カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

いちご鼻の角栓がゴッソリ取れる!綿棒一本で簡単黒ずみ改善

      2016/07/17

鼻 角栓 綿棒

ネット上で話題の「綿棒de角栓スッキリマッサージ」を調べてみました。
気になる鼻の角栓が、綿棒とオイルを使用するだけで簡単にゴッソリ取れるというもの。
小鼻の黒ずみ、角栓等がどのように出来るのか、また予防方法なども一緒に参考にしてください!

スポンサーリンク

関連記事

%e5%a5%a5%e4%ba%8c%e9%87%8d-%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%81-%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84
奥二重でアイプチが上手にできない人のパッチリ目作りのコツ

奥二重の方でアイプチが上手にできないという声をよく聞きます。
奥二重の場合、目元の脂肪が厚いため、アイプチでうまく固定することが難しいようです。
そこで今回は奥二重でも上手にパッチリ目元を作る方法をまとめてみました。

洗顔 泡立て コツ
正しく洗ってつるつる美人に!洗顔料を上手に泡立てるコツ

朝や夜にしっかり顔を洗っているはずなのに、なぜかまだくすんでいるような…。
汚れが落ちていないのかな?と何度も洗うと今度は乾燥してカサカサしまったり、と悩みはつきませんよね。
お値段の張る石鹸や洗顔料をあれこれ使っても効果が無い!とお嘆きの方、CMでよく見るフワフワの泡での洗顔法は試してみましたか?実は泡立てにはコツがあるようなので、泡立て方や洗顔の基本について調べてみました。

乾燥肌 風呂 毎日
乾燥肌を悪化させているのはお風呂に毎日入ることだった!?

乾燥肌になる原因は様々ありますが、実はお風呂に毎日入るという習慣もその中の一つです。
しかし乾燥肌予防だからと毎日お風呂に入らない事に、抵抗があることも多いでしょう。
そこで毎日のお風呂で乾燥を防ぐためのポイントをまとめてみました。

%e9%bc%bb-%e8%a7%92%e6%a0%93-%e8%87%ad%e3%81%84
鼻の角栓が臭い…注意すべき間違ったケアと改善する方法!

鼻の角栓のニオイが気になった事はありませんか?
鼻の角栓が‌臭い原因は、毛穴に詰まった皮脂が関係しているようです。
良いと思ってしているケアが、角栓のニオイを悪化させている可能性もあります。
正しいケアでニオイの気になる鼻の角栓を改善・予防しましょう!

%e7%b8%ae%e6%af%9b%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%80%80%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%80%80%e3%81%b8%e3%82%9a%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%93%e3%81%93
縮毛矯正の失敗でぺったんこに。慌てないで!

縮毛矯正をかけている方は多いと思います。
私もかけているうちの1人なのですが、本当に楽ですよね。
くせ毛で悩んでいたころが嘘のような毎日を送っています。
それでも、やはりぺったんこになってしまう等、失敗してしまうこともありますよね。
そんな事態が自分に降りかかったとき、慌てないよう皆さんの体験談とともに
見てみようと思います。

%e9%a1%8e-%e9%95%b7%e3%81%84-%e4%bd%95%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%81
私、顎が長いかな…何センチくらいが平均?小顔になるには?

モデルさんなど芸能人を実際に見ると、テレビで見る以上に小顔でビックリすることがあります。
そんな素敵な人たちや、周囲の友達と自分を比べて、「自分は顔が大きい?顎が長いかな?」と悩んでしまうことはありませんか?
顔の大きさがみんなは何センチくらいあるのか、知りたいと思いますよね。
今回は、そもそも顔の大きさはどこからどこを測るのか、測り方や小顔マッサージ法までをまとめました。
よかったら参考にしてみてくださいね。

肌 乾燥 急に
肌の乾燥が急に悪化した時に考えられる原因と対処法

昨日まで調子の良かった肌が、急に乾燥が酷くなった経験はありませんか?
お肌はとてもデリケートで、日常の些細な事にも影響を受けてしまうことがあるようです。
そこで肌の急な乾燥の原因や対処法などをまとめてみました。

90c8342cd5afda28a3a55c1f94d1ab54_m
髪の毛の分け目やつむじが薄くなってきたらどう対処する!?

仕事が忙しかったり育児や家庭のストレスで、ふと気がつくと髪のボリュームが減っていたり、最近髪型が決まらなかったり。
それは髪の毛の分け目やつむじあたりが薄くなってきているせいかもしれません!分け目やつむじが薄下になると髪のファッションも楽しめません。
髪の毛の分け目やつむじが薄くなってきたらどう対処するか、について調べました。

%e9%a1%94%e3%80%80%e7%ad%8b%e8%82%89%e3%80%80%e4%bd%93%e6%93%8d
顔の筋肉を体操で鍛えてマイナス5歳を目指そう!

無表情でいることや年齢を重ねていくと、顔の筋肉は次第に衰えていきます。
顔の筋肉が衰えると「二重あご」だけではなく、顔の「たるみ」や「しわ」にも繋がり、老けて見えてしまいがちです。
顔の筋肉を鍛えると、上記の改善だけではなく「美肌」の効果や「免疫力の上昇」、
「豊かな表情」が生まれることがわかっています。
そこで今回は『顔の体操トレーニングのメリットや方法』について調べてみました。

顔 乾燥 馬油
顔の乾燥対策に馬油がオススメ!効果的な使い方と注意点

寒くなるこれからの季節、顔の乾燥が気になる時期になっていきます。
そんな時にオススメなのが「馬油」です。
毎日のスキンケアに「馬油」をプラスするだけで乾燥知らずの肌に変わります。
その他にもたくさんの嬉しい効果があるようです。ぜひ参考にして毎日のケアに取り入れてみましょう!

%e5%89%8d%e9%ab%aa%e3%80%80%e7%b8%ae%e6%af%9b%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%80%80%e3%81%a1%e3%82%8a%e3%81%a1%e3%82%8a
前髪を縮毛矯正。ちりちりに・・。どうしよう・・

今は定番ともなった「縮毛矯正」
くせ毛がひどい私も、最近、縮毛矯正にチャレンジし天候に左右されない髪型に嬉しくて仕方ありません。
しかし、前髪がちりちりになってしまうような場合もあるそうですね。
そんな時はどうしたら良いのでしょうか?
また前髪を縮毛矯正したい人への注意点などもまとめてみました。

%e9%a1%94%e3%80%80%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%bf%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%b9%e3%82%99
気になる顔のたるみに効くグッズや予防グッズあれこれ

歳とともにだんだんと気になってくるのが顔のたるみです。重力には逆らえないとは言えできるものなら逆らいたい。
それが無理なら少しでも現状を維持したいと思うそんな時、役立つグッズや日頃のお手入れに取り入れられそうな耳より情報が気になりますね。
どうしてたるむのかその原因なども調べてみました。

鼻 乾燥 皮
鼻が乾燥する辛い季節に皮が剥けたときの対処法あれこれ

鏡を見たときに気になる小鼻や鼻の頭のカサカサ。見た目は悪いし、何だか恥ずかしい。
乾燥が気になる季節に増える悩みのひとつ。きちんとケアをしているのに気が付けばカサカサなんて人も多いのではないでしょうか。
ここでは、乾燥により鼻の皮が剥ける原因や、日頃の対処について調べました。

acne-cleansing-way2
ニキビの悩み、正しい洗顔の仕方を覚えるだけで解消される?

ニキビに悩んでいる人、多いですよね。

特に思春期の若者達。

正しい洗顔の仕方を覚えて実践するだけで、その多くは症状が解消されてしまうようですよ。参考にしてみて下さいね。

%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99-%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab
ストレスや乾燥、むくみに!女性にお薦めのマッサージオイル

急に気温が下がって季節が進み、女性にとって大敵の乾燥の季節が迫ってきました。
寒くなると身体のコリが気になりますし、忙しい年末に向かってストレスも倍増しますから、できれば良いリラックス方法があれば…と思いますよね。
そんな身体や頭皮の乾燥、ストレスに悩む人にオススメなのが、マッサージオイルなのだそうです。
今回はオイルマッサージの効果やコスパの良いマッサージオイル、気になる頭皮のマッサージ方法についてまとめました。
冬のトラブルが起こってしまう前にお手入れすれば安心ですね。

スポンサーリンク

どうして鼻に角栓がたまるの?

私たちの毛穴には、皮脂腺といって体の中から皮脂を分泌する器官があります。
また、特におでこと鼻は一般的に「Tゾーン」と言って、そこは特に皮脂腺が発達して集まっています。
鼻の毛穴にできる黒ずみは、角栓が酸化してできたものです。
もともと角栓は皮脂とたんぱく質が固まってできたもですが、それを放置しておくと、酸化して黒ずんできます。
そのまま角栓を放置すると、皮脂腺から分泌された過剰な皮脂が充満し、毛穴を塞ぐことでそこにアクネ菌が繁殖し、やがてニキビとなりますので、余分な皮脂はしっかり取り除くことが大切です。
皮脂分泌が盛んな鼻は毛穴に詰まりやすく、それがだんだんと溜まってくると、通常の洗顔では取れなくなりますので、特別なケアが必要になります。

引用元-角栓の取り方とは?脂の汚れは油で取る!4つの原因と身近なものでよく取れる7つの方法やゴッソリ取れる綿棒ケアも大公開!|welq [ウェルク]

鼻に目立つ黒ずみや角栓…その正体は?

毛穴に詰まる「角栓」

の主成分を皮脂だと思っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、これは大きな勘違いで、角栓の70%は古い角質(タンパク質)。

そのため、オイルやホットタオルで「溶かし出す」ということはできません。
オイルクレンジングでしつこくマッサージをするようなことをすると、角質層に傷がつき、お肌が自らを守るためにどんどん角質を生み出すようになって、余計毛穴が詰まりやすくなります。

引用元-【医師が監修】鼻の角栓と毛穴づまりの原因は?正しいケア方法まとめ | スキンケア大学

本来、毛穴に汚れが詰まってしまっても、
「スキンケア(洗顔)」や「ターンオーバー(肌の生まれ変わり)」で、キレイに取り除かれるはず。
ですが、何らかの原因で、毛穴の汚れをうまく排出できず、古い角質も肌に残ったままになり、様々な汚れ(化粧品の成分等)が混ざり合ってしまう・・・
そうして出来上がるのが、「角栓」。

引用元-洗顔後に毛穴から「白いカス・角栓」がでる原因と簡単ケア方法! | ニキビ肌荒れを綺麗に治す方法を元汚肌の20代男が語るブログ

ネットで話題の「綿棒de角栓スッキリマッサージ」とは?

この角栓スッキリマッサージを行なうメリットは3つあります。
まず、先ほどもお話した通り、皮脂に馴染みやすいオイルを使用することで、他のケアでは取れなかった頑固な角栓も取ることができます。
そして必要なものが綿棒とオイルだけなので、簡単に揃いやすく、またお財布に優しいということも大きなメリットといえるでしょう。
また、最も嬉しいメリットとしては、お肌への負担が少ないということです。
刺激の多いケアはお肌を傷め、色素沈着やトラブルの原因を引き起こしてしまいます。

引用元-もう試した?『綿棒de角栓スッキリマッサージ』見たくないほどゴッソリ取れる!

角栓スッキリマッサージはとっても簡単に行なえます。
まず、綿棒にたっぷりオイルを染み込ませます。
そして、その綿棒を横に傾け、角栓が気になる部分に当ててくるくると回します。
力を入れずに、優しく、なでるような感覚で行なうことがポイントです。
頑固な角栓でも、綿棒を数本使って角栓を挟み、そのまま押し出すようなイメージで角栓をマッサージするとうまく取ることができますよ。
その後、洗顔をしてオイルを落とし、冷たい水で毛穴を引き締めて保湿をすれば完了です。

引用元-もう試した?『綿棒de角栓スッキリマッサージ』見たくないほどゴッソリ取れる!

綿棒を使わなくても角栓を除去出来る?

洗顔で角栓を除去しようと思うなら、毛穴はしっかりと開かせましょう。
毛穴を開かせるには、20分以上の入浴や半身浴、サウナなどが有効です。
その他には蒸しタオルを使う方法もあります。
水で塗らしたフェイスタオルを絞り、レンジで1分ほど加熱するだけで簡単に蒸しタオルは作れますよ。
レンジで加熱直後は熱すぎるので、取りだしたら広げて少し冷ましてください。
熱すぎるくらいのほうが毛穴がよく開くと思われるかもしれませんが、熱すぎる蒸しタオルだと赤ら顔になったり、下手するとやけどをしたりということになりかねませんので注意してくださいね。
蒸しタオルを鼻に乗せてしばらく置き、タオルが冷める前に洗顔しましょう。
蒸しタオルで温めた顔は、とてもデリケートで傷つきやすくなっていますので洗顔の際にはしっかり泡立てた泡で優しく洗ってくださいね。
蒸しタオルは顔の水分を蒸発させて乾燥させてしまう効果もありますので、毎日するのはおすすめしません。
蒸しタオルを使うのは週に2,3回にとどめておきましょう。

引用元-角栓除去の正しい方法|除去後のケアと予防法5選も完全解説!オロナインを使うのは効果的?おすすめ商品や専門エステもご紹介!|welq [ウェルク]

綿棒を使いたくない!鼻の角栓汚れを防ぐ方法

クレンジングはメイクとよくなじませて、洗顔料はよく泡立ててから肌のすみずみまでやさしく丁寧に洗い、汚れをきれいに落としましょう。
また、使用量や使用方法をしっかりと守ることも大切です。
特にクレンジングは濡れた手で使うことで洗浄力が落ちてしまうものもあります。
自分の使っている化粧品の正しい使用量・使用方法の通りに使うことで、より実感しやすくなる事も期待出来ますので、必ず確認してから使いましょう。

引用元-気になる角栓をきれいに?!角栓の原因と正しい対策とは?

角栓ができにくい柔らかくしなやかな肌をつくるために、しっかりと保湿をしましょう。
肌質によって必要な保湿ケアは異なりますが、基本的には化粧水で水分をたっぷり与え、美容液や乳液・クリームでフタをして、与えた潤いが逃げないようにしましょう。
皮脂の分泌が少なくカサカサしてしまう肌の場合は、水分とともに油分も不足しがちなため、油分を補う乳液やクリームまでしっかりと使う必要があります。
皮脂の分泌が多くテカリやすい肌の場合は、乳液やクリームは必ずしも使わなければいけないわけではありません。
乳液やクリームを使うことでさらに油分を増やしてしまい、毛穴を詰まらせる原因となることもあります。
皮脂が多い肌には、乳液・クリームは使用せず、油分が少なめで保湿力のある成分が豊富に配合されているさらっとした美容液で保湿するようにしましょう。

引用元-気になる角栓をきれいに?!角栓の原因と正しい対策とは?

twitterの反応

 - コスメ・美容