効果はどのようなものなのでしょうか?

そこで鍼灸治療の効果や持続する期間など、詳しく調べてみました。

wpid-2015_09_15_05_44_2.jpg
脇腹や肋骨の痛み!痛い原因を探る

脇腹や肋骨に痛みを感じることがあります。痛い原因は何なのでしょうか?詳しく調べてみました。

目 視界 白い
目がかすんで視界全体が白いのですがどうすればいいでしょう?

ものがかすんで見えたり、ものがぼやけて見えることがありますか?
目がかすんで視界に白いフィルターがかかったように見えることもありますよね。
何が原因でしょう(・.・;) どうすればいいでしょう?
情報を得てしっかり対応しましょう!

スポンサーリンク

外科と整形外科の違いとは!

脳神経外科、整形外科などが専門分野として確立されていますが、整形外科は外科とどのような違いがあるのでしょうか?
こちらの診療科目で扱うものは捻挫、打撲、骨折、腰痛、関節痛などが中心となっています。
そのため一般的に手術を受けるイメージとは異なります。
代表的なものは骨折の治療で、外傷骨折、疲労骨折、病的骨折などが分類されます。
外傷骨折は外側からの力によって起こる骨折で、事故などで起こる骨折はこれに分類されます。
疲労骨折とは小さな力が繰り返し加わることで起こる骨折です。亀裂骨折になるケースが多くなっています。
病的骨折は、骨が何らかの病気に冒されることで異常な状態となり、何かのはずみに折れてしまうことを言います。主な原因は骨肉腫です。
骨折の治療は早ければ早いほど良いとされており、骨折をしてから6時間から8時間がベストです。
そのほかに靭帯や筋肉に関する外傷や疾患、脊髄や神経に関する外傷や疾患、腰痛や肩こりの治療、リハビリテーションなども行います。
なお、美容外科のような美容整形は別の領域となっています。

引用元-外科と整形外科の違いについて|病院プロナビ

整形外科と接骨院の違いとは!

私たち整形外科のところに来るまでに、ほかで治療を受けていたという、患者さんに聞いてみると、外科などの医師に診てもらっていたという患者さんよりも、接骨院で診てもらっていたという患者さんの、多いのに驚かされます。
いろいろな雑誌などでも、「接骨医」などという言葉まで出ていたりして、接骨院をやっているのは、医師であると勘違いしている方も、大勢いるようです。
あくまでも「接骨師」です。
ほねつぎ(柔道整復師)は、医師ではありません
整形外科は、医学の一分野であり、医師でなくては、整形外科専門医になることはできません。
これに対して、接骨院は、ほねつぎとか、接骨師と呼ばれることもありますが、正式には、柔道整復師という名称で、医師ではありません。
高卒後、3年間専門学校に通って、柔道整復師(以下柔整師という)の国家試験に合格したら、直ちに開業するのが普通のようです。

引用元-整形外科と接骨院の違い

接骨院は医師ではないので、整形外科とは違います!

ほねつぎ(柔道整復師)が施術できる病気は、安全性を考え、法律で制限されています
医師以外が、医療行為を行うことは、法律で禁じられています。
したがって、柔整師のしていることは、医療行為ではありません。これは施術と呼ばれて、その業務範囲は、柔整師法により規定されています。
すなわち、打撲、捻挫、脱臼、骨折等の外傷に対して、外科的手段、薬品の投与等の方法によらないで、応急的もしくは、医療補助的方法により、その回復を図ることを、目的として行うとされています。
脱臼、骨折は、応急の場合を除き、持続して柔整師が、施術を行う場合は、医師の同意が必要です。
つまり、医師の同意なしに、柔整師が扱えるのは、捻挫と打撲だけということになります。
法の趣旨としては、放っておいても、治るような、打ち身や捻挫については、お母さんが、子どもが痛がって泣いているときに、なでてあげたりする、程度のことは、医師の資格がない人がやっても、許されるでしょうということのようです。
柔道整復師という資格は、医療行為を行うには、十分な資格ではないので、患者さんの安全性を考えて、行える疾患を、誤っても害のない病気の範囲に、法的に制限しているわけです。
また、十分な診断ができないので、治療を誤る危険性が高いので、施術は、やむを得ない急性期以外は、医師の許可(監視)のもとに行う事が、求められているということと思います。

引用元-整形外科と接骨院の違い

症状の違いによって整形外科か接骨院、カイロなど選ぼう!

整形外科医院(病院)
ぎっくり腰や椎間板ヘルニアで動く事が困難な場合
関節の痛みで、レントゲンなどを撮りたい場合
骨折も疑われる打撲・打ち身をした場合
健康保険を使いたい場合
交通事故の被害に遭った直後
整骨院・接骨院

肩や肘の脱臼の場合
足首などの捻挫の場合
健康保険を使いたい場合
交通事故初期の治療(事後から4週目くらいまで)

クイックマッサージ
治療というよりもリラクゼーションを求める場合
※アルバイトが治療をしている所が多いので注意
整体・カイロプラクティック

整形外科や整骨院などで改善しない症状
肩こりや腰痛、四十肩や五十肩などの筋肉や関節が原因の症状
坐骨神経痛や手足の痺れ(しびれ)などの(自律)神経の症状
交通事故の慢性期(事故から1ヶ月以上過ぎた頃から)の治療

肩こりや腰痛、膝関節の痛みなどの様々な症状は、出たり消えたりを繰り返し少しずつ悪化していきます。

症状が『一時的に消えた時に「治った」と思って放置』してしまうと、後々にギックリ腰や椎間板ヘルニア、手足の痺れ(しびれ)などが出て、最悪の場合は生涯その症状に悩まされてしまう事もあります。

引用元-整形外科・整骨院・整体の症状別おすすめの治療

整形外科、形成外科、美容外科の違いとは!

整形外科とは、骨・関節・筋肉・じん帯・脊髄などの運動器系に関わる先天的・後天的な機能障害や形状変化を扱う分野。
骨折や脱臼、捻挫、椎間板ヘルニアや関節リウマチ、骨粗しょう症などの治療・予防・矯正を行うのが「整形外科」である。

形成外科とは、皮膚から人体の浅い表面部分の先天的・後天的な形態異常を扱う分野。
火傷や傷跡などで皮膚移植をしたり、ケロイド、顔面骨折など治療を行うのが「形成外科」である。

美容外科とは、容姿・容貌を美しくするための手術などを行う科。
「美容整形」や「整形美容」などとも呼ばれるが、形成外科の一分野であるため、整形外科の治療対象とは大きく異なり、看板に「形成美容外科」や「美容形成外科」と書かれていることも多い。
美容外科は、疾患を伴うものではなく、美容を主な目的としているため、多くの場合は健康保険が適用されず、全額自己負担の自由診療となる。
美容外科では、目・鼻・口などの形状や、顔の輪郭を変えたり、豊胸・脂肪吸引・しわ取り・脱毛・わきがの治療などを行うが、もっとも多い希望は、一重まぶたを二重まぶたにする「眼瞼形成術」などの目の美容形成といわれる。

引用元-「整形外科」と「形成外科」と「美容外科」の違い | 違いがわかる事典

twitterの反応

 - 健康・病気