カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

声を大きくするために腹筋を鍛えることは本当に必要ですか?

      2016/08/27

声 大きく 腹筋

「声を大きくしたいから腹筋を鍛えよう!」ってよく聞きますけど、これは本当なのでしょうか?
実は腹筋よりももっと大切で効果的な方法がたくさんありました。
専門家のご意見を参考にしながら、明るく元気に大きな声が出せるようになりますように!(^^)!

スポンサーリンク

関連記事

チューブ トレーニング 野球
最近流行りのチューブトレーニング。野球に有効ですか?

チューブトレーニングはプロ野球選手も行なっていて、今とっても流行っています。
効果のほどはどうなのでしょうか?
正しい使い方、間違った方法がありますか?
鍛え方が無駄にならないように、試してみる前にしっかりと情報を得ておきましょう!

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e3%80%80%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%80%80%e6%b6%88%e8%b2%bb%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%83%bc
自転車とウォーキング、消費カロリーが多いのはどっち?

ダイエットや健康維持の為に運動しようと考えている方は多いと思いますが、自転車やウォーキングなど身近で簡単に思いつく運動があるのになかなか行動に起こせないのはなぜでしょう?それはメリット・デメリットがわりにくいから。
さらに消費カロリーの計算方法がわかれば計画が立てやすく、始めやすいのではないでしょうか?

156%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%81%e3%80%80%e4%bd%93%e9%87%8d%e3%80%80%e5%b9%b3%e5%9d%87
156センチの女性。理想体重と平均体重。

156センチ前後の女性に質問!あなたの体重はどれくらいありますか?
モデルのようなプロポーション。モデルのようなプロポーション。私の憧れです。(まぁ・・。ほど遠いですが(泣))
そんなモデルのようなプロポーションに憧れ、ダイエットしている女性も多いとか。でも、ちょっと待って!!無理なダイエットは危険!!
ダイエットする前に、健康的な理想体重と、平均体重を把握し本当にダイエットが必要なのか、ダイエットの知識などを見てみましょう!

足首 細い 運動神経
足首周りが細いのはなぜ?運動神経がいい人に多い?

運動神経は先天的なものでしょうか?スポーツ選手には足首が細い人が多いという話があります。
それでは、足首が細い人は生まれながらに運動神経が良いといえるのでしょうか。
足首が細いことが運動神経に関係があるのか調べてみました。

運動 筋肉 体重
運動して筋肉をつけるメリット〜体重よりもスタイルアップ

運動をした翌日、また運動を継続して行っている時に、体重が増えた経験はありませんか?
ダイエットを目的として運動をしている方にとっては衝撃的なこの問題。その原因は運動と筋肉の関係にあるようです。
体重が減らないと悩む前に、ぜひ参考にしてスタイルアップにつなげましょう!

ランニング 筋肉 体重
ランニングで筋肉増加!?体重は増えてもメリハリボディ!

ランニングを始めると筋肉が増え、一時的に体重が増加することがあります。

これは脂肪よりも筋肉の方が重太鼓とが原因のようです。体重だけで太ったと感じても、見た目には嬉しい変化も見られます。

体重を落とすダイエットではなく、筋肉を意識した正しいランニング法でメリハリのある体型を手に入れましょう!

持久力 トレーニング 家
持久力を高めるトレーニングを家で行なう方法がありますか?

持久力をアップしたいですね。家で誰でも簡単にできるトレーニングを調べてみました。
踏み台昇降、エアー自転車漕ぎ、サーキットトレーニング、もも上げ、バービージャンプ。その方法をお知らせします。
どうぞ参考にして頑張ってください!(^^)!

足 筋肉 つける
足に筋肉をつけると美脚に!?効果的な筋トレのポイント

女性の多くが憧れる美脚。美脚を目指すならただ痩せるだけではなく、足に筋肉をつけることが重要になります。
そこで美脚のためのトレーニングや効果的に行う方法をまとめてみました。
毎日の習慣にして、美しく引き締まった足を目指しましょう!

ランニング 毎日 効果
ランニングを毎日効果的におこなうためのポイント!

ダイエットや健康維持のためにランニングが注目されています。
毎日無理せず継続することで、高い効果が期待できるようです。
そこでランニングを効果的におこなうためのポイントをまとめてみました。ぜひ参考にして毎日の習慣にしてみましょう!

10キロ ランニング 毎日
10キロのランニングを毎日するメリットは?

手軽に始められる運動ということもあり、ランニングを毎日している人がいますね。距離は人によってまちまちですが、10キロのランニングを毎日するというのは、なかなか大変です。10キロランニングを毎日するとどんな良い変化が起こるのでしょう?10キロランニングを毎日することのメリットについて調べました。

%e4%bb%95%e4%ba%8b-%e9%81%85%e3%81%84-%e3%81%93%e3%82%99%e9%a3%af
仕事で帰宅が遅いのですが、夜ご飯食べた方がいいのですか?

寝る前の3時間は食事を摂らない方が良い、というのは常識ですが、実際は仕事で帰宅が遅いという人は多いのではないでしょうか…
そんな時夜ご飯をどうすればいいのでしょうか?
太らず、健康に良い深夜の食事の仕方をぜひ学んでおきましょう(^_-)-☆

%e8%85%b9%e7%ad%8b-%e6%af%8e%e6%97%a5-100%e5%9b%9e
腹筋を鍛えたい!毎日100回トレーニングをすればOK?

ちまたでは腹筋女子という言葉が流行っているようです。
少し前には「毎日100回トレーニングをしたら腹筋が割れた!」というインスタやツイッターをテレビで特集していました。
オヘソチラ見えのファッションでお腹が割れていたら恰好良いですよね。でも毎日腹筋を100回するのはちょっと無理かも…。
もうちょっと少なくしたらNG?器具が無いと駄目?
今回は今注目の腹筋運動について、メリットや方法、注意点を調べてまとめました。
脂肪が付きやすくなる秋冬に頑張って、春に薄着になっても怖くないお腹を目指しましょう!

肩甲骨 筋肉 鍛え方
肩甲骨周りの筋肉の鍛え方〜背中美人を目指すには…

体を動かす上で、肩甲骨周りの筋肉の柔軟性が可動域を広げる決め手になるようです。
肩甲骨周りの筋肉を整えることで、体全体のバランスも整い美しいボディーラインへと変わっていきます。
そこで肩甲骨周りの筋肉の効果的な鍛え方をまとめてみました。ぜひ参考にして背中美人を目指しましょう!

female-body-type-average2
世界の女性の体型!平均はどのくらい?

国によって女性の体型は全然違います。

世界の女性の体型は国によって様々ですが、平均には大きな違いはないようです。

では世界の国々の平均はどのくらいなのでしょうか?いろんな国の女性の平均体型を調べてみました。

%e5%a4%aa%e3%82%82%e3%82%82-%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88-%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99
太もものダイエットにウォーキングは効果がある?

身体の中で一番痩せたい、という時、よく話題に出るのは「太もも」です。
でも、太もものみのダイエットをしたいと言ってもなかなか難しいですよね。
簡単に出来るダイエットとして浮かぶのは「ウォーキング」ですが、
果たして効果はあるのでしょうか。 今回は太もものダイエットにウォーキングは効果があるのか、調べてみました。

スポンサーリンク

声を大きくするためには腹筋より呼吸法です

自分でできる簡単なボイストレーニング

引用元-小さい声|声の悩みと改善方法|ボイストレーニング

痩せて運動不足の人や肺活量の少ない人の場合、肺から息を押し出す力が不足して、声が小さくなっていることがあります。
その場合は、息を押し出すための筋肉を鍛える必要があります。
床に寝た状態から体を起こす腹筋運動で鍛えられる腹筋というのは、腹直筋など、体の表面の筋肉で、呼吸にはあまり関係ありません。
そのため、腹筋だけを鍛えても、声を大きくする目的には不十分です。
腹筋のほかに、呼吸に関係するインナーマッスルを鍛える必要があります。
スクワットや腕立て伏せをゆっくり行うのも有効です。
なお、特別に体力のない人を除いて、普通の人にはある程度の腹筋はついています。
そのため、腹筋運動をわざわざ行う必要はありません。

引用元-小さい声|声の悩みと改善方法|ボイストレーニング

有酸素運動と呼吸法を組みあわせて練習するのが効果的です。
ゆっくりと歩きながら、あるいは、足踏みをしながら、腹式呼吸で息を吸い込み、次に、息を吐き出します。
この時、肺の上から下まで、十分に息を入れるようにします。
ただし、力は入れないでください。これを数分以上繰り返します。

引用元-小さい声|声の悩みと改善方法|ボイストレーニング

この運動に加えて、毎日、大きめのゴム風船を何度も膨らますとか、あるいは、2リットル程度のペットボトルを口に当てて強く吸ったり吹いたりするとかといった運動を何度も行うのも効果的です。
肺を限界まで拡張・収縮させる運動を1か月ほど続けると、肺活量が確実に大きくなります。

引用元-小さい声|声の悩みと改善方法|ボイストレーニング

声を大きくする腹式呼吸はこの腹筋運動で!

腹筋をつけることで、腹式呼吸のコントロールを良くすることが出来ます。

いくら腹式呼吸を覚えても、腹筋があまりにもなければ、コントロールしにくくて、すぐに疲れてしまうことがあります。
腹筋を割れるほど鍛える必要はありませんが、ある程度の腹筋がある方が、体力的に疲れにくくなります。
上体を起こす腹筋運動の場合は、首を痛める人もいますので、首を出来るだけ動かさないで出来るオススメの腹筋運動がありますので、腹筋運動で首を痛めやすい人は、次の方法を試してみて下さい。

①まず、床に寝転がって仰向けになります。
②手は伸ばして体の横におき、膝をまげて膝の間に固めの枕などを挟みます。
③その状態で、膝の間の枕を膝と太ももでつぶしながら、腹式呼吸のように息を吐ききります。(このとき、腹筋と膝の枕を同時にギューと締めるように息を吐いていきます。)
④もう腹筋を縮めることが出来ない!というくらいに腹筋を締めたら、息を吸って腹筋を緩めます。

これを繰り返すだけです。
この運動はインナーマッスルを鍛える腹筋運動のやり方なので、普段、腹筋運動をしないような人は、翌日にかなりの筋肉痛になることもあります。
ですから初回は、3回などからはじめてみると良いでしょう。
調子に乗って初回に10回も20回もすると、翌日に腹筋が痛すぎて、回復するまで動きにくくなったりしますので、まずは、3回から5回くらい行ってみて、翌日の筋肉の状態から、自分の行う回数を決めていきましょう。
少ない回数でも、かなり腹筋にダイレクトにくる運動ですので、「3回なんて、回数が少なすぎて足りないのでは?」とは思わず、自分の筋肉量と相談しながら、やりすぎないように注意して下さい。

引用元-腹式呼吸ができない! 歌うときにお腹から声を出す3つのコツ – 歌を上手く歌う77の上達のコツ~これであなたもカラオケの人気者!~

声を大きくするには腹筋より横隔膜を鍛えましょう

声は横隔膜です。

引用元-良い声を出すための「腹筋トレーニング」の勘違い 腹筋の使いすぎは声に良くない:永井千佳の音楽ブログ:オルタナティブ・ブログ

腹筋がつくことは健康やスタイルにとっては良いことなのですが、発声の場合、腹筋に頼って力んで声を出す癖がつくと、なかなかとれなくなりますから注意が必要です。

引用元-良い声を出すための「腹筋トレーニング」の勘違い 腹筋の使いすぎは声に良くない:永井千佳の音楽ブログ:オルタナティブ・ブログ

横隔膜の動きを、簡単に、確実に確認し、さらに鍛えてあげることができる方法があります。
それが「ドギーブレス」です。

引用元-良い声を出すための「腹筋トレーニング」の勘違い 腹筋の使いすぎは声に良くない:永井千佳の音楽ブログ:オルタナティブ・ブログ

1、肋骨のすぐ下あたりのお腹に手を当てる
2、「あ」と言うつもりで口をあけて舌をのばす。舌先が軽く下唇にふれるように。
3、「ハァハァハァハァ・・・・」と犬のように呼吸する。呼吸は、はく息と吸う息が均一になるように。呼吸がどちらかに偏るとドギーブレスが続きません。このとき、お腹に当てた手で、呼吸のリズムに合わせてお腹がペコペコと動くのを確認してください。
ヒント:初めての方は、まずは肋骨のすぐ下お腹を意識してください。なれてくれば、肋骨すぐ下脇腹なども動くことを確認できるようになります。
4、これを10秒続ける。
ヒント:結構キツいですがキツくて正解です。

・計二回行ってください。

引用元-良い声を出すための「腹筋トレーニング」の勘違い 腹筋の使いすぎは声に良くない:永井千佳の音楽ブログ:オルタナティブ・ブログ

腹筋ではなくインナーマッスルを鍛えて声を大きくする発声練習

大きい声の出し方

ドギーブレスを行う要領で、「あ」「い」「う」「え」「お」と短く発声する
ドギーブレスを行う要領で、「あー」「いー」「うー」「えー」「おー」と長く発声する
横隔膜を動かすコツをつかんだら、次は喋り声でも横隔膜を使いながら会話できるようになりましょう。
発声する時に肋骨の下の辺りを手で押さえて、横隔膜が動いていることを意識しながらやります。
この発声練習を続けていくことで、自然に大きな声を出すことができるようになっていきます。
日常生活の会話の発声でも、上手に横隔膜が使えるようになります。

犬式呼吸の副次効果
歌が上手くなる
猫背が治る
姿勢が良くなる
犬式呼吸には、歌の声量をアップさせる効果もあります。
カラオケが上手くなりたい人にもおすすめです。
合唱部の人や演劇をする人の声を出しやすくするトレーニングにも最適です。
犬式呼吸で横隔膜を鍛えることによって、お腹を使った本格的なビブラートができるようにもなります。
喉を使ったビブラートを改善できます。
フェイクを上手に使えるようにもなり、歌唱力がアップします。
さらに、お腹のインナーマッスルを鍛える作用もあります。
猫背を治し、スタイルを良くすることができます。

引用元-声を大きくする方法|横隔膜を鍛えるドギーブレス発声練習 – 美しい私を取り戻せ!ずぼらな美容と健康法

腹筋とは別の声を大きくする筋トレ

・おすすめの「普通の筋トレ」

1.ストレッチ
首・肩と股関節は特に声に効果があるらしいので、毎日やってもいいです。
首・肩は「姿勢矯正」の項で改めて書きます。
股関節は、とりあえず両足を開いて伸ばして座り、その状態で両肘が地面に着けられる程度を目標に、各自風呂上がりにでもがんばってみましょう。

引用元-良い声になるための筋トレとは? – 烏は歌う

2.姿勢矯正
とりあえず、首・肩の位置が悪いと「歌う筋肉」に致命的に悪影響を及ぼすので、そこから矯正しましょう。

引用元-良い声になるための筋トレとは? – 烏は歌う

3.背筋+α
とりあえず「運動不足」で「猫背」な人は、背筋が足りない場合が多いです。
何気なく立ってると頭と肩が前に出てくる人は、背筋を鍛えれば改善する・・・かもしれない。
あと、背筋は「歌うための筋肉」を強力にサポートしてくれるので、パワフルな声が欲しい人は是非鍛えてみるべき。
で、背筋の鍛え方ですが、普通に背筋してもいいけど、「普段から背筋を伸ばす、胸をはる、首・肩を後ろ気味にキープ」ってのが一番です。

引用元-良い声になるための筋トレとは? – 烏は歌う

4.下半身の筋トレ
下半身を鍛えると、姿勢維持が楽になるし、いわゆる「声の支え」というものを手に入れるための手がかりになります。
とりあえず、ふとももまわりは発声に大きな影響を与えますので、スクワットとか地味に効きます。
あとは、かかとをつけたまま爪先を開いていったり(ふとももの内側に力が入るはず)、膝を曲がらない方に曲げるくらいなイメージで、限界までまっすぐに伸ばしたり(ふともも全体に力が入るはず)して、「筋肉を緊張させるとどんな感じか」を意識したり、そのまま声を出すと声にどのような変化が起こるかを意識しましょう。「下半身の支え」が手に入るかも?

引用元-良い声になるための筋トレとは? – 烏は歌う

twitterの反応

 - ダイエット・フィットネス