カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

妊娠期間中に行う胎児の心臓の検査ってどんなもの?

      2016/07/13

胎児 心臓 検査

病院の検査で妊娠したことが分かると、お腹の中の赤ちゃん「胎児」が元気に育っているかどうか定期的に検査することになります。
出産前に行う検査を総評して「出生前診断」といいますが、そのうちの胎児の心臓に関する検査について詳しくみていきます。

スポンサーリンク

関連記事

1%e6%ad%b3%e5%8d%8a-%e4%b8%8b%e7%97%a2-%e9%a3%9f%e4%ba%8b
1歳半の子供が下痢の時に気をつけたい食事のポイント

子供に下痢の症状が現れると、栄養や健康状態を計るためにも食事の管理が重要になります。
子供が元気であっても下痢症状が続くということは、体に何らかの原因が関係しているということです。
今回は1歳半以降の子供に注目し、食事を与える時にどのような事に気を付けるべきか、ポイントや注意点をまとめてみました。

赤ちゃん お菓子 食べない
赤ちゃんがお菓子しか食べないで離乳食を食べてくれません。

あなたの赤ちゃんはお菓子大好きですか? それともお菓子はまったく食べないですか?
離乳食は食べてくれますか?お母さんの悩みは尽きません(/_;)
赤ちゃんにどんなおやつを、いつ、どれほどあげたらいいか考えましょう!

2715167ad107982190de65bc144102f5_m
産後に体重の減りすぎが心配です。どうすれば?

産後にどんどん体重が減っていく…。嬉しいを通り越して減りすぎが心配になりますね。
大丈夫なのでしょうか(/_;)体重が減りすぎる原因は何?病気?不安になる事もあります。
原因と対策と他の病気の可能性についても考えましょう!  

恥骨 痛み 妊娠初期
恥骨の痛みは妊娠初期の症状!原因と痛みを緩和させる方法

妊娠初期には様々なマイナートラブルが現れます。それは妊娠初期症状と呼ばれ、恥骨の痛みもその一つです。

つらい恥骨痛が起こる原因は何なのでしょうか?そこで症状の原因や対処法について調べてみました。

ぜひ参考にして、妊婦生活を快適に過ごせるように役立ててください。

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-6%e3%83%b6%e6%9c%88-%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88
気になるアレルギー…離乳食は6ヶ月頃スタートがオススメ!

今までは離乳食スタートは5ヶ月頃が良いとされていましたが、最近は6ヶ月頃からスタートさせるママが増えているようです。
その理由の一つに赤ちゃんのアレルギーの問題があり、世界的に見ても6ヶ月頃が推奨されているようです。
赤ちゃんの離乳食スタートをどのように行うべきか、詳しくまとめてみました。
ぜひ参考にして、ママと赤ちゃんのタイミングで始めてみましょう!

%e6%96%b0%e7%94%9f%e5%85%90-%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%8e%a5%e7%a8%ae-%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84
新生児から始まる予防接種~受けないのはマナー違反!?

赤ちゃんが生まれると、多くのママは予防接種のスケジュール管理に追われることになります。
しかし中には新生児からの接種を躊躇し、予防接種は受けないと判断する方もいます。
そこで予防接種を受ける・受けない親の判断や医療の進歩、危険性などを詳しく調べてみました。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e5%a4%a7%e6%b3%a3%e3%81%8d%e3%80%80%e7%aa%81%e7%84%b6
赤ちゃんが大泣き!突然の大泣きは何かのサインかも?

赤ちゃんが泣くのは、お母さんへ自分の気持ちを伝えるため。コミュニケーションの一つです。
でも、普段と違う泣き方だったり、突然大泣きをし始めたりするととても心配ですよね。
今回は、赤ちゃんの泣き方で分かるサインなどについて調べてみました。

子ども 足の裏 痛い
子どもの病気!足の裏が痛い原因と悪化を防ぐ対処法について

子どもが急に足の裏を痛がったことはありませんか?
足が痛いのは子供によくみられる症状ですが、原因によっては足の痛みが悪化してしまうこともあるようです。
そこで子どもが足の裏を痛がる時に考えられる原因をまとめてみました。ぜひ参考にして早めの対処を心がけましょう!

%e7%b5%8c%e7%94%a3%e5%a9%a6%e3%80%80%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%80%80%e4%bd%93%e9%87%8d
経産婦は産後の体重が減らない?!ダイエットのコツとは

出産後、体重を出産前の体重に戻そうとダイエットするママさんは多いと思います。
初産の時にはすぐに産前の体重に戻ったけれど、2人目、3人目の経産婦になると全然戻らない…。そんな経験はありませんか?
今回は、経産婦の産後のダイエットについて調べてみました。

二人目 上の子 ストレス
二人目育児って大変!上の子とのストレスの上手な対処法!

二人目ができると、今までの生活に変化が生まれ、出産後の体の変化や2人育児にママは大変!

小さな事でも上の子にイライラしてしまいストレスを感じている方も多いことでしょう。

しかしストレスをためているのはママだけではありません。上の子の心のケアも重要な時期です。ママ・子供とともに楽しい毎日を過ごせる対策を考えてみましょう。

%e5%ad%90%e4%be%9b-%e6%ad%a9%e3%81%8d%e6%96%b9-%e5%a4%89
子供の歩き方が変になる原因と正しい歩行の矯正法

子供の歩き方が変だと感じたことはありませんか?
成長段階の子供は足やバランス感覚が未熟なために、歩き方にムラが出てしまうことがあります。
しかし中には気になる歩き方もいくつかあり、早めに矯正してあげる事が重要です。
もし子供の歩行に違和感を感じた時は、しっかり観察し適切な対処を心がけましょう!

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%82%a9-%e8%84%b1%e8%87%bc
赤ちゃんがむずかる…肩の動きがおかしい!もしかして脱臼?

元気に遊ぶようになった赤ちゃんの相手をするのは楽しいですよね。
とはいえ、ちょっと方法を間違ってしまうと、 肩を脱臼する危険があるので注意が必要です。
例えば、赤ちゃんが「抱っこ」と手を伸ばしてきた時に、手だけを引っ張って抱っこをする事はありませんか?この動作はちょっと危険なのです。
また、他にも身近な動作で肩を脱臼する危険があるのだとか。
そこで、どんな時に赤ちゃんが肩を脱臼しやすいのか、どんな症状が出るのか等を調べてまとめました。
思い当たるママやパパはこの記事をぜひ読んでくださいね。

4%e3%83%b6%e6%9c%88-%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af
生後4ヶ月の赤ちゃんにはどのくらいミルクをあげれば良い?

生後4ヶ月前後の赤ちゃんは、表情が出てきて相手をするのが一段と楽しくなりますよね。
一方、この時期になると健診や散歩などで同じくらいの赤ちゃんを見る機会が増えますが、体重やミルクを飲む量に差が出てきて、比べると気になってしまうかもしれません。
育児経験者には「ミルクを飲ませすぎないように」と言われたり「不機嫌なのはミルクが足りないから」と言われて混乱してしまったり…。
生後4ヶ月くらいの赤ちゃんには一体どのくらいミルクをあげると良いの?今までのように飲まないけど、どうすれば?といったお悩みに対する情報を探してまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

男子 身長 止まる
男子の身長が止まるのはいつ?成長を応援するポイント!

年頃の男子の悩みの中で、身長がいつ止まるのかを心配している方も多くいるようです。

身長の伸びに関しては個人差がありますが、おおよその目安があることをご存知ですか?

生活習慣の見直しなどでもっと身長を伸ばすことも可能のなるかもしれません。ぜひ参考にして高身長を目指しましょう!

一歳 咳 夜中
一歳の赤ちゃんの咳が夜中だけひどくなる時どうしたらいい?

一歳の赤ちゃんが苦しそうに咳込むとお母さんも辛いですね。
昼間は元気でも夜中だけせき込むと、睡眠不足になってしまいます(/_;) 
どうして夜だけなのでしょうか? 危険な場合もありますか? 
経験者やお医者様から対処法をお聞きしました。ぜひ参考にされてみてください!

スポンサーリンク

胎児の心臓の検査「胎児心エコー検査」とは?

胎児心エコー検査

とは胎児の心臓の診察を可能とする超音波検査に似た検査です。
胎児心エコー検査は、出産前に胎児の心臓の診察が必要だと医師が判断した場合に行われます。

この検査を行う事で、胎児の心臓の構造と機能を診察する事が出来ます。
この検査は大抵の場合、妊娠18週間から24週間の妊娠中期に行われます。
胎児心エコー検査の超音波検査によく似ています。
この検査では心臓の構造から「エコー」として返ってくる音波を利用します。
エコー検査の機械がこの音波を分析し、胎児の心臓がどのようにして形成され、正常な働きをしているかどうかを診察するために利用される心臓内部の画像(心エコー図)を作り出します。
また、胎児心エコー検査を行う事で医師は心臓の血流を診察し、血流や心音の異常を検出する事が出来ます。

引用元-胎児心エコー検査

胎児の心臓エコー検査は「正当な医療行為」として認められています

胎児心臓超音波検査の保険診療認定

引用元-胎児心臓エコー検査|日本胎児心臓病学会

2010年4月に胎児心エコー検査が正式な専門医療行為として厚生労働省に認定され、保険償還されました。
この検査は当会の前進である日本胎児心臓病研究会が、設立当初から継続して、内科系学会社会保険連合に申請し続けてきた医療行為です。
2006年に当会の先進医療申請委員である渋谷幹事が中心となり、胎児心エコーは専門的医療行為として先進医療認定されました。
そのステップをへて、ついに胎児心エコー検査が「正当な専門医療行為」として認定されました。

胎児心臓病学は世界的にみても、専門的技術を要するだけでなく、胎児期のみならず生後も含めた治療方針や予後を含めた学問です。
その中心をなす胎児心エコーは、単なるスクリーニングエコー検査とは異なる専門技術です。
欧米では胎児心臓診断は小児循環器学を専門にトレーニングされた専門科が行う診療行為と認識されており、当会では胎児心エコー検査は「最終診断を目的とした専門医療」として認識しており、スクリーニングによる心臓診断とは一線を画する診療と位置づけています。

引用元-胎児心臓エコー検査|日本胎児心臓病学会

胎児の心拍数で心臓が正常に働いているかを調べる検査「NST(ノンストレステスト)」

胎児の心拍の推移を調べます。
これは胎児の状態を知る貴重な情報です。
心臓がしっかりと正常に働いて元気なら、心拍は正常な拍数や波形を描きますし、もし、苦しかったり弱ったりしてくると、異常を示します。
NSTは胎児心拍数を観察する検査なので、「胎児心拍数モニタリング」とも呼ばれます。

引用元-妊娠中の検査「胎児well-being検査(NST)」の巻|プレママ特集|プレママタウン

妊婦健診でとくに異常がない場合を含めて、ほとんどの妊婦が受けます。
実施時期は病院によって多少違いますが、妊娠経過が順調な場合は、妊娠34週~36週以降が多いでしょう。
ただし、母体に妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの合併症がある、胎児発育不全(FGR/fetal growth restriction)の心配がある、胎盤機能不全や羊水過少など子宮内環境が悪い心配がある、というような場合には、もっと早い時期から行います。

引用元-妊娠中の検査「胎児well-being検査(NST)」の巻|プレママ特集|プレママタウン

NST(ノンストレステスト)の検査時期と方法

妊婦健康診査におけるNST(non-stress test)の時期は、病院によって多少異なりますが妊娠経過が順調な場合は妊娠34~37週頃から行われます。

引用元-妊婦健康診査・NST(ノンストレステスト) | 妊婦健康診査(妊婦健診)で受ける検査

NST(non-stress test)の検査は分娩監視装置を用いて検査をおこないます。
・妊婦さんは、仰臥位低血圧症候群を防ぐため上半身を15度から30度挙上したセミファーラー位という体位でゆっくり横になります。
・妊婦さんの腹壁に胎児心拍検出用のトランスジューサーと陣痛トランスジューサーをベルトで固定します。
・胎児は20~40分ごとに睡眠と覚醒を繰り返すので胎児が覚醒し一過性の頻脈が出現するまでモニタリングをおこないます。
・胎動を感じたらボタンを押します。(自動で胎動をキャッチする機種は必要はありません。)
・胎児がなかなか覚醒しないときには音を聞かせたりしておこします。

引用元-妊婦健康診査・NST(ノンストレステスト) | 妊婦健康診査(妊婦健診)で受ける検査

胎児の心臓の様子も見られる妊娠中期の胎児ドック(胎児スクリーニング検査)

妊娠中期の胎児ドック(胎児スクリーニング検査)

の目的は、胎児のうちに異常を見つけることで妊娠中にできる治療を受けたり、生まれてすぐに適切な処置や治療などを受けられる準備をするためにあります。

検査時期
妊娠中期の胎児ドック(胎児スクリーニング検査)は、妊娠20~30週の間に受けます。
その中でも妊娠25週前後がもっとも胎児の心臓や内臓の様子が見やすくおすすめです。
なお、海外では、妊娠11~13週に染色体異常スクリーニングを積極的に実施している国もあるようですが、日本では倫理的な問題もあり、全施設が実施を推奨しているわけではなく、病院によって判断や対応は違うようです。

検査方法
超音波診断装置(エコー)を使用する検査です。
超音波診断装置は、断面診断だけでなく3D(3次元像)さらには4D(4次元像)までありますが、病院によってどれだけ詳細に検査してもらえるかは異なってきます。
検査自体は、経腹法(お腹の上からのエコー)や経腟法(膣から挿入するエコー)で、後者の方が詳細に検査できるようです。どちらも、比較的短時間で受けられる検査になります。

検査項目
外的な胎児の発育状態(形状や大きさおよびその異常)
内的な胎児の発育状態(骨格・血管・脳・内臓などの発育およびその異常)
遺伝学的検査(遺伝子変異や染色体異常などによる先天異常)
胎児スクリーニング検査は、主に目で分かるような身体の異常を確認する検査です。
胎児の向きや母体の体型によって見え方は違ってくるので、全てを確認できない場合もあります。
また、胎児スクリーニング検査を行っても、産まれてくる赤ちゃんのすべての異常を見つけられるわけではありませんので、結果は100%正しいとは言い切れません。

引用元-胎児ドック(胎児スクリーニング検査)とは?分かることと費用まとめ [ママリ]

twitterの反応

 - 出産・子育て