カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

橋本病の症状の中に頭痛はあるのですか?

      2016/07/10

橋本病 症状 頭痛

橋本病(甲状腺機能低下症)の症状の中に頭痛はあるのでしょうか?
関係あるというご意見もありますが、関係ないというご意見もあります。
いずれにせよ、どうすれば改善できるのか、経験者や専門家のご意見を聞いてみましょう!(^^)!

スポンサーリンク

関連記事

全身麻酔 吐き気 原因
全身麻酔で吐き気!原因は何?知っておきたい麻酔のお話!

手術の後に激しい吐き気が襲うことがあります。その原因の一つに全身麻酔の使用が考えられます。

手術を受ける時には当たり前のように使用する麻酔には、術後に様々な症状が出ることがあるそうです。

そこで全身麻酔による吐き気の原因やその他の症状など詳しく調べてみました。

子宮筋腫 入院 準備
子宮筋腫の入院準備!経験者に聞いた本当に必要な物とは…

子宮筋腫での入院準備、病院からの冊子では本当に必要なものが詳しく書かれていないことも…

そこで実際に子宮筋腫の手術を経験した方のリアルに必要だった入院準備品をまとまてみました。

経験者ならではの意見も参考にして、入院生活を快適に過ごせるように準備しておきましょう!

wpid-2015_09_22_02_18_2.jpg
冷や汗ダラダラ…吐き気や下痢が続く原因は?

冷や汗が出るほどの吐き気や下痢の症状。これは一体どんな病気が影響しているのでしょうか。

冷や汗をともなう吐き気や下痢の症状には様々な病気の影響が考えられます。早めの治療と自分でできる予防法を実践してみましょう。

筋トレ 頭痛 後頭部
筋トレで頭痛が起きる!?後頭部の痛みの原因とは?

筋トレをした直後や数時間後に、後頭部の頭痛が起こったことはありませんか?
筋トレなどの運動による頭痛を「労作性頭痛」といいます。
労作性頭痛についてどの様な原因がるのか、どの様な症状が出るのか調べました。

外科 整形外科 違い
外科、整形外科、形成外科、美容外科の違いとは!

外科や内科はみなさんよく聞いたことがあると思いますが、整形外科、形成外科、
美容外科とはどんな違いがあるのか詳しくない人も多いのではないでしょうか。
外科、整形外科、形成外科、美容外科それぞれどんな違いがあるのか調べました。

鼻 骨折 ギプス
鼻骨折の時のギプスとは?

スポーツで激しくぶつかった時などにも骨折してしまうくらい、 鼻の骨とは意外と骨折しやすいものです。鼻の骨折時に使用するギプスとはどんなものなのでしょう。鼻骨折の時のギプスについて、使い方や種類を調べました。

足 関節 指
足の関節や指にできる「ガングリオン」の対処法について…

足の関節や指にできる腫瘍「ガングリオン」をご存知ですか?
外反母趾とも症状が似ている「ガングリオン」について詳しくまとめてみました。
足に当てはまる違和感や不快な症状を感じた時は、ぜひ参考にして早めに対処しましょう。

肋骨 痛い 内臓
肋骨が痛い時の原因は内臓にある?

肋骨が痛いとき、骨の近くが痛いため、骨に原因があるのではないかと思ってしまいます。もちろんその可能性もありますが、実は内蔵に原因があることもあるのです。肋骨が痛いとき、原因によって痛み方や痛む部分が違ってくるようです。肋骨が痛む原因が内蔵にある場合について調べました。

wpid-2015_09_26_03_54_10.jpg
不正出血の原因はピル服用?それともストレス?

不正出血の原因にピル服用やストレスが関係しているようです。

不正出血には様々な原因があります。

不正出血があれば自己判断をせず、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

不正出血の原因とピル服用やストレスの関係について詳しく調べてみました。

22a28e805a3c758a6fd9be8117af7b5a_m
鼻を打撲してしまった…ひどいときは迷わず病院へ!

スポーツをしているときはもちろん、日常生活でも鼻をぶつけてしまうことってありますよね。
鼻の骨はとても薄いので、弱い力でも簡単に折れてしまうことがあるそうです。
ただの打撲だったら安心ですが、もしかしたら骨折の可能性も考えられます。
ひどい打撲の場合は、我慢せずに病院を受診しましょう。
今回は、鼻を打撲した場合の対処方法について調べました。

wpid-2015_09_26_03_54_6.jpg
【新生児】産まれてから1ヶ月間で体重はどれくらい増える?

初めての育児、不安がいっぱいですよね。

産まれてからの1ヶ月間、新生児ってどれくらい体重が増えるものなのでしょうか?

あまり体重が増えなくて…と悩んでる完母のママさん必見の情報も!

c53bd983b81c3af516511452f0b07eb4_m
反回神経麻痺ってどんな病気?リハビリが改善のカギになる!

反回神経麻痺という病気を知っていますか?この病気の改善にはリハビリが重要になるようです。

様々な病気の後遺症としてもあげられる、反回神経麻痺について調べてみました。

長く続く喉の不調はもしかして反回神経麻痺ということも…気になる症状がある方はぜひ参考にしてください。

帯状疱疹 症状 眼
帯状疱疹の症状が眼に!?危険な眼部帯状疱疹とは…

帯状疱疹の症状が眼にも現れることを知っていますか?
それは「眼部帯状疱疹」という病気で、症状によっては重症化してしまうことも…
「眼部帯状疱疹」は早めの処置や予防も大切です。そこで「眼部帯状疱疹」について詳しくまとめてみました。ぜひ参考にして、目の健康を守りましょう!

産後の生理 量が少ない
産後の生理の量が少ない!もしかして無排卵月経かも!?

産後の生理の量が少ないと感じるママは多いようです。その変化は無排卵月経の可能性があります。

その原因には産後ならではの影響が関わっています。どんなことが原因で起こるのでしょうか。

原因や症状、また改善するためのポイントなど詳しく調べてみました。

二日酔い 吐く 血
二日酔いで何度も吐くと血が…!危険なマロリーワイス症候群

深酒をしてしまい、最悪な状態の二日酔い何度も吐いた経験がある方もいらっしゃることでしょう。
しかし繰り返し吐く状態が続くと、一緒に血を吐いてしまうことがあるようです。
この症状にはマロリーワイス症候群という病名もあるようです。そこで今回はマロリーワイス症候群について調べてみました。

スポンサーリンク

橋本病(甲状腺機能低下症)の症状の中に頭痛もあるんですよ!

甲状腺機能低下症(橋本病)

引用元-甲状腺機能低下症(橋本病)について教えて下さい。 – 数値がそこまで悪くなってい… – Yahoo!知恵袋

姉が橋本病で、数年前からチラージンを飲んでます。
とにかくだるく、倦怠感、疲労感、眠気、頭痛等訴えます。
日によって多少差があるみたいですが、疲労感、眠気はひどいみたいです。

引用元-甲状腺機能低下症(橋本病)について教えて下さい。 – 数値がそこまで悪くなってい… – Yahoo!知恵袋

本当に色々な症状がある甲状腺機能低下症(橋本病)ですが、人によって出る症状は本当にそれぞれ。

引用元-甲状腺機能低下症(橋本病)の症状 変わった事: 甲状腺機能低下症★あおまるの生活ブログ

そんなあおまるが一番困っているのが、なんと言っても「冷え」!!!
もとから冷え性ではあったのですが、橋本病になってからの冷えは本当に酷いです。
暖かい日でも、暑い日でも、ちょっと日陰になっている所やちょっと冷たい風が吹いている所にいると、あっという間に身体がカッチカチに…
なんだか針でスーッと刺しているかのような痛みがじわじわとやってくる…
それだけならまだしも、肩や背中がガチガチに凝って、酷い頭痛も襲ってきます。
できるだけ首を出さないようにして、カイロを使ったり温かいものを食べたり飲んだり、飲み物は氷の入っていない、出来るだけ常温より高い温度のものを飲むようにしています。
それでも頭が痛くなったら、もう薬を飲んで安静にする。
弟の友人の整体師さん曰く、痛い時に変にマッサージをすると急に血行が良くなってしまって余計に痛みが増すらしいのです。

引用元-甲状腺機能低下症(橋本病)の症状 変わった事: 甲状腺機能低下症★あおまるの生活ブログ

私は5年前からうつ病のような症状に悩まされ、最近頭痛や吐き気が酷くなり2週間前に内科を受診し、甲状腺機能低下症と診断され薬を飲んでいます。
前は頭全体が痛かったのですが、最近は部分的に痛くなります。
でも頭痛は酷くて、毎日のように起こります。
特に人混みに行ったときや不安にかられると凄い頭痛が激しくなり何も考えることができなくなります。

引用元-頭痛と甲状腺機能低下症の関係 – 病気 解決済 | 教えて!goo

橋本病(甲状腺機能低下症)の症状の中に頭痛はあるのか―専門家の報告

甲状腺機能亢進症に伴う頭痛に関して

引用元-甲状腺機能低下症と頭痛との関連性について:石原藤樹のブログ(元六号通り診療所所長のブログ):So-netブログ

甲状腺機能低下症と頭痛との間に関連性がある、という知見は、1948年には既に文献がありますから、古くから報告はされていますが、甲状腺機能低下症の症状としては、比較的注目され難いもののように思います。
1998年にその頻度と頭痛の性質、そして治療における効果についての、比較的まとまった報告があります。

引用元-甲状腺機能低下症と頭痛との関連性について:石原藤樹のブログ(元六号通り診療所所長のブログ):So-netブログ

Cephalalgiaという雑誌に掲載されたものです。
これによると、一定の期間にフランスの1つの施設で診断された、甲状腺機能低下症の患者さん102名中、31名に頭痛の症状が認められました。
つまり3割を超える患者さんが、頭痛を訴えていたのです。

引用元-甲状腺機能低下症と頭痛との関連性について:石原藤樹のブログ(元六号通り診療所所長のブログ):So-netブログ

こうした頭痛を、現在の頭痛の国際的な分類においては、新規発症持続性連日性頭痛(new daily persistent headache )と呼んでいます。
略してNDPHです。

引用元-甲状腺機能低下症と頭痛との関連性について:石原藤樹のブログ(元六号通り診療所所長のブログ):So-netブログ

こうしたデータを総合的に考えると、甲状腺機能低下症が、NDPHタイプの症状を持つ頭痛の誘発因子の1つであり、その場合には甲状腺機能を治療により正常化することにより、早ければ2週間以内に、頭痛も改善する可能性が高い、ということが言えるように思います。

引用元-甲状腺機能低下症と頭痛との関連性について:石原藤樹のブログ(元六号通り診療所所長のブログ):So-netブログ

橋本病の症状としての頭痛は治療できますか?

甲状腺機能低下症で、頭の両側が重くなる頭痛に、消炎鎮痛剤はあまり効果ありません。

甲状腺機能低下症の人は、毎日鎮痛薬を飲んで薬物乱用頭痛になることあります。
甲状腺ホルモン剤により甲状腺機能正常化すれば改善しやすいとされます。

引用元-甲状腺と精神神経病・甲状腺と頭痛[長崎クリニック(大阪)]

片頭痛は、分泌されたセロトニンが代謝され減少すると、細い血管が収縮し太い血管が拡張し、その反動で片頭痛がおきます。
甲状腺の病気と同じく女性(特に低血圧の女性)に多く、生理前にエストロゲンが減少すると、血中のセロトニンも減少し片頭痛おこしやすくなります。
運動、咳、入浴、飲酒などで痛みが助長されます。
トリプタン系薬剤はセロトニン−1(5-HT1)受容体作動薬で、過度に拡張した脳血管平滑筋を収縮させ、硬膜血管周囲三叉神経終末抑制し、片頭痛発作を抑えます。
また、片頭痛のほか群発頭痛にも有効です。
甲状腺機能低下症や糖尿病で動脈硬化が進行し、狭心症/心筋梗塞、脳梗塞の危険がある場合、血管を収縮させるトリプタン系薬剤は禁忌です。

引用元-甲状腺と精神神経病・甲状腺と頭痛[長崎クリニック(大阪)]

橋本病の症状としての頭痛を改善しよう!

橋本病は甲状腺ホルモンが異常に少なくなってしまう病気です。

体の新陳代謝が著しく衰えることから、血行不良や水分代謝の滞りなどが生じてきます。
このような症状があると、体全体の血流が落ちて冷えを引き起こすのが常です。
冷えはさらに血液の循環を妨げることから、筋肉の凝りも激しくなります。
筋肉が凝り固まることで起こってくるのが、様々な部位の痛みです。
肩や首が凝ると、概して頭痛などが見られるのが一般的です。

引用元-橋本病の症状で頭痛?

こういった辛い症状が見られる橋本病は、薬物療法を受けることで比較的すぐに状態が落ち着きます。
不足している甲状腺ホルモンを薬で補えば、通常通りの生活を続けることが可能です。

この病気の治療に用いられる薬は一種のホルモン剤であり、一旦服用を始めた場合には多少の飲み忘れがあっても、特に支障がないことが多いと言えます。
甲状腺ホルモンの量が増えるに従って血流は改善されてくるのが一般的で、冷えも少しずつ良くなるのが常です。
 
橋本病の治療中は、生活習慣を工夫するのも一つの方法です。
体を冷やさないことが大前提となり、レッグウォーマーや腹巻、カイロなどが役立ちます。
 
体を温める作用を持つ食品を積極的にとることも有効です。
生姜やネギなどの野菜は、血流の流れを良くする作用があることから、特に意識して摂取したい食品となります。

引用元-橋本病の症状で頭痛?

橋本病の症状に頭痛は起こりません!という意見も。

私は、甲状腺機能低下の橋本病だったことがありますが、甲状腺機能低下で頭痛は起こりません。
甲状腺機能低下の薬というのは、甲状腺ホルモンの薬だと思います。薬で補っていれば改善されます。
私もすぐ飲まないでいいようになりました。
甲状腺機能低下の症状は、うつ病のような症状に重なることもありますが、それは症状が似ているだけで、うつ病というわけではありません。
橋本病は、自己免疫不全で一生治らないと専門医に言われましたが、私はすっかり治りました。
今はホルモン剤を飲んでよくなるのを待ちましょう。

引用元-頭痛と甲状腺機能低下症の関係 – 病気 解決済 | 教えて!goo

頭痛の治療は,別の頭痛専門医でないと,まず治りません.

甲状腺機能の治療とは分けて,頭痛専門の治療を頭痛専門医にご相談する方が賢明であろうと思われます.
最近では,頭痛の治療を「頭痛外来」という頭痛専門の医療機関で行っています.大きめの病院などに「頭痛外来」と言う医療機関があります.
頭痛は,「頭痛外来」へ通院して頭痛専門医の治療を受ければ治ります

引用元-頭痛と甲状腺機能低下症の関係 – 病気 解決済 | 教えて!goo

twitterの反応

 - 健康・病気