カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

喉に感じる異物感…もしかしたら甲状腺ガンの可能性も!?

      2016/08/11

喉 異物感 甲状腺

喉に異物感を感じたことはありませんか?実はその異物感は大きな病気が影響していることがあるようです。
その病気の一つに、「甲状腺ガン」があります。
今回は初期症状を見逃すと治療が難しくなるとも言われる「甲状腺ガン」と喉の異物感の関係について調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

アルコール 心臓 バクバク
アルコールを飲むと心臓がバクバクする原因と潜む危険性

アルコールを飲むと心臓がバクバクしたことはありませんか?
お酒が抜けると症状が治まるからと言って、その症状を放っておくのは体にとって危険です。
アルコール摂取による動悸の原因と危険性を理解し、適切に対処しながらアルコールと上手に付き合いましょう。

胃痛 腹痛 病院
急な胃痛・腹痛!病院に行くべき症状!

皆さんは急な胃痛や腹痛を感じた時、どのタイミングで病院に行きますか?

胃痛や腹痛には安静にしておけば治る症状と、病院に急いで受診した方がいい症状があるようです。

具体的に、胃痛や腹痛にはどんな症状があるのか、病院へ行く目安など詳しくまとめてみました。

post-61
ジェイゾロフトってどんな薬?服用中のお酒の影響

みなさんジェイゾロフトというお薬をご存知ですか?

ジェイゾロフトは抗うつ剤です。
病気の改善には服用中のお酒は避けたほうが良いですが、飲酒のことでストレスを溜めるのも良くないことです。

この薬の効能や服用中にお酒を飲むと、どういう影響が出るのか詳しく調べてみました。

316f78b9a947d50d1a80373a6f1192e5_m
脳出血の麻痺のリハビリ!正しい知識で家族で取り組む重要性

命をも脅かす脳出血。一命を取りとめたのも束の間、体には麻痺が残ってしまうことも…

麻痺の改善にはリハビリが重要になります。日々の生活にリハビリを取り入れることで、かなりの改善が期待できるようです。

そこで家族が協力してリハビリに取り組めるように、麻痺やリハビリのポイントについてまとめてみました。

子宮筋腫 手術後 痛み
子宮筋腫手術後の痛みの対処法と再発を防ぐポイント!

子宮筋腫は女性の病気の中でも特に多くみられる病気の一つです。
治療法としては手術が必要になるケースもあり、特に手術後の痛みが辛いと感じる方が多いようです。
そこで気になる子宮筋腫手術後の痛みについて詳しく調べてみました。

インフルエンザ 病院 待合室
インフルエンザ感染!病院の待合室にも気をつけよう!

1月2月は1年のうちでもインフルエンザの感染が拡大する時期です。体調不良などで病院に行き、待合室で感染してしまうという危険もあります。

そこでインフルエンザに感染しないための対策などをまとめてみました。ぜひ参考にしてインフルエンザの感染を食い止めましょう!

顔 シミ 病気
顔のシミは病気が原因?健康と美肌のためのポイントとは…

多くの女性が顔にできるシミを悩みに感じています。しかし顔にできるシミの原因は病気が関係していることがあるようです。

病気が原因でできるシミとはどんなもので、どんな病気が関係しているのでしょうか?

そこで気になる顔のシミについて調べてみました。ぜひ参考にして健康と美肌のためにできることをしてみましょう。

仕事 ストレス 診断書
仕事状のストレスで病気に…診断書と休職の手続きについて

最近はストレス社会とも言われ、様々なストレスを日々感じている方が多い時代です。
仕事上のストレスでの精神疾患も多くみられ、休職や退職にまで悪化してしまうことも…
その際重要になるのが「診断書」です。ぜひ参考にして早目に適切な対処を心がけましょう!

食欲不振 吐き気 下痢
食欲不振や吐き気、下痢の原因とは?

食欲不振や吐き気、下痢といった症状がでて、それが続くと何か病気になったのではないかと不安になりますよね。 食欲不振や吐き気、下痢とは よく起きる体調不良ですが、なぜ起きるのでしょうか。 食欲不振や吐き気、下痢の原因と対処法について調べました。

22a28e805a3c758a6fd9be8117af7b5a_m
鼻を打撲してしまった…ひどいときは迷わず病院へ!

スポーツをしているときはもちろん、日常生活でも鼻をぶつけてしまうことってありますよね。
鼻の骨はとても薄いので、弱い力でも簡単に折れてしまうことがあるそうです。
ただの打撲だったら安心ですが、もしかしたら骨折の可能性も考えられます。
ひどい打撲の場合は、我慢せずに病院を受診しましょう。
今回は、鼻を打撲した場合の対処方法について調べました。

wpid-2015_09_26_03_54_2.jpg
ヘルペス感染はお風呂が原因って本当!?

ヘルペス感染者と一緒にお風呂に入ると、感染してしてしまう危険性があるというのは、本当でしょうか?

ヘルペスはお風呂の椅子やタオルを介し感染する可能性があります。

二次感染を防ぎ、早く治療することをおすすめします。

感染や対処法など詳しく調べてみました。

卵巣 子宮 全摘出
卵巣や子宮の全摘出とは?体への影響はあるの?

子宮筋腫や卵巣腫瘍などの病気によって、卵巣や子宮の全摘出手術を受けなくてはならないことがあります。
全摘出することで病気が治ると言われても、子宮や卵巣がなくなってしまうというのは、女性にとってとてもつらいことですよね。
摘出したあと、心や体にはどのような変化があるのか?後遺症はあるのか?と誰もが不安になり、戸惑うことと思います。
病気を乗り越えるためにも、手術について・体への影響についてくわしく知っておくことが大切ですよね。
今回は、卵巣や子宮の全摘出手術について調べました。

くも膜下出血 頭痛 場所
くも膜下出血の頭痛の場所によって危険度が違うってホント?

ある日突然感じたこともない頭痛に襲われ、くも膜下出血で倒れてしまうケースが多いようです。

しかしくも膜下出血には発症する前の予兆などもあるようです。

それは頭痛の起こる場所や不快な症状など様々です。気になる症状がある方は早めに病院を受診しましょう。

wpid-2015_10_29_03_19_5.jpg
足の血管が切れる!?下肢静脈瘤って何?

みなさん、下肢静脈瘤を知っていますか?下肢静脈瘤は足の血管の病気です。

そのままにしておくと、足の血管が切れてしまうこともある大変な病気です。

日々の生活環境や生活習慣によって引き起こされる下肢静脈瘤。正しく理解して、発症や悪化を防ぎましょう。

%e3%81%be%e3%81%b5%e3%82%99%e3%81%9f-%e7%97%99%e6%94%a3-%e5%8f%b3%e7%9b%ae
突然起こるまぶたの痙攣、右目だけピクピクするのは何故?

外出中や仕事中、突然まぶたが痙攣し始め、なぜか右目だけ・左目だけずーっとピクピク動いている!といった経験はありませんか?
人に見られて「機嫌悪いの?ひきつってるよ」なんて言われたら困ってしまいますよね。
今回はまぶたの痙攣について調べてみました。疲れや乾燥が原因の場合もあれば、ちょっと心配な病気が隠れていることもあるようです。
どんどん酷くなっていくようなら、ぜひお医者様に相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

喉に異物感…もしかしたら甲状腺ガンかも

甲状腺は、いわゆる「のどぼとけ」(甲状腺軟骨先端)のすぐ下にある重さ10~20g程度の小さな臓器で、全身の新陳代謝や成長の促進にかかわるホルモン(甲状腺ホルモン)を分泌している。
羽根を広げた蝶のような形で、右葉と左葉からなり、気管を取り囲むように位置している。
甲状腺の病気は、男性よりも女性に多く見られ、これらは腫瘍ができるもの(腫瘍症)とそうでないもの(非腫瘍症:甲状腺腫、バセドウ病、慢性甲状腺炎[橋本病]など)に分けられる。
さらに甲状腺の腫瘍のうち大部分は「良性」で、がんではない。
しかしながら、中には大きくなったり、ほかの臓器に広がる「悪性」の性質を示す腫瘍があり、これを甲状腺がんという。
甲状腺がんでは、通常、しこり(結節)以外の症状はほとんどないが、違和感、痛み、飲み込みにくさ、声のかすれ(嗄声)などの症状が出てくることがある。このため、甲状腺の病気が甲状腺がんかどうかは、診察や検査をもとに詳しく調べていくことになる。。

甲状腺がんは、1年間に人口10万人あたり7人前後の割合で発症するとされている(地域がん登録全国推計値)。

引用元-甲状腺がんとは|検査や治療、ステージなど【がん治療.com】

喉に異物感…甲状腺ガンの種類

<甲状腺乳頭がん>

最も一般的なタイプの甲状腺がんで、甲状腺がん全体の約9割が乳頭がんともいわれています。
発症が多いのは40~50代の女性で、高齢になるほど悪性度が高くなる傾向があります。
進行は比較的ゆっくりしています。
リンパ節へ転移も多く起こりますが、リンパ郭清(リンパ節を切除する手術)をすれば、予後(治療後の経過)は良好とされています。

<甲状腺濾胞がん>

甲状腺がんの約5%が濾胞がんになります。年齢別の発症を見ると、乳頭がんに比べやや高齢者に多い傾向があります。
リンパ節への転移が少ない代わりに、血液に乗って肺や骨に転移(血行性の遠隔転移)することがあります。
この遠隔転移がない場合は、乳頭がん同様に比較的予後が良いタイプになります。

<甲状腺髄様がん>

甲状腺がんの約1~2%が髄様がんになります。
乳頭がんや濾胞がんは甲状腺ホルモンを作る細胞ががん化したものですが、髄様がんは傍濾胞細胞(カルシウムを調節するホルモンを分泌する細胞)ががん化したものになります。
髄様がんは家族性(遺伝性)の場合があり、遺伝に関係のない場合と半々です。
また、リンパ節や骨、肝臓に転移しやすい性質があります。進行は乳頭がんや濾胞がんより速いがんです。

<甲状腺未分化がん>

甲状腺がんの約1~2%に見られ、このタイプに関しては比較的男性にも多く発症します。
上記3種類では自覚症状がほとんどありませんが、未分化がんでは痛みや嗄声があります。
悪性度が高く、予後も悪いタイプになります。進行は速く、周囲への広がりや肺や骨への遠隔転移もしやすい性質があります。

引用元-のどに違和感を感じたら注意!甲状腺がんの症状 | いしゃまち

喉の異物感は体からのサイン…甲状腺ガンの初期症状

乳頭癌や濾胞癌の場合、初期にはのどぼとけの下あたりに腫れやしこりが見られますがそれ以外の自覚症状はほとんどありません。
しこりも表面に凸凹としたものが現れて唾液を飲む時に上下に動くのですが、自分では気づきにくいため家族や友人からしこりを指摘されて気づく人も少なくありません。
癌が進行し、大きくなれば喉の違和感や嗄声などの症状が現れるようになります。
一方、未分化癌は急激に甲状腺が腫れ痛みや発熱が見られるようになり更に進行すると癌が周囲を圧迫するようになり物が飲み込みにくくなったり呼吸困難が現れたりします。
いかがでしょうか?
喉に異変が起きた際、発熱をともなうと『風邪かな?』と放置することがよくありますがやはり、身体が何らかのサインを出した際にはかかりつけの病院にて診察を受けることをお勧めします。

引用元-甲状腺癌の種類と症状 喉の違和感・腫れなど

甲状腺がんは甲状腺に発生するがんなので、症状も喉周辺から表れることが多いです。
代表的な症状としては以下のようなものになります。

・コリコリとしたしこり。押しても痛くない
・喉に何か詰まっているような圧迫感・違和感
・理由のない声枯れ・むせる・深呼吸がしにくい

甲状腺がんの最大の特徴は首周辺にできる、固いしこりです。
初期段階では症状がないことが多く、しこりにも痛みを感じることはほとんどありません。
そのため、とある日ふとしこりに気付くことがほとんどです。

引用元-息苦しい原因、もしかして甲状腺がんかも!?

もしかして甲状腺ガン!?喉に異物感を感じたら何科を受診すればいいの?

喉を診療してくれる科は耳鼻咽喉科となりますが実際、喉に違和感を感じている方はもしや癌では?など深刻にとらえてしまい 
初めに内科に行き風邪薬を処方されて終了となるまたは大きな病院内をぐるぐると回されてしまうということも少なくないようです。 
あなたが喉の違和感を感じているならまずは、やはり耳鼻咽喉科へ行きましょう
耳鼻咽喉科にて喉に病変がないかをきちんと調べてもらいます 
もしも何も病変がないのであれば今度は心療内科にて診察となるでしょう。
長年、お医者様をされている耳鼻咽喉科の医師ですとこのようなケースはよく見ており詳しいようです
ストレス・更年期障害を疑い診療をすすめてくれます。
 
その他に病変があった場合はやはりそちらの診察を勧めてくれます。 
ですので、まずはかかりつけの信頼がおける耳鼻咽喉科にてあなたの喉の違和感を診察してもらいましょう

引用元-喉に違和感を感じたときにはどこの病院、何科に行けばいいの?

喉の異物感が甲状腺ガンだった時の治療は?

●分化ガン

未分化ガン以外の一般的な甲状腺ガン全体の総称です。
これはガン組織の切除手術を行います。
甲状線はのどにあるので人目につきやすい部位の手術は避けられません。
特に女性は術後の傷跡の心配などもあるでしょうが、現在の形成術は発達しています。
目立つほど傷跡が残るようなことはないので怖がらずにガンの治療に専念しましょう。
術後の状態は8割の人が普通の健康人と変わらぬ生活をおくつていますが、残り2割の人は予後がよくないのが現状です。

●未分化ガン

他の甲状腺ガンに類を見ない、とても質の悪いガンです。
局所療法として、放射線治療を行いますが、全身に転移している場合は投薬などの科学療法が行われます。

●血行性転移

ガン細胞が血管を通ってその他の部位に転移している状態のことを指します。
この場合は手術で甲状腺を全部切除した後、放射性ヨウ素(ヨード)の投与を行います。
甲状腺ホルモンの素となるのは海藻などに多く含まれているヨードなので、甲状腺の細胞は常時ヨードを取り入れています。
健康な細胞がガン細胞に変化を遂げると、今までの機能を果たさなくなるのが普通です。
しかし分化した甲状腺ガンは細胞がガン細胞化しても、まだヨードを取り入れようとする性質を微力ながら保っています。
この性質を治療に利用するのです。
最初に手術で甲状腺を切除しホルモン不足の状態にすると、体中に散らばった甲状腺ガン細胞のヨードを取り込む性質が活性化するので、そこに放射能を持ったヨードを投与します。
ガン細胞はそのヨードを取り込むことで放射線を浴び、死ぬのです。

引用元-甲状腺ガンの早期発見と診断治療法

 - 癌・三大疾病