カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

生後7ヶ月の赤ちゃんのストロー練習を上達させるポイント

      2016/07/02

7ヶ月 ストロー 練習

生後7ヶ月頃の赤ちゃんは離乳食も進み、日に日に成長を感じる頃でしょう。
そして生後7ヶ月と言えばストロー練習を始めるピッタリの時期です。
ストローを使えるようになると赤ちゃんにもママにも嬉しいことがたくさん!ぜひストロー練習を始めてみましょう!

スポンサーリンク

関連記事

二人目妊娠 上の子 抱っこ
二人目妊娠中の上の子の抱っこ問題を乗り越えるポイント!

二人目妊娠中に上の子を抱っこしてもいいのか、迷っているママは多いようです。
ママの妊娠で上の子は精神的にも抱っこを求めてくることが多くなるようです。
そこで上の子の抱っこ問題についてまとめてみました。上の子とママが楽しくスキンシップできるように考えてみましょう!

1歳半 食事 外食
1歳半と食事に行こう!外食で気をつけるべきこととは!

子供が1歳半ともなると離乳食も終わって外食もメニューによっては食べられるものが出てきます。お母さんも小さい子供連れは大変だけれど、息抜きに外食したいものです。1歳半の子供と食事を外でするには、どんな準備が必要なのでしょう。1歳半との外食で気をつけるべきことについて調べました。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab-%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-7%e3%83%b6%e6%9c%88
オートミールは離乳食に最適!生後7ヶ月頃にオススメレシピ

最近ダイエットや美容食として人気の高いオートミールですが、実は赤ちゃんの離乳食にもオススメなんです。
特に生後7ヶ月頃のメニューに取り入れることがオススメです!
今回はそんな栄養満点のオートミールについて詳しく調べてみました。
ぜひ参考にして、赤ちゃんの献立の参考にしてみてください。

二人目 上の子 ストレス
二人目育児って大変!上の子とのストレスの上手な対処法!

二人目ができると、今までの生活に変化が生まれ、出産後の体の変化や2人育児にママは大変!

小さな事でも上の子にイライラしてしまいストレスを感じている方も多いことでしょう。

しかしストレスをためているのはママだけではありません。上の子の心のケアも重要な時期です。ママ・子供とともに楽しい毎日を過ごせる対策を考えてみましょう。

1%e6%ad%b3%e5%8d%8a-%e4%b8%8b%e7%97%a2-%e9%a3%9f%e4%ba%8b
1歳半の子供が下痢の時に気をつけたい食事のポイント

子供に下痢の症状が現れると、栄養や健康状態を計るためにも食事の管理が重要になります。
子供が元気であっても下痢症状が続くということは、体に何らかの原因が関係しているということです。
今回は1歳半以降の子供に注目し、食事を与える時にどのような事に気を付けるべきか、ポイントや注意点をまとめてみました。

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-3%e5%9b%9e%e9%a3%9f-%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99
離乳食を3回食に進めるタイミング~赤ちゃんの成長と見極め

離乳食後期になると、そろそろ3回食かな?と考え始める頃です。
しかし赤ちゃんそれぞれに食べる量やタイミングもあり、パパママがしっかり気極めをしながら進めることが重要すで。
そこで離乳食を3回食に進める時のタイミングやポイントをまとめてみました。
ぜひ参考にして、赤ちゃんに合わせてゆっくりと進めていきましょう!

%e7%b5%8c%e7%94%a3%e5%a9%a6%e3%80%80%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%80%80%e4%bd%93%e9%87%8d
経産婦は産後の体重が減らない?!ダイエットのコツとは

出産後、体重を出産前の体重に戻そうとダイエットするママさんは多いと思います。
初産の時にはすぐに産前の体重に戻ったけれど、2人目、3人目の経産婦になると全然戻らない…。そんな経験はありませんか?
今回は、経産婦の産後のダイエットについて調べてみました。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%b6%b3-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズに合った靴選び~ポイントと注意点

とても小さくて可愛らしい赤ちゃんの足は、成長も早くみるみると大きくなっていきます。
ファーストシューズに始まり、どんどんと靴のサイズも大きくなっていきます。
赤ちゃんの健やかな成長の為にも、足のサイズや成長段階に合ったピッタリの靴を選んであげましょう!

赤ちゃん お菓子 食べない
赤ちゃんがお菓子しか食べないで離乳食を食べてくれません。

あなたの赤ちゃんはお菓子大好きですか? それともお菓子はまったく食べないですか?
離乳食は食べてくれますか?お母さんの悩みは尽きません(/_;)
赤ちゃんにどんなおやつを、いつ、どれほどあげたらいいか考えましょう!

一歳 言葉 理解
一歳頃の子供の言葉の理解の目安と発達を高める親の接し方

一歳頃の子供はたくさんの言葉を理解するようになります。
まだ言葉を発することができなくても、パパやママの話していることや物の名前などを理解しています。
子供の言葉の発達を促す為にはパパやママとのコミュニケーションが重要です。
ぜひ参考にして、言葉の理解を高めるサポートをしましょう!

つわり 鍼灸 効果
つわりに鍼灸が効果的!快適なマタニティーライフを送ろう!

妊娠中はつらいつわりに悩まされている方がたくさんいらっしゃいます。

緩和の方法はいろいろと紹介されていますが、その中でも高い効果が期待できる方法として鍼灸治療があります。

あまり馴染みのない鍼灸について色々と調べてみました。つわりを乗り切るためにもぜひ参考にしてください!

子ども 足の裏 痛い
子どもの病気!足の裏が痛い原因と悪化を防ぐ対処法について

子どもが急に足の裏を痛がったことはありませんか?
足が痛いのは子供によくみられる症状ですが、原因によっては足の痛みが悪化してしまうこともあるようです。
そこで子どもが足の裏を痛がる時に考えられる原因をまとめてみました。ぜひ参考にして早めの対処を心がけましょう!

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e5%a4%a7%e6%b3%a3%e3%81%8d%e3%80%80%e7%aa%81%e7%84%b6
赤ちゃんが大泣き!突然の大泣きは何かのサインかも?

赤ちゃんが泣くのは、お母さんへ自分の気持ちを伝えるため。コミュニケーションの一つです。
でも、普段と違う泣き方だったり、突然大泣きをし始めたりするととても心配ですよね。
今回は、赤ちゃんの泣き方で分かるサインなどについて調べてみました。

赤ちゃん 発達 ゆっくり
赤ちゃんの成長発達がゆっくりと感じた時に考えること!

赤ちゃんの成長発達はパパやママにとって最も気になる事の一つです。
赤ちゃんの成長には基準や目安が記されており、赤ちゃんの発達がゆっくりと感じた時に心配になってしまう方も少なくありません。
しかし成長発達には個人差もあり、すべてが以上に繋がっているわけではありません。
子供の成長を温かく見守っていけるように、赤ちゃんの様子をしっかりと見極めましょう。

%e7%99%ba%e9%81%94%e9%9a%9c%e5%ae%b3-%e7%89%b9%e5%be%b4-6%e6%ad%b3
発達障害の特徴〜6歳頃に見られる症状と周囲の理解

発達障害には様々な特徴があります。
特に6歳頃の小学校入学時期には、集団行動の中での違和感を感じやすく、その時点で診断が下る子供も少なくありません。
発達障害の診断の一つの区切りとして挙げられる6歳にどのような特徴がみられるのか詳しくまとめてみました。
親や家族の周囲の人々が正しく理解し、子供にとって何が必要なのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

生後7ヶ月になったらストローの練習を始めよう!

生後7ヶ月になるとミルクの回数も4~5回くらいになり、新生児の頃のように“ノドがかわいたからミルクを飲ませる”ということも減ってきます。
とは言っても、お風呂上りや離乳食の後、真夏や乾燥した冬のノドがかわいた時に、赤ちゃんに水分を摂らせてあげたいですよね。
そこで離乳食にも慣れてきて歯も生え始めるこの時期に“ストロー飲み”を始めてみませんか。

引用元-生後7ヶ月の赤ちゃんにストローで飲む練習を始めてみましょう | MARCH(マーチ)

まずはスプーンで練習

離乳食が始まる前の生後5ヶ月の後半~6ヶ月に入る頃から、スプーンでお茶や湯冷ましを飲む練習を始めてはどうでしょうか。
スプーンは離乳食で使うものを使用します。
ミルクを飲む以外に口に何かを近づけられたことがない時期ですので、スプーンが顔に近づいただけでも最初は払いのけたり、口を横にしたり抵抗を示すこともあります。
けれども繰り返すうちに次第にスプーンからお茶や湯冷ましを飲めるようになってきます。
飲めるようになってきたら、「よくできたね!」とたくさん褒めてあげましょう。赤ちゃんはとても嬉しそうな顔をしていると思います。
スプーンに慣れることでメリットもあります。
離乳食をスタートした時に、スプーンには慣れているので、赤ちゃんは「口に入れていいものが乗っかっているもの」と分かっていて、スプーンを口にあてられることに対しては拒否することが減ります。

引用元-生後7ヶ月の赤ちゃんにストローで飲む練習を始めてみましょう | MARCH(マーチ)

生後7ヶ月でストローマグを練習を始めるメリット

離乳食が始まって、初めてマグを使ってストロー飲みをする赤ちゃんが大体だと思います。
今までおっぱいや哺乳瓶しか使っていなかった赤ちゃんにとって、ストロー飲みはとても刺激的なこと。
最初は何をするものか分からなかったストローをくわえてみて、吸ってみたら何かが出てきた!飲み物だ!お茶だ!なんて赤ちゃんにとって勉強になったりしています。
脳の刺激にも良いのですね。
ちなみに我が家は離乳食が始まったころから3人ともストロー飲みを始めています。
マグを使う事によって、赤ちゃんが無暗に飲み物をこぼすことも無くなりますし、なんといってもマグさえ置いておけば水分補給を自分でしてくれるようになります。
夏の暑い日も安心です。なので、ストロー飲みはとてもおススメですよ。

引用元-刺激的!赤ちゃんに【ストロー飲み】が良い理由 | mamanoko(ままのこ)

赤ちゃんがストローを使える様になる最大のメリットは『出先で機嫌取りが出来る』という事。
赤ちゃんと一緒に出掛けると「後3分だけで良いから良い子にしてて(泣)」って思う時があります。
(※主に外食に出掛けた時や、外食に出掛けた時や、外食に出掛けた時など)

そんな時に赤ちゃん用のジュースを持参しておけば、最終手段として使う事が可能です。

引用元-赤ちゃんのストローはいつから?ウチの子はこの練習方法で一発習得

生後7ヶ月の赤ちゃんのストロー練習法

哺乳瓶を使って飲むときは舌を動かして吸いますが、ストローの場合、息を吸うようにして水分を吸い込まなくてはいけません。
吸うことは一緒ですが吸い方が違うため、赤ちゃんにとっては大変難しいことなのです。
突然ストローを出して「今日からストローを使いなさい」と言ってすぐに使える赤ちゃんは、ほとんどいません。

具体的な練習方法は、息を吸うという動作を大人が赤ちゃんにみせることです。
これが息を吸うということだというのを覚えさせます。
ポイントは、行動しながら話しかけて説明することです。
もしなかなか吸い込めないようであれば、ファーストステップとして紙パック飲料を使うことをおすすめします。
まず赤ちゃんに紙パック飲料のストローをくわえさせて、側面を軽く押してみてください。突然口のなかに水分が入ってくるので最初はびっくりして吐き出してしまう赤ちゃんもいるかもしれませんが、ストローから水分が出てくるということがわかり、徐々にストローに慣れていきますよ。

引用元-赤ちゃんのストローはいつから?練習方法や教え方は?むせるときは? – こそだてハック

7ヶ月の赤ちゃんのストロー練習のポイント

最初はぬれてもいい場所で
だいたい最初はびっくりして、だーっとこぼすので、ぬれてもいい場所でやるのをおすすめします。
しっかりスタイをするか、私の場合は面倒なのでお風呂場でお風呂の時に練習させました。
とにかくこぼす前提で準備しましょう。

ストローから飲み物が出てくることを教える

ストローをさした飲み物を準備して、あかちゃんにストローをくわえさせます。
このときは、たいていの赤ちゃんは吸ってくれないと思いますが、大丈夫。
赤ちゃんの口にストローが入っていることを確認して、そっと紙パックをママが押してストローの先から飲み物が出てくるようにします。
赤ちゃんはびっくりしますが、すぐにごくごくと飲んでくれるハズ。
カンのいい赤ちゃんの場合は、この一度だけでストローを吸ってくれるようになります。

自分で持たせてみる
続いて自分で紙パックを持たせてみると、ストローを吸ったり、紙パックをつぶして先から出したりと、案外器用に飲んでくれる子が多いと思います。
3個パックの麦茶がなくなる頃には、すっかりストローのみマスターになっているかも?
一回ではうまくいかなくても、何度か時間をおいて試してみてくださいね。

引用元-赤ちゃんのストロー飲みの練習方法、超簡単な3ステップ! | 高齢ママでも楽々子育て!育児グッズ口コミレポート−コレママ

ストロー練習を始めた7ヶ月の赤ちゃんに最適なストローマグの選び方

容量
家で使用する場合や、短時間のお出かけに持っていく場合は、容量が150ml程度のストローマグで十分です。
長時間のお出かけや、暑くて喉が渇きやすい天候の場合は、大容量のストローマグがあると便利ですよね。
大きいものでは300ml程度のストローマグも販売されています。

素材
多くのストローマグは、赤ちゃんが自分で持ちやすく割れにくいプラスチックなどの素材でできています。
家庭で使用する場合は、軽くて持ちやすく、割れる恐れのないプラスチック製がおすすめです。
ただし、長時間持ち歩く場合は、真空断熱素材でできたストローマグもおすすめです。
適温状態を長く持続させることができ、長時間持ち歩いても衛生的で安心ですよ。

ストローの太さ・形状
ストローマグによって、ストローの太さや形状が異なります。
弁がついていて噛んで吸うタイプのストローや細くて流量が少ないストローなど様々な形状があります。
赤ちゃんによって好みは様々で「このストローでは飲めなかった」ということもあります。
実際に使用してみないとわからないものですが、口コミなどを参考にしながら選んでくださいね。

ハンドルの形状・持ちやすさ
月齢が低いうちは、両手用のハンドルがついているものがおすすめです。
月齢が進むと、ハンドルのないデザインのストローマグでも、手のひらでしっかりと支えて持つことができるようになりますよ。
ハンドルを折り畳んで収納できるものや、ハンドルが外せるストローマグもあります。

引用元-ストローマグは漏れないのがおすすめ!口コミで人気の商品7選 – こそだてハック

 - 出産・子育て