カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

耳から音がする…ドクドク脈打つ原因と不快な症状の解消法

      2016/09/24

%e8%80%b3-%e9%9f%b3%e3%81%8b%e3%82%99%e3%81%99%e3%82%8b-%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%af%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%af

耳からドクドクする耳鳴りの症状を感じたことはありませんか?
耳の中から音がする原因は様々あり、中には放っておくと危険な時もあるようです。
体からのシグナルをしっかり把握し、適切に早めの対処をしていきましょう!

スポンサーリンク

関連記事

左目 痙攣 上
左目の痙攣、上まぶたのピクピク。原因は何でしょうか?

左目の上まぶたが痙攣するほとんどの原因は、疲れやストレスにあるようです。
目を休めても治らない場合、メガネやコンタクトが合ってないのかもしれません。
病気が潜んでいる場合もありますので、まず、情報を取り入れて、対策を考えてみましょう!(^^)!
皆さんのご意見を参考にしてみてくださいね。

%e8%8b%a5%e8%80%85%e3%80%80%e8%84%b3%e3%80%80%e7%97%85%e6%b0%97
若者の間で増えている?!脳の病気とその原因とは

脳の病気で代表されるのは、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍、また認知症の一つである「アルツハイマー病」などがあげられます。
いずれも発症する年齢層は、中高年の方が中心であるイメージがあると思います。
しかし、若者でも発症する病気があるのをご存知でしょうか。今回は、若者に増えている脳の病気について調べてみました。

%e9%bc%bb-%e5%91%bc%e5%90%b8-%e3%81%97%e3%81%a4%e3%82%99%e3%82%89%e3%81%84
鼻呼吸しづらいことで起こる問題と辛い症状を改善する方法

寒い季節は風邪などの症状が現れやすく、鼻詰まりなどから呼吸がしづらくなってしまうことも…
しかし鼻呼吸がしづらい事で、口呼吸になると体には様々な問題も出てくるようです。
では鼻呼吸のしづらさをどう改善するべきなのか、詳しくまとめてみました。
ぜひ参考にして、辛い症状の早期緩和を目指しましょう!

%e5%be%8c%e9%a0%ad%e9%83%a8-%e7%97%9b%e3%81%84-%e8%85%ab%e3%82%8c
後頭部に触ると痛い腫れができたら?考えられる原因まとめ

後頭部に痛い腫れや頭痛が起きると、普通に過ごすのも寝ているのも辛いですよね。
頭をぶつけてたんこぶになったら「頭に影響は出ないのか」不安ですし、特に思い当たることが無ければ「何か悪い病気なのかしら?」と心配になってしまいます。
普段は気にならないけれども、いざという時に心配になる後頭部の「痛みをともなう腫れ」や「気づくとできているしこり」について、調べてまとめました。

夏 朝 吐き気
夏バテなのでしょうか? 朝いつも吐き気がするんです。

夏になると朝いつも吐き気がするというあなた。心配ですね(/_;)
それはどういう原因なのでしょうか?何か対策がありますか?いろいろと情報を集めてみました。
どうぞ試してみてください。暑い夏を乗り超えましょう!

鼻 呼吸 しずらい
鼻づまりで呼吸しずらい…ツライ症状の原因と改善する方法

鼻づまりで呼吸しずらい状態が続くと、自然と口呼吸になってしまいます。
口呼吸は身体に様々な悪影響を及ぼす原因になるとも言われています。
症状が悪化する前に、ツライ鼻づまりを改善し、鼻呼吸を意識してみましょう!

%e5%b7%a6%e7%9b%ae%e3%80%80%e7%97%99%e6%94%a3%e3%80%80%e9%a0%ad%e7%97%9b
突然左目がピクピクと痙攣する。加えて頭痛も…

普通に生活している中で、突然左目、右目の周辺がピクピクと痙攣することってありませんか?
頭痛もするし…。ただ単に疲れてるだけかも。なんて安易に考えてやり過ごしたりしていませんか!?
もしかしたら大きな病気のサインかもしれませんよ?
こちらを参考に一度病院でしっかりと検査してみてはいかがでしょうか?

%e5%b7%a6%e7%9b%ae-%e6%b6%99-%e6%ad%a2%e3%81%be%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84
左目の涙が止まらない!思い当たる理由が無いけど原因は?

突然左目などの片目の涙が止まらない状態になった経験がある人はいませんか?
お出かけ中や仕事中にポロポロと涙が止まらなくなってしまったら、周囲の目が気になってしまい、中々落ち着いて対処ができませんよね。
どうして涙が出続けてしまうのでしょうか。
今回は、涙が止まらなくなる原因や治療法・予防法を調べてまとめました。
普段の生活に支障が出たり、気になる時にはお医者様に相談なさって下さいね。

後頭部 打撲 病院
後頭部を打撲したらどうする?病院へすぐ行く基準まとめ

これから始まるレジャーやビアガーデンの季節。そんな中、足を滑らせたり転んだりして、突然自分や仲間、それに子どもが後頭部を打撲したらどうしますか?タンコブができていたら大丈夫!病院なんて大袈裟よ!なんて言う人もいて、どうすればいいのか迷ってしまいますよね。
いざという時に慌てないために、本当にタンコブができていたら平気なのか、どんな症状なら一刻も早く病院へ駆け込むのかをまとめました。

喉 異物感 臭い玉
喉に感じる異物感…臭い玉の正体は?気になる治療と予防法

喉に異物感を感じ、鏡で見てみると喉の奥に丸いデキモノが…
その喉の奥のデキモノは、臭い玉かもしれません。意外と多くの方が症状を経験している臭い玉。
一体この症状はなんなのか、治療法や予防法など詳しく調べてみました。

生理がこない 検査薬 陰性
生理がこないのに検査薬の結果は陰性…考えられる原因は?

妊娠を待ち望んでいる方であれば、毎月の生理の有無が気になるところ。
生理日になっても生理がこないと妊娠を意識してしまうこともあるでしょう。
しかし検査薬の結果は陰性…この状況は妊娠していないのでしょうか?考えられる原因について調べてみました。

%e5%85%89%e3%80%80%e7%9b%ae%e3%81%ae%e5%a5%a5%e3%80%80%e7%97%9b%e3%81%84
光を見ると目の奥が痛い。原因と対処法

光を見ると目の奥が痛い。
そんな症状の方が増えているとのこと。
太陽の光だけではなく、蛍光灯の光でも違和感を感じる人もいるんだとか・・。
何故、そのような症状になってしまうのか?何か病気が潜んでるの?原因などを見てみましょう。

%e5%b7%a6%e7%9b%ae%e3%80%80%e4%b8%8b%e3%81%be%e3%81%b5%e3%82%99%e3%81%9f%e3%80%80%e7%97%99%e6%94%a3
左目の下まぶたが痙攣する。原因と解消法

最近、パソコンやゲームのやりすぎなのか、下まぶたが痙攣する。
右目だけ・・。左目だけ・・。と言うような症状に悩んでる方はいらっしゃいますか?
スマートフォンの復旧などで、便利になった今、目のことで悩んでいる方がたくさんいるようです。
そんな目の悩みや解消法を調べてみました。

%e9%bc%bb%e3%80%80%e4%b9%be%e7%87%a5%e3%80%80%e7%97%9b%e3%81%84
鼻の穴が乾燥して痛い!原因と対処法、そして予防策とは?

冬場など、乾燥する季節になると、鼻の穴が痛くなることはありませんか?あのツーンとした感じ、なかなか辛いですよね。
できればその痛みを取り除きたい…そして未然に防ぎたい!
今回は、痛い原因と対処法、予防法について探ってみました。

%e5%94%87%e3%80%80%e5%86%85%e5%81%b4%e3%80%80%e6%b0%b4%e3%81%b5%e3%82%99%e3%81%8f%e3%82%8c
唇の内側に水ぶくれ!?なんだろう?コレ?

ふとした時に気付く、唇の内側の違和感。舌で触るとできもののように膨らんでいる気が。大したことはないだろうとそのまま放っておいていませんか?
気付いたときには水ぶくれになって痛くてたまらない!!なんてことになったときにいろいろ試してたけど、かえって悪化してしまったというそこのあなた!
こちらを参考にすると治りが早くなるかもしれませんよ?

スポンサーリンク

耳からドクドク音がする原因は?

このような症状が出る疾患としては、突発性難聴や老人性難聴、メニエール病や聴神経の異常が挙げられます。
ドクドクという音が長期間続く場合は脳か脳の周辺に疾患がある可能性も考えられます。
けれども、病院に行っても耳の機能に問題は見つからず、原因不明と診断されることもしばしばです。

病院へ行っても異常が見つからず、原因不明と診断された場合は、心因性の症状が疑われます。
例えば、ストレスや緊張は、原因の1つです。
ストレスも緊張も、なかなか避けて通ることはできません。
ですが、自分なりのストレス解消法やリラックス法を見つけることで、症状を緩和させられます。
疲労も原因になります。
疲労が溜まってくると、自律神経のバランスやホルモンのバランスが崩れ、血流の悪化を招きます。
それが、ドクドクという音の原因になるのです。
夜眠ろうと静かな部屋にいる時には、自分の拍動が余計に気になってしまいます。
睡眠不足も原因になり得ます。

引用元-ドクドクという耳鳴りの音の対処法

耳からドクドク音がする時は早めの受診を!

ドクドクという耳鳴りの症状が出た時は、早めに病院で調べてもらうことが大切です。
このような音が聞こえる時は耳の内部で異常が起こっている可能性があり、治療が必要な場合もあるからです。
耳鳴りではキーンという音が聞こえることがありますが、このような音はストレスが原因の場合が多いです。
それに対してドクドクという場合は自分の脈が聞こえているわけですから、何らかの病気の可能性があります。
そういう症状に対しては病院で調べてもらうべきで、耳内部の状態について確認をしたほうがいいのです。
耳の内部の問題を調べたり治療する技術は最近進歩しており、軽い負担で治療することが可能です。
ですから耳の問題を病院で調べてもらうのを大変だと思う必要はなく、安心して利用することができます。
また耳鳴りは難聴が原因で起こっていることもあるので、そういう問題も合わせて調べてもらうといいのです。

引用元-ドクドクという音のする耳鳴り

耳からドクドク音がする…気になる耳鳴り改善と予防

リラックスする

ひどい頭痛や耳鳴りがあるとつい体がこわばってイライラしてしまいますが、まずは深呼吸をしましょう。
ゆっくりと深い呼吸を続けているうちに、気持ちが落ち着いてきます。できれば静かな場所で安静にします。
また、日頃からストレスを溜めないようにすることがとても大切です。ランニングやマッサージ、カラオケなど自分に合ったストレス解消法を探しておきましょう。

首肩こり解消

首や肩が凝っていると、日常生活がつらいだけでなく、頭痛やめまい、耳鳴りの原因となります。
こまめに首や肩をほぐしましょう。こりを感じる前に行っておけば予防にもなります。ラジオ体操を定期的に行うと運動不足の解消にもなります。

自律神経を整える

自律神経もストレスに影響されやすく、自律神経のバランスが崩れると慢性的な不調を引きおこします。
ストレスを解消しながら、体に十分な休息を与えてあげましょう。一番簡単な方法はよい睡眠を十分にとることです。
睡眠は体の疲労回復を促進します。早寝早起きで睡眠不足を解消し、規則正しい生活を送るようにしましょう。

引用元-耳鳴りと頭痛が起きるのは病気?原因や対処方法を紹介! | Hapila(ハピラ)

耳からドクドク音がするのを放置すると…

耳鳴りは、その背後に何か危険な病気が隠れていないかを確認することが重要になります。
危険な病気とは主に脳の病気が考えられますので専門医の診察が必要になります。

次に、加齢による老人性難聴に伴っておこる耳鳴りの場合は、長年にわたり徐々に難聴が進行するにつれ大きくなっていくこともあり、この場合は放置しておいても特に危険はありません。

突発性難聴の場合は難聴の治療を行うことで、難聴の回復とともに耳鳴りは小さくなり、完治すれば耳鳴りも消失するので特に心配はありません。
また、メニエール病によっておこる耳鳴りや難聴の場合は通常めまいを伴うのが特徴です。
特に危険のない耳鳴りは放置しておいてもかまいませんが、難聴の進行状況を定期的に検査することは必要になります。 

耳鳴りは体調の良し悪しで感じ方は変化します。たとえば過労で耳鳴りが大きくなったという人でも、症状自体の変化は見られないことがほとんどです。
これは体調が悪いために大きく感じているだけのことで、耳鳴り自体はそれほど変化していないと考えられています。

すでにある難聴が進行したときは、これまでより少し大きく感じられるようになるようですが、これまで耳鳴りの苦痛度が低かった方は、この耳鳴りの増大もほとんど気にならないようです。
したがって、現在、耳鳴りのある方も、将来その苦痛度が増すことはほとんどないと考えていいようです。

引用元-あなたの耳鳴りのタイプは|耳鳴りの症状

ドクドク以外にも耳からいろんな音がすることも…

ポポポという音

片側の耳だけポポポという音が響いているのであれば耳管狭窄症かもしれません。
耳と鼻の間にある耳管はふつうは塞がっているのですが、耳管の通りが悪くなると耳管狭窄症の症状が出ます。

耳の外と中の圧力が一定にならないため、詰まった感じが続いたり、自分の声が響くなど、耳抜きをしても変化がありません。
運動をしたりお風呂に入った後など、血流が良くなった時に音がすることが多いと言う人もいます。

耳鼻科に行くと通気治療など、鼓膜に空気を通す治療が行われます。他には漢方薬での治療もあり、一定の成果が出ているようです。
ただ耳管開放症という病気の可能性もあるので、診断名が完全につくまでは自己判断で漢方は飲まないほうが良いでしょう。

引用元-耳の奥の7つの音!片耳が聞こえにくいのは要注意! | ヘルスバズ

ゴーゴーという低音

イヤホンやヘッドホンで長時間、音楽などを聞き続けた後に起きやすい耳鳴りです。
しばらくすると改善されます。
ただあまり長時間にわたってイヤホンやヘッドホンで大音量を聞き続けることは、難聴の原因にもなりますので注意しましょう。

キーンという音

この耳鳴りは感じたことがある方も多いと思います。
長く座っている状態からいきなり立ち上がると、耳の奥でキーンという音が聞こえます。
めまいや立ちくらみを伴う場合もあります。
この症状ははっきりと原因が分かっていませんが、血流の流れに関係しているとも言われています。

ある一定の姿勢で長時間いると、血液が同じ場所で滞ってしまい脳の巡りも悪くなります。
その状態で突然動こうとすると、血流が追い付かないために耳の奥で耳鳴りがするのです。

引用元-耳の奥の7つの音!片耳が聞こえにくいのは要注意! | ヘルスバズ

 - 頭部・顔