カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

突然の動悸。息苦しい、手の震えから考えられる病気と対処法

      2016/07/30

動悸 息苦しい 手の震え

突然の動悸。息苦しい、手の震えを感じたことはありませんか?
その症状はもしかすると何らかの病気が関係している可能性もあるようです。
そこで気になる症状から考えられる病気と対処法について調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

つわり 入院 食事
つわりで入院した場合の食事は?

妊娠経験のある人でつわりのあった人はわかると思いますが、つわりって本当に辛いです。

人によってつわりの重さや期間も違い、また一人目と二人目で違ったりもします。

つわりが重度の人は、入院になるので、そんな時は食事はどうなっているのでしょうか。つわりで入院の場合の食事について調べました。

目 痙攣 続く
目の痙攣が続く…症状の原因や考えられる病気について

目の痙攣が続く…この原因は目の疲労からくる症状だろうと簡単に考えていませんか?

実はその症状は何らかの病気からくるものかもしれません。そこで目の痙攣が続く症状から考えられる病気について調べてみました。

症状の改善には早めの対処が必要です。ぜひ参考にして、目の健康を取り戻しましょう!

c53bd983b81c3af516511452f0b07eb4_m
反回神経麻痺ってどんな病気?リハビリが改善のカギになる!

反回神経麻痺という病気を知っていますか?この病気の改善にはリハビリが重要になるようです。

様々な病気の後遺症としてもあげられる、反回神経麻痺について調べてみました。

長く続く喉の不調はもしかして反回神経麻痺ということも…気になる症状がある方はぜひ参考にしてください。

左下腹部 違和感 女性
左下腹部に違和感…。特に女性で考えられる原因とは?

女性が感じる下腹部の違和感。特に左下腹部には子宮や卵巣などがあり、大切な器官が備わっている場所です。
大したことではないと放っておくと、大事に至る可能性もあります。
左下腹部の違和感や痛みの原因や対処法などを探ってみました。

仕事 ストレス 診断書
仕事状のストレスで病気に…診断書と休職の手続きについて

最近はストレス社会とも言われ、様々なストレスを日々感じている方が多い時代です。
仕事上のストレスでの精神疾患も多くみられ、休職や退職にまで悪化してしまうことも…
その際重要になるのが「診断書」です。ぜひ参考にして早目に適切な対処を心がけましょう!

生理痛 激痛 救急車㈰
生理痛が耐えかねる激痛に!救急車を呼んでもいいですか?

もし男性に腹痛、腰痛、頭痛、胃痛、吐き気、めまい、だるさなんて症状が現れたらいったいなんの病気だろう?って重病を疑っちゃいますよね?
これらは女性に毎月訪れる生理の症状なんです。生理のある約7~8割の女性がなにかしら不快な症状を感じていると言われています。
なかには失神する程の激痛や止まらぬ嘔吐、立っていられない、など重症になる方も少なくありません。
生理痛だからとためらってしまう救急車についてと、生理痛あれこれを見てみましょう。

wpid-2015_09_15_05_44_2.jpg
脇腹や肋骨の痛み!痛い原因を探る

脇腹や肋骨に痛みを感じることがあります。痛い原因は何なのでしょうか?詳しく調べてみました。

貧血 検査 病院
貧血の検査をする時、病院の何科へ行く?

貧血は、よく聞く言葉ですね。女性や妊娠中の人もよくかかるもので軽視しがちですが、病気が隠れている可能性も否定できませんから病院で検査をすると安心できますね。そんなとき、貧血の検査は何科へ行くべきなのでしょうか?貧血とは詳しく何なのか、そして病院では何科へ行くとよいのか、について調べました。

肋骨 痛い 内臓
肋骨が痛い時の原因は内臓にある?

肋骨が痛いとき、骨の近くが痛いため、骨に原因があるのではないかと思ってしまいます。もちろんその可能性もありますが、実は内蔵に原因があることもあるのです。肋骨が痛いとき、原因によって痛み方や痛む部分が違ってくるようです。肋骨が痛む原因が内蔵にある場合について調べました。

ひじ 骨折 リハビリ
ひじの骨折はリハビリが重要!正しい知識でしっかり治そう!

ひじの骨折は、元の状態のように動かすために正しい治療とリハビリが重要です。

骨折以前のような、ひじの可動域を取り戻すためにも、正しいリハビリの知識が必要になります。

そこでひじの骨折やリハビリについて調べてみました。

二日酔い 吐く 血
二日酔いで何度も吐くと血が…!危険なマロリーワイス症候群

深酒をしてしまい、最悪な状態の二日酔い何度も吐いた経験がある方もいらっしゃることでしょう。
しかし繰り返し吐く状態が続くと、一緒に血を吐いてしまうことがあるようです。
この症状にはマロリーワイス症候群という病名もあるようです。そこで今回はマロリーワイス症候群について調べてみました。

タバコ 吐き気 病気
タバコを吸うと吐き気…考えられる病気と健康のための対処法

タバコを吸うと吐き気がすることはありませんか?
その吐き気は何らかの病気が原因となり、喫煙によって引き起こされている可能性があるようです。
そこで喫煙による吐き気に関係する病気について調べてみました。

咳 微熱 続く
体からのサイン!咳・微熱が続く時に考えられる病気とは…

咳や微熱症状が続く時、それは体からの不調のサインです。

放置しておくことで、症状の悪化や更に重篤な病気へと進行してしまう可能性もあります。

そうならない為にも早めの対処が必要です。そこで咳・微熱から考えられる病気についてまとめてみました。

人間 臓器 位置
人間の臓器の位置を正しくする方法は?

普段あまり気にすることがないと思いますが、人間の臓器の位置は意外と大事なようです。体に不調が現れた時、臓器の位置がずれてきているのかもしれません。どんな方法で臓器の位置はなおすことができるのでしょう? 人間の臓器の位置を正しくする方法について調べました。

心臓 痛み ズキズキ
心臓の痛み…ズキズキが続くときに考えられる原因と対策

心臓からズキズキとした痛みが続く…その原因は大きな病気が関係している可能性があります。
痛みを放置しておくと、原因によっては症状の悪化、または死に至るケースもあるようです。
気になる症状が現れたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

動悸。息苦しい、手の震えから考えられる病気①パニック障害

動悸がして震えの症状がでる病気というものがあります。

これは精神的な病気であることが多いです。
動悸や震えの症状がある代表的な病気と言われているのが「パニック障害」です。
このパニック障害というのは、パニック発作という急性の発作を繰り返す病気です。
突然と動悸や恐怖感、不安感などを繰り返すような症状です。
なにかきっかけがあるわけではなく突然発症するもので、パニック発作を繰り返してしまいます。
不安が大きくなり外出をしたり、1人で乗り物に乗ることが難しくなることもあるのです。
パニック発作というのは突然動悸や震えの症状の他に、息苦しさはめまいなどを伴う不安感に襲われます。
さらに死んでしまうのではないかというぐらいの恐怖感に襲われるのです。
この激しい動悸や震えというのは大きな恐怖感を与えるものです。
しかも、病気が隠れているのかといえばそうでもなく、病院で検査をしても特に異常はないのです。

引用元-動悸息苦しい!震えの症状あり!原因とは?改善方法はあるの!?

動悸。息苦しい、手の震えから考えられる病気②自律神経失調症

自律神経失調症とは

はっきりした身体の病気がないのに、精神的な影響で、自律神経症状がからだに出る状態です。
たとえば、ストレスが続いたりすると自律神経症状が出てきます。全身倦怠、めまい、頭痛、動悸、血圧の上下、下痢、不安感、緊張、イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、食欲不振、不眠といったさまざまな症状があり、数えきれません。
ただ、これらの症状から安易に自律神経失調症と自己診断してはいけません。
うつ病やパニック障害などの可能性もあるからです。
一方、なんらかの身体の病気があって、その原因や経過に心理的なものが深く関わっている場合を心身症といいます。
例えば、ストレスによる胃潰瘍や高血圧、気管支ぜんそく、過敏性腸症候群といったものです。
心因的な要素が大きい自律神経失調症や心身症はともに病態を表し、病名ではありません。

引用元-知ってるようで知らない!?“自律神経失調症”について学ぼう!! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

自律神経失調症の主な症状

頭痛・めまい・不眠・発汗・微熱・息切れ・息苦しい・嘔吐
肩こり・倦怠感・体重減少・背中の痛み・動悸・食欲不振
食欲不振・不整脈・左胸の痛み・腰痛・月経痛・月経不調
下痢・便秘・むくみ・手足の冷え・しびれ

引用元-知ってるようで知らない!?“自律神経失調症”について学ぼう!! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

動悸。息苦しい、手の震えから考えられる病気③バセドウ病

バセドウ病とは

20代~30代の若い女性に多い病気で、国内には数万人の患者さんがいると云われています。
バセドー病、バセドー氏病、グレーブス病とも呼ばれています。
全身の新陳代謝が異常に早くなることで、様々な症状があらわれます。
治療せずにほうっておくと重症化するので大変危険です。
治療により甲状腺ホルモンが正常値に戻ると症状はおさまります。

バセドウ病の原因

体内に甲状腺を刺激する物質(TSHレセプター抗体)ができて甲状腺を刺激し続けることによって起こる病気です。
甲状腺に「ホルモンを分泌せよ」と命令する物質に「似た物質」ができて甲状腺を刺激するので、甲状腺が過剰に反応して甲状腺ホルモンを必要以上に作り分泌してしまいます。
甲状腺機能亢進状態になるため、新陳代謝が異常に早くなり様々な症状があらわれます。

バセドウ病の症状

心臓がドキドキする。(動悸)
たくさん汗をかく。(多汗)
手がふるえる。
体重が減る。
目が出る。
目がギラギラする。
目つきが変わる。
疲れやすい。
イライラする。

引用元-甲状腺の病気「甲状腺機能亢進症[バセドウ病]」 -二田哲博クリニック[天神]-福岡市中央区天神

動悸と息苦しさ、手の震えはストレスが原因になっていることも…

ストレスも原因の1つ!

動悸は、ストレスで生じる症状の1つです。
緊張したときに心臓がバクバクするという経験は誰もがあると思いますが、これが過剰となれば勉強や仕事などに集中できなくなったり、怖くて外出できなくなってしまったり、生活に様々な支障をきたすようになります。
ストレスを受けることでストレスホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌が増えると血圧が上がり、心拍数が増えるため、動悸を感じやすくなるのです。
また、自律神経の乱れも動悸の原因となります。
ストレスを受けると、身体は緊張状態だと判断し交感神経が活性化し出します。
交感神経が活性化すれば、血圧が上がり、心拍数も上がります。
これによって人はストレスを受けると動悸を感じやすくなるのです。

そして、社交不安障害など心の病になると、人前で突然不安が強くなり、極度の緊張から頭が真っ白になって全く話せない状態に陥ってしまいます。
何をしゃべったらいいのか分からなくなるだけでなく、息苦しい、過呼吸、動悸がする、胸が苦しい、喉が詰まる、手足がしびれる、めまいといった様々な身体症状も伴います。

引用元-【動悸の原因・対処法】動悸は不整脈やストレスが原因の場合も!?命の危険がある場合も!原因を詳しく知ろう|welq [ウェルク]

突然の動悸、息苦しい、手の震えを感じた時の対処法

息苦しさを感じた時、ふと手を見ると手が震えている。と感じたことはありませんか?
動悸などの息苦しさを感じた時、呼吸は自然と早くなってしまいます。
たくさん息を吸うことで酸素が体内に通常よりも多く入り、結果体内の酸素の量が多くなってしまうことで手が震えてしまうのです。
手が勝手に震えているのを見るとさらにパニックになってしまいます。
もし息切れを感じた時に呼吸が早くなってしまっている事に気づいたら、呼吸を意識的にゆっくり保つようにしてみてください。
そして酸素の吸いすぎによる手の震えの場合は、二酸化炭素の量が減っているので、二酸化炭素を体に取り入れる事が大切です。
スーパーの袋などを口にあて、自分の吐いた二酸化炭素を吸い、体内に取り入れましょう。これを数回から数十回続けると自然と手の震えはなくなります。
全ての手の震えがこのような状態であるとは限りません。
手の震えが大きい場合や、二酸化炭素を取り入れても変わらない場合は他の原因が考えられるので、早めに受診することをお勧めします。
また、二酸化炭素を取り入れて改善される場合でも、回を追うごとに手の震え方が小刻みになってきているなど症状が悪くなってきている場合や、改善が見られない場合も別な場所に原因があるかも可能性もあるので、同じ方法を継続せず、効果が感じられなくなったら医師に相談してみましょう。

引用元-動悸息苦しい&手の震え:症状が併発する場合はこちら

 - 健康・病気