カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

赤ちゃんの目が充血していたらどうする?原因は何?

      2016/07/21

c58ad3e0f798f2e90900e0f19e7fb9aa_m

大切な赤ちゃんの目が充血していたらお母さんは慌ててしまいます。
赤ちゃんの目の血管は細く、充血しやすいとは言うものの、病気が隠れていたらどうしようと心配になってしまいます。
赤ちゃんの目の充血には、どんな原因が考えられるのでしょう。原因について調べました。

スポンサーリンク

関連記事

%e7%b5%8c%e7%94%a3%e5%a9%a6%e3%80%80%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%80%80%e4%bd%93%e9%87%8d
経産婦は産後の体重が減らない?!ダイエットのコツとは

出産後、体重を出産前の体重に戻そうとダイエットするママさんは多いと思います。
初産の時にはすぐに産前の体重に戻ったけれど、2人目、3人目の経産婦になると全然戻らない…。そんな経験はありませんか?
今回は、経産婦の産後のダイエットについて調べてみました。

4ヶ月 体重 小さい
4ヶ月の赤ちゃんの体重の目安~うちの子が小さい原因は何?

赤ちゃんの成長はパパやママにとって一番気になるところです。
成長の目安や他の赤ちゃんと比べて、うちに子は小さいかも…と気になってしまうものです。
そこで今回は生後4ヶ月頃の赤ちゃんの体重に注目して、なかなか体重が増えない原因を調べてみました。

赤ちゃん 発達 ゆっくり
赤ちゃんの成長発達がゆっくりと感じた時に考えること!

赤ちゃんの成長発達はパパやママにとって最も気になる事の一つです。
赤ちゃんの成長には基準や目安が記されており、赤ちゃんの発達がゆっくりと感じた時に心配になってしまう方も少なくありません。
しかし成長発達には個人差もあり、すべてが以上に繋がっているわけではありません。
子供の成長を温かく見守っていけるように、赤ちゃんの様子をしっかりと見極めましょう。

恥骨 痛み 妊娠初期
恥骨の痛みは妊娠初期の症状!原因と痛みを緩和させる方法

妊娠初期には様々なマイナートラブルが現れます。それは妊娠初期症状と呼ばれ、恥骨の痛みもその一つです。

つらい恥骨痛が起こる原因は何なのでしょうか?そこで症状の原因や対処法について調べてみました。

ぜひ参考にして、妊婦生活を快適に過ごせるように役立ててください。

エコー 性別 見方
エコーを使った胎児の性別の見方とは?

子供の成長をみたり、出産時期を割り出すためにもエコーの検査は、妊婦にとって楽しみなものですね。妊娠中期入るころ、多くの親が気になるのは胎児の性別ではないでしょうか。エコー検査で胎児の性別はどのように分かるのでしょうか。エコーを使った胎児の性別の見方について調べました。

%e4%bf%9d%e8%82%b2%e5%9c%92-%e9%bc%bb%e6%b0%b4-%e4%bc%91%e3%82%80
保育園を鼻水で休む?お休みする基準と気になる病気について

保育園に通う子供にとって、鼻水症状は珍しいものではありません。
保育園は仕事をするママが多く、軽い風邪くらいでは休まない子も少なくありません。
そこで保育園を休む目安をリサーチしてみました。
鼻水と言っても、注意が必要な症状もあるようです。ぜひ参考にして、子供の健康を考えてみましょう!

子育て 仕事 辞める
子育ての為に仕事を辞めるべき?育児と仕事の両立への不安

出産や子育てを理由に仕事を辞める選択をする女性はとても多く、女性の社会進出が進んだ今でもそれは変わりません。

やはり仕事を辞めていく女性の中には、仕事と育児の両立に不安を抱く方が多いようです。

しかし子育ての為に仕事を辞めるべきなのでしょうか?様々な角度から育児と働くママについて調べてみました。

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-3%e5%9b%9e%e9%a3%9f-%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99
離乳食を3回食に進めるタイミング~赤ちゃんの成長と見極め

離乳食後期になると、そろそろ3回食かな?と考え始める頃です。
しかし赤ちゃんそれぞれに食べる量やタイミングもあり、パパママがしっかり気極めをしながら進めることが重要すで。
そこで離乳食を3回食に進める時のタイミングやポイントをまとめてみました。
ぜひ参考にして、赤ちゃんに合わせてゆっくりと進めていきましょう!

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-6%e3%83%b6%e6%9c%88-%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88
気になるアレルギー…離乳食は6ヶ月頃スタートがオススメ!

今までは離乳食スタートは5ヶ月頃が良いとされていましたが、最近は6ヶ月頃からスタートさせるママが増えているようです。
その理由の一つに赤ちゃんのアレルギーの問題があり、世界的に見ても6ヶ月頃が推奨されているようです。
赤ちゃんの離乳食スタートをどのように行うべきか、詳しくまとめてみました。
ぜひ参考にして、ママと赤ちゃんのタイミングで始めてみましょう!

赤ちゃん お菓子 食べない
赤ちゃんがお菓子しか食べないで離乳食を食べてくれません。

あなたの赤ちゃんはお菓子大好きですか? それともお菓子はまったく食べないですか?
離乳食は食べてくれますか?お母さんの悩みは尽きません(/_;)
赤ちゃんにどんなおやつを、いつ、どれほどあげたらいいか考えましょう!

adhd アスペルガー 子供
adhdとアスペルガー症候群の違い…子供に見られる特徴

子供の仕草や言動に違和感を感じたことはありませんか?もしかするとadhdやアスペルガー症候群などの広汎性発達障害の可能性があるかもしれません。

adhdやアスペルガー症候群の子供は正しく接してあげることで、成長に問題なく育っていくことができます。まずはこの障害の違いや対応をしっかり理解しておきましょう。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%b6%b3-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズに合った靴選び~ポイントと注意点

とても小さくて可愛らしい赤ちゃんの足は、成長も早くみるみると大きくなっていきます。
ファーストシューズに始まり、どんどんと靴のサイズも大きくなっていきます。
赤ちゃんの健やかな成長の為にも、足のサイズや成長段階に合ったピッタリの靴を選んであげましょう!

一歳 咳 夜中
一歳の赤ちゃんの咳が夜中だけひどくなる時どうしたらいい?

一歳の赤ちゃんが苦しそうに咳込むとお母さんも辛いですね。
昼間は元気でも夜中だけせき込むと、睡眠不足になってしまいます(/_;) 
どうして夜だけなのでしょうか? 危険な場合もありますか? 
経験者やお医者様から対処法をお聞きしました。ぜひ参考にされてみてください!

胎児 心臓 検査
妊娠期間中に行う胎児の心臓の検査ってどんなもの?

病院の検査で妊娠したことが分かると、お腹の中の赤ちゃん「胎児」が元気に育っているかどうか定期的に検査することになります。
出産前に行う検査を総評して「出生前診断」といいますが、そのうちの胎児の心臓に関する検査について詳しくみていきます。

1%e6%ad%b3%e5%8d%8a-%e4%b8%8b%e7%97%a2-%e9%a3%9f%e4%ba%8b
1歳半の子供が下痢の時に気をつけたい食事のポイント

子供に下痢の症状が現れると、栄養や健康状態を計るためにも食事の管理が重要になります。
子供が元気であっても下痢症状が続くということは、体に何らかの原因が関係しているということです。
今回は1歳半以降の子供に注目し、食事を与える時にどのような事に気を付けるべきか、ポイントや注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの目は充血しやすく多くは心配ないもの!

赤ちゃんの目は充血しやすい?

赤ちゃんの目が充血していることはよく見られますが、その多くは心配する必要がありません。
というのも、一時的な眠気やかゆみのせいで目をこすってしまったことが原因だからです。
また、逆さまつげになっている赤ちゃんも多いため、目に違和感があってこすっている場合もあります。
軽くこすって充血したものであれば、放っておいても1~2日程度で治まるので心配しないでください。
ただ、毎日ずっと目をこすり続けていたり痒がり続けたりしている場合は、なんらかの病気の可能性があるので、しばらく様子を見てあげてくださいね。

新生児の白目が赤くなる?病気が原因じゃないの?

生まれて間もない新生児の白目が充血していることがあります。
目の毛細血管が切れてしまって出血したものなので不安を感じる方も多いと思いますが、心配はありませんよ。
これは、お産のときの圧力で静脈がうっ血したために、目の毛細血管が破けてしまったのが原因ですが、その後の目への影響は全くありません。
ほとんどの場合、2週間くらい経てば自然に吸収されて消えます。2週間以上充血が引かない場合は、念のため小児科か眼科を受診してくださいね。

引用元-赤ちゃんの目が充血する原因は?白目が赤くなる?病気のせい? – こそだてハック

赤ちゃんの目の充血はさかさまつげが原因なことも!

さかさまつげ(睫毛内反症(しょうもうないはんしょう))

*かかりやすい時期・季節/先天性・通年
*主な症状/目の充血、目やに

【こんな病気】
★まつげが内向きに生えていて眼球に触れます
赤ちゃんのまぶたは脂肪がついているため、まつげが内向きになる傾向があります。
その結果、まつげが眼球に触れた状態がさかさまつげです。
上まぶたより下まぶたに症状が多く、まぶたの脂肪が減ってくる2~3才ごろには自然に外向きになって治っていきます。

【治療とホームケア】
★症状が出る場合は、点眼薬で感染予防を
目やにが出る、目が充血する、屋外に出るとひどくまぶしがったりするなどの症状が強い場合には受診しましょう。
角膜保護薬と、感染を考えての抗菌薬入りの点眼薬などで結膜炎などの感染予防をする場合もあります。
角膜を傷つけるほどでなければ、自然に治るのを待ちますが、まつげがかたく、角膜に傷がある場合は、すぐに手術をすることもあります。
3才を過ぎても治らない場合にも、成長とともにまつげがかたくなって角膜を傷つける危険があるので、受診しましょう。
家庭では、湯で絞った清潔なガーゼなどで目やにをやさしくふき取ってあげましょう。

引用元-目の病気|赤ちゃんの病気【たまひよnet】

赤ちゃんの目の充血は、結膜炎かも!

結膜炎

気になる症状が充血だけの場合、その多くはいわゆる「結膜炎」。でも、結膜炎も原因によってさまざまです。
細菌性の結膜炎の場合、黄色っぽい目やにが出てきたり、本人が痒がって目をこすり続けたりすることが多くあります。
アレルギー性の結膜炎であれば、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状を伴う場合が多くあります。
アレルギーの場合、原因となるものがはっきりできるかどうかが今後の生活にも関わってきますね。
流行性の結膜炎いわゆる「はやり目」は、アデノウィルスが原因となる感染症です。
多量の目やにで目も開けられないような場合もあるくらい。
乳児は重症化しやすいので、特にめやにが多量になりかゆがる様子もあるようであれば病院を受診することをおすすめします。

引用元-赤ちゃんの目が充血しているときの原因と対策 | BabyNote

赤ちゃんの目の充血の原因は鼻涙管閉塞(涙目)かも!

涙は涙腺というところから作られ、目の表面を潤し、一部は眼球から蒸発されますがほとんどの涙は目頭にある涙点という小さな穴から吸収され、そこから鼻涙管という細い管を通り鼻腔内に排出されます。
まだ小さいお子さまの場合この涙の通る道(涙道)が未発達な状態の場合があり、涙がうまく排出されずに行き場の失った涙が溜まり涙目になる症状のことをいいます。
通常は発達とともに症状が自然に改善されますが、成長しても改善が見られない場合は、先天性鼻涙管閉塞症を疑う必要があります。

症状
鼻涙管閉塞(涙目)になると、涙がうまく循環しないため涙道の中で細菌感染する場合があり、涙目の他に目やにが多く見られるようになります。
こうなると涙嚢に炎症を起こす涙嚢炎と呼ばれる病気になります。
また、生後間もない時期に似た症状として新生児結膜炎という病気もあります。
鼻涙管閉塞(涙目)に似てはいますが、症状としてはまぶたが赤く腫れたり、結膜の充血などの症状があります。

引用元-鼻涙管閉塞(涙目) | びさい眼科/一宮市の眼科

赤ちゃんの目の充血の原因は新生児涙嚢炎かも!

眼瞼や涙器の病気

新生児涙嚢炎
■新生児涙嚢炎とは
涙は涙腺で作られて眼球表面を潤し、目頭にある涙点という小さな穴に吸い込まれます。
吸い込まれた涙は細い管(鼻涙管)を通って鼻の奥へと流れます

引用元-日本眼科学会:目の病気 新生児涙嚢炎

この管の途中(主に鼻腔への出口の部分)に膜のようなものが残り、行き止まりになってしまった状態のまま生まれてくるお子さんがおり、これを先天性鼻涙管閉塞症と呼びます。
この場合、涙は行き場を失ってしまうため、赤ちゃんはいつもたくさんの涙を目に浮かべているような状態となります。
うまく涙が流れないため、この管のなかで細菌感染を起こすことがあり、これを新生児涙嚢炎と呼びます。
こうなると、眼に涙が溜まる症状の他に、目やにが多く出るようになります。

引用元-日本眼科学会:目の病気 新生児涙嚢炎

twitterの反応

 - 出産・子育て