カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

鼻が乾燥する辛い季節に皮が剥けたときの対処法あれこれ

   

鼻 乾燥 皮

鏡を見たときに気になる小鼻や鼻の頭のカサカサ。見た目は悪いし、何だか恥ずかしい。
乾燥が気になる季節に増える悩みのひとつ。きちんとケアをしているのに気が付けばカサカサなんて人も多いのではないでしょうか。
ここでは、乾燥により鼻の皮が剥ける原因や、日頃の対処について調べました。

スポンサーリンク

関連記事

%e9%a1%94%e3%80%80%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%bf%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%b9%e3%82%99
気になる顔のたるみに効くグッズや予防グッズあれこれ

歳とともにだんだんと気になってくるのが顔のたるみです。重力には逆らえないとは言えできるものなら逆らいたい。
それが無理なら少しでも現状を維持したいと思うそんな時、役立つグッズや日頃のお手入れに取り入れられそうな耳より情報が気になりますね。
どうしてたるむのかその原因なども調べてみました。

%e9%a1%8e-%e9%95%b7%e3%81%84-%e4%bd%95%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%81
私、顎が長いかな…何センチくらいが平均?小顔になるには?

モデルさんなど芸能人を実際に見ると、テレビで見る以上に小顔でビックリすることがあります。
そんな素敵な人たちや、周囲の友達と自分を比べて、「自分は顔が大きい?顎が長いかな?」と悩んでしまうことはありませんか?
顔の大きさがみんなは何センチくらいあるのか、知りたいと思いますよね。
今回は、そもそも顔の大きさはどこからどこを測るのか、測り方や小顔マッサージ法までをまとめました。
よかったら参考にしてみてくださいね。

シャンプー トリートメント 違う
シャンプーとトリートメントが違うメーカーだと効果半減!?

シャンプーとトリートメントが違うメーカーだと効果が半減することをご存知ですか?
せっかく効果や成分にこだわっていても、場合によっては効果を打ち消しあうこともあるようです。
そこでシャンプーとコンディショナーでのケアについて調べてみました。ぜひ参考にして効果が高いヘアケアを心がけましょう!

%e5%a5%a5%e4%ba%8c%e9%87%8d-%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%81-%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84
奥二重でアイプチが上手にできない人のパッチリ目作りのコツ

奥二重の方でアイプチが上手にできないという声をよく聞きます。
奥二重の場合、目元の脂肪が厚いため、アイプチでうまく固定することが難しいようです。
そこで今回は奥二重でも上手にパッチリ目元を作る方法をまとめてみました。

鼻 角栓 綿棒
いちご鼻の角栓がゴッソリ取れる!綿棒一本で簡単黒ずみ改善

ネット上で話題の「綿棒de角栓スッキリマッサージ」を調べてみました。
気になる鼻の角栓が、綿棒とオイルを使用するだけで簡単にゴッソリ取れるというもの。
小鼻の黒ずみ、角栓等がどのように出来るのか、また予防方法なども一緒に参考にしてください!

乾燥肌 風呂 毎日
乾燥肌を悪化させているのはお風呂に毎日入ることだった!?

乾燥肌になる原因は様々ありますが、実はお風呂に毎日入るという習慣もその中の一つです。
しかし乾燥肌予防だからと毎日お風呂に入らない事に、抵抗があることも多いでしょう。
そこで毎日のお風呂で乾燥を防ぐためのポイントをまとめてみました。

%e9%a1%94%e3%80%80%e7%ad%8b%e8%82%89%e3%80%80%e4%bd%93%e6%93%8d
顔の筋肉を体操で鍛えてマイナス5歳を目指そう!

無表情でいることや年齢を重ねていくと、顔の筋肉は次第に衰えていきます。
顔の筋肉が衰えると「二重あご」だけではなく、顔の「たるみ」や「しわ」にも繋がり、老けて見えてしまいがちです。
顔の筋肉を鍛えると、上記の改善だけではなく「美肌」の効果や「免疫力の上昇」、
「豊かな表情」が生まれることがわかっています。
そこで今回は『顔の体操トレーニングのメリットや方法』について調べてみました。

顔 マッサージ 男
造顔マッサージでモテ男に大変身!努力次第でイケメンに!?

モテる男の条件の一つに「小顔」が挙げられます。今は女性だけでなく男性も美を追及する時代です。
男性もマッサージを習慣づけることで、スッキリとした小顔になれるのです。
そこで今回は小顔に近付くための「造顔マッサージ」についてまとめてみました。

お風呂 マッサージ リンパ
お風呂でマッサージ!リンパの流し方

お風呂で一日の疲れを癒し、ホッと一息つく時に一緒にリンパマッサージを行うと効果的に疲れやむくみを取ることができます。体の温まったバスタイムだからこそ、さらに効果が期待できるリンパマッサージ。正しい方法で毎日の習慣にしてみましょう!

顔 乾燥 馬油
顔の乾燥対策に馬油がオススメ!効果的な使い方と注意点

寒くなるこれからの季節、顔の乾燥が気になる時期になっていきます。
そんな時にオススメなのが「馬油」です。
毎日のスキンケアに「馬油」をプラスするだけで乾燥知らずの肌に変わります。
その他にもたくさんの嬉しい効果があるようです。ぜひ参考にして毎日のケアに取り入れてみましょう!

%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99-%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab
ストレスや乾燥、むくみに!女性にお薦めのマッサージオイル

急に気温が下がって季節が進み、女性にとって大敵の乾燥の季節が迫ってきました。
寒くなると身体のコリが気になりますし、忙しい年末に向かってストレスも倍増しますから、できれば良いリラックス方法があれば…と思いますよね。
そんな身体や頭皮の乾燥、ストレスに悩む人にオススメなのが、マッサージオイルなのだそうです。
今回はオイルマッサージの効果やコスパの良いマッサージオイル、気になる頭皮のマッサージ方法についてまとめました。
冬のトラブルが起こってしまう前にお手入れすれば安心ですね。

90c8342cd5afda28a3a55c1f94d1ab54_m
髪の毛の分け目やつむじが薄くなってきたらどう対処する!?

仕事が忙しかったり育児や家庭のストレスで、ふと気がつくと髪のボリュームが減っていたり、最近髪型が決まらなかったり。
それは髪の毛の分け目やつむじあたりが薄くなってきているせいかもしれません!分け目やつむじが薄下になると髪のファッションも楽しめません。
髪の毛の分け目やつむじが薄くなってきたらどう対処するか、について調べました。

%e7%b8%ae%e6%af%9b%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%80%80%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%80%80%e3%81%b8%e3%82%9a%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%93%e3%81%93
縮毛矯正の失敗でぺったんこに。慌てないで!

縮毛矯正をかけている方は多いと思います。
私もかけているうちの1人なのですが、本当に楽ですよね。
くせ毛で悩んでいたころが嘘のような毎日を送っています。
それでも、やはりぺったんこになってしまう等、失敗してしまうこともありますよね。
そんな事態が自分に降りかかったとき、慌てないよう皆さんの体験談とともに
見てみようと思います。

%e5%89%8d%e9%ab%aa%e3%80%80%e7%b8%ae%e6%af%9b%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%80%80%e3%81%a1%e3%82%8a%e3%81%a1%e3%82%8a
前髪を縮毛矯正。ちりちりに・・。どうしよう・・

今は定番ともなった「縮毛矯正」
くせ毛がひどい私も、最近、縮毛矯正にチャレンジし天候に左右されない髪型に嬉しくて仕方ありません。
しかし、前髪がちりちりになってしまうような場合もあるそうですね。
そんな時はどうしたら良いのでしょうか?
また前髪を縮毛矯正したい人への注意点などもまとめてみました。

歯並び 矯正 安い
歯並びをキレイに!「部分矯正」は安い・早いとおすすめ!

キレイな歯並びに憧れる方も多いことでしょう。
しかし日本の歯列矯正は費用が高く、気軽に行える治療ではありません。
そこでおすすめなのが安い治療費で短期間で行える「部分矯正」です。「部分矯正」とは一体どんなものなのか詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

どうして鼻の皮が乾燥するの?

鼻が乾燥するメカニズム

顔の中でも鼻は、特に皮脂量の多い箇所として知られています。
手に油分が感じられがちなのは、無意識にこの部分を触れるクセがある人が多いからとも言われているほどです。
とはいえ、そんな鼻まわりもまた、乾燥肌に悩まされる箇所の一つとなっています。

理由としては、顔から少し前面に飛び出た形状をしているために、肌細胞にダメージを与える紫外線を浴びやすいからと言う点が挙げられます。
長時間に渡りこの影響を受け続けると、もともと健康な肌質であっても、必要な角質が角化し剥がれ落ち、同時にバリア機能を果たしている皮脂膜をも失ってしまうため、水分が蒸発しやすくなってしまいます。
こうなると、いくら保湿美容液を駆使しても、潤いを留めることが難しくなってしまいます。

引用元-鼻の乾燥肌症状には特に注意が必要

乾燥によって鼻の皮が剥ける原因は?

小鼻や鼻の頭の皮がむける原因の一つは、角質の取り扱い方。

顔の皮膚は非常に薄く繊細で、スキンケアのときに指やコットンを滑らせるだけで刺激につながることも。
具体的には、刺激の強いスクラブやクレンジング剤、毛穴の黒ずみをはがすパックなどの使いすぎ、あぶらとり紙での皮脂の取りすぎなどがあります。

そのほかにも、鼻のかみすぎなどでお肌を必要以上に摩擦することやお肌の乾燥なども皮むけを引き起こす原因となります。

引用元-鼻の皮むけ、イッキにケアするコツはこれ!

紫外線の影響により鼻周辺の必要な角質が剥がれてバリア機能が低下していることがあります。
そして、ターンオーバーの乱れが重なってきます。
このような状態のお肌は水分が蒸発して肌が乾燥しています。 
鼻だけ乾燥して小鼻がテカる人もいます。
これは典型的な乾燥肌です。
インナードライや混合肌とも良います。
乾燥するのにニキビや吹き出物が出る人は、インナードライを疑った方が良いでしょう。

引用元-鼻周りが乾燥してカサカサ皮むけ|バリア機能を回復する保湿洗顔

どんな肌質の鼻の皮が剥けやすいの?

脂っぽいのに、鼻の皮がむける場合、つい、皮脂が出るのを抑える事を考えがちですが、かえって【逆効果】になる場合があります。
なぜなら、脂っぽいのに鼻の皮がむける原因の多くは『 乾燥 』であることが多いからです。
お肌は、乾燥すると「お肌が乾燥している!潤わなきゃ!」と思って、一生懸命脂を出そうとします。
そうすると、部分的に皮脂の分泌量が増えてしまい、『 頬の辺りは凄く乾燥するのに、Tゾーンだけ脂っぽくなる』ということが起こったりするのです。
いわゆる、「混合肌」というものですが、こういうお肌の人は、結構多いですよね。
お肌の水分と油分のバランスが狂ってしまっている状態です。
つまり、水分が足りていないので、お肌が乾燥状態になっていて、お肌が脂を出そうとして、部分的に脂っぽくなってしまう、という事が起こっているのです。

引用元-脂っぽいのに鼻の頭の皮がむけるケア方法 |

乾燥が原因で鼻の皮が剥けたときの対処法

■スキンケアで出来る皮ムケの改善4つ

(1)石鹸で顔を洗う
乾燥を防ぐという視点で見た場合にスキンケアで最も大切なことは、皮膚のバリア機能を上げることです。
筆者の経験で言うと、皮膚のバリア機能を上げるためには、洗顔フォームから自然の成分で作られた石鹸にシフトチェンジしてみると効果が期待出来ます。

(2)ブースターを使って化粧水の吸収を高める
乾燥に困っている場合、一番重要な基礎化粧品は断然化粧水。
ですが、カサカサに乾いた状態では幾ら化粧水を使っても効果が見られないことも。
その場合はまずはブースターを塗って、化粧水が浸透しやすい肌にすることが大切。

引用元-乾燥でファンデが塗れない悲劇!皮ムケの改善方法4つ | 女性の美肌・美容マガジンLBR

(3)スキンケアの最後のクリームでフタをする
スキンケアの時に案外忘れがちなのが、クリーム。
“べったりするから好きじゃない”という方もいますが、このクリームこそ、スキンケアで補った水分や成分が外へ逃げてしまわないようにフタをしてくれる役割を果たしています。
乾燥が気になる時こそ、クリームを。

(4)あえて乳液などの使用をやめてみる
どうしようもないくらい絶望的に皮ムケがひどい場合は、一度メイクなどをすることを止めて、スキンケアも乳液などの使用を止めてみるのも一つの手です。

引用元-乾燥でファンデが塗れない悲劇!皮ムケの改善方法4つ | 女性の美肌・美容マガジンLBR

乾燥で鼻の皮が剥けるのを防ぐスキンケア

鼻の皮むけ以外に毛穴の開きや黒ずみなども気になっていないでしょうか?

もしそうなら一度気にするのは忘れてください。

皮むけ以外の肌トラブルがあるとどうしても洗顔に意識が集中してしまいます。
しかし鼻の汚れは洗顔で完璧に落ちるものではなく、クレンジングや毛穴パックをすると細胞間脂質(セラミド)が大幅に減少し、さらに皮むけが悪化してしまいます。
以下の保湿スキンケアを続けることで毛穴も目立たなくなってくるので、それを信じて一度洗顔にこだわるのをやめてもらいたいと思います。

引用元-まるでピエロ?鼻の皮むけ乾燥肌を撃退しよう

皮むけ原因となる細胞間脂質を補うには、保湿化粧品ならセラミドでO.K.です。
セラミドにはいくつか種類がありますが、人型・天然型となっているものならほぼ間違いありません。
セラミドは脂質性があるのでクリームや美容液などテクスチャーにとろみがあるものに多く含まれています。
化粧水の場合はサラッとしすぎているものより、ややとろみがあるものを選んでください。

引用元-まるでピエロ?鼻の皮むけ乾燥肌を撃退しよう

twitterの反応

 - コスメ・美容