カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

小児膠原病の気になる症状~大人とは違う発症の注意点

      2016/08/12

小児 膠原病 症状

小児膠原病という病気をご存知ですか?
大人の病気と思われがちな「膠原病」。しかし若年でも発症し、大人よりも症状が重くなる可能性が高いようです。
そこで小児膠原病の初期症状や注意点などをまとめてみました。気になる症状があれば早めの治療を心がけましょう!

スポンサーリンク

関連記事

喉 異物感 臭い玉
喉に感じる異物感…臭い玉の正体は?気になる治療と予防法

喉に異物感を感じ、鏡で見てみると喉の奥に丸いデキモノが…
その喉の奥のデキモノは、臭い玉かもしれません。意外と多くの方が症状を経験している臭い玉。
一体この症状はなんなのか、治療法や予防法など詳しく調べてみました。

夏 朝 吐き気
夏バテなのでしょうか? 朝いつも吐き気がするんです。

夏になると朝いつも吐き気がするというあなた。心配ですね(/_;)
それはどういう原因なのでしょうか?何か対策がありますか?いろいろと情報を集めてみました。
どうぞ試してみてください。暑い夏を乗り超えましょう!

生理がこない 検査薬 陰性
生理がこないのに検査薬の結果は陰性…考えられる原因は?

妊娠を待ち望んでいる方であれば、毎月の生理の有無が気になるところ。
生理日になっても生理がこないと妊娠を意識してしまうこともあるでしょう。
しかし検査薬の結果は陰性…この状況は妊娠していないのでしょうか?考えられる原因について調べてみました。

スポンサーリンク

大人よりも小児膠原病の方が症状が重い…

診断は子どもの場合比較的簡単です。
というのは、残念ながら子どもの方が重症だからです。
血液の検査とか尿を調べるだけで、もしかしたらSLEかなというのが1回の検査で大体診断がついてしまいます。
自己抗体などの陽性率も大人より高く、また、腎炎の頻度が高く、初診では大人では30%位ですが、子どもでは70~80%で、腎炎で見つかることも多いです。
例えば学校の健康診断で尿にタンパクが出ていることで、無症状の軽い症例もみつけられます。
 
年齢が小さいほど合併症があり、重症であるということは、子どもほど積極的な治療が必要で、副作用がある薬も使わざるを得ないということです。
ただお子さんの場合、例えば10歳で発病すれば、これから70~80歳までの人生があるわけです。
その間に女の子ですと、結婚、妊娠、出産という可能性があり、男の子ですと、職業を選ばなくてはいけないという事もあります。
 
皆さんは、おそらく5年生存率といった言葉をお聞きになったことがあると思いますが、子どもの場合は50年生存率ということを考えながら、治療していかねばならないわけです。

引用元-小児膠原病について

気になる小児膠原病の初期症状

膠原病の初期症状は、
発熱
強い疲れ
関節や筋肉の痛み
リンパ腺が腫れる
口や目が異常に乾く
風邪と同じ症状(咳とか鼻水など)
口内炎、目の結膜炎
指先のしびれや変色
発疹

などです。

ほとんど、普通の風邪と同じような症状なんで、お医者さんに行かないまま悪くなってしまう事が多いらしいです。
お医者さんでも風邪だと思って薬を処方してしまうんです。
なので、風邪薬を飲んでも長い間治らない場合は、要注意です。
疑ってかかった方がイイと思うんですが、決め手は、最後の3つの症状だと思います。

口内炎、結膜炎
指先の変色
発疹

ですね。

病気によっては出たり出なかったりするんですが、この症状が出てきたら要注意。
セカンドオピニオンで、複数の病院を受診することをお勧めします。

引用元-膠原病の初期症状は目と咳と筋肉と発熱に注意!女性が多い理由は?

初期症状は風邪と類似しており、発熱・咳・関節痛・下痢・腹痛・手足の痛み・むくみ・しびれ・倦怠感・湿疹・発疹などです。
これらの症状が1ヶ月以上続いた場合、膠原病の可能性も疑ったほうが良いでしょう。

慢性的に経過することもあり、病状が一時的に軽度になったり、再び重度になったりを繰り返しながら進行する場合もあります。

引用元-膠原病とは?初期症状は皮膚の発疹、熱、咳?病院は何科?寿命に影響? | くらし辞典

長引くしもやけは小児膠原病の症状かも…

寒い季節になっても、子供は外で遊ぶ事を好みますね。
子供の成長、発達の為にも外遊びを積極的に取り入れていく事はとても有意義なことです。
そのような中、よく見かけるのが子どものしもやけです。

子供は素手で多くの物に触れて、遊びを楽しみますので、手が冷えたり汚れたりと、しもやけを作る要因を沢山持っています。
しかし、これをただのしもやけで見過ごしてはいけない事があるのです。
実はしもやけに見えている手は膠原病といった疾患が原因で起こっているサインかもしれないのです。

母親などは特に、自分も冬場になると指や足が切れる方も多いので、子ども自分と同じであろうと見過ごしてしまいがちです。
膠原病 は発見が遅れると体の状態が悪化していきますので、しもやけと甘く考えずにきちんと病院などで原因を突き止め適切な治療を子供に受けさせる姿勢が重要です。

引用元-しもやけと思っている子供の手、実は膠原病が原因かも

膠原病は全身性エリテマトーデス(蝶形紅班)、強皮症(全身性硬化症)、皮膚筋炎(多発性筋炎)といったように、初めに皮膚に症状が現れる事が多くみられます。
その中でも、しもやけと間違われ易い、レイノー現象は強皮症の初発症状であり、注意が必要です。
レイノー現象は寒い時期に手足の指が白くなったり、紫になったりして、冷感やしびれを伴う事が多いのが特徴です。
典型的な例は指の色が白、紫、赤と移行していきますので、ちょうどしもやけの症状に似ています。
その為、皮膚科を受診したり冷え性であると思われたりして強皮症の発見が遅れてしまう事があるのです。

引用元-しもやけと思っている子供の手、実は膠原病が原因かも

小児膠原病かも…気になる症状は何科を受診するべき?

膠原病は、慢性疾患になりますので、症状が長いことが特徴です。

また、良くなったり悪くなったりする症状があれば、要注意です。
発熱、咳、蛋白尿、関節痛、湿疹、下痢、腹痛、体がだるいなどの症状が長く続く場合、膠原病の可能性があります。
風邪や胃腸炎の症状に似ていますが、1週間も、2週間、1ヶ月も改善しなければ、風邪ではない可能性が高くなりますので、一度医療機関を受診するようにしましょう。

■子供の場合
まずは小児科に受診しましょう。詳しく問診で、膠原病が疑われた場合、血液検査や尿検査を行います。
さらに関節痛がある場合は、整形外科でも診てもらうことが大切です。
日本アレルギー学会認定認定アレルギー専門医になる試験に、膠原病の知識が必ず問われますので、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を標榜されているといいかもしれません。

引用元-膠原病(こうげんびょう)の種類・初期症状・治療法 [膠原病・リウマチ] All About

病院で膠原病の検査

検査を受ける事ができる病院は、全国に数多く存在します。
中でも、より詳しい検査を受けたいという場合には、膠原病科やリウマチ科といった専門の外来を開設している病院を選ぶと良いでしょう。
何故なら、専門の外来の方が早期発見に繋がりやすいからです。
そこでまずは一度、身近に専門の外来がないかどうかを調べてみる事をオススメします。

引用元-膠原病の検査-病院は何か?検査項目と数値、入院・料金・費用など

小児膠原病での注意点は症状によっても違う!

日常生活で注意することはありますか

日常生活で注意することはそれぞれの症状により異なってきます。
例えば若年性関節リウマチの場合は適度に運動を行うことも大切になってきますが基本的に全てに共通しているのは以下のことです。

規則正しい生活をすること。
疲労やストレスを貯めない
食事は栄養バランスを考えたものをとる
外出するときは紫外線に注意する
体調管理をしっかりする

このようなことに膠原病患者は注意する必要があるでしょう。
他にも医師の指示があればそれに従った生活をするようにしてください。

引用元-【小児膠原病とは】小児リウマチの症状と原因 – 膠原病の全て

禁止事項に近いものがほとんどで、なかなか難しい問題だとは思います。
発病された方が日々の生活をおくるうえで、次に紹介する注意事項に気をつけていれば病気の悪化を防げます。
膠原病は、疲れやストレス、睡眠不足などが悪化を招く要因になるので、睡眠をたくさんとることが最も良いです。
外出するときは感染症に気をつけ、マスクなどをして出かけましょう。
その際身体を冷やさない事と、直射日光に当たり過ぎないように心がけましょう。
外出先は、人混みなど環境の悪い所はなるべくさけて、外食も食べ過ぎやアルコールの飲みすぎには注意しましょう。
血液をサラサラにする薬などステロイド剤を服用している人は、血が止まりにくかったり、傷が完治しにくい為、けがには充分注意が必要です。

引用元-膠原病の原因と注意点 – 【膠原病と歩く道のり】

 - 体調不良